昇格ジローナ、ミドルズブラからウルグアイ代表FWストゥアーニを獲得2017.07.22 05:21 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽リーガエスパニョーラに初昇格したジローナは21日、チャンピオンシップ(イングランド2部)のミドルズブラからウルグアイ代表FWクリスティアン・ストゥアーニ(30)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2020年6月30日までの3年間となっている。

▽スピードに優れるストライカーのストゥアーニは、レバンテ、ラシン、エスパニョールといったリーガエスパニョーラのクラブで実績を積み上げ、2015年夏にチャンピオンシップのミドルズブラへ移籍。リーグ戦36試合に出場して7ゴールを挙げ、プレミアリーグ昇格に貢献していた。しかし、2016-17シーズンはリーグ戦22試合に出場して4ゴールに留まり、クラブを降格から救うことはできなかった。

▽ウルグアイ代表としてはこれまで35試合に出場して5ゴールを記録している。
コメント
関連ニュース
thumb

マドリーに朗報! トニ・クロース&M・ジョレンテ、24日ジローナ戦で復帰へ

レアル・マドリーに所属するドイツ代表MFトニ・クロースと、スペイン人MFマルコス・ジョレンテが24日に行われるコパ・デル・レイ準々決勝1stレグのジローナ戦で復帰することになりそうだ。スペイン『マルカ』が伝えている。 クロースは6日に行われたリーガエスパニョーラ第18節のレアル・ソシエダ戦に先発出場。しかし、80分に負傷交代。外転筋を損傷していた。マルコス・ジョレンテは1日に左内転筋を負傷。ケガの程度はグレード2と伝えられ、2週間から3週間程度の離脱になる見込みであることが伝えられていた。 両選手は先週から全体練習に参加しており、回復は順調なようだ。一方で、ウェールズ代表MFガレス・ベイルと、スペイン代表MFマルコ・アセンシオの復帰は来週までかかることになりそうだ。 2019.01.22 09:50 Tue
twitterfacebook
thumb

ホームで3失点を喫したアトレティコがまさかの5回戦敗退…《コパ・デル・レイ》

アトレティコ・マドリーは16日、コパ・デル・レイ5回戦2ndレグでジローナとのホーム戦に臨み、3-3の引き分けに終わった。この結果、2戦合計4-4となりアウェイゴール差でアトレティコの敗退が決まった。 9日に行われた敵地での1stレグを1-1のドローに終わったアトレティコは、直近に行われたレバンテ戦からスタメンを5人変更。グリーズマンやロドリゴ・エルナンデス、ビトロ、サビッチ、GKオブラクに代えてカリニッチ、サウール、レマル、ホセ・ヒメネス、GKアダンをスタメンで起用した。 2点差以上での引き分けが必要となるジローナに対し、いつも通りのフラットな[4-4-2]を採用したアトレティコはGKにアダン、4バックに右からアリアス、ホセ・ヒメネス、ゴディン、フアンフラン、中盤に右からコケ、サウール、トーマス、レマル、2トップにカリニッチとコレアを起用した。 そのアトレティコは13分、ゴディンのロングフィードから相手DFの裏に抜け出したカリニッチが、ゴールエリア右付近からシュートを突き刺して先制に成功した。 主導権を握ったアトレティコは、33分にも決定機。ボックス右から侵入した8の折り返しを中央に走り込んだコレアがシュート。これはゴール前のカリニッチに当たるも、こぼれ球を再びカリニッチがゴールに押し込んだ。しかし、これはカリニッチのオフサイドを取られノーゴールとなった。 チャンスを逃したアトレティコは、37分を許す。相手の右クロスをホセ・ヒメネスがクリアするも、セカンドボールをボックス左で拾ったヴァレリー・フェルナンデスが胸トラップから豪快なボレーシュートをゴール右に叩き込んだ。 1-1で迎えた後半、先にスコアを動かしたのはジローナ。57分、右サイドから仕掛けたポッロがボックス右横でフアンフランに倒されFKを獲得。アレイクス・ガルシアのFKをゴール前のストゥアーニがヘディングでゴール右隅に叩き込んだ。 勝ち越しを許したアトレティコは、61分にコケを下げてグリーズンマンを投入。すると66分、ボックス手前でボールを受けたコレアがグリーズマンとのパス交換でボックス内に侵入。ゴール前まで持ち上がりと冷静に右足のシュートを流し込んだ。 準々決勝進出にもう1点が必要なアトレティコは、78分にも決定機。ショートコーナーの流れからボックス左深くでボールを受けた10の折り返しをゴディンが合わせえたが、GKイライソスが弾いたボールはクロスバーを直撃。さらに79分には、途中出場のロドリゴ・エルナンデスのループパスからゴール前に抜け出したアリアスがゴールネットを揺らしたが、これはオフサイドの判定。 立て続けにチャンスを逃したアトレティコだったが、エースがチームを救う。83分、左サイドからカットインしたレマルの浮き球のパスを供給するとゴールエリア左に抜け出したグリーズマンが左足のシュートをゴールに突き刺した。 エースの勝ち越し弾で勢いづきたいアトレティコだが、試合終盤に悲劇が待っていた。88分、右サイド高い位置でパスを受けたポッロがマイナスの折り返しを供給。これを中央に走り込んだボルハ・ガルシアがダイレクトシュートで狙うと、ゴール前のドゥンビアが左足でコースを変えてゴールネットを揺らした。 結局、試合は3-3のまま終了。ホームで3失点を喫したアトレティコは、7シーズンぶりに準々決勝進出を逃した。一方、アウェイゴール差でアトレティコを上回ったジローナは、チーム史上初のコパ・デル・レイ準々決勝進出となった。 2019.01.17 05:50 Thu
twitterfacebook
thumb

バルサ関心のストゥアーニ、移籍を否定せず!

バルセロナからの関心が伝えられているジローナのウルグアイ代表FWクリスティアン・ストゥアーニ(32)は新たな挑戦を臨んでいるのかもしれない。 ストゥアーニは2017年夏にミドルズブラからジローナに加入。すると、リーガエスパニョーラ33試合21ゴールとブレイクを果たし、今シーズンもここまでのリーガ17試合で12ゴールを奪い、バルセロナのFWリオネル・メッシ(17ゴール)、FWルイス・スアレス(14ゴール)に次ぎ得点ランキング3位に付けている。 その活躍から、FWルイス・スアレスのバックアッパーを探すバルセロナが興味。FWムニル・エル・ハダディがセビージャに移籍したこともあり、今冬での獲得を真剣に検討していると各メディアが伝えてきた。 そんな中、スペイン『マルカ』が渦中のウルグアイ代表FWに直撃。バルセロナ移籍について尋ねると、「僕からは何も言うことはできない」とだけコメントを残し去って行ったという。 肯定とも否定ともとれる意味深長な発言に『マルカ』は、「ストゥアーニの契約解除金は1500万ユーロ(約18億5000万円)だ」という一文で記事を締めくくっている。 2019.01.16 17:42 Wed
twitterfacebook
thumb

ジローナ、レガネスからDFラウール・ガルシアをレンタルで獲得

ジローナは15日、レガネスからスペイン人DFラウール・ガルシア(29)を今シーズン終了までのレンタル移籍で獲得したことを発表した。 デポルティボのカンテラで育ったラウール・ガルシアは、2008年にセカンドチームのデポルティボBに昇格すると、2010年にトップチームデビュー。その後、いくつかの国内クラブを渡り歩いた後、2017年の夏にレンタル移籍で加入していたレガネスへ完全移籍。 レガネスでは、在籍1年半で公式戦30試合に出場。しかし、今季はスポルティング・リスボンからレンタル移籍で加入した元アルゼンチン代表DFホナタン・シルバにポジションを奪われ、公式戦6試合の出場にとどまっていた。 2019.01.16 05:20 Wed
twitterfacebook
thumb

バルセロナがストゥアーニ獲得を検討! 契約解除金約19億円

バルセロナが、ジローナに所属するウルグアイ代表FWクリスティアン・ストゥアーニ(32)の獲得を検討しているようだ。スペイン『マルカ』が報じた。 ストゥアーニは、2017年の夏にミドルズブラからジローナに加入。すると、リーガエスパニョーラ33試合21ゴールとブレイクを果たし、今シーズンもここまでのリーガ17試合で12ゴールを奪い、バルセロナのFWリオネル・メッシ(17ゴール)、FWルイス・スアレス(14ゴール)に次ぎ得点ランキング3位に付けている。 バルセロナからは今冬にFWムニル・エル・ハダディがセビージャに移籍しており、エルネスト・バルベルデ監督はスアレスのバックアップの獲得を画策。同選手の代表でのチームメイトでもあるストゥアーニがリストのトップに名を連ねているという。 バルセロナは、今シーズンのストゥアーニの活躍に感銘を受け、真剣な選択肢として考慮。また、チャンピオンズリーグ(CL)に参加していないジローナでプレーしており、今シーズンの同大会で起用することも可能だ。 さらに、ストゥアーニの契約解除金は1500万ユーロ(約18億7000万円)に設定されている。現在のバルセロナには純粋なセンターフォワードがスアレスしか所属しておらず、2シーズン連続で活躍している実力者を獲得できるとなれば、安価と言えるだろう。 2019.01.15 13:40 Tue
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース