守護神ポラースベックが大仕事! ドイツがPK戦でイングランドを退け、4大会ぶり2度目の決勝進出!《U-21欧州選手権2017》2017.06.28 04:00 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽U-21欧州選手権2017準決勝のU-21イングランド代表vsU-21ドイツ代表が27日に行われ、2-2で120分間の戦いが終了。その後、PK戦を4-3で制したドイツが2009年のスウェーデン大会以来、4大会ぶり2度目(東ドイツ、西ドイツ時代を除く)の決勝進出を果たした。

▽グループAを首位通過したイングランドは、グループ最終節のU-21ポーランド代表戦から2選手を変更。[4-3-1-2]を採用したイングランドはGKにピックフォード、4バックに右からホルゲイト、チャンバース、モーソン、チルウェル、中盤はチャロバーの1アンカーに、左右のインサイドハーフにワード=プラウズ、ヒューズ、トップ下にベイカー、2トップにエイブラハムとグレイを配した。

▽一方のドイツは、グループCをU-21イタリア代表に次ぐ2位で終えるも、3グループの2位チームで最上位となり、準決勝進出。グループ最終節のイタリア戦からは3選手を変更。[4-2-3-1]を採用したドイツはGKにポラースベック、4バックに右からトルジャン、ユング、ケンプ、ゲルハルト。中盤はハベラーとアーノルドの2セントラルMFに、2列目は右からフィリップ、マックス・マイヤー、ニャブリ、1トップにゼルケが入った。

▽試合は立ち上がりから互いに攻め合う展開に。開始2分にはマイヤーのスルーパスに抜け出したゼルケがボックス内でDFチャンバースと交錯して倒れるが、主審はこのプレーでPKを与えず。

▽すると、直後の4分にはボックス右で見事な仕掛けを見せたヒューズがゴールライン際でマイナスに折り返す。ゴール前のエイブラハムが良い反応を見せたが、直前でDFユングのブロックに遭う。さらに7分にはヒューズの中央突破からボックス内でスルーパスを受けたグレイが続けてシュートを放つが、一度目は相手DFのブロック、2度目は体勢を崩しながらも右手を伸ばしたGKポラースベックの圧巻のワンハンドセーブに阻まれた。

▽時間の経過と共にボールを保持してイングランドを押し込むドイツは、マイヤーを起点にニャブリやゼルケが再三の決定機を創出。そして35分、バイタルエリア右で持ち上がったマイヤーのスルーパスに抜け出したトルジャンがボックス右で折り返すと、これをニアに走り込んだゼルケが豪快なヘディングでゴール右隅に決めた。

▽劣勢の流れの中で先制を許したイングランドだったが、序盤から可能性を感じさせていたセットプレーから同点に追いつく。41分、右CKの場面でキッカーのワード=プラウズがアウトスウィングのボールを入れると、ファーサイドで競り勝ったチャンバースが右足でシュート。これはDFにブロックされるも、こぼれ球に反応したグレイが見事な左足ボレーでゴールネットを揺らした。

▽1-1のイーブンで迎えた後半、追いついた勢いに乗るイングランドが早々に勝ち越す。50分、相手陣内右サイド深くでニャブリの不用意なパスをカットしたヒューズがそのままボックス内に持ち込んでグラウンダーの折り返し。これをゴール前のエイブラハムが泥臭く押し込んだ。

▽この試合、初めてビハインドを背負ったドイツはすぐさま反撃を開始。57分には左サイドでアーノルドが入れたクロスがゴール前の密集を抜けてファーでフリーのトルジャンの元へ。しかし、トルジャンの右足ボレーはサイドネットを叩き、絶好の同点機を逸した。

▽その後、イングランドがチャロバー、ドイツがゼルケと互いに負傷者を出した中、それぞれマーフィー、プラッテと交代選手が投入される。すると、この選手交代が試合を動かす。70分、ドイツの左CKの場面でキッカーのアーノルドが左足でアウトスウィングのボールを入れると、ニアでDFを振り切ったU-21ドイツ代表初キャップのプラッテが豪快に頭で叩き込み、値千金のデビュー弾を記録した。

▽伏兵の一発で一気に流れを引き寄せたドイツは、追いついた直後の70分過ぎにボックス内でパスを受けたフィリップ、ニャブリに続けて決定機が訪れるが、GKピックフォードのビッグセーブに阻まれ、勝ち越しゴールとはならず。

▽その後もドイツペースが進む中、イングランドはグレイとヒューズを下げてレドモンドとスウィフト、ドイツはユングとニャブリを下げてケフラー、アミリを投入し勝ち越しゴールを狙うも、90分間で決着は付かず。今大会初の延長戦へと突入することになった。

▽延長戦に入ると、足が完全に止まったイングランドに対して、ドイツがワンサイドゲームを展開する。だが、GKピックフォードを中心に最後の場面で粘るイングランドの守備を前に、やや決定力を欠くドイツの攻撃は不発。延長後半終了間際にはボックス右で仕掛けたトルジャンからの高速クロスにファーでドフリーのアミリが飛び込むが、わずかに届かず。決勝進出の行方はPK戦に委ねられることになった。

▽ドイツの先攻で行われたPK戦では、それぞれ2人目のゲルハルト、エイブラハムがGKに止められるも3-3のイーブンで運命の5人目を迎える。先攻ドイツのアミリが冷静に左隅へ決めるが、後攻イングランドのレドモンドの左を狙ったシュートはGKポラースベックのビッグセーブに遭い、激闘に終止符が打たれた。PK戦までもつれ込んだものの順当な勝利を飾ったドイツは、2009年のスウェーデン大会以来、4大会ぶり2度目の決勝進出を果たした。なお、ドイツは30日にU-21スペイン代表vsU-21イタリア代表の勝者との決勝に臨む。

▽一方、トゥーロン国際大会、U-20ワールドカップと今年行われたアンダー年代の主要大会で快進撃を続けてきたイングランドだが、2009年のスウェーデン大会決勝に続きドイツに敗れ、1984年以来17大会ぶりの優勝はならなかった。

◆準決勝
U-21イングランド 2-2(PK:3-4) U-21ドイツ
【U-21イングランド】
グレイ(41)
エイブラハム(50)
【U-21ドイツ】
ゼルケ(35)
プラッテ(70)

▽PK戦
・1人目
アーノルド○ ○ベイカー

・2人目
ゲルハルト× ×エイブラハム

・3人目
フィリップ○ ○チルウェル

・4人目
マイヤー○ ○ワード=プラウズ

・5人目
アミリ○ ×レドモンド

※左が先攻ドイツ、右が後攻イングランド

コメント

関連ニュース

thumb

ベッカム氏、イングランド代表に警鐘「ありきたりな言葉だけど…」

▽マンチェスター・ユナイテッドのレジェンドである元イングランド代表MFデイビッド・ベッカム氏が、ワールドカップについて言及している。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ▽1日にモスクワで行われたロシア・ワールドカップの抽選会で、グループGに振り分けられた6大会連続15度目の出場となるイングランド代表。同グループには2大会連続13回目の出場となるベルギー代表、初出場のパナマ代表、2006年大会以来の本戦出場となるチュニジア代表が同居している。ベルギーを除いてパナマ、チュニジアと格下2チームが属すグループに入ったことで複数メディアは、イングランド代表の2大会ぶり決勝トーナメント進出が間違いないことが報じられている。 ▽しかし、3度のワールドカップに出場したベッカム氏は、「簡単な試合などない」と注意を喚起している。 「ワールドカップでは、どんなチームが相手であっても簡単な試合などない。ありきたりな言葉だけど、これが真実なんだ」 「すべての試合が厳しい展開になる。それは5年前や10年前もそうだったし、今も変わらない」 「ここまで来ると全てのことが重要になってくる。今回の抽選は良いドローだったかもしれない。それでもタフな戦いになるだろう」 2017.12.04 12:09 Mon
twitterfacebook
thumb

21年過ごしたイングランドとW杯で同居するベルギー代表指揮官マルティネスが「大きな問題を抱えている」と告白

▽ベルギー代表のロベルト・マルティネス監督が、ロシア・ワールドカップ(W杯)の組み合わせ抽選結果についてコメントした。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ▽欧州予選を1番乗りで突破したベルギーは、1日に行われた組み合わせ抽選の結果、イングランド、パナマ、チュニジアと同居した。 ▽マルティネス監督は、スウォンジーやウィガン、エバートンなどプレミアリーグのクラブで指揮を執った経験があり、イングランドに長年在住。縁深い国との対戦が決定した。 ▽さらに、MFケビン・デ・ブライネ(マンチェスター・シティ)やGKティボー・クルトワ(チェルシー)、DFヤン・ヴェルトンゲン(トッテナム)、MFエデン・アザール(チェルシー)、FWロメル・ルカク(マンチェスター・ユナイテッド)など、プレミアリーグでプレーする選手が多いベルギー代表。マルティネス監督は、イングランドに対して隠し事はないとしながらも、大きな問題を抱えていると冗談交じりに語った。 「イングランドに対して、我々が秘密にすることはない。我々のチームの95%がプレミアリーグでプレーしているからだ」 「素晴らしい世代のイングランドとベルギーの才能溢れる選手たちは、プレミアリーグに化学反応をもたらす」 「ガレス(・サウスゲイト)をフットボール界の紳士として本当に賞賛する。イングランド戦は、両国にとって良い指標となるだろう」 「ただ、私は大きな問題を抱えている。私の娘がイングランド人なんだ。彼女がどちらのチームを応援するのかを知っておく必要があるね」 「ワールドカップはどこが本命かということではない。準備はもう始まっている」 ▽また、イングランド以外に同居した2カ国についてもコメント。楽しみにしていることを明かした。 「パナマとチュニジアと対戦できることは非常に良い結果だ。他の国たちとは全く異なるアプローチを取るだろう」 「パナマは予選でアメリカを下している。我々はしっかりとマネジメントしなくてはいけない。チュニジアは予選ではとても強いチームだった」 2017.12.02 17:31 Sat
twitterfacebook
thumb

“言い訳の許されない組”に入ったイングランド…指揮官は「簡単なグループではない」と強調

イングランド代表のガレス・サウスゲイト監督は、ワールドカップで同組となるパナマとチュニジアは決して簡単な相手ではないと話している。<br><br>1日にモスクワで2018FIFAワールドカップ ロシアの抽選会が行われた。イングランドはグループGに振り分けられ、2006年以来の本戦出場となるチュニジア、初出場のパナマ、そしてプレミアリーグで多数の選手が活躍するベルギーと同組に入ることが決定した。<br><br>複数のメディアが&ldquo;言い訳の許されないグループ&rdquo;とイングランドの決勝トーナメント進出は間違いないと報じているものの、サウスゲイト監督は2大会ぶりのグループステージ突破に向け、十分な準備が必要と考えているようだ。<br><br>『BBC』のインタビューを受けたサウスゲイト監督は「簡単なグループに入ったって? そのようなことはないと思う。すべての試合に向けて十分な準備をしなければならない」と強調。<br><br>続けて、フランス・ワールドカップでチュニジアと対戦した経験のある同指揮官は「チュニジアと聞いて最初に思い起こすのは、1998年の試合だ。あれはとても素晴らしい日で、良い思い出だ。しかし、現状でアフリカチームの情報や準備は十分とは言えないから、今からそのことを考えたい」と話している。<br><br>また、グループ内で最も難しい相手と考えられるベルギーについて「彼らは突出したチームだ。彼らはFIFAランキングで我々よりも上にいる。この組で一番のクオリティを持つ相手だ」と警戒を強めた。<br><br>さらに、サウスゲイト監督は「ワールドカップの舞台に再び立てることは非常に素晴らしいことだ。私にとって最高の旅になるだろう。母国のためにワールドカップを戦うことは非常に名誉なことだが、監督としてこの大会で指揮を執れることはそれよりはるかに素晴らしいことだ」と指揮官として20年ぶりの大舞台に立てる喜びを語っている。<br><br>提供:goal.com 2017.12.02 11:00 Sat
twitterfacebook
thumb

今日の誕生日は誰だ! 11月30日はJリーグにも貢献してくれたあの名物解説者

◆ギャリー・リネカー 【Profile】 国籍:イングランド 誕生日:1960/11/30 クラブチーム:レスター・シティ、エバートン、バルセロナ、トッテナム、名古屋グランパス※現在は引退 ポジション:FW 身長:177cm 体重:74kg ▽『今日の誕生日は誰だ!』本日、11月30日は元イングランド代表で現在はサッカー解説者を務めるギャリー・リネカー氏をご紹介。 ▽現在はサッカー解説者として歯に衣着せぬ物言いで度々紙面を賑わせているリネカー氏だが、現役時代の姿はその俊敏な動きから“山猫”とも呼ばれたスコアラーだ。イングランド代表で主将も務めた同氏は、1986年のメキシコ・ワールドカップで6ゴールを記録。あのディエゴ・マラドーナ氏を抑えて得点王に輝いている。また、リネカー氏は代表だけでなくレスター・シティ、エバートン、バルセロナ、トッテナムそれぞれでも爆発的な得点力を発揮した。 ▽そして、Jリーグ開幕年の1993年には名古屋グランパスに移籍する。日本のサッカー界に多大なる貢献をしたことは間違いないものの、2シーズンを過ごして18試合4ゴールという不本意な数字に。1994シーズン終了後にそのキャリアを終えた。そんなリネカー氏は、なんと現役生活20年間で1度も警告・退場を受けたことがない。その紳士的な人柄も相まってか、イギリス国民からは今なお絶大な人気を誇っている。 ▽現在では人気解説者として『BBC』や『スカイ・スポーツ』で活躍するリネカー氏は、2015-16シーズンに故郷のクラブ、レスターが快進撃をみせるとリーグ折り返しを目前にして「レスターが優勝したらパンツ一丁でTVに出演する」と宣言する。その後、“ミラクル・レスター”は最後まで勢いを保ちプレミアリーグを制覇。同氏は宣言通りトランクス一丁でTV番組に出演し、普段通りに視界を進行するというシュールな光景が繰り広げられた。 ※誕生日が同じ主な著名人 ナイジェル・デ・ヨング(サッカー選手/ガラタサライ) マグヌス・カールセン(チェスプレーヤー) リドリー・スコット(映画監督/代表作『エイリアン』) 斉藤和巳(元野球選手) 宮崎あおい(女優) 満島ひかり(女優) 藍井エイル(歌手) 知念侑李(アイドル/Hey! Say! JUMP) 伊藤純奈(アイドル/乃木坂46) 2017.11.30 07:00 Thu
twitterfacebook
thumb

“ワンダーボーイ”オーウェンがついにデビュー!初のジョッキー挑戦に「楽しみでしょうがない」

▽かつて“ワンダーボーイ”と称され、イングランド代表FWとしても活躍したマイケル・オーウェン氏が騎手デビューを果たすこととなった。イギリス『FourFourTwo』が報じた。 ▽リバプールやニューカッスル、レアル・マドリー、マンチェスター・ユナイテッドで点取り屋として活躍したオーウェン氏。現役時代から競馬が好きであり、引退後は馬主としての活躍も有名であった。 ▽そんなオーウェン氏は、予告通り24日にイギリス・アスコット競馬場で行われるプリンスズ・カントリーサイド・ファンド・チャリティイベントでデビューするとのこと。4歳のカルダープリンスに騎乗するとのことだ。 ▽オーウェン氏は今夏から騎乗のトレーニングを積んでおり、減量もしっかりと行い本気モード。デビューを直前に控え、イギリス『レーシングUK』で心境を語った。 「レースが近づくにつれて、神経質になっているし興奮している」 「私にとっては大きな学習曲線だった。当初は簡単なことかと思っていたが、それが創造を超えていて、本当に大変なことであることを実感した」 「朝から馬に乗り、競馬場で急に走りだされ僕は投げ飛ばされた。途方もない数カ月間だったよ」 「僕はアスコットのオーナーとして成功したけど、これは全く別の経験であり、楽しみでしょうがないね」 2017.11.24 12:35 Fri
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース