ヴァイザー弾を守り抜いたドイツが2009年以来2度目のU-21欧州選手権制覇!《U-21欧州選手権》2017.07.01 05:35 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽U-21欧州選手権2017決勝のU-21ドイツ代表vsU-21スペイン代表が30日に行われ、1-0で勝利したドイツが2009年ぶり2度目の優勝を飾った。

▽準決勝でPK戦の末にU-21イングランド代表に勝利したドイツは、準決勝からスタメンを2人変更。イングランド戦で負傷したダビー・ゼルケとギデオン・ユングに代えてミッチェル・ヴァイザーとニクラス・シュタルクを先発で起用。1トップのマキシアン・フィリップの後方にヴァイザー、マックス・マイヤー、アーノルド、ニャブリを並べた[4-1-4-1]の布陣を採用した。

▽一方、準決勝のU-21イタリア代表戦をサウールのハットトリックで完勝したスペインは、準決勝と全く同じ先発を採用。デウロフェウ、サンドロ・ラミレス、アセンシオが3トップを組む[4-3-3]の布陣で試合に臨んだ。

▽実力者同士の一戦は、比較的静かな立ち上がりとなった。この流れの中で開始7分に
バイタルエリア左でボールを受けたヤニック・ゲルハルトのクロスをボックス内に走り込んだM・マイヤーが頭で合わせたが、このシュートは左ポストを叩いた。

▽対するスペインは12分、左CKのこぼれ球を逆サイドで拾ったダニ・セバージョスがクロスを供給。これをゴール前のベジェリンがヘディングシュートを狙ったが、ボールはゴール左に逸れた。

▽両サイドを起点に攻撃を仕掛けるドイツは16分、M・マイヤーの左クロスをボックス内のニャブリが右足で収めると、ゴール左まで侵攻。角度のない位置から左足を振り抜いたが、これは左サイドネットに外れた。

▽一進一退の好勝負が続く中、ドイツが待望の先制点を奪う。40分、スローインの折り返しを受けたトルジャンが右サイド深くまで切り込みクロス。これをニアサイドのヴァイザーが頭で合わせると、ふわりと浮かせたヘディングシュートがゴール左隅に吸い込まれた。

▽ドイツの1点リードで迎えた後半、先に動いたのはスペイン。セラーデス監督は、50分にジョニーを下げてガヤを投入。すると58分、最終ラインからのロングフィードを最前線で受けたサウールが胸トラップからシュートに持ち込んだが、これはGKポラースベックのセーブに防がれる。

▽ピンチを凌いだドイツもすぐに反撃に転じる。61分、メレのクリアミスを奪ったM・マイヤーが素早く前線にスルーパスを供給すると、相手DFの裏に抜け出したニャブリがボックス左から侵入。ゴール左まで持ち上がりシュートを放ったが、これはGKアリザバラガのファインセーブに阻まれた。

▽1点を追うスペインは71分、サンドロ・ラミレスを下げてイニャキ・ウィリアムズを投入。すると直後の72分、中央突破でボックス手前まで持ちがあったダニ・セバージョスがミドルシュートを狙ったが、わずかに枠の左に逸れた。

▽試合終盤、ドイツは81分にニャブリを下げてアミリを投入。さらに83分にハベラーを下げてコール、87分にM・フィリップ下げてエツナリをピッチに送り出し逃げ切り態勢に入った。

▽結局、試合はそのまま1-0で終了。ヴァイザーのゴールを守り抜いたドイツが、2009年以来2度目の優勝を飾った。

◆決勝
U-21ドイツ 1-0 U-21スペイン
【U-21ドイツ】
ヴァイザー(40)

コメント

関連ニュース

thumb

日本はポット4が濃厚…ポット3入りの条件は4つ

▽国際サッカー連盟(FIFA)は16日、10月のFIFAランキングを発表した。日本は前回より4つランクを下げ、44位となった。 ▽今回のFIFAランキングは、12月1日に行われる、ロシア・ワールドカップの組み合わせ抽選会のポット分けに影響する。ポット分けはFIFAランキングの上位から8カ国ずつが4つ分類され、開催国であるロシア(65位)のみ、FIFAランキングに関係なくポット1に入る。 ▽現時点で出場32カ国中、出場が決定しているのは23カ国。ここに、アフリカ予選の残り3カ国、欧州予選のプレーオフを勝ち抜く4カ国、南米5位のペルーvsオセアニア王者のニュージーランド、北中米カリブ海4位のホンジュラスvsアジアPOを勝ち抜いたオーストラリアの勝者の9カ国が加わることとなる。 ▽今回発表されたランキングを元にポット分けを予想すると、日本は限りなくポット4に入ることとなるだろう。出場が確定している国で、日本よりFIFAランキングが低いのは、パナマ(49位)、韓国(62位)、サウジアラビア(63位)の3カ国のみ。また、アフリカ予選で同グループのモロッコ(48位)、コートジボワール(61位)は、どちらが出場となっても日本よりランキングは下となる。日本以下のW杯出場国(可能性がある国を含む)のランキングは以下の通り。 ◆FIFAランキング 44.日本 47.ギリシャ※1 48.モロッコ※2 49.パナマ 55.ブルキナファソ※3 61.コートジボワール※2 62.韓国 63.サウジアラビア 64.カーボベルデ※3 69.ホンジュラス※4 74.南アフリカ※3 122.ニュージーランド※5 ※1…欧州予選プレーオフ ※2…アフリカ予選で同グループ ※3…アフリカ予選で同グループ。32位のセネガルが首位 ※4…43位のオーストラリアとの大陸間プレーオフ ※5…10位のペルーとの大陸間プレーオフ ▽上記の通り、日本はギリギリでポット3に入る可能性が残されている。しかし、下記の4つの条件が揃わない限り、日本はポット4入りが決定する。 1.ギリシャが欧州予選プレーオフを勝ち抜く 2.ニュージーランドが大陸間プレーオフを勝ち抜く 3.ホンジュラスが大陸間プレーをオフを勝ち抜く 4.アフリカグループDでブルキナファソ or カーボベルデ or 南アフリカが首位 ▽欧州予選プレーオフギリシャの相手になるのは、スイス(11位)、イタリア(15位)、クロアチア(18位)、デンマーク(19位)の4カ国。いずれも強敵だ。 ▽ニュージーランドの大陸間プレーオフの相手は南米5位で、FIFAランキング10位のペルー。2010年の南アフリカW杯は、バーレーンとの大陸間プレーオフを制して、本大会出場を決めている。2014年のブラジルW杯はメキシコとの大陸間プレーオフに敗れて出場はならなかったが、今回はどうなるのか。 ▽ホンジュラスの相手は、日本とアジア予選を戦った43位のオーストラリアだ。どちらも連続でのW杯出場を目指している。拮抗した試合になる可能性が高い。 ▽そしてアフリカ予選グループDは、セネガルが2試合を残して勝ち点差2の首位。セネガルの残り2試合は最下位の南アフリカだが、南アフリカも連勝すれば逆転でのW杯出場の可能性がある。 ▽4つの条件を満たす可能性はゼロではないが、1つでも達成されなければポット4となる。果たしてどのような結果になるのか。11月のW杯予選、プレーオフで全てが決着する。 2017.10.16 19:25 Mon
twitterfacebook
thumb

アーセナルに悲報…主力のムスタフィが代表戦で負傷で長期離脱の可能性も

▽アーセナルのドイツ代表DFシュコドラン・ムスタフィが、代表戦で負傷した。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 ▽すでにロシア・ワールドカップ出場を決めているドイツは8日、欧州予選グループC最終節でホームにアゼルバイジャン代表を迎えた。先発出場となったムスタフィは、3バックの中央でプレー。すると34分にボールを追いかけた場面で負傷。そのままピッチを出て、ギンターとの交代を余儀なくされた。なお、チームは5-1で勝利している。 ▽『スカイ・スポーツ』によれば、ムスタフィは右足のそ径部と太ももに違和感があるとしている。しかしドイツ代表を率いるヨアヒム・レーブ監督はさらに悪い状況もあり得ると口にした。 「どちらにせよ悪い状況に見える。最悪の場合はじん帯を切っているかもしれない。今はドクターの診断を待っているが、おそらく離脱は免れない」 ▽今シーズンのムスタフィはアーセナルで主力として活躍。プレミアリーグでは5試合に先発出場を果たすなど、守備の要としてプレーしている。しかし14日に行われるプレミアリーグ第8節のワトフォード戦は欠場が決定的となっている。 2017.10.09 08:35 Mon
twitterfacebook
thumb

ゴレツカ2G&ジャン代表初弾などで5発圧勝のドイツが予選10戦全勝を達成! 《ロシアW杯欧州予選》

▽ロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選グループC最終節の3試合が8日に行われた。 ▽9連勝でW杯本大会の出場を確定させている首位のドイツ代表(勝ち点27)は、5位アゼルバイジャン代表(勝ち点10)をホームに迎え、5-1で勝利した。 ▽ここまでの予選で他チームを圧倒しているブラジルW杯王者のドイツは、この試合で[3-5-2]を採用。GKにレノ、3バックにジューレ、ムスタフィ、キミッヒを配置し、中盤底の位置にジャン、2列目にL・ザネ、ミュラー、ゴレツカ、ブラントを起用、2トップにはシュティンドルとワグナーが入った。 ▽試合は開始からほぼアゼルバイジャン陣内で展開されると、9分にドイツが得た右CKの場面で早くもスコアが動く。ボックス内に蹴りこまれたクロスが混戦を呼び込むと、ボールはゴレツカの下に。ゴールに対して背中を向けていたが、相手の虚を突いたヒールシュートでネットを揺らした。 ▽アゼルバイジャンは失点後、やや盛り返したものの得点には至らず。ドイツはややペースダウンしたものの、31分にボックス内右を突破したミュラーが、中央でフリーとなっていたワグナーに折り返す。GKとの一対一は阻まれたものの要所で怖さをみせ、相手ゴールを脅かした。 ▽ドイツが好機を逸した直後の34分、アゼルバイジャンが貴重な同点ゴールを奪う。カウンターの場面で、ボールを追ったムスタフィが負傷して倒れ込む。プレーが続行されると最前線のシェイダイェフが抜け出し、ボックス内左に侵攻し、素早い切り返しから左足を一閃。ニアを抜き、チャンスをものにした。 ▽ディフェンスラインの中央に入っていたムスタフィは、プレーに復帰することはできず。36分に、ギンターとの交代でピッチを退くこととなった。不運なアクシデントに見舞われたドイツは、勝ち越しを目指したものの前半のうちに追いつくことはなく、試合を折り返した。 ▽後半開始早々の47分には、キミッヒの縦パスに受けたブラントがワントラップで抜け出しGKとの一対一を迎えたが、決め切れず。それでも55分、ブラントが右からのクロスを上げると、ファーで構えていたワグナーがヘディングシュート。これがゴールラインを割り、ドイツ待望の勝ち越しゴールとなった。 ▽悪い時間帯を乗り切ったドイツは、64分にも得点を追加。左CKのキッカーを務めるキミッヒがクロスを供給すると、ファーで待つ途中出場のリュディガーが高い打点のヘッドでネットを揺らした。さらに66分、ザネのボックス左からの折り返しにゴレツカが合わせて、この日の2得点目をマークした。 ▽その後、82分にはジャンが代表初得点となるミドルシュートを突き刺し、ドイツの5点目とした。試合はここで終了し、後半に一挙4得点のゴールラッシュを演じたドイツが圧勝という結果に。予選10戦全勝を飾り、ロシアで行われる本大会に乗り込むこととなった。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171009_6_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> ▽また、試合前の時点で2位でのプレーオフ進出を確定させた北アイルランド代表(勝ち点19)は、4位ノルウェー代表(勝ち点10)のホームに乗り込み、1-0で敗北した。 ▽序盤からボールを保持するノルウェーに対して、北アイルランドは自陣に2ラインを引いて対応。36分には右CKのこぼれ球を拾ったメリングが大胆にミドルシュートを放ったが、大きく枠を外れた。試合はスコアレスで折り返すことに。 ▽後半に入ると、北アイルランドは均衡を破る得点を許した。71分、ショートカウンターの場面でヨハンセンが左からクロスを上げると、ボールはGKの頭上を通過。右のポスト付近でカバーしていたDFブラントがクリアを行ったところ、これがネットに突き刺さりオウンゴールとなった。 ▽結局、試合はノルウェーがこの1点を守り抜き終了。既に敗退が決まっているノルウェーが、プレーオフ進出の北アイルランドに一矢報いる形で最終予選を終えることとなった。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171009_6_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> ▽既に両チームともに予選敗退が決まっている、3位チェコ代表(勝ち点12)と最下位サンマリノ代表(勝ち点0)の対戦では、5-0でチェコが勝利した。 ▽8分にボックス内左に侵攻したヤンクトが中央に折り返し、クルメンチク冷静に押し込んでチェコが先制。23分にもクルメンチクが追加点を決めると、27分にはコピツが味方のクロスに足で合わせて3点目とした。 ▽大量リードで試合を折り返したチェコは、後半に入っても追加点手を緩めなかった。71分、カウンターの流れでドチカルから浮き球のパスを受けたクリメントが、胸でボックス内にラストパス。ボックス内左に抜け出したノバクが確実に決めた。 ▽さらに83分には、V・カドレツがチームの5点目を奪取。そして、チェコの大量リードとなった試合はここで終了。チェコは予選敗退となっているものの、最終節で大勝を果たし、有終の美を飾った。また、サンマリノは10戦全敗での予選敗退となった。 ◆ロシアW杯欧州予選グループC最終順位 (勝ち点、得点、失点、得失点差) 1.ドイツ 30pts 43得点 4失点 +39 2.北アイルランド 19pts 17得点 6失点 +11 3.チェコ 15pts 17得点 10失点 +7 4.ノルウェー 13pts 17得点 16失点 +1 5.アゼルバイジャン 10pts 10得点 19失点 -9 6.サンマリノ 0pts 2得点 51失点 -49 ※1位ドイツが本大会出場。2位北アイルランドはプレーオフ進出決定 2017.10.09 06:20 Mon
twitterfacebook
thumb

9連勝でW杯出場決定のドイツ代表からMFクロースが離脱《ロシアW杯欧州予選》

▽ドイツサッカー協会(DFB)は6日、同国代表のレアル・マドリーMFトニ・クロースが離脱することを発表した。胸部に違和感を抱えており、予防措置としての判断だとのことだ。 ▽ドイツは5日、ロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選グループC第9節の北アイルランド代表戦に臨み、3-1で勝利。この結果、W杯本大会の出場権を獲得することとなった。 ▽しかし、その試合で先発出場したクロースは、胸部に違和感を覚えており、8日に行われるアゼルバイジャン代表戦の出場を断念。欧州予選での全勝達成に向けた試合を待たずして、大事をとり代表チームを離脱することになった。 ▽クロースは、6日に代表チームが滞在している北アイルランドのベルファストを離れ、クラブに戻ると伝えられている。今回の離脱に関して、ドイツ代表のヨアヒム・レーブ監督は以下のようにコメントした。 「私たちは、トニ(・クロース)が何をもたらすことができるか分かっている」 「その時が来れば、いつでも彼を頼ることが可能だ。今回の判断に関しては来年(W杯本大会)までに彼が万全な状態で臨むこと。そして、シーズンを通してプレーすることにより、彼自身で強度を高めることが可能だと思い、決断を下した」 2017.10.06 23:00 Fri
twitterfacebook
thumb

圧倒的な強さでW杯出場決定のドイツ…レーブ監督は満足感「全てにおいて支配した」

ワールドカップ欧州予選は5日に第9節が行われ、ドイツは北アイルランドに3-1と勝利を収め、本大会出場を決めた。試合後、ヨアヒム・レーブ監督は結果にも内容にも満足感を示した。<br><br>グループCのドイツは、ここまで予選8試合を全勝と、グループCの首位を独走。あと1ポイントでW杯出場を決定できる状況で迎えた敵地での北アイルランド戦では、開始1分にMFセバスティアン・ルディにゴールが生まれると、20分にFWサンドロ・ヴァーグナー、85分にMFヨシュア・キミッヒが追加点を挙げ、後半アディショナルタイムに失点するも、危なげなく勝利を収めた。<br><br>これで前回大会王者は、予選9連勝で38ゴール3失点、得失点差+35と圧倒的な強さでロシアへの切符を掴んでいる。<br><br>試合後レーブ監督は、結果も内容も満足していると話した。<br><br>「満足しているよ。早い時間に2点リードできた。チェコ戦では、同じように早い時間に先制したがその後コントロールできなかった。今日はそれはなかったね。後半はピッチ上全てにおいて支配しているように思えた」<br><br>また、先制点を挙げたルディは「このゴールは本当に重要だった。試合を通じて支配できたね。僕らはロシアへ勝ちに行くんだ。タイトルを守りたい」と得点を振り返りつつ、本大会へ意気込みを語った。<br><br>3点目を挙げたキミッヒは「簡単ではなかった。だからこの結果は嬉しいよ」と、喜びを語った。<br><br><br>提供:goal.com 2017.10.06 20:20 Fri
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース