最終節マドリー戦のサンドロ・ラミレス、古巣の逆転優勝をフォロー…「僕にはバルサへの恩がある」2017.05.19 14:08 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽リーガエスパニョーラ最終節を前にして、勝ち点3差でレアル・マドリーを追うバルセロナだが、元同僚からの“恩返し弾”が期待できるかもしれない。『マルカ』が報じた。

▽元バルセロナで現マラガのスペイン人FWサンドロ・ラミレスは第31節で古巣を相手に先制点を挙げ、2-0での勝利に貢献した。タラレバになるが、結果的にマラガ戦での敗戦がなければ、バルセロナが現在の順位表でレアル・マドリーよりも上に立っていた計算になる。

▽最終節、引き分け以上の結果で優勝のマドリーをホームで迎え撃つマラガ。バルセロナのカンテラ育ちでもあるサンドロ・ラミレスは、恩を仇で返して終わるつもりはないようだ。以下のように最終節への意気込みを語った。

「僕が得点して、バルサが優勝すれば最高だ。(最終節の日は)夢のような日になればいいな」

「全てに関して、僕にはバルサへの恩がある。だから優勝を願っている」

コメント

関連ニュース

thumb

アルゼンチン代表OB「メッシはバルサではなくW杯に集中すべき」

▽アルゼンチン代表OBのオスカル・ルジェリ氏が、バルセロナの同国代表FWリオネル・メッシに対して、代表戦にのみ集中すべきだと主張した。スペイン『アス』が伝えている。 ▽バルセロナは今シーズン、チャンピオンズリーグでは準々決勝でローマと対戦して敗退に追い込まれたものの、コパ・デル・レイでは決勝に進出。また、リーガエスパニョーラでは無敗で首位に立ち、残り5試合となった第33節終了時点で勝ち点を「83」にまで伸ばし、2位のアトレティコ・マドリー(勝ち点71)との勝ち点差を「12」までに広げている。 ▽そういった状況を踏まえつつ、代表OBのルジェリ氏は4月21日のコパ決勝セビージャ戦を除き、メッシがバルセロナで全力を出すべきではないと語った。 「メッシがこれ以上プレーしなかったとして、バルセロナはリーガエスパニョーラを逃すと思うかい? 」 「メッシならバルセロナの会長に電話をかけて、『次は僕のワールドカップだ。自分自身を代表チームに捧げることにする』と言うこともできるんじゃないかな」 「彼は代表監督にも電話をかけて、完全にワールドカップに集中すると伝えなければならない」 ▽アルゼンチンの英雄、ディエゴ・マラドーナ氏との比較で、ワールドカップ(W杯)での優勝が欠けている点を指摘されるメッシ。あらゆる栄光に彩られているアルゼンチンの救世主は、未だ手にしていない最大のトロフィーをロシアの地で掲げることができるのだろうか。 2018.04.20 18:00 Fri
twitterfacebook
thumb

バルセロナ、クラシコでのアウェイ一般席に高額値段設定

▽バルセロナが、カンプ・ノウに押し寄せるレアル・マドリーファンに高額なチケットを販売しようとしているようだ。スペイン『アス』が報じている。 ▽バルセロナは、5月6日にリーガエスパニョーラ第36節でマドリーを本拠地カンプ・ノウに迎えて伝統の一戦“クラシコ”を戦う。リーガ優勝に手をかけているバルセロナにとっては、昨年末に行われ3-0の快勝を収めたサンティアゴ・ベルナベウでの“クラシコ”に続き、ライバルにダブルの屈辱を与えるべく臨む試合だ。 ▽無敗でのリーグ優勝を遂げる上で、最大の障害と目されているマドリー戦。そこでバルセロナは、試合に先駆けて勝負を仕掛けているようだ。 ▽伝えられるところでは、バルセロナはクラシコでのアウェイ用チケットに129ユーロ(約1万7000円)の価格を設定。これは、1450ユーロ(19万2000円)~2270ユーロ(約30万円)と高価格に設定されているVIP席とは別の一般用の値段だ。 ▽バルセロナサポーター向けの1年間使えるシーズンチケットの最安値が167ユーロ(約2万2000円)であることを考慮すると、いくら“クラシコ”が屈指の人気カードであるとはいえ、1試合の一般料金が約1万7000円というのは、ライバルに向けた敵意の表れだとも解釈できるだろう。 2018.04.20 16:25 Fri
twitterfacebook
thumb

『マルカ』が選出! バルサを退団したラ・マシア出身者ベストイレブン!

▽スペイン『マルカ』が、現在バルセロナに所属していないラ・マシア(バルセロナの下部組織)出身者でベストイレブンを選出した。 ▽バルセロナは17日、リーガエスパニョーラ第33節でセルタとのアウェイ戦に臨み、2-2で引き分けた。この一戦でバルセロナは、前節のバレンシア戦からスタメン8人を変更。すると、先発メンバーにはラ・マシア出身の選手が一人もいない状況に。これを受けて、『マルカ』が特集を組んだ。選出されたメンバーは以下の通り。 ◆バルサを退団したラ・マシア出身者ベストイレブン GK ホセ・マヌエル・レイナ(ナポリ/イタリア) DF エクトル・ベジェリン(アーセナル/イングランド) マルク・バルトラ(ベティス/スペイン) アレハンドロ・グリマルド(ベンフィカ/ポルトガル) MF ジェラール・デウロフェウ(ワトフォード/イングランド) セスク・ファブレガス(チェルシー/イングランド) チアゴ・アルカンタラ(バイエルン/ドイツ) ラフィーニャ(インテル/イタリア) FW ペドロ・ロドリゲス(チェルシー/イングランド) サンドロ・ラミレス(セビージャ/スペイン) ムニル・エル・ハダディ(アラベス/スペイン) 2018.04.20 11:50 Fri
twitterfacebook
thumb

マスチェラーノ、来年1月に古巣リーベル・プレート復帰へ

▽今年1月に中国の河北華夏に移籍したアルゼンチン代表MFハビエル・マスチェラーノ(33)は、来年1月に古巣のリーベル・プレートへ戻る可能性があるようだ。アルゼンチン『TyC Sports』が伝えている。 ▽今年1月にバルセロナから河北華夏に移籍したマスチェラーノ。3月に開幕した中国スーパーリーグでは、開幕から先発フル出場を続け6試合で1アシストを記録している。 ▽中国でも上々の出だしを見せている“ヘフェシート”(マスチェラーノの愛称=小さなチーフ)は、すでに古巣への復帰を考慮しているようで、河北華夏との契約が切れる2020年1月を待たずして、来年1月の母国凱旋を目指しているという。 2018.04.19 19:30 Thu
twitterfacebook
thumb

デニス・スアレス、出場機会減少も移籍の考えなし! 「バルセロナで成功したい」

▽バルセロナに所属するスペイン代表MFデニス・スアレス(24)が、同クラブでの成功を夢見ている。スペイン『マルカ』が伝えた。 ▽セビージャ、ビジャレアルでのプレーを経て、2016年夏に慣れ親しむバルセロナに帰還したデニス・スアレス。しかし、復帰2年目の今シーズンは、出場機会が減少したことに加えて、今冬にリバプールから加入したブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョの加入したことで、ベンチ入りすらもままならない状況が続いている。 ▽そんな中、デニス・スアレスは17日に行われたリーガエスパニョーラ第33節のセルタとのアウェイ戦で先発出場。メンバーを数名入れ替えた一戦で2-2と無敗継続に貢献した。 ▽試合後、デニス・スアレスは出場機会を求めて移籍する可能性について問われると、すぐさま否定。ユース時代に所属していたセルタへの復帰については、将来的には考えているものの、現時点では「バルセロナでの成功」を夢見ていることを強調している。 「このことについては何度も言ってきたし、考えは変わらないよ。僕は2年間の契約結んでいる。ここで成功したいと思っているんだ」 「今日は競争力があり、ポジティブな試合ができた。特にあまりプレーしていない選手たちで無敗を継続できたことも素晴らしいよ」 「(セルタ復帰の考えは)常に口にしてる通り、その可能性はまだないよ。バルセロナで成功したいからね」 「もちろんいつかはセルタに戻ると思うけど、今はまだあまりにも早いよ」 2018.04.19 18:40 Thu
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース