英雄ピサーロがブレーメン退団! ブンデス外国人記録の191ゴール!2017.07.03 00:30 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ブレーメンは2日、元ペルー代表FWクラウディオ・ピサーロ(38)と2017-18シーズンの契約を更新しないことを発表した。

▽今年に入って契約延長の可能性が報じられたものの、袂を分かつことになったブレーメンのフランク・バウマンSD(スポーツ・ディレクター)は、ピサーロ退団に関して以下のように説明している。

「5月中旬の時点でクラウディオと契約を延長しない考えを持っていたが、最終的に我々は契約を延長しないという結論に達した。この決断に関しては多くの側面があるが、攻撃陣の激しい競争、若手の成長を促すということを重視した」

「クラウディオはレジェンドであり、ヴェルダー・ブレーメンのプレーヤーとして最高の別れの舞台を提供するつもりだ。つまり、彼のお別れ試合を行う予定だ。そういった栄誉は我々の歴史においてもほとんどない」

▽また、通算4度8年間に渡ってブレーメンの一員としてプレーしたピサーロは、別れのメッセージを送っている。

「ブレーメンのユニフォームを着てプレーすることは常に名誉なことだった。クラブ、街、ファンは今後も自分の心の中の特別な場所に存在し続けるはずだ。私はブレーメンでプレーすることが好きだったけど、クラブの決定を受け入れた」

▽1999年に母国アリアンサ・リマから初めてブレーメンに加入以降、バイエルンやチェルシーでプレーした時期もあったものの、通算8シーズンを同クラブで過ごしたピサーロは、公式戦通算271試合に出場し144ゴールを記録。また、バイエルン時代の得点を含めると、ブンデスリーガ430試合に出場し、191ゴールを挙げている。この記録は同リーグにおける外国人選手の歴代最多ゴールだ。

▽なお、ピサーロはドイツに残るかは不明なものの、他クラブでの現役続行を希望しているという。

▽また、ブレーメンは同日、ギリシャ人MFサノス・ペトソス(26)、ドイツ人MFレヴェント・アイツィツェク(23)、ドイツ人FWレナルト・ティ(25)、マリ人FWサンブ・ヤタバレ(28)の4選手が、プレシーズンのトレーニングに合流しないことを発表。前述の4選手は移籍に向けた他クラブとの交渉を許可されている。

コメント

関連ニュース

thumb

大迫と久保が先発の日本人対決はAT弾でニュルンベルクが引き分けに持ち込む《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ第3節、ブレーメンvsニュルンベルクが16日に行われ、1-1で引き分けた。ブレーメンのFW大迫勇也は88分までプレーし、ニュルンベルクのFW久保裕也はフル出場している。 ▽前節フランクフルト戦で移籍後リーグ戦初ゴールを記録してチームの初勝利に貢献した大迫は開幕3試合連続スタメンとなった。 ▽一方、前節マインツ戦でも幾つかゴールに迫るシーンを生み出した久保も大迫同様、開幕3試合連続スタメンとなった。 ▽[4-3-3]のシステムを採用した両チーム。大迫と久保は共に左ウイングでのスタートとなった。 ▽ホームチームのブレーメンが仕掛ける入りとなった中、15分に大迫のパスを受けたボックス左のクルーゼが決定的なシュートを浴びせると、21分にはボックス内からハルニクがシュートを放ち、ゴールに近づいていった。 ▽すると26分、ボックス手前右でパスを受けたM・エッゲシュタインが右足を一閃すると、強烈なミドルシュートがゴール右上に突き刺さった。 ▽その後もブレーメンが主導権を握り、ニュルンベルクに攻め手を与えずに後半へ折り返した。 ▽後半に入って前がかったニュルンベルクは、59分に同点に追いつきかける。FKの流れで混戦となったところをペトラクが押し込んだが、その前にオフサイドがありVARの末にノーゴールとなった。 ▽その後はシャヒンを投入したブレーメンが主導権を握り返し、終盤にかけてはニュルンベルクに付け入る隙を与えず、1-0で逃げ切るかと思われた。 ▽ところが後半追加タイム2分、ニュルンベルクはパワープレーでロングボールを送ると、ボックス左でパスを受けたミシジャンがゴール左を射抜いて土壇場で同点に持ち込み、直後にタイムアップ。日本人対決は引き分けに終わった。 2018.09.17 00:26 Mon
twitterfacebook
thumb

大迫勇也、練習試合でまたもゴール…注目集めたのは39歳ピサーロの大車輪の活躍

ブレーメンが8日、フレンドリーマッチでドイツ3部のメッペンと対戦。FW大迫勇也がゴールを挙げて好調ぶりをアピールしている。<br><br>前半6分にクラウディオ・ピサーロが先制点を挙げると、18分に日本代表のエースにも見せ場が。マックス・クルーゼのFKからピサーロがキープすると、最後は大迫が押し込んで、追加点をマークした。大迫はすでに今季の公式戦で2ゴールを挙げており、いまだ好調をキープしている。<br><br>大迫は前半45分のみで退いたが、後半もブレーメンが攻勢をかけて、終わってみれば5-2の完勝。下部リーグのチームに力の差を見せつけた。<br><br>同様に好調を見せつけたのが来月には40歳となるピサーロ。驚きとも言えるフル出場を飾ると、2ゴール2アシストの活躍を見せ、フロリアン・コーフェルト監督も「彼には試合を読む力があるし、ボックス内では危険な選手だ。とても良いプレーをしてくれた。どちらのゴールも良かったよ」と賛辞を送っている。<br><br>なお、ピサーロ自身も「90分出られたのは良かったね。良い感じだし、点も奪えた。これを続けられるといいね」と話している。<br><br> <br>提供:goal.com 2018.09.09 16:40 Sun
twitterfacebook
thumb

ブレーメン、バウマンSDと2021年まで契約延長

▽ブレーメンは6日、スポーツ・ディレクター(SD)を務めるフランク・バウマン氏(42)と2021年まで契約を延長したことを発表した。 ▽現役時代にセントラルMFとしてブレーメンで公式戦260試合に出場したレジェンドのバウマン氏は、現役引退後にアシスタントコーチを務めた後、2016年からSDを務めている。 ▽今夏のFW大迫勇也獲得にも尽力したバウマン氏はブレーメンとの契約延長について以下のように語っている。 「我々はここ数年で数多くのプロジェクトをスタートさせてきた。それを継続的に、一貫性を持って取り組み、そして成功という形で実を結ばせていきたいと思っている」 2018.09.06 23:25 Thu
twitterfacebook
thumb

今日の誕生日は誰だ! 9月5日は、ブンデス史上最年少出場記録を持つトルコ代表MFのバースデー

◆ヌリ・シャヒン 【Profile】 国籍:トルコ 誕生日:1988年9月5日 クラブ:ブレーメン ポジション:MF 身長:180㎝ 体重:73㎏ ▽『今日の誕生日は誰だ!』 9月5日は、トルコ代表MFヌリ・シャヒンだ。 ▽ドルトムントの下部組織出身のシャヒンは、ヨーロッパ最高の才能を持つ若手として2005-06シーズンに当時16歳335日でブンデスリーガデビュー。当然、ブンデス史上最年少での出場だ。その後、フェイエノールトでの武者修行を経て、2008年にドルトムントに復帰。レギュラーを奪取すると、2010-11シーズンには終盤に負傷離脱するまでの全試合に出場し、ブンデス優勝に大きく貢献した。また、ドイツ『キッカー』が企画した選手投票により、そのシーズンのリーグMVPにも選出されている。 ▽そして、2011年夏の移籍市場でレアル・マドリーとの6年契約を締結。しかし、この栄転かに思われた移籍後は、度重なる負傷の影響もありほとんど出場機会を得ることができず。2011年夏にリバプールにレンタルで放出される憂き目に遭うと、アンフィールドの地でも実力が発揮できずに終わり、2013年冬からドルトムントに復帰した。古巣でも出場機会を失い始めると、今シーズンはブレーメンに活躍の場を求めている。 ※誕生日が同じ主な著名人 レオナルド(スポーツディレクター/ミラン) 栗澤僚一(サッカー選手/柏レイソル) 浜田幸一(政治家) フレディ・マーキュリー(歌手/クイーン) 久米田康治(漫画家) キム・ヨナ(フィギュアスケート選手) マイケル・キートン(俳優) 仲村トオル(俳優) 菊地亜美(タレント) 齊藤京子(アイドル/けやき坂46) 小倉優香(モデル) 伊達みきお(お笑い芸人/サンドウィッチマン) 山本博(お笑い芸人/ロバート) 2018.09.05 07:00 Wed
twitterfacebook
thumb

大迫勇也、新天地リーグ戦初ゴールでMOMに選出「両ウイングでトラブルを起こす存在」

今夏、ブレーメンに渡った日本代表FW大迫勇也は戦移籍後、ブンデスリーガ第2節のフランクフルト戦(2-1)でリーグ戦初ゴールをマーク。このアウェーマッチでのパフォーマンスによりドイツ誌『キッカー』にはマン・オブ・ザ・マッチ(MOM)に選ばれた。<br><br>ブレーメンはこの日、敵地で元日本代表MF長谷部誠を欠くフランクフルトと対戦。大迫は20分に見事な動き出しに味方MFマキシミリアン・エッゲシュタインから絶妙なフィードを呼び出すと、相手GKと1対1に。一度バウンドしたボールを右足で冷静にGKの股を抜くシュートで流し込み、先制点を奪っている。<br><br>その他にも17分には左サイドからクロスを上げ、FWマックス・クルーゼに好機をお膳立てした場面や後半61分にはゴールを揺らすもオフサイド判定となったシーンなどで存在感を示し、勝利に大きく貢献。そんな大迫のプレーに『キッカー』は両チーム単独最高点の「2」をつけたうえで次のような寸評を記した。<br><br>「左アウトサイドのユウヤ・オオサコは1-0を決めるだけではなく、常に両ウイングで(相手にとって)トラブルを起こす存在となった。また、ブレーメンのチャンスの大半に絡んでいる」<br><br>なおブンデスリーガ公式ウェブサイトも大迫をこの一戦のMOMに選出。こちらではこのように称賛されている。<br><br>「ユウヤ・オオサコはブレーメンの7つのシュートチャンスに関与。これはこの試合におけるベストな数値。日本人選手は模範的な働きぶりを見せ、ブレーメン選手のなかでは67%と最も多くの競り合いを制した」<br><br>DFBポカール1回戦でもゴールを決めた大迫は新天地でのリーグ戦2試合目でも得点能力を披露。インターナショナルブレイク後の16日の第3節でFW久保裕也が加わったニュルンベルクを迎えるブレーメンだが、大迫は早速レギュラーに定着しつつあるようだ。<br><br>(※ドイツメディアの採点は1が最高、6が最低)<br><br><br>提供:goal.com 2018.09.03 20:00 Mon
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース