レスター、移籍志願のMFマフレズに対するローマのオファーを拒否2017.07.16 04:31 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽レスター・シティがアルジェリア代表MFリヤド・マフレズ(26)に対するローマの2000万ポンド(約29億5000万円)のオファーを拒否したようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。

▽『スカイ・スポーツ』の伝えるところによれば、ローマでスポーツディレクター(SD)を務めるモンチ氏が、レスターのスカウト部門を担当するエドゥアルド・マシア氏と会談を行ったという。その際にローマは2000万ポンドのオファーを掲示。しかし、レスターはマフレズの移籍金を3000万ポンド(約44億2000万円)に設定しており、今回のオファーを拒否したようだ。

▽2014年にリーグ・ドゥ(フランス2部相当)のル・アーヴルから、当時チャンピオンシップ(イングランド2部相当)だったレスターに加入したマフレズは、チームの優勝に貢献。さらに、2014-15シーズンにチームの主力に定着すると、2015-16シーズンは公式戦39試合18ゴールを奪う活躍を見せてプレミアリーグ優勝に大きく貢献した。


レスターに加入したマフレズは、移籍2年目となった2015-16シーズン、リーグ戦37試合17得点を記録しクラブのプレミアリーグ初制覇に大きく貢献。自身もPFA(イングランドサッカー選手協会)選出の最優秀選手賞、同協会のファン投票による最優秀選手賞、さらにレスターサポーター選出の年間最優秀選手賞を獲得した。

▽同シーズン、マフレズはPFA(イングランドサッカー選手協会)の選手選出の最優秀選手賞、同協会のファン投票による最優秀選手賞、さらにレスターサポーター選出の年間最優秀選手賞を獲得している。そんな同選手は昨夏に移籍の噂が囁かれていたが、レスターとの契約を2020年6月末まで延長した。

▽しかし2016-17シーズン、チームはプレミアリーグで苦戦。昨季の王者は残留争いに巻き込まれ、12位でフィニッシュ。この結果を受け、マフレズは今夏の市場での移籍を志願しているとイギリス各紙が報道していた。

コメント

関連ニュース

thumb

4試合ぶり先発も…岡崎慎司は地元紙ワースト評価に「試合に影響はなかった」

レスターは25日、カラバオ・カップ3回戦でウォルバーハンプトンと対戦し、PK戦の末に4回戦へ進んだ。この一戦で先発したFW岡崎慎司だが、現地の評価は厳しいものとなっている。<br><br>カラバオ・カップ3回戦で、ウォルバーハンプトンと対戦したレスター。プレミアリーグを戦うチーム同士の一戦は、90分で決着がつかずにPK戦へもつれ込む。このPK戦を3-1で制したレスターが、4回戦へ駒を進めている。<br><br>この一戦で、岡崎は4試合ぶりの先発出場を果たした。しかし、目立った活躍をできずに60分にピッチを後にしている。<br><br>地元紙『レスター・マーキュリー』は、チームワーストタイとなる「5」と採点。「いつも通り疲れ知らずに働いたが、ゲームに影響はなかった」と、厳しい評価を下している。<br><br>また、『スカイスポーツ』の採点では、ジェイミー・ヴァーディに次ぐワースト2位タイの「6」となっている。<br><br>ここまでプレミアリーグでの出場時間はおよそ21分と、厳しい状況に追い込まれている岡崎。久々に得た先発出場のチャンスだったが、いかすことはできなかったようだ。<br><br><br>提供:goal.com 2018.09.26 12:05 Wed
twitterfacebook
thumb

レスターがPK戦でウルブスとのプレミア対決制す! 今季2度目先発の岡崎は消化不良の途中交代《EFLカップ》

▽EFLカップ(カラバオカップ)3回戦のウォルバーハンプトンvsレスター・シティが25日に行われ、0-0で90分の戦いが終了。その後、PK戦を3-1で制したレスターの4回戦進出が決定した。なお、レスターFW岡崎慎司は61分までプレーした。 ▽前回ラウンドでフリートウッド・タウンを破って3回戦へと駒を進めたレスター。直近のハダースフィールド戦でリーグ戦の連敗をストップしたチームは、4回戦進出を懸けてウルブスとのプレミア勢対決に臨んだ。ハダースフィールド戦からは先発8人を変更し、リーグ戦で先発出場がない岡崎がフリートウッド戦以来のスタメンを飾った。 ▽ほぼ控えや若手で臨んだホームチームに対してヴァーディら一部主力を送り込んだアウェイのレスターが押し気味に試合を進める。立ち上がりの5分にはイボーラが抑えの利いたミドルシュートで相手ゴールを脅かす。 ▽その後も岡崎やヴァーディの果敢なチェイシングで主導権を握るアウェイチームは岡崎のミドルシュートなどでフィニッシュに持ち込む。前半終了間際には岡崎の落としからオルブライトンが強烈なミドルシュートを放つが、相手GKの好守に阻まれて前半はゴールレスで終了した。 ▽迎えた後半も引き続き拮抗した展開に。56分には裏へ抜け出したカバレイロがボックス内でDFを振り切って右足のシュートを放つが、これはわずかに枠の左へ外れる。後半に入って少し流れが悪いレスターは61分、岡崎とヴァーディを下げてグレイとイヘアナチョの若手コンビにスイッチ。66分にはゲザルの左クロスからゴール右のオルブライトンに絶好機も、ここは相手GKラディの好守に阻まれた。 ▽後半半ばから終盤にかけても一進一退の攻防が続くが、互いに最後の場面での精度を欠き集中した守備陣を共に崩せず、そして試合はゴールレスのまま90分の戦いを終えた。運命のPK戦では共に4人目まで2人ずつ失敗した中、先攻レスターのイボーラが成功したのに対し、後攻ウルブスはアダマ・トラオレが痛恨の失敗。そして、レスターの5人目のイヘアナチョが勝負を決めるPKをきっちり決め切った。ウルブスとのプレミア勢対決を制したレスターが4回戦進出を決めた。 2018.09.26 07:00 Wed
twitterfacebook
thumb

岡崎終盤出場のレスターがハダースフィールドに逆転勝利で3戦ぶり勝利《プレミアリーグ》

▽レスター・シティは22日、プレミアリーグ第6節でハダースフィールドをホームに迎え、3-1で逆転勝利した。レスターのFW岡崎慎司は85分からプレーしている。 ▽前節ボーンマス戦を2-4と落とし2勝3敗となったレスターは、今節も岡崎がベンチスタートとなった。 ▽今季2分け3敗と未勝利のハダースフィールドに対し、レスターは5分に失点する。ロングスローの流れからマティアス・ヨルゲンセンンにシュートを蹴り込まれた。 ▽それでも19分、レスターが追いつく。ディフェンスライン裏を突いてヴァーディのラストパスを受けたイヘアナチョが冷静にGKとの一対一を制した。 ▽そして1-1で迎えた後半の66分、レスターが逆転する。ボックス手前中央で得たFKをマディソンが直接狙うと、ゴール左上を捉えたシュートがGKの手を弾いてネットを揺らした。 ▽そして75分、勝負を決定付ける。スルーパスに抜け出したヴァーディがボックス右に侵入し、チップキックでGKとの一対一を制した。 ▽85分には岡崎がマディソンに代わって出場。その岡崎は試合終了間際の追加タイム3分に左足ボレーでゴールに迫ったが、GKにセーブされ、直後にタイムアップ。レスターが逆転勝利で今季の戦績を3勝3敗のタイとしている。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_p" terget="_blank">プレミアリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.23 01:36 Sun
twitterfacebook
thumb

レスター、イングランド代表DFマグワイアに契約解除金を設定せず!

▽レスター・シティは、イングランド代表DFハリー・マグワイア(25)に契約解除金を設定していないようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ▽2017年6月にハル・シティからレスターに完全移籍したマグワイアは、1年目の昨シーズンに公式戦44試合2ゴール3アシストを記録。また、ロシア・ワールドカップ(W杯)でも7試合に出場し、イングランド代表の7大会ぶりのベスト4入りに貢献していた。 ▽今夏には、出色の活躍を見せたマグワイア獲得にマンチェスター・ユナイテッドがオファーを出していたことが伝えられていたが、レスターは放出を拒否。今月9日に、2023年6月30日までの契約延長が発表されていた。 ▽『スカイ・スポーツ』によると、レスターはマグワイアとの新契約に契約解除金を設定せず。クロード・ピュエル監督が「クラブのベストプレーヤー」と評価するなど欠かせない存在となっている同選手の流失阻止へ、より結びつきを強めたようだ。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_p" terget="_blank">プレミアリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.19 00:05 Wed
twitterfacebook
thumb

今夏ユナイテッドから関心もレスター残留を決めたイングランド代表DFマグワイアが2023年まで契約延長!

▽レスター・シティは9日、イングランド代表DFハリー・マグワイア(25)との契約を2023年6月30日まで延長したことを発表した。 ▽マグワイアは2017年6月にハル・シティからレスターに完全移籍。昨シーズンは公式戦44試合2ゴール3アシストを記録した。また、7月まで行われていたロシア・ワールドカップ(W杯)でも7試合に出場して、イングランド代表の7大会ぶりのベスト4入りに貢献した。 ▽ロシアW杯で出色の活躍を見せたマグワイアに対しては、今夏の移籍市場でマンチェスター・ユナイテッドが強い関心を示していたが、レスターがユナイテッドのオファーを拒否。 ▽マグワイアもイギリス『FourFourTwo』のインタビューで「僕にこのクラブでプレーする機会を与えてくれた。良いクラブが上がって来ても、僕は彼らの決断を尊重する。僕の心は完全にレスターのものになっていた」と語り、クラブへの忠誠を誓っていた。 2018.09.09 22:15 Sun
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース