【原ゆみこのマドリッド】多分、優勝できると思うけど…2017.05.20 08:48 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽「リーガが終わってからが長いわね」カレンダーを見ながら私が溜息をついていたのは金曜日、レアル・マドリーではCL決勝チケットのソシオ(協賛会員)割り当て抽選があったりしたものの、試合まであと2週間も待たないといけないと気づいた時のことでした。いえ、この水曜にラツィオを下し、コッパ・イタリア優勝を果たした相手のユベントスの選手たちなどはロッカールーム内でのお祝いで、「Que vamos a Cardiff/ケ・バモス・ア・カーディフ(カーディフに行くぞ)」と早くも歌っていたようなんですけどね。それがスペイン語だったのはイグアインやディバラらアルゼンチン出身の選手や、リーガ歴の長いダニエウ・アウベスのせいということで納得ですが、実は彼らはまだ、セリエA優勝が決まっておらず。

▽もちろん前節、2位のローマに返り討ちに遭い、せっかくのチャンスを逃したとはいえ、勝ち点差は4もありますから、断然有利なのは間違いないですが、この日曜のクロトーネ戦でも決まらなかった時は要注意。何せ3年前、最終節でバルサと引き分け、ようやくの思いでリーガ優勝を決めたアトレティコなど、その後のお祝い行事疲れも相まって、1週間後のCL決勝はロスタイムにセルヒオ・ラモスに奇跡の同点弾を喰らい、延長戦で3点も取られちゃいましたからね。ユーベも来週末のボローニャ戦まで優勝を持ち越すことになると、カーディフでの決勝が大変なことになりかねませんが、ファン的にはその方が緊張感も持続して楽しかったりする?

▽まあ、その辺は今回、優勝すればリーグ6連勝という恐ろしい記録になるイタリアのチームですから、余裕を持って受け止めているとは思いますが、意外なことにリーガのタイトルからはもう、5年も遠ざかっていたというマドリーの話を今はしないと。このミッドウィークは彼らだけ、2月に順延になったセルタ戦に挑んだんですが、やっぱりローテーションで選手が交代で出ているチームは元気があって本当に羨ましい。いえ、セルタも先週、ヨーロッパリーグ準決勝でマンチェスター・ユナイテッドに負けるまで、平日はベストメンバー、週末は控え中心という起用方針だったんですけどね。

▽片や2月のコパ・デル・レイ準決勝に続き、クラブ史上初の決勝進出の夢破れたばかり、その間にリーガでも5連敗と失速しているチームと、宿命のライバル、バルサが時々、3冠(CL、リーガ、コパ・デル・レイ)を達成しているのと比べると気が引けますが、1958年以来の2冠(CL、リーガ)まであと一歩と迫り、ノリに乗っているチームではああいう結果になったのも当然だったかと。

▽そう、最近では珍しくクリスチアーノ・ロナウドが2試合連続出場したマドリーは、イスコも「Cristiano ha llegado al final de temporada como un avion/クリスティアーノ・ア・ジェガードー・アル・フィナル・デ・テンポラーダ・コノ・ウン・アビオン(クリスチアーノはシーズン終盤にまるで飛行機のような勢いで着いた)。でも、彼だけじゃなく、ボクら皆、飛行機みたいだよ」と言っていた通り、開始9分には後者のパスから前者が左足で決めて早くも先制。前半はその1点止まりでしたが、ハーフタイムで休憩したすぐ後にもカウンターで抜け出したイスコが再びスルーパス。これもロナウドが決めて2点差になった上、後半16分にはセルタのエース、イアゴ・アスパスが2枚目のイエローカードをもらって退場になってしまったから、もう勝負は決まったと思ったところ…。

▽え、前半のアスパスのイエローカードはバランの手にボールが当たったにも関わらず、審判がハンドを取らなかったことに抗議したせいで、2枚目もエリア内でラモスに倒されながら、piscinazo(ピシナソ/ダイブ)と判断されて出されたものって、ちょっとひどくないかって?うーん、確かにその1分後にはロナウドが同じようなプレーでペナルティはもらえず、かといって、当人にカードも出されなかったため、その日、ベリッソ監督が処分でベンチに入れず、セルタの指揮を執っていたマルクッチ第2監督も猛抗議。おかげで彼まで退場になってしまいましたが、何せロナウドが警告を受けていたら、累積で最終節に出られなくなってしまいますからね。

▽そういう意味ではマドリーもラッキーだったんですが、まさか23分にはグィディッティのシュートがラモスに当たってゴールに入り、1点差に迫られてしまうとは!でも大丈夫ですよ。というのも、その1分後にはマルセロのパスをベンゼマがゴール前から押し込んで、スコアが1-3になったからで、終盤にはファールを受けたラモスがパブロ・エルナンデスと揉めていたりもしたんですけどね。後でジダン監督も「un poco cansado porque aunque no juego tengo tension como todos/ウン・ポコ・カンサードー・ポルケ・アウンケ・ノー・フエゴ・テンゴ・テンシオン・コモ・トードス(プレーはしなくても自分も皆同様、緊張していたから、ちょっと疲れた)」と言っていましたが、42分にもクロースが決め、最後は1-4という余裕のあるスコアで勝つことができましたっけ。

▽この結果、いよいよマドリーは順位表でバルサの下に居ることを止め、勝ち点3差をつけて堂々首位に復帰。つまり、日曜午後8時(日本時間翌午前3時)に揃ってキックオフする最終節で、バルサがエイバルに勝ち、マドリーがマラガに負けた場合のみ、シベレス広場でのお祝いが見られないことになります。そんな状況だからでしょうか、ルイス・エンリケ監督は月火水と3日も練習をお休みにして、MSN(メッシ、ルイス・スアレス、ネイマールの頭文字)もバルセロナ市内にオープンした高級ブランドシューズショップのイベントに夫人同伴で駆けつけていた姿の方が今週は印象に残っているんですが、マラガにもバルサ育ちで「Si marco y le doy la Liga... ojala se de/シー・マルコ・イ・レ・ドイ・ラ・リーガ…オハラ・セ・デ(もし自分がゴールを決めて、リーガ優勝を贈ってあげられたら…そうなってくれますように)」なんて言っているサンドロのような選手もいますからね。マドリーも油断は大敵かと。

▽ただその一方で、ここ4勝1分けとマラガのシーズン終盤の快進撃を演出したものの、ミチェル監督はマドリーのカンテラ(ユース組織)育ち、1980~90年代に活躍した古巣だけに手心を加えるんじゃないかなんて言う、口の悪い人もいますが、こういうのはプロとしてのプライドの問題ですからね。クラブも11位で終わるのと、今同じ勝ち点のバレンシアに抜かれて12位になるのでは、TV放映権収入が100万ユーロ(約1憶3000万円)も違うそうですし、同時にマドリーが優勝すると3シーズン前に売却したイスコのオプションボーナスでやはり100万ユーロがもらえることに。となれば、結論としては来季、マラガに移籍すると言われているミチェル監督の息子さん、エイバルのアドリアンや乾貴士選手のカンプ・ノウでの好パフォーマンスを期待しつつ、ここ立て続けに引退を表明したデミチェリス、ウェエリグトン、ドゥーダらを勝利で見送れるよう、ミチェル監督も頑張ってくれるんじゃないですか。

▽え、今週前半3日間、練習しなかったのはアトレティコも同じじゃないかって? いやあ、彼らの場合、もう目標である来季CLグループリーグに出られる3位が前節に確定していますからね。ようやくマハダオンダ(マドリッド近郊)の施設に出て来たと思った木曜もセッション後、チーム全員揃って、完成間近のワンダ・メトロポリターノを見学に行く始末。それから経営陣も加わって、シーズン終了ご苦労さんランチ会って、いや、まだ日曜午後4時15分(日本時間翌午前1時15分)からビセンテ・カルデロンと今生の別れをする大事な試合が残っているんですけどね。おまけにそのアスレティック戦ではゴディン、ヒメネス、フェリペ・ルイスが出場停止、更にファンフランやベルサリコら負傷したままシーズンを終える選手もいるため、フィールドプレーヤーが14人しかいないって、まったく最後まで苦労の尽きないチームです。

▽そのせいもあってなんですが、今週出て来た彼らの話題はもう来季を見据えてのものが多くて、ラジオのインタビューを受けていたグリースマンからは、「Me encanta Cavani, seria un fichaje top/メ・エンカンタ・カバーニ、セリア・ウン・フィチャヘ・トップ(自分はカバーニが大好き、最高の補強になるね)。ウルグアイ人だから、どんなボールでも全力で行くよ」と、マテ茶を一緒に楽しめる未来の前線のパートナーに夢を馳せるコメントも。とはいえ、現段階ではPSGのエースよりも、オリンピック・リヨンのフランス人FW、ラガゼットの方が確立的に高そうなマスコミの論調もチラホラ見かけます。

▽逆にまだ契約延長が決まっていないフェルナンド・トーレスなどは、ALS(筋萎縮性側索硬化症)の友人を応援する本の発売プレゼンに出席した機会を利用して、「Todo el mundo sabe cual es mi deseo/トードー・エル・ムンド・サベ・クアル・エス・ミ・デセオ(誰もがボクの望みが何か知っている)。あと何年もこのユニフォームを着続けられたらいいね」と残留の意志をアピールしていましたが、これもどうなることやら。とにかく、万年3位止まりに満足せず、優勝を目指すチームになるためには得点力の高いFWの獲得が絶対必要なため、ガメイロやコレアを含め、この夏にはイロイロ、動きがあるかもしれませんね。

▽そんな調子だったので、今週のアトレティコはスポーツ紙面でも主役をもっぱら女子チームに奪われがちで、いやあ、実は彼女たちの立場はお隣さんと近くて、男性陣の不甲斐なさをせせら笑うかのごとく、土曜のリーガ最終戦で2位のバルサと同じ結果を出せば優勝できる首位だったんですよ。その大一番、レアル・ソシエダ戦でビセンテ・カルデロンが使えず、マハダオンダのミニスタジアムになってしまったのは気の毒でしたけどね。タイトルを獲得できれば、日曜には男子チームの試合前にPasillo de Campeones/パシージョ・デ・カンペオーネス(チャンピオンの花道)で迎えてもらえるとなれば、一層やる気に拍車がかかるというものかと。

▽そして前節、アスレティックと引き分け、見事に昇格1年目での1部残留を決定。おかげで相手がEL出場権をよりいい順位で確保するため、兄貴分との試合に真剣に挑まないといけない理由を作ってしまったレガネスは土曜にアラベスと最終節となるんですが、こちらはブタルケのサポーターのお祭りになるのは確かかと。昨季までの3シーズンで彼らを2部Bからステップアップ、1部でやっていけるまでに導いたアシエル・ガリターノ監督は、「La gente nos decia que ahora tocaba disfrutar, pero yo disfrute poco/ラ・ヘンテ・ノス・デシア・ケ・アオラ・トカバ・ディスフルタール、ペロ・ジョ・ディスフルテ・ポコ(人々は今度は自分たちが楽しむ番と言っていたが、私はほとんど楽しめなかった)」と今季の苦労を語っていたものの、この試合だけは心おきなく満喫できるのでは?

▽いえ、現在9位で8位のエイバルと同じ勝ち点のアラベスにはマラガ同様、バルサと戦う同じバスク地方のチーム仲間の最終節を利用して、1つでも順位を上げたいという思惑もあるようですけどね。向こうには来週土曜にコパ・デル・レイ決勝が控えているため、主力は温存するのではないかという読みもなきにしろあらず。マドリッドの3チームはそんな感じで、いよいよ今季が終わるリーガですが、去年のヘタフェやラージョのように最後の最後に降格なんて大ショックが待ち受けているのではなく、マドリーの優勝祝いが見られるかもしれないっていうのは、私も気が楽でいいですね。
【マドリッド通信員】 原ゆみこ 南米旅行に行きたくてスペイン語を始めたが、語学留学以来スペインにはまって渡西を繰り返す。遊学4回目ながらサッカーに目覚めたのは2002年のW杯からという新米ファン。ワイン、生ハム、チーズが大好きで近所のタパス・バルの常連。今はスペイン人親父とバルでレアル・マドリーを応援している

コメント

関連ニュース

thumb

【原ゆみこのマドリッド】勝てば何でも微笑ましく見える…

「可愛いと言えばそうかもしれないけど」そんな風に私が首を傾げていたのは金曜日、チャイニーズ・ニューイヤーを祝うアトレティコのビデオを見た時のことでした。いやあ、昨今はどこのクラブも中国人ファンを増やそうと熱心で、この時期は選手たちが中国語で新年おめでとうと言っている映像が沢山出るんですけどね。今回のアトレティコ版は、いえ、先日、大連万達(ワンダ)グループがスタジアムのスポンサー契約は続けるものの、持ち株をイスラエルの企業に売却。そのせいで制作費が減ったなんてことはないと思いますが、戌年にちなんだ企画として、サウール、カラスコ、ヒメネスがペットのワンちゃんたちを紹介って、あまりに安易すぎる企画な気がしたから。 ▽え、今週はヨーロッパの大会が再開したせいで、選手たちに中国語を覚えてもらう時間がなかったんじゃないかって?そうですね、お隣さんなども現在、解説者をしているロベルト・カルロスが主役。さり気にCLトロフィーが神々しく12個並んだクラブ博物館内の風景も入れ、こういうのを見て駆けつけたファンがまた、サンティアゴ・ベルナベウ前のツアーチケット売り場の行列を長くするんだなと思いましたが、まあそれはそれ。まずはレアル・マドリーの今季全てが懸かった水曜のCL16強対決PSG戦1stレグがどうだったか、お伝えすると。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180217_14_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div>▽セルヒオ・ラモスの呼びかけにファンが応え、その日はチームバスがスタジアム入りする午後7時15分頃には周辺の道路が人で溢れんばかりに。予想通り、bengala(ベンガラ/発煙筒)が何本も赤々と燃え上がっている光景を近所のバル(スペインの喫茶店兼バー)で眺めてから、観戦に向かった私でしたが、何せフランスからPSGの応援に来るサポーター4000人中、1割ぐらいウルトラ(過激なファン)が混じっていると聞いていましたからね。ビジターファン区画に繋がるTorre D(タワーD)の入り口もボディチェックが厳しいせいか、物凄い渋滞ぶりでしたが、幸い大きな騒ぎはなかったよう。私も無事にスタンドの席に着くことができたんですが…。 ▽fondo sur/フォンド・スール(ゴール裏南側席)に巨大垂れ幕がかかり、ビッグマッチ特有の華々しさで幕を開けた試合の方は、いえ、ジダン監督の「Jugamos cuatro en el medio contra tres de ellos/フガモス・クアトロ・エン・エル・メディオ・コントラ・トレス・デ・エジョス(相手の3人に対し、ウチは4人を中盤に入れてプレーした)」という作戦でイスコがトップ下を務めたため、BBC(ベイル、ベンゼマ、クリスチアーノ・ロナウドの頭文字)対MCN(ムバッペ、カバーニ、ネイマール)のガチンコ対決にならなかったせいではないんでしょうけどね。最初のゴールが決まったのは前半33分と遅めで、しかも今季のベルナベウでは珍しいことではないんですが、ムバッペのクロスをネイマールが戻し、フリーだったラビオが撃ち込んで先制されてしまったから、さあ大変! ▽でも大丈夫。ハーフタイムに入る前にクロースがロ・セルソにエリア内で倒されてPKをゲットすると、ロナウドがしっかり決めて、1-1の同点で折り返したんですが、後半、両チームの明暗を分けたのはそれぞれの交代策でした。そう、アウェイゴール付きの引き分けを良しとしたか、PSGのエメリ監督が20分にはカバーニをムニエに代え、ダニエウ・アウベルとの右サイドダブルSB制を敷いたのとは違い、ジダン監督はまずはベンゼマをベイルに。とはいえ、最後の最後にモノを言ったのは30分過ぎ、カセミロとイスコを引き上げ、ルーカス・バスケスとアセンシオをサイドに投入したことで38分、後者のラストパスをGKアレオラが弾いたところ、詰めていたロナウドのヒザに当たり、勝ち越しゴールが入るとは何てラッキーなんでしょう。 ▽つまりこういうことがあるから、「Esto es la Champions y el Madrid tiene experiencia/エストー・エス・ラ・チャンポンズ・イ・エル・マドリッド・ティエネ・エクスペリエンシア(これはCLでマドリーには経験がある)」(ロナウド)と威張れるんだと思いますが、これで当人はマドリーに来てからのCL得点記録を101ゴールに更新。その3分後にも再びアセンシオが違いを見せつけ、今度はマルセロにアシストすると、とうとう3-1という、かなり安全なスコアで勝利したとなれば、私も含め、もしやこの日で今季のCLナイトは終わりかもしれないと恐れていたマドリーファンたちがどんなに喜んだことか。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180217_14_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div>▽いえ、後で帽子をかぶった粋な姿でミックスゾーンに現れたラモスは、「Al Real Madrid no se le puede dar por muerto/アル・レアル・マドリッド・ノー・セ・レ・プエデ・ダール・ポル・ムエルトー(レアル・マドリーは死んだものと見なすことはできない)」と言ってはいたものの、この手の終盤のremontada(レモンターダ/逆手劇)は今季、珍しいんですけどね。やはり「Este club tiene 12 Champions por algo/エステクルブ・ティエネ・ドセ・チャンピオンズ・ポル・アルゴ(このクラブがCLに12回優勝しているには理由がある)」(ジダン監督)ということなのか、前評判は高かったPSGですが、ここぞという時のマドリーの強さには私も感心するばかりだったかと。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180217_14_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div>▽ただ、エメリ監督を始め、相手側からはクロースへのペナルティや、逆にエリア内でラモスの腕にボールが当たったプレーでPKをもらえなかったことなど、ジャッジに対する文句が山積みで、いえ、結局、せっかくこの冬獲ったラス・ディアラではなく、若いロ・セルソを先発させたり、今年になって絶好調のディ・マリアを最後まで投入せず、交代枠を余らせたりした采配が災いした面もあると思うんですけどね。時折、個人技で光っただけのネイマールなど、3月6日の2ndレグで逆転突破を期して、「El ano pasado tuvimos una situacion mas dificil para poder pasar/エル・アーニョ・パサードー・トゥビモス・ウナ・シトゥアシオン・マス・デフィシル・パラ・ポデール・パサール(昨季は突破にもっと難しい状況だった)」と強気でしたが、いや、それ、バルサがパリで4-0と大敗して、カンプ・ノウで6-1と逆転した16強対決のことですか? ▽うーん、その時は2得点した当人が大逆転の立役者になっていましたが、今回は横にメッシもルイス・スアレスもイニエスタもいないとなると、さてどうなることやら。一方、マドリーも嬉しいことばかりではなく、金曜にはクロースが試合中にムバッペとぶつかった際、左ヒザを痛め、その日は走行距離13キロとチーム一の健脚ぶり、ミックスゾーンでもドイツ人記者にたちと楽しそうに話していたものの、2ndレグまでに回復できるか、ギリギリのところだとか。いえ、それまでのリーガ戦5試合はこの日曜午後8時45分(日本時間翌午前4時45分)からのベティス戦を含め、首位のバルサとの差も縮まったとはいえ、勝ち点17と凄まじいものがあるため、生ぬるく来季CL出場圏内の4位維持に努めてくれればいいんですけどね。セバージョスのケガも治り、コバチッチやマルコス・ジョレンテら、出場したい中盤の選手には事欠かないとはいえ、クロースのプレーが見られないのは残念なファンも多いかと。 ▽そして翌木曜には、キラキラしたCLの舞台と昨季中に縁を切ったアトレティコがヨーロッパリーグ32強対決1stレグでコペンハーゲンと顔合わせ。それでもパルケン・スタディオンのサポーターがキックオフ前、大弾幕やスモークで場を盛り上げてくれたおかげもあったんですかね。あれだけ前夜、マドリーが注目された後、ワンランク下の大会で戦う肩身の狭い思いを忘れられたか、序盤からグリーズマンやサウールがチャンスを迎えていた彼らだったんですが、前半14分、エリア内でアンケルセンのシュートをフィッシャーがtaconazo(タコナソ/ヒールキック)で軌道を変え、当日、オブラクの風邪で先発を任されたGKモヤを破ってしまったから、驚いたの何のって。 ▽いやあ、この遠征にはふくらはぎの筋肉痛でジエゴ・コスタも参加しておらず、CLグループリーグではアゼルバイジャンのカラバフに1度も勝てなかったアトレティコですからね。もうこの時点で、1-1で帰って来てくれたら御の字と気弱になった私だったんですが、どうやら彼らを見損なっていたよう。ええ、早くも21分にはグリーズマンのクロスをサウールがヘッドで叩き込み、スコアが同点に。37分にはグリーズマン、リュカが連携し、最後はゴール前からガメイロが決めて見事に逆転って、もしやコペンハーゲンは本当に格下だった? ▽おまけにピッチに激しい雪が降り注ぐ中、後でトマスも「Hacia frio, pero corriendo no hace tanto/アシア・フリオ、ペロ・コリンドー・ノー・アセ・タントー(寒かったけど、走っているとそうでもなかった)」と言っていたように前線から、勤勉に全員がプレスをかける作戦が成功したんでしょうかね。後半にもアトレティコは得点してくれたんです。ええ、26分にはコレアから代わったカラスコからスルーパスを受けたグリーズマンが3点目を挙げ、32分にはガメイロ同様、セビージャで前人未踏の3連覇を達成と、この大会のスペシャリストと言っていいビトロが相手にとって、ほぼ死刑宣告に等しい4点目をゲット。最後は1-4の勝利で終わり、いえ、相手のソルバッケン監督が「アトレティコはウチが当たった最高のチームの1つ。誰も休まず、ずっと働き続けているし、マドリッドの隣人に勝ち点差10つけているのもわかる」と褒めていたのは、多分にお世辞も混じっていたんでしょうけどね。 「マドリッドでは違うメンバーが出るかもしれない」ともう逆転を諦め、ローテーションに出ることも仄めかしていたため、来週木曜午後7時からのワンダ・メトロポリターノでの2ndレグは大船に乗ったつもりでいいかも。ただちょっと気になるのはアトレティコファンの反応で、AS(スポーツ紙)ではすでに1万2000枚売れて、残りのチケットは4000枚程と、満員近くなるような記事が出ていましたけどね。私の経験から言うと、最後に戦った2013年EL決勝トーナメントなどもそうでしたが、32強対決辺りではスタンドはガラガラ。1月のコパ・デル・レイでのエルチェ(2部B)戦やジェイダ(同)戦のように当日券も出るんじゃないかと思いますが、さて。来週は水曜にブタルケで延期されていたリーガのレガネスvsマドリー戦もあるものの、そちらはチケット完売が見込まれているため、ミッドウィークにマドリッドを訪れるファンにはいいサッカー観戦の機会になるんじゃないですかね。 ▽ちなみに今週末のアトレティコは日曜午後4時15分(日本時間翌午前0時15分)から、アスレティックをホームに迎えるんですが、実は相手も同じ木曜、雪の降るロシアでスパルタク・モスクワとのEL32強1stレグを戦ったばかり。リヨンに3-1で負けたビジャレアル、アノエタで後半ロスタイムに南野拓実選手にゴールを決められ、ザルツブルクと土壇場で2-2と引き分けたレアル・ソシエダなどとは違い、この11日に37歳となったアドゥリスの2得点などで1-3と快勝してきたものの、この試合では彼と共にラウール・ガルシアも出場停止になるのはラッキーだったかと。金曜にはジエゴ・コスタも練習に合流し、土曜のエイバル戦の結果次第ではバルサとの差を勝ち点7から更に縮めるチャンスと、アトレティコファンも意気込んでいるんですが…うーん、そう上手く事が運ぶのかどうか。 ▽そしてマドリッドの弟分チームは金曜と月曜の平日開催という気の毒な扱いを受けている今節のリーガなんですが、まだコパ酔いが抜けていなかったか、レガネスはジローナに3-0で先程完敗したばかり。何せ、年明けから準決勝まで、ずっと週2試合のハードスケジュールをこなしたせいで負傷者が続発していますし、まだ降格圏までは勝ち点差10以上とちょっと余裕があるのも油断に繋がった可能性はありますけどね。来週はミッドウィークのマドリー戦、そして土曜にはラス・パルマス戦と続くため、後悔する前に早く調子を取り戻せるといいのですが。 ▽一方、月曜午後9時(日本時間翌午前5時)からセルタをコリセウム・アルフォンソ・ペレスに迎えるヘタフェも前節、カンプ・ノウでバルサからスコアレスドローをもぎ取った直後なだけに別な意味での二日酔いが心配なんですが、そこはよく考えて。何せ、首位相手から勝ち点1ゲットはお手柄ですが、その前から彼らは引き分けが続き、ここまで4連続ドローですからね。そろそろ毎試合きっちり勝ち点3を溜めて、速やかに1部残留ライン突破に漕ぎつけてもらいたいかと。前節では先発に返り咲いた柴崎岳選手が再び、スタメンに入れるのかもファンには気になるところでしょうか。<hr>【マドリッド通信員】 原ゆみこ 南米旅行に行きたくてスペイン語を始めたが、語学留学以来スペインにはまって渡西を繰り返す。遊学4回目ながらサッカーに目覚めたのは2002年のW杯からという新米ファン。ワイン、生ハム、チーズが大好きで近所のタパス・バルの常連。今はスペイン人親父とバルでレアル・マドリーを応援している。 2018.02.17 14:30 Sat
twitterfacebook
thumb

【原ゆみこのマドリッド】戻って来たのはCLだけじゃない…

▽「今度こそホントよね」そんな風に私が頷いていたのは月曜日、スペイン・サッカー協会理事会の会合でようやく、4月21日に開催されるコパ・デル・レイ決勝の会場がワンダ・メトロポリターノに決定したという記事をスポーツ紙のネット版で見つけた時のことでした。いやあ、FAカップはウェンブリー、クープ・ド・フランスはスタッド・ド・フランス、DFBポーカルはオリンピアシュタディオンといったように、ヨーロッパの主要リーグでは決勝のスタジアムが固定されているのとは違って、スペインは毎シーズンどこになるかわからず。それでも丁度、今季はアトレティコの新しいホームが華々しくオープンしたとあって、誰もがその任を授かるとつい最近までは疑っていなかったんですけどね。 ▽それが、いえ、別にアトティコが準々決勝であっさり敗退してしまったせいではありませんよ。ファイナリスタがセビージャとバルサに決まった後、前者のホセ・カストロ会長が決勝は地元のサンチェス・ピスファンかエスタディオ・オリンピコがいいと主張。後者は後者でコパ5連覇を永遠のライバルのお膝元で果たしたいという、嫌味な願いもあって、サンティアゴ・ベルナベウを希望する声もあったものの、その週末に重なるリーガ34節のベティス戦をコパ決勝翌日の日曜にプレーすることになっても準備は滞りなくできると、クラブが請け合ったのが効いたんでしょうか。結局、アトレティコの望み通り、会場はワンダと決まったんですが、そのベティス戦の方も同じ節のセビージャvsレアル・マドリー戦、バルサvsビジャレアル戦と一緒に5月9日に延期されることに。 ▽実際、これはまだ取らぬ狸の皮勘定ですが、ありがたいことにパルケン・スタディオンはすでにチケット完売。スペインからも勇気あるアトレティコファン400人が応援に駆けつけると言われている、この木曜午後9時5分(日本時間翌午前5時5分)からの32強対決コペンハーゲン戦1stレグから始まるヨーロッパリーグ決勝トーナメントを順調に勝ち上がっていったとしたら、その頃は準決勝間近と佳境に入っているはずですからね。もちろんコパ決勝でトロフィーを掲げ、初年度からワンダに歴史を刻む夢が無残に砕けた後ですし、参加チームにドルトムントやアーセナル、ナポリ、ミランといった老舗もある中、5月16日のリヨンでのEL決勝に出ようなんて、昨今のプレーぶりからすれば、高望みもいいところなのかもしれないんですが…どういう訳か、最近アトレティコにリーガ優勝争いの目が戻って来たみたいなんですよ。 ▽え、先週末はマドリッド勢のトップバッターとしてマラガ戦に挑んだ彼らだったけど、開始41秒、ベルサイコのスローインを敵がクリアしたところ、サウールがエリア前からシュート。ケコに当たってエリア内にこぼれたボールをグリーズマンが素早く拾って先制点を挙げてから、後は何もなかったじゃないかって? まあ、そのゴールの後、当人が用具係の渡してくれたユニフォームをかざし、先日、サッカーをプレー中に急死した15歳のアトレティコファン、ナチョ・バルベラ君に哀悼の意を捧げていたのは感動的だったんですけどね。その日もパスが3回と続かないせいで、ジエゴ・コスタにボールが届かなかったのもありますが、せっかくリーガ初先発を飾ったビトロも実力を示すことができず。 ▽結局、その後、枠内シュートが1本もなかったチームで目立ったのは、「lo de hoy fue extraordinario, estando en todos los sitos, arriba, abajo, cortando centros/ロ・デ・オイ・フエ・エクスラオルディナリオ、エスタンドー・エン・トードス・ロス・シティオス、アリバ、アバッホ、コルタンドー・セントロス(今日は格別に素晴らしかった。クロスをカットしたり、前線でも後方でも全ての場所にいた)」とシメオネ監督も褒めていたグリーズマンの攻守に渡る獅子奮迅ぶりと、いつもながらのGKオブラクの安定感。後半43分にはコスタと代わったフェルナンド・トーレスにラセン(冬の市場でヘタフェとの契約を解除してマラガに移籍)が頭をぶつけ、担架退場となったこともあり、最後は10人で戦った相手にそのまま0-1で勝利したんですが、いやはや。 ▽いえ、シメオネ監督自身も「Tenemos que mejorar, pero ganando es mas facil hacerlo/テネモス・ケ・メホラール、ペロ・ガナンドー・エス・マス・ファシル・アセールロ(ウチは向上しないといけないが、勝ちながらの方がやりやすい)」と言っていたものの、ここ2週間、コパ敗退のおかげで週1試合ペースになったにも関わらず、最下位のマラガにも最少得点差勝利しかできない有様ですからね。いくらゴディンとサビッチの負傷のおかげで先発が回ってきたヒメネスが、「Lo importante es ganar, nadie se va a acordar de como jugaste contra el Malaga/ロ・インポルタンテ・エス・ガナール、ナディエ・セ・バ・ア・アコルダール・デ・コモ・フガステ・コントラ・エル・マラガ(大事なのは勝つこと。マラガにどんな風に勝ったかなんて誰も思い出しはしない)」と開き直っていたとて、90分間、いつものバル(スペインの喫茶店兼バー)でイライラしながら、じっと見ているこちらの身にもなってくださいって。 ▽ただそんな勝利でも実になったのは多分に翌日曜、弟分のヘタフェがカンプ・ノウで頑張ってくれたおかげで、まず驚かされたのはキックオフ前、顔なじみのオンダ・マドリッド(ローカルラジオ局)の記者が、まあ私にしてくれたバルサ戦の先発予想が外れたせいもあったんでしょうかね。柴崎岳選手のスタメン出場を伝えてきてくれたことなんですが、いやいや。まさかボルダラス監督がエースのホルヘ・モリーナを外してくるなんて、誰も予想できませんって。その日の前線を担ったアンヘルや柴崎選手もシュートを撃って得点を狙ったんですが、まあそれはともかく、何より助けになったのは先週木曜にバレンシアとコパ準決勝2ndを戦っていたバルサには、「Nos falto chispa para hacer algo mas/ノス・ファルト・チスパ・パラ・アセール・アルゴ・マス(ウチはもっと何かをするための火花が欠けていた)」(バルベルデ監督)ということ。 ▽幸い前半終了間際のルイス・スアレスのゴールもオフサイドを取ってもらえましたしね。そこへ「Hemos hecho un gran partido a nivel defensivo, alternando marcas a Messi/エモス・エッチョー・ウン・グラン・パルティードー・ア・ニベル・デフェンシボ、アルテルナンドー・マルカス・ア・メッシ(ウチは守備のレベル的に素晴らしい試合をした。交代でメッシをマークしながらね)」(ボルダラス監督)というヘタフェの堅守が功を奏し、GKグアイタのparadon(パラドン/スーパーセーブ)にも助けられた彼らは終了の笛が鳴るまで、相手を無得点に抑えることに成功。スコアレスドローで勝ち点1をマドリッドに持ち帰って来るんですから、何て頼りになる弟分なんでしょう! ▽おかげでここ2節連続の引き分けとなったため、バルサと2位のアトレティコとの差が勝ち点11から7に縮小。いえ、まだ世間は本気にしていないからか、お隣さんと違い、奇跡のremontada(レモンターダ/逆転優勝)体質がアトレティコに備わっていないせいか、リーガ23節から、この差をひっくり返した前例があるのかといった情報はまだ出ていないんですけどね。楽観的なファンからは「直接対決とクラシコ(伝統の一戦)で勝ち点1差になる」なんて意見も聞かれたんですが、いや、アトレティコもマドリーもカンプ・ノウで勝てるんですか? ▽まあその辺は何ですが、とりあえずリーガ次節はアトレティコが日曜にワンダでアスレティック戦、バルサは土曜にアウェイのエイバル戦ですから、今度は乾貴士選手の力を借りることができるかも。一方、ヘタフェもホームのコリセウム・アルフォンソ・ペレスでセルタ戦なんですが、こちらは月曜午後9時からの設定。終わる時間が遅いのは気になりますが、徒歩1分のLos Espartales(ラス・パスパルタレス)駅から、メトロスールと10号線でセントロ(マドリッド市内中心部)に戻れる地下鉄は午前1時過ぎまでありますし、15分歩いてLas Margaritas(ラス・マルガリータス)駅でセルカニアス(国鉄近郊路線)を捕まえるにしても、終電の午後11時40分には間に合うと思うので、チケットの取りやすそうな試合としてお勧めはできます。 ▽え、コパ疲れが出たのは準決勝でセビージャに敗退したレガネスも同じじゃないかって?そうですね、先週末はアトレティコの次の時間帯にブタルケにエイバルを迎えた弟分の片割れだったんですが、こちらは最後の最後までゴールが生まれず。それでもミッドウィークに試合がなく、体力満々で攻めてくる相手の攻撃を凌いでいたものの、後半ロスタイム4分、CKからラミスがヘッドを叩き込み、土壇場で勝ち点3を持っていかれることに。とはいえ、それでも彼らは12位ですし、消化試合が1つ少ないという状態ですから、別に悲観することはないんですけどね。今週は金曜にジローナ戦をプレーした後、いよいよ来週水曜にはその延期されていたマドリー戦が到来。その後は日程も楽になるため、少しずつコパ酔いを解消して、1部残留ライン確定に早く近づけたらと思います。 ▽そして土曜の夜、サンティアゴ・ベルナベウに足を運んで私が見た、マドリーの今季が懸かったCL16強対決PSG戦のensayo general/エンサージョ・ヘネラル(総合リハーサル)、レアル・ソシエダ戦はどうだったのかというと。いやあ、それが前半は完璧な出来で、お隣さんに対抗するかのように開始50秒、クリスチアーノ・ロナウドのクロスをルーカス・バスケスがヘッドして、先制点が決まっているんですから、驚いたの何のって。逆にまたその後、何も起きないのだろうかと私も先行き不安に駆られたものでしたが、いえいえ、とんでもない。29分にはマルセロの折り返しをゴール前でロナウドがコースを変えて2点目、33分にもクロースがエリア前から決めると、その3分後にはロナウドがCKを頭で叩き込み、前半だけで4点差をつけているんですから、心強いじゃないですか。 ▽うーん、この日のジダン監督はベイル、カセミロ、ナチョを温存していたんですけどね。ルーカス・バスケスとアセンシオを入れた4-4-2のシステムが良かったのか、「Claro que estaba presente el partido del miercoles en la segunda parte.../クラーロ・ケ・エスタバ・プレセンテ・エル・パルティードー・デル・ミエルコレス・エン・ラ・セグンダ・パルテ(後半、水曜の試合が頭にあったのは当然)」(セルヒオ・ラモス)というハーフタイム後は、ブスティンサとイジャラメンディに守備のミスからGKケイロル・ナバスが破られ、2点を返されていただけに、PSG戦ではBBC(ベイル、ベンゼマ、ロナウドの頭文字)の揃い踏みにあまり、固執しない方がいいんじゃないかとも思ったんですが…。 ▽いえ、CL再開が目の前に迫ってきたためか、その日は傍目でも明らかな程、ハングリー精神に満ち溢れていたロナウドが35分、3本目のゴールを挙げ、今季初のハットトリックを達成できたのは途中出場のベイルのシュートをGKルリがこぼしてしまったせいというのは否定できませんけどね。どうにも間が悪かったのはベンゼマでまさか、最後のプレーでベイルのゴール前へのラストパスを天高く撃ち上げてしまい、場内から大きなpito(ピト/ブーイング)を浴びて試合を終えることになるとは。結局、この日は5-2の大勝、ジダン監督も「Tengo claro quien va a jugar el miercoles/テンゴ・クラーロ・キエン・バ・ア・フガール・エル・ミエルコレス(水曜にプレーするメンバーは決めている)」と屈託なく言っていたものの、ちょっとこのベンゼマの状態は、「es importante que equipo y aficion esten unidos/エス・インポルタンテ・ケ・エキポ・イ・アフィシオン・エステン・ウニドス(チームとファンが一体になることが大事)」(ルーカス・バスケス)なビッグマッチを前に気になるかと。 ▽そこへ加わるのがマドリーには昨年12月のセビージャ戦以来、リーガで無失点に終わった試合がないということで、このPSG戦には3月6日に2ndレグもあるんですよ。昨季は同じラウンドでバルサに4-0とホームで先勝しながら、2ndレグで6-1と大逆転負けを喰らった相手ですが、今年はネイマールやエムバペでかなりパワーアップしているとなれば、たとえ大勝してもアウェイゴールを奪われるのは怖いような。ええ、グループリーグ5節のドルトムント戦でわざとイエローカードをもらい、最終節のアポエル戦で累積警告を済ませようとしたとして、これが2試合目の出場停止となっているカルバハルなども、「右SBをやるナチョもアクラフもわかっているだろうけど、向こうが絶好調でなくて、自分が最高の状態の日でないと、ネイマールと対峙するのは難しい」と認めていましたっけ。 ▽そんなPSG戦1stレグは水曜午後8時45分(日本時間翌午前4時45分)キックオフ。もうとうにチケットは売り切れで、ネットやスタジアム周辺に出没するダフ屋からは1万ユーロ(約140万円)越えなんて法外な値段が聞こえてくるんですが、丁度、マドリッドに旅行に来ているファンでしたら、ラモスがソシエダ戦直後、自身のツイッター(https://twitter.com/SergioRamos/status/962462712788930561)で呼びかけたように、サンティアゴ・ベルナベウの角にあるlos Sagrados Corazones(ロス・サグラードス・コラソネス)広場で午後6時30分にチームバスのお出迎えをしてもいいかも。 ▽いえ、人が多すぎてバスが見えないかもしれませんし、側でbengala(ベンガラ/発煙筒)とか炊かれたら怖いですし、実際、まだ16強対決、しかも1stレグの時点でやることじゃないんですけどね。とはいえ、ここで躓いてしまってはかつて6シーズン程、続いた3月でマドリーのCLが終わるという10年以上前の悪夢が蘇ってしまいますからね。アトレティコもいない折、私もまだしばらくはヨーロッパ最高のクラブが見られる大会がマドリッドで続いてほしいんですが…。<hr>【マドリッド通信員】 原ゆみこ 南米旅行に行きたくてスペイン語を始めたが、語学留学以来スペインにはまって渡西を繰り返す。遊学4回目ながらサッカーに目覚めたのは2002年のW杯からという新米ファン。ワイン、生ハム、チーズが大好きで近所のタパス・バルの常連。今はスペイン人親父とバルでレアル・マドリーを応援している。 2018.02.13 11:30 Tue
twitterfacebook
thumb

【原ゆみこのマドリッド】ようやくコパが終わって…

▽「これって最高の旅程よね」そんな風に私が感心していたのは金曜日、週明けの降雪から始まって連日、朝晩の気温はマイナスに。そこへ北風まで吹いて全然、外出する気にならなかった今週のマドリッドだったんですが、その日は少し寒さが和らいだため、ヘタフェの練習場を訪ねてみたところ、日本から来たという女子2人に遭遇。フットテニスやロンド(輪になって中にいる選手がボールを奪うゲーム)などの軽い試合2日前のセッションを終え、グランドから上がって来る柴崎岳選手のサインやツーショットの写真をゲットした彼女たちは明日にはバルセロナに移動して観光、日曜にはカンプ・ノウでバルサvsヘタフェ戦を見ることになっていると聞いた時のことでした。 ▽いやあ、最近はリーガの時間割が出るのも結構、早まって、1カ月ぐらい前には予定が組めますからね。地中海沿いのバルセロナはマドリッド程、寒くはならないですし、今季はカンプ・ノウの観客が減っていて、チケットが手に入りやすいというのも旅行で来る日本人ファンには嬉しいニュースですが、ただ1つ難なのはコリセウム・アルフォンソ・ペレスでボルダラス監督の記者会見を待つ間、顔なじみの記者たちに訊いたところ、前節のレガネスとの弟分ダービーで控えだった柴崎選手がバルサ戦で先発復帰する可能性はかなり薄いんじゃないかという意見が多かったこと。 ▽オンダ・マドリッド(ローカルラジオ局)の番記者など、「ケガでブランクがあった後、ほとんど貢献していないし、彼は守れないから。そういった面では同じにゴールやアシストがなくても、チームのために汗をかくアマトとかの方が監督の評価は高い。ヘタフェはガクを守備のために獲ったんじゃないけどね」と言っていましたが、まあ確かに。おまけに今回の相手にはメッシやルイス・スアレスら、点を取ることに秀でた選手が多いため、ベルガラが負傷中、新加入のフラミニ(昨季クリスタル・パレスを退団後、フリーだった)はまだ調整に時間がかかるという事情もありながら、中盤で使えるMFを総動員。アランバリ、モラ、ファジルによるtrivote(トリボテ/3人ボランチ)起用の可能性まで、マルカ(スポーツ紙)で論じられていましたからね。 ▽それでもバルサにも木曜のコパ・デル・レイ準決勝2ndレグにヒザのケガを押して出たピケが休養見込み、ベルマーレンはまだリハビリ中、そしてウムティティは出場停止。CBが1月に入ったジェリー・ミナ(パルメイラから移籍)しかおらず、DFに駒が足りないという弱点が今回はありますから、何とか無失点を終盤まで保ち、今季シーズン前半の対戦でゴールを挙げている柴崎選手が途中出場から決勝点を奪うなんて展開になったら、練習場で遭った彼女たちには一生記憶に残るラッキーな旅行になるかと思いますが、さて。そんなバルサvsヘタフェ戦は日曜午後4時15分(日本時間翌午前0時15分)からキックオフ。ちなみにこういう流れでスペイン観光定番のマドリッドとバルセロナを回る予定のあるファンにお勧めの次の日程は3月の第1週で、3日の土曜にサンティアゴ・ベルナベウでレアル・マドリーvsヘタフェ戦、日曜はカンプ・ノウでバルサvsアトレティコ戦なんていうのはおいしいと思いますよ。 ▽え、いきなり週末の話になっているってことは、やっぱりレガネスはコパ決勝に行けなかったのかって?そうなんですよ、準々決勝では大先輩のマドリーにサンティアゴ・ベルナベウで1-2と勝利、逆転突破を果たしていた彼らは今回、1stレグで1-1という拮抗した状態でセビージャに挑んだんですけどね。一応、ガリターノ監督も「Queríamos evitar el arranque fuerte que suele tener el Sevilla/ケリアモス・エビタルエルアランケ・フエルテ・ケ・スエレ・テネール・エル・セビージャ(セビージャがよくやる序盤の猛攻を避けたかった)」と言っていたように兄貴分の片割れ、アトレティコが準々決勝2ndレグ開始23秒で失点したような大ポカはしなかったんですが、何せ先週、ブタルケで私が観戦した時も両チームのレベルの差と言いますか、全般的に押され気味でしたからね。 ▽選手たちがキックオフ前の「Volver a ser campeon es lo que mas quiero/ボルベル・ア・セル・カンペオン・エス・ロ・ケ・マス・キエロ(自分が一番したいのは再びチャンピオンになること)」といった垂れ幕や、サンチェス・ピスファン恒例の暗くした場内に響き渡るhimno del centenario/イムノ・デル・センテナリオ(クラブ創設100周年歌)アカペラ合唱に気を飲まれることはなかったものの、前半15分にはエリア内右奥に入りこんだムリエルをシオバスが止められず、ゴール前にラストパスを出されてコレアに先制点を決められてしまうことに。それでも1点を取れば延長戦に入れることから、決して気落ちせず、アムラバットやガブリエル・ピレスを中心にゴールを挙げようと頑張ったんですが…終盤、最後の切り札として投入されたのがCBマントバーニだった辺りがやはり、チームとしての限界だったかと。 ▽うーん、後でガリターノ監督は「延長戦に入った場合、ゲレロを入れていたら、バランスが崩れていただろう」と言っていましたけどね。クロスを放り込んでキャプテンのヘッドで何とかしてもらうという算段もあったのかもしれませんが、とにかく負けているですから、ここは先を考えずにFWを入れた方が良かった?そうこうするうち、セビージャのカウンターがはまり、残り1分にフランコ・バスケスが2点目をゲット。これで総合スコア3-1と完全に息絶えてしまったレガネスでしたが、無料バス6台を連ねて応援に駆け付けたファン400人もスタンドでチームを称えていたように、このコパでビジャレアル、マドリーと強豪を倒してきた彼らの健闘は立派としか言いようがありませんって。 ▽年明けからずっと続いた週2試合ペースにも絶妙のローテーションで息切れしなかったですしね。選手たちにも自信がついたことでしょうし、木曜朝にセビージャ(スペイン南部)からAVE(スペインの新幹線)で帰京した彼らにはなるたけ早く、気持ちを切り替えて、チームの根本目標である1部残留を速やかに達成してほしいかと。ちなみに今週末、レガネスは土曜午後6時30分(日本時間翌午前2時30分)から、ホームに先日、近々契約延長が決まりそうだ報じられた乾貴士選手のいるエイバルをブタルケに迎えるんですが、奇しくも前節、セビージャに5-0と大勝した相手とはいえ、幸いガリターノ監督のチームにはコパ準決勝による負傷者は発生しておらず。 ▽リーガでは現在、お隣さんのヘタフェと同じ勝ち点数29で、どちらも降格圏までは12、来季のヨーロッパリーグ出場権をもらえる6位まで4と、これだとどちらのチームも残留決定後、更に上を目指す余裕がありそうな。加えて、忘れてはいけないのはここ12年で17回目の決勝進出、コパでは8回の決勝で5回優勝しているセビージャですが、翌木曜にはサンチェス・ピスファン同様、大勢のファンがメスタジャ入りするチームバスをお出迎え。声を限りに応援したものの、バレンシアはコウチーニョとラキティッチにゴールを許し、総合スコア0-3で準決勝敗退に。 ▽おかげで誰もがワンダ・メトロポリターノで行われると思っていたにも関わらず、その週末がベティス戦と重なるため、新たにメスタジャやサンティアゴ・ベルナベウが開催スタジアムとして浮上してきた4月21日のコパ決勝では2年前にも負けているバルサと対戦するんですよね。となると、かなり分が悪そうですが、もしここでバルサがコパ4連覇を遂げると、うーん、リーガ独走は勝ち点差9で2位のアトレティコも何とか止めたいと努力はしているものの、彼らの来季CL出場権獲得はまず確実。その場合、コパ優勝チーム用のEL出場権がリーガ7位に回るとなれば、マドリッドの弟分チームが揃ってヨーロッパの大会に参加なんてこともありうるかもしれない? ▽おっと、そんな絵に描いた餅のような話は置いといて、試合のないミッドウィーク2週目を終えた兄貴分たちについても触れておかないと。月曜に練習場を覆った雪も火曜にはすっかりキレいになっていたため、どちらも4日間じっくりトレーニングに励めたんですが、やっぱり首位まで勝ち点19ともなると、マドリーファンも来週水曜のCL決勝トーナメント16強対決PSG戦1stレグの方が気になっているはずと各紙も判断したんでしょうね。ただ、ネイマールの連日バースデーパーティや雪の中でサンタ帽をかぶってパンツ一丁でポーズをとるツイート(https://twitter.com/neymarjr)などばかりではさすがにネタがもたないためか、木曜にはBBC(ベイル、ベンゼマ、クリスチアーノ・ロナウドの頭文字)の復活により、控えに戻ってからの態度の悪さに失望して、ジダン監督はこの夏、イスコを放出する意向を固めたという噂なども現れることに。 ▽まあ、これは金曜の試合前日監督会見に出た当人が「自分はイスコが好きだ。マドリーにずっといてほしい。Todo lo dicho es mentira/トードー・ロ・ディッチョー・エス・メンティーラ(言われていることは全て嘘だよ)」と否定していましたので、そんなに気にしないでもいいかと思いますが、ちょっと心配なのはあまりにCLが近づきすぎて、土曜午後8時45分(日本時間翌午前4時45分)からのレアル・ソシエダ戦で選手たちが上の空にならないかということ。何せ、今回はウィリアム・ホセとジャヌザイがケガで出られないとはいえ、相手は前節デポルティボに5-0と大勝して、調子を取り戻しつつありますからね。今季のマドリーはサンティアゴ・ベルナベウでの試合でも勝ち点を落とすことが多いため、うっかり選手を温存もできないって、なんだか大変そうですが、とりあえず、現在5位のビジャレアルと勝ち点差2の4位の座だけは死守しないと面目が立たないかと。 ▽そして土曜の午後4時15分から、4試合ぶりのアウェイゲームで最下位のマラガに挑むのがアトレティコなんですが、こちらもバルサ程ではありませんが、前節のバレンシア戦でサビッチとゴディンが全治3週間見込みのケガを負ってしまったため、今週の練習ではシメオネ監督がCBコンビを務めるヒメネスとリュカに居残りまで命じて鍛えていたとか。いえ、ゴディンなど、金曜には失くした前歯3本の治療を終え、マハダオンダ(マドリッド近郊)のグラウンドで元気な姿を見せていたんですけどね。やはり当分は頭を使うようなプレーは避けた方がいいようで、招集リストには入らず。相手のマラガはミチェル監督がヘタフェ戦の後に解任され、ホセ・ゴンサレス新監督となってから、2分け1敗とまだ白星がないんですが、窮鼠猫を噛むといったことわざもありますしね。アトレティコとしても油断は禁物ですが…こちらも来週木曜にはEL32強対決コペンハーゲン戦1stレグなのにまったく盛り上がってないのはやっぱり大会柄、仕方ないんでしょうか。<hr>【マドリッド通信員】 原ゆみこ 南米旅行に行きたくてスペイン語を始めたが、語学留学以来スペインにはまって渡西を繰り返す。遊学4回目ながらサッカーに目覚めたのは2002年のW杯からという新米ファン。ワイン、生ハム、チーズが大好きで近所のタパス・バルの常連。今はスペイン人親父とバルでレアル・マドリーを応援している。 2018.02.10 10:15 Sat
twitterfacebook
thumb

【原ゆみこのマドリッド】もうすぐヨーロッパの大会なのに…

▽「嬉しいもんなのかしら」そんな風に私が首を傾げていたのは月曜日、前夜ワンダ・メトロポリターノから自宅に着いたのが午前1時過ぎだったため、遅めに新聞を買いに出たところ、外は激しく雪が舞い踊る状態。道にも積もり始めているのに閉口して、おっかなびっくり歩いていたんですが、途中でセルフィーを撮っているスペイン人を何人も見かけたから。いえ、幸いスタジアムに試合観戦に行かないといけなかった日曜はまだみぞれとかで、レバンテ戦を終えて帰京したイスコが、雪がちらつくマドリッド郊外にある家の庭で上半身裸になって犬と戯れるビデオ(http://espndeportes.espn.com/video/clip/_/id/3954321)などが話題にもなったんですけどね。 ▽それが月曜になると、ジエゴ・コスタはまだ服を着ていたからいいものの(https://twitter.com/diegocosta/media)、21歳のリュカなど、半裸で雪の上にダイブ(http://www.marca.com/futbol/atletico/2018/02/05/5a786f96468aebcf048b4617.html)なんて映像も出てきたため、思わず、「また当分、出づっぱりが続くんだから、風邪だけは引かないで」と祈ってしまったものの、幸いながらアトレティコは火曜午後5時まで練習がなし。ええ、マハダオンダ(マドリッド近郊)の練習場なんて凄い積雪になっていたと思うんですが、おかげで月曜午後からトレーニングを予定していたお隣さんなど、バルデベバス(バラハス空港の近く)のグラウンドが雪まみれ(https://www.realmadrid.com/noticias/2018/02/la-nieve-cubre-la-ciudad-real-madrid-y-el-santiago-bernabeu)でセッション中止になったとか。 ▽まあ、それでもレアル・マドリーは今週土曜のリーガ、レアル・ソシエダ戦しかないからいいものの、気の毒だったのは、その大先輩をコパ・デル・レイ準々決勝で破り、水曜にはセビージャとの準決勝2ndレグを控えるレガネス。前日もみぞれの降りしきる中、コリセウム・アルフォンソ・ペレスで行われたヘタフェとの弟分ダービーを戦ったんですが、いえ、私もその正午からの試合をスタンドで寒さに震えながら見ていたんですけどね。丁度、コパの谷間ということもあり、9人もローテーションしながら、後半序盤にはアントゥネスのFKがゴールポストに当たったり、ホルヘ・モリーナのシュートもGKクェジェルが弾いて何とかピンチを脱出。新加入のロイク・レミ(ラス・パルマスからレンタル)や柴崎岳選手が交代でピッチに入っても最後まで無失点をキープしているんですから、頑張るじゃないですか。 ▽ただ、自分たちのチャンスも終盤、キャプテンのマントバーニのヘッドが際どく枠をそれたぐらいしかなかったため、「El punto es muy bueno para nosotros/エル・プント・エス・ムイ・ブエノ・パラ・ノソトロス(この勝ち点1はウチにとって非常にいいもの)」(ガリターノ監督)というスコアレスドローを勝ち取るにとどまったんですが、次の試合まで中2日しかないとなれば、雪が降ろうが槍が降ろうが、トレーニングをしない選択はないですからね。それも1-1だった1stレグから勝ち抜けるには1点以上、サンチェス・ピスファンで挙げないといけないため、たとえ先週末はエイバルに5-1と大敗した相手とはいえ、月曜午前11時にはインスタラシオン・デポルティバ・ブタルケでセッションを強行することに。クラブのツイッターの映像(https://twitter.com/CDLeganes/status/960472663369158656)によると、ホントにこれで練習になるのかという気はしますが、レガネスの選手たちにとってはコパ決勝に出られるチャンスなど、一生に一度あるかないか。 ▽もうそうなると、今回スペインのかなりの地方を襲った降雪も決戦の地、セビージャ(スペイン南部)には無縁、快適な気温でプレーできることを期待して、ここは歯を喰いしばって立ち向かうしかないと思いますが、さて。うーん、ヘタフェ戦の後、年明けからは週2試合でかなりのハードワークになっているエル・ザールなどは、「La carga de minutos la llevamos bien/ラ・カルガ・デ・ミヌートス・ラ・ジェバモス・ビエン(ボクらはプレー時間の多さを上手くこなしている)」と言っていましたけどね。ガリターノ監督に「Esta enfermo/エスタ・エンフェルモ(/病気中)」と言われ、日曜の試合に出なかったトップ下のガブリエル・ピレスが回復するのかも気にならなくはないとはいえ、今週の土曜午後6時30分、乾貴士選手のいるエイバルをブタルケに迎える試合でコパ決勝進出祝いができたら、私も嬉しいんですけど。 ▽そしてヘタフェの方は次節、カンプ・ノウでバルサと日曜に対戦。セントロ(マドリッド中心部)でも夕方には雪が雨に変わったため、こちらは天候が落ち着いた頃を見計らって偵察に行ってくるつもりですが、その一方で先週末、マドリッドの兄貴分チームたちの出来はどうだったのかというと。いやあ、それが土曜に一足早く試合をしたのはマドリーだったんですが、このところ、リーガでデポルティボとバレンシアに連勝して、調子が戻ったのかと思っていたんですけどね。実際、前節に続いて同じバレンシア(スペイン西部にある地中海沿岸のリゾート都市)でのレバンテ戦でも前半11分にはクロースのCKをセルヒオ・ラモスがヘッドで決め、早い時間に先制。 ▽相手は昨年11月から勝ってないし、順位も降格圏ギリギリだったため、その日もgoleada(ゴレアダ/ゴールラッシュ)を期待したファンも多かったかもしれませんが、気を抜くのが早すぎたんでしょうかね。ハーフタイムまであと3分というところでカウンターを喰らい、モラレスのシュートはGKケイロル・ナバスが弾いたものの、こぼれたボールをエリア前からボアテングに撃ち込まれ、1-1で前半を折り返すことに。おまけに後半は拮抗してしまったため、とうとうジダン監督はベイルを諦めて、20分にはイスコを投入。それが功を奏したのは36分、ベンゼマがエリア内右奥から送ったパスをその彼がシュートして、ようやく再びリードを奪ったんですが…。 ▽え、大体がしてその直後、ジダン監督が、当人は不満の表情を浮かべたにも関わらず、クリスチアーノ・ロナウドを下げてしまったのが一番いけないんじゃないかって?いやあ、「代えたのは中盤に選手を入れたかったから。Más fuerza en el centro del campo/マス・フエルサ・エン・エル・セントロ・デル・カンポ(ピッチのセンターをもっと強化できるようにね)」(ジダン監督)という考えは悪くはないんですが、アセンシオは半分FWみたいなもんですからね。この辺はアトレティコなどとは感覚が違っていて、おそらくシメオネ監督だったら、ナチョやテオでDFを厚くして、なりふり構わず1点差を守りにいったと思いますが、そこは天下のマドリー。 ▽それまで何度もモラレスの独走を招いていた守備が44分に再びほころびを見せ、ジェイソンのスルーパスから、移籍市場クローズの日にベローナから加入したばかりのパッツィーニに同点ゴールを決められ、痛恨の引き分けと終わった後、キャプテンのラモスも「あと5分という時に引き分けにされるなんて普通じゃない」と怒っていましたけどね。「経験を生かして、プレーを遅らせて時間を稼いだり…Pero el Madrid está obligado a jugar bien y queremos dar una buena imagen/ペロ・エル・マドリッド・エスタ・オブリガードー・ア・フガール・ビエン・イ・ケレモス・ダール・ウナ・ブエナ・イマヘン(でもマドリーはいいプレーをすることを義務付けられていて、ボクらもいいイメージを見せたいから)」とも言っていたように、きっとジダン監督の頭も追加点を取りに行く方に向いていたのかと。 ▽うーん、この結果、翌日にバルサがエスパニョールとのダービーに勝っていたら、勝ち点差が21ポイントに広がってしまうところだったんですけどね。それでもまだ、「Yo siempre voy a decir que la Liga no está sentenciada/ジョ・シエンプレ・ボイ・エ・デシール・ケ・ラ・リーガ・ノー・エスタ・センテンシアーダ(自分は常にまだリーガの行方は決まっていないと言うよ)」と主張するジダン監督はある意味、凄いんですが、心配なのは事あるごとにカウンターを受けて失点してしまうマドリーの守備の弱さ。昨季とかなら、自慢の点取り屋たちのおかげでそんなの何てことはなかったんですけどね。一応、バランなどは「No nos afecta, la Champions es diferente/ノー・ノス・アフェクタ、ラ・チャンポンズ・エス・ディフェレンテ(影響はないよ、CLはまた違うんだから)」と強気でしたが、レバンテに2点取られるなら、果たしてネイマール、カバーニ、エムバペを擁するPSGにはどれだけゴールを奪われることになるのやら。 ▽ええ、CL16強対決1stレグも来週水曜と迫ってきただけに不安も尽きないかと思いますが、折しもこの2月5日の月曜はロナウドが33歳、ネイマールが26歳の誕生日。さすがにこの年にもなると、日曜夜にはパリのディスコを借り切った後者のメガバースデーパーティがTV画面を賑わせても、自分も30歳になった時などやっているし、今は静かに家族とアットホームに祝うのがいいみたいな感じにロナウドもなってしまうんでしょうが(https://www.instagram.com/p/Be0ZuuuFs9Y/?hl=ja&taken-by=cristiano)、向こうはフランス・リーグ1でも18得点と、PSGの独走に大いに貢献していますからね。それでも今季、マドリー唯一の命綱となってしまったCLでは8得点のリーガと違い、6試合9得点で大会トップを走っている彼に期待を預けるしかないんですが…まずはこの土曜のリーガ、レアル・ソシエダ戦で上手く助走をつけられるといいですね。 ▽そして日曜、ヘタフェ(マドリッド近郊の衛星都市)で冷え切った体を一旦、家に帰って温め、今度は体感温度マイナス1度との予想にヒートテックを1枚余分に着込み、ホッカイロを大量持ちしてワンダ・メトロポリターノに向かった私でしたが、同じように覚悟してスタンドに足を運んだファンは約5万人。相手のバレンシアがバルサとのコパ準決勝1stレグの疲労or2ndレグに備えての体力温存もあったのか、前半、鬼のように守備を固めてきたため、せいぜいサウールのミドルシュートとCKからのジエゴ・コスタのヘッドぐらいしかチャンスを作れなかったアトレティコでしたが、どちらもGKネトのparadon(パラドン/スーパーセーブ)に阻まれてしまっては。とはいえ、前半0-0で終わるのはよくあることだったため、むしろ28分にサンティ・ミナにタックルされたサビッチが左太もも裏を痛め、アップもせずにヒメネスがピッチに入ったことの方が私としては心配だったんですが、何と後半5分には先発CBの片割れ、ゴディンまでもケガで交代なんてことあっていい? ▽いえ、彼の場合、CKで攻撃参加した際、クリアにジャンプしたネトの腕で顔面を強打。あとから空中に白い物が飛んでいるショッキングな映像も出てきたように、前歯3本を折る大変な目に遭ったんですけどね。シメオネ監督も「si la de hoy de Godín no lo es... Nos van a matar uno para que se penalti/シー・ラ・デ・オイ・デ・ゴディン・ノー・ロ・エス…ノス・バン・ア・マタール・ウノ・パラ・ケ・セ・ペナルティ(今日のゴディンのがそうでないなら、ウチがペナルティを取ってもらうには誰かが殺されないと)」と言っていたようにこの災難も今季のリーガで初PKゲットには繋がらず。ここは急遽、右SBのフアンフランが入り、CBはヒメネスとリュカ、左SBにベルサイコを回して窮地を凌ぐことに。 ▽そんな不運続きでしたから、すでに守備固めに入るつもりでガビがライン際で交代を待っていた後半13分、コケのパスを受けたコレアがハーフタイムに「バレンシアはエリア外からなら撃たしてくれる」とロッカールームで話し合ったのを生かし、エリアの左前から斜めにシュート。それが決まった時にはビックリしたの何のって。1-0となって、カラスコに代わって入ったガビは反撃を始めたバレンシアに対し、しっかり中盤を支えてくれましたし、いやまあ、コスタとグリーズマンのFWコンビはアトレティコ最強ですからね。追加点を狙うなら、そのままの方がいいのもあったんでしょうが、残り15分には今季はビジャレアル、バルサ、ジローナなど、終盤の失点で引き分けられてしまったのを反省したんですかね。そうそうに逃げ切りの姿勢に入ります。 ▽その方法はそれまで40%を切っていたポゼッションを上げることで、危険なパスを避けて、後半30分以降は60%に、最後の5分など、70%以上になっていたそうですが、おかげでせっかくのカウンターのチャンスにグリーズマンがボールを戻してしまい、スタンドからpito(ピト/ブーイング)が飛ぶ一幕も。怒った当人が指を唇の前に立てるポーズでファンを批判するのも大人気ないんですが、後でシメオネ監督も「no atacó innecesariamente cuando no había que atacar/ノー・アタコ・インネセサリアメンテ・クアンドー-・ノー・アビア・ケ・アタカール(攻撃すべきでない時、不必要に攻めていかなかった)」と褒めていましたしね。ファンにしてみれば、もっとガンガン行くチームを見たいのはわかりますが、そのまま1-0の勝利で勝ち点3が手に入ったとなれば、文句を言ってはバチが当たるかと。 ▽だってえ、丁度、その日はバルサがエスパニョールと1-1で引き分けていたため、これで首位との勝ち点差が9になったんですよ。ただ11差になったのは2節前、彼らがジローナに追いつかれ、引き分けてしまったせいなので、元に戻っただけなんですが、サルールなども「Tenemos que pensar en nosotros e ir partido a partido/テエモス・ケ・ペンサール・エン・ノソトロス・エ・イル・パルティードー・ア・パルティードー(ウチは自分たちのことだけを考えて、1試合1試合やっていかないと)」と言っていましたしね。月曜にはゴディンもサビッチも全治3週間と診断されてしまいましたし、もしやバルサは木曜のコパ準決勝、バレンシアとの2ndレグ(1stレグは1-0で先勝)で力を使い果たし、リーガの次戦では弟分のヘタフェが手助けしてくれるかもしれないなんて夢は見るだけ時間の無駄というもの。それより早く練習場のグラウンドをしっかり雪かきして、土曜のマラガ戦に備えるべきですが、何だか来週木曜のヨーロッパリーグ32強対決、アウェイのコペンハーゲン戦もデンマークだけに寒さとの戦いになりそうですね。<hr>【マドリッド通信員】 原ゆみこ 南米旅行に行きたくてスペイン語を始めたが、語学留学以来スペインにはまって渡西を繰り返す。遊学4回目ながらサッカーに目覚めたのは2002年のW杯からという新米ファン。ワイン、生ハム、チーズが大好きで近所のタパス・バルの常連。今はスペイン人親父とバルでレアル・マドリーを応援している。 2018.02.06 12:00 Tue
twitterfacebook
thumb

【原ゆみこのマドリッド】今熱いのはマドリッド南部のチームかも…

▽「ファンだって、これに懸けるしかないものね」そんな風に私が呟いていたのは金曜。14日にサンティアゴ・ベルナベウであるCL決勝トーンメント16強対決のPSG戦1stレグで一般チケットが売り出しからたったの37分間でソールドアウト。ネット上のreventa(レベンタ/ダフ屋)では300ユーロ(約4万2000円)から、果ては2万4000ユーロ(約330万円)の高値で取引されているという記事をマルカ(スポーツ)紙)で見つけた時のことでした。いやあ、コパ・デル・レイ準決勝1stレグが行われた今週、すでにマドリッドの両雄は敗退済みとあって、各紙のクラブページもミニマムに。だからといって、翌15日にヨーロッパリーグ決勝トーナメント32強対決1stレグを戦うアトレティコの相手、コペンハーゲンの情報など、皆無に等しかったんですけどね。 ▽ネイマールやムバッペにレアル・マドリー移籍の噂があったことや、スペイン人のエメリ監督が率いているのも話題を作りやすかったんでしょうか。ここ数日、マドリーページの半分がPSG関連で埋まっているのにうんざりしていた私でしたが、まあ確かに。いくらリーガのレバンテ戦を土曜に控え、前日記者会見で久々に話したジダン監督が、「La Liga dices que está sentenciada y yo no lo creo/ラ・リーガ・ディセス・ケ・エスタ・センテンシアーダ・イ・ジョ・ノー・ロ・クレオ(君はリーガの結果はもう決まっていると言うが、私はそうは思わない)」と主張しても、首位バルサとの間には厳然たる勝ち点19の壁が。どこから見ても逆転優勝はムリそうとなれば、来季はUEFAの規則が変わって、スペインは2位から4位まで直接CLグループリーグに出場できますからね。 ▽となれば、4位から落ちないことさえ気をつけていれば、「Tenemos que terminar la Liga lo más alto posible/テネモス・ケ・テルミナール・ラ・リーガ・ロ・マス・アルトー・ポシーブレ(ウチはできるだけ高い順位でリーガを終えないといけない)」(ジダン監督)ということもなさそうですが、それより大事なのはCLで3連覇できる可能性をシーズン終盤まで残しておく方。万が一、決勝トーナメントの最初で躓いたりしたら、マドリーファンは残りの3カ月、夢も希望もない日々を送る破目になるとなれば、とにかくPSG戦はスタジアムに駆けつけて、チームを応援しようという心理もチケット高騰の原因になっているんでしょうか。 ▽まあ、マドリーについてはまた後で話すことにして、今週の主役はその兄貴分を逆転で準々決勝敗退に追いやって堂々、マドリッド唯一のコパ生き残りとなったレガネスで、水曜にはブタルケで準決勝1stレグが開催。その相手は同じ兄貴分のアトレティコを連勝で破ったセビージャだったんですが、さすがここまでの高みまで来たのはクラブ史上初とあって、マドリー戦同様、平日の午後9時30分という遅いキックオフだったにも関わらず、スタジアムから人が溢れんばかりの盛況ぶりでしたっけ。正面スタンドとfondo norte/フォンド・ノルテ(北側ゴール裏席)の間の角に陣取ったセビージャ応援団から開始直前、発煙筒が投げ入れられたり、爆竹の煙でそのエリアが真っ白になったりと、ちょっと過激な雰囲気もあったんですが、大丈夫。他の席にホームサポーターに混じって座っていたセビージャファンはまったく問題を起こしていませんって。 ▽試合の方は序盤から優勢だったビジターアウェイチームが20分、サラビアのパスをムリエルがシュートしたところ、ボールがポストに当たってゴールとなり、レガネスは先制点を奪われてしまうことに。それからもGKシャンパンの連続セーブなど、危険なシーンもあったんですが、後半頭から、イエローカードをもらっていたブラサナツに代わり、先日、ベルナベウでエリア外から殊勲の同点弾を決めたエラソが入ったのがいい刺激になったんでしょうか。しばらくの間、攻勢に転じたレガネスは55分、彼の放ったCKをファーポストでブスティンサが敵DFと争いながらヘッド、高く上がって落ちてきたボールをGKセルヒオ・リコがパンチングでクリアしようとしたんですが…何と空振りしてしまったから、さあ大変! 丁度、その下にいたシオバスの頭にボールがミートして同点ゴールになるなんて、目が点になるとはまさにこのこと? ▽いやあ、実はそのセルヒオ・リコは先週末のリーガ戦でも後半アディショナルタイムに似たようなハイボールのクリアミスを犯し、お隣さんのヘタフェがアンヘルのゴールで勝ち点1をゲットと、ラッキーボーイになってくれていたんですけどね。その後は辛くも守り切り、1-1で「hemos conseguido el empate y mantenemos viva la eliminatoria/エモス・コンセギードー・エル・エンパテ・イ・マンテネモス・ビバ・ラ・エリミナトリア(ウチは引き分けをもぎ取り、対戦を生きたものに保った)」(ガリターノ監督)レガネスは、初戦に1-2と負けたアトレティコよりいい状況で来週の水曜の2ndレグに挑むことに。ただ、怖いのはサンチェス・ピスファンの雰囲気で、いえ、ほとんど観客がセビージャファンになるため、発煙筒や爆竹の数が比べものにならないなんてこと、まったくありませんよ。 ▽そうではなく、私もアトレティコとの2ndレグをTVで見た時、感じたんですが、キックオフ前、暗くした場内にレーザー光線が飛び交う中、ファンが合唱するhimno de centenario(イムノー・デ・センテナリオ/クラブ生誕百周年記念の歌)が響き渡る光景は鳥肌が立たんがばかり。そのせいかどうかは知りませんが、ボヤッとしてゲームを始めたアトレティコなんて、開始23秒でゴールを喰らっていましたからねえ。おまけに相手はコパ5回、EL5回に優勝と準決勝慣れしていますし、やはりこの日の押し込まれぶりを見ると、レガネスが勝ち抜けて4月21日、兄貴分ご自慢の新スタジアム、ワンダ・メトロポリターノで翌木曜の準決勝1stレグでは好カードにも関わらず、ガラガラだったカンプ・ノウでバレンシアに1-0と先勝。来週木曜のメスタジャは満員御礼でremontada(レモンターダ/逆転突破)を後押しするようですが、このままだとコパ4連覇を果たしそうなバルサと晴れの決勝の舞台に立つのは難しいような気がしますが、いえいえ、諦めてはいけません。 ▽そう、相手にアキレス腱があるとすれば、まあ、これはブタルケで一緒になった顔見知りのガーディアン(イギリスの一般紙)の記者の冗談でしょうが、「マンチェスター・ユナイテッドとのCL16強対決に勝つのを諦めて、コパに懸けているのかもしれない」と言っていたように、セビージャはモンテッラ新監督になってから、トップのムリエルとベン・イェデル以外、選手のローテーションがほとんどないということ。実際、同じベストメンバーでずっとリーガもコパも戦っているのは諸刃の剣で、土曜のエイバル戦も選手を変えず、2ndレグまで来るようだと、いい加減、疲労が半端ないと思うんですが、さて。それとも冬の移籍市場で補強したFWサンドロ(エバートン)、右SBラユン(ポルト)、ロケ・メサ(スワンジー)らが、いよいよ登場となるんですかね。 ▽え、そんなセビージャに比べればかなりローテーションをしているレガネスだけど、さすがにこの日曜のマドリー郊外ダービー、ヘタフェ戦では体力の限界に近いんじゃないのかって? そうですね、ガリターノ監督は「Si no jugamos un buen partido, no será por el cansancio/シー・ノー・フガモス・ウン・ブエン・パルティードー、ノー・セラ・ポル・エル・カンサンシオ(いい試合をしなかったとしてもそれは疲労のせいじゃない)」と言っていたものの、ケガが治ったのはルーベン・ペレスだけ。補強もLEP(スペイン・プロリーガ協会)がサウジアラビアからスポンサー料付きで連れて来たアル・シェーリ(アル・ナセル・リヤド)だけと、フル出場はしなくても皆勤しているガブリエル・ピレスやアムラバットら、かなりしんどいところはありそうですけどね。 ▽そこはもう、選手たちの根性で頑張ってもらうしかないんですが、一方のヘタフェはコパ早期敗退のおかげで新年からずっと週1ペースで試合。だからって訳ではないものの、丁度、今週は寒さも少し緩んだため、私も木曜にコリセウム・アルフォンソ・ペレスの側にあるシュダッド・デポルティバに偵察に行ってみたところ、いやあ相変わらず、このチームはセッションが長いこと。その日は午前11時に始まり、終わったのは午後1時近くで、やれやれと私も引き上げようとしたんですが、あら? 居残って、CKを蹴り始めた選手が2人いて、その片方が柴崎岳選手だったとなれば、動けないじゃないですか。 ▽いやあ、ヘタフェに来てからはセットプレーのキッカーを務める姿を1回ぐらいしか見かけたことのない彼だったんですけどね。昨季後半から入団したテネリフェ(2部)でも担当するようになったのは2カ月ぐらい経ってからだったため、そろそろボルダラス監督もアントゥネス、ダミアン以外のキッカーを試してみたくなった? 最初はファジルがエリア内のフィニッシャーを務め、後は交互にCKを蹴って、コーチ2人がシュート役。何度もいいところに来たと褒められていましたが、とうとう最後にはファジルも帰ってしまい、柴崎選手だけ更に数分、FKにもトライ。結局、全体練習終了後、30分も追加特訓って、もしやこれはレガネス戦で彼の蹴ったセットプレーから得点が生まれるのを期待してもいい? ▽ちなみにヘタフェは契約解除をしたラセンに代わるMFを移籍市場クローズまでに獲れず、ようやくこの金曜にフリーだったフラミニ(昨季はクリスタル・パレス)が入ったんですが、その日の練習のpartidillo(パルテディージョ/ミニゲーム)では柴崎選手がボランチに入る時間も。同日、入団プレゼンだったFWロイク・レミ(ラス・パルマス)はシーズン前半5得点という実績もありますし、すぐベンチに入れるかもしれませんが、アーセナルやミランで活躍したベテラン33歳のフラミニにはブランク期間が結構、ありますしね。これまでは第2FWやトップ下で使われていた柴崎選手にも時にはポジションを下げて、ベルガラが負傷で全治2、3カ月と手薄になったゾーンを助けてもらいたいという意図が監督にはあったのかも。そんなヘタフェvsレガネス戦は日曜正午(日本時間午後8時)からコリセウム・アルフォンソ・ペレスでキックオフ、前半戦の対決ではアランバリとアンヘルのゴールで1-2とヘタフェが勝っていますが、今回はどんな結果になるでしょうかね。 ▽そして「Hemos tenido semana larga y es el momento para echar gasolina/エモス・テニードー・セマーナ・ラルガ・イ・エス・エル・モメントー・パラ・エチャール・ガソリーナ(ウチは長い1週間を過ごして、今は給油する時)」(ジダン監督)というお隣さん同様、日曜午後8時45分(日本時間翌午前4時45分)から、とんでもない寒波到来の予想が出ているワンダにバレンシアを迎えるのがアトレティコなんですが、こちらも私が水曜にマハダオンダ(マドリド近郊)の練習場に見学に行ったところ、やっぱりミッドウィークに試合がないせいでしょうね。いつもは1時間で終わるセッションが1時間半あったのには驚いたんですが、取材陣用にある敷地内の高台から見ていた15分間はゴムでできた半球のクッションを使ったエクササイズとパス回しだけ。 ▽外に出された後、敷地をグルリと回って金網のフェンス越しに眺めていたメインの方は選手たちを2班に分け、仮想先発組、仮想控え組がそれぞれカンテラーノ(下部組織の選手)のチームと対戦するというものでしたが、そのお題の開き直りぶりはあっぱれの一言。ええ、まず前線がボールを敵陣で失ったところからプレーが始まり、GKオブラクの近くで取り戻して速攻カウンターというのが筋書きなんですが、まあゴディンやヒメネスのロングパスの狙いが外れ、すぐに敵が戻って来るのは昨今のアトレティコでは日常茶飯事ですから、批判はできませんよね。かといって、後方から几帳面に繋いでいく器用さもない彼らとなれば、この週末はケガが完治したジエゴ・コスタもグリーズマンとコンビを組めそうともあって、シメオネ監督がカウンターに懸けるのは正解だったかも。 ▽その上、相手はコパで疲労困憊、ガライ、ゲデス、コンドグビア、そしてバルサ戦でセルジ・ロベルトのレッド相当、でもイエローカードだった足を上げてのタックルで打撲したペレイラもケガで出られないバレンシアとなれば、かなりアトレティコの勝率は上がるんじゃないかと思いますが、こればっかりはねえ。とりわけ気になるのは前節のラス・パルマス戦でもハーフで交代させられたコケの目に余る不調ぶりで、いえ、丁度、帰りがげに敷地の横にあるパステレリア(パンやケーキの食べられるカフェ)前の駐車場出入り口から出て来た当人はいつものように愛想良く、サインや写真を頼むファンに応じていましたけどね。 ▽この冬の移籍市場でGKモヤがヘタフェに戻ることはなかったものの、MFはアウグストが中国の北京人和に行ってしまったため、ボランチがガビ、コケ、サウール、トマスら、ゲームメーカーの概念とは程遠いカンテラーノの独壇場になってしまうのがちょっと心配なんですが、長年アトレティコファンをやっている、私の家の前にあるキオスクのお兄さんによると、「昔からチームの司令塔なんていなかった」のだとか。要はバルサやマドリーとはまったく別次元のサッカーだと思って見るしかないんですが、何はともあれ、ELが始まるまで、できるだけ沢山ゴールを挙げて勢いをつけるのと共に、勝ち点差11で逆転優勝の目はお隣さん同様、ほとんどなくても現在、3位バレンシアと6差の2位の座は死守してほしいかと。 ▽そして最後に土曜午後8時45分から、アウェイでのレバンテ戦に臨むマドリーについてですが、ジダン監督は前節、バレンシアを1-4と破ったことを良しとして、再びBBC(ベイル、ベンゼマ、クリスチアーノ・ロナウドの頭文字)をリピートするよう。うーん、最初の2点はPKでしたし、終盤の2点はベイル、ベンゼマが退いて、ルーカス・バスケス、アセンシオが入ってから決まったんですけどね。リーガ20チーム中、この1月に補強を一切しなかったのがマドリーだけだったのを見てもわかるように、看板アタッカーへの信頼は絶大とはいえ、レバンテも今は降格圏まで勝ち点2の16位とあって、必死ですからね。シーズン前半戦にはベルナベウで1-1の引き分けと健闘していますし、この冬、7人も加入したとあって、油断は禁物。そうそう、マドリーでは前節お休みしたセルヒオ・ラモスとイスコが復帰するようですが、PSG戦まであと2週間を切りましたし、今はまだ、あまりムリして長い時間プレーさせない方がいいかもしれませんね。<hr>【マドリッド通信員】 原ゆみこ 南米旅行に行きたくてスペイン語を始めたが、語学留学以来スペインにはまって渡西を繰り返す。遊学4回目ながらサッカーに目覚めたのは2002年のW杯からという新米ファン。ワイン、生ハム、チーズが大好きで近所のタパス・バルの常連。今はスペイン人親父とバルでレアル・マドリーを応援している。 2018.02.03 13:30 Sat
twitterfacebook


ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース