英雄ピサーロがブレーメン退団! ブンデス外国人記録の191ゴール!2017.07.03 00:30 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ブレーメンは2日、元ペルー代表FWクラウディオ・ピサーロ(38)と2017-18シーズンの契約を更新しないことを発表した。

▽今年に入って契約延長の可能性が報じられたものの、袂を分かつことになったブレーメンのフランク・バウマンSD(スポーツ・ディレクター)は、ピサーロ退団に関して以下のように説明している。

「5月中旬の時点でクラウディオと契約を延長しない考えを持っていたが、最終的に我々は契約を延長しないという結論に達した。この決断に関しては多くの側面があるが、攻撃陣の激しい競争、若手の成長を促すということを重視した」

「クラウディオはレジェンドであり、ヴェルダー・ブレーメンのプレーヤーとして最高の別れの舞台を提供するつもりだ。つまり、彼のお別れ試合を行う予定だ。そういった栄誉は我々の歴史においてもほとんどない」

▽また、通算4度8年間に渡ってブレーメンの一員としてプレーしたピサーロは、別れのメッセージを送っている。

「ブレーメンのユニフォームを着てプレーすることは常に名誉なことだった。クラブ、街、ファンは今後も自分の心の中の特別な場所に存在し続けるはずだ。私はブレーメンでプレーすることが好きだったけど、クラブの決定を受け入れた」

▽1999年に母国アリアンサ・リマから初めてブレーメンに加入以降、バイエルンやチェルシーでプレーした時期もあったものの、通算8シーズンを同クラブで過ごしたピサーロは、公式戦通算271試合に出場し144ゴールを記録。また、バイエルン時代の得点を含めると、ブンデスリーガ430試合に出場し、191ゴールを挙げている。この記録は同リーグにおける外国人選手の歴代最多ゴールだ。

▽なお、ピサーロはドイツに残るかは不明なものの、他クラブでの現役続行を希望しているという。

▽また、ブレーメンは同日、ギリシャ人MFサノス・ペトソス(26)、ドイツ人MFレヴェント・アイツィツェク(23)、ドイツ人FWレナルト・ティ(25)、マリ人FWサンブ・ヤタバレ(28)の4選手が、プレシーズンのトレーニングに合流しないことを発表。前述の4選手は移籍に向けた他クラブとの交渉を許可されている。

コメント

関連ニュース

thumb

モントリーボがブレーメンへ?

▽ミランに所属するイタリア代表MFリッカルド・モントリーボ(33)にブンデスリーガ挑戦の可能性が浮上した。ドイツ『Fussballeck』が報じている。 ▽今シーズンのモントリーボは、ケガに苦しみながら公式戦26試合で3得点2アシスト。2012年からプレーするミランとの契約をあと1年残している状況だが、母親の母国であるドイツ行きを考慮しているという。 ▽そこで浮上した移籍先はブレーメンだ。ブレーメンは今夏、主力を務めたデンマーク代表MFトーマス・デラネイ(26)がドルトムントに完全移籍。その後釜として、モントリーボに興味を示している模様だ。 2018.06.09 13:35 Sat
twitterfacebook
thumb

ドルトムントがブレーメンのデンマーク代表MFデラネイを獲得、推定移籍金は約26億円

▽ドルトムントは7日、ブレーメンのデンマーク代表MFトーマス・デラネイ(26)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2022年6月30日までで、移籍金はドイツ『キッカー』によれば2000万ユーロ(約25億9000万円)とのことだ。 ▽2016年夏にコペンハーゲンからブレーメンに加入したセントラルMFのデラネイは、在籍2シーズンで公式戦49試合に出場して7ゴール7アシストを記録。2017-18シーズンはブンデスリーガ32試合に出場して3ゴール5アシストと主力として活躍していた。 ▽そのデラネイはドルトムントへの移籍について次のように語っている。 「ドルトムントからの連絡があったときには、大して悩む必要はなかったよ。ドルトムントはヨーロッパ内でトップ10に入るクラブ。ドイツではトップ2のクラブだと思う。それにここのスタジアムは、ヨーロッパで最高のものがあるしね。熱い気持ちをもってプレーすることを約束する。ワールドカップ前だけれど、ドルトムントでの挑戦が今から楽しみだよ。この黒と黄色のユニフォームで、タイトルを獲得できたらと思っている」 ▽なお、デンマーク代表でもレギュラーとしてプレーするデラネイは、ロシア・ワールドカップに臨むデンマーク代表に選出されている。 2018.06.08 05:10 Fri
twitterfacebook
thumb

フライブルクがブレーメンからMFゴンドルフを獲得

▽フライブルクは7日、ブレーメンのドイツ人MFジェローム・ゴンドルフ(29)を獲得したことを発表した。契約の詳細は明かされていない。 ▽ダルムシュタットから2017年夏にブレーメンに移籍したセントラルMFのゴンドルフは2017-18シーズン、ブンデスリーガ21試合に出場して1ゴールを記録していた。 ▽そのゴンドルフはフライブルクへの移籍について次のように述べている。 「フライブルクに加入できて嬉しいし、このクラブが抱く哲学や方向性という部分でも楽しみなところがあるよ。ここで何かやれる、僕はそう思うしそのために貢献していきたいと思う」 2018.06.08 00:30 Fri
twitterfacebook
thumb

前回の雪辱を…ブレーメンFW大迫勇也「そのための4年間」

▽日本サッカー協会(JFA)は31日、ロシア・ワールドカップ(W杯)に臨む代表メンバー23名を発表した。 ▽2大会連続でのW杯参加となるブレーメンFW大迫勇也。前大会では試合に出ながら何もできなかった悔しさをバネに、これまでの努力をぶつけたいという気持ちを語っている。 「ワールドカップ日本代表メンバーに選出されて大変光栄に思います。4年前ブラジルでは試合に出たものの、何もできなかった悔しさしかありません。その雪辱を晴らすために4年間努力を重ねてきました」 「ワールドカップで得点を取り、日本代表を勝利に導くことはサッカーをはじめた子どもの頃から持ち続けている目標です。この目標を実現できるように日本代表として、責任と誇りを持って戦いたいと思いますので応援宜しくお願いします」 2018.05.31 17:10 Thu
twitterfacebook
thumb

ドルトムントがついに“ファイタータイプ“を発見?ブレーメンのデラニーと個人合意か

ドルトムントは、ブレーメンのデンマーク代表MFトーマス・デラニーの獲得に迫っているようだ。ドイツ誌『シュポルト・ビルト』が伝えている。<br><br>以前からチームを引っ張るような闘争心の強い、&ldquo;ファイタータイプ&ldquo;の選手を求めていたドルトムントだが、ブレーメンをけん引するセントラルMFに動き出した模様だ。報道によれば、ドルトムントはすでに選手と個人合意に至ったという。<br><br>デラニーは2017年1月にFCコペンハーゲンからブレーメンに移籍。ドイツでは公式戦49試合に出場し7ゴール7アシストを記録している。早い時期からプレミアリーグ行きの可能性が取りざたされ、最近ではドルトムントのライバルであるシャルケからの興味も伝えられている。<br><br>移籍金は2000万~2500万ユーロ(約25億~31億円)程度になるとみられる26歳MFだが、ブレーメン側はデンマーク代表がW杯で市場価値を高めることに期待している様子だ。選手本人とは合意に至っているとされるも、クラブ間の合意はW杯でのパフォーマンス次第となるかもしれない。<br><br><br>提供:goal.com 2018.05.30 23:10 Wed
twitterfacebook


ロシアW杯

ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース