ギリシャ代表DFパパドプーロスがハンブルガーSVに完全移籍2017.06.28 19:19 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ハンブルガーSVは28日、ギリシャ代表DFキリアコス・パパドプーロス(25)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は3年。

▽パパドプーロスは、2010年から2015年までシャルケに所属。2015-16シーズンからは、前シーズンにレンタル移籍で所属していたレバークーゼンに移籍した。今年1月には、ハンブルガーSVにレンタル移籍で加入。リーグ戦15試合に出場して2得点を記録するなど、主力として1部残留に貢献していた。

▽ハンブルガーSVのスポーツ部門チーフを務めるイェンス・テート氏は、「我々にとって大きなことだ。彼がシーズン後半、我々にもたらしたものを皆が見たはずだ。彼の勝利への気持ちと情熱はチームメートに好影響を与えた」と、パパドプーロスの完全加入を喜んだ。

コメント

関連ニュース

thumb

酒井高徳が抱えた葛藤…今季ブレイクの伊藤達哉には「変化付けられる唯一の選手」

ハンブルガーSV(HSV)に所属する日本代表DF酒井高徳が、ブンデスリーガ前半戦を終えて帰国。取材に応じて前半戦や自身が抱えた葛藤について口を開いた。<br><br>HSVは前半戦を終えて降格圏の17位。酒井は「率直な感想も思ったより順位が低いというか、予想していたよりだいぶ下にいるので、良いスタートを切れた前半戦にしてはポイントも順位も低いかなと思いますね」と素直に語る。<br><br>続けて、最後まで苦しんだ昨シーズンに比べると、戦い方に安定感が出てきた一方で、「惜しくも勝ち点を落としてしまったっていう試合も多かったので、そういったところでポイント取れれば良かったなと思う」と反省も口にする。<br><br>さらに、ヤン・アルプや伊藤達哉といった今シーズンから台頭してきた若手にも言及し、「達哉の場合は少し日本人らしさが出て試合ごとに考えてしまうことがあるので、それで1試合1試合内容が変わってしまうってことがありますけど、1対1で変化をつけられる唯一の選手。時間は必要だと思うし、もっともっと後半戦活躍してくれることを期待していようかなと思います」と話した。<br><br>キャプテンでありながらも、今シーズンも出場機会の確保に苦しんでいる酒井。また、出場してもサイドバックやボランチなどポジションが固定されず、簡単ではないことを明かしている。<br><br>「去年は(コンバートしてから試合が)少なかったのでやるしかないなってところはあったんですけど、今年はサイドバックからスタートして内容が良くなく、外れた次期もありましたけど、またボランチに戻ってやっているっていうのも考えると、僕としても去年からあった葛藤の一つで、固定してもらわないと難しいですね。両サイドバックだったらまだいいんですけどね、真ん中とサイドだと全然違うし、両ポジションとも期間がね。ブンデスでもサイドバックでプレーしたのは2、3カ月前くらいですよね。そんなポンポンポジション変えられてやれるレベルのリーグではないので、固定してほしいなっていうのは自分の中でありますね」<br><br>日本で行われたEAFF E-1サッカー選手権にも言及。連勝しながら、最終戦で韓国に歴史的大敗を喫した日本代表については「残念な結果に終わってしまったのは選手たちが一番感じているところだと思います」と話すにとどめた。<br><br><br>提供:goal.com 2017.12.18 09:21 Mon
twitterfacebook
thumb

「彼の一対一はチームの強み」HSV酒井高徳が成長株の同僚伊藤達哉に言及

ハンブルガーVSで主将を務める日本代表DF酒井高徳が、ブンデスリーガ公式のインタビューに応じた。<br><br>同チームは開幕節でニコライ・ミュラーが負傷したものの、20歳の伊藤達哉、17歳のヤンフィーテ・アープという成長株がトップチームに定着した。若い力の台頭について「若い空気というのはチームに勢いをもたらしてくれるし、それは若い空気だけでなく、そのクオリティーを両選手がしっかり見せてくれていることで、僕たちを活気づけてくれていると思います」と述べ、後輩に期待を寄せている。<br><br>下部組織から昇格してきた同胞の伊藤については「彼本人のモチベーションは高いですし、ポテンシャルも非常に高いです。彼の一対一の部分はチームの強みとなっていると思います。もちろん、まだまだ学ばなければいけないことはあります。こういった若い選手が出ると、どうしてもメディアが持ち上げてしまうところがありますが、ゆっくりと対応していきたいですね。彼がピッチ内外でリラックスしてプレーできることを僕が手助けしてあげることが一番だと思うし、そこから彼の得点や結果に絡むプレーを期待したいです」と発言。早くもトップチームで欠かせない&ldquo;武器&rdquo;になっていると明かしている。<br><br>その一方で母国リーグであるJリーグとブンデスリーガの違いについては「まず歴史が大きく違うなって思います。Jリーグの歴史はまだ浅いですし、ブンデスリーガの歴史はすごく長い。ただその中でも日本人はテクニックもあって俊敏性のある選手が多いですよね。比較して一番違うのはスピード感かなと思います。ブンデスリーガの方が試合展開もすごく速いし、攻守の切り替えだったり、プレーの判断スピードも非常に速いし、全体的なスピードが日本とは違うかなと思います」と2つのリーグを比較している。<br><br>最後に、2018年のロシア・ワールドカップで日本代表はポーランド、セネガル、コロンビアと同じグループHで戦うことが決まった。ブンデスリーガではポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキ、コロンビア代表MFハメス・ロドリゲスとマッチアップする機会もあるが、それについては&ldquo;前哨戦として参考にならない&rdquo;と冷静に語った。<br><br>「世界のトップの選手が(ブンデスリーガの)全てのチームにそろっていると思います。もちろん注目されている選手はいますが、サッカーは11人でやるものなので、ハメス選手やレヴァンドフスキ選手よりも、もっと危ない選手は他にもいると思う。名前が挙がっている選手だけに気を取られてしまったら負けてしまう。率直な感想は、(H組は)簡単なグループではないかなと。僕にとっては、両選手を知っているからといって、そんなにアドバンテージにはならないかな」<br><br><br>提供:goal.com 2017.12.17 05:29 Sun
twitterfacebook
thumb

主将、酒井高徳が語るHSVの現状とは…「常に100%じゃないと勝つことができない」

ハンブルガーSVの日本代表DF酒井高徳が、ブンデスリーガ公式メディアでインタビューに応じている。<br><br>チームは開幕から2連勝したものの、その後は勝ち星から見放され今シーズンも残留争いを余儀なくされている。そんな状況について「スタートが良かった分、その後の試合で少し気の緩みが出て、少しずつ下がって行ったのかなと思います。やっぱり、ブンデスリーガの一試合を戦い抜くには、常に100%ではないと試合に勝つことができないと思い知りました」と語っている。<br><br>上位勢には健闘する一方で、ハンブルガーSVは順位を競っているライバルチームを相手に勝ち点を落とすケースも多い。それについては「強い相手とは守備から入ったり、ボールを取りに行く、自分たちは気持ちの面で負けないところを全面に出しやすい。ところが、自分たちと同じくらいの下位チームとの対戦では、どうしても自分たちのリズムをつくりたい、主導権を握りたいというところで、それぞれの試合で戦術の違いが出てしまうのかなと」と分析。<br><br>また、開幕戦でゴールを決めたニコライ・ミュラーがゴールパフォーマンス中にひざのじん帯を断裂し、シーズン序盤でいきなり得点源を失うことになった。同選手について「ニコが戻ってきたら非常に力強いと思う。彼がもたらしてくれる得点力は僕たちにとって非常に重要になるし、皆が彼の復帰を待ち望んでいます。ニコや他の負傷者が帰ってきたら、そこでもっと安定感のある試合ができたらなと思います。そしたら、もう少し上の順位にいける可能性が上がるのかな」と述べ、今後の巻き返しに向けて気概を示している。<br><br>提供:goal.com 2017.12.16 12:10 Sat
twitterfacebook
thumb

3試合ぶり先発の酒井高がフル出場のHSV、ボルシアMGに敗戦で2連敗《ブンデスリーガ》

▽ハンブルガーSVは15日、ブンデスリーガ第17節でボルシアMGとのアウェイ戦に臨み、1-3で敗れた。HSVのDF酒井高徳はフル出場し、FW伊藤達哉はベンチ入りも出場機会はなかった。 ▽1-2と敗れた前節フランクフルト戦で途中出場した伊藤がベンチスタートとなり、ここ2試合出場機会のなかった酒井高がスタメンに戻った一戦。 ▽8位ボルシアMG(勝ち点25)に対し、HSVはこれまでの4バックから[3-5-2]を採用。酒井高は中盤右サイドでの起用となった。試合は開始6分、CKの流れからオックスフォードの強烈なボレーシュートがバーを直撃した。 ▽バーに助けられたHSVだったが、9分に失点する。ラファエウのスルーパスでゴールエリア右に侵入したT・アザールにGKとの一対一を制された。 ▽失点したHSVは両ウイングバックを押し上げて反撃を狙うと、18分にFKからチャンス。左サイドからのフントのFKをファーサイドのマフライがヘディングシュート。しかし、枠を捉えていたシュートはゴールライン前のDFにクリアされた。 ▽その後、23分にディフェンスライン裏を取ったラファエウのシュートがわずかに枠を外れて助かったHSVだったが、38分にもボックス手前右のキュイサンスの左足ミドルが左ポストを直撃し、肝を冷やされる。さらに42分にはヴェントのミドルシュートが襲い、劣勢の中、前半を1点のビハインドで終えた。 ▽迎えた後半、最初にチャンスを得たのはカウンターを狙うボルシアMG。52分にT・アザールがディフェンスライン裏を取って独走。しかし、ボックス右から放ったシュートはGKマゼニアがビッグセーブで防いだ。 ▽すると直後、HSVが同点に追いつく。フントのスルーパスでディフェンスライン裏を取ったハーンがGKとの一対一を制した。 ▽ハーンの古巣に対するゴールで試合を振り出しに戻したHSVは、互角の攻防に持ち込み、1-1のまま試合は推移していく。 ▽しかし74分、ボルシアMGに勝ち越されてしまう、グリフォのスルーパスに反応したラファエウにボックス左へ侵入され、左足のシュートでゴール左隅に流し込まれた。 ▽さらに79分、ボルシアMGが突き放す。T・アザールがボックス右でスルーパスを受け、折り返したボールをラファエウが押し込んだ。 ▽このままHSVは1-3で敗戦。2連敗で4試合勝利なく前半戦を終えることとなった。 2017.12.16 06:25 Sat
twitterfacebook
thumb

日本人MF伊藤達哉がハンブルガーSVとの2021年までの新契約にサイン!

▽ハンブルガーSVは14日、日本人MF伊藤達哉(20)と2021年6月30日までの新契約を締結したことを発表した。なお、今回の新契約からプロ契約に変更となっている。 ▽柏レイソルの下部組織出身の伊藤は、2015年7月にハンブルガーSVに加入。今シーズンはU-23チームとしてレギオナルリーガ(ドイツ4部相当)で主にプレーしていたが、9月25日のブンデスリーガ第6節のレバークーゼン戦で途中出場を果たしてトップチームデビュー。続く第6節のブレーメン戦では初先発も飾り、ここまでリーグ戦9試合に出場している。 ▽ハンブルガーのスポーツ・ディレクターを務めるイェンス・トート氏は、伊藤との契約延長に満足感を示している。 「タツヤは今シーズンに入って素晴らしい活躍をみせ、ブンデスリーガにおいて自身の持つクオリティを遺憾なく発揮している。彼は新鮮さと落ち着いた姿勢と共に、我々のゲームに予測不可能なプレーをもたらしている」 「我々はタツヤという、新たなタレントをブンデスリーガに紹介できることを嬉しく思っており、同時に彼のキャリアにおける新たな一歩を共に歩めることを喜んでいる」 ▽163cmと小柄ながら圧巻のアジリティと勝負度胸を武器とする、ブンデスリーガに現れた新進気鋭のドリブラーには、インテルやマンチェスター・シティなども関心を示していると報じられていたが、今後もハンブルガーSVで研鑽を積んでいくことになる。そして、2020年の東京オリンピック世代の新エースとしても期待される伊藤は、同クラブでの活躍を足掛かりに今後のステップアップを目指す。 2017.12.15 00:54 Fri
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース