ドイツにシャットアウト勝利のイタリアが準決勝進出、ベスト4が決定《U-21欧州選手権2017》2017.06.25 05:55 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽U-21欧州選手権2017グループC最終節が24日に行われた。U-21イタリア代表vsU-21ドイツ代表は1-0でイタリアが勝利し、準決勝進出を果たした。敗れたドイツもベスト4に進出している。

▽3日前に行われたU-21チェコ代表戦を1-3と完敗したイタリアは、2試合を終えて1勝1敗の3位に後退。勝利する以外に準決勝進出の可能性がない中、チェコ戦のスタメンから3選手を変更。ペターニャ、カタルディ、カラブリアに代えてガリアルディーニ、キエーザ、バレッカがスタメンとなった。

▽一方、U-21デンマーク代表戦を3-0と快勝したドイツは2連勝で首位に立つ。敗れても他会場の結果次第で準決勝進出となるドイツだが、デンマーク戦と同様のベストメンバーを送り出した。

▽[4-3-3]を継続したイタリアは3トップに右からベラルディ、ベルナルデスキ、キエーザと並べ、中盤アンカーにガリアルディーニ、両インサイドにペッレグリーニとベナッシを配置した。

▽勝利することでしか準決勝進出の可能性がないイタリアが積極的な入りを見せると、13分に右クロスからベナッシがヘディングシュート。しかし、これはGKにセーブされてしまう。

▽その後も21分にベナッシがミドルシュートで、26分にベルナルデスキが直接FKでゴールをこじ開けにかかると、31分に先制する。敵陣高い位置でダフードからペッレグリーニがボールを奪うと、ルーズとなったボールをベルナルデスキが拾ってボックス内に侵入。冷静にGKとの一対一を制した。

▽リードしたイタリアは先制以降、ドイツにボールを持たせて自陣に引き、1-0で前半を終えた。

▽迎えた後半もドイツにボールを持たせたイタリアは、58分にピンチ。しかし、ヴァイザーの左足ミドルは枠を外れた。

▽攻め手の乏しいドイツが67分にM・マイヤーに代えてM・フィリップを投入してきたのに対し、イタリアは引き続き辛抱強く守備に徹していく。すると79分に決定機。ボックス手前左からベルナルデスキが左足アウトで上げた絶妙なクロスをボックス右に走り込んだA・コンティがボレー。しかし、枠を捉えきれなかった。

▽終盤にかけても集中した守備を続けたイタリアはドイツをシャットアウト。首位に浮上し、スペインの待つ準決勝へ進出した。一方、敗れて2位に後退したドイツはAグループ首位のイングランドと対戦することとなった。

▽グループCのもうひと試合は、チェコがデンマークとの打ち合いを2-4と敗れたことで2位から最下位に転落し、グループステージ敗退に終わっている。

◆グループC最終節
U-21イタリア 1-0 U-21ドイツ
【U-21イタリア】
ベルナルデスキ(31)

U-21チェコ 2-4 U-21デンマーク
【U-21チェコ】
シック(27)
チョリー(54)
【U-21デンマーク】
アンデルセン(23)
ゾオレ(35、73)
イングヴァルトセン(90+1)

◆グループC順位表
勝ち点(得点、失点、得失点)
1. イタリア 6(4/3/+1)
2. ドイツ 6(5/1/+4)
3.デンマーク 3(4/7/-3)
4.チェコ 3(5/7/-2)

コメント

関連ニュース

thumb

イタリア代表がヴェントゥーラ監督と2020年まで契約延長!

▽イタリアサッカー連盟(FIGC) は9日、イタリア代表を率いるジャンピエロ・ヴェントゥーラ監督との契約を2020年まで延長したことを発表した。 ▽FIGCのカルロ・タヴェッキオ会長は、9日にFIGA本部で行われた記者会見で以下のようにコメント。 「ジャンピエロ・ヴェントゥーラは2020年までイタリア代表監督を行う。我々は彼に絶大な信頼を置いている」 ▽ヴェントゥーラ監督は、ユーロ2016で退任したアントニオ・コンテ監督(現チェルシー監督)の後任として、イタリア代表監督に就任。これまで代表戦10試合を率い7勝1敗2分けの成績を収めている。 2017.08.10 03:08 Thu
twitterfacebook
thumb

バロテッリが友人のフェラーリで時速200キロ爆走!

▽ニースの元イタリア代表FWマリオ・バロテッリが、またもや騒動を起こしたようだ。スペイン『マルカ』がイタリア紙『ジョルナーレ・デ・ヴィンチェンツァ』を引用して伝えている。 ▽インテル、マンチェスター・シティ、リバプール、ミランといったビッグクラブを渡り歩きながらも、素行の悪さや好不調の波があることが問題視されていたバロテッリは昨夏、ニースに入団。すると、2014⁻2015、2015-2016シーズンの2シーズンの合計で7得点にとどまっていた同選手が、ニースでの初年度であった2016-2017シーズンに公式戦28試合17得点を記録して復活を果たした。 ▽新天地で再び評価を高めているバロテッリだが、待望の新シーズンが始まる矢先にまたもや騒動を起こしたようだ。5日の午後、友人のフェラーリを借りた同選手は、イタリアの世界遺産があることで知られるヴィチェンツァに向かう道路を時速200キロで爆走。現地警察に追走されると、パドヴァの手前で車を停め、違反点数として5ポイントが計上されたとのことだ。 2017.08.09 16:05 Wed
twitterfacebook
thumb

69歳ヴェントゥーラ、伊代表史上最高齢の指揮官に…既に最高齢記録の年齢を超える

9月のロシア・ワールドカップ欧州予選スペイン戦で、イタリア代表の指揮官ジャンピエロ・ヴェントゥーラが最高齢記録を更新することになると、イタリアのサッカー情報サイト『ヌメリ・カルチョ』が報じている。<br><br>現在、イタリア代表監督の最高齢記録は、1975年6月8日に代表の指揮を執ったフッフォことフルヴィオ・ベルナルディーニ氏の69歳5カ月11日となっている。1948年1月14日生まれのヴェントゥーラ監督は、26日で69歳5カ月12日を迎えた。このため、次の公式戦となるスペイン戦で指揮を執れば、イタリア代表史上最高齢の監督として認定され、単独トップに立つことになる。なお現段階で3位はパオロ・マルディーニ氏の父として知られるチェーザレ・マルディーニ氏の66歳4カ月28日、4位はジョヴァンニ・トラパットーニ氏の65歳3カ月5日となっている。<br><br>また昨年7月18日の代表監督就任時においても、ヴェントゥーラ監督は68歳5カ月と史上2番目に高齢の記録となっており、1974年9月28日に68歳9カ月で就任したベルナルディーニ氏に次ぐとして話題となった。<br><br>イタリア代表監督 最高齢記録1位 フルヴィオ・ベルナルディーニ 69歳5カ月11日<br />2位 ジャンピエロ・ヴェントゥーラ 69歳4カ月28日(5日のリヒテンシュタイン戦の時点)<br />3位 チェーザレ・マルディーニ 66歳4カ月28日<br />4位 ジョヴァンニ・トラパットーニ 65歳3カ月5日<br />5位 ヴィットリオ・ポッツォ 62歳5カ月3日<br />6位 マルチェロ・リッピ 62歳2カ月12日<br><br><br>提供:goal.com 2017.06.28 05:52 Wed
twitterfacebook
thumb

スペイン、サウールの圧巻ハットで10人イタリア撃破! ドイツの待つ決勝行きを決める!《U-21欧州選手権2017》

▽U-21欧州選手権2017準決勝のU-21スペイン代表vsU-21イタリア代表が27日に行われ、3-1で勝利したスペインが2大会ぶり7度目の決勝進出を決めた。 ▽グループBを首位通過したスペインは、グループ最終節のU-21セルビア代表戦から先発全員を変更。[4-3-3]を採用したスペインはGKにケパ、4バックに右からベジェリン、メレ、バジェホ、ジョニー。中盤はアンカーにマルコス・ジョレンテ、インサイドハーフにダニ・セバージョスとサウール・ニゲス、3トップは右からデウロフェウ、サンドロ・ラミレス、アセンシオという並びとなった。 ▽一方、グループCを首位通過したイタリアは、U-21ドイツ代表戦から先発2人を変更。[4-4-2]を採用したイタリアはGKにドンナルンマ、4バックは右からカラブリア、カルダーラ、ルガーニ、バレッカ。中盤は右からベナッシ、ガリアルディーニ、ペッレグリーニ、キエーザ、2トップはベルナルデスキとペターニャのコンビとなった。 ▽開始3分に左サイドからカットインしたキエーザがファーストシュートを放つなど、イタリアが積極的な入りを見せる。その後もサイドを起点にシンプルな仕掛けを続けるイタリアは、ベルナルデスキやペッレグリーニがミドルレンジからのシュートでゴールを脅かすが、GKケパに阻まれる。 ▽一方、時間の経過と共にペースを握ったスペインだが、相手の堅牢な守備を前に持ち味のパスワークは影を潜め、なかなか効果的な攻めを見せられない。それでも、31分にはカウンターから右サイドのセバージョスが折り返したボールをボックス左のデウロフェウが受けてフィニッシュに持ち込むが、このシュートはミラン同僚のGKドンナルンマを脅かすまでには至らず。 ▽その後も攻め合う姿勢を見せた両者だったが、やや見せ場の少ない拮抗した前半はゴールレスで終了した。 ▽迎えた後半、前半とは打って変わって早い時間帯にスコアが動く。53分、左サイドからドリブルで中央へ切り込んだセバージョスのパスを足元に受けたサウールがボックス手前中央で左足を振り抜くと、これがゴール右隅の絶妙なコースに決まった。 ▽ビッグマッチで強さを発揮するサウールに仕事を許したイタリアは、57分に反撃のチャンス。右サイド深くでキエーザが上げたクロスをボックス左に走り込んだベナッシがワンタッチで折り返すが、逆サイドのペッレグリーニは反応が遅れてしまい、これをフィニッシュに繋げられない。すると58分、後半立ち上がりに1枚カードをもらっていたガリアルディーニが不用意にセバージョスを倒してしまい、2枚目の警告を受けて退場処分となった。 ▽ビハインドに加えて数的不利を背負う絶体絶命の状況を強いられたイタリアだったが、頼れる10番の左足が同点ゴールをもたらす。62分、右サイドからDFジョニーを引き連れながら強引に切り込んだベルナルデスキがボックス手前左で左足を一閃。DFバジェホが出した右足に当たってわずかにコースが変わったシュートがゴール左に吸い込まれた。 ▽一瞬の隙を突かれて試合を振り出しに戻されたスペインだったが、こちらもサウールの左足が火を噴く。65分、バイタルエリア中央でデウロフェウから短い横パスを受けたサウールが豪快に左足を振り抜くと、強烈な無回転ミドルがゴール右隅に突き刺さった。 ▽追いついた直後に失点するまずい試合運びとなったイタリアは、キエーザに代えてロカテッリ、ペターニャに代えてチェッリを投入して流れを変えにかかるが、勢い付いたスペインを止められない。 ▽すると74分、カウンターから左サイドを突破したアセンシオがボックス内に持ち込む。そして、中央に走り込む味方を確認して絶妙なマイナスの折り返しを送ると、これをまたしてもサウールが左足で左隅に流し込み、圧巻のハットトリックを達成した。 ▽その後、サンドロ・ラミレス、デウロフェウ、セバージョスを下げてイニャキ・ウィリアムズ、デニス・スアレス、オヤルサバルと豪華な控えメンバーを投入して試合をクローズしたスペインが難敵イタリアに3-1の完勝。5得点で得点ランキングトップに立ったサウールの見事な活躍で勝ち切ったスペインが、2大会ぶり7度目の決勝進出を果たした。 ▽なお、スペインは30日に行われる決勝でU-21イングランド代表を破ったドイツと対戦する。 ◆準決勝 U-21スペイン <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">3</span>-1 U-21イタリア 【U-21スペイン】 サウール・ニゲス(53) サウール・ニゲス(65) サウール・ニゲス(74) 【U-21イタリア】 ベルナルデスキ(63) 2017.06.28 05:51 Wed
twitterfacebook
thumb

イタリア、チェコに3発完敗でGS突破に暗雲《U-21欧州選手権2017》

▽U-21欧州選手権2017グループA第2節、U-21チェコ代表vsU-21イタリア代表が21日に行われ、3-1でチェコが快勝した。 ▽初戦のU-21デンマーク代表戦を2-0と勝利したイタリアは、その試合のスタメンから3選手を変更。ガリアルディーニ、ベナッシ、バレッカがベンチスタートとなった。初戦同様[4-3-3]を採用したイタリアは、GKにドンナルンマ、4バックに右からA・コンティ、ルガーニ、カルダーラ、カラブリア、中盤アンカーにカタルディ、両インサイドにペッレグリーニとグラッシ、3トップに右からベラルディ、ペターニャ、ベルナルデスキと並べた。 ▽初戦のU-21ドイツ代表戦を0-2で完敗したチェコに対し、立ち上がりからボールを保持して押し込むイタリアは12分に決定機。ボックス内からベルナルデスキがシュートに持ち込んだが、GKの守備範囲に飛んでセーブされてしまった。 ▽徐々に拮抗した展開に持ち込まれたイタリアは24分に失点する。ルガーニがスリップしてトラブニクにドリブルで持ち上がられると、ペナルティアーク中央からミドルシュート。これがゴール左に決まった。 ▽先制されたイタリアはその後もボールを保持するものの攻めあぐねる中、34分にペターニャの右足ミドルで同点弾に近づく。しかし枠を捉えきれず、前半を1点ビハインドのまま終えた。 ▽迎えた後半も押し込むイタリアは、52分にベラルディが枠内シュートをマーク。ゴールが遠いイタリアはグラッシに代えてキエーザを投入。攻勢を強めると、63分にベラルディの直接FKでGKを強襲した。 ▽その後も押し込むイタリアは70分に同点とする。ロングボールに抜け出したベラルディがGKと一対一となり、最後は頭で押し込んだ。さらに76分にはロングカウンターから決定機。ベラルディが持ち上がってスルーパスを送り、ペターニャがループシュート。しかし、わずかに枠の上に外れた。 ▽すると79分、チェコが少ないチャンスを活かして勝ち越しに成功する。チョリーのラストパスを受けたハブリクがボックス中央からシュート。これがゴール左隅に決まった。 ▽再び追う展開となったイタリアがカタルディに代えてアタッカーのチェッリを投入してきたのに対し85分、チェコが勝負を決定付ける。ルットネルがミドルシュートを叩き込んだ。このまま3-1で快勝して初勝利を飾ったチェコは最終節デンマークと対戦する。一方、敗れたイタリアはドイツと対戦する。 ◆グループA <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">U-21チェコ</span>3-1 U-21イタリア 【U-21チェコ】 トラブニク(前24) ハブリク(後34) ルットネル(後40) 【U-21イタリア】 ベラルディ(後25) 2017.06.22 02:51 Thu
twitterfacebook


PUMA ONE特集
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース