雷雨で中止の天皇杯3回戦、八戸vs名古屋は後半20分から再試合《天皇杯》2017.07.13 21:29 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(C)JFA
▽日本サッカー協会は13日、雷雨の影響で中止となった第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 3回戦のヴァンラーレ八戸vs名古屋グランパスの取り扱いについて発表した。

▽同カードは後半途中に雷雨の影響で中断。53分間の中断後、再開を試みるも中止となっていた。この試合に関して、JFAは試合が中断した65分(後半20分)から試合を再開することを発表。8月2日(水)の19時から、パロマ瑞穂スタジアムで再試合が行われる。

▽なお、試合は後半20分からスタートし、中断時点と同じメンバーで再開。メンバーを補充することができない。ケガによる出場が困難な場合は、ベンチ入りした選手から出場選手を選出。ベンチ入りメンバーがケガなどにより出場が困難な場合は、大会エントリーの選手から選出するとのこと。名古屋は、ベンチ入りしていたMF磯村亮太がアルビレックス新潟に完全移籍しており、メンバーが1人少ないことが確定している。

▽また、スコアや交代人数は継続することになり、0-1で名古屋がリードした状態でスタート。交代枠は八戸が1人、名古屋が2人となる。

▽チケットに関しては、半券で再試合の観戦が可能に。新規購入などは改めて後日発表される。また、払い戻しも対応している。

コメント

関連ニュース

thumb

天皇杯準決勝のマッチスケジュールが決定! 12月23日に開催《天皇杯》

▽第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会準決勝進出の4チームが出揃った。 ▽4強入りを果たしたのは、ヴィッセル神戸、セレッソ大阪、横浜F・マリノス、柏レイソルの4チーム。準決勝の対戦カードは神戸vsC大阪、横浜FMvs柏に決まった。 ▽準決勝は12月23日(土)に開催。決勝は来年1月1日に埼玉スタジアム2002で行われる。 ◆準決勝 ▽12月23日(土・祝) 《13:00》 ヴィッセル神戸 vs セレッソ大阪─【85】 [ヤンマースタジアム長居] 《15:05》 横浜F・マリノス vs 柏レイソル─【86】 [等々力陸上競技場] ◆決勝 ▽1月1日(月・祝) 《14:40》 【85】の勝者 vs 【86】の勝者 [埼玉スタジアム2002] 2017.10.26 16:30 Thu
twitterfacebook
thumb

4強出揃う! 準決勝は関西勢&関東勢同士対決!《天皇杯》

▽第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会準決勝進出の4チームが出揃った。 ▽4強入りを果たしたのは、ヴィッセル神戸、セレッソ大阪、横浜F・マリノス、柏レイソルの4チーム。準決勝の対戦カードは神戸vsC大阪、横浜FMvs柏に決まった。 ▽準決勝は12月23日(土)に開催。決勝は来年1月1日に埼玉スタジアム2002で行われる。 ◆準々決勝 ▽10月25日(水) <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ヴィッセル神戸</span> 1-1(PK:<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">5</span>-4) 鹿島アントラーズ 【神戸】 ハーフナー・マイク(後49) 【鹿島】 昌子源(後18) <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">セレッソ大阪 2</span>-0 大宮アルディージャ 【C大阪】 福満隆貴(前23) 澤上竜二(後9) <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">横浜F・マリノス 1</span>-0 ジュビロ磐田 【横浜FM】 オウンゴール(後36) 川崎フロンターレ 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 柏レイソル</span> 【柏】 クリスティアーノ(後16) ◆準決勝 ▽12月23日(土) ヴィッセル神戸 vs セレッソ大阪 横浜F・マリノス vs 柏レイソル 2017.10.25 21:55 Wed
twitterfacebook
thumb

PK戦までもつれ込んだ死闘は神戸が前回王者鹿島を下し17年ぶりの準決勝進出!《天皇杯》

▽第97回天皇杯全日本サッカー選手権準々決勝、ヴィッセル神戸vs鹿島アントラーズが神戸総合運動公園ユニバー記念競技場で25日に行われた。1-1で迎えたPK戦を4-5で制した神戸が準決勝進出を決めた。 ▽4回戦では、松本山雅FCを破り準々決勝進出を果たした神戸と、浦和を退けた鹿島の一戦。ホームの神戸は直近の鳥栖戦から3人変更。高橋峻、松下、田中に代えて、三原、藤谷、大槻が先発に名を連ねた。一方の鹿島、こちらは直近の横浜F・マリノス戦から大幅に7人を変更。主力の昌子や古巣相手となるペドロ・ジュニオールらが先発入りしたほか、小笠原や鈴木もスタメンスタートとなった。 ▽序盤は中盤での試合づくりに両チームが苦戦する中、22分に、鹿島は右サイドで細かく繋いで、遠藤がディフェンスライン裏に抜け出したペドロ・ジュニオールにスルーパス。ドリブルでボックス右に侵入し、シュートを放つが、枠を捉えられなかった。 ▽対する神戸は33分に、藤田の左CKから渡邉がネットを揺らすが、直前の競り合いでファウルをとられゴールは認められない。互いにチャンスをあまり作れなかった前半はゴールレスで終える。 ▽迎えた後半、前半と同じく中盤で攻撃の組み立てに関与するルーカス・ポドルスキは、55分に自らドリブルで仕掛けシュートを試みるも、DFのブロックに阻まれる。拮抗した展開が続く中、64分に試合が動く。 ▽左CKを獲得した鹿島は、キッカーの遠藤が高軌道のクロスを上げる。これはGKキム・スンギュに弾かれてしまうが、セカンドボールを拾った小笠原がダイレクトでボックス右の昌子へ。昌子はここからGKの股を抜くシュートを流し込み、鹿島に待望の先制点をもたらした。 ▽先制後攻勢を強める鹿島は73分に、右サイドのクロスからペドロ・ジュニオールがボレーでシュートを放つが、GKの正面に飛んでしまう。直後の右CKからの遠藤のヘディングシュートは、こちらもGKの正面を捉えてしまい神戸もゴールを奪えず。 ▽追いつきたい神戸は83分に渡邉を下げてハーフナー・マイクを投入。すると直後の85分にGKのファインセーブを強いるシュートでチャンスを迎えると、後半アディショナルタイムに入った94分に、この男が土壇場で試合を振り出しに戻す。 ▽アタッキングサードでボールをキープするルーカス・ポドルスキが個の力でボックス左に侵攻すると、素早くグラウンダーのクロスを供給。このクロスにDFの隙をついて前に出たハーフナー・マイクがヒールで流し込み、同点とした。 ▽1-1で突入した延長前半は、93分に西がネットを揺らし鹿島の勝ち越しかに思われたが、オフサイドの判定でゴールならず。延長後半は、115分に左サイドの山本のクロスに鈴木がゴール前で合わせるが、威力なくGKにキャッチされてしまう。 ▽その直後にもカウンターから鹿島がチャンスを迎えたが、鈴木のシュートはDFに跳ね返りGKキム・スンギュが難なくキャッチ。延長後半も終了を迎え、試合は120分では決着が着かずPK戦へ。 ▽鹿島先攻で迎えたPK戦。互いに2人目まで成功して迎えた鹿島の3人目。中村充のシュートはGKキム・スンギュが手で弾きクロスバー直撃。その後は全員決めて、4-5でPK戦を制した神戸が前大会王者鹿島を下し準決勝進出を決めた。 2017.10.25 21:50 Wed
twitterfacebook
thumb

クリスティアーノ右足一閃! 川崎Fに競り勝った柏が2年ぶりベスト4《天皇杯》

▽25日に第97回天皇杯全日本サッカー選手権準々決勝の川崎フロンターレvs柏レイソルが等々力陸上競技場で行われ、1-0で柏が勝利した。 ▽9月20日に行われた4回戦で清水エスパルスを4-1で下した川崎Fと、ガンバ大阪を3-2で下した柏レイソルの一戦。3冠の可能性を残す川崎Fは、GK新井と車屋、ハイネル、家長、知念らを起用した。 ▽一方、直近のリーグ戦で3試合未勝利と調子を落としつつある柏は、中山と輪湖、キム・ボギョン、中川、ハモン・ロペスらが先発に名を連ねた。 ▽29日の明治安田生命J1リーグ第31節でも対戦する両者の試合は開始から柏が前線からのプレスで川崎Fにプレッシャーをかける。これが良い方向に作用し、柏が立ち上がりから押し込むが脅威を与えることはできない。 ▽一方、川崎Fのファーストシュートは10分、ボックス右手前から森谷がミドルシュート。これをボックス中央で待ち構えていた森本が右足でコースを変えるが、GK中村航に対処される。 ▽高い位置からのプレスを継続する柏は20分、敵陣中央やや左でハモン・ロペスがパスカットから中川に預ける。中川がボックス手前から右足を振り抜いてゴール右隅を狙うも、GK新井の好守に阻まれてしまう。 ▽その後もキム・ボギョン、クリスティアーノがゴールに迫るもゴールが遠い柏。それでも40分にビッグチャンスが訪れる。中谷のパスを受けた小池がボックス右外からクロス。これがボックス中央でフリーになっていたクリスティアーノに通り右足でボレーシュートを放つが、GK新井の正面に飛んでしまって弾かれる。 ▽ゴールレスで試合を折り返すと、前半劣勢だった川崎Fが後半開始から森本に代えて中村憲を投入する。しかし、これにも動じない柏は61分に先制点。左CKをキッカーのクリスティアーノがショートコーナーを選択する。キム・ボギョンから再びパスを受けたクリスティアーノがボックス右手前からダイレクトで右足を振り抜き、ゴール右隅へと突き刺した。 ▽先制点を奪われた川崎Fは直後、ハイネルに代えて登里を投入。すると21分、田坂の右サイドからのクロスに登里が右足で合わせるが、GK中村航に防がれてしまう。 ▽70分にも知念に代えて小林悠を投入した川崎Fは、同点ゴールを奪いに攻勢を強めるが、チャンスを作りきることができない。それに対して柏はクリスティアーノ、伊東を起点とした攻撃でカウンターから川崎Fゴールに迫る。 ▽終盤に入っても川崎Fに決定的なチャンスを作らせない柏は、小池から細貝を投入して試合をクローズ。1-0で勝利した柏が2年ぶりのベスト4進出を決めた。 2017.10.25 21:30 Wed
twitterfacebook
thumb

磐田を退けた横浜FMが2年連続で準決勝進出!!《天皇杯》

磐田を退けた横浜FMが2年連続の準決勝進出!《天皇杯》 ▽第97回天皇杯全日本サッカー選手権準々決勝、横浜F・マリノスvsジュビロ磐田が25日にニッパツ三ツ沢球技場で行われ、1-0で横浜FMが勝利した。 ▽4回戦でサンフレッチェ広島と延長戦にまで持つ込む死闘を制した横浜FMと、AC長野パルセイロに辛勝した磐田が激突した一戦。ホームの横浜FMは直近の鹿島アントラーズ戦からスタメンを大幅に変更し、パク・ジョンスや栗原、扇原や富樫が先発に名を連ねた。対する磐田は直近のアルビレックス新潟戦から6人を変更。小川や藤田が先発に起用されたほか、中村俊やアダイウトンといった主力も先発入りした。 ▽序盤から積極的に攻める磐田は、11分にアダイウトンがボックス右からGKを強襲。そのプレーで得た右CKから最後は川辺が決定機を迎えるが、シュート体勢が悪くGKにキャッチされてしまう。 ▽14分にはボックス左手前という絶好の位置でFKを得た磐田は、ボールをセットした中村俊ではなく上田が左足で狙うが惜しくもサイドネット。ここまで守勢の横浜FMは、ボールを持ってもスロー攻撃の姿勢をとる。 ▽そんな横浜FMに対して果敢に攻撃を仕掛ける磐田は、28分に川辺が味方とのパス交換からゴール前でシュートを放つが、DFにブロックされる。守勢の横浜FMがチャンスを迎えたのは41分、ボックス手前でパク・ジョンスの浮き球パスを受けた前田がダイレクトシュートを放つが枠の上へ飛んでしまう。 ▽迎えた後半、横浜FMは絶好のチャンスを迎える。54分、右CKをダビド・バブンスキーが上げると、富樫がフリーでヘディングシュートを放つ。しかし、カバーに入った中村俊に弾き出され、惜しくもゴールとはならなかった。 ▽その後は拮抗した試合展開を見せる。左右にボールを散らしながらゴールに迫る磐田は、79分に右サイドのクロスを弾き返されると、セカンドボールに反応した川辺がボレーで狙うがGKの正面を突いてしまう。 ▽徐々に激しさが増す試合は81分に動きを見せた。ダビド・バブンスキーの敵陣中央左からのクロスを、ボックス右の遠藤がグラウンダーで折り返す。それを弾こうとGK三浦が手で触れるが、そのボールが高橋に当たりゴールに吸い込また。 ▽ラッキーな形で先制点を奪った横浜FMは、試合終了間際にもダビド・バブンスキーがクロスバー直撃のシュートを放つなど、磐田の反撃を許さず試合をクローズ。1-0で勝利した横浜FMが、2年連続の準決勝進出を果たした。 2017.10.25 21:10 Wed
twitterfacebook


ロシアW杯予選
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース