リヨン、ベシクタシュからベテランDFマルセロを獲得!2017.07.13 23:36 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ベシクタシュは13日、ブラジル人DFマルセロ(30)がリヨンに完全移籍することで合意したことを発表した。移籍金は700万ユーロ(約9億円)となり、追加ボーナスとして50万ユーロ(約6500万円)が支払われる。

▽母国サントスでプロキャリアをスタートしたマルセロは、ヴィスワ・クラクフを経て2010年にPSVに完全移籍。同クラブでは3シーズンに渡ってレギュラーセンターバックを務め、2013年にハノーファーへと旅立った。その後、2016年2月にベシクタシュにレンタル移籍で加入すると、完全移籍に切り替わった昨シーズンは、公式戦45試合に出場し、3ゴールを記録。ディフェンスリーダーとして、同クラブのリーグ2連覇に貢献していた。
コメント
関連ニュース
thumb

元リヨンFW、古巣のタレントたちに言及「ビジネスになる。多くのクラブが彼らを…」

かつてセビージャやリヨンで活躍したFWフレデリック・カヌーテは、古巣の躍進に目を丸くしているようだ。『Goal』の独占インタビューで語った。<br><br>その古巣とはリヨンのこと。カヌーテはキャリアをリヨンでスタートさせたが、古巣は今シーズン、フェルランド・メンディ、タンギ・エンドンベレ、フセム・アワールといった若きタレントが躍動。国内リーグではパリ・サンジェルマンに黒星を付け、チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦ではバルセロナ相手に耐え抜き、初戦をスコアレスで終えている。<br><br>カヌーテは「すべての試合は見ていないが」と前置きしながら、各選手に対して評価を語る。<br><br>「メンディは本当にいいし、ダイナミックだね。彼が好きだよ。リヨンのユースはとてもやくやっているし、素晴らしい選手たちが生まれている。それはリヨンにとっていいビジネスになるだろう。エンドンベレもここ数試合を見たが、とても印象的だった。彼のクオリティやエネルギー、力強さは印象的だった。すべてを持っているが、まだ若い。すでに多くのクラブが興味を持っていると確信できる」<br><br>さらに、アワールについても「とても一流の選手だね。リーガ・エスパニョーラでいいプレーができるように思う。典型的なリーガの選手だよ。どのクラブも欲しがるだろう」とスペイン行きを予想した。<br><br>多くのタレントを擁し、今季の結果次第ではステップアップを果たしそうな新星たち。彼らが揃っている姿を見られるのは今季が最後になるかもしれない。<br><br> <br>提供:goal.com 2019.02.21 06:40 Thu
twitterfacebook
thumb

ブスケッツがリヨン戦について言及「満足ではない」

バルセロナに所属するスペイン代表MFセルヒオ・ブスケッツが、リヨン戦を振り返った。スペイン『マルカ』が伝えている。 バルセロナは19日、チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦1stレグでリヨンとアウェイで対戦。59%のボール支配率で24本のシュートを放ちながらも、最後までリヨンの守備を攻略できず、ゴールレスドローで1stレグを終えた。 バルセロナのエルネスト・バルベルデ監督は「0-0は危険な結果」と試合後に話した。しかし、ブスケッツは指揮官と考えが反対なようだ。 「これが危険な結果だとは思わない。僕たちは2ndレグに集中している」 「僕たちの方が優れていたし、準々決勝に進出するには勝たなければいけないことを理解している」 「この試合でチャンスを作れていなかったら心配だけど、楽観的になるべきだよ」 「もちろん満足ではないよ。僕たちが上手くやって、得点することが出来ていれば試合に勝てていたからね」 「フットボールはそういうものだし、結果を残さなければ傷付くことになる」 2019.02.20 22:04 Wed
twitterfacebook
thumb

バルサ完封に成功のリヨンDF、対策語る「ウイングからの攻撃はさほど脅威ではないから…」

リヨンに所属するフランス人DFレオ・デュボワが、バルセロナ戦を振り返った。『UEFA.com』が伝えている。 リヨンは19日、チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦1stレグでバルセロナとホームで対戦。劣勢が予想された中、押し込まれながらもゴールを許さず、ゴールレスドローで試合を終わらせた。 なんとかベスト8進出に望みをつないだリヨンのデュボワは、世界最高峰のアタッカー陣を抑えるために意識していたことを明かした。 「彼らには、ディフェンスラインを慌てさせる選手(メッシ)がいる。ただ、ウイングからの攻撃はさほど脅威ではない。だから中央から追いやるようなディフェンスをしたんだ」 「この結果は僕らにとって良いものだ。次に進めるチャンスがまだある。それが難しいことだと分かっていてもね。自分たち自身を信じるよ」 2019.02.20 10:40 Wed
twitterfacebook
thumb

レーティング:リヨン 0-0 バルセロナ《CL》

チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦1stレグ、リヨンvsバルセロナが19日にパルク・オリンピック・リヨンで行われ、0-0のドローに終わった。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽リヨン採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190220_1_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 アントニー・ロペス 6.5 後半に決定的なショットストップを披露。的確なポジショニングでシュートコースを消してハイボール処理も安定 DF 14 デュボワ 5.5 押し込まれる時間が長く何度か背後を取られたが、最後の場面で粘りの対応を続けた 6 マルセロ 6.5 冷静なラインコントロールと的確なカバーリングで強力攻撃陣を抑え込んだ 5 デナイヤー 6.5 コンディション面が懸念された中、無理の利く守備でスアレスやメッシに決定的な仕事を許さず 22 F・メンディ 5.5 ウォームアップ中のアクシデントもモノともせずフルタイムをプレー。移籍先候補に挙がる相手に対して、幾度か良い攻撃の絡みを見せた MF 10 トラオレ 5.5 ジョルディ・アルバの攻め上がりをケアするため普段よりも低い位置でプレー。攻撃面ではインパクトを欠いたが、献身性は評価したい (→トゥザール 5.5) 求められた中盤の守備強化の役目を完遂 28 エンドンベレ 6.5 前半はマイボール時にイージーなミスが散見も、それを補って余りあるキープ力やボール奪取力でポテンシャルの高さを窺わせた (→ディオプ -) 11 デパイ 5.5 トップ下後に2トップの一角でプレー。起点になるプレーはあったが、怖さは出せず 8 アワール 6.0 エンドンベレ同様に序盤は硬さからかミスが目立ったが、時間を経るごとに攻守両面で安定感を取り戻した 7 テリエ 5.5 立ち上がりに惜しいミドルシュートを放つなど、守備をこなしながら要所で攻撃のアクセントになった (→M・コルネ 5.5) 攻撃面で見せ場はなかったが、献身的な守備で無失点の貢献 FW 9 M・デンベレ 5.5 守備の仕事はこなしたが、前線でなかなかキープできず。フィニッシャーとしての仕事はこなせなかった 監督 ジェネジオ 6.0 プラスアルファの勝利こそ逃したが、アウェイゴールを与えずに敵地での2ndレグに十分な望みを繋ぐ ▽バルセロナ採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190220_1_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 テア・シュテーゲン 6.5 立ち上がりに2度のビッグセーブを披露。キックはやや乱れたが、守備の安定感は際立っていた DF 2 N・セメド 6.0 スピードのある相手に危なげなく対応。攻撃でも幾度か良いオーバーラップを見せた 3 ピケ 6.5 攻守両面で及第点以上の出来。相手のカウンターにも冷静に対処した 15 ラングレ 6.0 母国凱旋で集中した守備を90分間継続。相手2トップに対してタイトなチェックを敢行し続けた 18 ジョルディ・アルバ 6.0 デンベレとの連係はいまひとつもいつも通り高い位置まで飛び出してメッシやスアレスにチャンスボールを供給 MF 20 セルジ・ロベルト 5.5 ビダルやアレーニャを抑えてインテリオールで先発。切り替えの局面での守備が効いており、シンプルな繋ぎで味方を生かした (→ビダル -) 5 ブスケッツ 6.5 抜群のポジショニングでセカンドボールを回収。相手のタイトなマークを受けながらも的確にパスを捌いた 4 ラキティッチ 5.5 中盤でバランス調整に腐心。攻守両面で卒なく対応した FW 10 メッシ 6.0 ゲームメークにチャンスメーク、フィニッシュと多くの仕事に絡んだが、やや全体的に精度を欠いた 9 スアレス 5.5 前線で一定の存在感も苦手とするCLアウェイゲームでまたもゴールを決められず。無得点時間はついに24時間を超える… 11 デンベレ 5.5 母国凱旋で気持ちの入ったプレーを見せたが、連係ミスやキックミスでリズムを掴み切れなかった (→コウチーニョ 5.5) 一度惜しいミドルシュートを放ったがあとが続かず 監督 バルベルデ 5.5 欲を言えば、アウェイゴールがほしかったが、最低限の勝ち点1を持ち帰る ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! デナイヤー(リヨン) 持ち味のフィジカル能力を全面に生かした守備でバルセロナの攻撃陣を見事に封殺。球際の強さや粘りに加え、危機察知能力をフル動員してクリーンシートの立役者となった。 リヨン 0-0 バルセロナ 2019.02.20 06:59 Wed
twitterfacebook
thumb

バルセロナ、リヨンの堅守をこじ開けられず…敵地で最低限のゴールレスドロー《CL》

チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦1stレグ、リヨンvsバルセロナが19日にパルク・オリンピック・リヨンで行われ、0-0のドローに終わった。 マンチェスター・シティ、シャフタール、ホッフェンハイムと同居したグループFを1勝5分けの無敗で2位通過したリヨンは2011-12シーズン以来のベスト16進出。また、国内リーグでは前々節のニース戦の敗戦を除き4勝2分けと好調を維持。直近のギャンガン戦も2-1で競り勝っている。そのギャンガン戦からは先発3人を変更。出場停止のフェキルに代わってデパイ、マルカルとトゥザールに代わってメンディとエンドンベレが起用された。 一方、トッテナム、インテル、PSVと同居した激戦区のグループBを4勝2分けの無敗で首位通過を果たしたバルセロナ。最近の公式戦では3試合連続ドローとパフォーマンスを落としていたものの、直近のバジャドリー戦ではターンオーバーを採用した中で1-0の辛勝。一先ず勢いを取り戻して今回の一戦を迎えた。今週末にセビージャとのリーグ戦を控える中、バジャドリー戦からは先発4人を変更。ヴェルメーレン、アレーニャ、ビダル、ボアテングに代わってラングレ、ネウソン・セメド、ラキティッチ、スアレスが復帰した。 完全アウェイの雰囲気をモノともしないバルセロナは開始直後にブスケッツからの浮き球パスに抜け出したウスマーヌ・デンベレがボックス左に抜け出してファーストシュートを放つ。さらに直後の3分にはセルジ・ロベルトとメッシの連動したプレスでアワールからボールを奪いショートカウンターを仕掛けるが、ここはボックス手前でファウルで止められる。 一方、不用意なボールロストが目立つリヨンだったが、こちらも自慢の攻撃陣が個の力でチャンスを創出。5分にはGKテア・シュテーゲンのキックミスをカウンターに繋げてボックス手前のアワールがゴール右隅を捉えたシュート。直後の9分にはペナルティアーク付近でパスを受けたテリエが無回転のミドルシュートを枠に飛ばすが、いずれもテア・シュテーゲンのビッグセーブに阻まれた。 時間の経過と共に高いボール支配率とブスケッツを起点とした素早い攻守の切り替えで主導権を完全に握ったバルセロナは、相手マイボール時にうまくパスコースを切りながら再三のインターセプトからショートカウンターに転じていく。しかし、デンベレやメッシ、スアレスの3トップが最後のところでシュートミスや連係ミスを犯し、決定機まで持ち込めない。 相手の攻撃を水際で耐える展開が続くリヨンはシステムを[4-2-3-1]から[4-4-2]に変更。中央で窮屈なプレーを強いられたデパイにより自由を与えつつ、積極的なポジションチェンジから幾つか惜しい場面を作り出すなど、徐々に盛り返す形で前半を最低限のゴールレスで終えた。 互いに選手交代なしで迎えた後半は前半以上にクローズな展開に。共に中盤での不用意なロストが減ったことにより遅攻で攻め合う状況が続くが、集中した守備陣を上回るような仕掛けを繰り出せない。 停滞した空気を何とか払しょくしたいバルセロナは67分にデンベレを下げてコウチーニョを投入。対してこの状況を維持したいリヨンは69分にトラオレを下げてトゥザールを投入。この交代で[4-1-4-1]に布陣を変更して中盤の守備を強化する。 この交代をキッカケに少しずつリズムを掴んだバルセロナは70分、73分にアルバの左サイドから続けて決定機を創出。だが、CLアウェイゴール無得点時間が24時間を超えたスアレスがいずれの場面でも決め切れない。さらに76分にはコウチーニョが強烈なミドルシュートを放つが、これはGKアントニー・ロペスの好守に阻まれた。 その後は引き分けでも良しとするホームチームに対してアウェイゴールがほしいバルセロナが攻勢を仕掛ける展開が続くも、85分にメッシのお膳立てからブスケッツが放ったミドルシュートは相手GKアントニー・ロペスの好守に阻まれて試合はこのままゴールレスで決着。 リヨンの堅守をこじ開けられずにゴールレスで初戦を終えたバルセロナは来月13日に行われるカンプ・ノウでの2ndレグで突破を目指すことになった。一方、アドバンテージこそ得られなかったリヨンだったが、アウェイゴールを与えなかったことでキャプテンのフェキルが復帰するリターンマッチに望みを繋いでいる。 2019.02.20 06:58 Wed
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース