ヴァイザー弾を守り抜いたドイツが2009年以来2度目のU-21欧州選手権制覇!《U-21欧州選手権》2017.07.01 05:35 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽U-21欧州選手権2017決勝のU-21ドイツ代表vsU-21スペイン代表が30日に行われ、1-0で勝利したドイツが2009年ぶり2度目の優勝を飾った。

▽準決勝でPK戦の末にU-21イングランド代表に勝利したドイツは、準決勝からスタメンを2人変更。イングランド戦で負傷したダビー・ゼルケとギデオン・ユングに代えてミッチェル・ヴァイザーとニクラス・シュタルクを先発で起用。1トップのマキシアン・フィリップの後方にヴァイザー、マックス・マイヤー、アーノルド、ニャブリを並べた[4-1-4-1]の布陣を採用した。

▽一方、準決勝のU-21イタリア代表戦をサウールのハットトリックで完勝したスペインは、準決勝と全く同じ先発を採用。デウロフェウ、サンドロ・ラミレス、アセンシオが3トップを組む[4-3-3]の布陣で試合に臨んだ。

▽実力者同士の一戦は、比較的静かな立ち上がりとなった。この流れの中で開始7分に
バイタルエリア左でボールを受けたヤニック・ゲルハルトのクロスをボックス内に走り込んだM・マイヤーが頭で合わせたが、このシュートは左ポストを叩いた。

▽対するスペインは12分、左CKのこぼれ球を逆サイドで拾ったダニ・セバージョスがクロスを供給。これをゴール前のベジェリンがヘディングシュートを狙ったが、ボールはゴール左に逸れた。

▽両サイドを起点に攻撃を仕掛けるドイツは16分、M・マイヤーの左クロスをボックス内のニャブリが右足で収めると、ゴール左まで侵攻。角度のない位置から左足を振り抜いたが、これは左サイドネットに外れた。

▽一進一退の好勝負が続く中、ドイツが待望の先制点を奪う。40分、スローインの折り返しを受けたトルジャンが右サイド深くまで切り込みクロス。これをニアサイドのヴァイザーが頭で合わせると、ふわりと浮かせたヘディングシュートがゴール左隅に吸い込まれた。

▽ドイツの1点リードで迎えた後半、先に動いたのはスペイン。セラーデス監督は、50分にジョニーを下げてガヤを投入。すると58分、最終ラインからのロングフィードを最前線で受けたサウールが胸トラップからシュートに持ち込んだが、これはGKポラースベックのセーブに防がれる。

▽ピンチを凌いだドイツもすぐに反撃に転じる。61分、メレのクリアミスを奪ったM・マイヤーが素早く前線にスルーパスを供給すると、相手DFの裏に抜け出したニャブリがボックス左から侵入。ゴール左まで持ち上がりシュートを放ったが、これはGKアリザバラガのファインセーブに阻まれた。

▽1点を追うスペインは71分、サンドロ・ラミレスを下げてイニャキ・ウィリアムズを投入。すると直後の72分、中央突破でボックス手前まで持ちがあったダニ・セバージョスがミドルシュートを狙ったが、わずかに枠の左に逸れた。

▽試合終盤、ドイツは81分にニャブリを下げてアミリを投入。さらに83分にハベラーを下げてコール、87分にM・フィリップ下げてエツナリをピッチに送り出し逃げ切り態勢に入った。

▽結局、試合はそのまま1-0で終了。ヴァイザーのゴールを守り抜いたドイツが、2009年以来2度目の優勝を飾った。

◆決勝
U-21ドイツ 1-0 U-21スペイン
【U-21ドイツ】
ヴァイザー(40)

コメント

関連ニュース

thumb

現役引退のラームが最後にドイツ年間最優秀選手賞を初受賞

▽バイエルンは23日、2016-17シーズン限りで現役を引退した元ドイツ代表DFフィリップ・ラーム(33)が2017年のドイツ年間最優秀選手に選出された。ラームにとって現役ラストシーズンでの初受賞となった。 ▽ドイツ『キッカー』が主催となり、ドイツのスポーツジャーナリスト連盟(VDS)会員が投票を行うドイツ年間最優秀選手賞。ラームは242票を獲得し、2位のトニー・クロース(レアル・マドリー)の192票に50票差をつけて受賞となった。なお、3位にはドルトムントのガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤンが120票を獲得して入った。 ▽ラームは2004年に2位、2006年に3位と入賞していたが、その後は上位に入ることはなかったが、現役最後に見事に受賞した。 ▽ラームはブンデスリーガで8度の優勝を経験。DFBポカールで6度、チャンピオンズリーグで1度優勝している。 ▽今回の受賞についてラームは「大変な栄誉だ。本当にとても嬉しく思う。投票に際してドイツのスポーツジャーナリスト達は、僕の全キャリアを通して見てくれたのだろう」とコメントしている。 2017.07.23 23:23 Sun
twitterfacebook
thumb

チェルシー加入のドイツ代表DFリュディガーが来日! ナイキ主催のトレーニングセッションで指導!

▽15日、ナイキが主催するトレーニングセッションが千葉県内のグラウンドで行われた。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/cws20170715_2_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽ナイキが発売した新スパイク『ティエンポ レジェンド 7』を着用し、今夏ローマからチェルシーへと移籍したドイツ代表DFアントニオ・リュディガーがゲストコーチとして登場。「世界と戦うために必要なこと」をテーマに、トレーニングセッションを行った。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/cws20170715_3_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽トレーニングは、市立船橋高校サッカー部のBチーム、千葉トレセンU-12を対象に、2部構成で実施。市立船橋高校サッカー部は、攻撃と守備の2vs2からスタートした。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/cws20170715_4_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽選手たちのプレーぶりを見たリュディガーは途中でトレーニングを止めアドバイス。「5分間見ていて、体が強いなと思ったが、チャンスがあればボールを奪おうという姿勢は素晴らしい。抜かれた時は、GKと連携して外に追い出そうとしていた。頭を使ったプレーをしているのは素晴らしい」とコメント。選手たちに守り方のポイントを伝える熱心ぶりを見せた。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/cws20170715_5_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽その後は、6vs6のミニゲームを実施。そこでもリュディガーは「ビルドアップの時に自信を持っている。相手の動き、ポジショニングを見て自信を持ってプレーしているように見えた」と守りの動きだけでなく、準備を含めた動作を評価。さらに、「高いレベルのサッカーではディフェンダーが繋げることは当たり前になっている。そこで良い判断ができる方が上回ることになる」と、判断のスピードがディフェンスには重要であると語っていた。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/cws20170715_6_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽トレーニングセッションの最後には、「このようにみんなにアドバイスをする時間をくれてありがとう。次は上のステージで会いましょう」とコメント。「常にハードワークを忘れないこと、そして相手やチームメイト、コーチなどにも敬意を払って取り組んでほしい」とメッセージを与え、全選手と握手をして周り、トレーニングセッションが終了した。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/cws20170715_7_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽その後、千葉トレセンの小学生に向けたトレーニングセッションも実施。1vs1のトレーニングを行なった際にリュディガーは守り方を実演。対戦相手の小学生の動きを見た瞬間「彼は左利きか?」と質問すると、実際に左利きであり、「ディフェンダーは相手の利き足を瞬時に判断することが大事だ」とコメント。「彼の利き足が左とわかった瞬間に、左足を使わせないようにワンサイドを切ってしまう。ただ、逆サイドを開けすぎてはダメだ」と語り、実際に守り方を見せていた。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/cws20170715_8_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽リュディガーは、2つのトレーニングセッションを合わせて、約2時間指導。高校生、小学生とそれぞれに合わせたアドバイスに、選手たちは熱心に耳を傾けていた。 2017.07.15 22:30 Sat
twitterfacebook
thumb

ホッフェンハイム、コンフェデ優勝のドイツ代表FWワグナーと2020年まで契約延長

▽ホッフェンハイムは9日、ドイツ代表FWサンドロ・ワグナー(29)との契約延長を発表した。新たな契約期間は2020年6月30日までとなる。 ▽バイエルンやブレーメンなど、国内クラブを渡り歩いたワグナーは、2016年の夏にダルムシュタットからホッフェンハイムに加入。加入初年度となった2016-17シーズンは主力としてリーグ戦31試合に出場し11ゴール4アシストを記録した。 ▽また、2017年5月にドイツ代表に初招集されると、ドイツが優勝を飾ったコンフェデレーションズカップ2017にも出場。オーストラリア代表戦に出場した。 ▽ワグナーは契約延長について公式サイトで次のように話した。 「ホッフェンハイムと新たな契約を結べて嬉しいよ。これからも成長を続けるクラブを助けたいと思っている」 「ホッフェンハイムは野心的なクラブだ。来シーズンは初めてヨーロッパリーグにも挑戦する。僕は早くチームに合流したいんだ。プレシーズンでのプレーが待ちきれないよ」 2017.07.10 00:01 Mon
twitterfacebook
thumb

【六川亨の日本サッカー見聞録】コンフェデ杯やはり最後に勝つのはドイツだった

▽ロシアで開催されたコンフェデ杯は、世界王者のドイツが南米チャンピオンのチリを1-0で下して初優勝を飾った。結果こそ順当だが、ドイツは平均年齢24歳と“代表Bチーム"の布陣。リーグ戦が終わったばかりの開催とあって、主力抜きでの快挙だった。 ▽ドイツといえば、96年のEUROで優勝した際に、開催国の解説者を務めたガリー・リネカーが「サッカーは11人でやるスポーツだが、最後に勝つのはドイツだ」と名言を残した。それだけ強さの際立つ国でもあった。 ▽古くは66年イングランドW杯で準優勝すると、70年メキシコW杯は3位。74年に自国で開催したW杯で2度目の優勝を遂げる。78年アルゼンチン大会でベスト8に終わると、フォクツ監督は批判にさらされた。それでも82年スペインW杯と86年メキシコW杯は準優勝。そして90年イタリアW杯では3度目の優勝を果たす。 ▽94年アメリカW杯と98年フランスW杯は、いずれもベスト8で敗退。さらに00年のEUROはグループリーグで敗退すると、サッカー大国の威信をかけて「自国選手の育成プログラム」を立ち上げ、長期的な強化に取り組んだ。 ▽とはいえ、2年後の日韓W杯で準優勝すると、06年の自国開催となったW杯でも3位となりクローゼが得点王を獲得。10年南アW杯も3位でトーマス・ミュラーが得点王と、それなりに安定した成績を残している。 ▽それでもドイツにとって、W杯やEUROでベスト8や3位では満足のできる成績ではなかったのだろう。日本だけでなく、ブラジル以外の国からすれば羨ましくなるほど高い目標設置だ。そして14年ブラジルW杯では王国を粉砕して4度目の世界王者に輝く。コンフェデ杯優勝はW杯連覇への“足慣らし"といったところだろうか。 ▽さて、そのコンフェデ杯だが、今大会を最後に大会方式の見直しが検討されている。夏の開催だと今回のドイツのように、“2軍"チームを送り込んでくる可能性が広まるのと、次回のW杯はカタール開催のため、コンフェデ杯もW杯同様に11月~12月開催になることが予想されているからだ。 ▽国内リーグの日程を2年連続して秋春から、春秋開催に変更することへの抵抗感。それにともなうCLやELの日程調整など、ヨーロッパの国々からすれば大きな負担になる。一番手っ取り早い解決策は、最近もFIFAの内部調査で招致に疑惑のあったカタール開催を取りやめ、招致に手を上げた日本やアメリカで開催すること。 ▽しかし、それも早く決めないと代替国の準備は間に合わない。さらに現在のカタールは、政治的・宗教的な対立からサウジアラビアを始めUAEなど中東5カ国から国交を断絶され、人的にも物資的にも交流が滞っていると聞く。まだ22年のW杯まで5年の猶予があるものの、果たして間に合うのか。最近のFIFAは民主的になったものの、以前のような強力なリーダーシップを発揮できていない印象があるだけに、こちらも気になるところだ。<hr>【六川亨】1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた、博識ジャーナリストである。 2017.07.06 13:08 Thu
twitterfacebook
thumb

若手主体でコンフェデ杯を制したドイツ代表レーブ監督「素晴らしい選手を見つけることができた」

▽コンフェデレーションズカップ2017を制したドイツ代表のヨアヒム・レーブ監督が、決勝戦後にコメント。チリ代表戦を振り返った。FIFA公式サイトが伝えた。 ▽主力の多くを休ませ、若手中心で今大会に臨んだレーブ監督率いるドイツ代表。決勝まで駒を進め、コパ・アメリカを連覇しているチリ代表との決勝は、20分に決まったシュティンドルのゴールを守り切り、0-1で勝利した。 ▽レーブ監督は試合後にチリ戦を振り返り、選手たちのパフォーマンスを評価。今大会を通じて新たな戦力の発掘ができたと喜びを語っている。 「これは疑いの余地がない喜びだ。我々は3週間にわたって、信じられないほど上手くプレーしてきた。今日はピッチ上全ての場所で戦っていた」 「選手たちは素晴らしく、私はとても誇りに思っている。決勝はなにか魔法がかかったようだった。多くの選手はこれまでに決勝に進んだことはなかったし、彼らの人生において忘れられない瞬間になっただろう」 「後半は厳しい試合になった。チリはどのようにプレーすべきか分かっていたが、我々の選手たちは体を投げ出していた」 「ここに居る全選手は、コンフェデレーションズカップの前よりも、より良い可能性を持っている。それは我々のためになる。とても素晴らしい選手を見つけることができたよ」 2017.07.03 11:23 Mon
twitterfacebook


PUMA ONE特集
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース