スポルティング・リスボン、アルゼンチン代表MFアクーニャを獲得!2017.07.22 14:35 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽スポルティング・リスボンは21日、アルゼンチンのラシン・クラブからアルゼンチン代表MFマルコス・アクーニャ(25)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2021年6月30日までの4年。移籍金は960万ユーロ(約12億4000万円)となり、契約解除金は6000万ユーロ(約77億8000万円)に設定された。

▽アクーニャは、左サイドを主戦場に2列目の複数ポジションをこなす左利きのアタッカー。2014年から在籍していたラシンでは、公式戦92試合に出場し15ゴール21アシストの数字を残していた。

▽2016年12月に行われたロシア・ワールドカップ南米予選のコロンビア代表戦では、アルゼンチン代表デビューを飾っていた。
コメント
関連ニュース
thumb

SPAL、スポルティングから元イタリア代表GKヴィヴィアーノをレンタルで獲得

SPALは7日、スポルティング・リスボンから元イタリア代表GKエミリアーノ・ヴィヴィアーノ(33)をレンタル移籍で獲得した。契約期間は今シーズン終了までとなる。 フィオレンティーナの下部組織出身であるヴィヴィアーノは、これまでインテルやボローニャ、パレルモ、レンタルでアーセナルでのプレー経て、2014年からサンプドリアに加入していた。 サンプドリアでは4シーズンで公式戦115試合に出場。昨季も序盤をケガで出遅れたものの、リーグ戦27試合に出場し守護神として活躍。この活躍が認められ、昨夏に正GKを務めるポルトガル代表GKルイ・パトリシオが退団したスポルティングへ2年契約で加入。しかし、スポルティングではここまで出場機会がない状況だった。 2019.01.08 04:15 Tue
twitterfacebook
thumb

スポルティング、元アヤックス指揮官のカイザー氏を新指揮官に招へい

▽スポルティング・リスボンは9日、オランダ人指揮官のマルセル・カイザー氏(49)の新指揮官就任を発表した。契約期間は2021年6月30日までとなる。 ▽今月2日に今夏就任したジョゼ・ペセイロ前監督(58)との契約を解消したスポルティングは、その後任に元アヤックスの指揮官であるカイザー氏を招へいすることになった。 ▽現役時代にアヤックスやカンブールで活躍したカイザー氏は、2007年から監督キャリアをスタート。古巣カンブールで指揮を執ると、2016年夏にはアヤックスのリザーブチームの指揮官に就任。 ▽現在、同クラブの主力で活躍するオランダ代表DFマタイス・デ・リフトらを育て上げた手腕が評価され、翌年にピーター・ボス監督の退任に伴い、トップチームの指揮官に昇格も成績不振とクラブ内部の権力争いに巻き込まれる形でシーズン途中に解任されていた。その後、直近まではUAEのアル・ジャジーラで指揮を執っていた。 ▽なお、スポルティングはプリメイラ・リーガ第9節終了時点で首位ポルトと勝ち点2差の3位に位置し、ヨーロッパリーグ(EL)ではグループE第4節終了時点でアーセナルに次ぐ2位に付けている。 2018.11.10 13:30 Sat
twitterfacebook
thumb

乏しい試合内容も、スポルティングと引き分けたアーセナルがGS突破!ウェルベックが深刻なケガ…《EL》

▽アーセナルは8日、ヨーロッパリーグ(EL)・グループE第4節でスポルティング・リスボンと対戦し、0-0で引き分けた。この結果、アーセナルのグループステージ突破が決まった。 ▽今季開幕のマンチェスター・シティとチェルシーとの連敗以降、公式戦14試合無敗のアーセナル。直近のプレミアリーグ第11節のリバプール戦では互角の戦いを見せ、ホームで1-1で引き分けた。ELではここまで3連勝のアーセナル。勝てばグループ突破が決まる今節、リバプール戦からスタメンを9人変更。ジェンキンソンやグエンドウジ、スミス=ロウらが先発に名を連ねた。 ▽互いに縦に速いフットボールを展開する両者。その中でも主導権はアーセナルが握っていく。8分に、左サイドバックのジェンキンソンがボックスの外から右足でミドルシュートを狙う。17分にはグエンドウジの右からの折り返しがスポルティングDFマテューの足に当たってゴールに向かうも、コアテスがギリギリのところでクリア。 ▽25分にアーセナルはリヒトシュタイナーのクロスにウェルベックが飛び込むもシュートはGKレナン・リベイロの正面。このプレーでガスパールと衝突したウェルベックが続行不可能となり、オーバメヤンとの交代を余儀なくされた。 ▽アーセナルは7割を超えるポゼッションを誇るものの、引いて守るスポルティングを前に、中盤のアイデアもなく乏しい内容のまま時間だけが過ぎる。 ▽後半開始早々、アーセナルは最終ラインからのロングボールでムヒタリアンが右サイドを侵攻。クロスにオーバメヤンが合わせてシュートを放つ。惜しくも枠に飛ばなかったが、ホームチームがアグレッシブな入りを見せた。 ▽さらに58分には、斜めに入ったイウォビがボックス右でパスを受けて後ろに落とす。それをオーバメヤンが狙ったがサイドネット。それでも少しずつアーセナルがゴールに近づいていく。 ▽その後は互いに大きなチャンスはなく迎えた89分、味方のパスに反応したムヒタリアンがボックス手前でマテューに倒されFKを獲得。このプレーでマテューは一発退場となってしまった。絶好のチャンスを手にしたアーセナルだったが、このFKをオーバメヤンが大きくふかしてしまう。 ▽試合はそのまま終了。互いにクオリティを欠いた試合はゴールレスドロー。グループEのもうひと試合、ヴォルスクラvsカラバフはカラバフが勝利したため、アーセナルはこれでグループステージ突破が決まった。 2018.11.09 07:00 Fri
twitterfacebook
thumb

スポルティング、ジョゼ・ペセイロ監督との契約解除を発表… 後任にはジャルディム氏やパウロ・ソウザ氏の名も

▽ポルトガル証券市場委員会(CMVM)は2日、スポルティング・リスボンがジョゼ・ペセイロ(58)と双方合意の下で契約を解除したことを発表した。 ▽ペセイロ監督は、現役引退後にウニアオ・デ・サンタレンで指導者としてのキャリアをスタート。その後はサウジアラビア代表やポルト、ブラガなど多くのクラブで監督を歴任。今年2月末からヴィトーリア・ギマランエスを率いていると、チームを残留に導いた。 ▽今夏、チーム混迷の原因と言われているブルーノ・デ・カルバーリョ前会長の主導で就任したシニシャ・ミハイロビッチ氏(49)が就任9日で解任されると、その後任としてシーズン前にスポルティングの指揮官に就任したペセイロ監督。 ▽チャンピオンズリーグ(CL)出場権を目標とした今季だが、ここまでリーグ戦で5勝1分け2敗の5位と上位陣に遅れを取っている。さらに10月初頭には、当時最下位に沈んでいた中島翔哉所属のポルティモネンセに2-4で敗戦。さらに同月31日にも、リーグカップで2部リーグ所属のエストリルに敗戦したことが今回の解任の引き金に。 ▽なお、後任監督は発表されていないが、ポルトガルメディアでは先日モナコを解任されたレオナルド・ジャルディム氏(44)や天津権健と契約解除したパウロ・ソウザ氏(48)の名前が上がっている。 2018.11.03 02:10 Sat
twitterfacebook
thumb

GKルイ・パトリシオの移籍金問題が決着…ウルブスが要求をのむ形に

▽ウォルバーハンプトンは10月31日、ポルトガル代表GKルイ・パトリシオの移籍について、前所属のスポルティング・リスボンに対し1800万ユーロ(約23億円)を移籍金として支払うことで合意いたったことを発表した。 ▽ウルブスとスポルティングの間ではGKルイ・パトリシオに関して議論が交わされていた。2006年のトップチームデビュー以降、スポルティング一筋のキャリアを歩んできたルイ・パトリシオ。しかし、今季チャンピオンズリーグ圏外の3位でリーグ戦を終えたことに腹を立てたクラブの過激派サポーターグループに練習場で襲撃を受けるなど、身の危険を感じたためクラブ側に今夏での契約解除を要求していた。 ▽そのため、今夏の移籍市場でウルブスはルイ・パトリシオをフリーという形で獲得したのだが、スポルティング側は同選手が契約下にあったと主張。国際サッカー連盟(FIFA)へルイ・パトリシオの契約違反を訴えていた。 ▽そしてこの度、交渉の末、ウルブスがスポルティングに1800万ユーロを支払うことに合意。これに関してウォルバーハンプトンの公式サイトでは「この問題についてはすでに終わったものだとみなし、コメントは控えさせていただきます」という声明を発表している。 2018.11.01 16:40 Thu
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース