ドイツにシャットアウト勝利のイタリアが準決勝進出、ベスト4が決定《U-21欧州選手権2017》2017.06.25 05:55 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽U-21欧州選手権2017グループC最終節が24日に行われた。U-21イタリア代表vsU-21ドイツ代表は1-0でイタリアが勝利し、準決勝進出を果たした。敗れたドイツもベスト4に進出している。

▽3日前に行われたU-21チェコ代表戦を1-3と完敗したイタリアは、2試合を終えて1勝1敗の3位に後退。勝利する以外に準決勝進出の可能性がない中、チェコ戦のスタメンから3選手を変更。ペターニャ、カタルディ、カラブリアに代えてガリアルディーニ、キエーザ、バレッカがスタメンとなった。

▽一方、U-21デンマーク代表戦を3-0と快勝したドイツは2連勝で首位に立つ。敗れても他会場の結果次第で準決勝進出となるドイツだが、デンマーク戦と同様のベストメンバーを送り出した。

▽[4-3-3]を継続したイタリアは3トップに右からベラルディ、ベルナルデスキ、キエーザと並べ、中盤アンカーにガリアルディーニ、両インサイドにペッレグリーニとベナッシを配置した。

▽勝利することでしか準決勝進出の可能性がないイタリアが積極的な入りを見せると、13分に右クロスからベナッシがヘディングシュート。しかし、これはGKにセーブされてしまう。

▽その後も21分にベナッシがミドルシュートで、26分にベルナルデスキが直接FKでゴールをこじ開けにかかると、31分に先制する。敵陣高い位置でダフードからペッレグリーニがボールを奪うと、ルーズとなったボールをベルナルデスキが拾ってボックス内に侵入。冷静にGKとの一対一を制した。

▽リードしたイタリアは先制以降、ドイツにボールを持たせて自陣に引き、1-0で前半を終えた。

▽迎えた後半もドイツにボールを持たせたイタリアは、58分にピンチ。しかし、ヴァイザーの左足ミドルは枠を外れた。

▽攻め手の乏しいドイツが67分にM・マイヤーに代えてM・フィリップを投入してきたのに対し、イタリアは引き続き辛抱強く守備に徹していく。すると79分に決定機。ボックス手前左からベルナルデスキが左足アウトで上げた絶妙なクロスをボックス右に走り込んだA・コンティがボレー。しかし、枠を捉えきれなかった。

▽終盤にかけても集中した守備を続けたイタリアはドイツをシャットアウト。首位に浮上し、スペインの待つ準決勝へ進出した。一方、敗れて2位に後退したドイツはAグループ首位のイングランドと対戦することとなった。

▽グループCのもうひと試合は、チェコがデンマークとの打ち合いを2-4と敗れたことで2位から最下位に転落し、グループステージ敗退に終わっている。

◆グループC最終節
U-21イタリア 1-0 U-21ドイツ
【U-21イタリア】
ベルナルデスキ(31)

U-21チェコ 2-4 U-21デンマーク
【U-21チェコ】
シック(27)
チョリー(54)
【U-21デンマーク】
アンデルセン(23)
ゾオレ(35、73)
イングヴァルトセン(90+1)

◆グループC順位表
勝ち点(得点、失点、得失点)
1. イタリア 6(4/3/+1)
2. ドイツ 6(5/1/+4)
3.デンマーク 3(4/7/-3)
4.チェコ 3(5/7/-2)

コメント

関連ニュース

thumb

欧州予選プレーオフ最大の注目カードはスウェーデンvsイタリア《ロシアW杯欧州PO》

▽国際サッカー連盟(FIFA)は17日、ロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選プレーオフの組み合わせ抽選会を実施した。 ▽欧州予選の各グループ2位に入った9カ国の内、最下位のスロバキアを除いた8カ国が進むプレーオフ。勝利した4カ国がW杯出場権を獲得する。 ▽16日に発表されたFIFAランキングから、スイス(11位)、イタリア(15位)、クロアチア(18位)、デンマーク(19位)がシード。北アイルランド(23位)、スウェーデン(25位)、アイルランド(26位)、ギリシャ(47位)がノーシードとなった。 ▽プレーオフの再注目カードは、スウェーデンvsイタリア。スウェーデンは3大会ぶり、イタリアは15大会連続の出場を懸けて戦う。また、スイスは北アイルランド、クロアチアはギリシャ、デンマークはアイルランドと対戦する。 ▽1stレグは11月の9日〜11日、2ndレグは11月12日〜14日に行われる。対戦カードは以下のとおり。 ◆ロシアW杯欧州予選プレーオフ 北アイルランド vs スイス クロアチア vs ギリシャ デンマーク vs アイルランド スウェーデン vs イタリア ◆日程 1stレグ:11月9〜11日 2ndレグ:11月12日〜14日 2017.10.17 21:40 Tue
twitterfacebook
thumb

“オールタイム・ベストGK”ブッフォン、いまだ後輩から勉強中「良いGKのセーブ方法を…」

▽まさにプロ中のプロだ。数々のトロフィーを獲得してきたユベントスのイタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォン(39)は、現在も熱心にゴールキーピング技術を勉強しているようだ。『Copa90』で語ったコメントを『FourFourTwo』などが伝えた。 ▽これまで数々のトロフィーを獲得し、イタリア代表として歴代最多173キャップを記録してワールドカップも制しているフットボール界のレジェンドであるブッフォン。歴史上でも最高のGKとも評されることもあり、いまだに一線級で活躍し続けるブッフォンだが、今もなお他クラブのGKを熱心にチェックし、自らの技術向上につなげようとしている。 「僕の後に来るGKは誰かって? 今だったら(ミランのジャンルイジ・)ドンナルンマあたりは面白い存在だと思うよ」 「欧州レベルからしても彼は若いし、注目されるのは普通のことだよね。驚異的なスキルを持つ若手だよ」 「たくさんのいいGKがいる。ノイアーやクルトワ、デ・ヘアらのいいプレーを見るのは好きだし、凄いなぁって思うよ」 「ほかにもオブラクやロリス、ハンダノビッチ、アリソン、シュチェスニーにハートもいるね。彼らのこともよく見るよ。なぜなら、彼らのセービング方法を理解したいからね」 2017.10.12 22:43 Thu
twitterfacebook
thumb

プレーオフ進出のイタリア、カンドレーバ弾で逃げ切り予選を勝利で締める!《ロシアW杯欧州予選》

▽イタリア代表は9日、ロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選グループG最終節でアルバニア代表と対戦し、1-0で勝利した。 ▽前節マケドニア代表とドローに終わったイタリア代表は、グループGの2位が確定。プレーオフへ良い形で予選を終えたい中、マケドニア戦からスタメンを3人変更。バルザーリ、ザッパコスタ、ヴェルディに代えてエデル、カンドレーバ、スピナッツォーラを起用した。 ▽2トップにインモービレ、エデルを起用した[4-4-2]で試合に臨んだイタリアは21分、ロングパスでゴール前に抜け出したインモービレがゴール左から左足を振り抜いたが、これは飛び出したGKベリシャが体でブロック。 ▽試合は膠着状態のままの前半終盤へ。45分、ボヌッチからのロングフィードでボックウ右まで侵攻したインモービレが、ダイレクトシュートを放ったが、これも枠の上に外れ、前半はゴールレスで終了した。 ▽迎えた後半、ゴールの遠いイタリアは61分にダルミアンを下げてザッパコスタを投入。すると62分、スピナッツォーラのスルーパスで左サイドを突破したインシーニェがボックス左から持ち込みシュート。しかし、これは相手GKのセーブに阻まれた。 ▽それでも73分、左サイド深くまで切り込んだスピナッツォーラがクロスを供給すると、ファーサイドでフリーのカンドレーバがワントラップから右足を振り抜き、ゴールネットを揺らした。 ▽結局、このゴールが決勝点で試合終了。カンドレーバ弾で逃げ切ったイタリアが欧州予選を勝利で締めた。なお、欧州予選プレーオフの組み合わせ抽選会は17日に行われる。 2017.10.10 06:09 Tue
twitterfacebook
thumb

稀代の天才ピルロが現役引退へ

▽MLS(メジャーリーグサッカー)のニューヨーク・シティに所属する元イタリア代表MFアンドレア・ピルロ(38)が今季終了後、現行契約が満了する12月をもっての引退を決断したようだ。『フットボール・イタリア』など複数メディアが報じた。 ▽2015年夏にユベントスからニューヨーク・シティに移籍したピルロだが、最近は負傷やコンディション管理に苦しんでいるもようだった。ピルロは自身のキャリアに関して、イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』で以下のように話している。 「時が来たと感じる。誰もが自分で気づくものだ」 「フィジカル的な問題を毎日感じる。常に問題を抱えているから、思ったような練習を消化することができない」 「より若い選手たちがプレーするべきだ。38歳にもなれば、若い選手たちに場所を譲るのが正しい」 「(次に何をするかは)自分自身も分からない。12月にイタリアに戻る。いくつかのアイデアがあるけど、時間をとって決めたいね」 ▽ブレシアユースのピルロは1998年にインテルに移籍。当時トップ下でのプレーでポジションを確保できなかったが、その後2001年に加入したミランでカルロ・アンチェロッティ監督の下、アンカーとして素質が開花。世界屈指のレジスタとしてミランを支え、2度のチャンピオンズリーグ制覇やセリエA優勝を経験した。2011年にはフリーでユベントス入り。ここでもチームをオーガナイズする役割を与えられ、4年連続となるセリエA優勝などを成し遂げた。 ▽また、イタリア代表としては2015年に引退するまで116キャップ(歴代4位タイ)を記録。2006年のドイツ・ワールドカップを制覇した。 2017.10.08 18:13 Sun
twitterfacebook
thumb

世界初!GKが新ホームシャツを着用予定! プーマ発表のイタリア代表の新ユニはブッフォンが着用!

▽プーマとイタリアサッカー連盟(FIGC)は5日、2018シーズンのイタリア代表の新ホームキットを発表した。10月6日のマケドニア代表戦でお披露目され、世界初となるゴールキーパーが新ユニフォームを着用して試合に出場する。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/puma20171006_1_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div>▽GKジャンルイジ・ブッフォンは、20年にわたってイタリア代表に貢献。その献身と情熱に敬意を表すとともに、6度目となる世界の舞台に立つことを願い、トリノにてストリートアーティストグループ“Kamp Seedorf”によって描かれた新しいホームシャツを身にまとったジャンルイジ・ブッフォンの巨大な壁画とともに発表された。 ▽マケドニア戦では、フィールトプレーヤーではなくブッフォンがホームユニフォームを着用。キャリアの中で初めて有名な“アズーロ”のキットを試合で着用する。また、9日に行われるアルバニア代表戦でもホームキットが着用される。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/puma20171006_1_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div>▽トスカーナ州にある人口6万5000人の美しい街、カッラーラ。大理石の町としても有名なこの都市はアプアン・アルプス山脈の麓にあり、あたかもいつの日かその名が歴史に刻まれることを予告していたかのごとく、ジャンルイジ・ブッフォンは採石場の隣で生まれた。ブッフォンは、まるで彼の成長を見守ってきた大理石の原石のようで、彼には今日のようなサッカーのアイコンになるために磨かれる時間が必要だった。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/puma20171006_1_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div>▽世界のトップに立つためにブッフォンには8年もの長い歳月が必要だった。そしてブッフォンはフットボール界のトップに立ち続けるために奮闘。毎シーズンが終わる度、そして4年に一度の大会を重ねる度に彼の偉業は称えられ、ついにはゴールキーパーの殿堂入りを果たし、これからも永遠にとどまることだろう。 ▽また、アルバニア戦が行われる10月9日で、ブッフォンはイタリア代表デビューから20周年を迎える。マルセイユの太陽、ブラジルの雨、ブブゼラの音、幻滅の涙、そして歓喜の涙。ブッフォンは数々の負傷やグループステージ敗退などを経験しながらも、 年大会の優勝カップを掲げ、自身が世界でナンバーワンのゴールキーパーであることを証明。そして、171回着用したユニフォームに4つ目の星を加えることができた。しかし、ブッフォンの気持ちはイタリアのカラーであるブルーです。すべての若者たちと同じように夢は“アズーロ”のシャツに袖を通すことであるとブッフォンは言及している。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/puma20171006_1_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div>▽新ホームキットは、新しいFIGCバッジを左胸に配し、イタリアの偉大なる栄光を表す“イタリアントリコロール”が袖口と襟裏に施され、プレーヤーを鼓舞するようにデザインされている。そして、初めてシャツの袖に腕を通してテレビでヒーローたちを観た時や、本当の楽しさや情熱に初めて触れた時の思い出を再燃させる、忘れることができない“アズーロ”ブルーを採用している。この新しいシャツのレプリカは、10月6日(金)よりプーマ取り扱いショップにて販売予定だ。 2017.10.06 13:21 Fri
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース