雷雨で中止の天皇杯3回戦、八戸vs名古屋は後半20分から再試合《天皇杯》2017.07.13 21:29 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(C)JFA
▽日本サッカー協会は13日、雷雨の影響で中止となった第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 3回戦のヴァンラーレ八戸vs名古屋グランパスの取り扱いについて発表した。

▽同カードは後半途中に雷雨の影響で中断。53分間の中断後、再開を試みるも中止となっていた。この試合に関して、JFAは試合が中断した65分(後半20分)から試合を再開することを発表。8月2日(水)の19時から、パロマ瑞穂スタジアムで再試合が行われる。

▽なお、試合は後半20分からスタートし、中断時点と同じメンバーで再開。メンバーを補充することができない。ケガによる出場が困難な場合は、ベンチ入りした選手から出場選手を選出。ベンチ入りメンバーがケガなどにより出場が困難な場合は、大会エントリーの選手から選出するとのこと。名古屋は、ベンチ入りしていたMF磯村亮太がアルビレックス新潟に完全移籍しており、メンバーが1人少ないことが確定している。

▽また、スコアや交代人数は継続することになり、0-1で名古屋がリードした状態でスタート。交代枠は八戸が1人、名古屋が2人となる。

▽チケットに関しては、半券で再試合の観戦が可能に。新規購入などは改めて後日発表される。また、払い戻しも対応している。

コメント

関連ニュース

thumb

準々決勝のマッチスケジュールが発表! チケットは10月14日に発売《天皇杯》

▽日本サッカー協会(JFA)は22日、第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会の準々決勝のマッチスケジュールを発表した。 ▽20日に行われたラウンド16を勝ち抜いたのは、前回王者の鹿島アントラーズ、大宮アルディージャ、柏レイソル、川崎フロンターレ、横浜F・マリノス、ジュビロ磐田、セレッソ大阪、ヴィッセル神戸のJ1の8チームとなっている。 ▽準々決勝は、10月25日(水)に行われ、神戸vs鹿島、C大阪vs大宮、横浜FMvs磐田は19時から、川崎Fvs柏は19時30分からスタート。ホームスタジアムを使うのは、神戸、C大阪、横浜FM、川崎Fとなる。 ▽また、チケット販売は10月14日(土)の10時から、チケットJFAやJリーグチケット、その他各種プレイガイドで販売。準々決勝のみの販売となる。 ◆準々決勝 ▽10月25日(水) 《19:00》 ヴィッセル神戸 vs 鹿島アントラーズ [神戸総合運動公園ユニバー記念競技場] セレッソ大阪 vs 大宮アルディージャ [キンチョウスタジアム] 横浜F・マリノス vs ジュビロ磐田 [ニッパツ三ツ沢球技場] 《19:30》 川崎フロンターレ vs 柏レイソル [等々力陸上競技場] 2017.09.22 17:40 Fri
twitterfacebook
thumb

J1の8チームがベスト8進出! 準々決勝は10月25日に開催!《天皇杯》

▽20日、第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会のラウンド16(4回戦)の8試合が行われた。 ▽前回大会王者の鹿島アントラーズは、浦和レッズと対戦し2-4で勝利。MF金崎夢生の2得点でリードするも、浦和のFWズラタン、FW武藤雄樹のゴールで追いつかれる展開となった。しかし、MF中村充孝のゴールで勝ち越すと、MF土居聖真がダメ押しゴールを決め、ベスト8に進出した。 ▽また、ここまでJ3のY.S.C.C.横浜、J1のベガルタ仙台、J2のアビスパ福岡を下し、ジャイアントキリングを続けてきた筑波大学がJ1の大宮アルディージャと対戦。しかし、この試合ではフィニッシュの精度を欠いて得点を奪えず。リーグ戦で残留争い中の大宮はFW清水慎太郎が躍動し2得点の活躍。筑波大のジャイアントキリングをストップさせ、ベスト8に駒を進めた。 ▽その他、川崎フロンターレはFW森本貴幸のハットトリックなどで清水エスパルスを4-2で下しベスト8に。ガンバ大阪vs柏レイソルは打ち合いの末に、柏が勝利した。また、ラウンド16で唯一延長戦に突入した横浜F・マリノスvsサンフレッチェ広島は、FWウーゴ・ヴィエイラが劇的なスーパーゴールを決めるなどハットトリックの活躍をみせ、横浜FMがベスト8に進出している。 ▽準々決勝は10月25日(水)に開催。キックオフ時間や会場は未定となっている。 ◆ラウンド16 松本山雅FC 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 ヴィッセル神戸</span> 【神戸】 橋本和(前23) 渡邉千真(後36) 浦和レッズ 2-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">4 鹿島アントラーズ</span> 【浦和】 ズラタン(後14) 武藤雄樹(後24) 【鹿島】 金崎夢生(前7) 金崎夢生(後6) 中村充孝(後29) 土居聖真(後45) <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">セレッソ大阪 1</span>-0 名古屋グランパス 【C大阪】 福満隆貴(前6) 筑波大学 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 大宮アルディージャ</span> 【大宮】 清水慎太郎(前28) 清水慎太郎(後40) <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">横浜F・マリノス 3</span>-2 サンフレッチェ広島 【横浜FM】 ウーゴ・ヴィエイラ(後10) ウーゴ・ヴィエイラ(後43) ウーゴ・ヴィエイラ(延後15) 【広島】 皆川佑介(前7) フェリペ・シウバ(前14) AC長野パルセイロ 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 ジュビロ磐田</span> 【磐田】 齊藤和樹(後7) <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">川崎フロンターレ </span>-1 清水エスパルス 【川崎F】 森本貴幸(前8) 森本貴幸(前41) 森本貴幸(後4) エドゥアルド(後40) 【清水】 ミッチェル・デューク(前23) ガンバ大阪 2-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">3 柏レイソル</span> 【G大阪】 長沢駿(後15) 井手口陽介(後36) 【柏】 クリスティアーノ(前45) 古賀太陽(後3) クリスティアーノ(後7) ◆準々決勝 ▽10月25日(水) ヴィッセル神戸 vs 鹿島アントラーズ セレッソ大阪 vs 大宮アルディージャ 横浜F・マリノス vs ジュビロ磐田 川崎フロンターレ vs 柏レイソル 2017.09.20 22:05 Wed
twitterfacebook
thumb

ハットのウーゴ・ヴィエイラ、延長スーパーゴールで横浜FMが広島に逆転勝利! 11年ぶりベスト4の磐田と対戦《天皇杯》

▽第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会ラウンド16(4回戦)が20日に各地で行われた。 ▽ニッパツ三ツ沢球技場で行われた横浜F・マリノスとサンフレッチェ広島の一戦は、延長戦の末に3-2で横浜FMが勝利した。試合は早々の7分に広島が動かす。フェリペ・シウバの左CKに正面の野上がヘッド。このシュートは左ポストに直撃するも、跳ね返りから皆川がネットを揺らし、広島が先行する。 ▽さらに、これで勢いに乗った広島は14分に加点する。バイタルエリアで縦パスを受けたフェリペ・シウバがペナルティアーク手前で右足を一閃。鋭い弾道のシュートがゴール左上に突き刺さり、広島がリードを2点に広げる。 ▽ハーフタイムにかけても広島が押し気味に試合を進める。44分にはバイタルエリアをドリブルで侵攻した森島がペナルティアークからミドルシュート。しかし、これはGK飯倉にセーブされたボールがバーに当たり、3点目とはならなかった。 ▽迎えた後半は立ち上がりから横浜FMが反撃に出る。すると54分、右サイドで仕掛けた遠藤がクロスを上げると、これがDF水本のハンドを誘ってPKを獲得。このチャンスをウーゴ・ヴィエイラがしっかりとモノにし、横浜FMが1点差に詰め寄る。 ▽さらに横浜FMは得点直後に遠藤が立て続けにミドルシュートで相手ゴールを脅かす。しかし、1本目はGK廣永のセーブに遭い、2本目はわずかにバーの上にはずれる。 ▽終盤にかけては横浜FMが攻勢に出るも、広島もカウンターから相手に脅威を与え続け、オープンな展開となる。すると88分、ボックス右での齋藤の仕掛けから最後は正面のウーゴ・ヴィエイラが決めて、横浜FMが土壇場で同点に追いつく。 ▽迎えた延長戦も一進一退の攻防が続く。110分にはアンデルソン・ロペスのミドルシュートで広島がゴールに迫るが、枠内に飛んだボールはGK飯倉のセーブに遭う。その後、延長後半は広島ペースで進んだが、試合終了間際に横浜FMがスーパーゴールで勝ち越す。 ▽右サイド深くのタッチライン付近で仕掛けたウーゴ・ヴィエイラがルックアップしてクロスと見せかけて右足でアウト回転をかけてシュート。GK廣永の意表を突いたこのシュートが決まり、決勝弾に。横浜FMがウーゴ・ヴィエイラのハットトリックで見事な逆転勝利を収めた。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170920_26_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽また、南長野運動公園総合球技場で行われたAC長野パルセイロとジュビロ磐田の一戦は、0-1で磐田が勝利した。試合は立ち上がり、高橋のヘディングシュートでゴールに迫った磐田が積極的に前に出る。セットプレーを多く獲得しながら長野を押し込む磐田は相手の反撃を許さないも、決め手を欠いて前半はゴールレスのまま終える。 ▽迎えた後半、均衡を破ったのは磐田だった。52分、右サイドの太田が上げたクロスに正面の齊藤がヘディング。このシュートがゴール左に決まり、磐田がリードする。その後も、押し気味に試合を進めた磐田は追加点こそ奪えなかったものの、終盤の長野の反撃をきっちりと凌いでシャットアウト勝ち。11大会ぶりのベスト8を決めた磐田は、10月25日に行われる準々決勝で横浜FMと対戦する。 2017.09.20 21:35 Wed
twitterfacebook
thumb

鹿島が4発で浦和に勝利! 松本健闘も競り負け準々決勝は鹿島vs神戸に《天皇杯》

▽第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会ラウンド16(4回戦)の浦和レッズ(J1) vs 鹿島アントラーズ(J1)が、20日に熊谷スポーツ文化公園陸上競技場で行われ、2-4で鹿島が勝利した。 ▽明治安田生命J1リーグで首位を快走しており、好調を保っている鹿島だが、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)はラウンド16で敗退、JリーグYBCルヴァンカップ(ルヴァン杯)も準々決勝で敗退と、残すタイトルレースは天皇杯とJ1リーグのみとなっている。比重の高くなる天皇杯に向けて。鹿島は、リーグ戦から引き続き[4-4-2]を採用。GKに曽ヶ端、DFに山本、昌子、植田、伊東を並べ、中盤にはレアンドロ、小笠原、レオ・シルバ、中村を起用し、2トップには土居と金崎が入った。 ▽対する浦和は、ルヴァン杯で敗退し、J1では8位と中位に位置しているものの、ACLでは勝ち抜きを決めている。とはいえ、来シーズンのACL出場権を獲得するためには、天皇杯での勝ち抜きが求められる状況だ。この負けられない1戦に向けて、浦和は[3-6-1]を採用。GKに榎本、3バックに槙野、遠藤、森脇が入り、中盤に阿部、青木、長澤、駒井、武藤、高木を起用、1トップにズラタンを配した。 ▽試合は、開始早々の7分に鹿島が先制した。カウンターの場面でボールを持った土居が、ディフェンスラインの裏に走る中村にスルーパスを供給する。独走状態となり、ボックス内でGKとの1対1を迎えた場面で、中村は並走していた金崎へのパスを選択。ボールを受けた金崎が無人のゴールに流し込んだ。 ▽追いつきたい浦和は、ボールを保持しつつ、武藤や駒井を起点として同点弾を目指したものの、鹿島の牙城を崩すには至らず。16分には、右サイド深い位置から駒井がクロスを上げ、ズラタンがヘディングシュートを放ったが、GKがキャッチした。36分にも、右サイドを駆け上がった遠藤のクロスにズラタンが飛び込んだが、DFにクリアされた。 ▽前半は、浦和の攻撃が身を結ぶことはなく、試合は折り返しを迎えた。すると、後半開始早々の50分に、鹿島が追加点を奪い切った。ボックス手前で細かくボールを繋ぎ、ボックス左でフリーとなっていたレアンドロに渡ると、クリアに出た榎本に倒されてPKを獲得。これを、キッカーの金崎が落ち着いて決めた。 ▽リードを広げられた浦和だったが、直後の59分に差を縮める。左CKのこぼれ球をボックス右で槙野が拾い、中央の森脇に繋ぐ。森脇がボックス内中央にパスを供給すると、ズラタンがワントラップしてシュートを放ち、ネットを揺らした。 ▽さらに69分、浦和が同点弾の奪取に成功した。右サイド深くに侵攻した遠藤が高い弾道のクロスを上げると、ボールはファーでフリーになっていた武藤の下に。落ち着いて右足を振り抜くと、シュートはGK曽ヶ端の股下を抜き、ゴールに吸い込まれた。 ▽それでも75分、再び鹿島がリードする。右サイドでボールを受けたレオ・シルバが、ヒールで土居に落とす。土居がボックス手前中央にダイレクトでパスを送ると、待ち構えていた中村が右足でシュート。これがGK榎本にセーブされるも、ポストに跳ね返ってゴールラインを割り、勝ち越し点となった。 ▽90分間で勝ち切りたい鹿島は、87分に中村を下げて安部を投入。前線の圧力を高めた。すると交代直後の90分、右サイドでボールを持った安部がドリブルで侵攻し、ふわりとしたクロスを供給。ボックス内の土居が高い打点からヘディングシュートを叩き込み、さらに浦和を突き放した。 ▽直後に終了の笛が鳴り、鹿島の勝利が確定。昨年の天皇杯王者が、準々決勝に駒を進めることとなった。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170920_29_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> ▽また同日、松本山雅FC(J2)vsヴィッセル神戸(J1)が、松本平広域公園総合球技場アルウィンで行われ、0-2で神戸が勝利した。 ▽試合の序盤は、積極的なプレスを敢行した松本がややペースを握った。ロングボールを多用する神戸がチャンスを作り出せずにいると、7分には石原がドリブルでボックス内右まで持ち込んでシュートを放った。これは得点とはならなかったが、松本の攻撃陣が神戸のゴールマウスを度々襲った。 ▽それでも23分、神戸が逆境を跳ね返す先制点の奪取に成功した。大森がボックス手前中央で溜めを作り、ボックス内中央で待つ中坂にパス。さらに、ボックス内左でフリーになっていた橋本に繋がると、左足を振り抜きネットを揺らした。 ▽失点後もプレスをかけ続けた松本だったが、同点ゴールを生み出すことはできずに、後半に突入した。追いつきたい松本は、サイドからの攻撃を中心に、後半も攻勢をかけたものの、決め切ることができず。 ▽すると81分、神戸が多くはないチャンスを再び確実にものにした。途中出場の渡邉がボックス右でボールを持つと、鋭い切り返しで相手を翻弄。そのままDFの股下にシュートを放ち、松本を突き放した。 ▽その後の松本の猛攻も虚しく、試合はこのまま終了。効率的に得点を奪い、無失点に抑えた神戸が、次のステージに歩を進めることに。 ▽この結果、10月25日に行われる準々決勝では、神戸と鹿島が激突することとなった。 2017.09.20 21:25 Wed
twitterfacebook
thumb

森本のハット含む4発で川崎Fが清水粉砕! 柏はG大阪に競り勝って準々決勝進出《天皇杯》

▽20日に第97回天皇杯全日本サッカー選手権のラウンド16(4回戦)の8試合が行われた。 ▽3回戦のザスパクサツ戦を4-0で勝利した川崎フロンターレと、いわきFC戦を2-0で勝利した清水エスパルスの一戦は、4-1で川崎Fが勝利した。 ▽試合は、立ち上がりから両者共に攻勢に出る中、時間の経過と共に川崎Fがボールを保持。すると8分、ハーフウェイライン付近でボールを受けた板倉が持ち上がると、敵陣中央からスルーパスを送る。これに反応した森本が清水の最終ラインを突破してボックス内へ侵攻し、GK高木和との一対一を制した。 ▽先制を許した清水はすぐさま攻勢を強める。19分、ボックス左手前でパスを受けた松原が縦への突破からグラウンダーのクロスを供給。ボックス中央に走り込んだミッチェル・デュークが右足で合わせたが、ミートしきれずボールはゴール右へと外れた。 ▽それでも清水は23分、相手最終ラインでエドゥアルドから金子のチェイスでボールを奪うと、ボックス右へのパスに反応した金子が右足でシュート。これはGK新井に弾かれるも、ボックス付近やや左にこぼれたボールをミッチェル・デュークが左足を振り抜いて、ゴール右隅へと突き刺した。 ▽試合を振り出しに戻された川崎Fはすぐさまペースを引き寄せて敵陣への侵攻回数を増やすと38分、狩野が左CKを入れる。これは相手DFにクリアされたが、浮き球のこぼれ球をボックス右手前から阿部が右足を振り抜く。これがゴール左隅を捉えたが、北川に頭でクリアされてしまう。 ▽迎えた41分、敵陣中央右でパスを受けた板倉が右足で鋭いクロスを供給。これに勢いよく飛び込んだ森本がヘディングシュートを放ち、ゴール右隅へと押し込んだ。 ▽試合を折り返すと、2-0でリードする川崎Fが清水を突き放す。49分、敵陣中央にこぼれたルーズボールを森本がカヌとの競り合いで先に触ると、これを拾った阿部がダイレクトで清水ディフェンスの背後へスルーパス。これに走り込んだ森本が落ち着いてゴールを決めて、ハットトリックを記録する。 ▽3点差に広げられた清水は61分、左サイドからミッチェル・デュークがクロスを入れると、ニアサイドの北川が頭で流す。ボックス中央に走り込んだ長谷川悠が左足で合わせるも、シュートはゴール右へと逸れてしまう。 ▽さらに清水は67分、途中出場のチアゴ・アウベスがボックス手前からスルーパス。これを受けた北川がボックス内からシュートを放つが、GK新井の好判断な飛び出しに阻まれてしまう。 ▽攻勢に出るもなかなかゴールを奪えない清水。すると川崎Fは85分、敵陣中央左でFKを獲得する。キッカーの森谷がファーサイドにクロス。これをエドゥアルドが頭で合わせて試合を決定づけた。 ▽試合を4-1とされた清水はその後、最後まで川崎Fゴールに迫ったが、得点は生まれずそのまま試合終了。川崎Fが森本のハットトリックを含む4ゴールで準々決勝進出を決めている。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170920_27_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽同ブロックのもう一試合であるガンバ大阪vs柏レイソルは、3-2で柏が勝利した。まずゴールを脅かしたのはG大阪。9分、遠藤からの左CKのこぼれ球に反応した井手口がシュートを放つが、先制点とはならない。 ▽前半半ばに差し掛かると柏が応戦し始めるも、シュートまで結びつけるのは依然としてG大阪。26分、井手口からの右CKがファーサイドに流れたボールを遠藤が折り返すと、三浦がヘディングシュート。さらに32分、敵陣中央でFKを獲得すると、井手口がクロスを選択する。これを金正也が頭で合わせたが、どちらも決めきることができない。 ▽すると前半終盤、ここまで押し込まれ気味だった柏が先制に成功する。45分、ロングボールが相手最終ラインの裏へと落ちると、GK東口と金正也が連携ミス。これを見逃さなかったクリスティアーノが拾って無人のゴールへと流し込んだ。 ▽後半に入ると、先制して前半を終えた柏が一気にG大阪を畳み掛ける。48分、伊東のスルーパスに走り込んだ古賀がボックス右外からGKとDFの間にグラウンダーのクロス。これが相手DFのオウンゴールを誘発する。 ▽柏はさらに53分、GK東口のフィードを味方がハーフウェイライン付近でカットすると、ボールはそのままボックス内へ。これを受けたクリスティアーノがそのままゴール左隅に押し込んだ。 ▽3点のリードを許したG大阪だったが60分、相手の最終ラインからのフィードを敵陣中央左の遠藤が胸でブロック。これがボックス手前に転がると、反応した長沢が落ち着いてゴールに流し込んだ。 ▽1点を返したG大阪は68分、オ・ジェソクに代えて初瀬を投入。すると終盤81分、その初瀬が右サイドからクロスを送る。ファーサイドに走り込んだ井手口が頭で押し込み、1点差に詰め寄る。 ▽その後、ガンバ大阪は両サイドからクロスを入れて同点ゴールを狙ったが、猛攻も実らずそのまま試合終了。柏が3-2で競り勝ち、準々決勝進出を決めた。 ▽この結果、10月25日に行われる準々決勝では、川崎Fと柏レイソルが激突することとなった。 2017.09.20 21:15 Wed
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース