判定に恵まれたマドリーがセルタ撃破で首位に浮上し5年ぶりの優勝に王手! C・ロナウドが欧州5大リーグ戦歴代最多ゴール記録を樹立《リーガエスパニョーラ》2017.05.18 06:13 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽レアル・マドリーは17日、バライードスで行われたリーガエスパニョーラ第21節延期分でセルタと対戦し、4-1で勝利した。

▽今年2月開催予定も悪天候によるスタジアム屋根の破損で延期されていた試合。前節、4位セビージャとの上位対決に快勝し、5年ぶりのリーグ制覇に向けて残り4ポイントとなった首位マドリー(勝ち点87)は、マラガとの最終節を前に13位セルタ(勝ち点44)とのアウェイゲームに臨んだ。セビージャ戦からのメンバー変更は5人。左サイドバックにマルセロ、中盤にモドリッチ、カゼミロが戻り、前線はクリスティアーノ・ロナウド、ベンゼマ、イスコが並んだ。なお、累積警告のナチョは試合直前にクラブ側のアピールが成功し、前節のカードが取り消しとなり、ベンチに入った。

▽リーガ制覇に向けて高いモチベーションを見せるマドリーが、立ち上がりから激しいハイプレスを仕掛け、攻勢を強めていく。イスコをトップ下に配した[4-1-3-2]の布陣で臨んだマドリーは10分、左サイドのマルセロが前線のイスコに縦パスを入れる。中央に切り込んだイスコの仕掛けはDFに阻まれるが、ボックス手前でこぼれ球を拾ったC・ロナウドが対面のDFを外して左足を振り抜くと、このシュートがゴール右隅に吸い込まれた。なお、C・ロナウドはこのゴールがキャリア通算のリーグ戦367ゴール目となり、かつてトッテナムやチェルシーで活躍した元イングランド代表FWジミー・グリーブス氏の記録を抜き、ヨーロッパ5大リーグ戦における歴代最多ゴール記録を樹立した。

▽エースの早い時間帯の先制点で勢いづくアウェイチームは、その後も攻勢を続けていく。26分にはモドリッチのスルーパスに抜け出したベンゼマが、ボックス左に走り込むC・ロナウドに決定的な折り返しを送るが、ここは直前でDFのクリアに遭う。その一方で、シストの突破やアスパスの仕掛けに手を焼くマドリーは、32分にボックス手前で与えたFKの場面でヴァスに強烈な無回転シュートでゴールを脅かされると、38分にはボックス左でジョナタン・カストロの対応にあたったDFヴァランが相手の浮かしたボールを手を使ってブロックするが、主審はセルタの猛アピールを無視してハンドを取らず。さらに抗議したアスパスにイエローカードが掲示された。

▽やや慌ただしい前半を1点リードで終えたマドリーは、後半も立ち上がりにゴールを奪う。48分、ロングカウンターから中央を突破したイスコのスルーパスに抜け出したC・ロナウドが冷静にGKとの一対一を制した。

▽この2点目で勝利を大きく近づけたマドリーは、さらに微妙な判定の影響で数的優位まで手にする。62分、ボックス内でDFセルヒオ・ラモスが後ろからアスパスを倒す。このプレーでPK献上かに思われたが、主審はアスパスのシミュレーションと判断し、既に1枚カードをもらっていたアスパスに2枚目のカードが掲示され、退場となった。この直後には同じようなシチュエーションでC・ロナウドがボックス内で倒されるも、主審は同選手のシミュレーションを取らず。このダブルスタンダードの判定に激昂するセルタは、アシスタントコーチが退席処分となる荒れた雰囲気となる。

▽すると、一連の流れでセルタの闘志に火をつけてしまったマドリーは、69分にイスコのボールロストからショートカウンターを浴び、グイデッティに1点差に迫るゴールを許してしまう。それでも、数的優位を生かすマドリーは直後の70分、カウンターからボックス左でマルセロが折り返したボールをゴール前のベンゼマが押し込み、再び点差を2点に戻した。

▽その後も危なげなく試合を運ぶマドリーは、C・ロナウドにハットトリックのチャンスが訪れるも、ポルトガル代表は弘法にも筆の誤りか、ゴール前での絶好機でイージーシュートを枠の左に外してしまう。その後、殊勲のイスコ、C・ロナウドを下げて試合を締めにかかるマドリーは、88分にもクロースに2試合連続ゴールが生まれ、4-1で快勝。やや判定に恵まれたものの、エースの勝負強さで勝ち切ったマドリーが、勝ち点90で首位に浮上し、最終節のマラガ戦で引き分け以上の結果を残せば、5年ぶりのリーグ制覇が決まることになる。

コメント

関連ニュース

thumb

クリスティアーノ・ロナウド、ペレに並ぶ

▽レアル・マドリーは16日、クラブ・ワールドカップ(CWC)決勝戦でグレミオと対戦し、1-0で勝利した。この試合で1ゴールを挙げたポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドがこのコンペティションにおける通算ゴール数で“王様”ペレに並んだ。スペイン『アス』が伝えている。 ▽C・ロナウドはこれまでCWCに3回出場している。最初はマンチェスター・ユナイテッド所属時の2008年大会。準決勝でガンバ大阪と対戦し、1得点を記録。5-3の激戦を制した。2度目は昨年。準決勝のクラブ・アメリカ戦で1ゴール、決勝の鹿島アントラーズ戦でハットトリックを達成した。そして今回、準決勝のアル・ジャジーラ戦、決勝のグレミオ戦でそれぞれ1ゴールを挙げた。 ▽これにより、C・ロナウドはCWC通算7得点を記録。CWCの前身であるインターコンチネンタルカップでペレ氏が記録した7ゴールに並んだ。インターコンチネンタルカップは欧州王者と南米王者がホーム&アウェイ方式で戦う一騎打ちであった。1962年と1963年に当時サントスの選手として出場したペレ氏は、ベンフィカから5得点、ミランから2得点を奪い2連覇に貢献。大会記録となる7ゴールを記録した。 ▽偉大なる、サッカーの王様・ペレに肩を並べたC・ロナウド。まだまだCWCに出場する可能性はあるだけに、いつかこの記録を超えることが出来るのか注目したい。 2017.12.17 14:52 Sun
twitterfacebook
thumb

クロース「優勝は決して簡単なことではない」難敵グレミオ相手の勝利に歓喜

レアル・マドリーのドイツ代表MFトニ・クロースが史上初のクラブ・ワールドカップ連覇を喜んでいる。<br><br>16日に行われたクラブワールドカップ決勝戦でレアル・マドリーは南米王者グレミオと対戦。0-0で迎えた53分、FWクリスティアーノ・ロナウドがフリーキックを直接叩き込み、先制点に成功。試合はこのまま動かず、1-0で勝利したレアル・マドリーが大会史上初の連覇を成し遂げた。<br><br>試合後、ミックスゾーンでの取材に応じたクロースは「良い気分だ。トロフィを獲得した時はいつも特別なものだ。難しい試合で、彼らはアル・ジャジーラよりも優れていて、前半は特によかった。でも、後半になると彼らは疲れが目立ち、前半よりも少しばかり簡単な試合になった」と試合を振り返った。<br><br>史上初の大会連覇を達成したことについて同選手は「多くの人がここで優勝することは簡単だというだろうが、チャンピオンズリーグで優勝しなくてはならないから非常に難しい挑戦だ。それに、年末に長旅をした後に重要な試合を戦うことは簡単なことではないと思う」と優勝の喜びを語った。<br><br>また、良くも悪くもメディアの恰好のネタになっているロナウドについて「メディアにとって良いニュースになったね。彼はピッチに立てば、いつもチームのためにプレーする。それにスコアを挙げようと努力を続け、2試合ともで得点をマークした。だから、彼がチームにとってどれだけ重要な存在か今さら何か言う必要はないだろう」とエースの活躍を称えている。<br><br>そして、23日に控えるバルセロナとの大一番&ldquo;クラシコ&rdquo;について質問されたクロースだが「特別な試合の前だからなどと考えていない。この勝利でメンタル面でチーム状態は上がったと思うけれど、大一番の前だからというような特別な気持ちはない」とコメントを残した。<br><br>提供:goal.com 2017.12.17 12:30 Sun
twitterfacebook
thumb

C・ロナウド「レアル・マドリーで引退したいけど…」

▽ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(32)がレアル・マドリーでの現役引退希望を口にした。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 ▽C・ロナウドは16日に行われたクラブ・ワールドカップ決勝のグレミオ戦に先発。ゴールレスで迎えた53分に直接FKを沈め、このゴールが決勝点となり、ジネディーヌ・ジダン監督に大会連覇、そしてクラブ史上初となる1年間で5つ目のタイトルをもたらした。 ▽バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシと並ぶ5度のバロンドール受賞を誇るC・ロナウドは試合後、将来について問われると、「僕自身はそうしたい。でも、それはクラブ次第だ」と語り、将来に関して流動的との見解を示した。 「僕はクラブの運営者じゃない。僕の仕事はピッチにあって、よくやっていると思うけどね。僕じゃどうすることもできないことだ」 2017.12.17 09:30 Sun
twitterfacebook
thumb

C・ロナウドの直接FK弾でグレミオを退けたレアル・マドリーが史上初の2連覇《CWC》

▽クラブ・ワールドカップ(CWC)2017・決勝、レアル・マドリーvsグレミオが16日に行われ、1-0でレアル・マドリーが勝利し、大会2連覇を達成している。 ▽準決勝で開催国王者アル・ジャジーラに薄氷の逆転勝利で勝ち上がったレアル・マドリーは、アル・ジャジーラ戦のスタメンから3選手を変更。ナチョ、アクラフ、コバチッチに代えてセルヒオ・ラモス、クロース、カルバハルを起用し、ベストメンバーを送り込んだ。 ▽一方、準決勝でパチューカに延長戦の末に1-0と競り勝ったグレミオは、そのパチューカ戦と同様のスタメンを送り出した。 ▽自陣に引いて球際に激しく当たるグレミオに対し、レアル・マドリーがボールを保持して押し込んでいくと、17分にC・ロナウドがミドルシュートでけん制。 ▽続く20分にはクロスのルーズボールをボックス右のカルバハルがボレー。完璧に捉えていたシュートは枠を捉えていたが、DFにブロックされてしまった。 ▽その後、28分にエジウソンの直接FKでけん制されたレアル・マドリーは、39分にC・ロナウドが直接FKで応戦。しかし、枠を捉えるには至らず、0-0で試合を折り返した。 ▽迎えた後半もレアル・マドリーが押し込むと、53分にC・ロナウドが均衡を破った。自身が得たボックス手前左からのFKを直接狙うと、ワンバウンドした鋭いシュートがゴール左隅に吸い込まれた。 ▽さらに58分、ベンゼマの落としをC・ロナウドがボレーでゴールに蹴り込むも、その前のベンゼマのポジションがオフサイドだったとしてノーゴールの判定に。 ▽その後もカゼミロやモドリッチのミドルシュートでゴールに迫ったレアル・マドリーに対し、グレミオは71分にパチューカ戦で決勝点を奪ったエヴェルトンを投入。 ▽一方、終盤にベイルを投入したレアル・マドリーは、82分にC・ロナウドがGKを強襲するシュートを放つと、83分にはベイルが左足アウトでのシュートでゴールに迫った。 ▽結局、追加点こそ奪えなかったものの1-0でシャットアウトしたレアル・マドリーが史上初のCWC連覇を達成している。 2017.12.17 03:58 Sun
twitterfacebook
thumb

ジダン、集中砲火を浴びるベンゼマを再び擁護「彼のことは死ぬまで守る」

レアル・マドリーのジネディーヌ・ジダン監督が、FWカリム・ベンゼマを再び擁護した。<br><br>ベンゼマは、クラブ・ワールドカップ準決勝アル・ジャジーラ戦(2&minus;1)で幾度も決定機を外し、再度批判を浴びせられている。ジダン監督はそんな同選手について次のように語る。<br><br>「私が興味を持っているのはゴールだけではない。カリムはほかとは異なる選手なんだ。50ゴールを決める選手ではないが、ゴールとは違うプレーを見せられる。私は彼がチームのためにするプレーを好んでいるんだよ」<br><br>「フットボールはチームで取り組むものであり、カリムはその点で最高の選手の一人だ。彼のことは死ぬまで守り続ける」<br><br><br>提供:goal.com 2017.12.16 23:35 Sat
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース