判定に恵まれたマドリーがセルタ撃破で首位に浮上し5年ぶりの優勝に王手! C・ロナウドが欧州5大リーグ戦歴代最多ゴール記録を樹立《リーガエスパニョーラ》2017.05.18 06:13 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽レアル・マドリーは17日、バライードスで行われたリーガエスパニョーラ第21節延期分でセルタと対戦し、4-1で勝利した。

▽今年2月開催予定も悪天候によるスタジアム屋根の破損で延期されていた試合。前節、4位セビージャとの上位対決に快勝し、5年ぶりのリーグ制覇に向けて残り4ポイントとなった首位マドリー(勝ち点87)は、マラガとの最終節を前に13位セルタ(勝ち点44)とのアウェイゲームに臨んだ。セビージャ戦からのメンバー変更は5人。左サイドバックにマルセロ、中盤にモドリッチ、カゼミロが戻り、前線はクリスティアーノ・ロナウド、ベンゼマ、イスコが並んだ。なお、累積警告のナチョは試合直前にクラブ側のアピールが成功し、前節のカードが取り消しとなり、ベンチに入った。

▽リーガ制覇に向けて高いモチベーションを見せるマドリーが、立ち上がりから激しいハイプレスを仕掛け、攻勢を強めていく。イスコをトップ下に配した[4-1-3-2]の布陣で臨んだマドリーは10分、左サイドのマルセロが前線のイスコに縦パスを入れる。中央に切り込んだイスコの仕掛けはDFに阻まれるが、ボックス手前でこぼれ球を拾ったC・ロナウドが対面のDFを外して左足を振り抜くと、このシュートがゴール右隅に吸い込まれた。なお、C・ロナウドはこのゴールがキャリア通算のリーグ戦367ゴール目となり、かつてトッテナムやチェルシーで活躍した元イングランド代表FWジミー・グリーブス氏の記録を抜き、ヨーロッパ5大リーグ戦における歴代最多ゴール記録を樹立した。

▽エースの早い時間帯の先制点で勢いづくアウェイチームは、その後も攻勢を続けていく。26分にはモドリッチのスルーパスに抜け出したベンゼマが、ボックス左に走り込むC・ロナウドに決定的な折り返しを送るが、ここは直前でDFのクリアに遭う。その一方で、シストの突破やアスパスの仕掛けに手を焼くマドリーは、32分にボックス手前で与えたFKの場面でヴァスに強烈な無回転シュートでゴールを脅かされると、38分にはボックス左でジョナタン・カストロの対応にあたったDFヴァランが相手の浮かしたボールを手を使ってブロックするが、主審はセルタの猛アピールを無視してハンドを取らず。さらに抗議したアスパスにイエローカードが掲示された。

▽やや慌ただしい前半を1点リードで終えたマドリーは、後半も立ち上がりにゴールを奪う。48分、ロングカウンターから中央を突破したイスコのスルーパスに抜け出したC・ロナウドが冷静にGKとの一対一を制した。

▽この2点目で勝利を大きく近づけたマドリーは、さらに微妙な判定の影響で数的優位まで手にする。62分、ボックス内でDFセルヒオ・ラモスが後ろからアスパスを倒す。このプレーでPK献上かに思われたが、主審はアスパスのシミュレーションと判断し、既に1枚カードをもらっていたアスパスに2枚目のカードが掲示され、退場となった。この直後には同じようなシチュエーションでC・ロナウドがボックス内で倒されるも、主審は同選手のシミュレーションを取らず。このダブルスタンダードの判定に激昂するセルタは、アシスタントコーチが退席処分となる荒れた雰囲気となる。

▽すると、一連の流れでセルタの闘志に火をつけてしまったマドリーは、69分にイスコのボールロストからショートカウンターを浴び、グイデッティに1点差に迫るゴールを許してしまう。それでも、数的優位を生かすマドリーは直後の70分、カウンターからボックス左でマルセロが折り返したボールをゴール前のベンゼマが押し込み、再び点差を2点に戻した。

▽その後も危なげなく試合を運ぶマドリーは、C・ロナウドにハットトリックのチャンスが訪れるも、ポルトガル代表は弘法にも筆の誤りか、ゴール前での絶好機でイージーシュートを枠の左に外してしまう。その後、殊勲のイスコ、C・ロナウドを下げて試合を締めにかかるマドリーは、88分にもクロースに2試合連続ゴールが生まれ、4-1で快勝。やや判定に恵まれたものの、エースの勝負強さで勝ち切ったマドリーが、勝ち点90で首位に浮上し、最終節のマラガ戦で引き分け以上の結果を残せば、5年ぶりのリーグ制覇が決まることになる。

コメント

関連ニュース

thumb

マドリー、ウクライナ期待の若手GK獲得に迫る!

▽レアル・マドリーが、ゾリャ・ルハンクス(ウクライナ)に所属するウクライナ代表GKアンドリー・ルニン(19)獲得に迫っているようだ。スペイン『マルカ』が報じた。 ▽『マルカ』によると、ルニンは今夏の加入が濃厚な模様。プレシーズンからチームに参加し、フレン・ロペテギ新監督にパフォーマンスを披露することになるだろう、と報じられている。移籍金は推定で1400万ユーロ(約17億8000万円)だ。 ▽各年代のウクライナ代表に選出され、フル代表でも19歳にして2キャップを記録している身長191㎝と長身なルニンは、シュートストップに優れ欧州で最も評価されている若手の1人。プロデビューを飾ってからの過去2シーズンでは、公式戦通算51試合に出場した内の20試合でクリーンシートを達成している。 2018.06.20 18:40 Wed
twitterfacebook
thumb

グティ、指導者としてレアル・マドリー残留…2年延長で合意か

▽レアル・マドリーの下部組織で監督を務めるグティ氏(41)は、現状維持を決断したようだ。『フットボール・エスパーニャ』が報じた。 ▽選手時代にそのイケメンぶりと茶目っ気のある性格から女性人気の高かったグティ氏は、2013年から指導者キャリアをスタート。2016年夏からレアル・マドリーのユースチームであるフニベルAを率い、数々のタイトルをもたらすと、今シーズンも同カテゴリーのコパ・デル・レイ決勝に勝ち進んでいる。 ▽既報で古巣ベシクタシュとの交渉を行っていたとされるグティ氏だが、来シーズンからフレン・ロペテギ監督がトップチームの指揮を執るレアル・マドリーへの残留を決意。新たに2年間の契約延長で合意に達したという。 2018.06.19 18:45 Tue
twitterfacebook
thumb

“ストイックマン"CR7…エブラ「彼の昼食は無味の鶏とサラダ、水。もはやマシーン」

▽元フランス代表DFパトリス・エブラがマンチェスター・ユナイテッド時代の同僚であるレアル・マドリーのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドとの秘話を明かした。イギリス『ミラー』が伝えている。 ▽キャリアを通じて、ワールドカップ(W杯)を除けば獲得可能な栄冠をほぼ全て勝ち取り、ベストプレーヤーの1人としても名高いC・ロナウド。そのポルトガル人スタープレーヤーを巡っては、異常なまでのストイックさが話題に挙がることも少なくない。 ▽かつてユナイテッドの黄金期を共に過ごしたエブラは、いまだ手にしていないW杯トロフィーのために決戦地ロシアで奮闘するC・ロナウドについて言及。笑いを交えながら、そのストイックさが際立つエピソードを回想した。 「みんなに忠告しておく。彼から自宅にランチに招かれたら、『ノー』と言った方が良い。行ったら、テーブルにプレーンのチキンとサラダだけ。それと、ジュースじゃなく、水さ。他に何もなかった」 「食事を終えると、彼はボールを使ってスキルを見せつけ、ボールで遊ぼうと言ってきた。僕は『なんで家に呼んだんだ?』って問いただしたけど、『やろう』って…」 「その後、彼はプールで泳ぎ、ジャグジー、サウナに連れて行かれたんだ。彼はマシーンだ。誰も彼のトレーニングを止めることはできない。だから、彼に家に招待されたら、やめといた方が良い」 「ある日、リオ・ファーディナンドと彼が卓球勝負をした。リオが彼を打ち負かしたんだ。すると、彼は怒り、卓球台を買った。それから2週間の練習に励み、リオにリベンジを果たしたんだ」 「クリスティアーノ・ロナウドは、そういう男さ。だから、彼が何故、あれほどゴールデン・ボールやワールドカップ優勝を望んでいるのか理解できるよ。彼は負けず嫌いなんだ」 2018.06.19 16:30 Tue
twitterfacebook
thumb

ネイマールの全盛期はレアル・マドリーで…バルダーノ「C・ロナウドの後継者に」

レアル・マドリーで選手としてプレー。その後、監督やゼネラルディレクターなどを歴任してきたホルヘ・バルダーノ氏が、パリ・サンジェルマンに所属するブラジル代表FWネイマールの去就について、自身の見解を述べた。<br><br>昨年の夏にバルセロナからパリSGに移籍したネイマールは、フランスの地でもその能力を遺憾なく発揮。その一方で今後の去就について取り沙汰されており、とりわけレアル・マドリーへの移籍がうわさされている。<br><br>ネイマールの去就について、フランス紙『レキップ』のインタビューで尋ねられたバルダーノ氏は、「ネイマールはR・マドリーで全盛期を迎える」とコメント。ネイマールがR・マドリーで輝く姿をイメージしているようで、続けて以下のように話した。<br><br>「私にとって、ネイマールはクリスティアーノ・ロナウドの正統な後継者だ。今後5年間で全盛を迎える彼のタレント性に賭けたいね」<br><br>ネイマールは現在26歳。パリSGを経由するとはいえ、キャリアの最盛期に元バルセロナのスターが宿敵に移籍するとなれば大きな物議を醸すことになるが、バルダーノ氏の発言は現実になるのだろうか。<br><br>提供:goal.com 2018.06.18 21:55 Mon
twitterfacebook
thumb

イカルディの将来のカギを握るのはネイマール!?

▽イタリア『コッリエレ・デッラ・セーラ』は、インテルFWマウロ・イカルディの去就が意外なスターに影響されるとした。 ▽そのスターとは、パリ・サンジェルマンのブラジル代表FWネイマールだ。 ▽記事によると、インテルはイカルディの残留を願っている。妻で代理人のワンダ・ナラが反対の見解を述べることはあるとしても、拒否できないオファーがない限りは残留するとした。 ▽その否定できないオファーがあるとすれば、レアル・マドリーからである。チャンピオンズリーグ3連覇を達成したスペインの白い巨人は、以前からネイマールの獲得が噂されている。これが実現すれば、インテルのエースに手を出す可能性は消えるという考えだ。 ▽インテルの主将は、今後もイタリアでプレーするのか。今後の動向に注目だ。 2018.06.18 04:10 Mon
twitterfacebook


ロシアW杯

ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース