SPAL、王者ユベントスから元U-20イタリア代表DFマッティエッロをレンタルで獲得2017.07.04 01:38 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽来季からセリエAに昇格するSPALは3日、ユベントスから元U-20イタリア代表DFフェデリコ・マッティエッロ(21)を1年間のレンタル移籍で獲得したことを発表した。

▽ユベントスのプリマヴェーラ出身のマッティエッロは、2014年7月にトップチームに昇格。同年11月に行われたパルマ戦でセリエAデビューを飾ったが、その後は公式戦3試合の出場に留まり、2015年2月にキエーボへレンタル移籍した。

▽キエーボでは、2015年3月に行われたローマ戦で長期離脱となる重傷を負うも、7月にレンタル延長が決定。しかし、長期離脱の影響もあり在籍1年半で公式戦4試合の出場に留まった。ユベントスへ復帰した2016-17シーズンは、リザーブチームでのプレーを強いられていた。
コメント
関連ニュース
thumb

フロジノーネ、SPALからMFヴィヴィアーニを獲得!

フロジノーネは24日、SPALからイタリア人MFフェデリコ・ヴィヴィアーニ(26)を買い取りオプション付きのレンタル移籍で獲得したことを発表した。 ローマのプリマヴェーラ出身のヴィヴィアーニは、イタリアの世代別代表の常連だったこともあり、トップチームデビュー時は新進気鋭のレジスタとして将来を嘱望される逸材の一人と目された。 しかし、ローマのトップチームに定着できず、その後はヴェローナやボローニャと渡り歩き、昨シーズンにはSPALに買い取りオプション付きのレンタル移籍で加入していた。今季はコッパ・イタリアで1試合プレーもセリエAでのプレー機会はなかった。 2019.01.24 18:15 Thu
twitterfacebook
thumb

スイス代表DFジュルーがSPALとの契約を解除

SPALは17日、スイス代表DFヨハン・ジュルー(31)との契約を解除したことを発表した。 アーセナルでプロデビューを飾ったセンターバックのジュルーは、ハンブルガーSVで主力として活躍後、2018年夏にアンタヤスポルからSPALに加入。しかし、今季のセリエAではわずか5試合の出場に留まっていた。 2019.01.18 00:50 Fri
twitterfacebook
thumb

SPAL、スポルティングから元イタリア代表GKヴィヴィアーノをレンタルで獲得

SPALは7日、スポルティング・リスボンから元イタリア代表GKエミリアーノ・ヴィヴィアーノ(33)をレンタル移籍で獲得した。契約期間は今シーズン終了までとなる。 フィオレンティーナの下部組織出身であるヴィヴィアーノは、これまでインテルやボローニャ、パレルモ、レンタルでアーセナルでのプレー経て、2014年からサンプドリアに加入していた。 サンプドリアでは4シーズンで公式戦115試合に出場。昨季も序盤をケガで出遅れたものの、リーグ戦27試合に出場し守護神として活躍。この活躍が認められ、昨夏に正GKを務めるポルトガル代表GKルイ・パトリシオが退団したスポルティングへ2年契約で加入。しかし、スポルティングではここまで出場機会がない状況だった。 2019.01.08 04:15 Tue
twitterfacebook
thumb

5試合ぶりゴールのミラン、イグアインの10戦ぶり弾で逆転勝利!《セリエA》

▽ミランは29日、セリエA第19節でSPALをホームに迎え、2-1で逆転勝利した。 ▽前節フロジノーネ戦を低調なゴールレスドローに終わって4試合連続ノーゴールとなった6位ミラン(勝ち点28)は、ガットゥーゾ監督の進退が懸かる中、フロジノーネ戦のスタメンから3選手を変更。クトローネ、カラブリア、ムサッキオに代えてアバーテ、サパタ、負傷明けのスソがスタメンに戻った。 ▽15位SPAL(勝ち点17)に対し、[4-3-3]で臨んだミランは3トップに右からスソ、イグアイン、カスティジェホ、中盤アンカーにバカヨコ、インサイドにチャルハノールとケシエを配した。 ▽そのミランが立ち上がりからボールを保持し圧力をかける入りとなると、8分にロマニョーリがボレーシュートでネットを揺らすもオフサイドに阻まれる。 ▽すると13分、一瞬の隙を突かれて失点してしまった。ロングボールを受けたボックス手前右のペターニャがロマニョーリを背負いながら左足を振り抜くと、ゴール左隅にシュートが決まった。 ▽ペターニャの恩返し弾を浴びたミランだったが、嫌な雰囲気を16分に払拭する。クリアボールを拾ったボックス左のカスティジェホが左足を振り抜くと、豪快なシュートがゴール右上に突き刺さった。 ▽5試合ぶりのゴールで同点としたミランがその後も攻勢を強める中、36分に追加点のチャンス。ボックス右でフィードを受けたケシエが中へ折り返し、フリーのバカヨコがボレー。しかし、枠の上に外してしまった。 ▽ハーフタイムにかけてもミランが押し込み、41分にはチャルハノールがミドルシュートを浴びせたが枠を捉えきれず、前半を1-1で終えた。 ▽後半もミランが圧力をかける展開で推移するも、シュートに持ち込めない状況が続いた。そこで62分、カスティジェホとアバーテに代えてクトローネとカラブリアを投入した。 ▽すると64分、待望のイグアインにゴールが生まれる。右サイドをオーバーラップしたカラブリアのクロスをファーサイドのチャルハノールが折り返し、ボックス中央のイグアインが冷静にDFを外してシュートを蹴り込んだ。 ▽イグアインのリーグ戦10試合ぶりのゴールで逆転したミランは、続く70分にもチャルハノールがボックス左から決定的なシュートを浴びせれば、72分にはバカヨコがミドルシュートで3点目に迫っていった。 ▽終盤、78分にCKからチアゴ・ランジェウにヘディングシュートでゴールを脅かされたミランは85分にもペターニャのシュートでひやりとさせられる。そして89分にスソが2枚目のイエローカードを受けて10人となったミランは、追加タイム3分に大ピンチ。しかし、GKドンナルンマがファレスのゴール至近距離からのヘディングシュートをビッグセーブで凌いで逃げ切り。ガットゥーゾ監督の首が繋がる5試合ぶりの勝利を飾っている。 2018.12.30 06:25 Sun
twitterfacebook
thumb

アルビオル弾を守り切ったナポリが4連勝で首位ユベントスを追走《セリエA》

▽ナポリは22日、セリエA第17節でSPALをホームに迎え、1-0で勝利した。 ▽前節カリアリ戦をミリクの後半追加タイム直接FK弾で劇的勝利を収めて3連勝とした2位ナポリ(勝ち点38)は、首位ユベントスとの8ポイント差を維持した。4日後にインテルとの上位対決を控える中、インシーニェやメルテンス、ハムシクらがスタメンに戻った。 ▽14位SPAL(勝ち点16)に対し、フラットな[4-4-2]を採用したナポリは2トップにインシーニェとメルテンス、右にカジェホン、左にジエリンスキを配した。 ▽そのナポリが立ち上がりから押し込みにかかると、11分に決定機。ボックス右に抜け出したジエリンスキのマイナスクロスをメルテンスがシュート。ルーズボールをボックス左のインシーニェが蹴り込んだが、オフサイドに阻まれた。 ▽その後も敵陣で試合を進めたナポリだったが、SPALの集中した守備を崩せない状況が続く。このままゴールレスで前半を終えるかに思われたが追加タイム1分、メルテンスの左CKからニアサイドのアルビオルがヘッドで流し込んでナポリが先制した。 ▽後半もナポリが攻勢に出る中、63分にメルテンスのシュートがGKを強襲すると、68分にはCKの流れからクリバリのヘディングシュートがわずかに枠の左に外れた。 ▽押し込みながらも追加点を奪えないナポリは73分にインシーニェのコントロールシュートでゴールに迫れば、81分にはインシーニェとのパス交換からボックス左に侵入したメルテンスのシュートが左ポストを直撃した。 ▽勝負を決めきれないナポリは追加タイム1分、ディフェンスライン裏に抜け出したパロスキのシュートをGKメレトが防ぐと、試合終了間際のCKからのピンチもGKメレトがファレスのヘディングシュートを防いで逃げ切り。4連勝としたナポリが首位ユベントスを追走している。 2018.12.23 01:14 Sun
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース