守護神ポラースベックが大仕事! ドイツがPK戦でイングランドを退け、4大会ぶり2度目の決勝進出!《U-21欧州選手権2017》2017.06.28 04:00 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽U-21欧州選手権2017準決勝のU-21イングランド代表vsU-21ドイツ代表が27日に行われ、2-2で120分間の戦いが終了。その後、PK戦を4-3で制したドイツが2009年のスウェーデン大会以来、4大会ぶり2度目(東ドイツ、西ドイツ時代を除く)の決勝進出を果たした。

▽グループAを首位通過したイングランドは、グループ最終節のU-21ポーランド代表戦から2選手を変更。[4-3-1-2]を採用したイングランドはGKにピックフォード、4バックに右からホルゲイト、チャンバース、モーソン、チルウェル、中盤はチャロバーの1アンカーに、左右のインサイドハーフにワード=プラウズ、ヒューズ、トップ下にベイカー、2トップにエイブラハムとグレイを配した。

▽一方のドイツは、グループCをU-21イタリア代表に次ぐ2位で終えるも、3グループの2位チームで最上位となり、準決勝進出。グループ最終節のイタリア戦からは3選手を変更。[4-2-3-1]を採用したドイツはGKにポラースベック、4バックに右からトルジャン、ユング、ケンプ、ゲルハルト。中盤はハベラーとアーノルドの2セントラルMFに、2列目は右からフィリップ、マックス・マイヤー、ニャブリ、1トップにゼルケが入った。

▽試合は立ち上がりから互いに攻め合う展開に。開始2分にはマイヤーのスルーパスに抜け出したゼルケがボックス内でDFチャンバースと交錯して倒れるが、主審はこのプレーでPKを与えず。

▽すると、直後の4分にはボックス右で見事な仕掛けを見せたヒューズがゴールライン際でマイナスに折り返す。ゴール前のエイブラハムが良い反応を見せたが、直前でDFユングのブロックに遭う。さらに7分にはヒューズの中央突破からボックス内でスルーパスを受けたグレイが続けてシュートを放つが、一度目は相手DFのブロック、2度目は体勢を崩しながらも右手を伸ばしたGKポラースベックの圧巻のワンハンドセーブに阻まれた。

▽時間の経過と共にボールを保持してイングランドを押し込むドイツは、マイヤーを起点にニャブリやゼルケが再三の決定機を創出。そして35分、バイタルエリア右で持ち上がったマイヤーのスルーパスに抜け出したトルジャンがボックス右で折り返すと、これをニアに走り込んだゼルケが豪快なヘディングでゴール右隅に決めた。

▽劣勢の流れの中で先制を許したイングランドだったが、序盤から可能性を感じさせていたセットプレーから同点に追いつく。41分、右CKの場面でキッカーのワード=プラウズがアウトスウィングのボールを入れると、ファーサイドで競り勝ったチャンバースが右足でシュート。これはDFにブロックされるも、こぼれ球に反応したグレイが見事な左足ボレーでゴールネットを揺らした。

▽1-1のイーブンで迎えた後半、追いついた勢いに乗るイングランドが早々に勝ち越す。50分、相手陣内右サイド深くでニャブリの不用意なパスをカットしたヒューズがそのままボックス内に持ち込んでグラウンダーの折り返し。これをゴール前のエイブラハムが泥臭く押し込んだ。

▽この試合、初めてビハインドを背負ったドイツはすぐさま反撃を開始。57分には左サイドでアーノルドが入れたクロスがゴール前の密集を抜けてファーでフリーのトルジャンの元へ。しかし、トルジャンの右足ボレーはサイドネットを叩き、絶好の同点機を逸した。

▽その後、イングランドがチャロバー、ドイツがゼルケと互いに負傷者を出した中、それぞれマーフィー、プラッテと交代選手が投入される。すると、この選手交代が試合を動かす。70分、ドイツの左CKの場面でキッカーのアーノルドが左足でアウトスウィングのボールを入れると、ニアでDFを振り切ったU-21ドイツ代表初キャップのプラッテが豪快に頭で叩き込み、値千金のデビュー弾を記録した。

▽伏兵の一発で一気に流れを引き寄せたドイツは、追いついた直後の70分過ぎにボックス内でパスを受けたフィリップ、ニャブリに続けて決定機が訪れるが、GKピックフォードのビッグセーブに阻まれ、勝ち越しゴールとはならず。

▽その後もドイツペースが進む中、イングランドはグレイとヒューズを下げてレドモンドとスウィフト、ドイツはユングとニャブリを下げてケフラー、アミリを投入し勝ち越しゴールを狙うも、90分間で決着は付かず。今大会初の延長戦へと突入することになった。

▽延長戦に入ると、足が完全に止まったイングランドに対して、ドイツがワンサイドゲームを展開する。だが、GKピックフォードを中心に最後の場面で粘るイングランドの守備を前に、やや決定力を欠くドイツの攻撃は不発。延長後半終了間際にはボックス右で仕掛けたトルジャンからの高速クロスにファーでドフリーのアミリが飛び込むが、わずかに届かず。決勝進出の行方はPK戦に委ねられることになった。

▽ドイツの先攻で行われたPK戦では、それぞれ2人目のゲルハルト、エイブラハムがGKに止められるも3-3のイーブンで運命の5人目を迎える。先攻ドイツのアミリが冷静に左隅へ決めるが、後攻イングランドのレドモンドの左を狙ったシュートはGKポラースベックのビッグセーブに遭い、激闘に終止符が打たれた。PK戦までもつれ込んだものの順当な勝利を飾ったドイツは、2009年のスウェーデン大会以来、4大会ぶり2度目の決勝進出を果たした。なお、ドイツは30日にU-21スペイン代表vsU-21イタリア代表の勝者との決勝に臨む。

▽一方、トゥーロン国際大会、U-20ワールドカップと今年行われたアンダー年代の主要大会で快進撃を続けてきたイングランドだが、2009年のスウェーデン大会決勝に続きドイツに敗れ、1984年以来17大会ぶりの優勝はならなかった。

◆準決勝
U-21イングランド 2-2(PK:3-4) U-21ドイツ
【U-21イングランド】
グレイ(41)
エイブラハム(50)
【U-21ドイツ】
ゼルケ(35)
プラッテ(70)

▽PK戦
・1人目
アーノルド○ ○ベイカー

・2人目
ゲルハルト× ×エイブラハム

・3人目
フィリップ○ ○チルウェル

・4人目
マイヤー○ ○ワード=プラウズ

・5人目
アミリ○ ×レドモンド

※左が先攻ドイツ、右が後攻イングランド

コメント

関連ニュース

thumb

代表引退を表明したルーニー「メンバーやキャプテンに選ばれたことは毎回まさに特権だった」

イングランド代表からの引退を決意したエバートンFWウェイン・ルーニーが、長きに渡る代表キャリアを振り返った。<br><br>イングランドサッカー協会は、23日にルーニーの代表引退を発表した。ルーニーは、この決断について公式声明を出している。<br><br>その全文は以下のとおり。<br><br>「ガレス・サウスゲートから今週電話をもらい、これからの試合に向けて僕をイングランドのチームに含めたいと言ってくれて、僕はとても喜んだ。<br><br>しかし、以前から長い間悩んでいたけど、ガレスには代表から引退することを伝えたんだ。<br><br>本当にタフな決断で、それについて僕は家族やエバートンの監督、一番親しい人たちと話してきた。<br><br>イングランドのためにプレーするのはいつも僕にとって特別なことだった。メンバーやキャプテンに選ばれるたことは毎回まさに特権。僕を助けてくれたみんなに感謝を告げる。しかし、今が去る時だと信じている。<br><br>マンチェスター・ユナイテッドを離れるのは辛かったが、エバートンといった自分のホームに戻る決断は正しいと確信している。今は彼らが成功をつかむために自分のエネルギーのすべてを注ぎ込みたい。<br><br>僕はこれからもずっとイングランドの情熱的なサポーターであり続ける。僕の少ない後悔の一つは、大会で成功したイングランドの一員になれなかったこと。ガレスが選ぶエキサイティングなプレーヤーたちがこの目標に向かって進めて、誰もがチームを応援してくれることを願う。<br><br>いつの日かこの夢がかなうことを信じている。そして僕はファン、それとも他の役割でその光景を見ることを楽しみにしている」<br><br><br>提供:goal.com 2017.08.24 01:30 Thu
twitterfacebook
thumb

ルーニーがイングランド代表引退を発表

▽FA(イングランドサッカー協会)は23日、エバートンに所属するFWウェイン・ルーニー(31)がイングランド代表から引退することを発表した。 ▽ルーニーは、ユースからトップチームに上がったエバートンでプレーしていた2003年にフル代表初招集。17歳と111日のデビューにより、当時の代表最年少出場記録を更新した。その後、2004年にポルトガルで開催されたユーロ、2006年のドイツ・ワールドカップ、2010年の南アフリカ・ワールドカップ、2012年のポーランドとウクライナが共催したユーロ、2014年のブラジル・ワールドカップ、2016年にフランスで行われたユーロなどの大舞台でプレーした。 ▽イングランド代表としての通算成績は、119試合53得点。出場数はGKピーター・シルトンに次ぐ歴代2位で、得点数はFWボビー・チャールトンを凌いで歴代1位の記録を保持した。 2017.08.23 21:23 Wed
twitterfacebook
thumb

ガスコイン氏が現役時代の驚きのルーティーンを告白! 同僚の○○を握る!?

▽現役時代にトッテナムやニューカッスル、レンジャーズなどで活躍した元イングランド代表MFポール・ガスコイン氏が、現役時代にイングランド代表で行っていた驚きのルーティーンを告白した。イギリス『サン』が伝えている。 ▽現役時代に“ガッザ”の愛称で知られ、当時キック・アンド・ラッシュ全盛期のイングランドで卓越した技術と創造性で多くのフットボールファンを魅了したガスコイン氏。現役引退後にアルコール依存症に苦しめられるなど、エキセントリックな性格や行動でも注目を集めた同氏は、現役時代の一風変わったルーティーンを紹介した。 ▽昨年、亡くなった甥の死をキッカケにジェイ・レノン財団を設立したガスコイン氏は、ニューカッスルで行われたチャリティー・イベントで、イングランド代表時代に、ロッカールームで同僚FWレズ・ファーディナンドの股間を握ってから試合に臨んでいたことを明かした。 「ロッカールームに居た時、レズ・ファーディナンドがちょうど服を脱いでいたんだ。たまたま、彼の下半身を見た時、彼の股間のサイズは衝撃的なものだった。彼の“モノ”を見た時、私は自分の“モノ”の小ささを感じさせられた」 「私は彼の“モノ”のサイズにあまりに感銘を覚えたので、レズのところに行って『どうか、景気づけに君の“モノ”を握らせてくれ』って頼んだよ。その試合で私は美技を連発し、ゴールも決めたんだ。彼の“モノ”のご利益は素晴らしかった。だから、次のウェンブリーでもレズに同じことを頼んだんだ」 ▽なお、1993年から1998年までイングランド代表で共にプレーしたガスコイン氏とファーディナンド氏は、12試合に出場して5ゴールを記録。ガスコイン氏が、1988年から1998年までの代表在籍期間に通算57試合に出場し10ゴールの記録を残していたことを考えると、ファーディナンド氏の“モノ”のご利益は確かにあったのかもしれない。 ▽現役時代にQPRやニューカッスル、トッテナムなどで活躍し、元イングランド代表DFリオ・ファーディナンド氏の従兄弟としても知られるファーディナンド氏は、今回の逸話に関して、「それはナンセンスだね。そんなことは起こらなかったよ。彼は夢の世界にでも行っていたんじゃないのかな」と笑いながら否定している。 2017.08.21 23:45 Mon
twitterfacebook
thumb

エバートンのU-20イングランド代表MFドーウェルがノッティンガム・フォレストにレンタル移籍…U-20W杯優勝メンバー

▽チャンピオンシップ(イングランド2部相当)のノッティンガム・フォレストは3日、、U-20イングランド代表MFキーラン・ドーウェル(19)がエバートンから期限付き移籍で加入することを発表した。加入期間は1年間となる。 ▽エバートンの下部組織出身のドーウェルは、2014-2015シーズンにヨーロッパリーグ(EL)でトップチームデビューを果たすと、翌2015-2016シーズンにはプレミアリーグにも出場。昨シーズンはプレミアリーグでの出場こそ無かったものの、今年5月から6月にかけて行われていたFIFA U-20ワールドカップ2017で7試合に出場し、チームの優勝に貢献した。 2017.08.03 19:53 Thu
twitterfacebook
thumb

元イングランド代表GKポール・ロビンソンが現役引退! スパーズやブラックバーンで活躍

▽元イングランド代表GKポール・ロビンソン(37)が現役引退を発表した。イギリス『スカイ・スポーツ』が17日に伝えた。 ▽リーズの下部組織出身のロビンソンは、1998年にトップチームへ昇格した。2002-03シーズンにレギュラーポジションを掴むと、2004年にトッテナムへ完全移籍。4シーズンを過ごした同クラブでは、2007-08シーズンに自身にとって唯一のタイトルとなったリーグカップを獲得した。 ▽その後、2008年に加入したブラックバーンでは、チャンピオンシップ(イングランド2部)降格を味わうも、7シーズンに渡ってプレー。2015年に加入したバーンリーでは控えGKの立場に甘んじるも、2015-16シーズンにプレミア昇格を果たし、昨シーズンは久々のプレミアの舞台でリーグ戦3試合に出場していた。 ▽また、2003年にデビューを果たしたイングランド代表では通算41試合に出場。2006年のドイツ・ワールドカップでは正GKとして全試合に出場し、ベスト8進出に貢献した。 2017.07.17 20:53 Mon
twitterfacebook


PUMA ONE特集
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース