バレンシアがユベントスからGKネトを獲得、4年契約締結2017.07.08 03:30 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽バレンシアは7日、ユベントスの元ブラジル代表GKネト(27)を獲得したことを発表した。契約期間は2021年6月30日までで、移籍金は『フットボール・イタリア』によれば700万ユーロ(約9億1000万円)+ボーナスで200万ユーロ(約2億6000万円)が追加されるとのことだ。

▽フィオレンティーナで正GKとして活躍したネトは、2015年夏にフリーでユベントスへ移籍。ユベントスでは絶対的守護神ジャンルイジ・ブッフォンの前に第2GKに甘んじ、公式戦出場は22試合に留まったが、コッパ・イタリアの連覇に大きく貢献していた。

▽バレンシアでは“最強のPKストッパー”の異名を持つブラジル代表GKジエゴ・アウベス(32)に対し、セビージャやマンチェスター・シティが獲得に興味を持っており、ネトが正GKの座に就く可能性があるかもしれない。
コメント
関連ニュース
thumb

ラムジーがユベントスと事前契約 英有力メディア報じる

イギリス『スカイ・スポーツ』は17日、アーセナルに所属するウェールズ代表MFアーロン・ラムジー(28)のユベントス移籍を報じた。 アーセナルとの延長交渉の決裂により、今シーズン終了後にフリーの身となるラムジー。パリ・サンジェルマン(PSG)やバイエルンがラムジーに目を光らせてきたが、ユベントス移籍が決定的な様相だ。 渦中のラムジーは先週末にシーズン終了後のユベントス加入に向け、メディカルチェックを受診。事前合意に達したとみられ、2月にも獲得の公式発表される見通しだという。 ラムジーは2008年夏、アーセナルに入団。3度のFAカップ制覇を誇り、プレミアリーグ通算253試合53得点を記録している。 2019.01.18 08:15 Fri
twitterfacebook
thumb

チェルシーのイグアイン獲得報道で、モラタのアトレティコ移籍が加速

チェルシーを巡るストライカーの去就が慌ただしくなっている。 先日、チェルシーのミラン所属アルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアイン獲得合意報道が流れた。昨夏から興味を示していたマウリツィオ・サッリ監督の愛弟子の獲得にようやく漕ぎ着けた模様だ。 一方で、イグアインのスタンフォード・ブリッジ到着は、現チェルシーのスペイン代表FWアルバロ・モラタの出発も意味している。イギリス『スカイ・スポーツ』は、イグアインの所属先であるユベントスとチェルシーは、1年間の延長オプション付きの今季いっぱいまでのレンタルで合意したと報道。同時に、以前から噂が上がっていたモラタのアトレティコ移籍に拍車がかかると見込んでいる。 同選手にはセビージャやバルセロナからの関心も伝えられていたが、ここにきてアトレティコがポールポジションに立った模様。交渉も順調に進んでいるようだ。 2017年夏に7000万ポンド(現在のレートで約98億円)の移籍金でレアル・マドリーからチェルシーに移籍したモラタ。しかし、その高額は移籍金とは裏腹に、プレミアリーグのスタイルに馴染めず、今季もここまで16試合で5ゴールと結果を残せていない。 果たしてモラタはユース時代を過ごした古巣で輝きを取り戻すことはできるのだろうか。チェルシーを巡るストライカーの玉突き移籍が刻一刻と迫っている。 2019.01.17 15:50 Thu
twitterfacebook
thumb

自身の決勝弾でユベントス加入後初タイトル…C・ロナウド「2019年で良いスタートを切りたかった」

ユベントスに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、移籍後初タイトルに歓喜した。スペイン『マルカ』が伝えている。 ユベントスは16日、スーペル・コッパ・イタリアーナ2018でミランと対戦。サウジアラビアのジッダで行われた2017-18シーズンのセリエA王者ユベントスと、コッパ・イタリア準優勝チームのミランによる一戦は、61分にピャニッチの浮き球パスに反応したC・ロナウドが頭で流し込んで先制した。 その後、ベンタンクール、ドグラス・コスタと2人の負傷者を出し、ケシエの退場によって10人での戦いを強いられていたミランに押し込まれる展開となったが、最後まで守り切り、1-0でユベントスが3年ぶり最多8度目の優勝を果たした。 ユベントス加入後、初のタイトル獲得となったC・ロナウドは試合後、「2019年で良いスタートを切りたかった」と語り、自身の決勝ゴールで手にした優勝を喜んだ。 「とても難しいゲームだった」 「それに非常に暑かったね。このような環境でのプレーは難しいものだ」 「それでも僕らはとても良いプレーをし、優勝することができた。決勝点を決めることができてとても幸せに思うよ。これが僕が望んでいたものだ」 「2019年で良いスタートを切りたかったんだ。ユベントスで最初のタイトルを獲得できてとても満足しているよ」 2019.01.17 11:20 Thu
twitterfacebook
thumb

チェルシー、イグアインのレンタル移籍でユベントスとクラブ間合意

ユベントスに所属する元アルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアイン(31)のチェルシー移籍が目前に迫っているようだ。イタリア『スカイ・スポーツ』が伝えている。 伝えられるところによると、チェルシーはシーズン終了時までのレンタル移籍で獲得することで、ユベントスと合意。今回の契約には1年間のレンタル期間延長オプションが付随しているようだ。 昨夏にユベントスからミランにレンタル移籍で加入したイグアイン。しかし、期待を下回る活躍に批判的な声が相次ぐ形に。そうした中、ナポリ時代の恩師であるチェルシーのマウリツィオ・サッリ監督からラブコールを受けたとし、移籍の可能性が浮上していた。 2019.01.17 09:30 Thu
twitterfacebook
thumb

レーティング:ユベントス 1-0 ミラン《スーペル・コッパ・イタリアーナ》

スーペル・コッパ・イタリアーナ2018、ユベントスvsミランが16日にサウジアラビアのジッダで行われ、1-0で勝利したユベントスが3年ぶり最多8度目の優勝を果たした。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽ユベントス採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190117_3_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 シュチェスニー 5.5 一度目測を誤る場面もあったが、それ以外は終始安定したゴールキーピングだった DF 20 カンセロ 6.5 1カ月ぶりの戦列復帰。常に高い位置を取ってカットインを狙うドグラス・コスタとの好連係から幾度も決定機に絡んだ 19 ボヌッチ 6.0 古巣相手の一戦も気負うことなく淡々と守備をこなした 3 キエッリーニ 6.5 際どいクロスに対しても適切なポジショニング、身体の向きで冷静に対処。クトローネをきっちり封じ込む 12 アレックス・サンドロ 6.5 守備の局面ではほぼ完璧なプレー。攻撃面ではクロスの質こそ欠いたが、馬力のある仕掛けと正確なパスで存在感 MF 30 ベンタンクール 5.5 いつも通り攻守両面で堅実な仕事ぶり。球際の局面でもきっちり戦った (→ベルナルデスキ -) 5 ピャニッチ 6.5 決勝点をアシストしアンカーのポジションで的確な配球を見せる。切り替えの局面でも高い集中力を保った (→ジャン 5.5) 与えられた守備的なタスクをきっちりこなした 14 マテュイディ 6.0 攻撃では左サイドの高い位置に攻め上がって内に入るC・ロナウドをサンドロと共にサポート。球際の勝負でも互角以上に渡り合った FW 11 ドグラス・コスタ 6.5 カンセロとの良好な関係性で右サイドを制圧。鋭い仕掛けとパンチ力のある左足でゴールの可能性を感じさせた (→ケディラ -) 10 ディバラ 5.5 C・ロナウドと役割を変えながら前線で起点となったが、なかなか決定的な場面に顔を出せなかった 7 C・ロナウド 6.5 抜け目ない動き出しから自身とクラブに今季初タイトルをもたらすゴールを記録。まさに千両役者の仕事ぶり 監督 アッレグリ 6.0 相手の退場に助けられた面もあったが、説得力のあるパフォーマンスで今季初タイトルを獲得 ▽ミラン採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190117_3_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 99 ドンナルンマ 5.5 失点場面は触れるボールだったが、距離を考えれば致し方なし。それ以外は冷静な対応を90分間継続 DF 2 カラブリア 5.5 C・ロナウドが中寄りにポジションを取ったことで比較的余裕を持った守備ができていた。攻撃面ではもう少しカスティジェホをサポートしたかった 17 サパタ 6.0 C・ロナウドとディバラの強力コンビに対してきっちり身体を張って対応 13 ロマニョーリ 6.0 劣勢のR・ロドリゲスをサポートしつつ中央の危険なスペースはきっちり消していた 68 R・ロドリゲス 5.0 失点場面を含めてラインコントロールに雑さが出た。カンセロとドグラス・コスタのコンビに終始押し込まれる MF 79 ケシエ 4.5 中盤のフィジカル勝負で優位に立ったが、不必要なラフプレーで一発退場… 14 バカヨコ 6.0 持ち味の機動力とフィジカルを生かしてバイタルエリアのケアに奔走。球際では競り勝つ場面が目立った 39 パケタ 5.0 加入後2試合目で絶対王者と対戦。攻撃では才能の片鱗を見せたが、守備では後手の対応を強いられた (→ボリーニ 5.5) 数的不利の中で無理をしようという心意気は見えた FW 7 カスティジェホ 5.5 自陣低い位置まで下がって守備を助けつつ攻撃では幾度か見せ場を作った (→イグアイン 5.5) 古巣相手にミランでのラストマッチか? 試合後にはボヌッチに食って掛かるなど気迫は見せた 63 クトローネ 5.5 前線で孤立する場面が目立った中、後半立ち上がりにはクロスバー直撃の惜しいシュートを放った (→A・コンティ -) 10 チャルハノール 5.5 サイドの攻防で劣勢に立たされてなかなか攻撃に出られず。それでも後半はカットインから幾度か惜しいチャンスに絡んだ 監督 ガットゥーゾ 5.5 善戦もケシエの退場や微妙な判定も重なる不運で自身初タイトルに届かず… ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! ドグラス・コスタ(ユベントス) 決勝点のC・ロナウドや両サイドバック、キエッリーニの活躍も見事だったが、右サイドで常に相手の脅威になり続けたブラジル人アタッカーをMOMに選出。攻守両面でモチベーションの高さが顕著だった。 ユベントス 1-0 ミラン 【ユベントス】 C・ロナウド(後16) 2019.01.17 04:40 Thu
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース