超ワールドサッカー

マラガで13年間プレーしたFKの名手、元ポルトガル代表MFドゥダが退団2017.05.20 04:35 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽マラガは19日、元ポルトガル代表MFドゥダ(36)の退団を発表した。

▽2001年からマラガでプレーするドゥダは左足のキックが魅力のプレーヤー。一時、レバンテやセビージャへ移籍する期間があったものの、マラガでは計13年間にわたってプレーし、公式戦348試合に出場して35ゴールをマークしていた。

▽そのドゥダはマラガ退団について以下のように公式サイトで述べている。

「マラガを離れることを発表するよ。みんなには知っておいて欲しかった。僕はマラガのユニフォームを13年間にわたって着続けた。僕にとって300試合以上、マラガのために戦えたことは誇りだよ。日曜日は僕にとってマラガでの最後の試合になる」

コメント

関連ニュース

thumb

サンドロ・ラミレスはアトレティコ移籍へ…代理人がクラブと交渉

▽マラガの元U-21スペイン代表FWサンドロ・ラミレス(21)がアトレティコ・マドリー入りに近づいているようだ。スペイン『マルカ』が報じた。 ▽バルセロナの下部組織のサンドロ・ラミレスは、今シーズンからマラガでプレー。リーガエスパニョーラで30試合に出場すると14ゴールを記録。マラガの攻撃を牽引していた。 ▽出場機会を求めてバルセロナを去ったサンドロ・ラミレスにとって、移籍は大成功だったと言える。そして、サンドロ・ラミレスの代理人を務めるヒネス・カルバハル氏が22日にビセンテ・カルデロンを訪問。アトレティコと交渉をしていたようだ。 ▽しかし、アトレティコはFIFAから移籍禁止処分が下されており、このままでは今夏の選手補強が不可能となる。現在は、CAS(スポーツ仲裁裁判所)に控訴しており、処分の撤回を待っている状況だ。 ▽なお、リヨンのフランス代表FWアレクサンドル・ラカゼットとは個人合意に達しているとも報じられており、アトレティコとしては処分撤回の吉報が待たれるところだ。 2017.05.23 17:23 Tue
twitterfacebook
thumb

C・ロナウド&ベンゼマ弾のレアル・マドリーが5シーズンぶり33度目の優勝《リーガエスパニョーラ》

▽レアル・マドリーは21日、リーガエスパニョーラ最終節でマラガとのアウェイ戦に臨み、2-0で快勝して5シーズンぶり33度目の優勝を飾った。 ▽4日前に行われた未消化試合のセルタ戦をC・ロナウドの2ゴールなどで4-1と勝利して5連勝とした首位レアル・マドリー(勝ち点90)は、引き分け以上で5シーズンぶりのリーガ優勝を決められる状況だった。そのレアル・マドリーはセルタ戦と同様のスタメンを送り出した。 ▽キックオフ前、今季限りで引退するデミチェリスと退団が発表されたデュダへのセレモニーを行った11位マラガ(勝ち点46)に対し、イスコを右ウイングに配す[4-3-3]でスタートしたレアル・マドリーは開始2分にあっさり先制する。ルイス・エルナンデスのクリアミスをカットしたイスコのスルーパスに抜け出したC・ロナウドがボックス中央へ侵入。GKカメニを外して無人のゴールにシュートを流し込んだ。 ▽幸先良く先制したレアル・マドリーは10分を回る頃にはイスコを左サイドに配置するフラットな[4-4-2]に変更。そのレアル・マドリーは13分にサンドロ・ラミレスに枠内シュートでGKケイロル・ナバスを強襲されると、21分には再びサンドロ・ラミレスに直接FKで枠の左上を捉えられるも、GKケイロル・ナバスがファインセーブで阻止した。 ▽前半半ば以降はボールを動かすレアル・マドリーが主導権を掌握。34分には追加点に迫り、ベンゼマの左クロスを受けたファーサイドのC・ロナウドが左足でシュート。ゴール至近距離からのフィニッシュだったが、GKカメニの好守に阻まれた。さらにクロースがミドルシュートでGKカメニを強襲したレアル・マドリーが前半を1点リードしたまま終えた。 ▽迎えた後半、自陣に引いてカウンターを狙うレアル・マドリーは49分にレシオに枠内シュートを浴びる。それでも、余裕を持っていなすと55分に突き放した。右CKからセルヒオ・ラモスのボレーシュートはGKカメニの好守に遭うが、ルーズボールをベンゼマが押し込んだ。 ▽余裕の展開としたレアル・マドリーは66分に2枚代えを敢行。イスコとカゼミロに代えてハメス・ロドリゲスとコバチッチを投入した。終盤にかけては省エネで試合を進め、90分のゴンサロ・カストロのシュートをGKケイロル・ナバスが好守で防いで2-0のままタイムアップ。レアル・マドリーが5シーズンぶり33度目のリーガ優勝を飾っている。 2017.05.22 04:53 Mon
twitterfacebook
thumb

最終節マドリー戦のサンドロ・ラミレス、古巣の逆転優勝をフォロー…「僕にはバルサへの恩がある」

▽リーガエスパニョーラ最終節を前にして、勝ち点3差でレアル・マドリーを追うバルセロナだが、元同僚からの“恩返し弾”が期待できるかもしれない。『マルカ』が報じた。 ▽元バルセロナで現マラガのスペイン人FWサンドロ・ラミレスは第31節で古巣を相手に先制点を挙げ、2-0での勝利に貢献した。タラレバになるが、結果的にマラガ戦での敗戦がなければ、バルセロナが現在の順位表でレアル・マドリーよりも上に立っていた計算になる。 ▽最終節、引き分け以上の結果で優勝のマドリーをホームで迎え撃つマラガ。バルセロナのカンテラ育ちでもあるサンドロ・ラミレスは、恩を仇で返して終わるつもりはないようだ。以下のように最終節への意気込みを語った。 「僕が得点して、バルサが優勝すれば最高だ。(最終節の日は)夢のような日になればいいな」 「全てに関して、僕にはバルサへの恩がある。だから優勝を願っている」 2017.05.19 14:08 Fri
twitterfacebook
thumb

サンドロ、アトレティコ移籍を決断か...FIFAの選手登録禁止処分撤回が鍵に

マラガFWサンドロ・ラミレスは、今夏のアトレティコ・マドリーへの移籍を決心したのかもしれない。スペイン『エスタディオ・デポルティボ』が伝えている。<br><br>バルセロナのカンテラ(下部組織)出身であるサンドロは、昨年夏フリーでマラガに加入。今季のリーガエスパニョーラで14得点を挙げ、サモラ賞(スペイン人得点王)を争う活躍を見せている。<br><br>そのサンドロの移籍金は、600万ユーロ前後になるとみられている。この「お買い得品」に、アトレティコ、セビージャ、エバートン、トッテナムが関心を示しているようだ。<br><br>サンドロ自身は、アトレティコ移籍に心を傾けている様子。だがアトレティコはFIFAによって選手登録禁止処分を科され、今夏に選手を補強できるか不透明な状況だ。現在、スポーツ仲裁裁判所(CAS)に処分の不当を訴えており、その結果を待っている。<br><br>FIFAの処分が撤回されれば、サンドロのアトレティコ入りは濃厚だ。しかし、そのためには第一にCASの返答を聞かなければならない。<br><br><br>提供:goal.com 2017.05.18 21:51 Thu
twitterfacebook
thumb

最終節でレアル・マドリーと対戦のマラガ、優勝アシストで王者から“臨時収入”と複雑な状況に

マラガはレアル・マドリーがリーグ優勝を果たした場合、100万ユーロ(約1億円)を受け取ることになるようだ。<br><br>マラガは2013年にイスコをレアル・マドリーに3000万ユーロ(約33億円)で売却した。その時に、イスコ加入から5シーズンの間に、マドリーがリーグ優勝を成し遂げた場合には100万ユーロを支払うという条項が含まれていたようだ。<br><br>マドリーはイスコ加入から2度チャンピオンズリーグを制している一方で、リーグ優勝からは遠ざかっている。そのため、いまだマラガに&ldquo;臨時収入&rdquo;は発生していなかった。<br><br>なお、マラガは最終節、マドリーと対戦し、引き分けか敗れることで、100万ユーロを獲得できる。チームにとっては難しい状況となるが、指揮官で、マドリーのレジェンドでもあるミチェルは「手を抜くことはない」と明言している。<br><br><br>提供:goal.com 2017.05.18 17:29 Thu
twitterfacebook


U-20W杯
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース