ユベントスがフィオレンティーナのベルナルデスキに62億超のオファーか2017.06.01 14:15 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ユベントスは、来シーズンの補強としてフィオレンティーナのイタリア代表FWフェデリコ・ベルナルデスキ(23)の獲得に巨額オファーを用意しているようだ。イタリア『トゥットスポルト』が報じた。

▽ベルナルデスキはフィオレンティーナの下部組織出身で、クロトーネへのレンタル移籍を経験も今シーズンはフィオレンティーナで活躍。セリエAで32試合に出場し11ゴール4アシスト、ヨーロッパリーグでは8試合に出場し2ゴール1アシストを記録していた。

▽イタリア代表デビューも果たしているベルナルデスキに関して、ユベントスはフィオレンティーナに対し5000万ユーロ(約62億3300万円)+ボーナスのオファーを出すとのこと。チャンピオンズリーグで優勝を果たせば、すでに史上最高額を記録した今シーズンの収益に更にプラスされることとなり、オファー額の積み上げも考えられそうだ。
コメント
関連ニュース
thumb

「驚くべきグリーズマンと何かが足りないC・ロナウド」デル・ピエロ氏が持論

元イタリア代表のレジェンド、アレッサンドロ・デル・ピエロ氏が、イタリアメディア『スカイスポーツ』に応じ、20日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のアトレティコ・マドリー対ユベントス戦に出場したフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンとポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドについて自身の見解を示した。<br><br>デル・ピエロ氏の古巣であるユベントスは20日、CL決勝トーナメント1回戦でディエゴ・シメオネ率いるアトレティコと激突した。ワンダ・メトロポリターノで開催されたファーストレグでは、2-0でホームのアトレティコに軍配が上がったが、デル・ピエロ氏は両チームの中でグリーズマンを称賛している。<br><br>「彼は驚くべき選手だ。パスにしても感性にしてもゲームの解釈にしても驚くばかりだ。特にポジションの理解度は優れている。彼は実際、どんなポジションであってもこなすことができる。試合の最後の10分間では、右サイドバックの役割を務め、90分にペナルティエリア近くでクリアをした際に警告を受けている。得点を挙げることはできなかったが、それは(ヴォイチェフ)シュチェスニーが彼のシュートに対し、素晴らしいセーブをしたからだ」<br><br>続いてデル・ピエロ氏は、古巣のエースであるC・ロナウドのパフォーマンスについて評価を下した。ポルトガル人スターの献身性を認めつつ、あと一歩が足りなかったと指摘している。<br><br>「確かに熱心にスペースを探し、シュートを狙っていた。トップコンディションではなかったが、常に顔を出していたと思う。だが他のチームメートと同様に、何かが足りなかったのだろう」<br><br><br>提供:goal.com 2019.02.22 23:35 Fri
twitterfacebook
thumb

【セリエA第25節プレビュー】イカルディ不在続くインテルは好調フィオレンティーナと対戦

前節も首位ユベントスが勝利した一方、2位ナポリが猛攻実らずトリノに引き分けたことで、ついに両チームの勝ち点差は今シーズン最大の「13」に広がった。チャンピオンズリーグ(CL)出場権争いではイカルディ不在の3位インテルが何とか連勝し、ピョンテク公式戦4戦連発のミランが難敵アタランタを撃破して4位を死守した。そして、5位ローマも苦戦しながらもボローニャを下してミランを1ポイント差で追走している。一方でラツィオはジェノアの終了間際弾に沈み、ミランに4ポイント差を付けられている。迎える第25節、イカルディ不在が続くインテルは好調フィオレンティーナと対戦する。 ヒザに問題がないとの診断が出ながらもイカルディ欠場が続く3位インテル(勝ち点46)は、8位フィオレンティーナ(勝ち点35)とのアウェイ戦に臨む。前節サンプドリア戦では攻勢が実って2-1と競り勝ち2連勝とした中、ELではラピド・ウィーンに4-0と快勝。L・マルティネスがポストワークなどを含めてイカルディ以上の仕事をこなせている中、公式戦8試合負けのない好調フィオレンティーナ相手に3連勝となるか。 前節フロジノーネ戦をキエッリーニとボヌッチの両守備の要が復帰した中、ディバラの約3カ月ぶり弾とC・ロナウドの4戦連発弾などで3-0と快勝した首位ユベントス(勝ち点66)は、18位ボローニャ(勝ち点18)とのアウェイ戦に臨む。水曜に行われたCLアトレティコ・マドリー戦では0-2と完敗し、ベスト8進出が厳しい状況となった。心身ともに大きなダメージを負った中、前節ローマに善戦したボローニャに対し、ミハイロビッチ監督就任で息を吹き返しつつある相手に勝利できるか。 前節トリノ戦を猛攻をかけながらも最後までゴールを割れずに2戦連続ゴールレスドローに終わった2位ナポリ(勝ち点53)は、12位パルマ(勝ち点29)とのアウェイ戦に臨む。チューリッヒとのヨーロッパリーグ(EL)ではバックアッパーのウナス&ヴェルディのゴールで快勝し、ベスト16に進出した。パルマ戦では主軸のインシーニェが出場停止となるが、3試合ぶりの勝利を収められるか。 ピョンテクの公式戦4戦連発弾で難敵アタランタとのアウェイ戦を快勝して見せた4位ミラン(勝ち点42)は、17位エンポリ(勝ち点21)とのホーム戦に臨む。ミラン加入後、抜群の決定力を発揮し続けてミラニスタの期待に応えているピョンテクは、チャンスメーカーのスソが出場停止となる中、格下エンポリ相手に5戦連続ゴールを叩き込んで4位死守に引き続き貢献できるか。 CLポルト戦を戦った疲弊もあったのか、格下ボローニャに苦戦を強いられながらも何とか辛勝した5位ローマ(勝ち点41)は、19位フロジノーネ(勝ち点16)とのアウェイ戦に臨む。次節にラツィオとのダービーを控える中、ラツィオ州に本拠地を置くフロジノーネに快勝して大一番に臨めるか。月曜開催予定だったラツィオvsウディネーゼは延期となっている。 ◆セリエA第25節 ▽2/22(金) ミラン vs エンポリ ▽2/23(土) 《23:00》 トリノ vs アタランタ 《28:30》 フロジノーネ vs ローマ ▽2/24(日) 《20:30》 サンプドリア vs カリアリ 《23:00》 ボローニャ vs ユベントス キエーボ vs ジェノア サッスオーロ vs SPAL パルマ vs ナポリ 《28:30》 フィオレンティーナ vs インテル 2019.02.22 18:00 Fri
twitterfacebook
thumb

ユーベ、CL敗退ならジズー招へいか

ジネディーヌ・ジダン氏(46)に指揮官としてユベントス復帰の可能性が飛び出した。イタリア『トゥットスポルト』が報じた。 ジダン氏はレアル・マドリーでチャンピオンズリーグ(CL)3連覇を成し遂げ、2017-18シーズンを最後に退任。長らくマンチェスター・ユナイテッドやチェルシー行きの話が取り巻いているが、依然として憶測の域でしかなく、今後の動向に注目が集まっているところだ。 そのジダン氏に対して、1996〜2001年まで現役生活を過ごしたユベントスも目を光らせている様子。ユベントス首脳陣は悲願とするチャンピオンズリーグ制覇を成し遂げられなかった場合、マッシミリアーノ・アッレグリ監督と袂を分かつ準備を進めているようだ。 今シーズンでアッレグリ体制5年目のユベントスは20日に敵地で行われたCL決勝トーナメント1回戦1stレグでアトレティコ・マドリーに0-2の敗戦。3月12日にホームでリターンレグを残しているが、悲願の欧州制覇どころか、ベスト8進出も難しい状況に陥っている。 その古巣の状況を“ジズー”自身も静観。レアル・マドリー時代に欧州制覇のキーマンとして共闘したポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの存在もあり、ユベントス凱旋の機会を見守っている模様だ。 2019.02.22 17:40 Fri
twitterfacebook
thumb

CL男に2010年以来の窮地!

ユベントスに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが“CL男”として由々しき事態に直面している。スペイン『マルカ』が報じた。 ユベントスはチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦でアトレティコ・マドリーと激突。20日に敵地で1stレグに臨み、アトレティコ・マドリーに0-2の先勝を許した。 CL歴代最多得点の121ゴールを誇るC・ロナウドも沈黙。昨年までレアル・マドリーの宿敵として凌ぎを削ったアトレティコ・マドリーの強固なブロックを崩しきれなかった。 CL制覇を至上命題に掲げるユベントスの敗退が決まれば、C・ロナウドも必然的に姿を消すことに。その場合、同選手にとって、2009-10シーズン以来のベスト16敗退になる。 C・ロナウドにとっても絶対に負けが許されないホームでのリターンレグは3月12日。通算5度の欧州制覇歴を誇るCL男はユベントスを救えるか。次戦に注目だ。 2019.02.22 15:30 Fri
twitterfacebook
thumb

アトレティコ会長が反論! 「C・ロナウドがCLを制したのは3度だけ」

アトレティコ・マドリーのエンリケ・セレーゾ会長が、ユベントスFWクリスティアーノ・ロナウドに反論した。スペイン『アス』が伝えている。 アトレティコは20日、チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦1stレグでユベントスとホームで対戦して2-0で勝利。C・ロナウドやディバラといった相手の強力なアタッカーを抑え込み、ベスト16突破を大きく手繰り寄せている。 しかし、緊迫した試合の中ではサポーターがやや行き過ぎたブーイングをC・ロナウドに浴びせ、同選手も不快感を露わに。C・ロナウドは右手を広げて5本指を開いた後に、グーにするジェスチャーを披露し、試合後のミックスゾーンでは「僕はチャンピオンズリーグを5度制したが、アトレティコはゼロだ」とコメント。強烈なカウンターを繰り出していた。 しかし、これに対してセレーゾ会長が反論。C・ロナウドの5度のCL制覇に異論を挟んだ。 「私からすれば、クリスティアーノ(・ロナウド)はチャンピオンズリーグを5度制してなどいない」 「それは3度で、一つとてもシンプルな理由がある」 「アトレティコ・マドリー(との2試合)にはどちらも勝利していないからだ」 C・ロナウドは、レアル・マドリー在籍時にアトレティコと2度に渡り決勝で激突。2013-14シーズンは90分で決着が付かず延長戦の末に4-1で勝利し、2015-16シーズンは120分間を同点で終えてPK戦まで勝負が持ち越されていた。 2019.02.22 14:35 Fri
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース