韓国代表新監督はシン・テヨン氏に決定…U-20やU-23韓国代表を指揮2017.07.04 15:12 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽韓国サッカー協会(KFA)は4日、韓国代表の新監督にシン・テヨン氏(46)が就任することを発表した。

▽シン・テヨン氏は、現役時代に所属した城南FCで監督としてのキャリアをスタート。2014年1月から韓国代表のスタッフになると、2014年9月からウリ・シュティーリケ監督の下でアシスタントコーチに就任。2015年1月からはU-23韓国代表の監督も兼任し、今年1月からはU-20韓国代表の監督も務めU-20韓国代表を率いて、先日まで行われていたU-20ワールドカップに出場していた。

▽韓国代表は、ロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選のグループAで現在3位。6月13日に行われたロシアW杯アジア最終予選第8節で最下位のカタール代表に2-3で敗れ、シュティーリケ監督を解任していた。

コメント

関連ニュース

thumb

レーティング:日本代表 1-4 韓国代表《EAFF E-1サッカー選手権》

▽日本代表は16日、EAFF E-1サッカー選手権2017の第3戦で韓国代表と対戦し、1-4で敗れた。超WSの選手採点結果と寸評は以下のとおり。 ▽日本採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171216_29_tw.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.</div><hr>GK 12 中村航輔 5.5 失点に大きな責任なし。止められるシュートは止めた DF 22 植田直通 4.5 ポジショニングミスがあり失点に関与。押し込まれた中で本職ではないウィークの部分が露見 6 三浦弦太 5.5 ビルドアップ時のミスはあったものの、最終ラインの中では最も奮闘 3 昌子源 4.5 序盤に自陣での軽率なミスから相手に決定機を献上。1失点目の場面でもボールに被る 5 車屋紳太郎 5.0 守備で軽い対応やミスがいくつかあった。2失点目の被FKも彼のミスから MF 17 今野泰幸 5.0 3失点目ではイ・ジェソンを潰しきれず。チームを落ち着かせられなかった 2 井手口陽介 5.0 最初の失点場面では寄せが甘くクロスを許す、鋭さを欠いた (→三竿健斗 5.5) 自身が献上したFKからの失点でほろ苦の代表デビュー 7 倉田秋 4.5 攻守にわたって凡庸なパフォーマンス (→阿部浩之 -) FW 14 伊東純也 5.5 集中して試合に入り、好反応からPKを獲得。攻撃時にはボールに絡んだ (→川又堅碁 6.0) 闘う姿勢をしっかりと見せ、際どいヘディングシュートを放つ 11 小林悠 5.0 開始早々のPKを冷静に沈める。その後はインパクトを欠き、失点に絡む 13 土居聖真 5.0 虚をつくダイレクトパスでPKを誘発。だが徐々に失速 監督 ハリルホジッチ 4.5 テスト色が強いとはいえ、攻守にチグハグな内容でホームでライバル相手に酷い敗戦 <hr>★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! キム・シンウク(韓国) ▽しっかりターゲットにされて存在感抜群。決定力も示して2得点で優勝に導いた。 日本代表 1-4 韓国代表 【日本】 小林悠(前3[PK]) 【韓国】 キム・シンウク(前13) チョン・ウヨン(前23) キム・シンウク(前35) ヨム・ギフン(後24) 2017.12.16 21:14 Sat
twitterfacebook
thumb

日韓戦で惨敗の日本、ホームで韓国に連覇を許す《EAFF E-1サッカー選手権》

▽日本代表は16日、EAFF E-1サッカー選手権2017の第3戦で韓国代表と対戦し、1-4で敗れた。 ▽ここまで2連勝で首位の日本と、勝ち点4で2位の韓国代表が対戦。日本を率いるハリルホジッチ監督は、2-1で勝利した12日の中国代表戦から先発3選手を変更した。GK東口、山本、大島に代えてGK中村、車屋、井手口を先発に復帰させている。最終ラインは右から植田、三浦、昌子、車屋を起用し、中盤の底は井手口と今野のコンビ。トップ下に倉田が入り、前線は右から伊東、小林、土居を並べた。 ▽試合は落ち着く間もない開始早々に日本がスコアを動かす。土居のパスに反応してボックス右に走り込んだ伊東が、出し抜いたDFチャン・ヒョンスに倒されてPKを獲得。このPKをキッカーの小林がゴール右に冷静に沈めて、日本が幸先よく先制した。 ▽リードを手にした日本だが、得点後に反撃に遭う。11分には左サイドでFKを与えると、クロスに頭で合わせた長身FWキム・シンウクの枠内シュートを浴びる。しかし、ここはGK中村が冷静にはじき出した。 ▽それでも、相手の勢いに押された日本は13分に追いつかれる。右サイドからクロスを入れられると、DF昌子の頭を越したボールにキム・シンウクに合わせられる。このヘディングシュートをゴール右に決められ、1-1とされた。 ▽韓国に主導権を奪われた日本は19分にもキム・シンウクにミドルシュートを放たれるも、DFにディフレクトして際どいコースに飛んだシュートはGK中村がセーブ。しかし25分、ボックス手前でFKを与えてしまうと、チョン・ウヨンに強烈なブレ球で直接FKを沈められ、日本は逆転を許してしまう。 ▽ハーフタイムにかけて日本はやや盛り返したが、スコアを動かしたのはまたしても韓国。バイタルエリアでイ・ジェソンに仕掛けられると、最後は正面でフリーのキム・シンウクに決められる。日本が3失点して前半を終えた。 ▽ゴールレスで迎えた後半、日本は53分に危険な場面。ボックス右角付近からキム・ミヌにシュートを放たれると、ディフレクトした強烈なボールが枠内へ。ここもGK中村が好反応を見せてセーブし、失点を免れる。 ▽流れを変えたいハリルホジッチ監督は、66分に井手口に代えて代表デビューとなる三竿、そして69分には伊東を下げて川又を投入する。しかし、左サイドでFKを与えると、ヨム・ギフンが直接狙ったFKにニアサイドで小林が触ったボールがゴールに決まり、1-4とされてしまう。 ▽その後、リスクを冒して攻める日本は81分に倉田に代えて阿部を投入。85分には、その阿部が右サイドから上げたクロスに正面で合わせた川又がヘディングシュートを枠内に飛ばすも、GKにセーブされる。 ▽結局、最後まで追加点を奪えなかった日本は、そのまま惨敗。韓国に大会連覇を許してしまった。 2017.12.16 21:13 Sat
twitterfacebook
thumb

3選手変更! 韓国戦のスタメン発表《EAFF E-1サッカー選手権》

▽本日16日の19時15分より味の素スタジアムで行われるEAFF E-1サッカー選手権の第3戦、日本代表vs韓国代表のスターティングメンバーが発表された。 ▽ここまで2連勝で首位の日本と、勝ち点4で2位の韓国代表が対戦。日本を率いるヴァイッド・ハリルホジッチ監督は、2-1で勝利した12日の中国代表戦から先発3選手を変更した。GK東口順昭、DF山本脩斗、MF大島僚太に代わってGK中村航輔、DF車屋紳太郎、MF井手口陽介が先発に復帰する。 ▽最終ラインは右からDF植田直通、DF三浦弦太、DF昌子源、DF車屋紳太郎が入る見込み。中盤の底でMF井手口陽介とMF今野泰幸がコンビを組み、トップ下にはFW倉田秋。前線は右からFW伊東純也、FW小林悠、MF土居聖真となるとみられる。 【日本代表スタメン】 GK:中村航輔 DF:昌子源、車屋紳太郎、三浦弦太、植田直通 MF:井手口陽介、倉田秋、今野泰幸 FW:小林悠、土居聖真、伊東純也 2017.12.16 18:33 Sat
twitterfacebook
thumb

元鳥栖キム・ミヌが決勝OGを誘発! 韓国が初白星で日韓最終戦へ《EAFF E-1サッカー選手権》

▽12日に味の素スタジアムで行われたEAFF E-1サッカー選手権第2戦の北朝鮮代表vs韓国代表は、0-1で韓国が勝利した。 ▽初戦で日本代表に敗れた北朝鮮と、中国と引き分けた韓国の一戦は、ゴールレスで迎えた64分に動く。元鳥栖のキム・ミヌが左サイドから上げたクロスがボックス内で北朝鮮DFの足に当たり、そのままゴールマウスへ。韓国が相手のオウンゴールというラッキーな形で先制する。 ▽結局、このゴールが決勝点となり、韓国が今大会初白星。1勝1分けとした韓国はタイトル獲得の望みを繋ぎ、16日に行われる最終戦の日本を迎えることになった。 北朝鮮代表 0-1 韓国代表 【韓国】 OG(後19) 2017.12.12 19:00 Tue
twitterfacebook
thumb

大宮DFキム・ドンスがU-23韓国代表候補に選出「責任感を持って全力を尽くしたい」

▽大宮アルディージャは22日、DFキム・ドンス(22)がU-23韓国代表候補メンバーに選出されたことを発表した。 ▽キム・ドンスは、今シーズン途中にハンブルガーSV-Ⅱから加入。ここまで公式戦の出場はない。 ▽世代別の韓国代表にも選出され、昨年もU-23韓国代表に選出されていた。今回は、12月3日(日)から同9日(土)まで、韓国で行われるトレーニングキャンプに参加。2018年1月に中国で行われるAFC U-23選手権に向けたメンバー選考キャンプとなるようだ。キム・ドンスはクラブを通じてコメントしている。 「代表に呼ばれるのは、非常に光栄なことです。選手たちの代表として、大韓民国の代表として、責任感を持って全力を尽くしたいと思います。また、私は大宮アルディージャの選手として選ばれていますから、自分がどれだけのパフォーマンスを見せられるかで、クラブの認知度や評価を高めることができると思いますし、その自負を持って行ってきます。今回はメンバー選考キャンプで競争がありますので、先につながるように頑張りたいです」 2017.11.22 19:45 Wed
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース