松本の猛攻を凌いだ山形が6試合ぶりの勝利! 松本は4試合白星なし《J2》2017.05.17 21:34 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽17日に明治安田生命J2リーグ第14節のモンテディオ山形vs松本山雅FCがNDソフトスタジアム山形で行われ、1-0で山形が勝利した。

▽3試合連続ドローで直近5試合勝利がない16位山形(勝ち点16)と、4試合ぶりの白星を目指す10位松本(勝ち点19)が激突した一戦。ここ数試合調子を落としている両者の一戦は、互いに低調な立ち上がりとなる。

▽序盤は攻めあぐねる両チームだったが前半半ば、山形が均衡を破る。24分、敵陣中央右から荒堀がグラウンダーのクロスを供給。これをボックス中央で阪野が収めて、右足を振り抜くと、シュートはGK村山の右手をかすめてゴール左へと吸い込まれ山形が先制する。

▽先制を許した松本は攻勢を強めたいものの、山形の粘り強い守備に苦戦し、ゴール前に迫ることができない。それでも43分、ボックス内でキープした三島の落としをパウリーニョが左足で丁寧にゴール左隅を狙うも、わずかにゴール左に外れる。

▽後半に入ると、1点ビハインドの松本が決定機を迎える。53分、ボックス右手前から三島がクロスを供給すると、ボックス中央のセルジーニョがフリーでヘディングシュート。しかし、これがGK児玉の正面に飛んでしまう。

▽勝ち点を持ち帰りたい松本は後半アディショナルタイム4分、ロングボールに反応したジエゴが頭で前線へとつなぎ、ボックス手前の工藤がポストプレー。この落としを石原が左足一閃。ボールはゴール右隅を捉えるも、GK児玉のファインセーブに阻まれ、そのまま試合終了。後半、松本の猛攻に苦しめられるも最後まで阪野のゴールを守り切った山形が6試合ぶりの白星。対する松本は4試合勝利から遠ざかっている。

コメント

関連ニュース

thumb

徳島DF広瀬陸斗が入籍 「責任感を持ち成長していきたい」

▽徳島ヴォルティスは23日、DF広瀬陸斗(22)の入籍を発表した。 ▽広瀬は、2014年の水戸ホーリーホック入団を経て、2015年から徳島でプレー。今シーズンはケガの影響もあり、ここまで出番がない。 ▽入籍発表を受け、広瀬はクラブ公式サイトを通じて次のようにコメントしている。 「このたび、4月に入籍致しました。より一層、プロサッカー選手として、人間として責任感を持ち成長していきたいと思います。現在は怪我で離脱中ですが、しっかり怪我を治してまた皆さんの前で元気な姿を見せられるように、そしてチームに貢献出来るように頑張ります。引き続き、応援よろしくお願い致します」 2018.04.23 15:40 Mon
twitterfacebook
thumb

【Jリーグ出場停止情報】鹿島DF昌子やG大阪DFファビオらが出場停止

▽Jリーグは23日、明治安田生命J1リーグ第10節、明治安田生命J2リーグ第11節、明治安田生命J3リーグ第8節の出場停止選手を発表した。 ▽今回J1で出場停止となるのは、川崎フロンターレ戦で退場となった鹿島アントラーズDF昌子源に加え、いずれも累積警告によって名古屋グランパスMFワシントン、ガンバ大阪DFファビオ、サガン鳥栖DFチョン・スンヒョン(鄭昇炫)の4選手。 ▽また、J2では水戸ホーリーホックDF福井諒司、栃木SCのDF菅和範、同MFヘニキ、ロアッソ熊本のMF中山雄登の4選手。先週末試合がなかったJ3ではすでに発表された3選手が出場停止となる。今回発表されたJリーグ出場停止選手は以下の通り。 <span style="font-weight:700;">【明治安田生命J1リーグ】</span> <span style="font-weight:700;">DF昌子源</span>(鹿島アントラーズ) 明治安田生命J1リーグ第10節 vsヴィッセル神戸(4/25) 今回の停止:1試合停止 <span style="font-weight:700;">MFワシントン</span>(名古屋グランパス) 明治安田生命J1リーグ第10節 vs清水エスパルス(4/25) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 <span style="font-weight:700;">DFファビオ</span>(ガンバ大阪) 明治安田生命J1リーグ第10節 vs湘南ベルマーレ(4/25) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 <span style="font-weight:700;">DFチョン・スンヒョン(鄭昇炫)</span>(サガン鳥栖) 明治安田生命J1リーグ第10節 vs川崎フロンターレ(4/25) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 <span style="font-weight:700;">【明治安田生命J2リーグ】</span> <span style="font-weight:700;">DF福井諒司</span>(水戸ホーリーホック) 明治安田生命J2リーグ第11節 vs京都サンガF.C.(4/28) 今回の停止:1試合停止 <span style="font-weight:700;">DF菅和範</span>(栃木SC) 明治安田生命J2リーグ第11節 vsモンテディオ山形(4/28) 今回の停止:1試合停止 <span style="font-weight:700;">MFヘニキ</span>(栃木SC) 明治安田生命J2リーグ第11節 vsモンテディオ山形(4/28) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 <span style="font-weight:700;">MF中山雄登</span>(ロアッソ熊本) 明治安田生命J2リーグ第11節 vsファジアーノ岡山(4/28) 今回の停止:1試合停止 <span style="font-weight:700;">【明治安田生命J3リーグ】</span> <span style="font-weight:700;">DF藤原拓也</span>(アスルクラロ沼津) 明治安田生命J3リーグ第8節 vsガイナーレ鳥取(4/28) 今回の停止:1試合停止 <span style="font-weight:700;">FWレオナルド</span>(ガイナーレ鳥取) 明治安田生命J3リーグ第8節 vsアスルクラロ沼津(4/28) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 <span style="font-weight:700;">FW安藤瑞季</span>(セレッソ大阪U-23) 明治安田生命J3リーグ第8節 vsAC長野パルセイロ(4/28) 今回の停止:1試合停止 2018.04.23 15:20 Mon
twitterfacebook
thumb

苦戦続く大宮が異例の声明…「「ONE」勝利のために、熱いご声援で選手への後押しを」

▽大宮アルディージャは23日、「ファン・サポーターの皆さまへ」と題し声明を発表した。クラブ公式サイトが伝えた。 ▽昨シーズンは明治安田生命J1リーグで最下位に終わり、J2へと降格した大宮。今シーズンは優勝候補にも挙げられながら、ここまで3勝2分け5敗で15位に位置している。 ▽開幕戦こそ、同じ降格組のヴァンフォーレ甲府に勝利するも、その後の4試合未勝利。第6節のアビスパ福岡戦で2勝目を上げるも、3戦未勝利となっていた。また、22日に行われたアルビレックス新潟戦では、今シーズン初となるアウェイ白星&無失点試合を達成。アウェイでの勝利は、昨年6月のサンフレッチェ広島戦以来となっていた。 ▽クラブは、森正志代表取締役社長の声明を発表。厳しい戦いが続く中で、今シーズンのチームスローガンでもある「ONE」を掲げ、チームとして結果求めていくと誓った。 「いつも大宮アルディージャに熱いご声援を頂戴し、誠にありがとうございます。明治安田生命J2リーグは昨日の試合で開幕から10節を終了いたしました。今シーズンもファン・サポーターの皆さまにはチームに対して多大なるご声援、ご期待をいただいているにも関わらず、結果につなげることができず、ご心配をおかけしておりますことを心よりお詫び申し上げます。10節を終えたこのタイミングで、クラブからファン・サポーターの皆さまにチームの現状と今後についてご説明させていただきたいと存じます」 「まずは昨日も遠方のアウェイゲームにも関わらず、多くのファン・サポーターの皆さまには新潟の地で熱く選手たちを後押ししていただき、久しぶりにアウェイで勝利することができました。クラブを代表して心より御礼申し上げます」 「この結果、明治安田生命J2リーグ10節終了時点で3勝2分5敗勝点11、15位という状況にあります。チームの掲げた優勝してJ1復帰という目標からは大変厳しい状況が続いております。この状況はクラブとしても強く認識しており、石井監督をはじめチームスタッフ、選手、また強化スタッフは勝利のため日々考え、チームとしての連携や戦術を成長、成熟させるべく、チーム一丸となってトレーニング内容などを工夫し次の試合に向け集中したトレーニングをしております。詳しい取り組みの内容は、戦術に関わることもありお話できませんが、その取り組みは練習や試合の中で徐々に積み重ねられており、結果につながっていくことと信じています。昨日の試合では結果だけでなく内容面での成長、成熟が感じられるシーンが見られましたが、まだまだ改善されなければならないポイントはあります。さらなる努力を続けこの兆しを結果という確かな形にしていかなければならないと考えております」 「今シーズンを迎えるにあたり、前回戦った2015年のJ2リーグよりレベルは上がっており決して簡単では無いということは想定していましたが、10試合を戦い改めてその厳しさを感じているところではあります。しかし、今後チームの連携面での成長・成熟をより進め、チームとクラブが、ファン・サポーターの皆さま、ご支援いただいている皆さまと一つになり、一試合一試合を必死に戦うことで、今後勝点を積み上げ、必ずや上位に追いついていけるものと信じております。私はクラブの代表として、残りリーグ戦32試合、J2リーグ優勝という目標達成に向け、石井監督、選手、スタッフを様々な面でしっかり支えていく所存です」 「昨日の勝利をしっかり次につなげることが大切であるということは言うまでもありません。次節は4月28日の明治安田生命J2リーグ 東京ヴェルディとのホームゲームとなります。どうか皆さまNACK5スタジアム大宮にて「ONE」勝利のために、熱いご声援で選手への後押しを心よりお願いいたします」 ▽なお、大宮は28日に行われる第11節で、今シーズン無敗の東京ヴェルディをホームに迎える。 2018.04.23 12:30 Mon
twitterfacebook
thumb

森本恩返し弾で千葉撃破の福岡が今季初の連勝! 新潟vs大宮は大宮に軍配! 劇的勝利の大分が首位浮上!《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第10節の7試合が22日に各地で行われた。 ▽レベルファイブスタジアムで行われたアビスパ福岡vsジェフユナイテッド千葉は、ホームの福岡が3-1で快勝した。 ▽昨季J1昇格プレーオフに出場したチーム同士の一戦。直近3戦負けなしで7位の福岡(勝ち点15)と、前節FC町田ゼルビアを相手に連敗をストップした16位千葉(勝ち点10)の試合は開始早々に動く。3分、ボックス内で松田がDF近藤に倒されてPKを獲得。これを古巣対戦の森本が冷静に決め切った。しかし、千葉も失点直後の5分にラリベイの落としを受けた船山が左足のシュートをゴール右隅に決めて3試合連続ゴール。早々に試合を振り出しに戻した。 ▽その後は相手のハイラインの裏を効果的に突く福岡がユ・インスを起点に再三の決定機を作り出すと、30分には鈴木の右CKを中央で篠原が競ったこぼれ球をDFエベルトが痛恨のクリアミス。自軍のゴールに頭で流し込んでしまった。福岡の1点リードで折り返した試合は後半も立ち上がりの47分に動く。鈴木のフィードに抜け出した森本が右サイドからそのままボックス内に持ち込んでこの試合2点目を奪い、福岡がリードを2点に広げた。何とか追いつきたい千葉はラリベイを下げて古巣対戦の為田を投入するなど、反撃を試みるが最後まで相手ゴールをこじ開けられず。森本の古巣恩返し弾で快勝の福岡が今季初の連勝。一方、千葉は今季アウェイゲーム5試合で全敗とまたしても内弁慶解消とはならなかった。 ▽デンカビッグスワンスタジアムで行われたアルビレックス新潟vs大宮アルディージャは、アウェイの大宮が1-0で勝利した。 ▽昨季のJ1リーグで17位の新潟と最下位の大宮による降格チーム同士の注目対決。リーグ戦3連敗で13位に低迷する新潟(勝ち点11)と、直近2敗1分けで19位の大宮(勝ち点8)が4試合ぶりの勝利で浮上のキッカケを探る一戦は、立ち上がりからアウェイの大宮ペースで進む。開始直後にはボックス付近に持ち込んだ大前が右足シュートを放つが、これはクロスバーを叩いた。その後もロビン・シモヴィッチを起点に押し込む大宮は大前やシモヴィッチに決定機が訪れるも、GKアレックス・ムラーリャがことごとく好守で阻み、前半はゴールレスで終了した。 ▽それでも、後半も攻勢を見せる大宮は立ち上がりの48分にボックス手前の好位置でFKを獲得。これを名手・大前がゴール左隅の絶妙なコースに直接突き刺し、2試合連続ゴール。待望の先制点を手にした。その後は反撃を試みる新潟が今季リーグ初先発のターレスを軸に相手ゴールに迫るも、ターレスのゴールがオフェンスファウルで認められないなど、なかなか決定機を作れない。対する大宮は鋭いカウンターから幾度か2点目のチャンスを得るも、シモビッチや大前、マテウスらが決め切れない。しかし、粘り強い守備で逃げ切った大宮が今季アウェイ初勝利で4戦ぶりの白星を手にした。一方、新潟は泥沼の4連敗となった。 ▽また、石川県西部緑地公園陸上競技場で行われたツエーゲン金沢vs大分トリニータはアウェイの大分が1-0で勝利した。この結果、大分が首位に浮上した。 ▽10位の金沢(勝ち点12)のホームに乗り込んだ2位の大分(勝ち点18)だが、安定した守備と鋭いカウンターを繰り出すホームチーム相手に苦戦。前半をゴールレスで終えた。後半も一進一退の攻防が続く中、徐々に相手を押し返す金沢がボックス付近で決定機を作り出すが、ボックス内でのハンドやファウルに対して主審がなかなか笛を吹かず、ゴールをこじ開けられない。すると、試合終了間際の93分にはボックス左で仕掛けた星のマイナスの折り返しを丸谷がダイレクトシュート。これが相手DFにディフレクトしてゴール右に決まり、大分が丸谷の移籍後初ゴールで劇的な形で勝利。前日に引き分けたファジアーノ岡山を得失点差で振り切り、首位に浮上した。 ▽その他の試合では4位FC町田ゼルビア(勝ち点16)と3位レノファ山口(勝ち点17)の上位対決は、アウェイの山口が2-1で勝利した。高木と小野瀬のゴールで競り勝った山口は2試合ぶりの勝利で3位キープに成功した。一方、杉森の移籍後初ゴールで一矢報いるも敗れた町田は今季初の連敗となった。 ▽さらに徳島ヴォルティスvsカマタマーレ讃岐の“東四国クラシコ”は、アウェイの讃岐が1-0で勝利。J2昇格後初めて四国勢とのダービーを制した讃岐は8戦ぶりの白星で20位に浮上し、最下位脱出に成功した。 ◆明治安田生命J2リーグ第10節 結果 ▽4/22(日) <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">アビスパ福岡 3</span>-1 ジェフユナイテッド千葉 アルビレックス新潟 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 大宮アルディージャ</span> 横浜FC 0-0 栃木SC ツエーゲン金沢 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 大分トリニータ</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">松本山雅FC 1</span>-0 モンテディオ山形 徳島ヴォルティス 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 カマタマーレ讃岐</span> FC町田ゼルビア 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 レノファ山口FC</span> ▽4/21(土) 京都サンガF.C. 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 ロアッソ熊本</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">東京ヴェルディ 3</span>-0 水戸ホーリーホック 愛媛FC 0-0 ヴァンフォーレ甲府 ファジアーノ岡山 0-0 FC岐阜 2018.04.22 17:00 Sun
twitterfacebook
thumb

首位岡山、2戦連続の足踏み…岐阜とゴールレス《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第10節の4試合が21日に行われた。 ▽首位のファジアーノ岡山は、18位のFC岐阜をホームに迎え、ゴールレスドローに終わった。 ▽試合は序盤から拮抗した展開に。その中で、21分に阿部海大がミドルシュートを放つが、これはクロスバーに嫌われてしまう。こう着状態で進んだ試合は0-0で後半へ。その後半も一進一退の攻防が続く中、岐阜が何度か好機をつくり出すが、モノにできない。 ▽その後、岐阜は79分に阿部正紀がヘディングシュートを放つが、オフサイドの判定。さらに、その直着に赤嶺がネットを揺らすが、リカルド・サントスのオフェンスファウルを取られ、ゴールは認められない。結局、試合はゴールレスで終了。岡山は2戦連続のドローに終わっている。 ◆明治安田生命J2リーグ第10節 結果 ▽4/21(土) 京都サンガF.C. 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 ロアッソ熊本</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">東京ヴェルディ 3</span>-0 水戸ホーリーホック 愛媛FC 0-0 ヴァンフォーレ甲府 ファジアーノ岡山 0-0 FC岐阜 ▽4/22(日) 《13:00》 アビスパ福岡 vs ジェフユナイテッド千葉 アルビレックス新潟 vs 大宮アルディージャ 《14:00》 横浜FC vs 栃木SC ツエーゲン金沢 vs 大分トリニータ 松本山雅FC vs モンテディオ山形 徳島ヴォルティス vs カマタマーレ讃岐 《15:00》 FC町田ゼルビア vs レノファ山口FC 2018.04.21 21:15 Sat
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース