“爆買い”の中国リーグで激震…1部の13クラブを含む18クラブに給与未払い問題が発生2017.07.26 15:33 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ここ数年の移籍市場を賑わせてきた中国リーグに激震が走っている。イギリス『デイリー・ミラー』が報じた。

▽中国リーグではここ数年、チャイナ・マネーを背景とする“爆買い”が話題となった。天津権健の元ブラジル代表FWアレシャンドレ・パトや上海申花の元アルゼンチン代表FWカルロス・テベス、上海上港のブラジル代表MFオスカルなどが中国リーグでプレーしている。

▽多くの有名選手を抱える中国だが、報道によると上海上港や広州恒大ら中国1部リーグに所属する13クラブ、さらに下位ディビジョンの5クラブで給料の未払いが発生。中国サッカー協会(CFA)は8月15日を期日として、そこまでにこの問題を解消できなければ、2018年のリーグ戦出場資格をはく奪するとしている。

▽多くのクラブが“首が回らない”状態となっている中国サッカー界。ここに来てバブル崩壊を印象付けることとなった。

コメント

関連ニュース

thumb

テベスのボカ復帰が間近に迫る…年俸50億での中国リーグ挑戦は1年で終了へ

2017年1月、中国リーグの上海申花に入団した元アルゼンチン代表FWカルロス・テベスは、古巣ボカ・ジュニアーズへの復帰が間近に迫っているようだ。<br><br>ボカの幹部オラシオ・パオリーニ氏は『Tyco Sports』に対して「もうすぐテベスの復帰が決まるだろう」と言及。<br><br>「テベスは我々と相思相愛にあり、実際に仲良くさせてもらっている。住居も近くに住んでいて、先日は一緒にバーベキューもしたよ。移籍の問題は楽観視していて、もうすぐ解決する」<br><br>テベスは中国リーグに新天地を求めたものの、リーグ戦では16試合4ゴールと本領を発揮できず。クラブ関係者からは「明らかにウェイトオーバーだ」と、コンディションが万全から程遠いため、批判の対象となっていた。<br><br>テベスは上海申花で年間約50億円もの巨額のサラリーを受け取っていると報じられている。契約は2018年12月まで残しているが、2017年限りの退団が有力となっており、ボカへの復帰は時間の問題のようだ。<br><br><br>提供:goal.com 2017.12.16 23:48 Sat
twitterfacebook
thumb

今季リーガ8ゴール、セルタで躍動するマキシ・ゴメスの北京国安移籍はなし

▽中国スーパーリーグの北京国安への移籍が報じられたセルタのウルグアイ代表FWマキシ・ゴメス(21)だったが、交渉が決裂し、セルタに残ることになったようだ。『フットボール・エスパーニャ』が報じた。 ▽マキシ・ゴメスは、2017年7月にウルグアイのデフェンソールからセルタに加入。今シーズンのリーガエスパニョーラでは14試合に出場し8ゴールを記録するなど、1年目からすでに結果を残している。 ▽そんなマキシ・ゴメスだったが、今冬に北京国安への移籍が浮上。2000万ユーロ(約26億6600万円)の移籍金に加え、500万ユーロ(約6億6700万円)の追加支払いで移籍する見込みだった。 ▽しかし、北京国安側が移籍金を抑えに動いたことで交渉が決裂。さらに、マキシ・ゴメスも移籍を望んでいなかったために、セルタに残る事となった。 2017.12.13 11:56 Wed
twitterfacebook
thumb

ビラス=ボアス退任の上海上港、ポルトガル人指揮官のヴィトール・ペレイラ氏を招へい

▽上海上港は12日、新シーズンからポルトガル人指揮官のヴィトール・ペレイラ氏(49)が新指揮官に就任することを発表した。 ▽今シーズン、中国スーパーリーグで2位に入ったほか、AFCチャンピオンズリーグでベスト4、国内カップ戦で準優勝とまずまずの成績を残していた上海上港だが、先月30日にアンドレ・ビラス=ボアス監督(40)と双方合意の下で契約を解消していた。 ▽その後任監督に任命されたのは、ポルト時代にビラス=ボアス監督のアシスタントコーチを務め、ポルトやフェネルバフチェ、オリンピアコスなど各国の名門クラブの指揮官を歴任してきたペレイラ氏となった。 ▽なお、ペレイラ氏は昨季終了までブンデスリーガ2部の1860ミュンヘンを指揮していた。また、過去にサウジアラビアのアル・アハリを率いており、アジアでの経験もある。 2017.12.13 00:30 Wed
twitterfacebook
thumb

貴州智誠が元クロアチア代表FWイェラビッチと3年契約を締結…北京人和から完全移籍

▽中国スーパーリーグの貴州智誠は、北京人和からレンタル移籍で加入していた元クロアチア代表FWニキツァ・イェラビッチ(32)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は3年間で、2020年までプレーすることとなる。 ▽イェラビッチは母国クロアチアのハイドゥク・スプリトでキャリアをスタートさせ、ズルテ・ワレヘム(ベルギー)、ラピド・ウィーン(オーストリア)、レンジャーズ(スコットランド)を経て、2012年にエバートンへ加入。その後、ハル・シティ、ウェストハムと在籍し、2016年2月に中国甲級リーグ(2部)の北京人和に加入。リーグ戦29試合に出場し15得点を記録。しかし、チームは中国スーパーリーグ昇格を逃しており、貴州智誠に加入した。 ▽貴州智誠では、中国スーパーリーグで25試合に出場し15ゴール4アシストを記録。チームは8位でシーズンを終えていた。 2017.12.06 22:55 Wed
twitterfacebook
thumb

ビラス=ボアス監督が上海上港を退団! 2018年のダカール・ラリーに参戦へ

▽上海上港は30日、アンドレ・ビラス=ボアス監督(40)と双方合意の下で契約を解消したことを発表した。 ▽ビラス=ボアス監督はこれまでポルト、チェルシー、トッテナムの監督を歴任。昨シーズンまでは1シーズン半にわたり、ゼニトを率いていた。その後、昨年11月にスヴェン・ゴラン・エリクソン前監督の後任として、上海上港の新指揮官に就任した。 ▽今シーズンは中国スーパーリーグで2位に入ったほか、AFCチャンピオンズリーグでベスト4、国内カップ戦で準優勝とまずまずの成績を残していた。 ▽また、上海上港を退任したビラス=ボアス監督は、「世界一過酷なモータースポーツ競技」と評される、2018年のダカール・ラリーにドライバーとして参戦することを発表。今回の参戦を機にプロレーサーへの転向を画策しているようだ。 ▽以前から熱烈なモータースポーツファンとして知られるビラス=ボアス監督は、オフロードバイクの大会にも参戦した経験を持つ。今回もバイクでの参戦を希望していたものの、準備期間の問題で四輪での参戦となる模様だ。なお、同監督の叔父であるペドロ・アンドレ・ビラス=ボアス氏は、1982年にダカール・ラリーに参戦していた。 2017.12.01 00:35 Fri
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース