鹿島にも在籍した元セレソンFWベベット氏の息子・マテウスがスポルティングに加入2017.05.17 21:49 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽スポルティング・リスボンは15日、エストリルMFマテウス・オリベイラ(22)の獲得を発表した。契約期間は2022年までとなる。

▽マテウスは、かつてブラジル代表で活躍し鹿島アントラーズでもプレーしたベベット氏の息子。フラメンゴの下部組織出身で、2015年2月からポルトガルのエストリルにレンタル移籍。2016年7月にフリートランスファーでエストリルに加入すると、1シーズンでポルトガルの名門へ移籍を果たした。

▽今シーズンのポルトガル・プリメイラリーがでは、マテウスは26試合に出場し2ゴール4アシストを記録。トップ下や右ウイングなどでプレーしている。なお、契約解除金は6000万ユーロ(約74億8000万円)に設定されている。

▽なお、マテウスは1994年のアメリカ・ワールドカップでベベットが見せた「ゆりかごダンス」時に誕生した長男。以前には、ユベントスやレアル・マドリーも獲得に興味を抱いていた。

コメント

関連ニュース

thumb

“14秒”遅れで移籍白紙のアドリエン・シウバ…スポルティングはレスターへの売却合意を発表

▽スポルティング・リスボンは7日、渦中のポルトガル代表MFアドリエン・シウバ(28)の移籍に関してレスター・シティと合意していることを発表した。 ▽書類の到着が“14秒”遅かったため、FIFAからの国際移籍証明書が発行されず、選手登録が不可能とされているアドリエン・シウバ。しかし、スポルティングは2950万ユーロ(約38億4700万円)でアドリエン・シウバの売却で合意していると、改めて発表した。 ▽また、アドリエン・シウバの価値が将来的に上昇した場合、15%の報酬を受け取ることも併せて発表している。 ▽レスターはこの件に関して、公式には発表していないものの、FIFAの決定に関して異議申し立てをするとのこと。果たして、どの様な決着が待っているのだろうか。 2017.09.08 12:17 Fri
twitterfacebook
thumb

スポルティングがウェストハムを訴える? 選手移籍を巡りFIFAに報告へ

▽スポルティング・リスボンが、選手の移籍を巡ってウェストハムを訴えるようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ▽問題となっているのは、ポルトガル代表MFウィリアム・カルバーリョに対するウェストハムのアプローチとのこと。スポルティングは、「違法なアプローチ」があったとして、FIFAに報告する予定とのことだ。 ▽『スカイ・スポーツ』によると、ウェストハムの共同オーナーであるデイビッド・サリバン氏がW・カルバーリョ獲得に向けて送信した2通のメールを紹介。ウェストハムが売却する際には10%を支払うこと、またチャンピオンズリーグの予選に出場するという条件で2300万ポンド(約32億7000万円)のオファーを提示していた。 ▽W・カルバーリョ自身もプレミアリーグへの移籍を望んでいたと報じられていたが、スポルティングとの契約解除条項は4000万ポンド(約56億8700万円)に設定されており、オファーとは大幅な開きがあった。ウェストハムは、移籍最終日にスポルティングとの再交渉を試みたが、十分な時間がないことを理由にオファーを拒否されたと主張している。 ▽一方で、スポルティングの広報責任者であるヌーノ・サライバ氏が、サリバン氏に対し「嘘つき」「寄生虫」と表現したことに対し、ウェストハム側は訴訟を起こしている。 ▽ヌーノ・サライバ氏は自身のFacebook上で「ウィリアム・カルバーリョに対する獲得申し込みはなかった」と明かし、サリバン氏が言っていることを証明するように訴えている。 「サリバン氏は自身の発言を証明する義務がある。そのため、公にスポルティング・リスボンが提案を受け取ったという証拠と同様に、彼が提示したということを公にするように求める」 ▽互いの主張が行き交う泥沼状態となりつつある両クラブ。果たしてどちらの主張に軍配が上がるのだろうか。 2017.09.07 17:52 Thu
twitterfacebook
thumb

レスターがピンチ!? FIFAが書類の受領拒否でポルトガル代表MFアドリエン・シウバ獲得が暗礁に

▽FIFA(国際サッカー連盟)は、スポルティング・リスボンからレスター・シティへ移籍合意に達したポルトガル代表MFアドリエン・シウバ(28)に関して、書類の受領を拒否しているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ▽レスターは、今夏移籍市場の最終日である8月31日にスポルティング・リスボンからアドリエン・シウバを2200万ポンド(約31億1500万円)の移籍金で獲得することで合意と発表。しかし、書類作成のために2時間の延長が必要となっており、合意と同時に国際移籍の許可が必要であると発表していた。 ▽レスターのクラブ関係者は、現在スポルティング・リスボンとの協力により、選手移籍の書類の修正をしており、FIFAがこれを受領して移籍が成立すると考えているようだ。 「選手の登録に関するいくつかの問題をクリアし、解決策を見つけるために全てのオプションを模索している。アドリエン(・シウバ)とスポルティング・リスボンと協力している」 ▽移籍の手続きのため、アドリエン・シウバはロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選のフェロー諸島代表戦に向かわずにイングランドに滞在。一方で、レスターはアドリエン・シウバの獲得が合意したため、イングランド代表MFダニー・ドリンクウォーター(27)をチェルシーに3500万ポンド(約49億5700万円)で売却。そのため、アドリアン・シウバの移籍が認められない場合は、同ポジションが空いてしまうことになる。 2017.09.06 13:56 Wed
twitterfacebook
thumb

レスター、ポルトガル代表MFアドリエン・シウバの移籍完了を主張

▽レスター・シティは1日、スポルティング・リスボンのポルトガル代表MFアドリエン・シウバ(28)の移籍が完了していたことを主張する声明を発表した。 ▽イギリス『スカイ・スポーツ』によればレスターはスポルティングに対して移籍金2200万ポンド(約31億4000万)で合意に達したと主張。書類も時間内に処理したと報じている。ただ、第3者による調査で、移籍が成立していたかどうかが明らかになるのは来週以降だとしている。 ▽レスターでは移籍期限最終日にイングランド代表MFダニー・ドリンクウォーターが3500万ポンド(約49億8000万円)でチェルシーに移籍しており、その後釜としてアドリエン・シウバの確保に動いていた。 ▽12歳からスポルティングに在籍するアドリエン・シウバは、これまでスポルティングで公式戦237試合に出場して39ゴール19アシストをマーク。ポルトガル代表としては20試合に出場し、ユーロ2016優勝に貢献していた。 2017.09.02 02:35 Sat
twitterfacebook
thumb

ブライトンが元イタリア代表FWエセキエル・スケロットを獲得「僕の最大限を提供する」

▽ブライトン&ホーヴ・アルビオンは8月31日、元イタリア代表FWエセキエル・スケロット(28)をスポルディング・リスボンから完全移籍で獲得したことを発表した。 ▽アルゼンチンリーグに属するバンフィールドの下部組織出身であるスケロットは、2008年夏にチェゼーナに移籍。翌年4月に欧州のリーグでのデビューを飾った。以来、イタリア国内での移籍を繰り返したスケロットは、アタランタ、カターニャ、インテル、サッスオーロ、パルマ、キエーボと、実に6クラブを渡り歩きセリエAで151試合、セリエB(イタリア2部)で40試合に出場。欧州トップリーグでの豊富な経験を持っている。 ▽2015年8月には無所属となったが、同年11月にスポルディング・リスボンに入団。約1シーズン半で公式戦43試合に出場し、10アシストを記録する活躍をみせた。スケロットはブライトンの公式サイトを通じて意気込みを語った。 「プレミアリーグでプレーすることが夢だったから、簡単な決断だったよ。ブライトンの監督やコーチ、スタッフと話をした後で家族や代理人に相談したんだ。決断を助けてくれたよ」 「ブライトンのコーチやスタッフには敬意を表する。彼らが大きな扉を開けてくれて、僕は新たな冒険に出るきっかけを掴んだ。それが幸せなんだ」 「プレミアリーグはイタリアやポルトガルとは違う。コーチやサポーターのためにも、チームに全力を捧げたいね。第1に、ブライトンのために全力を出して多くの試合で勝利に貢献したい。第2に、シーズンを終えた時点でブライトンが中位に付けていて欲しい。チームに僕の最大限を提供するよ」 2017.09.01 19:58 Fri
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース