ベティス、スウォンジーのスペイン人DFアマトをレンタルで獲得2017.07.08 02:16 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ベティスは7日、スウォンジーのスペイン人DFジョルディ・アマト(25)を1年のレンタルで獲得したことを発表した。

▽エスパニョールのカンテラ出身であるアマトは、センターバックを本職とするDF。2013年夏にエスパニョールからスウォンジーへ移籍し、在籍4シーズンで公式戦69試合に出場していた。ただ、主力にはなれず、2016-17シーズンはプレミアリーグで17試合の出場に終わっていた。

▽今夏、ラス・パルマスからキケ・セティエン監督を引き抜いたベティスは、バルセロナから元スペイン代表FWクリスティアン・テージョや、ミドルズブラからスペイン人DFアントニオ・バラガンらを獲得している。
コメント
関連ニュース
thumb

ベティスサポも拍手喝采! メッシ「あんなの初めて」

バルセロナに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシがベティスサポーターの振る舞いに感謝した。スペイン『マルカ』が報じた。 バルセロナは17日、リーガエスパニューラ第28節でベティスと対戦。敵地での一戦だったが、メッシのハットトリックを含む4ゴールを挙げ、優勝に前進した。 リーガエスパニューラ得点数でもランキングトップの29得点に伸ばしたメッシは、神々しい活躍ぶりを目の当たりにしたベティスサポーターから拍手を集めた。 そのメッシはその試合を次のように回想。そのなかで、敵チームであるベティスサポーターの喝采についても触れた。 「アトレティコが負けた後だから、ヘマできなかった。今日の勝利は大きいよ。ゴールを決めれば3ポイントに近づける。得点は重要なもので、うまくチャンスを生かせたね」 「(ベティスサポーターの自身に対する拍手に)とても感謝している。あんなの初めてだよ。彼らはいつも僕らを手厚く歓迎してくれる。敵チームだろうが関係なくね」 2019.03.18 14:05 Mon
twitterfacebook
thumb

ハット達成メッシの妙技にベティコも感服! 前回対戦リベンジ果たしたバルサが2位アトレティコと勝ち点10差《リーガエスパニョーラ》

リーガエスパニョーラ第28節、ベティスvsバルセロナが17日にエスタディオ・ベニート・ビジャマリンで行われ、アウェイのバルセロナが4-1で勝利した。 ミッドウィークに行われたリヨンとのチャンピオンズリーグ(CL)第2戦をエースFWメッシの2ゴール2アシストの活躍によって大勝し、シーズン3冠に向けてまた一歩歩みを進めた首位のバルセロナ(勝ち点63)。今節はカンプ・ノウでの前回対戦で屈辱の敗戦を喫した8位のベティス(勝ち点39)とのリベンジマッチに臨んだ。直近公式戦5連勝と勢いに乗るバルセロナはリヨン戦からコウチーニョに代えてビダルを起用。システムを中盤フラットの[4-4-2]に変更した。 前回対戦での反省を生かして人に付く意識を強調した前がかりの守備を見せるバルセロナに対して、ショートパスと背後へのフィードで巧みないなしを見せるホームのベティス。立ち上がりは左サイドのテージョを起点にベティスが押し込む入りを見せたが、先にゴールをこじ開けたのはバルセロナ。 18分、ペナルティアーク付近で仕掛けたアルトゥールが倒されてFKを獲得。ここで名手メッシが左足を振り抜くと、壁側ではなくGKサイドのゴール左上隅の絶妙なコースへ突き刺した。 早い時間帯に先制を許したベティスだったが、素早い切り替えから一気に反撃に転じていく。質の高いビルドアップで相手のプレッシャーラインをうまく越えながらホアキン、テージョの両ウイングバックが果敢な仕掛けでボックス付近へ侵攻していく。しかし、最後の場面で手数が掛かってしまい、相手守備陣の身体を張ったブロックに撥ね返され続ける。 一方、押し込まれながらも前がかってバランスが崩れるベティス守備のギャップや背後のスペースを使ってロング、ショートと効果的なカウンターを繰り出すバルセロナ。40分にはビダル、メッシとうまく繋いでボックス右でドフリーのスアレスに2点目のチャンスが訪れるが、やや強引に放った左足ダイレクトシュートはGK正面を突く。しかし、前半アディショナルタイムにはボックス付近でメッシとスアレスがいずれも意表を突くトリッキーなパス交換を見せると、ゴール前に飛び出したメッシが左足アウトを使ったシュートを流し込み、最高の時間帯に追加点を奪った。 メッシの公式戦2試合連続のドブレーテによって2点リードで試合を折り返したバルセロナは後半も相手にボールの主導権を譲ったものの、試合の主導権は渡さない。前半同様にカウンターから決定機を創出。 60分には相手DFのクリアミスに反応したスアレスが完全に裏へ抜け出して3点目に迫るが、このイージーフィニッシュを枠の右に外してしまう。だが、直後の63分には強引に中央突破したウィリアム・カルバーリョのロストからピケの縦パスを受けたスアレスが相手DF3人を翻弄する圧巻のドリブル突破から試合を決定づける3点目を奪った。 一方、厳しい3失点目を喫したベティスはホアキン、ロ・セルソ、カルバーリョを続けて下げてエメルソン、ライネス、ロレンとフレッシュな選手を投入すると、この交代がゴールをもたらす。82分、ボックス内で相手のクリアし損ねたボールを拾ったライネスが細かいフェイントでDFを引き付けてロレンに繋ぐと、これを見事なダイレクトシュートで決め切った。 公式戦3試合ぶりのクリーンシートを逃したバルセロナだったが、この直後にエースが三度魅せる。85分、ボックス左でラキティッチからマイナスの落としを受けたメッシは相手GKの前目のポジションを見極めて通常のシュートモーションから意表を突くループシュートをを放つと、GKの頭上を越えたボールがクロスバーの内側を掠めてゴールネットに吸い込まれた。 この圧巻の妙技を生かしたハットトリックにベニート・ビジャマリンのベティコたちからも称賛の拍手が送られた。その後、スライディングの際に右足首を痛めたスアレスの負傷交代というアクシデントこそ気がかりも敵地で前回対戦のリベンジを果たしたバルセロナが公式戦5連勝を達成すると共に2位アトレティコ・マドリーとの勝ち点差を10ポイントに広げた。 2019.03.18 06:46 Mon
twitterfacebook
thumb

ベティス注目株ロ・セルソ、スパーズも追跡!

ベティスに所属するアルゼンチン代表MFジオバニ・ロ・セルソ(22)に対して、トッテナムが目を光らせているという。イギリス『talkSPORT』が報じた。 昨夏に買取オプション付きのレンタルでパリ・サンジェルマン(PSG)からベティスに加入したロ・セルソ。シュート、パス、ドリブル、どれを取っても一級品であり、新天地スペインで公式戦36試合12得点4アシストとセンセーショナルな活躍を披露し続けている。 その輝かしいロ・セルソの姿にレアル・マドリーの関心が取り沙汰されてきたが、どうやらトッテナムも動向を注視しているクラブの1つだという。そのトッテナムはデンマーク代表MFクリスティアン・エリクセンの後継者になり得る存在として追跡している模様だ。 なお、先日のスペイン『マルカ』によれば、ベティスは契約に存在する2500万ユーロ(約31億2000万円)の買取オプション行使を決断。そして、移籍金6000万ユーロ(約74億9000万円)のオファーが届けば、転売しても構わない姿勢だという。 2019.03.11 21:00 Mon
twitterfacebook
thumb

マドリー、ロ・セルソ獲得に向けてベティスに接触か

レアル・マドリーがベティスに所属するアルゼンチン代表MFジオバニ・ロ・セルソ(22)獲得に向けて同クラブに接触したようだ。スペイン『マルカ』が伝えている。 母国のロサリオ・セントラル出身であるロ・セルソは、足元の技術に加え、パスセンスが光るトップ下を主戦場とするレフティーだ。2016年夏にPSGに加入すると、昨シーズンは公式戦48試合で6ゴール7アシストと躍動。今シーズンはベティスに期限付き移籍し、公式戦35試合で12ゴール4アシストと好パフォーマンスを披露している。 そんな中、マドリーはベティスにロ・セルソ獲得の可能性について問い合わせた模様。ベティスはロ・セルソに付随している買取オプションを行使することでPSGと合意に達しているようだが、完全移籍した後、6000万ユーロ(約74億円)で売却することも考慮しているようだ。 ロ・セルソに対しては、トッテナムやマンチェスター・シティも関心を示しているようだが、果たして…。 2019.03.09 10:00 Sat
twitterfacebook
thumb

柴崎ベンチ外のヘタフェが敵地でベティス撃破! 連勝でCL圏内の4位キープ!《リーガエスパニョーラ》

リーガエスパニョーラ第26節のベティスvsヘタフェが3日に行われ、アウェイのヘタフェが2-1で勝利した。なお、ヘタフェのMF柴崎岳はベンチ外となった。 前節、セビージャを抜いて4位に浮上したヘタフェ(勝ち点39)は、7位のベティス(勝ち点36)との上位対決に挑んだ。 リアリスティックな堅守速攻を貫くヘタフェと、美しいポゼッションスタイルを追求するベティスという、両極端なスタイルを持つチーム同士の一戦は入りこそホームのベティスが主導権を握ったものの、先にゴールをこじ開けたのはヘタフェ。 20分、右CKの場面でショートコーナーからポルティージョがゴールライン際を内に向かって運んで浮き球クロスを入れると、ファーサイドで競り勝ったカブレラがピッチに叩きつけるヘディングシュートでゴール右隅に流し込んだ。 セットプレーから幸先良く先制に成功したヘタフェはリスクを冒して前に出るホームチームの攻撃を冷静に受け止めながら鋭いカウンターで追加点に迫っていく。古巣対戦のホルヘ・モリーナ、ポルティージョと幾つか決定機を作り出すと、前半終了間際の44分には左サイドでのスローインの流れからモリーナのスルーパスでオフサイドトラップをかい潜ったハイメ・マタが冷静にGKとの一対一を制した。 前半終了を告げるホイッスルと同時にホームサポーターからの大きなブーイングに晒されたベティスは、ハーフタイム明けにセルヒオ・レオン、バラガンに代えてヘセ・ロドリゲスとホアキンを同時投入。だが、立ち上がりはヘタフェのカウンターに晒されて劣勢の状況を強いられた。 それでも、60分にはマンディの横パスからボックス内でフリーとなったロ・セルソに絶好機。だが、このシュートはGKソリアの好守に遭う。その後、67分にはロレンを下げてテージョを3枚目のカードとして投入すると、75分にようやく1点を返す。バイタルエリア中央で見事なドリブル突破を見せたウィリアム・カルバーリョがボックス右でフリーのホアキンに繋ぐと、37歳のベテランが豪快な右足シュートを突き刺した。 レジェンドの鮮烈なゴールでスタジアムのボルテージが一気に上がった中、84分にはカナレスの浮き球スルーパスに抜け出したヘセが冷静にゴールネットを揺らすが、ここはオフサイドの判定でゴールは認められず。その後もホームサポーターの後押しを背に猛攻を仕掛けたベティスだったが、堅守ヘタフェを相手に2点目を奪うまでには至らず。この結果、難敵ベティスを敵地で下したヘタフェが連勝を飾り、チャンピオンズリーグ(CL)圏内の4位キープに成功した。 2019.03.04 02:14 Mon
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース