チャビが古巣の選手育成に苦言「眠っている」2017.07.20 11:40 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽現在はカタールのアル・サッドでプレーする元スペイン代表MFチャビ・エルナンデスが、自身も育ったバルセロナのカンテラへ苦言を呈した。『ESPN』が報じた。▽11歳の時にバルセロナのカンテラに加入したチャビ。下部組織でも順調に結果を残し昇格を繰り返すと、1998年7月にトップチームへと昇格。同年8月にトップチームデビューしていた。バルセロナでは、リーガエスパニョーラで8回、コパ・デル・レイで3回、チャンピオンズリーグで4回優勝を果たしている。

▽バルセロナのカンテラは世界的にも有名で、多くの選手を輩出。現在もFWリオネル・メッシやMFアンドレス・イニエスタ、MFセルヒオ・ブスケッツ、DFジェラール・ピケらがプレー。過去にもチャビの他、ジョゼップ・グアルディオラやカルレス・プジョールなどを輩出してきた。

▽しかし、近年はトップチームでプレーする選手の多くが移籍組となり、現状ではMFセルジ・ロベルトがレギュラークラスの選手として最後のカンテラ出身選手となっている。この現状にチャビが苦言を呈した。

「バルセロナは少し自己満足していたと思う。人々は、プジョール、イニエスタ、メッシ、ビクトール・バルデス、ジェラール・ピケ、ペドロ、セルヒオ・ブスケッツが育ち、これは全て順調だった。確かに2年に1回これらのような選手が来る」

「しかし、現実はそうではない。僕はラ・マシア(バルセロナ下部組織の寮)でプレーすることを学んだ。トップチームではなくね。アカデミーのコーチは選手を育てなければならず、教えなければならない。その時代その時代に選手を育てなければならない。勝てばいいだろうが、それが目的ではない」

▽バルセロナのBチームは、新シーズンから2部に昇格。「僕も喜んでいる」とチャビは語ったが、「それは必須ではない」とコメント。Bチームの所属リーグは関係ないと主張した。

「グアルディオラは4部にいたBチームからブスケッツとペドロをトップチームに引き上げた。ジェフレン、ビクトール・サンチェス、ボージャンもだ」

「Bチームが2部や3部に所属していることは問題ではない。ポイントは、特定のスタイルの選手を育てることだ」

▽インターナショナル・チャンピオンズカップに臨むバルセロナは、セルジ・パレンシア、マルク・ククレジャ、カルレス・アレナの3選手をBチームから帯同している。しかし、チャビはもっと多くの選手がトップチームに上がる準備ができていると語った。

「最初の質問は“どれぐらいの選手がトップチームでプレーできるか?”だったね。Bチームの目的は、6〜8人、もっと言えば10人の選手とトップチームに上げることだ」

「トップチームの監督は、例えば選手がケガをした時、サイドバックや中盤の選手に頼る必要がある。そのために、通常はアカデミーがあるんだ。でも、僕はバルセロナが眠っていると思うね」

コメント

関連ニュース

thumb

ネイマールの復帰説、バルサ副会長が一刀両断…

▽パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するブラジル代表FWネイマール(27)のバルセロナ復帰はなさそうだ。イギリス『FourFourTwo』が報じた。 ▽昨夏に史上最高額の移籍金2億2200万ユーロ(現在のレートで約285億2000万円)でバルセロナからPSG入りを果たしたネイマール。先日、現行契約に2019年夏から有効な2億2000万ユーロ(約282億6000万円)の解除条項があり、2020年夏以降であれば移籍金2億ユーロ(約256億9000万円)以下で移籍可能との話題が挙がった。 ▽そうした中で、古巣バルセロナが再獲得に乗り出す可能性も取り沙汰されたが、それは真実ではないという。バルセロナで副会長を務めるジョルディ・カルドネル氏は、スペイン『SER Catalunya』で注目を集めるネイマールの復帰説について次のようにコメントした。 「バルセロナの経営陣にネイマールを連れ戻す話題はない。誰もね。したがって、その質問は答えられないものだ」 「彼はここを去った人間だ。彼を連れ戻すのであれば、今頃、我々の間で議論されているはず。しかし、そんな話は誰もしていない」 2018.10.20 09:10 Sat
twitterfacebook
thumb

コパ・デル・レイ4回戦の組み合わせが決定!王者バルサはレオネサ、マドリーはメリリャ、乾ベティスはラシンと対戦《コパ・デル・レイ》

▽コパ・デル・レイ4回戦の組み合わせが19日に決定した。 ▽4回戦(ラウンド32)からリーガエスパニョーラのプリメーラ・ディビシオンのクラブが参戦するコパ・デル・レイ。組み合わせの結果、昨季王者のバルセロナはセグンダB(スペイン3部)のレオネサと激突。ファイナリストのセビージャはこちらもセグンダBのビジャノベンセ、昨季は準々決勝で敗退したレアル・マドリーはメリリャ(セグンダB)との対戦が決まった。 ▽また、アトレティコ・マドリーはテルセーラ(スペイン4部)から唯一の参加となったサン・アンドレウと、バレンシアはエブロ(セグンダB)、乾貴士所属のベティスはラシン(セグンダB)、柴崎岳のヘタフェはセグンダ・ディビシオン(スペイン2部)のコルドバ対戦する。 ▽4回戦のファーストレグは現地時間10月31日(水)、セカンドレグは12月5日(水)に行われる予定だ。 ◆コパ・デル・レイ4回戦組み合わせ レオネサ vs バルセロナ エブロ vs バレンシア サン・アンドレウ vs アトレティコ・マドリー メリリャ vs レアル・マドリー ビジャノベンセ vs セビージャ ラシン vs ベティス アルメリア vs ビジャレアル マジョルカ vs バジャドリー カディス vs エスパニョール スポルティング・ヒホン vs エイバル ルーゴ vs レバンテ コルドバ vs ヘタフェ ビルバオ vs ウエスカ アラベス vs ジローナ レガネス vs ラージョ・バジェカーノ セルタ vs ソシエダ 2018.10.19 22:10 Fri
twitterfacebook
thumb

【リーガエスパニョーラ第9節プレビュー】バルサvsセビージャの首位攻防戦!

▽代表ウィーク前に行われた第8節ではバレンシアとの実力対決をドローに終えたバルセロナが4戦未勝利となり、代わってリーグ4連勝のセビージャが今季初めて首位に浮上。また、ベティスとの上位対決に競り勝ったアトレティコ・マドリーが3位に浮上。その一方で、レアル・マドリーは格下アラベスに競り負けてまさかの公式戦4戦未勝利となった。 ▽FIFAウイルスと来週ミッドウィークから再開されるチャンピオンズリーグ(CL)&ヨーロッパリーグ(EL)の影響でタフな戦いが想定される今節。だが、この厳しいコンディションの中でバルセロナ(勝ち点15)とセビージャ(勝ち点16)による首位攻防戦が開催される。 ▽守備面の問題に加え、エースFWメッシへの依存が顕著なバルセロナはCLトッテナム戦で勝利を収めたものの、直近のリーグ戦では3分け1敗と急速に調子を落とす。毎試合得点こそ記録しているが、あっさりとした失点や効果的に追加点を奪えないなど明らかに試合運びに問題を抱えている印象だ。加えて、DFユムティティに続きDFヴェルメーレンが代表ウィークで負傷し、ヒザの問題を抱えるFWスアレスも特別調整を強いられるなど、一部ポジションで選手層の問題を抱えている。この苦境の中でセビージャ戦、CLインテル戦、レアル・マドリーとのクラシコとビッグマッチ3連戦を戦うことになり、その初戦となるセビージャ戦では勝ち点3奪取が求められるところ。メッシやDFジョルディ・アルバなど代表未招集組の活躍に期待がかかる。 ▽一方、マチン監督の戦術の浸透とFWアンドレ・シウバやFWイェデルらフィニッシャーの活躍で好調を継続するセビージャは4連勝中。他のビッグクラブと異なり主力に目立った負傷者もおらず、最低限のトップ4フィニッシュはおろか、リーグタイトル争いに十分に絡めそうな気配を見せている。難所カンプ・ノウに乗り込む今回の首位攻防戦では最も苦手とするメッシを封じ込めつつ、得意のカウンターで相手の脆弱な守備を切り裂き先日のレアル・マドリー戦の大勝の再現と行きたいところだ。 ▽首位攻防戦での潰し合いを生かしつつ首位奪還を目指すアトレティコ・マドリー(勝ち点15)だが、今節は難敵ビジャレアルとのアウェイゲームに臨む。今季のビジャレアルはいまひとつ調子が上がっていないものの、FWバッカやMFカソルラ、FWジェラール・モレーノと実力者を多数擁するタフな相手だ。また、日本代表戦を戦ったDFゴディンを筆頭にほとんどの主力が代表戦を戦ったアトレティコはコンディション面で不安を抱える。その中で活躍が期待されるのは、先日の代表戦で好パフォーマンスを披露し、古巣初対戦となるMFロドリゴ・エルナンデスだ。相手のやり方を熟知した同選手が攻守両面で決定的な働きができるかがアウェイチーム勝利の鍵を握る。 ▽また、公式戦4戦勝利なし(3敗1分け)且つ無得点とロペテギ体制で最初の危機を迎えているレアル・マドリーは、土曜のランチタイムキックオフとなるレバンテ戦で5試合ぶりのゴールと勝利を目指す。ここ最近悩まされた負傷者に関してはDFカルバハルを除き全選手が起用可能となっている。だが、未だシステムと組み合わせで最適解を見いだせていない指揮官の采配面にやや不安を残す。また、粘り強い守備とFWボアテング、FWホセ・モラレスを擁するレバンテの鋭い堅守速攻に対してもMFカゼミロらを起点に最大限の集中力が求められるところだ。 ▽ここ最近、やや厳しい立場に立たされているベティスMF乾貴士とヘタフェMF柴崎岳の2人の日本人選手はそれぞれバジャドリー、ラージョと昇格組と対峙する。今回も日本代表に招集されなかった乾は休養十分な中でリーグ3戦ぶりの出場を目指す。一方、クラブでは苦境も日本代表ではウルグアイ代表戦でプレーしている柴崎は試合勘が鈍らないうちに何とか試合に出たいところだ。 《リーガエスパニョーラ第9節》 ▽10/19(金) 《28:00》 セルタ vs アラベス ▽10/20(土) 《20:00》 レアル・マドリー vs レバンテ 《23:15》 バレンシア vs レガネス 《25:30》 ビジャレアル vs アトレティコ・マドリー 《27:45》 バルセロナ vs セビージャ ▽10/21(日) 《19:00》 ラージョ vs ヘタフェ 《23:15》 エイバル vs ビルバオ 《25:30》 ウエスカ vs エスパニョール 《27:45》 ベティス vs バジャドリー ▽10/22(月) 《28:00》 レアル・ソシエダ vs ジローナ 2018.10.19 20:20 Fri
twitterfacebook
thumb

サバレタ、メッシとの思い出を回想「夕食後すぐ眠る習慣があって…」

▽ウェストハムに所属する元アルゼンチン代表DFパブロ・サバレタが、バルセロナに所属する同国FWリオネル・メッシとのエピソードを明かした。イギリス『デイリー・メール』のインタビューを基に、スペイン『アス』が伝えている。 ▽2005年夏から2008年夏まで、エスパニョールに所属していたサバレタ。同クラブはバルセロナと同じ街に本拠地を置いており、サバレタはメッシと多くの時間を共有したそうだ。 ▽当時の思い出を振り返るサバレタは、メッシの夕食後の習慣について語った。 「(カタルーニャ州の州都の)バルセロナにあるエスパニョールに売られて、メッシと僕は同じ街にいたんだ。多くの余暇を共に過ごし、外食にもよく行った」 「彼には夕食後すぐに眠る習慣があったよ」 「彼はバルセロナの外のカステイダフェルスに山に囲まれた美しい家を買ったけど、(バルセロナの)街の中心部にもアパートを持っていた」 「外食に行ったある時、車に乗り込むと彼は寝てしまったんだ。『レオ、眠ってしまう前に、僕は君をどこに連れて行けばいい? 』と聞いたよ」 「彼は『カステイダフェルスにある僕の家に』と答えて眠った。そして、彼の家に着いて起こしたらこう言われたよ。『ここじゃない! 他の家って言っただろ! 』ってね」 「僕は『いや、いや…僕は気にしない。君はここで眠れるよ。でも、君が僕にそうさせる(眠らせる)ことはできない! 』と返した」 「結局、僕は彼を連れ戻したよ。僕の車の中では8000万ユーロ(約1億円)の才能が隣に座っていたんだ! 」 2018.10.19 15:30 Fri
twitterfacebook
thumb

メッシ、バルサと共に小児がん病院の建設費を援助

▽バルセロナは18日、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシの財団と共に小児がん病院の建設費用寄付を発表した。 ▽新たにバルセロナ市内に建設予定である小児がん病院の建設費用は、総額3000万ユーロ(約38億5000万円)。バルセロナとメッシの財団は、不足分の260万ユーロ(約3億3000万円)を寄付するという。 ▽記念式典に出席したメッシは、「僕らはこの取り組みにより、残酷な病気と戦い続ける。それは協力し合うことで、より簡単になるはずだ。こうした夢に関わることができてすごく嬉しい」と語った。 ▽なお、この病院は、2020年に完成予定。完成すれば、年間400人ものがん患者の治療が可能なヨーロッパ最大級の病院になるという。 2018.10.19 09:30 Fri
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース