判定に恵まれたマドリーがセルタ撃破で首位に浮上し5年ぶりの優勝に王手! C・ロナウドが欧州5大リーグ戦歴代最多ゴール記録を樹立《リーガエスパニョーラ》2017.05.18 06:13 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽レアル・マドリーは17日、バライードスで行われたリーガエスパニョーラ第21節延期分でセルタと対戦し、4-1で勝利した。

▽今年2月開催予定も悪天候によるスタジアム屋根の破損で延期されていた試合。前節、4位セビージャとの上位対決に快勝し、5年ぶりのリーグ制覇に向けて残り4ポイントとなった首位マドリー(勝ち点87)は、マラガとの最終節を前に13位セルタ(勝ち点44)とのアウェイゲームに臨んだ。セビージャ戦からのメンバー変更は5人。左サイドバックにマルセロ、中盤にモドリッチ、カゼミロが戻り、前線はクリスティアーノ・ロナウド、ベンゼマ、イスコが並んだ。なお、累積警告のナチョは試合直前にクラブ側のアピールが成功し、前節のカードが取り消しとなり、ベンチに入った。

▽リーガ制覇に向けて高いモチベーションを見せるマドリーが、立ち上がりから激しいハイプレスを仕掛け、攻勢を強めていく。イスコをトップ下に配した[4-1-3-2]の布陣で臨んだマドリーは10分、左サイドのマルセロが前線のイスコに縦パスを入れる。中央に切り込んだイスコの仕掛けはDFに阻まれるが、ボックス手前でこぼれ球を拾ったC・ロナウドが対面のDFを外して左足を振り抜くと、このシュートがゴール右隅に吸い込まれた。なお、C・ロナウドはこのゴールがキャリア通算のリーグ戦367ゴール目となり、かつてトッテナムやチェルシーで活躍した元イングランド代表FWジミー・グリーブス氏の記録を抜き、ヨーロッパ5大リーグ戦における歴代最多ゴール記録を樹立した。

▽エースの早い時間帯の先制点で勢いづくアウェイチームは、その後も攻勢を続けていく。26分にはモドリッチのスルーパスに抜け出したベンゼマが、ボックス左に走り込むC・ロナウドに決定的な折り返しを送るが、ここは直前でDFのクリアに遭う。その一方で、シストの突破やアスパスの仕掛けに手を焼くマドリーは、32分にボックス手前で与えたFKの場面でヴァスに強烈な無回転シュートでゴールを脅かされると、38分にはボックス左でジョナタン・カストロの対応にあたったDFヴァランが相手の浮かしたボールを手を使ってブロックするが、主審はセルタの猛アピールを無視してハンドを取らず。さらに抗議したアスパスにイエローカードが掲示された。

▽やや慌ただしい前半を1点リードで終えたマドリーは、後半も立ち上がりにゴールを奪う。48分、ロングカウンターから中央を突破したイスコのスルーパスに抜け出したC・ロナウドが冷静にGKとの一対一を制した。

▽この2点目で勝利を大きく近づけたマドリーは、さらに微妙な判定の影響で数的優位まで手にする。62分、ボックス内でDFセルヒオ・ラモスが後ろからアスパスを倒す。このプレーでPK献上かに思われたが、主審はアスパスのシミュレーションと判断し、既に1枚カードをもらっていたアスパスに2枚目のカードが掲示され、退場となった。この直後には同じようなシチュエーションでC・ロナウドがボックス内で倒されるも、主審は同選手のシミュレーションを取らず。このダブルスタンダードの判定に激昂するセルタは、アシスタントコーチが退席処分となる荒れた雰囲気となる。

▽すると、一連の流れでセルタの闘志に火をつけてしまったマドリーは、69分にイスコのボールロストからショートカウンターを浴び、グイデッティに1点差に迫るゴールを許してしまう。それでも、数的優位を生かすマドリーは直後の70分、カウンターからボックス左でマルセロが折り返したボールをゴール前のベンゼマが押し込み、再び点差を2点に戻した。

▽その後も危なげなく試合を運ぶマドリーは、C・ロナウドにハットトリックのチャンスが訪れるも、ポルトガル代表は弘法にも筆の誤りか、ゴール前での絶好機でイージーシュートを枠の左に外してしまう。その後、殊勲のイスコ、C・ロナウドを下げて試合を締めにかかるマドリーは、88分にもクロースに2試合連続ゴールが生まれ、4-1で快勝。やや判定に恵まれたものの、エースの勝負強さで勝ち切ったマドリーが、勝ち点90で首位に浮上し、最終節のマラガ戦で引き分け以上の結果を残せば、5年ぶりのリーグ制覇が決まることになる。

コメント

関連ニュース

thumb

決勝弾のアセンシオ「バイエルンが試合を支配する時間帯もあったけど...」

レアル・マドリーのスペイン代表MFマルコ・アセンシオが、先のバイエルン・ミュンヘン戦での苦しんだすえの勝利の喜びを語っている。<br><br>チャンピオンズリーグ準決勝第1戦、敵地アリアンツ・アレナで2-1とバイエルンを下したマドリー。だがバイエルンDFニクラス・ジューレが試合後に「もし僕たちが5-2で勝ったとしても誰も文句は言わなかったと思う。ミュンヘンでの試合でこんなに弱いレアルを見たことはなかった」と語るなど、試合内容ではバイエルンが上回っていたとの声もある。<br><br>バイエルン戦で決勝ゴールを決めたアセンシオは、試合をこう振り返った。スペイン『アス』がコメントを伝えている。<br><br>「とても満足している。特に、この重要な結果を手にしたことにね。ゴールを奪って勝利するのが大事だと分かっていた。でも、スコアの差は小さい。次の試合はもっと難しくなるかもしれない。バイエルンは強いチームだ。彼らが試合を支配した時間帯もあったし、僕たちは我慢しなければいけなかった。それから、チャンスを生かすことができたんだ」<br><br>とりわけ、試合終盤が苦しかったとアセンシオは明かす。<br><br>「僕たちは耐えなければいけなかった。だから引いて守ったんだ。それをうまくやれて、素晴らしい結果を得た。ホームの試合では、サポーターも来てくれる。より良い試合をしなければならない。(ゴールを決めて称賛されているが)そういう声には、きちんと対応できていると思う。僕が良い仕事をしている証だ。これを続けていかなければならないね」<br><br>最後に、アセンシオは殊勲のゴールのシーンを説明している。<br><br>「ルーカス(バスケス)が走っているのが見えたから、パスをした。彼が持ち込んで僕にパスを返してくれた。GKを見て、ファーサイドが空いていると思ったんだ。勝利するための大きなゴールになったね」<br><br><br>提供:goal.com 2018.04.26 23:52 Thu
twitterfacebook
thumb

ベイル、今夏の移籍を示唆か...「他クラブの関心は誇らしいこと」

レアル・マドリーに所属するウェールズ代表MFガレス・ベイルが、この夏に移籍する可能性に言及している。<br><br>FWカリム・ベンゼマ、クリスティアーノ・ロナウドと共に「BBC」と呼ばれる3トップを形成してきたベイルだが、今季はジネディーヌ・ジダン監督の下で出場機会が減っている。MFルーカス・バスケス、マルコ・アセンシオ、イスコらとの競争は日に日に厳しさを増しており、25日に行われたチャンピオンズリーグ準決勝第1戦バイエルン・ミュンヘン戦(2-1)では出場機会がなかった。<br><br>ベイルはドイツ『シュポルト・ビルト』に対して「誠実に言えば、僕はもっと多くを望んでいる。当然だよ。より多くの試合に出て、たくさんゴールを決めたい」と心境を吐露した。<br><br>ベイルは2013年にトッテナムからマドリーに移籍。マドリーは1億ユーロの移籍金を支払ったといわれている。高額な移籍金に関しては、以下のように語っている。<br><br>「10年前、一人の選手に2億2200万ユーロが支払われると想像した人はいるかい? 今後も移籍金は上がり続けるはずだ。この数年の動きを見てほしい。マーケットの原理だよ。だから、これだけ大金が支払われているんだ」<br><br>最近では、バイエルン・ミュンヘンFWロベルト・レヴァンドフスキにマドリー移籍の噂がある。<br><br>「レヴァンドフスキにはマドリーでプレーするだけの能力がある。彼は世界最高峰のストライカーで、バイエルンとポーランド代表でゴールを保証する存在だ。彼は素晴らしいフィニッシャー。だから(対戦時には)彼に注意しなければいけない」<br><br>バイエルン移籍の可能性について問われると、ベイルは次のように返した。<br><br>「フットボールにおいて、『絶対にない』なんて言葉は使えない。今、僕はレアル・マドリーでフットボールを楽しんでいる。バイエルンはファンタスティックなチーム。歴史を見ても、いつも欧州有数のチームだった。そういったクラブと関連づけられるのは、誰にとっても大きな誇りだ。でも僕は現在、レアル・マドリーの選手なんだ」<br><br><br>提供:goal.com 2018.04.26 23:13 Thu
twitterfacebook
thumb

「バイエルンのカウンターは怖かった」...苦戦を認めるL・バスケス

レアル・マドリーは25日のチャンピオンズリーグ(CL)準決勝第1戦でバイエルン・ミュンヘンと対戦して2-1と勝利した。マドリーのスペイン代表MFルーカス・バスケスはバイエルン戦の勝利を喜んでいる。<br><br>バイエルンDFヨシュア・キミッヒに先制ゴールを許したマドリーだが、前半のうちにDFマルセロのゴールで追い付くと、後半に入りMFマルコ・アセンシオが逆転ゴールを決めた。アセンシオの決勝点をアシストしたのが、L・バスケスだ。<br><br>L・バスケスは試合を次のように振り返っている。スペイン『マルカ』がコメントを伝えた。<br><br>「バイエルンはまったく試合を簡単にしてくれなかった。彼らのカウンターは恐かった。次はホームでの試合が待っている。とても長い90分になるだろうね」<br><br>CL準決勝第2戦は5月1日にマドリーの本拠地サンティアゴ・ベルナベウで行われる。決勝進出に向け、マドリーは大きなアドバンテージを得た格好だ。<br><br>マドリーは今季、リーガエスパニョーラで首位バルセロナに勝ち点15差と大きく水をあけられ、3位に位置している。ジネディーヌ・ジダン監督の続投には前人未到の三連覇となるCLのタイトルが必須だといわれているが、その達成に大きな一歩を踏み出している。<br><br><br>提供:goal.com 2018.04.26 22:20 Thu
twitterfacebook
thumb

ハメス、レアル・マドリー戦の敗戦に不満...古巣復帰の可能性は?

バイエルン・ミュンヘンのコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスが、先の敗戦と自身の去就について意見を述べている。<br><br>バイエルンはチャンピオンズリーグ準決勝でレアル・マドリーと対戦。25日にホームで行われた第1戦で1-2と敗れ、決勝進出に向けて劣勢に立たされている。<br><br>ハメスはスペイン『Beinスポーツ』で「(勝利に)近づいていたと思う。僕たちには4、5回決定機があった。それを決め切れなかったんだ。とても辛いよ。怒りを感じている」と語り、次のように続けた。<br><br>「僕たちは高いモチベーションと緊張感で試合に臨んでいた。でも、第2戦まであと7日ある。厳しい試合になるだろう。だけど、チャンスはあるはずだ。アウェイでゴールを奪えるように願っている」<br><br>ハメスは昨夏、2年のレンタル契約でバイエルンに加入した。バイエルンは5500万ユーロ(約74億円)でハメスを買い取ることができるといわれている。<br><br>だが現時点でハメスの保有権を有しているのはマドリーだ。古巣復帰について、ハメスはこう語っている。<br><br>「未来に何が起こるかは誰にも分からない。僕の現在はバイエルンにある。ここでうまくいっているよ」<br><br><br>提供:goal.com 2018.04.26 21:44 Thu
twitterfacebook
thumb

連続得点試合は「11」でストップも…C・ロナウドが打ち立てた「96」という新たな金字塔

25日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)準決勝ファーストレグ、敵地へと乗り込んだレアル・マドリーはバイエルンに2ー1で勝利した。この試合でレアル・マドリーのクリスティアーノ・ロナウドが、選手個人としては歴代最多となる96勝に到達している。<br><br>準々決勝のユべントス戦でCL11試合連続ゴールという新記録を樹立していたC・ロナウド。さらなる記録更新がかかるミュンヘンでの試合だったが、相手DFに厳しくチェックされ、なかなかシュートまでこぎつけられない。<br><br>後半にはルカ・モドリッチのパスに抜け出してボレーシュートからネットを揺らすも、その直前の胸トラップが左腕に当たっていたとしてハンドをとられ、得点は無効にされる。結局、最後までゴールを奪えなかったC・ロナウドの連続得点記録は11試合でストップとなった。<br><br>連続得点記録の更新こそ逃したC・ロナウドだが、この試合でレアル・マドリーが勝利したことにより、同選手のCL通算勝利数は96を記録。これまでの記録保持者であった元マドリーGKのイケル・カシージャスを抜いてCLの歴代最多勝利選手に名を刻むことになった。<br><br>ちなみにこの試合でCL通算150勝に到達したレアル・マドリーは、CLで150勝を達成した史上初のクラブチームとなっている。<br><br><br>提供:goal.com 2018.04.26 17:15 Thu
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース