スペイン、サウールの圧巻ハットで10人イタリア撃破! ドイツの待つ決勝行きを決める!《U-21欧州選手権2017》2017.06.28 05:51 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽U-21欧州選手権2017準決勝のU-21スペイン代表vsU-21イタリア代表が27日に行われ、3-1で勝利したスペインが2大会ぶり7度目の決勝進出を決めた。

▽グループBを首位通過したスペインは、グループ最終節のU-21セルビア代表戦から先発全員を変更。[4-3-3]を採用したスペインはGKにケパ、4バックに右からベジェリン、メレ、バジェホ、ジョニー。中盤はアンカーにマルコス・ジョレンテ、インサイドハーフにダニ・セバージョスとサウール・ニゲス、3トップは右からデウロフェウ、サンドロ・ラミレス、アセンシオという並びとなった。

▽一方、グループCを首位通過したイタリアは、U-21ドイツ代表戦から先発2人を変更。[4-4-2]を採用したイタリアはGKにドンナルンマ、4バックは右からカラブリア、カルダーラ、ルガーニ、バレッカ。中盤は右からベナッシ、ガリアルディーニ、ペッレグリーニ、キエーザ、2トップはベルナルデスキとペターニャのコンビとなった。

▽開始3分に左サイドからカットインしたキエーザがファーストシュートを放つなど、イタリアが積極的な入りを見せる。その後もサイドを起点にシンプルな仕掛けを続けるイタリアは、ベルナルデスキやペッレグリーニがミドルレンジからのシュートでゴールを脅かすが、GKケパに阻まれる。

▽一方、時間の経過と共にペースを握ったスペインだが、相手の堅牢な守備を前に持ち味のパスワークは影を潜め、なかなか効果的な攻めを見せられない。それでも、31分にはカウンターから右サイドのセバージョスが折り返したボールをボックス左のデウロフェウが受けてフィニッシュに持ち込むが、このシュートはミラン同僚のGKドンナルンマを脅かすまでには至らず。

▽その後も攻め合う姿勢を見せた両者だったが、やや見せ場の少ない拮抗した前半はゴールレスで終了した。

▽迎えた後半、前半とは打って変わって早い時間帯にスコアが動く。53分、左サイドからドリブルで中央へ切り込んだセバージョスのパスを足元に受けたサウールがボックス手前中央で左足を振り抜くと、これがゴール右隅の絶妙なコースに決まった。

▽ビッグマッチで強さを発揮するサウールに仕事を許したイタリアは、57分に反撃のチャンス。右サイド深くでキエーザが上げたクロスをボックス左に走り込んだベナッシがワンタッチで折り返すが、逆サイドのペッレグリーニは反応が遅れてしまい、これをフィニッシュに繋げられない。すると58分、後半立ち上がりに1枚カードをもらっていたガリアルディーニが不用意にセバージョスを倒してしまい、2枚目の警告を受けて退場処分となった。

▽ビハインドに加えて数的不利を背負う絶体絶命の状況を強いられたイタリアだったが、頼れる10番の左足が同点ゴールをもたらす。62分、右サイドからDFジョニーを引き連れながら強引に切り込んだベルナルデスキがボックス手前左で左足を一閃。DFバジェホが出した右足に当たってわずかにコースが変わったシュートがゴール左に吸い込まれた。

▽一瞬の隙を突かれて試合を振り出しに戻されたスペインだったが、こちらもサウールの左足が火を噴く。65分、バイタルエリア中央でデウロフェウから短い横パスを受けたサウールが豪快に左足を振り抜くと、強烈な無回転ミドルがゴール右隅に突き刺さった。

▽追いついた直後に失点するまずい試合運びとなったイタリアは、キエーザに代えてロカテッリ、ペターニャに代えてチェッリを投入して流れを変えにかかるが、勢い付いたスペインを止められない。

▽すると74分、カウンターから左サイドを突破したアセンシオがボックス内に持ち込む。そして、中央に走り込む味方を確認して絶妙なマイナスの折り返しを送ると、これをまたしてもサウールが左足で左隅に流し込み、圧巻のハットトリックを達成した。

▽その後、サンドロ・ラミレス、デウロフェウ、セバージョスを下げてイニャキ・ウィリアムズ、デニス・スアレス、オヤルサバルと豪華な控えメンバーを投入して試合をクローズしたスペインが難敵イタリアに3-1の完勝。5得点で得点ランキングトップに立ったサウールの見事な活躍で勝ち切ったスペインが、2大会ぶり7度目の決勝進出を果たした。

▽なお、スペインは30日に行われる決勝でU-21イングランド代表を破ったドイツと対戦する。

◆準決勝
U-21スペイン 3-1 U-21イタリア
【U-21スペイン】
サウール・ニゲス(53)
サウール・ニゲス(65)
サウール・ニゲス(74)

【U-21イタリア】
ベルナルデスキ(63)

コメント

関連ニュース

thumb

“無敵艦隊”スペイン代表、政治介入でロシアW杯出場権剥奪か

▽“無敵艦隊”スペイン代表にロシア・ワールドカップ(W杯)出場権剥奪の可能性が急浮上した。スペイン『El Pais』が報じた。 ▽スペイン政府がスペインサッカー連盟(RFEF)に会長選挙を要求。政治組織の介入を禁ずる国際サッカー連盟(FIFA)は、RFEFに対して、この状況が続けばW杯出場権を剥奪する旨を伝えて警鐘を鳴らしたという。 ▽なお、FIFAは「全ての協会、連盟は独自に活動し、第三者の関与を受けてはならない」との規定を設けている。 2017.12.16 09:30 Sat
twitterfacebook
thumb

スペイン代表監督ロペテギ、W杯組み合わせ抽選の結果に「最も厳しいグループ」

1日、モスクワで2018年ロシア・ワールドカップのグループステージ組み合わせ 抽選会が行われ、スペインはポルトガル、イラン、モロッコと同組に入った。同代表チームを率いるフレン・ロペテギ監督は、「最も難しいグループ」との見解を示している。<br><br>ロペテギ監督は抽選後、スペインメディアに対して次のような感想を述べた。<br><br>「私にとっては、すべてのグループの中で最も難しいところに入った。そのことに疑いの余地はない。ポルトガルは欧州王者であり、世界最高のチームの一つだ。またモロッコとイランはとてもソリッドなチームだよ」<br><br><br>提供:goal.com 2017.12.02 21:38 Sat
twitterfacebook
thumb

今日の誕生日は誰だ! 11月25日は長短のパスを自在に操るあの選手

◆シャビ・アロンソ 【Profile】 国籍:スペイン 誕生日:1981/11/25 クラブチーム:リバプール、レアル・マドリー、バイエルン※現在は引退 ポジション:MF 身長:183cm 体重:77kg ▽『今日の誕生日は誰だ!』本日、11月25日は元スペイン代表MFシャビ・アロンソをご紹介。 ▽いとも簡単に30メートル級のパスを通す”パスマスター”、シャビ・アロンソのキャリアはレアル・ソシエダでスタート。ビーチでのボール遊びで磨いたとも言われるそのコントロールで頭角を現すと、2004-05シーズンにリバプールへの移籍を決意する。イングランドの地に転身したシャビ・アロンソは、赤いシャツを着ても存在感を発揮。2006年9月にはニューカッスルとの対戦の中で、ゴールまで65メートルの位置から正確にネットを揺らしてみせた。強烈なタックルの横行するプレミアリーグでも優雅にプレーしたシャビ・アロンソは、そのインテリジェンスを象徴する次のような言葉を残した。「確かにタックルが必要になる場面もあるが、それは最終手段だ」 ▽その後、シャビ・アロンソは新・銀河系軍団の一味としてレアル・マドリーで活躍。クリスティアーノ・ロナウドや、メスト・エジル、アンヘル・ディ・マリアといったスター選手の舵を執り、ピッチ上の監督とも形容できる働きで6つのタイトル獲得に貢献。次に移籍したバイエルンでも中心選手として違いを作り続け、2017年3月9日に「フットボールを生きて、フットボールを愛した。さらば、美しいゲームよ」という言葉とともに引退した。 ※誕生日が同じ主な著名人 ニコラ・マクシモビッチ(サッカー選手/ナポリ) 太田雄貴(フェンシング選手) 椎名林檎(シンガーソングライター) 伊藤淳史(俳優) 寺門ジモン(お笑い芸人/ダチョウ倶楽部) 村本大輔(お笑い芸人/ウーマンラッシュアワー) 塚地武雅(お笑い芸人/ドランクドラゴン) 武藤十夢(AKB48) 2017.11.25 07:00 Sat
twitterfacebook
thumb

スペインサッカー協会がイエロ氏のスポーツディレクター再就任を発表

▽スペインサッカー協会(RFEF)は23日、現役時代にレアル・マドリーやスペイン代表でプレーしたフェルナンド・イエロ氏(49)がスポーツ・ディレクター(SD)に再就任したことを発表した。 ▽1987年にバジャドリーでプロ生活をスタートさせたイエロ氏は、マドリーで14シーズンプレー。その後、カタールリーグのアル・ラーヤン、プレミアリーグのボルトンでプレーし、2005年に現役を引退した。 ▽現役引退後は監督業につかず、2007年にRFEFの初代SDに就任すると、2008年のユーロや2010年の南アフリカ・ワールドカップ制覇に尽力。2011年にマラガのGM(ゼネラル・マネージャー)に就任するためスペイン代表SDを退任したイエロ氏は、2014年に古巣マドリーに復帰しカルロ・アンチェロッティ監督のアシスタントコーチ、2016年にはスペイン2部のオビエドで監督デビュー。しかし、クラブは8位に終わり昇格プレーオフ出場を逃していた。 2017.11.24 07:00 Fri
twitterfacebook
thumb

強すぎるスペイン、2017年を無敗で終える...10戦負け知らずで5年ぶりの記録を達成

スペイン代表は、ワールドカップ(W杯)前年を最高の形で締めくくっている。<br><br>14日の国際親善試合でロシアに3-3と引き分けたスペイン。2017年に行われた10試合を8勝2分けで終えることとなった。<br><br>スペインはその間イスラエル、フランス、マケドニア、イタリア、リヒテンシュタイン、アルバニア、イスラエル、コスタリカから勝利を挙げた。コロンビア、ロシアに引き分けている。<br><br>2014年のブラジルW杯でグループステージ敗退という屈辱を味わったスペインは、その2年後に行われたユーロ2016でも負の連鎖を断ち切れず、イタリアに敗れてベスト16敗退に終わっている。ユーロ2016終了後、ビセンテ・デル・ボスケ前監督からフレン・ロペテギ監督へと監督交代を行い、再起を図った。<br><br>ロペテギ政権で持ち直したスペインは、同監督指揮下で16試合12勝4分けと無敗を維持している。スペインは来年3月23日に親善試合でドイツ、27日にオランダと対戦する予定だ。<br><br><br>提供:goal.com 2017.11.15 23:38 Wed
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース