超ワールドサッカー

判定に恵まれたマドリーがセルタ撃破で首位に浮上し5年ぶりの優勝に王手! C・ロナウドが欧州5大リーグ戦歴代最多ゴール記録を樹立《リーガエスパニョーラ》2017.05.18 06:13 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽レアル・マドリーは17日、バライードスで行われたリーガエスパニョーラ第21節延期分でセルタと対戦し、4-1で勝利した。

▽今年2月開催予定も悪天候によるスタジアム屋根の破損で延期されていた試合。前節、4位セビージャとの上位対決に快勝し、5年ぶりのリーグ制覇に向けて残り4ポイントとなった首位マドリー(勝ち点87)は、マラガとの最終節を前に13位セルタ(勝ち点44)とのアウェイゲームに臨んだ。セビージャ戦からのメンバー変更は5人。左サイドバックにマルセロ、中盤にモドリッチ、カゼミロが戻り、前線はクリスティアーノ・ロナウド、ベンゼマ、イスコが並んだ。なお、累積警告のナチョは試合直前にクラブ側のアピールが成功し、前節のカードが取り消しとなり、ベンチに入った。

▽リーガ制覇に向けて高いモチベーションを見せるマドリーが、立ち上がりから激しいハイプレスを仕掛け、攻勢を強めていく。イスコをトップ下に配した[4-1-3-2]の布陣で臨んだマドリーは10分、左サイドのマルセロが前線のイスコに縦パスを入れる。中央に切り込んだイスコの仕掛けはDFに阻まれるが、ボックス手前でこぼれ球を拾ったC・ロナウドが対面のDFを外して左足を振り抜くと、このシュートがゴール右隅に吸い込まれた。なお、C・ロナウドはこのゴールがキャリア通算のリーグ戦367ゴール目となり、かつてトッテナムやチェルシーで活躍した元イングランド代表FWジミー・グリーブス氏の記録を抜き、ヨーロッパ5大リーグ戦における歴代最多ゴール記録を樹立した。

▽エースの早い時間帯の先制点で勢いづくアウェイチームは、その後も攻勢を続けていく。26分にはモドリッチのスルーパスに抜け出したベンゼマが、ボックス左に走り込むC・ロナウドに決定的な折り返しを送るが、ここは直前でDFのクリアに遭う。その一方で、シストの突破やアスパスの仕掛けに手を焼くマドリーは、32分にボックス手前で与えたFKの場面でヴァスに強烈な無回転シュートでゴールを脅かされると、38分にはボックス左でジョナタン・カストロの対応にあたったDFヴァランが相手の浮かしたボールを手を使ってブロックするが、主審はセルタの猛アピールを無視してハンドを取らず。さらに抗議したアスパスにイエローカードが掲示された。

▽やや慌ただしい前半を1点リードで終えたマドリーは、後半も立ち上がりにゴールを奪う。48分、ロングカウンターから中央を突破したイスコのスルーパスに抜け出したC・ロナウドが冷静にGKとの一対一を制した。

▽この2点目で勝利を大きく近づけたマドリーは、さらに微妙な判定の影響で数的優位まで手にする。62分、ボックス内でDFセルヒオ・ラモスが後ろからアスパスを倒す。このプレーでPK献上かに思われたが、主審はアスパスのシミュレーションと判断し、既に1枚カードをもらっていたアスパスに2枚目のカードが掲示され、退場となった。この直後には同じようなシチュエーションでC・ロナウドがボックス内で倒されるも、主審は同選手のシミュレーションを取らず。このダブルスタンダードの判定に激昂するセルタは、アシスタントコーチが退席処分となる荒れた雰囲気となる。

▽すると、一連の流れでセルタの闘志に火をつけてしまったマドリーは、69分にイスコのボールロストからショートカウンターを浴び、グイデッティに1点差に迫るゴールを許してしまう。それでも、数的優位を生かすマドリーは直後の70分、カウンターからボックス左でマルセロが折り返したボールをゴール前のベンゼマが押し込み、再び点差を2点に戻した。

▽その後も危なげなく試合を運ぶマドリーは、C・ロナウドにハットトリックのチャンスが訪れるも、ポルトガル代表は弘法にも筆の誤りか、ゴール前での絶好機でイージーシュートを枠の左に外してしまう。その後、殊勲のイスコ、C・ロナウドを下げて試合を締めにかかるマドリーは、88分にもクロースに2試合連続ゴールが生まれ、4-1で快勝。やや判定に恵まれたものの、エースの勝負強さで勝ち切ったマドリーが、勝ち点90で首位に浮上し、最終節のマラガ戦で引き分け以上の結果を残せば、5年ぶりのリーグ制覇が決まることになる。

コメント

関連ニュース

thumb

ロナウジーニョが45歳となったジダンを祝福「君は史上最高の選手の一人」

元ブラジル代表で、バルセロナの親善大使を務めるロナウジーニョが、かつて同じピッチで争ったレアル・マドリーのジネディーヌ・ジダン監督の45歳の誕生日を祝福した。<br><br>バルセロナ&ブラジル代表、レアル・マドリー&フランス代表の選手として、ピッチ上で凌ぎを削ったロナウジーニョとジダン監督。ロナウジーニョは自身の『インスタグラム』で、23日に45歳となったジダン監督に対して、祝福の言葉を記している。<br><br>「友人のジダンにおめでとうを。ピッチ上で君と相対することは大きな喜びだった。ときに勝ち、ときに負けた&hellip;&hellip;。だけど史上最高の選手の一人とプレーすることは喜びだった」<br><br>「同じく、君が監督としても素晴らしい歩みを見せていることも祝福するよ。君はグループを先導できる素晴らしいチャンピオンだ。我が友よ、誕生日おめでとう!」<br><br><br>提供:goal.com 2017.06.24 23:24 Sat
twitterfacebook
thumb

レアル・マドリー、ムバッペ加入ならBBCの1人を放出か

▽レアル・マドリーは、モナコに所属するフランス代表FWキリアン・ムバッペ(18)を迎え入れるならば、“BBC”の解体も辞さないようだ。フランス『レキップ』が伝えている。 ▽今夏の移籍市場で最も注目を集めるムバッペ。レアル・マドリーをはじめ、パリ・サンジェルマンやアーセナルなど複数のビッグクラブの関心が取り沙汰されており、争奪戦は熾烈さを極めている。しかし、今回の報道によれば、レアル・マドリーがムバッペ獲得レースにおいてアクションを起こしたという。 ▽伝えられるところによれば、ジネディーヌ・ジダン監督とフロレンティーノ・ペレス会長は、ムバッペ本人と父親を交えて会談。ムバッペに適応してもらうため、FWカリム・ベンゼマ、MFガレス・ベイル、FWクリスティアーノ・ロナウドのBBCトリオのうち1人を手放す意向を示すことで、説得にあたった模様だ。 ▽ベイルの加入を機にBBCトリオ誕生後、3度もチャンピオンズリーグ制覇を成し遂げるなど数多くの栄冠を手にしてきたレアル・マドリー。今回の報道が事実ならば、18歳のフランス人ストライカーに押し出される形で、BBCトリオの中で誰がレアル・マドリーから去ることになるのだろうか。 2017.06.24 21:35 Sat
twitterfacebook
thumb

アルベロアが現役引退 「さよならを言う時間」

▽元スペイン代表DFアルバロ・アルベロア(34)が現役引退を発表した。スペイン『マルカ』の独占インタビューで明かした。 ▽2016-17シーズン限りでウェストハムとの契約が満了となるアルベロアは、母国メディア『マルカ』の独占インタビューの中で、「さよならを言う時間だ。レアル・マドリーは、僕の人生のクラブ」などと語った。 ▽マドリーユース出身のアルベロアは、2004-05シーズンにトップチームデビュー。しかし、定位置確保には至らず、2006-07シーズンにデポルティボに移籍した。2006-07シーズンからはリバプールに活躍の場を移し、3シーズンにわたってプレー。2009年夏に古巣であるレアル・マドリーに復帰し、主にサイドバックのポジションでチームに貢献し、リーガエスパニョーラ優勝や2度のチャンピオンズリーグ制覇を経験した。 ▽また、スペイン代表としては58キャップを記録し、2008年と2012年のユーロ、2010年のワールドカップ優勝メンバーに名を連ねた。 2017.06.24 12:31 Sat
twitterfacebook
thumb

ジダンがレアル入り説得のためムバッペに電話…BBCに割って入り出場機会を保証とも

レアル・マドリーを率いるジネディーヌ・ジダン監督がモナコのFWキリアン・ムバッペ獲得のため、本人に電話で説得を試みたようだ。フランス紙『レキップ』が報じている。<br><br>フランス代表の新星として世界中の注目を集めているムバッペは、来シーズンの去就を決めかねている。レアル・マドリーは18歳のストライカーに熱視線を送る多くのビッグクラブの一つに過ぎないが、異なるものがあるとすれば、ジダンの存在だ。かつてフランス代表でキャプテンを務め、レジェンドであるジダンは自身の言葉がムバッペの決断を完璧に変えられることがわかっているようだ。<br><br>報道によると、ジダンは一週間前にムバッペに電話でレアル・マドリーに加わるよう説得したという。同郷の新星に対して出場機会を保証したとも伝えられ、&ldquo;BBC&rdquo;に割って入る可能性もあるようだ。これが事実ならば、出場機会の確保を重要視するムバッペの要望はクリアすることになる。<br><br>一方で、レアル・マドリーがこのレースに勝つまでの道はまだまだ程遠いようだ。すでに先日『Goal』では、パリ・サンジェルマンがモナコに巨額のオファーを送っていると伝えており、レアル最大のライバルになる可能性がありそうだ。<br><br>提供:goal.com 2017.06.23 19:00 Fri
twitterfacebook
thumb

デポルティボ、U-20W杯でシルバーボール獲得のU-20ウルグアイ代表MFバルベルデをレンタルで獲得!

▽デポルティボは22日、レアル・マドリー・カスティージャからU-20ウルグアイ代表MFフェデリコ・バルベルデ(18)を1年間のレンタル移籍で獲得したことを発表した。なお、今回の契約には買い取りオプションは含まれていない。 ▽母国の名門、ペニャロールで輝きを放った守備的MFの逸材は、2016年にレアル・マドリーのリザーブチームにあたるレアル・マドリー・カスティージャに加入。今季はリーグ戦30試合に出場し、3ゴールを挙げていた。 ▽また、今月11日まで韓国で開催されていたFIFA U-20ワールドカップ(W杯)2017では、4位フィニッシュしたU-20ウルグアイ代表の中盤で絶大な存在感を放ち、大会で2番目に優秀な選手に与えられるシルバーボール賞を受賞していた。 2017.06.23 05:00 Fri
twitterfacebook


コンフェデ杯
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース