超ワールドサッカー

判定に恵まれたマドリーがセルタ撃破で首位に浮上し5年ぶりの優勝に王手! C・ロナウドが欧州5大リーグ戦歴代最多ゴール記録を樹立《リーガエスパニョーラ》2017.05.18 06:13 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽レアル・マドリーは17日、バライードスで行われたリーガエスパニョーラ第21節延期分でセルタと対戦し、4-1で勝利した。

▽今年2月開催予定も悪天候によるスタジアム屋根の破損で延期されていた試合。前節、4位セビージャとの上位対決に快勝し、5年ぶりのリーグ制覇に向けて残り4ポイントとなった首位マドリー(勝ち点87)は、マラガとの最終節を前に13位セルタ(勝ち点44)とのアウェイゲームに臨んだ。セビージャ戦からのメンバー変更は5人。左サイドバックにマルセロ、中盤にモドリッチ、カゼミロが戻り、前線はクリスティアーノ・ロナウド、ベンゼマ、イスコが並んだ。なお、累積警告のナチョは試合直前にクラブ側のアピールが成功し、前節のカードが取り消しとなり、ベンチに入った。

▽リーガ制覇に向けて高いモチベーションを見せるマドリーが、立ち上がりから激しいハイプレスを仕掛け、攻勢を強めていく。イスコをトップ下に配した[4-1-3-2]の布陣で臨んだマドリーは10分、左サイドのマルセロが前線のイスコに縦パスを入れる。中央に切り込んだイスコの仕掛けはDFに阻まれるが、ボックス手前でこぼれ球を拾ったC・ロナウドが対面のDFを外して左足を振り抜くと、このシュートがゴール右隅に吸い込まれた。なお、C・ロナウドはこのゴールがキャリア通算のリーグ戦367ゴール目となり、かつてトッテナムやチェルシーで活躍した元イングランド代表FWジミー・グリーブス氏の記録を抜き、ヨーロッパ5大リーグ戦における歴代最多ゴール記録を樹立した。

▽エースの早い時間帯の先制点で勢いづくアウェイチームは、その後も攻勢を続けていく。26分にはモドリッチのスルーパスに抜け出したベンゼマが、ボックス左に走り込むC・ロナウドに決定的な折り返しを送るが、ここは直前でDFのクリアに遭う。その一方で、シストの突破やアスパスの仕掛けに手を焼くマドリーは、32分にボックス手前で与えたFKの場面でヴァスに強烈な無回転シュートでゴールを脅かされると、38分にはボックス左でジョナタン・カストロの対応にあたったDFヴァランが相手の浮かしたボールを手を使ってブロックするが、主審はセルタの猛アピールを無視してハンドを取らず。さらに抗議したアスパスにイエローカードが掲示された。

▽やや慌ただしい前半を1点リードで終えたマドリーは、後半も立ち上がりにゴールを奪う。48分、ロングカウンターから中央を突破したイスコのスルーパスに抜け出したC・ロナウドが冷静にGKとの一対一を制した。

▽この2点目で勝利を大きく近づけたマドリーは、さらに微妙な判定の影響で数的優位まで手にする。62分、ボックス内でDFセルヒオ・ラモスが後ろからアスパスを倒す。このプレーでPK献上かに思われたが、主審はアスパスのシミュレーションと判断し、既に1枚カードをもらっていたアスパスに2枚目のカードが掲示され、退場となった。この直後には同じようなシチュエーションでC・ロナウドがボックス内で倒されるも、主審は同選手のシミュレーションを取らず。このダブルスタンダードの判定に激昂するセルタは、アシスタントコーチが退席処分となる荒れた雰囲気となる。

▽すると、一連の流れでセルタの闘志に火をつけてしまったマドリーは、69分にイスコのボールロストからショートカウンターを浴び、グイデッティに1点差に迫るゴールを許してしまう。それでも、数的優位を生かすマドリーは直後の70分、カウンターからボックス左でマルセロが折り返したボールをゴール前のベンゼマが押し込み、再び点差を2点に戻した。

▽その後も危なげなく試合を運ぶマドリーは、C・ロナウドにハットトリックのチャンスが訪れるも、ポルトガル代表は弘法にも筆の誤りか、ゴール前での絶好機でイージーシュートを枠の左に外してしまう。その後、殊勲のイスコ、C・ロナウドを下げて試合を締めにかかるマドリーは、88分にもクロースに2試合連続ゴールが生まれ、4-1で快勝。やや判定に恵まれたものの、エースの勝負強さで勝ち切ったマドリーが、勝ち点90で首位に浮上し、最終節のマラガ戦で引き分け以上の結果を残せば、5年ぶりのリーグ制覇が決まることになる。

コメント

関連ニュース

thumb

ピケが再びマドリーを“口撃”「レフェリーの影響力によりマドリーはタイトルを手にした」

▽バルセロナのスペイン代表DFジェラール・ピケが、ライバルクラブであるレアル・マドリーに対して再び“口撃”を仕掛けた。スペイン『マルカ』が報じている。 ▽以前からマドリーに対して辛辣なコメントを繰り返しているピケ。27日に行われるコパ・デル・レイ決勝に向けた前日会見に臨んだピケは、チャンピオンズリーグ決勝のマドリーvsユベントスについてコメントを求められると次のように語った。 「今は自分たちの勝利だけに集中している。CLの決勝は、より優れたチームが勝つことになるだろう。それに僕がユベントスの勝利を望んでいることは言わなくてもわかっているだろう」 「そもそもマドリーはレフェリーの影響力により、リーガのタイトルを手にした。今シーズンを振り返って、ゴールラインテクノロジーが導入されることを願っているよ。それがあれば、レフェリーたちも少しプレッシャーから解放されるだろう」 2017.05.27 11:40 Sat
twitterfacebook
thumb

モラタがミラン移籍で個人合意か

▽イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』は25日、レアル・マドリーに所属するスペイン代表FWアルバロ・モラタ(24)がミランと今夏移籍で個人合意に達したと報じた。 ▽モラタは昨夏、ユベントスからレアル・マドリーに復帰。しかし、ジネディーヌ・ジダン監督の起用法に不満を抱き、今夏の退団が取り沙汰されているところだ。 ▽『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によれば、ミランはモラタに年俸750万ユーロ(約9億3000万円)を提示。モラタ本人から「イエス」の返答を引き出したようで、すでにミラン移籍を決心しているという。 ▽また、レアル・マドリーに対しては、移籍金6000万ユーロ(約75億1000万円)のオファーを用意。だが、フロレンティーノ・ペレス会長は回答を遅らせ、価格の吊り上げを目論んでいるとみられている。 2017.05.26 10:55 Fri
twitterfacebook
thumb

ベイル&カルバハルが全体練習に復帰! ベイルは故郷でのCL決勝に間に合うか

▽レアル・マドリーは25日、同日午前に行われたトレーニングセッションでウェールズ代表MFガレス・ベイル、スペイン代表DFダニエル・カルバハルの2選手が全体練習に復帰したことを明かした。 ▽先月23日に行われたバルセロナとの“エル・クラシコ”でふくらはぎを痛めたベイルは、約1カ月の離脱を強いられていた。だが、今回の練習復帰によって、6月3日に生まれ故郷のカーディフで行われるチャンピオンズリーグ(CL)決勝のユベントス戦に間に合う可能性が出てきた。 ▽一方、今月2日に行われたCL準決勝1stレグ、アトレティコ・マドリー戦で、右足大腿二頭筋を負傷したカルバハルは、今季絶望の可能性が報じられてきたが、こちらもユベントス戦に間に合う可能性が出てきている。 2017.05.26 00:41 Fri
twitterfacebook
thumb

離脱中のカルバハル、順調ならCL決勝で先発可能に?

▽スペイン『マルカ』によると、レアル・マドリーのスペイン代表DFダニエル・カルバハルの怪我は、快方に向かっているようだ。 ▽5月2日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)準決勝1stレグ、アトレティコ・マドリー戦で、右足大腿二頭筋を負傷したカルバハル。今季絶望と言われたが、6月3日のCL決勝ユベントス戦の出場へ向けて、順調に回復している。 ▽『マルカ』によれば、カルバハルは練習参加に近づいているようで、このまま怪我の再発がなく順調にいけば、CL決勝で先発できる可能性もありそうだ。 2017.05.25 21:35 Thu
twitterfacebook
thumb

ミラン、モラタを新プロジェクトの中心に据える考えか...移籍金70億円程度を準備

ミランが、レアル・マドリーFWアルバロ・モラタの獲得に動いているようだ。スペイン『マルカ』が伝えている。<br><br>中国人のリー・ヨンホン氏に新たにオーナーを任せることを決めたミランだが、今季以降の新プロジェクトにモラタを据える考えだという。ミランは今季ヴィンチェンツォ・モンテッラ監督の下でセリエAを6位で終え、来季のヨーロッパリーグ出場権を獲得している。<br><br>ミランはすでにマドリー側と接触した模様。移籍金6000万ユーロ(約72億円)を準備して、合意を目指しているという。<br><br>モラタに対しては、ほかにもマンチェスター・ユナイテッドやチェルシーが関心を示している。だがユベントスで2年間プレーした経験のあるモラタはイタリア移籍を前向きに捉えているようだ。結婚を控える恋人がイタリア人であることも、彼の決断に影響を与えるかもしれない。<br><br>モラタは先日、マドリーのリーガエスパニョーラ制覇の祝賀会で、一人喜びの輪から外れるなど退団を示唆するような行動を取っていた。ミランに所属するスペイン人MFスソは「モラタがミランに来るなら嬉しいよ」と歓迎の意を表明し、同胞の到着を待ち望んでいる。<br><br>マドリーの下部組織で育ったモラタは、2014年夏にユベントスへと移籍を果たした。ユベントスでの活躍が認められて昨夏マドリーに復帰したが、FWカリム・ベンゼマの壁は厚く、今季リーガ26試合出場15得点(公式戦42試合19得点)と高い決定力を発揮しながらスタメン奪取には至らなかった。<br><br><br>提供:goal.com 2017.05.25 20:31 Thu
twitterfacebook


U-20W杯
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース