鹿島にも在籍した元セレソンFWベベット氏の息子・マテウスがスポルティングに加入2017.05.17 21:49 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽スポルティング・リスボンは15日、エストリルMFマテウス・オリベイラ(22)の獲得を発表した。契約期間は2022年までとなる。

▽マテウスは、かつてブラジル代表で活躍し鹿島アントラーズでもプレーしたベベット氏の息子。フラメンゴの下部組織出身で、2015年2月からポルトガルのエストリルにレンタル移籍。2016年7月にフリートランスファーでエストリルに加入すると、1シーズンでポルトガルの名門へ移籍を果たした。

▽今シーズンのポルトガル・プリメイラリーがでは、マテウスは26試合に出場し2ゴール4アシストを記録。トップ下や右ウイングなどでプレーしている。なお、契約解除金は6000万ユーロ(約74億8000万円)に設定されている。

▽なお、マテウスは1994年のアメリカ・ワールドカップでベベットが見せた「ゆりかごダンス」時に誕生した長男。以前には、ユベントスやレアル・マドリーも獲得に興味を抱いていた。

コメント

関連ニュース

thumb

CASが“14秒”の男MFアドリエン・シウバの要求を拒否! 結局、レスターでのプレーは新年以降に…

▽スポーツ仲裁裁判所(CAS)は16日、スポルティング・リスボンから今夏レスター・シティへと移籍したポルトガル代表MFアドリエン・シウバ(28)が要求した選手登録に関する“緊急措置”についての訴えを拒否したことを発表した。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ▽レスターは、今夏移籍市場の最終日である8月31日にスポルティング・リスボンからアドリエン・シウバを2200万ポンド(約31億1500万円)の移籍金で獲得することで合意と発表。しかし、書類の到着が“14秒”遅かったため、FIFA(国際サッカー連盟)からの国際移籍証明書が発行されず、選手登録が不可能とされていた。 ▽レスターやFAは、アドリエン・シウバの移籍を認めてもらうように訴えていたものの、FIFAはルールにのっとり訴えを却下。その後、FIFAの決定を不服としたアドリエン・シウバは、CASに登録を許可する緊急措置を要求し、上訴を行ったがCAS側もこの要求を拒否した。 ▽今回の決定により、アドリエン・シウバは来年1月になるまで、プレーすることができなくなった。 2017.11.17 04:57 Fri
twitterfacebook
thumb

イグアイン弾でスポルティングと引き分けたユベントス、2位を死守《CL》

▽ユベントスは10月31日にチャンピオンズリーグ(CL)・グループD第4節でスポルティング・リスボンとのアウェイ戦に臨み、1-1で引き分けた。 ▽前節スポルティング戦を2-1と薄氷の逆転勝利を飾って2勝1敗とした2位ユベントス(勝ち点6)は、2-0と勝利した直近のミラン戦のスタメンから3選手を変更。ルガーニ、アサモア、リヒトシュタイナーに代えてバルザーリ、アレックス・サンドロ、負傷明けのデ・シリオを起用した。 ▽勝利すればグループステージ突破の可能性があるユベントスは、1トップにイグアイン、2列目に右からクアドラード、ディバラ、マンジュキッチと並べる[4-2-3-1]を採用。立ち上がりから自陣に引いたスポルティングに対し、ボールを保持したユベントスだったが、チャンスを作るには至らない。 ▽すると20分に先制を許す。キエッリーニがジェウソン・マルティンスのドリブルに対応できずボックス右への侵入を許すと、GKブッフォンはシュートを弾くも、ルーズボールをブルーノ・セーザルに流し込まれた。 ▽失点直後、ボックス中央でフリーとなっていたケディラが決定的なヘディングシュートを放ったユベントスだったが、枠の左に外してしまう。ハーフタイムにかけてもボールを持ったものの、好機を生み出すことはできずに低調な前半を1点ビハインドで終えた。 ▽迎えた後半、圧力をかけるユベントスは開始3分に左CKからマンジュキッチがヘディングシュートを浴びせたが、60分にカウンターを受けてブルーノ・セーザルに決定的なシュートを許してしまう。 ▽ここは枠の上に外れて助かると、試合はオープンな展開に。そんな中65分、ユベントスはデ・シリオに代えてドグラス・コスタを投入し、右サイドバックにクアドラードを配す攻撃的な布陣とする。 ▽すると69分、イグアインがゴール至近距離からヘディングシュートを浴びせるもGKルイ・パトリシオのセーブに阻まれる。それでも79分、クアドラードのスルーパスでボックス右に抜け出したイグアインが飛び出したGKを外すチップキックシュートを流し込んで、1-1に持ち込んだ。 ▽終盤にかけては引き分けでも良しとしたユベントスがバランスを崩さずに1-1のままタイムアップ。引き分けに持ち込み、2位を死守している。 2017.11.01 07:32 Wed
twitterfacebook
thumb

ピャニッチの直接FK弾と終盤のマンジュキッチ弾でユベントスがスポルティングに薄氷の逆転勝利《CL》

▽ユベントスは18日、チャンピオンズリーグ(CL)・グループD第3節でスポルティング・リスボンをホームに迎え、2-1で辛勝した。 ▽前節オリンピアコス戦を途中出場イグアインの活躍で2-0と制したユベントスは、1勝1敗スタートとした中、1-2と敗れてセリエA初黒星を喫した直近のラツィオ戦のスタメンから6選手を変更。マテュイディやドグラス・コスタ、バルザーリらがベンチスタートとなり、負傷明けのピャニッチの他、ラツィオ戦でPKを失敗したディバラらがスタメンに戻った。 ▽ユベントス同様に1勝1敗スタートとなったスポルティングに対し、[4-2-3-1]で臨んだユベトスは立ち上がり、スポルティングのポゼッションを許すやや緩い入りを見せる。すると、12分に失点する。 ▽ブルーノ・フェルナンデスのスルーパスをアレックス・サンドロがカットできずジェウソン・マルティンスの抜け出しを許すと、GKブッフォンが一対一を止めるも、ルーズボールがアレックス・サンドロの足に当たってゴールに吸い込まれた。 ▽まずい入りを見せたユベントスは切り替えてギアを上げていくと、ケディラのボレーシュートやマンジュキッチのワンタッチシュートでゴールに迫っていく。すると29分、ボックス手前左で得たFKをピャニッチがゴール左に沈めて試合を振り出しに戻した。 ▽続く30分にはボックス右深くまでえぐったディバラの折り返しをマンジュキッチが合わせるもわずかに枠の左に外れる。ハーフタイムにかけても攻勢に出るユベントスは43分、左CKをキエッリーニが落としてボックス右のイグアインがシュートに持ち込んだがGKルイ・パトリシオのセーブに阻まれ、前半を1-1で終えた。 ▽後半から負傷したベナティアに代えてバルザーリを投入したユベントスは、引き続き敵陣でのプレーを増やしにかかるも、ブルーノ・フェルナンデスのキープ力に苦戦し、流れを引き寄せきれない。 ▽そのまま時間が進み、70分にようやくディバラの左CKからマンジュキッチがヘディングシュートを浴びせるも、威力を欠いてGKにセーブされてしまう。 ▽終盤にかけてもギアの上がらなかったユベントスは、84分にストゥラーロに代えてドグラス・コスタを投入。するとこの交代がピタリと当たる。交代直後のドグラス・コスタが左サイドから仕掛けてクロスを上げると、ファーサイドのマンジュキッチがDFのマークをものともせずヘッド。これがゴールに突き刺さり、ユベントスが逆転に成功した。 ▽少ないチャンスを活かしてリードしたユベントスは自陣に引いてスポルティングの攻撃を凌ぎ、2-1で逃げ切り。薄氷の逆転勝利で2連勝とし、2位に浮上した。 2017.10.19 05:48 Thu
twitterfacebook
thumb

C・ロナウド、クラブに同胞MFウィリアム・カルバーリョの獲得を要求か

▽レアル・マドリーに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、クラブに対して古巣スポルティング・リスボンに所属するポルトガル代表の後輩MFウィリアム・カルバーリョ(25)の獲得を要求しているようだ。スペイン『ドン・バロン』が伝えている。 ▽『ドン・バロン』の伝えるところによれば、今季連覇を狙うリーグ戦でスロースタートとなったマドリーは、今冬の移籍市場で手薄な守備的MFの補強を目指しているという。その中でC・ロナウドは、自身の古巣スポルティングに所属し、ポルトガル代表でユーロ2016を共に制した屈強な後輩MFの獲得をクラブに進言しているようだ。 ▽そのカルバーリョに関しては、今夏の移籍市場でウェストハムが獲得寸前まで行くなど、選手自身が移籍を希望するプレミアリーグ行きが盛んに報じられているが、母国の大先輩からの誘い、マドリーという超一流の看板があれば、十分に獲得は可能なはずだ。 ▽なお、現在マドリーではブラジル代表MFカゼミロのバックアッパーに今夏レンタルバックしたスペイン人MFマルコス・ジョレンテ、中盤の全ポジションをカバーするクロアチア代表MFマテオ・コバチッチ(負傷離脱中)を置いているが、前者は思うようにフィットしておらず、仮に今冬カルバーリョの獲得に成功すれば、効果的な補強になるかもしれない。 2017.10.07 14:45 Sat
twitterfacebook
thumb

やっちまったドゥンビア…CLバルサ戦での“ダイブ”で手痛いペナルティ受ける

▽スポルティング・リスボンに所属するコートジボワール代表FWセイドゥ・ドゥンビアが、先日のバルセロナ戦で行った“ダイブ”によって、手痛いペナルティを受けることになった。イギリス『BBC』が報じている。 ▽かつてJリーグの柏レイソルや徳島ヴォルティスでプレーしていたドゥンビアは今季、ローマからのレンタル移籍という形でスポルティングに在籍。先月27日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)では、強豪バルセロナとの試合に先発出場した。だが、同試合の前半終了間際にボックス内でPKを獲得するために“ダイブ”を行った同選手は、主審にシミュレーションを取られた挙句、同プレーで負ったケガによって負傷交代を強いられていた。 ▽その後、ドゥンビアの詳しいケガの状態に関しては明かされていなかったが、コートジボワール代表を率いるマルク・ヴィルモッツ監督は4日に行われた会見の場で、同選手が足の腱を損傷しており、2カ月ほどの離脱となることを明かした。 ▽ドゥンビアは、今回の負傷によってマリ代表、モロッコ代表との重要なロシア・ワールドカップ(W杯)アフリカ最終予選の2試合を欠場すると共に、スポルティングでもCLや国内リーグの重要な数試合を欠場することになる見込みだ。 2017.10.05 14:40 Thu
twitterfacebook


ロシアW杯予選
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース