ヴァイザー弾を守り抜いたドイツが2009年以来2度目のU-21欧州選手権制覇!《U-21欧州選手権》2017.07.01 05:35 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽U-21欧州選手権2017決勝のU-21ドイツ代表vsU-21スペイン代表が30日に行われ、1-0で勝利したドイツが2009年ぶり2度目の優勝を飾った。

▽準決勝でPK戦の末にU-21イングランド代表に勝利したドイツは、準決勝からスタメンを2人変更。イングランド戦で負傷したダビー・ゼルケとギデオン・ユングに代えてミッチェル・ヴァイザーとニクラス・シュタルクを先発で起用。1トップのマキシアン・フィリップの後方にヴァイザー、マックス・マイヤー、アーノルド、ニャブリを並べた[4-1-4-1]の布陣を採用した。

▽一方、準決勝のU-21イタリア代表戦をサウールのハットトリックで完勝したスペインは、準決勝と全く同じ先発を採用。デウロフェウ、サンドロ・ラミレス、アセンシオが3トップを組む[4-3-3]の布陣で試合に臨んだ。

▽実力者同士の一戦は、比較的静かな立ち上がりとなった。この流れの中で開始7分に
バイタルエリア左でボールを受けたヤニック・ゲルハルトのクロスをボックス内に走り込んだM・マイヤーが頭で合わせたが、このシュートは左ポストを叩いた。

▽対するスペインは12分、左CKのこぼれ球を逆サイドで拾ったダニ・セバージョスがクロスを供給。これをゴール前のベジェリンがヘディングシュートを狙ったが、ボールはゴール左に逸れた。

▽両サイドを起点に攻撃を仕掛けるドイツは16分、M・マイヤーの左クロスをボックス内のニャブリが右足で収めると、ゴール左まで侵攻。角度のない位置から左足を振り抜いたが、これは左サイドネットに外れた。

▽一進一退の好勝負が続く中、ドイツが待望の先制点を奪う。40分、スローインの折り返しを受けたトルジャンが右サイド深くまで切り込みクロス。これをニアサイドのヴァイザーが頭で合わせると、ふわりと浮かせたヘディングシュートがゴール左隅に吸い込まれた。

▽ドイツの1点リードで迎えた後半、先に動いたのはスペイン。セラーデス監督は、50分にジョニーを下げてガヤを投入。すると58分、最終ラインからのロングフィードを最前線で受けたサウールが胸トラップからシュートに持ち込んだが、これはGKポラースベックのセーブに防がれる。

▽ピンチを凌いだドイツもすぐに反撃に転じる。61分、メレのクリアミスを奪ったM・マイヤーが素早く前線にスルーパスを供給すると、相手DFの裏に抜け出したニャブリがボックス左から侵入。ゴール左まで持ち上がりシュートを放ったが、これはGKアリザバラガのファインセーブに阻まれた。

▽1点を追うスペインは71分、サンドロ・ラミレスを下げてイニャキ・ウィリアムズを投入。すると直後の72分、中央突破でボックス手前まで持ちがあったダニ・セバージョスがミドルシュートを狙ったが、わずかに枠の左に逸れた。

▽試合終盤、ドイツは81分にニャブリを下げてアミリを投入。さらに83分にハベラーを下げてコール、87分にM・フィリップ下げてエツナリをピッチに送り出し逃げ切り態勢に入った。

▽結局、試合はそのまま1-0で終了。ヴァイザーのゴールを守り抜いたドイツが、2009年以来2度目の優勝を飾った。

◆決勝
U-21ドイツ 1-0 U-21スペイン
【U-21ドイツ】
ヴァイザー(40)

コメント

関連ニュース

thumb

モウリーニョが各リーグの魅力語る! 伊は「C・ロナウド」、西は「メッシ」で英は…

▽マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督が、プレミアリーグこそ最高だと語った。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』の記事を、スペイン『マルカ』が引用している。 ▽母国のベンフィカで指揮官としてのキャリアをスタートさせたモウリーニョ監督は、2003-04シーズンにポルトを率いてチャンピオンズリーグ(CL)制覇を達成し、世界的名将として知られることに。続くチェルシー時代はCLこそ優勝できなかったもののプレミアを連覇、インテル時代の2009-10シーズンにはイタリア史上初の三冠(CL、セリエA、コッパ・イタリア)にチームを導いた。 ▽2010年夏に就任したレアル・マドリーでは、2011-12シーズンにリーガエスパニョーラを制覇。欧州3大リーグで優勝を成し遂げた史上初の監督となった。マドリー指揮官退任後、チェルシーでの2度目の政権を経て、現在ではマンチェスター・ユナイテッドで采配を振るっている。 ▽数々のリーグで優勝を経験しているモウリーニョ監督が、どのリーグが最高かという質問に以下のような見解を示した。 「プレミアリーグは、ベストの選手たちが同居する最も競争力のあるリーグだ」 「3つの次元がある。人々は(クリスティアーノ・)ロナウドを目的にイタリアを観るし、プレミアリーグを観るならばベストのリーグであることが理由だ。そしてスペインなら(リオネル・)メッシのためだね」 「ユベントスの今回の(C・ロナウドの)移籍を祝福する。フットボール面でも、広告面でも、そしてマーケティング面でもね」 ▽なお、今回話に挙がっていないブンデスリーグについては、モウリーニョ監督は2013年に「興味がない。私がドイツで指揮を執ることはない」とコメントしていた。 2018.07.17 22:45 Tue
twitterfacebook
thumb

【超WS選定ロシアW杯ワーストイレブン】連覇逃したドイツから最多4選手…ポーランドのエースFWも

▽ロシア・ワールドカップの準決勝が終了し、残すは決勝と3位決定戦の2試合のみに。超WS編集部が今大会を通じて期待を大きく裏切ったワーストイレブンを紹介する。 ◆寸評 GKダビド・デ・ヘア(スペイン) ▽ユナイテッドとは別人の低調な出来に。ユナイテッドでは聖ダビドと評される圧巻のパフォーマンスを披露するデ・ヘアだが、ラ・ロハでは大会直前からミスが目立つと、ポルトガル戦では失点に絡む痛恨のミスを犯した。その後も細かいミスが目立つ一方、ユナイテッドで見せるような神通力は一度も発揮できず、多くの批判に晒される中で大会を終えることに。アルゼンチンGKカバジェロも酷かったが、期待値を考えればワーストはスペインの守護神で致し方ない。 DFジェローム・ボアテング(ドイツ) ▽コンディション不良顕著で精彩欠く。バイエルンでのシーズン終盤に痛めた筋肉系のケガの影響か、メキシコ戦、スウェーデン戦共に無理が利かない様子が散見。加えて、前線や中盤の守備のリスク管理の甘さから難しいカウンターへの対応を強いられ、スウェーデン戦では退場する散々な内容だった。 DFチャン・ヒョンス(韓国) ▽最終節で意地を見せたが低調なパフォーマンスで批判の的に。センターバックでプレーした初戦と第2戦では不用意なハンドによるPK献上など、著しく安定感を欠くプレーで戦犯に。中盤でプレーした最終節のドイツ戦ではまずまずのプレーを見せたが、全体的なパフォーマンスを考えれば厳しい評価は避けられないところだ。 DFニコラス・タグリアフィコ(アルゼンチン) ▽サンパオリ監督の抜擢に応えられず。今大会全試合でプレーをしたものの、攻守両面で説得力のあるパフォーマンスを見せることができなかった。なかなか特長が分かり辛かった中、ラウンド16のフランス戦では対面のムバッペに為すすべなく蹂躙された。 MFサミ・ケディラ(ドイツ) ▽攻守両面でクオリティを欠く。前回大会の主力として大きな期待を集めたものの、攻守両面で低調なプレーに終始。ボールを持てばミスや意図のないプレーが目立ち、守備では切り替えやリスク管理を怠るプレーで最終ラインに余計な負担をかけるなど、チームの足を大いに引っ張った。 MFハビエル・マスチェラーノ(アルゼンチン) ▽気迫を見せるも身体と技術が付いてこなかった。今大会のためにバルセロナを離れて中国行きを決断したものの、レベルの落ちるリーグでプレーした影響か全盛期からは程遠いプレーに。ナイジェリア戦ではPKこそ与えたものの良いパフォーマンスを見せられたが、それ以外の試合では不用意なパスミスや相手のスピードに振り切られる場面が目立った。 MFメスト・エジル(ドイツ) ▽今大会のワーストプレーヤー。元々のコンディション不良に加え、ギュンドアンと共に起こした政治的な問題の影響で心身ともに戦える状況ではなかった。90分間存在感を示すタイプのプレーヤーではないが、消えている時間の多さに加えて攻撃面でほぼ何の見せ場も作れなかった。 MFピオトル・ジエリンスキ(ポーランド) ▽今大会のブレイク候補も全く輝けず。レヴァンドフスキと共に攻撃面の中心を担うことが期待されたものの、チーム全体の不調に引きずられる形で低調な出来に終始。持ち味のダイナミズムや攻撃センスは全く影を潜めたうえ、守備の局面での淡白さも目立った。 FWニコラ・カリニッチ(クロアチア) ▽今大会大躍進のクロアチアで蚊帳の外に。予選ではマンジュキッチと共に前線の主軸を担うもミランでの不振の影響もあって大会直前に控えに転落。そして、ナイジェリアとの初戦では交代出場を拒否して代表追放に。決勝トーナメントに入って3戦連続延長戦を戦い疲労困憊のチームにあって重要な登録枠を無駄にした罪は重すぎる。 FWロベルト・レヴァンドフスキ(ポーランド) ▽大会得点王はおろか1ゴールも奪えず。今大会得点王候補として挙げられたものの、相手の徹底マークに遭い、グループリーグを通じてほぼ何もできなかった。もちろん、チーム全体の機能不全で孤立を強いられた面はあったが、日本DF吉田に「やる気が感じられなかった」と指摘されたように覇気のなさも目に付いた。 FWティモ・ヴェルナー(ドイツ) ▽エースストライカーの役目を果たせず。今大会でエースの役割を期待された若きストライカーだったが、スペースを必要とするプレースタイルの影響もあって徹底的に引いてスペースを消す相手の守備を前に存在感を示せず。左ウイングへのポジション変更で見せ場は作ったものの、相手に脅威を与えるようなプレーはほとんど出せなかった。 2018.07.13 18:01 Fri
twitterfacebook
thumb

ラーム、エジル批判に反論…ドイツサッカー連盟に提起した問題とは?

ドイツ代表はロシア・ワールドカップ(W杯)で史上初のグループステージ敗退を経験。ドイツサッカー連盟(DFB)側からメスト・エジルに批判的な言葉が向けられたが、元ドイツ代表のフィリップ・ラーム氏は2014年大会ではともに栄光を手にした同選手を擁護した。<br><br>W杯でまさかのグループステージ敗退に終わったドイツ。国内では直後から論争が巻き起こり、ヨアヒム・レーブ監督のメンバー選びやチーム構成、2014年大会と昨年のコンフェデレーションズカップでそれぞれ優勝に貢献した選手たちの不仲、ハングリー精神の欠如などが敗因に挙げられている。<br><br>そんな中、大会前から尾を引いているのはトルコ系ドイツ人のエジルとイルカイ・ギュンドアンの行動。2人はそれぞれドイツで人権問題などで批判されるトルコのレジェップ・タイイップ・エルドアン大統領と写真を撮り、その政権を支持しているような印象を与えた。また、ギュンドアンはその行為について説明したものの、エジルは無言を貫き、それがチーム内の雰囲気を悪化させた一因だとも指摘され続けている。<br><br>ドイツ代表チームマネージャーを務めるオリバー・ビアホフ氏はそのエジルの姿勢に先日苦言を呈すると、その後DFBのラインハルト・グリンデル会長も同選手を批判し、公のコメントを求めた。<br><br>一方、ラーム氏は責任はこの問題に関して事前に対応し切れなかった連盟側にあると考えているようだ。ドイツ誌『ツァイト』で「(DFBは)常にすべての選手に自分たちが何を象徴するのかを伝えてきたのかが問題。自分は少なくとも今後はそうしなければいけないと考える」と述べ、これまでの対応についても「おそらくもっと上手くやれただろう」と続けた。<br><br>「今は分析をする時期。ピッチ内でのパフォーマンス、あの出来事での対応も含めてね」とも話すラーム氏だが、自身が現役時代キャプテンとしてけん引した代表チームでのエジルについては「チーム内ではいつも完璧に振舞い、とても協力的だった。ドイツの多くの人びとが代表チームとの一体感を覚えたのは彼のおかげでもあるよ」と擁護した。<br><br>提供:goal.com 2018.07.12 23:51 Thu
twitterfacebook
thumb

ヴェンゲルが考えるW杯でのエジル不調の原因「ハンドブレーキを引いたままプレーしていた」

元アーセナル監督のアーセン・ヴェンゲル氏はロシア・ワールドカップでドイツ代表MFメスト・エジルが見せたプレーが本来の姿からはかけ離れていたと『beINスポーツ』に語った。<br><br>前回大会王者として連覇の期待が掛かっていたドイツは、まさかのグループステージ敗退。低調なパファーマンスを見せたチームの司令塔であるエジルには多くの批判が浴びせられている。<br><br>エジルとイルカイ・ギュンドアンは開幕前、人権問題など批判の集まるトルコのレジェップ・タイイップ・エルドアン大統領と面会したことがドイツ国内で大きな問題となっており、ヴェンゲル氏はピッチ外での騒動がパフォーマンスに影響を与えたと語った。<br><br>「エジルについてはよく知っている。彼は別格の選手さ。しかし、彼とギュンドアンはW杯開幕前に起きた出来事に苦しんだようだ」<br><br>アーセナル時代の恩師の目には、ドイツ代表の司令塔がロシアでは非常に消極的に見えたようだ。<br><br>「彼のプレーを見た時、もっとゴールに向かってプレーできた場面が何度もあった」<br><br>「安全にプレーしていたんだ。そのとき『どうした! それは本当のエジルじゃないだろう』と思ったよ。私の知っている彼は決定的な仕事ができる男だ。そこそこのプレーをしていたけど、自由にプレーしていなかった。ハンドブレーキを引いたままプレーしていた。そしてギュンドアンはまったく良いプレーをしていなかったが、彼は素晴らしい選手なんだ」<br><br> <br>提供:goal.com 2018.07.12 01:10 Thu
twitterfacebook
thumb

今日の誕生日は誰だ! 7月10日は、ドイツが誇る本格派ストライカーのバースデー

◆マリオ・ゴメス 【Profile】 国籍:ドイツ クラブ:シュツットガルト 誕生日:1985年7月10日 ポジション:FW 身長:189㎝ 体重:88㎏ ▽『今日の誕生日は誰だ!』 7月10日は、ドイツ代表FWマリオ・ゴメスだ。 ▽今年冬に約8年半ぶりに古巣シュツットガルトに復帰したマリオ・ゴメスは、これまでバイエルンやフィオレンティーナ、ベシクタシュ、ヴォルスフブルクでプレー。スペインにルーツを持つドイツ人であり、長らくパワフルかつ柔軟性を兼備する本格派ストライカーとして名を馳せる。 ▽2007年にデビューした代表キャリアにおいては、2014年のブラジル・ワールドカップ(W杯)行きこそ逃したものの、3月に代表復帰すると、ロシアW杯で自身2度目のメンバー入り。グループステージ敗退という散々な結果に終わったドイツ代表の一員として、全3試合に途中出場した。 ※誕生日が同じ主な著名人 ガビ(サッカー選手/アル・サッド) パク・チュヨン(サッカー選手/FCソウル) 中村北斗(サッカー選手/V・ファーレン長崎) 角田誠(サッカー選手/清水エスパルス) 山本海人(サッカー選手/横浜FC) リュドヴィク・ジュリ(元サッカー選手) 前田敦子(女優) 田中圭(俳優) 沢村一樹(俳優) 小泉孝太郎(俳優) 2018.07.10 07:00 Tue
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース