スペイン、サウールの圧巻ハットで10人イタリア撃破! ドイツの待つ決勝行きを決める!《U-21欧州選手権2017》2017.06.28 05:51 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽U-21欧州選手権2017準決勝のU-21スペイン代表vsU-21イタリア代表が27日に行われ、3-1で勝利したスペインが2大会ぶり7度目の決勝進出を決めた。

▽グループBを首位通過したスペインは、グループ最終節のU-21セルビア代表戦から先発全員を変更。[4-3-3]を採用したスペインはGKにケパ、4バックに右からベジェリン、メレ、バジェホ、ジョニー。中盤はアンカーにマルコス・ジョレンテ、インサイドハーフにダニ・セバージョスとサウール・ニゲス、3トップは右からデウロフェウ、サンドロ・ラミレス、アセンシオという並びとなった。

▽一方、グループCを首位通過したイタリアは、U-21ドイツ代表戦から先発2人を変更。[4-4-2]を採用したイタリアはGKにドンナルンマ、4バックは右からカラブリア、カルダーラ、ルガーニ、バレッカ。中盤は右からベナッシ、ガリアルディーニ、ペッレグリーニ、キエーザ、2トップはベルナルデスキとペターニャのコンビとなった。

▽開始3分に左サイドからカットインしたキエーザがファーストシュートを放つなど、イタリアが積極的な入りを見せる。その後もサイドを起点にシンプルな仕掛けを続けるイタリアは、ベルナルデスキやペッレグリーニがミドルレンジからのシュートでゴールを脅かすが、GKケパに阻まれる。

▽一方、時間の経過と共にペースを握ったスペインだが、相手の堅牢な守備を前に持ち味のパスワークは影を潜め、なかなか効果的な攻めを見せられない。それでも、31分にはカウンターから右サイドのセバージョスが折り返したボールをボックス左のデウロフェウが受けてフィニッシュに持ち込むが、このシュートはミラン同僚のGKドンナルンマを脅かすまでには至らず。

▽その後も攻め合う姿勢を見せた両者だったが、やや見せ場の少ない拮抗した前半はゴールレスで終了した。

▽迎えた後半、前半とは打って変わって早い時間帯にスコアが動く。53分、左サイドからドリブルで中央へ切り込んだセバージョスのパスを足元に受けたサウールがボックス手前中央で左足を振り抜くと、これがゴール右隅の絶妙なコースに決まった。

▽ビッグマッチで強さを発揮するサウールに仕事を許したイタリアは、57分に反撃のチャンス。右サイド深くでキエーザが上げたクロスをボックス左に走り込んだベナッシがワンタッチで折り返すが、逆サイドのペッレグリーニは反応が遅れてしまい、これをフィニッシュに繋げられない。すると58分、後半立ち上がりに1枚カードをもらっていたガリアルディーニが不用意にセバージョスを倒してしまい、2枚目の警告を受けて退場処分となった。

▽ビハインドに加えて数的不利を背負う絶体絶命の状況を強いられたイタリアだったが、頼れる10番の左足が同点ゴールをもたらす。62分、右サイドからDFジョニーを引き連れながら強引に切り込んだベルナルデスキがボックス手前左で左足を一閃。DFバジェホが出した右足に当たってわずかにコースが変わったシュートがゴール左に吸い込まれた。

▽一瞬の隙を突かれて試合を振り出しに戻されたスペインだったが、こちらもサウールの左足が火を噴く。65分、バイタルエリア中央でデウロフェウから短い横パスを受けたサウールが豪快に左足を振り抜くと、強烈な無回転ミドルがゴール右隅に突き刺さった。

▽追いついた直後に失点するまずい試合運びとなったイタリアは、キエーザに代えてロカテッリ、ペターニャに代えてチェッリを投入して流れを変えにかかるが、勢い付いたスペインを止められない。

▽すると74分、カウンターから左サイドを突破したアセンシオがボックス内に持ち込む。そして、中央に走り込む味方を確認して絶妙なマイナスの折り返しを送ると、これをまたしてもサウールが左足で左隅に流し込み、圧巻のハットトリックを達成した。

▽その後、サンドロ・ラミレス、デウロフェウ、セバージョスを下げてイニャキ・ウィリアムズ、デニス・スアレス、オヤルサバルと豪華な控えメンバーを投入して試合をクローズしたスペインが難敵イタリアに3-1の完勝。5得点で得点ランキングトップに立ったサウールの見事な活躍で勝ち切ったスペインが、2大会ぶり7度目の決勝進出を果たした。

▽なお、スペインは30日に行われる決勝でU-21イングランド代表を破ったドイツと対戦する。

◆準決勝
U-21スペイン 3-1 U-21イタリア
【U-21スペイン】
サウール・ニゲス(53)
サウール・ニゲス(65)
サウール・ニゲス(74)

【U-21イタリア】
ベルナルデスキ(63)

コメント

関連ニュース

thumb

スペイン代表再建に意気込むルイス・エンリケ「多くの情報を集め、多くの決断を下す」

▽スペイン代表の新指揮官に就任したルイス・エンリケ監督が、スペインサッカー連盟(RFEF)の公式プレゼンテーションに出席。改めてスペイン代表監督への意気込みを語った。 ▽スペイン代表は、ロシア・ワールドカップに出場。しかし、フレン・ロペテギ監督が2018-19シーズンからレアル・マドリーの新指揮官に就任すると大会直前に発表。この発表に怒りを見せた協会はロペテギ監督を解任し、フェルナンド・イエロ監督を招へいした。 ▽開幕直前の監督交代に見舞われたスペインだったが、グループステージを突破。決勝トーナメントでは強豪国が少ない山に入ったものの、ラウンド16のロシア代表戦で苦戦。PK戦の末に敗れ、高いを後にしていた。 ▽大会後イエロ監督が退任し、新指揮官に就任したルイス・エンリケ監督は、前任の監督2名のやり方を継続しつつ、良いチームを作っていくと意気込んだ。 「今日は限りない喜びの日だ。代表チームの状況に関しては分析をするが、イエロ氏、ロペテギ氏が成し遂げてきた素晴らしい仕事を継続したいと思う」 「ナショナルチームがとてもプロフェッショナルな働きをしていることは理解している。この職を受けられたことをとても感謝している」 「サッカーはとても進化しており、スペインには非常に良い選手たちがいるが、タイトルを獲得するのは非常に難しくなっている 」 「アイデアは絶え間なく進化することであり、私の役割は多くの情報を集めた後に、多くの決定を下すことだ。競争力がある視点において、ベストな選抜をするために、我々は評価しなければならない」 2018.07.20 11:10 Fri
twitterfacebook
thumb

モウリーニョが各リーグの魅力語る! 伊は「C・ロナウド」、西は「メッシ」で英は…

▽マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督が、プレミアリーグこそ最高だと語った。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』の記事を、スペイン『マルカ』が引用している。 ▽母国のベンフィカで指揮官としてのキャリアをスタートさせたモウリーニョ監督は、2003-04シーズンにポルトを率いてチャンピオンズリーグ(CL)制覇を達成し、世界的名将として知られることに。続くチェルシー時代はCLこそ優勝できなかったもののプレミアを連覇、インテル時代の2009-10シーズンにはイタリア史上初の三冠(CL、セリエA、コッパ・イタリア)にチームを導いた。 ▽2010年夏に就任したレアル・マドリーでは、2011-12シーズンにリーガエスパニョーラを制覇。欧州3大リーグで優勝を成し遂げた史上初の監督となった。マドリー指揮官退任後、チェルシーでの2度目の政権を経て、現在ではマンチェスター・ユナイテッドで采配を振るっている。 ▽数々のリーグで優勝を経験しているモウリーニョ監督が、どのリーグが最高かという質問に以下のような見解を示した。 「プレミアリーグは、ベストの選手たちが同居する最も競争力のあるリーグだ」 「3つの次元がある。人々は(クリスティアーノ・)ロナウドを目的にイタリアを観るし、プレミアリーグを観るならばベストのリーグであることが理由だ。そしてスペインなら(リオネル・)メッシのためだね」 「ユベントスの今回の(C・ロナウドの)移籍を祝福する。フットボール面でも、広告面でも、そしてマーケティング面でもね」 ▽なお、今回話に挙がっていないブンデスリーグについては、モウリーニョ監督は2013年に「興味がない。私がドイツで指揮を執ることはない」とコメントしていた。 2018.07.17 22:45 Tue
twitterfacebook
thumb

ジダン長男エンツォ、ラージョ・マヤダホンダにローン加入!

▽ラージョ・マヤダホンダ(スペイン2部)は14日、フランス人MFエンツォ・ジダン(23)をスイス2部に降格したローザンヌ・スポルトから1年間のレンタルで獲得したことを発表した。 ▽レアル・マドリーのジネディーヌ・ジダン監督の長男であることで知られるエンツォは2016-17シーズン、レアル・マドリー・カスティージャ(Bチーム)でセグンダ・ディビシオンB(3部相当)の32試合に出場し、5ゴール5アシストを決めた攻撃的MF。この活躍が評価され、昨年6月に2004年から所属していたマドリーを離れてアラベスに身を移した。 ▽しかし、アラベスではリーグ戦2試合の出場に留まるなど出場機会を得られず、両者合意の下で契約を破棄。フリーでローザンヌ・スポルトに加入していた。ローザンヌ・スポルトでの半シーズンでは、スイス・スーパーリーグの16試合に出場し、2ゴール1アシストを記録している。 2018.07.14 21:15 Sat
twitterfacebook
thumb

マドリー、ネイマール獲得説が再浮上! 南米担当スカウトが接触

▽レアル・マドリーが、パリ・サンジェルマンの(PSG)ブラジル代表FWネイマール(26)獲得に動き出しているようだ。スペイン『マルカ』が、ブラジル『Globo Esporte』の報道を基に伝えた。 ▽マドリーは今夏、クラブの象徴として数々の栄光をもたらしたポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドをユベントスに放出。当然ながら、次なるスタープレーヤーの確保が急務とされており、チェルシーのベルギー代表MFエデン・アザールなどビッグネームの名前が挙がっている。 ▽そんな中、『Globo Esporte』はマドリーのネイマール獲得説が再浮上していると報じた。同クラブは、ネイマールに史上最高額の移籍金3億1000万ユーロ(約406億円)でのオファーを提示したとするスペインのテレビ局『TVE』の報道を公式声明で強く否定していた。 ▽しかし、伝えられるところでは、マドリーの南米担当スカウトのジュニ・カラファト氏が、ネイマールの父親とファーストコンタクトを取ったという。ブラジル在住のカラファト氏は、ネイマールが14歳の頃からマドリー側の窓口として連絡を取り合っていたことでも知られる人物だ。 ▽PSGはネイマールに契約解除金を設定しておらず、ナセル・アル・ケライフィ会長も放出を拒否している。マドリーにとって厳しい交渉になることが予測されるが、必要な圧力をかけることで可能にするかもしれない、と『マルカ』は見解を示している。 2018.07.13 21:30 Fri
twitterfacebook
thumb

「来シーズンはマドリーの重要な存在になる」退団噂のアセンシオ代理人、残留を強調

▽現在移籍の可能性が浮上しているレアル・マドリーに所属するスペイン代表FWマルコ・アセンシオ(22)の代理人が、同選手の残留を強調している。スペイン『マルカ』が伝えた。 ▽2014年にマジョルカからマドリーに加入したアセンシオは、2016-17シーズンから印象的な活躍を披露し始めた。2017-18シーズンでは公式戦53試合11ゴール6アシストを記録。それでもベンチを温める試合も多い同選手には、欧州クラブから熱視線が注がれており、現在ではリバプール筆頭にプレミアリーグからの関心が伝えられている。 ▽本人は最近「今はロシアW杯のことだけを考えている」とコメント。スペインメディアはこれまでマドリーが契約解除金7億ユーロ(約897億円)を設定していながら、リバプールの提示額次第では交渉に応じる可能性もあると伝えらえれてきたが、今回アセンシオの代理人は「残留する」と語っている。 「マルコは移籍しない。彼はレアル・マドリーに残ることになる」 「彼は日に日に良くなっている。来シーズンはマドリーのとても重要な存在になると思っている」 2018.07.10 14:00 Tue
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース