今季ブンデスアシスト王のライプツィヒ10番がミランに?2017.06.12 12:00 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ミランは、ライプツィヒに所属するスウェーデン代表MFエミル・フォルスベリ(25)の動向もチェックしているのかもしれない。イギリス『90min』が伝えている。

▽フォルスベリは、今シーズンのブンデスリーガ30試合に出場して8ゴール19アシスト。ブンデスリーガ昇格1年目のライプツィヒを2位フィニッシュに導く活躍を見せた。

▽報道によれば、今シーズンのブンデスリーガでトップの19アシストを叩き出したフォルスベリを巡っては、今夏の積極補強が際立つミランが関心を寄せているようだ。

▽そのフォルスベリはミランについて、移籍の可能性を否定することなく次のように言及したという。

「ミランは偉大なクラブ。世界中で最も大きなクラブの1つだ。彼らは興味深いプロジェクトを進めているね。資金することでトップの座を取り返そうとしている」

「今の僕は、代表のことだけに集中している。ライプツィヒで素晴らしい時間を過ごすことができた。僕の代理人が全てをコントロールしている」

「チャンピオンズリーグ(のピッチに立てるかどうか)はあまり重要なことじゃない。大事なのは、チーム内でどんな役割を担うかだよ」
コメント
関連ニュース
thumb

ミランの“大当たり”ピョンテク、ジャーマンタワー以来の好記録

ミランに所属するポーランド代表FWクシシュトフ・ピョンテクが止まらない。様々なデータを扱う『Opta(@OptaPaolo)』が報じた。 ピョンテクは今冬にアルゼンチン代表FWゴンザロ・イグアインの後釜としてミラン入り。それ以来、公式戦5戦6発とゴールゲッターとしての才能を惜しげもなく披露し続けている。 そのピョンテクは22日にホームで行われたセリエA第25節でエンポリ戦(3-0でミランが勝利)に先発。49分にリーグ4戦連発となる先制弾を決め、チームの3連勝に貢献した。 ミラン新加入選手としてリーグ戦先発デビューから4戦連発は、1998年の9〜10月にかけて記録した元ドイツ代表FWのオリバー・ビアホフ氏以来の好レコードだという。 なお、ピョンテクはセリエA得点ランキングでも18得点で2位。19得点を挙げるユベントスに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドに肉薄の位置にいる。 2019.02.23 09:45 Sat
twitterfacebook
thumb

ピョンテク5試合連続ゴールでミランがエンポリに快勝!公式戦10戦負けなしでリーグ3連勝!!《セリエA》

ミランは22日、セリエA第25節でエンポリと対戦し、3-0で勝利した。 公式戦9試合負けなし中の4位ミラン(勝ち点42)。冬加入のピョンテクの4試合連続ゴールもあり、上位陣との勝ち点差を詰めてきた。クラブの公式戦10戦無敗、ピョンテクの5試合連続ゴールが期待される今節は、前節のアタランタ戦から1選手変更。右サイドバックのカラブリアに代わり、A・コンティがスタメンに起用された。 7分にエンポリに試合のファーストシュートを許したミランは10分、左サイドバックのリカルド・ロドリゲスのクロスをパケタが頭で合わせて先制したかに思われたが、VARはオフサイドと判定。ゴールは取り消しとなった。 その後、試合は停滞気味に。互いにバイタルまで攻め込んでもなかなかシュートに繋がらない。そんな中ミランはカスティジェホが2本のシュートを放つがどちらもGKにセーブされた。前半アディショナルタイムには右サイドのクロスのこぼれ球をパケタが詰める場面もあったが、相手のチェックに遭いシュートは打てなかった。 ゴールレスで迎えた後半、前半は枠内シュートゼロだったエンポリがチャンスを迎える。48分、左サイドからグラウンダーで上がったクロスをカプートがゴール前で丁寧に落とすと、クルニッチがダイレクトで狙う。しかし、これをゴール右上に外してしまい、またとない決定機を逃してしまった。 するとミランはこの隙に攻撃を仕掛ける。49分、敵陣でボールを奪ったカスティジェホからケシエ、チャルハノールと縦パスがつながり、ボックス右に侵入したチャルハノールの折り返しを最後はピョンテクが合わせてゴールイン。ミランが後半開始早々に先制点を決めた。 ピョンテクの5試合連続ゴールでリードしたミランは、さらにその2分後の51分、ドリブルで右サイドを上がったカスティジェホのスルーパスからボックス右に入ったケシエがGKとの一対一を華麗なループシュートで制して追加点を記録した。 ミランはさらに、67分には右サイドのコンティのグラウンダーのクロスをカスティジェホが左足で巧くニアを突いて3点目。試合を決定づけたところで、ガットゥーゾ監督はピョンテクとパケタを下げてクトローネとボリーニを投入した。 そのボリーニは70分過ぎにドリブル突破からネットを揺らすも、再びVARで取り消しに。ミランは1試合で2度もゴールが取り消された。 それでも十分な3点を奪ったミランが完封で快勝。これで公式戦10戦負けなし。リーグ戦は3連勝とした。 2019.02.23 06:27 Sat
twitterfacebook
thumb

市場価値が倍増のピョンテクの素顔をミランDFが明かす「主張は一切なく1秒で適応」

ミランに所属する22歳DFダヴィデ・カラブリアが18日、ミラン公式メディア『Milan TV』のインタビューに応じ、新エースFWクシシュトフ・ピョンテクらについて語った。<br><br>ミランは今冬、ジェノアから&ldquo;レヴァンドフスキ2世&rdquo;として期待が寄せられているポーランド代表の23歳ピョンテクを獲得。これまで出場した公式戦5試合ですでに6ゴールを挙げ、リーグ戦ではジェノア時代も含めると17得点に上り、ランキングで首位のFWクリスティアーノ・ロナウドを2得点差で追う大車輪の活躍を見せている。<br><br>これには売り手であるジェノアのジョルジョ・ペリネッティSD(スポーツディレクター)も脱帽。「必要に迫られて彼を売却し、3500万ユーロ(約44億円)を得た。我々のようなクラブはこうやって行くしかないが理論上、彼の価値はすでに倍増した。現在は7000万~8000万ユーロ(約88~100億円)以下で売ることはないだろう」と、『ガゼッタ・デロ・スポルト』のインタビューで評していた。<br><br>一方、指揮官のジェンナーロ・ガットゥーゾは、ポーランド代表FWの素顔について言及。「赤ん坊の言うことと言えば『ママ、パパ』ばかりだが、彼は口を開くたびに『ゴール、ゴール』とばかり言っている」と語り、ストイックな一面を明かす。同年代のチームメートであるカラブリアも、ピョンテクやもう1人の新加入選手であるMFルーカス・パケタに賛辞を贈っている。<br><br>「2人は純粋だし、トレーニングに意欲的だよ。何かを強く主張したことは1度もないし、常に100%の力を出している。加入して1秒で環境に適応し、チームを本当に助けてくれている。2人とも素晴らしいパフォーマンスを見せているから、この調子が続くことを願っているよ」<br><br>▶セリエA観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう<br><br> 【関連記事】<br />● DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント <br />● DAZN(ダゾーン)が「テレビで見れない」は嘘!6つの視聴方法とは? <br />● 新時代の幕開けだ!2019 Jリーグ開幕特集<br />● 【最新】Jリーグの試合日程・放送予定一覧/2019シーズン<br />● Jリーグの無料視聴方法|2019シーズン開幕前に知っておくと得する4つのこと<br />● 白熱のJリーグ!2019シーズンの展望|優勝候補や得点王候補など <br /><br><br><br><br><br>提供:goal.com 2019.02.21 22:45 Thu
twitterfacebook
thumb

リバプール、今季21G11Aのブルーノ・フェルナンデスに関心か

リバプールがスポルティングに所属するポルトガル代表MFブルーノ・フェルナンデス(24)の獲得に興味を示しているようだ。ポルトガル『Correio de Manha』の情報を引用してイギリス『ミラー』が伝えている。 母国のボアヴィスタ出身のブルーノ・フェルナンデスは、2012年に加入したイタリアのノヴァーラでプロキャリアをスタートさせると、ウディネーゼ、サンプドリアを経て、2017年にスポルティングへ加入した。高精度のテクニックに加え、モビリティにも優れる攻撃的MFは、加入初年度から公式戦65試合に出場し、16ゴール20アシストを記録。今シーズンもここまで公式戦38試合で21ゴール11アシストをマークしている。 リバプールでは現在、[4-2-3-1]のシステムを採用することが増加しており、ユルゲン・クロップ監督は中盤の強化を望んでいる模様。昨夏に目指していたリヨンに所属するフランス代表MFナビ・フェキル(25)の獲得は失敗したため、新たにブルーノ・フェルナンデスに白羽の矢を立てたようだ。 しかし、ポルトガル代表MFはクラブと昨年7月に新契約を締結し、契約解除金が1億ユーロ(約125億円)に設定されている。とはいえ、スポルティングは現在、2億8100万ユーロ(約353億円)と多額の借金を抱えており、なるべく高額での売り抜きを目指しているが、主力を売却しなければならない苦しい状況だ。 この状況にはリバプールだけでなくミランも注視しており、どちらのクラブも契約解除金以下での獲得を狙っているようだ。 2019.02.20 21:21 Wed
twitterfacebook
thumb

ミラン合意報道のサン=マクシマン、アトレティコ&ドルトムント参戦で争奪戦へ?

ニースに所属するU-21フランス代表FWアラン・サン=マクシマン(21)を巡って争奪戦が勃発しているようだ。イタリア『トゥットメルカート』が同『トゥットスポルト』の情報を引用して伝えている。 サンテチェンヌ下部組織出身のサン=マクシマンは、16歳の若さでプロデビューを果たすと、その後、モナコ、ハノーファー、バスティアを経て2017年にニースに加入。卓越したスピードとテクニック、創造性を併せ持つドリブラーは今シーズンここまでリーグアン22試合で6ゴール3アシストを記録している。 報道によれば、この逸材はチーム内でパトリック・ヴィエラ監督と衝突。指揮官との関係性がこじれ、今夏の退団が有力視されている。そうした中で、目を付けていると以前から伝えられていたのがミランだ。チャンピオンズリーグ(CL)の出場権を獲得した場合と限定されてはいるものの、ミランが移籍金2000万ユーロ(約25億円)の5年契約で合意至ったという具体的な情報も飛び出した。 依然として、サン=マクシマン争奪戦では同選手の代理人であるミーノ・ライオラと友好な関係を築いているミランがポールポジションに立っているという。しかし、現在ではアトレティコ・マドリーとドルトムントからの関心も伝えられており、簡単な交渉とはならなそうだ。 2019.02.19 16:54 Tue
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース