チャビが古巣の選手育成に苦言「眠っている」2017.07.20 11:40 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽現在はカタールのアル・サッドでプレーする元スペイン代表MFチャビ・エルナンデスが、自身も育ったバルセロナのカンテラへ苦言を呈した。『ESPN』が報じた。

▽11歳の時にバルセロナのカンテラに加入したチャビ。下部組織でも順調に結果を残し昇格を繰り返すと、1998年7月にトップチームへと昇格。同年8月にトップチームデビューしていた。バルセロナでは、リーガエスパニョーラで8回、コパ・デル・レイで3回、チャンピオンズリーグで4回優勝を果たしている。

▽バルセロナのカンテラは世界的にも有名で、多くの選手を輩出。現在もFWリオネル・メッシやMFアンドレス・イニエスタ、MFセルヒオ・ブスケッツ、DFジェラール・ピケらがプレー。過去にもチャビの他、ジョゼップ・グアルディオラやカルレス・プジョールなどを輩出してきた。

▽しかし、近年はトップチームでプレーする選手の多くが移籍組となり、現状ではMFセルジ・ロベルトがレギュラークラスの選手として最後のカンテラ出身選手となっている。この現状にチャビが苦言を呈した。

「バルセロナは少し自己満足していたと思う。人々は、プジョール、イニエスタ、メッシ、ビクトール・バルデス、ジェラール・ピケ、ペドロ、セルヒオ・ブスケッツが育ち、これは全て順調だった。確かに2年に1回これらのような選手が来る」

「しかし、現実はそうではない。僕はラ・マシア(バルセロナ下部組織の寮)でプレーすることを学んだ。トップチームではなくね。アカデミーのコーチは選手を育てなければならず、教えなければならない。その時代その時代に選手を育てなければならない。勝てばいいだろうが、それが目的ではない」

▽バルセロナのBチームは、新シーズンから2部に昇格。「僕も喜んでいる」とチャビは語ったが、「それは必須ではない」とコメント。Bチームの所属リーグは関係ないと主張した。

「グアルディオラは4部にいたBチームからブスケッツとペドロをトップチームに引き上げた。ジェフレン、ビクトール・サンチェス、ボージャンもだ」

「Bチームが2部や3部に所属していることは問題ではない。ポイントは、特定のスタイルの選手を育てることだ」

▽インターナショナル・チャンピオンズカップに臨むバルセロナは、セルジ・パレンシア、マルク・ククレジャ、カルレス・アレナの3選手をBチームから帯同している。しかし、チャビはもっと多くの選手がトップチームに上がる準備ができていると語った。

「最初の質問は“どれぐらいの選手がトップチームでプレーできるか?”だったね。Bチームの目的は、6〜8人、もっと言えば10人の選手とトップチームに上げることだ」

「トップチームの監督は、例えば選手がケガをした時、サイドバックや中盤の選手に頼る必要がある。そのために、通常はアカデミーがあるんだ。でも、僕はバルセロナが眠っていると思うね」

コメント

関連ニュース

thumb

バルサ32戦無敗“ペップ超え”クラブ記録更新! ジローナ先制もスアレスハット&メッシ大暴れ&コウチーニョリーガ初弾で逆転大勝《リーガエスパニョーラ》

▽バルセロナは24日、リーガエスパニョーラ第25節でジローナをカンプ・ノウに迎え、6-1で大勝した。 ▽前節エイバルに2-0の勝利を収めた無敗の首位バルセロナ(勝ち点62)が、前節レガネスを3-0で下した8位ジローナ(勝ち点34)をホームに迎えて行ったカタルーニャ自治州ダービー。 ▽バルセロナは、1-1で引き分けたミッドウィークのチャンピオンズリーグ(CL)チェルシー戦からスタメンを3名変更。セルジ・ロベルト、パウリーニョ、イニエスタに代えて、N・セメド、コウチーニョ、デンベレを起用し、リーグ戦32試合連続無敗のクラブ記録更新を目指す一戦に臨んだ。 ▽試合は最序盤から意外な形で動きをみせる。3分、カウンターの場面でロサーノがボックス内までドリブルで侵攻しようと加速すると、蹴り出しがやや長くなる。しかし、ルーズなボールを処理しに向かったユムティティの背後からポルトゥが忍び寄り、ボックス内でボールを奪う。そのままシュートを放ち、GKテア・シュテーゲンの牙城を崩した。 ▽しかし、直後にバルセロナも決定機を作り出す。5分、ボックス手前でボールを持ったメッシが、ディフェンスラインの背後をとるスアレスにラストパスを供給。5バックを敷くジローナの布陣の中で左サイドバックに入ったアダイ・ベニテスがラインを上げ損ね、ボックス左でボールを受けたスアレスが難なく試合を振り出しに戻した。 ▽幕開けこそ波乱となったが圧倒的にジローナを押し込むバルセロナは、メッシを中心に多くのチャンスを演出していく。19分、相手陣内中央付近でボールを持ったブスケッツが、ボックス内に浮き球のスルーパスを供給。すると、フリーで抜け出したメッシが左足でGKボノの頭上を抜くループシュートを狙う。しかし、カバーに回ったエスピノーサにゴールライン目前でクリアされ、得点とはならなかった。 ▽さらに25分にも、ボックス右でボールを持ったスアレスのシュートがGKボノを強襲。クリアが中途半端になったところ、ルーズボールを拾ったブスケッツがボックス左のコウチーニョに展開する。コウチーニョにもシュートを放たれるが、ジローナDFが身体に当ててブロック。ジローナは紙一重で危機をしのいでいく。 ▽それでも30分、ラキティッチの自陣内からの大きなフィードにスアレスが抜け出し、ボックス内右でメッシに落とす。ジローナDF2人に前を塞がれたメッシだったが、ボックス内中央までドリブルで運び、ゴール左隅を狙い済まして逆転弾を決め切った。 ▽続く37分、ボックス手前中央でFKを獲得すると、キッカーを務めるのはメッシ。すると、飛び上がった壁の下を通したシュートが枠を捉え、再びゴール左隅を射抜いた。メッシの立て続けの得点で、バルセロナがあっという間に突き放していく。 ▽前半終了間際の44分にも、メッシが相手陣内中央を突破してスピードに乗った状態でボックス左のコウチーニョに丁寧なパスを通す。最後は折り返しに走り込んだスアレスが足で合わせ、チームの4点目とした。 ▽大量にリードして迎えた後半、バルセロナはややペースを落としたが、前半の流れそのままに試合を優勢に運んでいく。54分には、カウンターからボックス手前中央まで侵攻したデンベレが、ボックス左のスアレスにスルーパス。しかし、スアレスが右足で巻くようにファーを狙ったシュートは右ポストに阻まれた。 ▽さらに57分には、メッシの浮き球のスルーパスに反応したデンベレがボックス内右に抜け出す。鋭い切り返しでDFを剥がして左足で放ったシュートはわずかにポスト左に逸れたが、積極的にチャンスに絡んでいく。 ▽優位に立っているバルセロナは64分、足の状態が気がかりなピケに代えてヴェルメーレンを起用。余裕のある采配を行った。 ▽無理に攻めることはしないバルセロナだったが、66分にも決定機を作り出す。ボックス手前左でボールを持ったコウチーニョが、中央にカットイン。そのまま右足でファーを狙い、ゴール右上隅にバルセロナでの自身リーガ初となる得点を決めた。直後の69分、バルベルデ監督はブスケッツに代えてパウリーニョを投入し、重要選手を休ませていく。 ▽76分、右サイドを抜け出したデンベレがボックス内に駆け上がるスアレスにラストパスを送り、チームの6点目。スアレスはハットトリックを飾ることに。するとバルセロナは78分にラキティッチに代えて、セルジ・ロベルトを起用して全てのカードを使い切った。 ▽しかし85分、スプリントしていたN・セメドがハムストリングの辺りを押さえて倒れ込む。プレー続行は不可とのことで、交代枠を残していないバルセロナは10人で残りの時間を戦うこととなった。 ▽それでも、ジローナが一矢報いることはなく試合が終了。この結果、バルセロナは2010-11シーズンにジョゼップ・グアルディオラ監督(現マンチェスター・シティ)の下で達成した記録を更新する、リーグ戦32試合連続無敗のクラブ記録を打ち立てた。対するジローナは、幸先良く先制したものの手痛いしっぺ返しをくらうこととなった。 2018.02.25 06:49 Sun
twitterfacebook
thumb

FIFAもお手上げ? バルサ&ネイマールのボーナス巡る泥沼騒動の続きは法廷で

▽国際サッカー連盟(FIFA)は、パリ・サンジェルマン(PSG)のブラジル代表FWネイマールと同選手の古巣・バルセロナの間で巻き起こっているボーナス未払い騒動の仲裁から手を引くことにしたようだ。イギリス『BBC』が報じた。 ▽2013年から所属するバルセロナで、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシに次ぐスタープレーヤーに成長を遂げたネイマールは、2017年夏に史上最高額となる2億2200万ユ―ロ(現在のレートで約299億円)の移籍金でPSGに移籍。サッカー界の話題をかっさらった。 ▽新天地でもここまで公式戦29試合29ゴールと、輝かしい活躍を披露してクラブの主役に躍り出たネイマール。しかし引き換えに、欧州での出発地となったバルセロナとの間にわだかまりを作ってしまった。 ▽問題の発端は2016年10月。ネイマールは、“2017年7月末まで所属していれば2600万ユ―ロ(約34億円)のボーナスが発生する”という条項が加えられた内容で、バルセロナとの契約延長にサインした。そして、ネイマールのPSGへの移籍が発表となったのは2017年8月3日のことだ。 ▽このため、ネイマール側はボーナスを受け取る権利があると主張した。対するバルセロナは、契約条項に“選手が他クラブと交渉しないこと”、“支払いは移籍期間終了後の9月1日に行う”などの条件を設けていたと反論。もつれた議論は、ネイマール側の訴えによってFIFAに持ち込まれていた。 ▽結局、ネイマール側の訴えは2月中旬に却下に。そして今度は逆に、契約不履行としてバルセロナがネイマールに800万ポンド(約12億円)の返済を求める訴訟を起こし、問題のフィールドは法廷に移されることとなった。 ▽この件に関して、FIFAは「裁判所で行われているため不明」と述べ、スポークスマンは以下のようにコメントして仲裁から離脱することを明らかにした。 「それは認識したが、明らかに同じ議題が同じ当事者たちによって、(法廷、FIFAという)異なる組織に同時に提出された。FIFA側は当事者たちに伝えたよ…。どうやら事件について調査する立場にないということをね」 ▽ネイマールとバルセロナの論争は法廷に一本化されることに。FIFAからの罰則ではなく、法的な処罰をどちらかが受ける可能性も高まり、泥沼の騒動はさらに深刻に過熱していくかもしれない。 2018.02.24 01:53 Sat
twitterfacebook
thumb

S・ロベルトが明かすバルセロナ愛…クラブと選手の理想的な関係

クラブとの契約を2022年まで延長したバルセロナMFセルジ・ロベルトが、下部組織から所属しているクラブへの愛を明かした。<br><br>現在26歳のS・ロベルトは、14歳の時にタラゴナの下部組織よりバルセロナに加入して以来バルセロナ一筋。ミッドフィルダーが本職ではあったが、最近は右サイドバックとしてエルネスト・バルベルデ監督の下でレギュラーに定着している。<br><br>クラブとの新たな4年契約に正式合意したS・ロベルトは、記者会見でバルセロナを去る気がなかったことを明かした。<br><br>「契約交渉に向けた話し合いを始めたときからずっとここに残りたいと思っていた。ここは僕のクラブなんだ。他のクラブも関心を示してくれていたことは事実だけど、僕はここにいたかった。2022年までの契約を延長できてとても幸せさ。もっと長くここに残れたら、さらに素晴らしいね」<br><br>さらにバルセロナのジョゼップ・マリア・バルトメウ会長もS・ロベルトの忠誠に感謝を示した。<br><br>「セルジは多くの選手達の良いお手本だ。我々は彼の忍耐力と不屈の努力に感謝している。彼には多くのオファーが届いていた。またこれからも届くだろう。それでも彼が残留してくれたことを嬉しく思っている」<br><br><br>提供:goal.com 2018.02.23 21:33 Fri
twitterfacebook
thumb

スアレス、コウチーニョのバルサ加入を歓迎「シャイな性格だけど...」

バルセロナFWルイス・スアレスが、MFフィリペ・コウチーニョの加入を歓迎している。<br><br>今冬の移籍市場でバルセロナに移籍したコウチーニョ。スアレスにとっては、リバプール時代の同僚が移籍してきた格好だ。スアレスは『レビスタ・バルサ』でコウチーニョについて次のように話している。<br><br>「僕がコウチーニョのことを知ったのは、2013年の1月だ。彼はとても若くしてリバプールに移籍した。インテルでは度重なるケガに泣かされて、コンスタントにプレーできていなかった」<br><br>「だけど、リバプールでは最初から監督はコウチーニョを信頼していた。すごく良い形でチームに入っていったね」<br><br>コウチーニョの適応に関しては、順調に進んでいることを強調している。<br><br>「コウチーニョは普段は大人しくて、シャイな性格だ。でも、彼はピッチに立つと変わるんだ」<br><br>「バルセロナでは、デビュー戦から自身のパーソナリティーを示していた。ロッカールームのなかでは歓迎されているよ。彼はみんなから好かれる性格だし、彼のプレースタイルはバルセロナに合っている。新しい選手が来た時、評価するのはそういうところだからね」<br><br><br>提供:goal.com 2018.02.23 19:57 Fri
twitterfacebook
thumb

ジェラード氏、対峙経験を回想しながらブスケッツを称賛

▽リバプールのレジェンドである元イングランド代表MFスティーブン・ジェラード氏は、バルセロナに所属するスペイン代表MFセルヒオ・ブスケッツを称賛している。イギリス『デイリー・ミラー』が伝えた。 ▽バルセロナは20日、チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦1stレグでチェルシーのホームに乗り込んだ。試合は先制点を許す苦しい展開を強いられるも、終盤のメッシのゴールで1-1。アウェイで貴重なドローに持ち込んだ。 ▽同試合を中継したイギリス『BT Sport』で解説を務めるジェラード氏は、2ndレグのキーになる選手としてブスケッツを指名。自身が対峙した経験から同選手を称賛している。 「彼と対戦したことがあるけど、最後には彼へプレスをかけるのをやめてしまうんだ。ただただストレスがたまるからね。彼に近づくことができないんだ。近づけないし、ボールを奪うこともできない」 「自分のポジションから飛び出してプレスをかけてもかわされる。それを90分間続けるのはできないんだ。体力を無駄遣いすることになるからね」 「彼と対戦することは悪夢だよ。汗を全然かかないし、まるで手を抜いているかのようだった」 2018.02.23 16:00 Fri
twitterfacebook


ACL

ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース