スペイン、サウールの圧巻ハットで10人イタリア撃破! ドイツの待つ決勝行きを決める!《U-21欧州選手権2017》2017.06.28 05:51 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽U-21欧州選手権2017準決勝のU-21スペイン代表vsU-21イタリア代表が27日に行われ、3-1で勝利したスペインが2大会ぶり7度目の決勝進出を決めた。

▽グループBを首位通過したスペインは、グループ最終節のU-21セルビア代表戦から先発全員を変更。[4-3-3]を採用したスペインはGKにケパ、4バックに右からベジェリン、メレ、バジェホ、ジョニー。中盤はアンカーにマルコス・ジョレンテ、インサイドハーフにダニ・セバージョスとサウール・ニゲス、3トップは右からデウロフェウ、サンドロ・ラミレス、アセンシオという並びとなった。

▽一方、グループCを首位通過したイタリアは、U-21ドイツ代表戦から先発2人を変更。[4-4-2]を採用したイタリアはGKにドンナルンマ、4バックは右からカラブリア、カルダーラ、ルガーニ、バレッカ。中盤は右からベナッシ、ガリアルディーニ、ペッレグリーニ、キエーザ、2トップはベルナルデスキとペターニャのコンビとなった。

▽開始3分に左サイドからカットインしたキエーザがファーストシュートを放つなど、イタリアが積極的な入りを見せる。その後もサイドを起点にシンプルな仕掛けを続けるイタリアは、ベルナルデスキやペッレグリーニがミドルレンジからのシュートでゴールを脅かすが、GKケパに阻まれる。

▽一方、時間の経過と共にペースを握ったスペインだが、相手の堅牢な守備を前に持ち味のパスワークは影を潜め、なかなか効果的な攻めを見せられない。それでも、31分にはカウンターから右サイドのセバージョスが折り返したボールをボックス左のデウロフェウが受けてフィニッシュに持ち込むが、このシュートはミラン同僚のGKドンナルンマを脅かすまでには至らず。

▽その後も攻め合う姿勢を見せた両者だったが、やや見せ場の少ない拮抗した前半はゴールレスで終了した。

▽迎えた後半、前半とは打って変わって早い時間帯にスコアが動く。53分、左サイドからドリブルで中央へ切り込んだセバージョスのパスを足元に受けたサウールがボックス手前中央で左足を振り抜くと、これがゴール右隅の絶妙なコースに決まった。

▽ビッグマッチで強さを発揮するサウールに仕事を許したイタリアは、57分に反撃のチャンス。右サイド深くでキエーザが上げたクロスをボックス左に走り込んだベナッシがワンタッチで折り返すが、逆サイドのペッレグリーニは反応が遅れてしまい、これをフィニッシュに繋げられない。すると58分、後半立ち上がりに1枚カードをもらっていたガリアルディーニが不用意にセバージョスを倒してしまい、2枚目の警告を受けて退場処分となった。

▽ビハインドに加えて数的不利を背負う絶体絶命の状況を強いられたイタリアだったが、頼れる10番の左足が同点ゴールをもたらす。62分、右サイドからDFジョニーを引き連れながら強引に切り込んだベルナルデスキがボックス手前左で左足を一閃。DFバジェホが出した右足に当たってわずかにコースが変わったシュートがゴール左に吸い込まれた。

▽一瞬の隙を突かれて試合を振り出しに戻されたスペインだったが、こちらもサウールの左足が火を噴く。65分、バイタルエリア中央でデウロフェウから短い横パスを受けたサウールが豪快に左足を振り抜くと、強烈な無回転ミドルがゴール右隅に突き刺さった。

▽追いついた直後に失点するまずい試合運びとなったイタリアは、キエーザに代えてロカテッリ、ペターニャに代えてチェッリを投入して流れを変えにかかるが、勢い付いたスペインを止められない。

▽すると74分、カウンターから左サイドを突破したアセンシオがボックス内に持ち込む。そして、中央に走り込む味方を確認して絶妙なマイナスの折り返しを送ると、これをまたしてもサウールが左足で左隅に流し込み、圧巻のハットトリックを達成した。

▽その後、サンドロ・ラミレス、デウロフェウ、セバージョスを下げてイニャキ・ウィリアムズ、デニス・スアレス、オヤルサバルと豪華な控えメンバーを投入して試合をクローズしたスペインが難敵イタリアに3-1の完勝。5得点で得点ランキングトップに立ったサウールの見事な活躍で勝ち切ったスペインが、2大会ぶり7度目の決勝進出を果たした。

▽なお、スペインは30日に行われる決勝でU-21イングランド代表を破ったドイツと対戦する。

◆準決勝
U-21スペイン 3-1 U-21イタリア
【U-21スペイン】
サウール・ニゲス(53)
サウール・ニゲス(65)
サウール・ニゲス(74)

【U-21イタリア】
ベルナルデスキ(63)

コメント

関連ニュース

thumb

「いつの日かスペインに…」マルコス・アロンソ、リーガ復帰を夢見る

▽チェルシーに所属するスペイン人DFマルコス・アロンソが、リーガエスパニョーラへの復帰を夢見ていることを明かした。 ▽レアル・マドリーの下部組織出身であるマルコス・アロンソは、2010年4月にトップチームデビューを飾ったものの、出場時間はわずか1分のみ。その後は、ボルトンやフィオレンティーナ、サンダーランドなどで経験を積み、2016年夏にチェルシーへ移籍すると3バックを採用するアントニオ・コンテの下でウイングバックとしてレギュラーに定着。チームの2シーズンぶりとなるプレミア制覇に貢献した。 ▽今シーズンもここまで公式戦10試合に出場し、チームの左サイドを支えているマルコス・アロンソだが、いつの日かスペインでプレーすることを望んでいるようだ。「チェルシーでとても幸せ」と前置きをしつつ、プロキャリアをスタートさせた頃を回想しながらイギリス『デイリー・スター』がスペインラジオ局『カデナ・セール』に語った内容を紹介している。 「僕はチェルシーでとても幸せだよ。ただ、いつの日かスペインに帰りたいと思っている。リーガエスパニョーラではあまりプレーすることができなかったし、引退するまでにはプレーしたいね。それはハッキリとしているよ」 「それでも今はロンドンでの生活に満足しているし、今は土曜日のクリスタル・パレス戦のことしか考えていないよ。プレミアリーグが大好きだし、チェルシーでプレーすることでタイトルを獲得するチャンスがあるんだ」 2017.10.14 17:38 Sat
twitterfacebook
thumb

イジャラメンディ弾で逃げ切ったスペインが予選無敗で本大会へ!《ロシアW杯欧州予選》

▽スペイン代表は9日、ロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選グループG最終節でイスラエル代表と対戦し、1-0で勝利した。 ▽前節のアルバニア代表戦でロシアW杯本大会出場を決めたスペインは、アルバニア戦のスタメンからセルヒオ・ラモス以外の10人を変更。GKにレイナ、最終ラインは右からアスピリクエタ、セルヒオ・ラモス、ナチョ、モンレアル。アンカーにブスケッツを置き、インサイドハーフにイジャラメンディとビエラを起用。3トップは右からペドロ、アドゥリス、アセンシオと並べた。 ▽立ち上がりから地力に勝るスペインが試合をコントロールすると3分、イジャラメンディからの横パスをボックス左手前で受けたアセンシオが、強烈なミドルシュートを放つ。しかし、これはGKハルシュが正面で弾く。 ▽その後、ボックス内を固めるイスラエル守備陣に対して攻撃が停滞するスペインは、26分には、ドリブルで持ち上がったイジャラメンディのミドルシュートを放つと、相手DFにディフレクトしたこぼれ球をゴール前のアドゥリスが頭で合わせたが、これは相手GKにキャッチされた。 ▽スペインは、33分にもバイタルエリア中央にカットインしたセルヒオ・ラモスがロングシュート。さらに43分には、ビエラのスルーパスで抜け出したペドロに決定機が生まれるも、シュートは飛び出したGKハルシュの好守に阻まれた。 ▽迎えた後半、スペインはセルヒオ・ラモスを下げてアスパスを投入。最終ラインを3バックに変更した。対するイスラエルは、54分にメリクソンに代えてベン・ハイムを投入した。 ▽すると64分、スペインにチャンス。イジャラメンディが浮き球のパスをボックス左に供給。これをアセンシオがダイレクトで折り返すが、ゴール前に走り込んだアドゥリスは痛恨の空振り。 ▽決定機を逃したスペインは66分、アドゥリスを下げてイスコを投入。さらに76分にはペドロに代えてカジェホンをピッチに送り込んだ。すると、直後のプレーで試合が動く。アセンシオの左CKのセカンドボールをペナルティアーク手前のイジャラメンディがダイレクトであわせると、アウト回転のかかったボールがゴール右に突き刺さった。 ▽試合終盤、スペインはイスラエルの猛攻を受けたが、相手のフィニッシュ精度に救われ、1-0で試合終了。格下相手に辛勝のスペインが、今予選を無敗で突破した。 2017.10.10 05:57 Tue
twitterfacebook
thumb

ブスケッツがスペイン代表100試合出場へ…イスラエル戦出場で達成へ

▽バルセロナのスペイン代表MFセルヒオ・ブスケッツが、スペイン代表通算100キャップを達成することになるようだ。スペイン代表のフレン・ロペテギ監督が前日会見で明かした。 ▽スペイン代表は、ロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選の最終節を残し、11大会連続15回目の本大会出場を決めた。 ▽9日にはイスラエル代表との最終節を迎えるが、ジェラール・ピケとダビド・シルバが出場停止で不在。ロペテギ監督はメンバー変更を明言し、あと1試合で100試合出場を達成するブスケッツのの起用を明言した。 「いくつか変更がある。チームをリフレッシュするつもりだよ。ここにいる全ての選手が、先発する能力がある」 「セルヒオは100試合に出場するだろう。彼の役割をリスペクトするし、唯一無二の選手だよ」 ▽ブスケッツは2009年4月のトルコ代表戦でスペイン代表デビュー。2010年の南アフリカW杯で優勝を果たすと、2012年のユーロでも優勝。2014年のブラジルW杯、2016年のユーロにも出場している。 2017.10.09 11:57 Mon
twitterfacebook
thumb

スペイン代表MFチアゴが足首負傷…イスラエル戦には帯同せず

▽バイエルンのスペイン代表MFチアゴ・アルカンタラが、足首の負傷により代表を離脱するようだ。スペイン『アス』が伝えた。 ▽6日に行われたロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選のアルバニア代表戦に臨んだスペイン代表。その試合で先発出場を果たしたチアゴは、27分にチームの3点目を挙げるなど、同代表の本大会出場に貢献した。 ▽試合ではフル出場を果たしたチアゴだが、『アス』によれば、後日検査を行ったところ、足首のじん帯を損傷していたようだ。離脱期間は明らかにされていないが、9日に行われる予選最終節、アウェイでのイスラエル戦には帯同しないことが伝えられている。 2017.10.08 18:58 Sun
twitterfacebook
thumb

バレンシア&スペイン代表で輝くFWロドリゴ「これは魔法ではなく努力の成果」

6日のロシア・ワールドカップ欧州予選グループG、スペインはホームでのアルバニア戦を3-0で制し、本大会参加を決めた。この試合の先制点を決めたFWロドリゴ・モレノは、チームの勝利に貢献できたことへの満足感を表している。<br><br>スペイン『アス』が同国代表FWのコメントを伝えた。<br><br>「とても満足している、何よりも勝利にね。チームは最初の30分間を主として素晴らしい試合を演じたし、この勝利に値するよ」<br><br>今季、復活の兆しがあるバレンシアを牽引し、スペイン代表にも再度招集されたロドリゴ。この活躍ぶりを「努力の成果」だとしている。<br><br>「魔法の杖なんて存在しないと思っている。これは努力と専心の姿勢があってこそだ。それとチームメートが僕の助けになってくれた」<br><br><br>提供:goal.com 2017.10.08 03:51 Sun
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース