カリアリがポルトガル代表DFブルーノ・アウベスの退団を発表2017.05.31 21:33 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽カリアリは31日、ポルトガル代表DFブルーノ・アウベス(35)の退団を発表した。

▽ポルトの下部組織出身のブルーノ・アウベスは、ポルトやギマラエス、ゼニトなどでプレー。2013年7月にフェネルバフチェへと移籍すると、2016年7月にカリアリへ移籍。今シーズンはセリエAで36試合に出場し1ゴールを記録していた。

▽ブルーノ・アウベスはカリアリと2018年6月まで契約を結んでいたが、1年早く契約解除となった。今後はフリートランスファーでの所属先を探すことになる。
コメント
関連ニュース
thumb

ユーベ、大型FWチェッリのカリアリへの完全移籍を発表

ユベントスは19日、イタリア人FWアルベルト・チェッリ(22)がカリアリに完全移籍したことを発表した。移籍金は900万ユーロ(約11億3000万円)とのことだ。 194cmの大型ストライカーであるチェッリは、2015年夏にパルマからユベントスに移籍。しかし、ユベントスでの出場記録はなく、これまでカリアリやSPAL、ペスカーラ、ペルージャにレンタル移籍し、今季カリアリへ買い取り義務付きのレンタルで加入していた。 今季はセリエAで8試合に出場してノーゴール、コッパ・イタリアで2試合に出場して1ゴールを決めている。 2019.02.20 02:19 Wed
twitterfacebook
thumb

アーセナルがスソとバレッラに関心 すでにスカウトを派遣か

アーセナルが、ミランのスペイン代表FWスソ(25)とカリアリのイタリア代表MF二コラ・バレッラ(21)の獲得に興味を示しているようだ。イタリア『トゥットメルカート』が伝えた。 1月の移籍市場でも、攻撃の強化を画策していたことが伝えられたアーセナル。今回の報道によると、ウナイ・エメリ監督は新たにスソとバレッラに関心を抱いているようだ。10日に行われたセリエA第23節のミラン対カリアリの試合にスカウトを派遣したという具体的な動きも伝えられている。なお、この試合でスソとバレッラは共にフル出場を果たした。 スソは2015年1月にリバプールからミランへ加入。加入直後は元日本代表MF本田圭佑とのスタメン争いに後れを取りベンチを温める日々が続いた。しかし、2016年1月にジェノアへ期限付きし、翌シーズンからミランへ復帰すると、本田からスタメンの座を奪った。今シーズンもここまでリーグ戦22試合で5ゴール8アシストを記録している。 一方、カリアリ下部組織のバレッラは2015年にプロデビュー。2016年冬には当時セリエBのコモにレンタルされたが、武者修行の地でリーグ戦21試合に出場し、チームのセリエA昇格を手助けした。半年でカリアリに復帰すると、今シーズンもここまでリーグ戦21試合で1ゴールを記録している。また、2018年10月には、ウクライナ代表との親善試合でイタリア代表デビューも飾った。 なお、移籍市場に特化したドイツ『transfermarkt』によれば、スソの市場価値は5000万ユーロ(約63億円)となっている。また、もう一方のバレッラに関しても、カリアリが移籍金5000万ユーロを要求している上、ナポリやインテル、ローマからの関心も取り沙汰。一部メディアでは、今夏のアーセナルの補強資金は4500万ポンド(約64憶4000万円)のみとも報じられており、難しいオペレーションになりそうだ。 2019.02.13 17:26 Wed
twitterfacebook
thumb

パケタ移籍後初弾にピョンテク3戦連発弾のミランが快勝で4位死守!《セリエA》

ミランは10日、セリエA第23節でカリアリをホームに迎え、3-0で快勝した。 前節ローマ戦をピョンテクの公式戦2試合連続ゴールで引き分けに持ち込んだ4位ミラン(勝ち点36)は、ローマ戦と同様のスタメンで臨んだ。 15位カリアリ(勝ち点21)に対し、8分にチャルハノールがミドルシュートでGKを強襲したミランが良い入りを見せると、13分に先制した。スソがボックス右から放ったシュートをGKが弾くと、ルーズボールが相手DFに当たってゴールに吸い込まれた。 その後も試合をコントロールするミランは22分、パケタに移籍後初ゴールが生まれる。カラブリアの右サイドからのクロスをファーサイドに走り込んだパケタがボレーで流し込んだ。 チャンスをしっかりと決めきってリードを広げたミランは27分、ジョアン・ペドロのヘディングシュートが枠を捉えるも、GKドンナルンマが好守で凌ぐ。ハーフタイムにかけてもミランが主導権を握ったまま前半を終えた。 後半もミランが押し込む展開としていたが、60分にピンチ。ジョアン・ペドロにゴール至近距離からボレーを打たれるも、GKドンナルンマが再び好守で凌いだ。さらにルーズボールをジョアン・ペドロにチップキックシュートで狙われたが、バーに直撃して助かった。 すると63分、ミランが決定的な3点目を奪う。ロングボールで相手DFに競り勝ったピョンテクがマイボールにしかけると、飛び出したGKがボールを描き出す。そして、ルーズボールをチャルハノールがシュートに持ち込み、GKクラーニョが弾いたルーズボールをピョンテクが押し込んだ。 ピョンテクの公式戦3試合連続ゴールで余裕の展開としたミランは、ピョンテクとカラブリアをお役御免としてクトローネとA・コンティを投入した。 その後もチャルハノールやクトローネ、スソらが決定的なシュートを浴びせたミランが主導権を握ったまま3-0で快勝。チャンピオンズリーグ圏内の4位を死守している。 2019.02.11 06:24 Mon
twitterfacebook
thumb

カリアリ、ナシオナルからウルグアイ人MFオリバを買い取り義務付きレンタルで獲得

カリアリは25日、ナシオナルのウルグアイ人MFクリスチャン・オリバ(22)を買い取り義務付きレンタルで獲得したことを発表した。移籍金は400万ユーロ(約5億円)となっている。 守備的MFのオリバはこれまでのキャリアをウルグアイの名門ナシオナルで築き、2018年はコパ・リベルタドーレスで10試合に出場。コパ・スダメリカーナで5試合に出場していた。 2019.01.26 03:57 Sat
twitterfacebook
thumb

カリアリ主将のMFデッセーナ、ブレシアへ完全移籍

セリエBのブレシアは10日、カリアリのイタリア人MFダニエレ・デッセーナ(31)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2020年6月30日までの1年半で、3年目のオプションが付随している。 2009-10シーズンにカリアリに在籍していたセントラルMFのデッセーナは、2012年冬にサンプドリアからカリアリに復帰。計、在籍8シーズンで公式戦206試合に出場して12ゴール6アシストを記録し、キャプテンも務めていた。しかし、今季はセリエAで11試合に出場していたが、先発は3試合に留まっていた。 ブレシアは18試合を消化したセリエBで2位と好位置に付けている。 2019.01.10 23:10 Thu
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース