進化を遂げる“ゴールハンター”小林悠の重要なピース2017.07.21 17:00 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) J.LEAGUE PHOTOS
▽多彩な攻撃スタイルを貫き、日本国内でも屈指の攻撃サッカーを展開する川崎フロンターレ。そんな川崎Fにおいて、一際輝きを放っているのが今シーズンからキャプテンにも就任した、背番号11を背負うFW小林悠だ。

▽2010年に拓殖大学から川崎Fへと加入した小林。プロ2年目の2011年から背番号11を背負うと、J1で32試合に出場しJ1初ゴールを含む12得点を記録。その後はケガに悩まされるシーズンが続くが、2014年に再び12得点と2度目の2桁ゴールを記録した。2015年はまたしてもケガに苦しむものの、2016年は15得点を記録し、Jリーグベストイレブンにも初選出され、日本代表にも度々招集されるようになった。

▽小林の特徴を表すならば、“柔”と“剛”を兼ね備えるストライカーだ。最も特徴的なプレーは、相手の守備ラインの背後を狙った動き出し。パスの出し手との呼吸を合わせ、裏に抜け出し一気にゴールを陥れるプレーは、これまで何度も目にしたことがある。また、一対一の仕掛けも非凡なものがあり、細かいテクニックで“柔”を垣間見ることができる。

(c)J.LEAGUE PHOTOS
▽一方で、177cmと決して上背があるほうではないものの、空中戦にも強く、ポストプレーや競り合いでも強さを見せる。とりわけ今シーズンは1トップのポジションに入り、力強いプレーからの強引なシュートシーンも見せており、“柔”だけでなく“剛”の部分も度々見せている。

▽プレーの選択肢の幅や得点パターンの豊富さからゴールハンターとも言える小林は、川崎Fの攻撃サッカーにおいて中心的存在となっている。今シーズンも組み立てに参加しながら、フィニッシャーとしての活躍も見せ、第18節を終えた時点でJ1得点ランキングでも2位につける9得点を記録している。

▽悲願のリーグタイトル獲得に向け、ここまでケガなく川崎Fの攻撃を牽引する小林だが、チームは今シーズン守備面にも変化が見られている。ケガ人の影響もあり、プロ4年目のMF谷口彰悟、プロ3年目のDF車屋紳太郎がセンターバックとして最終ラインを支え、ビルドアップやセットプレーなど攻撃面でも貢献。車屋は左サイドバックもこなすなど、攻守両面での活躍が目立っている。チーム全体として攻撃サッカーを貫きながらも、若い力でリーグ4位の17失点と、これまで不安視されがちな守備面の改善も見せている。

▽J1タイトルを目指すチームの攻撃を支える小林、そして守備を支える谷口と車屋だが、3選手はプーマが新たに発表した「PUMA ONE(プーマワン)」を着用。“全てのプレーヤーのニーズに応えることができる究極のスパイク”をコンセプトに開発された「PUMA ONE」は、川崎Fを支える攻守のキーマンにとっても重要なピースとなっている。▽「FAST(加速)」、「FIT(フィット感)」、「FEEL(タッチ感)」に優れている「PUMA ONE」は、まさに川崎Fのサッカーを体現するには欠かせないアイテム。スピードで裏をとり、絶妙なタッチでゴールを奪い切る小林、最終ラインでのデュエル、ビルドアップを支える谷口、センターバック、サイドバックとして正確なキックを生み出す車屋の3選手のパフォーマンスにも大きな影響を与えていることは間違いない。

▽前半戦を終えて首位のセレッソ大阪とは勝ち点差3の3位と好位置をキープ。小林がゴールを量産し、谷口、車屋が相手攻撃陣を封じ込めれば、川崎Fはタイトル獲得に大きく近づくことだろう。

コメント

関連ニュース

thumb

ボルトが川崎フロンターレに加入!? 麻生グラウンドに登場し小林悠と協力プレー!

▽6日、川崎フロンターレがトレーニングを行う麻生グラウンドに陸上界のレジェンドであるウサイン・ボルト氏が登場した。 ▽サッカー好きと知られ、マンチェスター・ユナイテッドの大ファンであるボルト氏は、北京五輪とロンドン五輪の陸上競技で100m、200m、4×100mリレーの3冠を2大会連続で達成。今夏ロンドンで開催されていた世界陸上2017で現役を引退していた。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/puma20170905_1_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div>▽ボルト氏は、麻生グラウンドで川崎Fの選手たちと触れ合い、自身の00m世界記録である「9.58」の番号が入った川崎Fのユニフォームがプレゼントされ、着用して記念撮影を行った。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/puma20170905_1_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div>▽その後は、小林悠とともにボルト氏が「ウイニングイレブン2018」をプレー。ボルト氏は川崎Fに“助っ人”として加入し、小林とともに協力プレーを実施。ドルトムントと対戦すると、ボルト氏は持ち前のスピードを活かしたプレーでゴールを奪うなど活躍を見せていた。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/puma20170905_1_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr>◆ウサイン・ボルトが川崎Fに入団!?◆ <a href="https://www.pscp.tv/w/1yNGamkNbOVGj" target="_blank">プレー映像をチェック</a><hr></div> <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/puma20170905_1_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div> 2017.09.06 21:00 Wed
twitterfacebook
thumb

プーマがクロームエディションのPUMA ONEを発表!

▽プーマは、PUMA ONEのスペシャルエディションを発表した。このスパイクは、ピッチ上でのパフォーマンスを高め、優れたフィーリングを与えてくれる。 ▽クロームエディションのPUMA ONEのアウトソールはピッチ上で異彩を放ち、高級感を漂わせるルック。一方、アッパーのインパクトのあるカラーは、強度、軽量性、可鍛性といった金属の特性を連想させるものとなっている。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/puma20170902_1_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div> ▽このスペシャルエディションのために特別にデザインされたマイクロファイバーアッパーが、より軽量のPUMA ONEを作り出すことを可能にし、アルミニウムインスピスレーションを忠実に再現。これにより、FAST(加速)が向上しつつも、エヴォニットソックによるFIT(フィット感)と、アッパー前足部のタイトメッシュ構造によりボールタッチを向上させるFEEL(タッチ感)はキープしたままとなっている。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/puma20170902_1_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div> ▽アントワーヌ・グリーズマンは、このPUMA ONEのスペシャルエディションのスパイクを8月31日のゲームで着用し、スキルとピュアスタイルとともに輝きを放った。9月3日のゲームでも着用予定となっている。 2017.09.02 16:00 Sat
twitterfacebook
thumb

プーマがドルトムントの新インターナショナルキットを発表

▽プーマは23日、ドルトムントの2017-18シーズンのインターナショナルキットを発表した。このキットは、ドルトムントが出場する国際大会のみで着用される。 ▽ドルトムントのチームカラーであるブラックとイエローの新インターナショナルキットは、ブラーグラフィックが描かれており、ヨーロッパの夜に光り輝くスタジアムにて、ダイナミックに一際目立つ「ドルトムントウェイ」なフットボールスタイルからインスピレーションを得ている。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/puma20170824_1_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div>▽伝統的なイエローとブラックで彩られたシャツを着用したチームは有名な黄色い壁となり、大舞台で威圧力とパワーをシームレスに生み出すこととなる。このキットは、23日より、プーマ取り扱いショップにて販売中だ。 2017.08.24 11:49 Thu
twitterfacebook
thumb

さらなるユーティリティ性を求められる長谷部誠が手にした“武器”

▽2016-17シーズンはリベロのポジションを確保し、新境地を開拓したMF長谷部誠。今シーズンもクラブでのポジションは揺るがないものとなりそうだ。 ▽以前は攻撃的なポジションでプレーし、ドリブル突破などで前線の攻撃陣にも絡んでいくプレースタイルだった長谷部。しかし、徐々にポジションを下げると、ボランチとして開花。2008年にドイツへ渡りブンデスリーガに挑戦したが、ドイツでもボランチのポジションを掴んだ。 ▽正確なプレー、そして勤勉さ、さらにはピッチ上の監督とも言われるキャンプテンシーと統率力はドイツでも高く評価され、ボランチのみならずサイドバックやセンターバックとしてもプレーした。 ▽2016-17シーズンは、3バックの中央でリベロのポジションに抜擢。すると、長谷部のユーティリティ性が引き出され、ブンデスリーガ挑戦から10シーズン目にして新境地を開拓した。 ▽シーズン終盤に負傷し、最後まで戦うことができなかった長谷部だが、新シーズンに向けたプレシーズンマッチではプレーを再開。新たに迎えるシーズンでもレギュラーが当確と見られている。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/puma20170815_3_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div> ▽新シーズンもリベロ、そしてボランチのポジションでの起用が見込まれる長谷部は、“全てのプレーヤーのニーズに応えることができる究極のスパイク”をコンセプトにプーマが開発した「PUMA ONE(プーマワン)」を着用する。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://goo.gl/M7Dw9P" target="_blank">「PUMA ONE」公式サイトはこちら</a><hr></div>▽「FAST(加速)」、「FIT(フィット感)」、「FEEL(タッチ感)」に優れている「PUMA ONE」は、長谷部にとって欠かせないアイテムになるだろう。リベロのポジションは、最後の砦としてチームの守備を支える役割を担い、ブンデスリーガの強力なアタッカー陣を抑えなくてはいけない。そんな“リベロ”長谷部にはうってつけのスパイクだ。 ▽アタッカー陣のスピードについていくための「FAST(加速)」、鋭い切り返しや瞬時の対応時に必要な「FIT(フィット感)」、そして攻撃につなげるためのボールコントロールに必要な「FEEL(タッチ感)」と全てを兼ね備えている「PUMA ONE」は、長谷部のパフォーマンスにも影響を与えるに違いない。持ち前の冷静な判断力、ゲームを読む力、そしてチームメイトを統率するキャプテンシーも合わされば、チームの核としてピッチで活躍することだろう。 ▽新たな武器を手にした長谷部誠。全ての力を引き出す新スパイク「PUMA ONE」を履いたブンデスリーガ11年目の長谷部のプレーから目が離せない。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://goo.gl/uPBg1X" target="_blank">「PUMA ONE」公式サイトはこちら</a><hr></div> 2017.08.22 20:00 Tue
twitterfacebook
thumb

日本の子供たちの弱点を語るドルトムントアカデミーコーチのパトリック・クリンスキ氏「パス、シュートの技術は見劣りする」

▽8月8日から11日にかけて、ドルトムントの現役コーチによる小学生向けのサッカーキャンプである「Borussia Dortmund EVONIK JUNIOR CAMP POWERED BY PUMA」が行われた。 ▽今回のトレーニングキャンプは6回目の開催となり、これまでに多くの子供たちがドルトムントのメソッドを体験してきた。今回、初めて「Borussia Dortmund EVONIK JUNIOR CAMP POWERED BY PUMA」にコーチとして参加したパトリック・クリンスキ氏(27)に、育成やドイツとの差についてお話を伺った。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/cws20170818_3_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽2013年からドルトムントのアカデミーコーチを務めているパトリックコーチは、最下級生のクラスを担当。サッカーの技術だけを教えるだけでなく、子供たちとのスキンシップやコミュニケーションを取りながら、ドルトムントのメソッドを伝授していた。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/cws20170818_3_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽初めて日本を訪れたパトリックコーチは、日本の子供たちを初めて指導。「今回のキャンプは6回目で、僕は初めてです。良い協力関係の下で(キャンプを)行えていることが良いと思います。どの国でも同じですが、サッカーをやりたいという気持ちは目を見た瞬間にわかります。70人しかいませんが、色々なコーチや親御さんが観ている中でサッカーができることは良いことだと思います」と、日本で実施しているキャンプの印象を語った。 ▽4日間にわたって行われたトレーニングキャンプ。パトリックコーチは今回のキャンプを通じて「1人1人の個人的なスキルにフォーカスしていきたいなと思っています。ドリブルであったり、シュートであったり、パスもそうですが、パスをどのポジションでどうやって受けるかを重点において臨みたいと思います」と意気込みを語ってくれた。 ▽下級生のクラスでありながら、単純なパスやボールを蹴る動きだけでなく、実戦を意識した動きながらのパスなどをトレーニングに取り入れていたパトリックコーチ。その狙いについて尋ねると、「今日(2日目)の練習はシュートでしたが、ドイツでは比較的シュートを打つことにフォーカスを置いて、全部の練習をすることが多いです」とドイツでの指導方法を取り入れていたことを明かし、以下の様に続けた。「まずは、ボールを沢山触るような、個人のトレーニングをやります。それをゲームの中で、使うようなシチュエーションを用いてトレーニングをします。その後、誰かとペアを組んで基礎的なことをやり、ゲーム形式でやります。強度は年齢によって変わっていきます。そういったものを取り入れながら、流れを重視をしてやっています」。試合で重要とされるシュートの動きを、基礎をシチュエーションを考えての両面でトレーニングしていたと教えてくれた。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/cws20170818_3_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽普段はドルトムントのU-13チームでコーチを務めているパトリックコーチ。日本人とドイツ人の子供の差を尋ねると、「ドリブルに関しての個人戦術は、過ぎるほど上のレベルにあると思います。ヨーロッパでも通じるものがあると思います」と、ドリブルの技術に関しては高く評価していると教えてくれた。しかしながら、「ただ、パスの技術、パスを貰う技術、シュートの技術は見劣りすると思います」と語り、試合を決定づけるパス、シュートの能力の低さを危惧していた。 ▽また、重要なポイントを1つ挙げ「チームとして勝つという気持ちが足りないと思います」とコメント。これはブンデスリーガに所属する18クラブがDFB(ドイツサッカー連盟)から言われていることにも関連しているとのことで、「ドルトムントに限らず、ブンデスリーガに所属する全クラブがDFBから言われていることですが、チームスポーツなのでチームで勝つことを伝えて育成するようにと言われています」と明かし、ドイツでの育成方針の中にチームプレーがあることを教えてくれた。 ▽一時期は、世代交代が進んでいないことが危惧されていたドイツサッカー。しかし、2014年のブラジル・ワールドカップでは見事に優勝を果たし、選手の育成に関しては世界的に高いレベルであることが認められている。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/cws20170818_3_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽最後にパトリックコーチに子供の頃からやっておいた方が良いことを尋ねると、「僕の個人的な意見ではありますが、たくさんボールタッチをした方がいいと思います。それが今後の成長につながると思います。日本ではあまりないと思いますが、他の国でトレーニングキャンプをすると、20人の子供に対してボールが10個しかなかったりします。そうなると、個人的な技術を上げるタイミングが計れません。必ず1人にボールが1個ある中で、どれだけボールに触れるかをトレーニング中に励んだほうが良いと思います」と語り、いかに数多くボールに触れているかが、後の成長に繋がると考えていることを教えてくれた。 ▽高い育成力が評価されているドイツ国内において、トップクラスの評価を得ているドルトムント。アカデミーコーチの話からも、高い評価を得ている理由が垣間見えた気がする。<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/cws20170818_3_tw6.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> 2017.08.18 20:00 Fri
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース