守護神ポラースベックが大仕事! ドイツがPK戦でイングランドを退け、4大会ぶり2度目の決勝進出!《U-21欧州選手権2017》2017.06.28 04:00 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽U-21欧州選手権2017準決勝のU-21イングランド代表vsU-21ドイツ代表が27日に行われ、2-2で120分間の戦いが終了。その後、PK戦を4-3で制したドイツが2009年のスウェーデン大会以来、4大会ぶり2度目(東ドイツ、西ドイツ時代を除く)の決勝進出を果たした。

▽グループAを首位通過したイングランドは、グループ最終節のU-21ポーランド代表戦から2選手を変更。[4-3-1-2]を採用したイングランドはGKにピックフォード、4バックに右からホルゲイト、チャンバース、モーソン、チルウェル、中盤はチャロバーの1アンカーに、左右のインサイドハーフにワード=プラウズ、ヒューズ、トップ下にベイカー、2トップにエイブラハムとグレイを配した。

▽一方のドイツは、グループCをU-21イタリア代表に次ぐ2位で終えるも、3グループの2位チームで最上位となり、準決勝進出。グループ最終節のイタリア戦からは3選手を変更。[4-2-3-1]を採用したドイツはGKにポラースベック、4バックに右からトルジャン、ユング、ケンプ、ゲルハルト。中盤はハベラーとアーノルドの2セントラルMFに、2列目は右からフィリップ、マックス・マイヤー、ニャブリ、1トップにゼルケが入った。

▽試合は立ち上がりから互いに攻め合う展開に。開始2分にはマイヤーのスルーパスに抜け出したゼルケがボックス内でDFチャンバースと交錯して倒れるが、主審はこのプレーでPKを与えず。

▽すると、直後の4分にはボックス右で見事な仕掛けを見せたヒューズがゴールライン際でマイナスに折り返す。ゴール前のエイブラハムが良い反応を見せたが、直前でDFユングのブロックに遭う。さらに7分にはヒューズの中央突破からボックス内でスルーパスを受けたグレイが続けてシュートを放つが、一度目は相手DFのブロック、2度目は体勢を崩しながらも右手を伸ばしたGKポラースベックの圧巻のワンハンドセーブに阻まれた。

▽時間の経過と共にボールを保持してイングランドを押し込むドイツは、マイヤーを起点にニャブリやゼルケが再三の決定機を創出。そして35分、バイタルエリア右で持ち上がったマイヤーのスルーパスに抜け出したトルジャンがボックス右で折り返すと、これをニアに走り込んだゼルケが豪快なヘディングでゴール右隅に決めた。

▽劣勢の流れの中で先制を許したイングランドだったが、序盤から可能性を感じさせていたセットプレーから同点に追いつく。41分、右CKの場面でキッカーのワード=プラウズがアウトスウィングのボールを入れると、ファーサイドで競り勝ったチャンバースが右足でシュート。これはDFにブロックされるも、こぼれ球に反応したグレイが見事な左足ボレーでゴールネットを揺らした。

▽1-1のイーブンで迎えた後半、追いついた勢いに乗るイングランドが早々に勝ち越す。50分、相手陣内右サイド深くでニャブリの不用意なパスをカットしたヒューズがそのままボックス内に持ち込んでグラウンダーの折り返し。これをゴール前のエイブラハムが泥臭く押し込んだ。

▽この試合、初めてビハインドを背負ったドイツはすぐさま反撃を開始。57分には左サイドでアーノルドが入れたクロスがゴール前の密集を抜けてファーでフリーのトルジャンの元へ。しかし、トルジャンの右足ボレーはサイドネットを叩き、絶好の同点機を逸した。

▽その後、イングランドがチャロバー、ドイツがゼルケと互いに負傷者を出した中、それぞれマーフィー、プラッテと交代選手が投入される。すると、この選手交代が試合を動かす。70分、ドイツの左CKの場面でキッカーのアーノルドが左足でアウトスウィングのボールを入れると、ニアでDFを振り切ったU-21ドイツ代表初キャップのプラッテが豪快に頭で叩き込み、値千金のデビュー弾を記録した。

▽伏兵の一発で一気に流れを引き寄せたドイツは、追いついた直後の70分過ぎにボックス内でパスを受けたフィリップ、ニャブリに続けて決定機が訪れるが、GKピックフォードのビッグセーブに阻まれ、勝ち越しゴールとはならず。

▽その後もドイツペースが進む中、イングランドはグレイとヒューズを下げてレドモンドとスウィフト、ドイツはユングとニャブリを下げてケフラー、アミリを投入し勝ち越しゴールを狙うも、90分間で決着は付かず。今大会初の延長戦へと突入することになった。

▽延長戦に入ると、足が完全に止まったイングランドに対して、ドイツがワンサイドゲームを展開する。だが、GKピックフォードを中心に最後の場面で粘るイングランドの守備を前に、やや決定力を欠くドイツの攻撃は不発。延長後半終了間際にはボックス右で仕掛けたトルジャンからの高速クロスにファーでドフリーのアミリが飛び込むが、わずかに届かず。決勝進出の行方はPK戦に委ねられることになった。

▽ドイツの先攻で行われたPK戦では、それぞれ2人目のゲルハルト、エイブラハムがGKに止められるも3-3のイーブンで運命の5人目を迎える。先攻ドイツのアミリが冷静に左隅へ決めるが、後攻イングランドのレドモンドの左を狙ったシュートはGKポラースベックのビッグセーブに遭い、激闘に終止符が打たれた。PK戦までもつれ込んだものの順当な勝利を飾ったドイツは、2009年のスウェーデン大会以来、4大会ぶり2度目の決勝進出を果たした。なお、ドイツは30日にU-21スペイン代表vsU-21イタリア代表の勝者との決勝に臨む。

▽一方、トゥーロン国際大会、U-20ワールドカップと今年行われたアンダー年代の主要大会で快進撃を続けてきたイングランドだが、2009年のスウェーデン大会決勝に続きドイツに敗れ、1984年以来17大会ぶりの優勝はならなかった。

◆準決勝
U-21イングランド 2-2(PK:3-4) U-21ドイツ
【U-21イングランド】
グレイ(41)
エイブラハム(50)
【U-21ドイツ】
ゼルケ(35)
プラッテ(70)

▽PK戦
・1人目
アーノルド○ ○ベイカー

・2人目
ゲルハルト× ×エイブラハム

・3人目
フィリップ○ ○チルウェル

・4人目
マイヤー○ ○ワード=プラウズ

・5人目
アミリ○ ×レドモンド

※左が先攻ドイツ、右が後攻イングランド

コメント

関連ニュース

thumb

FIFA公式がロシアW杯ベストイレブンを発表! ヤングやパウリーニョら“クセがすごい”選出も…

▽国際サッカー連盟(FIFA)は17日、ロシア・ワールドカップ(W杯)のチーム・オブ・ザ・トーナメント(ベストイレブン)を発表した。 ▽6月14日から7月15日までの約1カ月間に渡って開催されていたロシア・ワールドカップ(W杯)は、フランスの20年ぶり2度目の優勝で幕を閉じた。大会を通じて多くの選手が輝いた中、FIFAは今大会のベストイレブンを選出した。 ▽[4-2-3-1]の布陣が採用された中、GKにはフランス代表キャプテンのGKウーゴ・ロリスがベルギー代表GKティボー・クルトワ、イングランド代表GKジョーダン・ピックフォードらを抑えて選出された。 ▽最終ラインでは今大会最多のチャンスクリエイトを見せたイングランド代表DFキーラン・トリッピアー、決勝に進出したフランスとクロアチアのディフェンスリーダーのDFラファエル・ヴァラン、DFデヤン・ロブレンが選出。さらに、サプライズとなったのがイングランド代表MFアシュリー・ヤングが左サイドバックで選出されたことだった。 ▽中盤では2セントラルハーフに大会MVPのクロアチア代表MFルカ・モドリッチとブラジル代表MFパウリーニョ、2列目は右からベルギー歴代最高位の立役者のMFエデン・アザール、フランスのエースFWアントワーヌ・グリーズマン、ブラジル代表のエースFWネイマールが選出された。 ▽そして、1トップには今大会最優秀若手選手に選出されたフランス代表FWキリアン・ムバッペが選出された。 ▽通常、こういったベストイレブンなどの各賞の選出には多くの異論が出るものだが、今回に関してはロリス、パウリーニョ、ネイマール、ヤングの選出に批判が集まっている。大会最優秀GKのクルトワを抑えての選出となったロリスに関しては決勝戦の信じがたいミスがなければ、優勝チームのキャプテンという事情もあり選出に異論が出ることはなかったかもしれない。 ▽その一方で、フランス代表MFエンゴロ・カンテや同MFポール・ポグバ、クロアチア代表MFイバン・ラキティッチ、同FWイバン・ペリシッチ、ベルギー代表MFケビン・デ・ブライネを抑えてパウリーニョ、ネイマールが選出されたのも解せないところだ。 ▽それ以上にサプライズとなったのは今大会を通じてセットプレーのキッカーとしてまずまずの存在感を見せたものの、流れの中ではさほど目立たなかったヤングの選出だ。左サイドバックに関してはフランスの優勝に貢献したDFリュカ・エルナンデスやブラジル代表DFマルセロらもいただけに、“クセがすごい”選出と言わざるを得ないだろう。 ◆FIFA公式ロシアW杯ベストイレブン GK ウーゴ・ロリス(フランス) DF キーラン・トリッピアー(イングランド) ラファエル・ヴァラン(フランス) デヤン・ロブレン(クロアチア) アシュリー・ヤング(イングランド) MF エデン・アザール(ベルギー) パウリーニョ(ブラジル) アントワーヌ・グリーズマン(フランス) ルカ・モドリッチ(クロアチア) ネイマール(ブラジル) FW キリアン・ムバッペ(フランス) 2018.07.18 16:05 Wed
twitterfacebook
thumb

W杯得点王のケインに伊紙が皮肉「称賛のない得点王。急速に勢力失ったハリケーン」

ロシア・ワールドカップの得点王に輝いたイングランド代表FWハリー・ケインについて、イタリア紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』は15日、「光より影が多かった」と皮肉に綴っている。<br><br>ロシアW杯では、6ゴールを挙げたイングランドのエース、ケインが得点王に輝いた。ケインは、グループリーグ初戦のチュニジア戦で2ゴールを挙げたほか、第2戦のパナマ戦ではハットトリック(うちPK2点)を達成。さらに決勝トーナメント1回戦コロンビア戦で1ゴール(PK)をマークした。だが得点の大部分がグループリーグであったことから、イタリア紙は「ケイン、悪評もなければ称賛もない得点王。ハリケーンは急速に勢力を失った。閃光のように大会のスタートを切ったが、グループリーグ以降消えてしまった」と皮肉を綴った。<br><br>イングランド代表としては、ギャリー・リネカー氏以来の32年ぶりの快挙だが、パフォーマンスには物足りないものがあったと指摘されている。<br><br>「イングランド代表では1986年W杯のギャリー・リネカー氏以来となる得点王となったが、トッテナムFWは、光より影が目立った。ロシアでストライカーの王座を獲得したという満足感は残るが、イングランド代表FWの大会は、スタートは良くても終わりはむしろ酷いものだったことは否定できない」<br><br>「最初の2試合では圧倒したが、その後、ほとんどレーダーから消えてしまったのは残念だ。ラウンド16のコロンビア戦で1ゴールを決めただけで、それもPKだ。最後にイングランドのサポーターの記憶に残ったのは、準々決勝スウェーデン戦でのケインの色あせたパフォーマンスや、準決勝クロアチア戦での大きな2つのミスだろう。これにより(ギャレス)サウスゲート率いるチームは決勝進出を逃してしまった」<br><br>そして最後に、「偉大なアタッカーであるケインだけに、もっと結果が期待されていたのは当然だ」と結論付けた。<br><br>提供:goal.com 2018.07.16 18:05 Mon
twitterfacebook
thumb

得点王は6ゴールを挙げたイングランドのケイン《ロシアW杯》

▽ロシア・ワールドカップ(W杯)の全日程が15日に終了し、フランス代表が5大会ぶり2度目の優勝を飾った。大会得点王に輝いたのは6ゴールを挙げたイングランド代表FWハリー・ケインとなった。 ▽ケインは今大会6試合に先発。グループステージ第1節のチュニジア戦で2ゴールを挙げると、続く第2節のパナマ戦でハットトリックを達成。そして決勝トーナメント1回戦のコロンビア戦でPK弾を決めて計6ゴールを挙げ、イングランドの7大会ぶりとなるベスト4進出に貢献した。 ▽なお、イングランド人の得点王は1986年大会のギャリー・リネカー氏以来2人目となる。 【6ゴール】 ケイン(イングランド) 【4ゴール】 ムバッペ(フランス) グリーズマン(フランス) チェリシェフ(ロシア) C・ロナウド(ポルトガル) ルカク(ベルギー) 【3ゴール】 ジューバ(ロシア) カバーニ(ウルグアイ) ジエゴ・コスタ(スペイン) アザール(ベルギー) ミナ(コロンビア) 2018.07.16 02:47 Mon
twitterfacebook
thumb

文句なしでイングランドのベストプレーヤー! トリッピアーが今大会出場選手最多の決定機演出

▽イングランド代表は14日に行われたロシア・ワールドカップ(W杯)3位決定戦でベルギー代表に0-2で敗れ、今大会を4位でフィニッシュした。下馬評はそこまで高くなかったイングランドの健闘の中でトッテナムDFキーラン・トリッピアーの貢献度は非常に高かった。 ▽今大会右ウイングバックのレギュラーとしてプレーしたトリッピアーは、グループリーグ最終節のベルギー戦を除く6試合に出場。豊富な運動量と安定した守備に加え、ビルドアップの局面では正確なパスを散らした。さらに、チュニジア代表との開幕戦では先制点をアシストし、準決勝のクロアチア代表戦では見事な直接FKで今大会初ゴールを記録した。 ▽さらにイギリス『BBC』のサッカー番組『Match of the Day』の伝えるところによれば、トリッピアーは今大会を通じて24回の決定機を演出しており、これは今大会出場選手中最多の記録となったという。 ▽今回のW杯では得点ランキングトップの6ゴールを記録したエースでキャプテンのトッテナムFWハリー・ケイン、再三の好守を連発した若き守護神のエバートンGKジョーダン・ピックフォードの活躍も見事だったが、攻守両面で異次元の働きぶりを見せたトリッピアーこそスリーライオンズのベストプレーヤーに相応しいのかもしれない。 2018.07.15 14:49 Sun
twitterfacebook
thumb

サウスゲイト、W杯4位に充実感も「我々はベスト4だが、トップ4ではない」

▽イングランド代表を率いるガレス・サウスゲイト監督が、ロシア・ワールドカップ(W杯)を振り返った。『FIFA.com』が伝えている。 ▽イングランドは14日、ロシアW杯決勝トーナメント・3位決定戦でベルギー代表と対戦。グループステージ最終節でも対戦した相手に開始4分で先制点を与えてしまうと、82分にも追加点を奪われてしまい、0-2に。そのまま試合は終了し、大会を4位で終えた。 ▽試合後、今大会イングランドを28年ぶりベスト4に導いたサウスゲイト監督は、「素晴らしい旅と経験ができた」とコメントしている。 「我々がやってきたことをとても誇りに思っている。今立っている場所は幻想ではない。ただ、ベスト4で終わることができたが、トップ4ということではない。そのことについては理解している」 「とてもベストな相手に対して、我々は不十分であった。それでも素晴らしい旅と経験ができた。選手たちやスタッフにとっても将来的に素晴らしいことだ」 2018.07.15 08:50 Sun
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース