判定に恵まれたマドリーがセルタ撃破で首位に浮上し5年ぶりの優勝に王手! C・ロナウドが欧州5大リーグ戦歴代最多ゴール記録を樹立《リーガエスパニョーラ》2017.05.18 06:13 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽レアル・マドリーは17日、バライードスで行われたリーガエスパニョーラ第21節延期分でセルタと対戦し、4-1で勝利した。

▽今年2月開催予定も悪天候によるスタジアム屋根の破損で延期されていた試合。前節、4位セビージャとの上位対決に快勝し、5年ぶりのリーグ制覇に向けて残り4ポイントとなった首位マドリー(勝ち点87)は、マラガとの最終節を前に13位セルタ(勝ち点44)とのアウェイゲームに臨んだ。セビージャ戦からのメンバー変更は5人。左サイドバックにマルセロ、中盤にモドリッチ、カゼミロが戻り、前線はクリスティアーノ・ロナウド、ベンゼマ、イスコが並んだ。なお、累積警告のナチョは試合直前にクラブ側のアピールが成功し、前節のカードが取り消しとなり、ベンチに入った。

▽リーガ制覇に向けて高いモチベーションを見せるマドリーが、立ち上がりから激しいハイプレスを仕掛け、攻勢を強めていく。イスコをトップ下に配した[4-1-3-2]の布陣で臨んだマドリーは10分、左サイドのマルセロが前線のイスコに縦パスを入れる。中央に切り込んだイスコの仕掛けはDFに阻まれるが、ボックス手前でこぼれ球を拾ったC・ロナウドが対面のDFを外して左足を振り抜くと、このシュートがゴール右隅に吸い込まれた。なお、C・ロナウドはこのゴールがキャリア通算のリーグ戦367ゴール目となり、かつてトッテナムやチェルシーで活躍した元イングランド代表FWジミー・グリーブス氏の記録を抜き、ヨーロッパ5大リーグ戦における歴代最多ゴール記録を樹立した。

▽エースの早い時間帯の先制点で勢いづくアウェイチームは、その後も攻勢を続けていく。26分にはモドリッチのスルーパスに抜け出したベンゼマが、ボックス左に走り込むC・ロナウドに決定的な折り返しを送るが、ここは直前でDFのクリアに遭う。その一方で、シストの突破やアスパスの仕掛けに手を焼くマドリーは、32分にボックス手前で与えたFKの場面でヴァスに強烈な無回転シュートでゴールを脅かされると、38分にはボックス左でジョナタン・カストロの対応にあたったDFヴァランが相手の浮かしたボールを手を使ってブロックするが、主審はセルタの猛アピールを無視してハンドを取らず。さらに抗議したアスパスにイエローカードが掲示された。

▽やや慌ただしい前半を1点リードで終えたマドリーは、後半も立ち上がりにゴールを奪う。48分、ロングカウンターから中央を突破したイスコのスルーパスに抜け出したC・ロナウドが冷静にGKとの一対一を制した。

▽この2点目で勝利を大きく近づけたマドリーは、さらに微妙な判定の影響で数的優位まで手にする。62分、ボックス内でDFセルヒオ・ラモスが後ろからアスパスを倒す。このプレーでPK献上かに思われたが、主審はアスパスのシミュレーションと判断し、既に1枚カードをもらっていたアスパスに2枚目のカードが掲示され、退場となった。この直後には同じようなシチュエーションでC・ロナウドがボックス内で倒されるも、主審は同選手のシミュレーションを取らず。このダブルスタンダードの判定に激昂するセルタは、アシスタントコーチが退席処分となる荒れた雰囲気となる。

▽すると、一連の流れでセルタの闘志に火をつけてしまったマドリーは、69分にイスコのボールロストからショートカウンターを浴び、グイデッティに1点差に迫るゴールを許してしまう。それでも、数的優位を生かすマドリーは直後の70分、カウンターからボックス左でマルセロが折り返したボールをゴール前のベンゼマが押し込み、再び点差を2点に戻した。

▽その後も危なげなく試合を運ぶマドリーは、C・ロナウドにハットトリックのチャンスが訪れるも、ポルトガル代表は弘法にも筆の誤りか、ゴール前での絶好機でイージーシュートを枠の左に外してしまう。その後、殊勲のイスコ、C・ロナウドを下げて試合を締めにかかるマドリーは、88分にもクロースに2試合連続ゴールが生まれ、4-1で快勝。やや判定に恵まれたものの、エースの勝負強さで勝ち切ったマドリーが、勝ち点90で首位に浮上し、最終節のマラガ戦で引き分け以上の結果を残せば、5年ぶりのリーグ制覇が決まることになる。

コメント

関連ニュース

thumb

FW6点&MF9点…今季のレアル・マドリーは中盤が得点を担う

ガレス・ベイル、カリム・ベンゼマ、クリスティアーノ・ロナウドら前線の攻撃力を売りとしてきたレアル・マドリーだが、今季は中盤の選手の方が多く得点を決めている。スペイン『マルカ』が報じた。<br><br>C・ロナウドを中心としたFW陣の得点力を一つの売りとしてきたレアル・マドリー。しかし今季のリーガエスパニョーラ第9節終了時点で、FW登録の選手の得点数はわずか6と低調。その内訳はベイル2得点、C・ロナウド、ベンゼマ、ルーカス・バスケス、ボルハ・マジョラルが1得点ずつとなっている。<br><br>その代わりに得点を決めているのが、MF登録の選手たちだ。こちらはマルコ・アセンシオが3得点、ダニ・セバジョス、イスコが2得点ずつ、トニ・クロース、カセミロが1得点ずつと合計9得点を記録。第2節バレンシア戦(2-2、アセンシオ2得点)、第6節アラベス戦(2-1、セバジョス2得点)、第7節エスパニョール戦(2-0、イスコ2得点)は、中盤の選手が勝利、または勝ち点1獲得に導いた試合となっている。<br><br>今季、すでに勝ち点7を落としているレアル・マドリーだが、巻き返しのためにはMFの選手たちだけでなく、FW陣が得点力を取り戻すことも必要となりそうだ。<br><br><br>提供:goal.com 2017.10.23 23:20 Mon
twitterfacebook
thumb

乾貴士は“ペテン師”になるべき?エイバル指揮官が言及「嘘をつけないくらい良い人間」

22日に行われたリーガエスパニョーラ第9節で、エイバルは敵地「サンティアゴ・ベルナベウ」でレアル・マドリーと対戦し、0-3で敗れた。ホセ・ルイス・メンディバル監督はフル出場したFW乾貴士について言及している。<br><br>敵地に乗り込んだエイバルは、試合序盤は良い入りを見せるも18分にセットプレーからオウンゴールで失点。その後追加点を許すと、54分に乾がMFカゼミロにエリア内で倒されるも笛はならず。81分にはダメ押しゴールを決められ、完敗を喫した。<br><br>メンディリバル監督は、試合直後『Beinスポーツ』のフラッシュインタビューで、乾が倒れた場面について「イヌイはPKではないと言ってきた。嘘をつけないくらい良い人間なんだよ。触られていないと言っていた」と日本代表FWとのやり取りを明かした。<br><br>そして、会見の場で笑みを浮かべながら、乾には&ldquo;ペテン師&rdquo;になることを覚える必要があると語っている。<br><br>「彼は審判や相手を欺くということを知らない。とても良い選手なんだが、勝負の世界でペテン師になるということを知らないんだよ。大多数の選手がペテン師だが、彼はそうじゃないんだ」<br><br><br>提供:goal.com 2017.10.23 22:05 Mon
twitterfacebook
thumb

「最高の選手の一人」レアル・マドリー戦フル出場の乾貴士を、スペインメディアが高評価

22日に行われたリーガエスパニョーラ第9節で、エイバルは敵地・サンティアゴ・ベルナベウでレアル・マドリーと対戦し、0-3で敗れた。フル出場したFW乾貴士は、スペインメディアによって、エイバルの「最高の選手の一人」であったと評されている。<br><br>エイバルが前節から使用する5&minus;3&minus;2のシステムで、2トップの一角としてプレーした乾。4-4-2の左サイドハーフとしてプレーするよりもボールが回ってくることもあって、ドリブル、スルーパス、シュートで積極性を披露した。<br><br>一般紙も含め、スペインで最高の発行部数を誇るスポーツ紙『マルカ』の採点において、乾はチームほか4選手と並び、最高タイの2点(3点満点)となった。寸評欄においては、守備の要だったDFダビド・ロンバンとともにエイバル「el mejor(最高、最も優れた)」選手に選出され、次のように評価されている。<br><br>「姿を表す度に(レアル・マドリーを)脅かした。しかし解決策となるには物足りなかった」<br><br>決定的なパスやシュートを放っていれば、乾は『マルカ』の言う「解決策」にもなり得たのかもしれない。だがスペイン到着から3年が経ち、ようやくプレーすることが叶ったベルナベウという大舞台で、存在感は示したようだ。<br><br><br>提供:goal.com 2017.10.23 18:45 Mon
twitterfacebook
thumb

レアル・マドリーに完敗のエイバル…乾貴士はカゼミロとの接触の場面を振り返る「あれはない」

リーガエスパニョーラ第9節が22日に行われ、乾貴士所属のエイバルはレアル・マドリーと対戦し、0-3で敗れた。試合後、フル出場した乾は接触の場面を振り返りつつ、レアル・マドリーの強さについて語った。<br><br>敵地に乗り込んだエイバルは、試合序盤は良い入りを見せるも18分にセットプレーからオウンゴールで失点。その後追加点を許すと、54分に乾がMFカゼミロにエリア内で倒されるも笛はならず。81分にはダメ押しゴールを決められ完敗を喫した。<br><br>試合後、日本代表FWは対峙することの多かったカゼミロについて「強いですね、やっぱり。守備も身体の当て方もうまいですし、自分は当てられたら基本的に負けるので、そこをどう掻い潜るかが課題になってくると思いますね」と振り返った。<br><br>そして、ブラジル代表MFとの接触の場面はPKだったかと問われると、笑みを浮かべながら「あれはない」と振り返った乾。スペインメディアではPKと言われると聞くと、冗談交じりに振り返っている。<br><br>「本当ですか? じゃあそれで。俺とカゼミロは笑ってました。まあ、ちょっと当たってましたけど、別に倒れるほどじゃなかったんで。でも、もらう方がチームとして良いかなと思ったので、ちょっともらいにいきました。審判も後ろにいたので、吹いてくれるかなと思ったんですけどね。前科があるから、しゃあないかなと」<br><br>続けて試合を振り返りつつ、王者の強さについて語った。<br><br>「前半で2点取られたのは厳しかった。あそこでセットプレーで1点取られたのは&hellip;。セットプレーの守備はエイバルの今年の課題。あれで流れは向こうに行ったので厳しくなりましたし。どうにかみんなで修正していかないと。同じことが続いているので。もう一度、またやり直しかなと」<br><br>「(レアル・マドリーは)特に攻撃陣が強い。去年までは(ガレス・)ベイル、クリロナ(クリスティアーノ・ロナウド)、ハメス(・ロドリゲス)と、完全に個で崩す感じでやっていて、カウンター主体のサッカーをしていたんですけど、イスコとか(マルコ)アセンシオが入って、やっぱりちょっと違うサッカーになりつつあります。いろいろなことができるようになって攻撃がすごい強いですね」<br><br><br>提供:goal.com 2017.10.23 18:36 Mon
twitterfacebook
thumb

マルセロ、批判受けるベンゼマを称賛…途中出場からアシストで「欧州一の背番号9」

レアル・マドリーに所属するDFマルセロが、同僚のFWカリム・ベンゼマを称賛している。<br><br>マドリーは22日、リーガ・エスパニョーラ第9節でエイバルと対戦。試合はマルコ・アセンシオなどのゴールで3-0とマドリーが快勝している。また、マルセロは途中出場のベンゼマからアシストを受けて3点目を挙げた。<br><br>ミッドウィークのチャンピオンズリーグ・トッテナム戦ではミスを犯し、パフォーマンスを批判されたベンゼマだが、この日は64分から途中出場を果たし、目覚ましい働きを見せた。マルセロは改めて背番号9を褒め称えている。<br><br>「カリムは素晴らしい選手だ。僕らにはクリスティアーノ・ロナウドとアセンシオという最高のスコアラーもいる。人々がカリムにより多くのゴールを求めるのは論理的なことだが、今日はゴール提供していた。彼の動きやパス、コントロールは欧州一の9番のそれだ」<br><br>さらに「僕らは良い状態にある。人々は守備的で、良いチームを相手にここでやることが難しいというのを忘れているんだ」と続け、難しい試合で勝ち点3を取ったことを誇った。<br><br>マドリーと首位バルセロナの勝ち点差は5。なお、バルセロナのあとにはバレンシアが2位でつけている。<br><br><br>提供:goal.com 2017.10.23 18:32 Mon
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース