判定に恵まれたマドリーがセルタ撃破で首位に浮上し5年ぶりの優勝に王手! C・ロナウドが欧州5大リーグ戦歴代最多ゴール記録を樹立《リーガエスパニョーラ》2017.05.18 06:13 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽レアル・マドリーは17日、バライードスで行われたリーガエスパニョーラ第21節延期分でセルタと対戦し、4-1で勝利した。

▽今年2月開催予定も悪天候によるスタジアム屋根の破損で延期されていた試合。前節、4位セビージャとの上位対決に快勝し、5年ぶりのリーグ制覇に向けて残り4ポイントとなった首位マドリー(勝ち点87)は、マラガとの最終節を前に13位セルタ(勝ち点44)とのアウェイゲームに臨んだ。セビージャ戦からのメンバー変更は5人。左サイドバックにマルセロ、中盤にモドリッチ、カゼミロが戻り、前線はクリスティアーノ・ロナウド、ベンゼマ、イスコが並んだ。なお、累積警告のナチョは試合直前にクラブ側のアピールが成功し、前節のカードが取り消しとなり、ベンチに入った。

▽リーガ制覇に向けて高いモチベーションを見せるマドリーが、立ち上がりから激しいハイプレスを仕掛け、攻勢を強めていく。イスコをトップ下に配した[4-1-3-2]の布陣で臨んだマドリーは10分、左サイドのマルセロが前線のイスコに縦パスを入れる。中央に切り込んだイスコの仕掛けはDFに阻まれるが、ボックス手前でこぼれ球を拾ったC・ロナウドが対面のDFを外して左足を振り抜くと、このシュートがゴール右隅に吸い込まれた。なお、C・ロナウドはこのゴールがキャリア通算のリーグ戦367ゴール目となり、かつてトッテナムやチェルシーで活躍した元イングランド代表FWジミー・グリーブス氏の記録を抜き、ヨーロッパ5大リーグ戦における歴代最多ゴール記録を樹立した。

▽エースの早い時間帯の先制点で勢いづくアウェイチームは、その後も攻勢を続けていく。26分にはモドリッチのスルーパスに抜け出したベンゼマが、ボックス左に走り込むC・ロナウドに決定的な折り返しを送るが、ここは直前でDFのクリアに遭う。その一方で、シストの突破やアスパスの仕掛けに手を焼くマドリーは、32分にボックス手前で与えたFKの場面でヴァスに強烈な無回転シュートでゴールを脅かされると、38分にはボックス左でジョナタン・カストロの対応にあたったDFヴァランが相手の浮かしたボールを手を使ってブロックするが、主審はセルタの猛アピールを無視してハンドを取らず。さらに抗議したアスパスにイエローカードが掲示された。

▽やや慌ただしい前半を1点リードで終えたマドリーは、後半も立ち上がりにゴールを奪う。48分、ロングカウンターから中央を突破したイスコのスルーパスに抜け出したC・ロナウドが冷静にGKとの一対一を制した。

▽この2点目で勝利を大きく近づけたマドリーは、さらに微妙な判定の影響で数的優位まで手にする。62分、ボックス内でDFセルヒオ・ラモスが後ろからアスパスを倒す。このプレーでPK献上かに思われたが、主審はアスパスのシミュレーションと判断し、既に1枚カードをもらっていたアスパスに2枚目のカードが掲示され、退場となった。この直後には同じようなシチュエーションでC・ロナウドがボックス内で倒されるも、主審は同選手のシミュレーションを取らず。このダブルスタンダードの判定に激昂するセルタは、アシスタントコーチが退席処分となる荒れた雰囲気となる。

▽すると、一連の流れでセルタの闘志に火をつけてしまったマドリーは、69分にイスコのボールロストからショートカウンターを浴び、グイデッティに1点差に迫るゴールを許してしまう。それでも、数的優位を生かすマドリーは直後の70分、カウンターからボックス左でマルセロが折り返したボールをゴール前のベンゼマが押し込み、再び点差を2点に戻した。

▽その後も危なげなく試合を運ぶマドリーは、C・ロナウドにハットトリックのチャンスが訪れるも、ポルトガル代表は弘法にも筆の誤りか、ゴール前での絶好機でイージーシュートを枠の左に外してしまう。その後、殊勲のイスコ、C・ロナウドを下げて試合を締めにかかるマドリーは、88分にもクロースに2試合連続ゴールが生まれ、4-1で快勝。やや判定に恵まれたものの、エースの勝負強さで勝ち切ったマドリーが、勝ち点90で首位に浮上し、最終節のマラガ戦で引き分け以上の結果を残せば、5年ぶりのリーグ制覇が決まることになる。

コメント

関連ニュース

thumb

ニースの超逸材CB巡ってバルサやマドリー、チェルシーが争奪戦! 契約解除金は52億円

▽ニースのU-21フランス代表DFマラン・サール(18)の獲得を巡って、バルセロナとレアル・マドリー、チェルシーが熾烈な争奪戦をスタートしたようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ▽昨夏、智将ルシアン・ファブレ監督の下で下部組織からトップチームに昇格したサールは、17歳とは思えない冷静さと左サイドバックでもプレー可能なスピードと、高精度の左足のキックを武器に、3バックのレギュラーに定着。最終的にリーグ戦27試合に出場し、攻守に渡って絶大なインパクトを残した。 ▽『スカイ・スポーツ』の伝えるところによれば、左利きでスピードもあり、攻守に渡って貢献できる希少価値が高い若手センターバックの獲得に向けて、バルセロナとレアル・マドリー、チェルシーの3クラブが動き出したという。また、母国の若手事情に明るいアーセン・ヴェンゲル監督が率いるアーセナルも、以前から獲得に関心を示しているようだ。 ▽なお、ニースはサールの契約解除金を3600万ポンド(約52億円)に設定している模様だ。 2017.07.22 15:28 Sat
twitterfacebook
thumb

ジダン「C・ロナウドはこれからもマドリーにいる」移籍話を完全否定

今夏、レアル・マドリーのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドには移籍話が取り沙汰されていたが、同選手の騒動についてジネディーヌ・ジダンが「退団はない」と断言している。<br><br>ジダンは『ESPN』の取材で「クリスティアーノはまだ休暇中だが、彼はもうすぐここに戻って来る」と語っている。<br><br>C・ロナウドの今後の去就について問われると「クリスティアーノと今後の話をするか? いや、彼はこれからもマドリーにいるし、話すことはチームの今後の話だけだ」と続け、今夏の移籍話を完全否定した。<br><br>2009年夏からレアル・マドリーに在籍しているC・ロナウドには、スペインでプレーした数年間で1470万ユーロ(約17億6000万円)もの脱税があったと指摘され、今夏の国外移籍が報じられていた。<br><br>だが、チームは間もなくアメリカ遠征を行い、マンチェスター・ユナイテッド、マンチェスター・シティ、バルセロナと激突する予定。8月8日にはマケドニアで行われるUEFAスーパーカップで再びマンチェスター・Uと戦うことが決まっている。<br><br>移籍騒動の浮上したC・ロナウドだが、すでにプレシーズンの遠征直前となり、今夏の残留が確実となっているようだ。<br><br>提供:goal.com 2017.07.22 13:00 Sat
twitterfacebook
thumb

チェルシーがモラタ獲得を正式発表、移籍金は推定101億円

▽チェルシーは21日、レアル・マドリーのスペイン代表FWアルバロ・モラタ(24)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2022年6月30日までの5年間で、移籍金はイギリス『スカイ・スポーツ』によると7000万ポンド(約101億円)とのことだ。 ▽2016年にユベントスから3000万ユーロ(約38億6000万円)の買い戻しオプションを行使した古巣マドリーに復帰したモラタだが、元フランス代表FWカリム・ベンゼマ、ウェールズ代表MFガレス・ベイル、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの“BBC”とのポジション争いに敗れた。それでも、昨シーズンの公式戦43試合に出場し20ゴールを挙げるなど、さすがの得点力を発揮していた。 ▽チェルシー加入が正式に決定したモラタはチェルシーの公式サイトで以下のように語っている。 「移籍を嬉しく思う。これほどのビッグクラブの一員になれるなんて、最高の気分だね。ハードワークを通じて、たくさんのゴールにトロフィーを手にしていきたい」 ▽今夏の移籍市場でスペイン代表FWジエゴ・コスタ(28)の退団が濃厚となっているチェルシーは、ベルギー代表FWロメル・ルカクの獲得に迫るも、マンチェスター・ユナイテッドの横やりによって獲得失敗。その後はドルトムントのガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤン(28)、トリノのイタリア代表FWアンドレア・ベロッティ(23)のオペレーションと並行してモラタ獲得にも動いていた。 2017.07.22 03:19 Sat
twitterfacebook
thumb

リーガの新シーズン開幕カードが決定! エル・クラシコは第17節と第36節で開催

▽ラ・リーガは21日、2017-18シーズンのリーガエスパニョーラの開幕カードを発表した。 ▽昨シーズン王者のレアル・マドリーは、アウェイでデポルティボ・ラ・コルーニャと対戦。2位のバルセロナはホームでベティスと対戦する。 ▽また、日本人選手が所属するチームはどちらもアウェイで開幕。日本代表FW乾貴士が所属するエイバルはアウェイでマラガと、MF柴崎岳が所属するヘタフェはアウェイでアスレティック・ビルバオと対戦する。 ▽さらに、アトレティコ・マドリーとビジャレアルはスタジアムを改修しているため、開幕から2試合をアウェイで戦うことが決定。第20節、第21節をかわりにホームで戦うこととなる。 ▽今シーズンのレアル・マドリーとバルセロナによる“エル・クラシコ”は、日時こそ決定していないものの第17節と第36節で開催。第17節はレアル・マドリーのホームであるサンチャゴ・ベルナベウで、第36節はバルセロナのホームであるカンプ・ノウで開催される。 <span style="font-weight:700;">◆2017-18シーズン開幕カード</span> セビージャ vs エスパニョール マラガ vs エイバル(乾貴士) セルタ vs レアル・ソシエダ バレンシア vs ラス・パルマス バルセロナ vs レアル・ベティス デポルティボ・ラ・コルーニャ vs レアル・マドリー レガネス vs アラベス ビジャレアル vs レバンテ アトレティコ・マドリー vs ジローナ アスレティック・ビルバオ vs ヘタフェ(柴崎岳) 2017.07.21 21:15 Fri
twitterfacebook
thumb

ブラジル代表DFダニーロがシティ移籍合意か

▽レアル・マドリーのブラジル代表DFダニーロ(26)の、マンチェスター・シティへの移籍完了が間もなくのようだ。スペイン『マルカ』が報じた。 ▽2015年夏にポルトからレアル・マドリーに加入したダニーロは、攻撃的なスタイルでブラジル代表に選出されるほどの選手だが、昨シーズンの公式戦出場は25試合のみ。対して、同じポジションを奪い合うライバルのスペイン代表DFダニ・カルバハルは公式戦41試合出場と、レギュラー争いの明暗はくっきりと分かれている。 ▽出場機会の確保を求めているであろうダニーロは、今夏の移籍市場の目玉選手の1人として、チェルシーやユベントス、マンチェスター・シティなどからの関心が取り沙汰されてきた。『マルカ』は、その中でもシティを最有力として報じており、契約がすでに交わされているという記述と共にその詳細を伝えている。 ▽記事によれば、シティは移籍金として3000万ユーロ(約39億円)に加え500万ユーロ(約6億5000万円)の成果ボーナスという条件で、マドリーと合意に達した模様だ。さらに、ダニーロ本人には5年契約が準備されており、これを飲むことで年俸が上昇するとのこと。18日には契約を完了しており、21日にも正式発表がされるだろうことも『マルカ』は伝えている。 2017.07.21 18:50 Fri
twitterfacebook


FOOTBALL COUNTDOWNS特集
PUMA ONE特集
中間評価
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース