判定に恵まれたマドリーがセルタ撃破で首位に浮上し5年ぶりの優勝に王手! C・ロナウドが欧州5大リーグ戦歴代最多ゴール記録を樹立《リーガエスパニョーラ》2017.05.18 06:13 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽レアル・マドリーは17日、バライードスで行われたリーガエスパニョーラ第21節延期分でセルタと対戦し、4-1で勝利した。

▽今年2月開催予定も悪天候によるスタジアム屋根の破損で延期されていた試合。前節、4位セビージャとの上位対決に快勝し、5年ぶりのリーグ制覇に向けて残り4ポイントとなった首位マドリー(勝ち点87)は、マラガとの最終節を前に13位セルタ(勝ち点44)とのアウェイゲームに臨んだ。セビージャ戦からのメンバー変更は5人。左サイドバックにマルセロ、中盤にモドリッチ、カゼミロが戻り、前線はクリスティアーノ・ロナウド、ベンゼマ、イスコが並んだ。なお、累積警告のナチョは試合直前にクラブ側のアピールが成功し、前節のカードが取り消しとなり、ベンチに入った。

▽リーガ制覇に向けて高いモチベーションを見せるマドリーが、立ち上がりから激しいハイプレスを仕掛け、攻勢を強めていく。イスコをトップ下に配した[4-1-3-2]の布陣で臨んだマドリーは10分、左サイドのマルセロが前線のイスコに縦パスを入れる。中央に切り込んだイスコの仕掛けはDFに阻まれるが、ボックス手前でこぼれ球を拾ったC・ロナウドが対面のDFを外して左足を振り抜くと、このシュートがゴール右隅に吸い込まれた。なお、C・ロナウドはこのゴールがキャリア通算のリーグ戦367ゴール目となり、かつてトッテナムやチェルシーで活躍した元イングランド代表FWジミー・グリーブス氏の記録を抜き、ヨーロッパ5大リーグ戦における歴代最多ゴール記録を樹立した。

▽エースの早い時間帯の先制点で勢いづくアウェイチームは、その後も攻勢を続けていく。26分にはモドリッチのスルーパスに抜け出したベンゼマが、ボックス左に走り込むC・ロナウドに決定的な折り返しを送るが、ここは直前でDFのクリアに遭う。その一方で、シストの突破やアスパスの仕掛けに手を焼くマドリーは、32分にボックス手前で与えたFKの場面でヴァスに強烈な無回転シュートでゴールを脅かされると、38分にはボックス左でジョナタン・カストロの対応にあたったDFヴァランが相手の浮かしたボールを手を使ってブロックするが、主審はセルタの猛アピールを無視してハンドを取らず。さらに抗議したアスパスにイエローカードが掲示された。

▽やや慌ただしい前半を1点リードで終えたマドリーは、後半も立ち上がりにゴールを奪う。48分、ロングカウンターから中央を突破したイスコのスルーパスに抜け出したC・ロナウドが冷静にGKとの一対一を制した。

▽この2点目で勝利を大きく近づけたマドリーは、さらに微妙な判定の影響で数的優位まで手にする。62分、ボックス内でDFセルヒオ・ラモスが後ろからアスパスを倒す。このプレーでPK献上かに思われたが、主審はアスパスのシミュレーションと判断し、既に1枚カードをもらっていたアスパスに2枚目のカードが掲示され、退場となった。この直後には同じようなシチュエーションでC・ロナウドがボックス内で倒されるも、主審は同選手のシミュレーションを取らず。このダブルスタンダードの判定に激昂するセルタは、アシスタントコーチが退席処分となる荒れた雰囲気となる。

▽すると、一連の流れでセルタの闘志に火をつけてしまったマドリーは、69分にイスコのボールロストからショートカウンターを浴び、グイデッティに1点差に迫るゴールを許してしまう。それでも、数的優位を生かすマドリーは直後の70分、カウンターからボックス左でマルセロが折り返したボールをゴール前のベンゼマが押し込み、再び点差を2点に戻した。

▽その後も危なげなく試合を運ぶマドリーは、C・ロナウドにハットトリックのチャンスが訪れるも、ポルトガル代表は弘法にも筆の誤りか、ゴール前での絶好機でイージーシュートを枠の左に外してしまう。その後、殊勲のイスコ、C・ロナウドを下げて試合を締めにかかるマドリーは、88分にもクロースに2試合連続ゴールが生まれ、4-1で快勝。やや判定に恵まれたものの、エースの勝負強さで勝ち切ったマドリーが、勝ち点90で首位に浮上し、最終節のマラガ戦で引き分け以上の結果を残せば、5年ぶりのリーグ制覇が決まることになる。

コメント

関連ニュース

thumb

ネイマール狙うレアル・マドリー、デ・ブライネにも265億円オファー?

▽マンチェスター・シティに所属するベルギー代表MFケビン・デ・ブライネ(26)にレアル・マドリーから熱視線が注がれているようだ。スペイン『Don balon』が伝えた。 ▽プレミアリーグで首位独走態勢を築くジョゼップ・グアルディオラ監督のシティにおいて、非凡なパスセンスを武器にゴールの創出者と化しているデ・ブライネ。飛ぶ鳥を落とす勢いで評価を高め、周囲から称賛の声が挙がることも少なくない。 ▽そのデ・ブライネに対して、来夏に中盤の補強を企てるレアル・マドリーが移籍金2億ユーロ(約265億2000万円)の莫大なオファーを準備。パリ・サンジェルマンのブラジル代表FWネイマールと共にリストの最上位に名を連ねているという。 ▽デ・ブライネは、今シーズンのここまで公式戦39試合に出場して11ゴール19アシストをマーク。今夏に控えるロシア・ワールドカップ後、レアル・マドリーの仲間入りを果たすことになるのだろうか。 2018.02.21 10:30 Wed
twitterfacebook
thumb

マルセロ、右足大腿二頭筋を負傷…2〜3週間離脱か

▽レアル・マドリーは20日、ブラジル代表DFマルセロの負傷を発表した。 ▽マルセロは18日に行われたリーガエスパニョーラ第24節のベティス戦で負傷交代。20日に検査を受けたところ、右足大腿二頭筋の負傷と診断され、スペイン『アス』によれば、全治2〜3週間の離脱になるという。 ▽不動の左サイドバックに君臨するマルセロは、今シーズンのここまで公式戦30試合に出場。中でも、3ゴール6アシストをマークする攻撃面で抜群の貢献度を誇っていた。 ▽『アス』によれば、3月6日に行われるチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦2ndレグのパリ・サンジェルマン戦での復帰を目指すことになりそうだが、間に合うのだろうか…。 2018.02.21 08:30 Wed
twitterfacebook
thumb

モドリッチ、戦線離脱…全治は2〜3週間か

▽レアル・マドリーは20日、クロアチア代表MFルカ・モドリッチの負傷を発表した。 ▽モドリッチは同日、検査を受けたところ、右足大腿二頭筋の負傷と診断。スペイン『アス』によれば、全治2〜3週間が見込まれ、3月6日に行われるチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦2ndレグのパリ・サンジェルマン戦での復帰を目指すことになるという。 ▽プレーメーカーとして抜群の存在感を誇るモドリッチ。ここまで公式戦30試合に出場して2ゴール3アシストを記録していた。 2018.02.21 08:15 Wed
twitterfacebook
thumb

レアル・マドリー、アセンシオは定位置を奪えるか...パリSG戦が転機に

レアル・マドリーMFマルコ・アセンシオが、定位置奪取に向けて猛アピールしている。スペイン『マルカ』が報じた。<br><br>マドリーはFWクリスティアーノ・ロナウドがここに来て調子を取り戻している。ポルトガル代表FWは直近6試合で10得点を記録。一方でFWカリム・ベンゼマ、MFガレス・ベイルは先のビッグマッチで期待されたパフォーマンスを見せられなかった。<br><br>チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦1stレグのパリ・サンジェルマン戦(3-1)で、強烈なインパクトを残したのはアセンシオだった。マドリーの決勝点は78分から途中出場したアセンシオのクロスから生まれた。それだけでなく、アセンシオはマルセロの得点をアシストして貴重な3点目をお膳立てした。<br><br>アセンシオは今季公式戦35試合に出場している。途中出場が多く、出場時間は合計で1843分となっている。22歳MFはそのなかで10得点5アシスト。スタメン起用されてもおかしくない結果を残している。<br><br><br>提供:goal.com 2018.02.20 22:30 Tue
twitterfacebook
thumb

中盤補強明言のモウリーニョ、トップターゲットはレアル・マドリーのパスマスターか

▽レアル・マドリーに所属するドイツ代表MFトニ・クロース(28)にマンチェスター・ユナイテッド移籍の可能性が浮上した。イギリス『インデペンデント』が伝えている。 ▽2014年夏にレアル・マドリーに加入して以降、現フットボール界におけるパスマスターとして名を轟かせるクロース。今シーズンも、その正確無比なパスセンスでレアル・マドリーの中盤に君臨する。 ▽ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督は、今シーズン限りで現役を引退する予定の元イングランド代表MFマイケル・キャリックの後釜として、そのクロースを来夏のトップターゲットに定めたようだ。 ▽「中盤を補強する必要がある」と語ったポルトガル人指揮官はそのほか、ドルトムントのドイツ代表MFユリアン・ヴァイグルも候補として動向を注視しているようだが、クロースに対する関心を強めている状況だという。 2018.02.20 09:30 Tue
twitterfacebook


ACL

ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース