進化を遂げる“ゴールハンター”小林悠の重要なピース2017.07.21 17:00 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) J.LEAGUE PHOTOS
▽多彩な攻撃スタイルを貫き、日本国内でも屈指の攻撃サッカーを展開する川崎フロンターレ。そんな川崎Fにおいて、一際輝きを放っているのが今シーズンからキャプテンにも就任した、背番号11を背負うFW小林悠だ。

▽2010年に拓殖大学から川崎Fへと加入した小林。プロ2年目の2011年から背番号11を背負うと、J1で32試合に出場しJ1初ゴールを含む12得点を記録。その後はケガに悩まされるシーズンが続くが、2014年に再び12得点と2度目の2桁ゴールを記録した。2015年はまたしてもケガに苦しむものの、2016年は15得点を記録し、Jリーグベストイレブンにも初選出され、日本代表にも度々招集されるようになった。

▽小林の特徴を表すならば、“柔”と“剛”を兼ね備えるストライカーだ。最も特徴的なプレーは、相手の守備ラインの背後を狙った動き出し。パスの出し手との呼吸を合わせ、裏に抜け出し一気にゴールを陥れるプレーは、これまで何度も目にしたことがある。また、一対一の仕掛けも非凡なものがあり、細かいテクニックで“柔”を垣間見ることができる。

(c)J.LEAGUE PHOTOS
▽一方で、177cmと決して上背があるほうではないものの、空中戦にも強く、ポストプレーや競り合いでも強さを見せる。とりわけ今シーズンは1トップのポジションに入り、力強いプレーからの強引なシュートシーンも見せており、“柔”だけでなく“剛”の部分も度々見せている。

▽プレーの選択肢の幅や得点パターンの豊富さからゴールハンターとも言える小林は、川崎Fの攻撃サッカーにおいて中心的存在となっている。今シーズンも組み立てに参加しながら、フィニッシャーとしての活躍も見せ、第18節を終えた時点でJ1得点ランキングでも2位につける9得点を記録している。

▽悲願のリーグタイトル獲得に向け、ここまでケガなく川崎Fの攻撃を牽引する小林だが、チームは今シーズン守備面にも変化が見られている。ケガ人の影響もあり、プロ4年目のMF谷口彰悟、プロ3年目のDF車屋紳太郎がセンターバックとして最終ラインを支え、ビルドアップやセットプレーなど攻撃面でも貢献。車屋は左サイドバックもこなすなど、攻守両面での活躍が目立っている。チーム全体として攻撃サッカーを貫きながらも、若い力でリーグ4位の17失点と、これまで不安視されがちな守備面の改善も見せている。

▽J1タイトルを目指すチームの攻撃を支える小林、そして守備を支える谷口と車屋だが、3選手はプーマが新たに発表した「PUMA ONE(プーマワン)」を着用。“全てのプレーヤーのニーズに応えることができる究極のスパイク”をコンセプトに開発された「PUMA ONE」は、川崎Fを支える攻守のキーマンにとっても重要なピースとなっている。▽「FAST(加速)」、「FIT(フィット感)」、「FEEL(タッチ感)」に優れている「PUMA ONE」は、まさに川崎Fのサッカーを体現するには欠かせないアイテム。スピードで裏をとり、絶妙なタッチでゴールを奪い切る小林、最終ラインでのデュエル、ビルドアップを支える谷口、センターバック、サイドバックとして正確なキックを生み出す車屋の3選手のパフォーマンスにも大きな影響を与えていることは間違いない。

▽前半戦を終えて首位のセレッソ大阪とは勝ち点差3の3位と好位置をキープ。小林がゴールを量産し、谷口、車屋が相手攻撃陣を封じ込めれば、川崎Fはタイトル獲得に大きく近づくことだろう。

コメント

関連ニュース

thumb

日本高校サッカー選抜が決勝でボルシアMGを下し優勝!《デュッセルドルフ国際ユース大会》

▽デュッセルドルフ国際ユース大会に参戦しているプーマがサポートする日本高校サッカー選抜が、見事に優勝を果たした。 ▽グループリーグは、スタンダール・リエージュ(ベルギー)、エバートン(イングランド)、ブレーメン(ドイツ)、ザルツブルク(オーストリア)と同居した日本高校サッカー選抜。1勝3分けで首位通過を果たし、2日(月)に行われた準決勝でハダースフィールド・タウンFC(イングランド)との準決勝に臨んだ。 ▽ハダースフィールド戦では、田部井涼(前橋育英)がCKからの折り返しを左足で合わせて先制する。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet" data-lang="ja"><p lang="ja" dir="ltr">TOOOOR!<br>日本高校サッカー選抜、セミファイナル1点目のゴールシーン。<br>コーナーキックからの折り返しを田部井涼が上手く左足でゴールに押し込む。<br>このあと、いよいよファイナルへ。<a href="https://twitter.com/hashtag/PUMAFuture?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#PUMAFuture</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/PUMAOne?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#PUMAOne</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%E6%96%B0%E3%81%9F%E3%81%AA%E9%AB%98%E3%81%BF%E3%81%B8?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#新たな高みへ</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%E9%AB%98%E6%A0%A1%E3%82%B5%E3%83%83%E3%82%AB%E3%83%BC?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#高校サッカー</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/U19ChampionsTrophy?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#U19ChampionsTrophy</a><a href="https://t.co/liYlKXasrm">https://t.co/liYlKXasrm</a> <a href="https://t.co/t0Gz5rzeKU">pic.twitter.com/t0Gz5rzeKU</a></p>&mdash; プーマ フットボール (@pumafootball_jp) <a href="https://twitter.com/pumafootball_jp/status/980762489943134208?ref_src=twsrc%5Etfw">2018年4月2日</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> ▽さらに、左サイドからのパスを、荒木駿太(長崎総科大附)が左足で合わせてネットを揺らした。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet" data-lang="ja"><p lang="ja" dir="ltr">TOOOOR!<br>日本高校サッカー選抜、セミファイナル2点目のゴールシーン。<br>左サイドからのパスをスルーし、最後は荒木駿太が左足で合わせゴールネットを揺らす。<br>このあと、いよいよファイナルへ。<a href="https://twitter.com/hashtag/PUMAFuture?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#PUMAFuture</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/PUMAOne?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#PUMAOne</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%E6%96%B0%E3%81%9F%E3%81%AA%E9%AB%98%E3%81%BF%E3%81%B8?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#新たな高みへ</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%E9%AB%98%E6%A0%A1%E3%82%B5%E3%83%83%E3%82%AB%E3%83%BC?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#高校サッカー</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/U19ChampionsTrophy?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#U19ChampionsTrophy</a><a href="https://t.co/liYlKXasrm">https://t.co/liYlKXasrm</a> <a href="https://t.co/fwXFo26mna">pic.twitter.com/fwXFo26mna</a></p>&mdash; プーマ フットボール (@pumafootball_jp) <a href="https://twitter.com/pumafootball_jp/status/980763350077530112?ref_src=twsrc%5Etfw">2018年4月2日</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> </div> ▽その後、ハダースフィールドに1点を返されるも、そのまま試合終了。2-1で決勝へと駒を進めた。 <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180403_6_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div> ▽決勝戦の相手はボルシアMG(ドイツ)。立ち上がりに失点するも、準決勝に続き田部井涼のスーパーゴールで同点とする。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet" data-lang="ja"><p lang="ja" dir="ltr">TOOOOR!<br>日本高校サッカー選抜、ファイナル1点目のゴールシーン。<br>コーナーキックからこぼれ球をつなぎ、田部井涼がスーパーボレーで左足を振り抜きゴールへ。<a href="https://twitter.com/hashtag/PUMAFuture?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#PUMAFuture</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/PUMAOne?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#PUMAOne</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%E6%96%B0%E3%81%9F%E3%81%AA%E9%AB%98%E3%81%BF%E3%81%B8?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#新たな高みへ</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%E9%AB%98%E6%A0%A1%E3%82%B5%E3%83%83%E3%82%AB%E3%83%BC?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#高校サッカー</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/U19ChampionsTrophy?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#U19ChampionsTrophy</a><a href="https://t.co/gBmkCp1BOV">https://t.co/gBmkCp1BOV</a> <a href="https://t.co/3wrFyt3JZU">pic.twitter.com/3wrFyt3JZU</a></p>&mdash; プーマ フットボール (@pumafootball_jp) <a href="https://twitter.com/pumafootball_jp/status/980902326578925571?ref_src=twsrc%5Etfw">2018年4月2日</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> ▽前半を1-1で終えて迎えた後半、PKを得た日本高校サッカー選抜は佐藤颯汰(日章学園→ギラヴァンツ北九州)がしっかり決めて逆転に成功。そのまま試合は終了し、見事に優勝を果たした。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://goo.gl/Xecqbj" target="_blank">日本高校サッカー選抜<br />2018 欧州遠征レポートをチェック</a><hr></div> 2018.04.03 09:52 Tue
twitterfacebook
thumb

日本高校サッカー選抜がグループを首位突破! 準決勝でハダースフィールドと対戦《デュッセルドルフ国際ユース大会》

▽デュッセルドルフ国際ユース大会に参戦しているプーマがサポートする日本高校サッカー選抜が、現地時間の4月1日(日)に予選リーグ2試合を戦った。 ▽大会初戦でスタンダール・リエージュを相手に2-0で勝利、第2戦でエバートン相手に1-1のドローを演じ、勝ち点4の首位に立つ日本高校サッカー選抜。 ▽1日に行われた第3戦ではヴェルダー・ブレーメンと対戦。先制を許すも、前半のうちに角田涼太朗(前橋育英)がワンツーで抜け出しゴール。後半も、しっかりとファイトし、このまま1-1のスコアで勝ち点1を積み上げた。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet" data-lang="ja"><p lang="ja" dir="ltr">TOOOOR!<br>日本高校サッカー選抜の第3戦は、先制されるも角田涼太朗のゴールで追いつく。激しいファイトを繰り広げそのままタイムアップ。勝ち点を5とし、いよいよ勝負の予選リーグ最終戦に。<a href="https://twitter.com/hashtag/PUMAFuture?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#PUMAFuture</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/PUMAOne?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#PUMAOne</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%E6%96%B0%E3%81%9F%E3%81%AA%E9%AB%98%E3%81%BF%E3%81%B8?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#新たな高みへ</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%E9%AB%98%E6%A0%A1%E3%82%B5%E3%83%83%E3%82%AB%E3%83%BC?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#高校サッカー</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/U19ChampionsTrophy?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#U19ChampionsTrophy</a><a href="https://t.co/liYlKXasrm">https://t.co/liYlKXasrm</a> <a href="https://t.co/TjzyeNpely">pic.twitter.com/TjzyeNpely</a></p>&mdash; プーマ フットボール (@pumafootball_jp) <a href="https://twitter.com/pumafootball_jp/status/980407426309607429?ref_src=twsrc%5Etfw">2018年4月1日</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> ▽さらに続く第4戦は、大会連覇中のレッドブル・ザルツブルクと対戦。先制を許し前半を0-1で折り返すも、後半に田部井涼(前橋育英)のカットしたボールを、後藤田亘輝(前橋育英)がそのままドリブルで相手ディフェンダー4人を抜き去り、ゴールに突き刺し同点。残り時間をしっかりと使って試合をクローズし、1-1のスコアでさらに勝ち点1を積み上げ見事予選リーグを首位で通過した。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet" data-lang="ja"><p lang="ja" dir="ltr">TOOOOR!<br>日本高校サッカー選抜の第4戦は、後藤田亘輝の4人抜きゴールで同点に。1-1のスコアのままタイムアップを迎え、予選リーグ首位通過でハダースフィールド・タウンFCとのセミファイナルへ。<a href="https://twitter.com/hashtag/PUMAFuture?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#PUMAFuture</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/PUMAOne?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#PUMAOne</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%E6%96%B0%E3%81%9F%E3%81%AA%E9%AB%98%E3%81%BF%E3%81%B8?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#新たな高みへ</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%E9%AB%98%E6%A0%A1%E3%82%B5%E3%83%83%E3%82%AB%E3%83%BC?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#高校サッカー</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/U19ChampionsTrophy?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#U19ChampionsTrophy</a><a href="https://t.co/liYlKXasrm">https://t.co/liYlKXasrm</a> <a href="https://t.co/RFe7P47cWc">pic.twitter.com/RFe7P47cWc</a></p>&mdash; プーマ フットボール (@pumafootball_jp) <a href="https://twitter.com/pumafootball_jp/status/980527844404158464?ref_src=twsrc%5Etfw">2018年4月1日</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> ▽この結果、日本高校サッカー選抜は準決勝へとコマを進め、現時時間4月2日(月)11:30(日本時間4月2日(月)18:30)キックオフでハダースフィールド・タウンFCとのセミファイナルに臨む。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://goo.gl/Xecqbj" target="_blank">日本高校サッカー選抜<br />2018 欧州遠征レポートをチェック</a><hr></div> 2018.04.02 15:00 Mon
twitterfacebook
thumb

セルビアサッカー連盟とプーマが長期提携を発表

▽プーマは、セルビアサッカー連盟との長期提携を発表した。 ▽セルビアは、今夏行われるロシア・ワールドカップに出場。3月に予定されている国際親善試合のモロッコ代表戦、ナイジェリア代表戦で新しいプーマのキットとトレーニングコレクションを発表する予定となっている。 ▽また、本大会でもセルビア代表はプーマのユニフォームを着用するとのことだ。 2018.03.19 12:20 Mon
twitterfacebook
thumb

フリースタイルフットボールに最適な「365 NETFIT LITE」がプーマから登場

▽プーマは、フリースタイルフットボールに最適な新しいシューズ「365 NETFIT LITE」を発表した。 ▽アーカイブ ライト アウトソールを備えているこの新しいシューズ「365 NETFIT LITE」は、フリースタイラーのための完璧なシューズ。ツーリングは非常に軽量でフレキシブルとなっているため、全てのフリースタイラーたちは足裏部分を使って完璧なボールコントロールが実現可能となっている。 <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/puma20180309_1_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div>▽アッパー構造は柔らかいメッシュ素材とNETFITテクノロジーを採用。アーカイブ ライトのような素足感覚を実現するため、メッシュ素材がボールコントロール性の向上をサポートする。 <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/puma20180309_1_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div>▽また、NETFITテクノロジーが無限のカスタマイズを可能にし、ソフトアッパー構造を生み出している。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/Bf92mH2gxc-/" data-instgrm-version="8" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:658px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:8px;"> <div style=" background:#F8F8F8; line-height:0; margin-top:40px; padding:50.0% 0; text-align:center; width:100%;"> <div style=" background:url(data:image/png;base64,iVBORw0KGgoAAAANSUhEUgAAACwAAAAsCAMAAAApWqozAAAABGdBTUEAALGPC/xhBQAAAAFzUkdCAK7OHOkAAAAMUExURczMzPf399fX1+bm5mzY9AMAAADiSURBVDjLvZXbEsMgCES5/P8/t9FuRVCRmU73JWlzosgSIIZURCjo/ad+EQJJB4Hv8BFt+IDpQoCx1wjOSBFhh2XssxEIYn3ulI/6MNReE07UIWJEv8UEOWDS88LY97kqyTliJKKtuYBbruAyVh5wOHiXmpi5we58Ek028czwyuQdLKPG1Bkb4NnM+VeAnfHqn1k4+GPT6uGQcvu2h2OVuIf/gWUFyy8OWEpdyZSa3aVCqpVoVvzZZ2VTnn2wU8qzVjDDetO90GSy9mVLqtgYSy231MxrY6I2gGqjrTY0L8fxCxfCBbhWrsYYAAAAAElFTkSuQmCC); display:block; height:44px; margin:0 auto -44px; position:relative; top:-22px; width:44px;"></div></div><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/Bf92mH2gxc-/" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">A post shared by プーマ フットボール (@pumafootball_jp)</a> on <time style=" font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px;" datetime="2018-03-06T03:25:59+00:00">Mar 5, 2018 at 7:25pm PST</time></p></div></blockquote> <script async defer src="//www.instagram.com/embed.js"></script></div> 2018.03.09 09:55 Fri
twitterfacebook
thumb

新たな高みへ、得点王・小林悠に求められる自由自在なプレー

▽圧巻の存在感を見せ続け、シーズンを通してコンスタントにゴールを奪い続けたFW小林悠。川崎フロンターレに初となるタイトルをもたらせたエースストライカーは、今シーズンもその輝きに期待が懸かる。 ▽2017シーズンの小林悠は、J1で全34試合に出場し23得点を記録。自身初となるシーズン全試合出場を達成すると、最終節ではプロキャリア初となるハットトリックを達成し、得点王の個人タイトルも獲得した。 ▽プロに入ってからケガに泣かされ続けた小林は、ついにケガに悩まされないシーズンを過ごした。そして、これまでのシーズン以上に変幻自在のパフォーマンスを見せたシーズンにもなった。 ▽小林は、トップの位置に入ることもありながら、主戦場は右サイド。中央に入る動きからゴールを奪い切れる日本人選手としては稀有な存在であり、日本代表でも同様の役割を求められることが多かった。 ▽2017シーズンは1トップでの起用が見込まれていたが、蓋を開ければ新加入のMF阿部浩之が1トップのポジションに。小林はこれまで同様に2列目の右サイドのポジションを務める機会が多かった。 ▽ポジションとしては、これまでと同様の位置でプレーしながらも、ゴールがあまり残せていなかった小林。しかし、攻撃の組み立てや、守備の面での貢献は大きく、シーズン中盤までの成績は4得点6アシストと、アシスト数が上回るという事態が起きていた。 ▽それでも、第17節、第18節とシーズンを折り返すタイミングで2得点ずつを奪いエンジンがかかり始めると、第21節からは1トップに固定。最終節までの14試合で、14得点とゴールを量産。チームの優勝、自身の得点王に大いなる貢献を見せた。 ▽プレーポジションが変わっても結果を残し続けた小林。もともと備えていたユーティリティ性を遺憾なく発揮し、自由自在なプレーを表現できるストライカーとして飛躍のシーズンとなった。そして、その働きがチーム、個人としての結果につながった。 ▽王者として、そして得点王として臨む2018シーズン。小林は、無限の可能性を秘めたプーマの新スパイク「FUTURE(フューチャー)」を着用して戦いに挑む。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://goo.gl/7QU7Cn" target="_blank">「FUTURE」公式サイトはこちら</a><hr></div> ▽「FUTURE」は、プーマが開発したカスタマイズシューレースシステムである「NETFIT」を採用。『無限の結び方 ∞ 無限のパフォーマンス』をキャッチコピーとし、様々な結び方を実現できるスパイクとなっている。 ▽結び方1つで自由自在にプレーヤーの足、プレーの特徴に合わせられる「FUTURE」。エースとしてチームを初優勝に導いた小林も、豊富な攻撃陣を擁する川崎フロンターレにおいて、ピッチ上で自由自在に役割に合わせて変化するプレーが求められるはずだ。 ▽新たな高みへ──王者・川崎フロンターレのエースストライカー・小林悠は「FUTURE」で頂点を目指す。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://goo.gl/T1Ly7n" target="_blank">「FUTURE」公式サイトはこちら</a><hr></div> <div style="text-align:left;" id="cws_ad">◆FUTURE スペシャルサイト <a href="https://goo.gl/kUfqJY" target="_blank">https://www.pumajapan.jp/future/</a> ◆プーマ フットボール公式Instagram <a href="https://goo.gl/YqmnDZ" target="_blank">https://www.instagram.com/pumafootball_jp/</a> ◆プーマ フットボール公式Twitter <a href="https://goo.gl/Knajsd" target="_blank">https://twitter.com/pumafootball_jp</a> </div> 2018.02.15 09:30 Thu
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース