鹿島にも在籍した元セレソンFWベベット氏の息子・マテウスがスポルティングに加入2017.05.17 21:49 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽スポルティング・リスボンは15日、エストリルMFマテウス・オリベイラ(22)の獲得を発表した。契約期間は2022年までとなる。

▽マテウスは、かつてブラジル代表で活躍し鹿島アントラーズでもプレーしたベベット氏の息子。フラメンゴの下部組織出身で、2015年2月からポルトガルのエストリルにレンタル移籍。2016年7月にフリートランスファーでエストリルに加入すると、1シーズンでポルトガルの名門へ移籍を果たした。

▽今シーズンのポルトガル・プリメイラリーがでは、マテウスは26試合に出場し2ゴール4アシストを記録。トップ下や右ウイングなどでプレーしている。なお、契約解除金は6000万ユーロ(約74億8000万円)に設定されている。

▽なお、マテウスは1994年のアメリカ・ワールドカップでベベットが見せた「ゆりかごダンス」時に誕生した長男。以前には、ユベントスやレアル・マドリーも獲得に興味を抱いていた。

コメント

関連ニュース

thumb

スポルティング・リスボン、アルゼンチン代表MFアクーニャを獲得!

▽スポルティング・リスボンは21日、アルゼンチンのラシン・クラブからアルゼンチン代表MFマルコス・アクーニャ(25)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2021年6月30日までの4年。移籍金は960万ユーロ(約12億4000万円)となり、契約解除金は6000万ユーロ(約77億8000万円)に設定された。 ▽アクーニャは、左サイドを主戦場に2列目の複数ポジションをこなす左利きのアタッカー。2014年から在籍していたラシンでは、公式戦92試合に出場し15ゴール21アシストの数字を残していた。 ▽2016年12月に行われたロシア・ワールドカップ南米予選のコロンビア代表戦では、アルゼンチン代表デビューを飾っていた。 2017.07.22 14:35 Sat
twitterfacebook
thumb

エイバルがスポルティング・リスボンからポルトガル代表歴のあるDFパウロ・オリベイラを獲得

▽エイバルは17日、スポルティング・リスボンの元ポルトガル代表DFパウロ・オリベイラ(25)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2021年6月30日までの4年間で、スペイン『マルカ』によれば移籍金は320万ユーロ(約4億1000万円)とのことだ。 ▽2014年夏にギマラエスからスポルティング・リスボンに加入したセンターバックのパウロ・オリベイラは、在籍3シーズンで公式戦85試合に出場。しかし、年々出場機会を減らし、2016-17シーズンはリーグ戦11試合の出場に留まっていた。 ▽ポルトガル代表としてはU-17から各カテゴリーで選出され、2015年3月にA代表デビューを飾っていた。 2017.07.17 23:44 Mon
twitterfacebook
thumb

スポルティング・リスボン、バルセロナからマテューを完全移籍で獲得!

▽スポルティング・リスボンは7日、バルセロナから元フランス代表DFジェレミー・マテュー(33)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2019年6月30日までの2年となる。契約解除金は6000万ユーロ(約78億円)に設定されている。 ▽バルセロナは先日、2018年6月まで契約を残すマテューに関して、移籍先の有力候補に挙がっていたスポルティングのトレーニングに参加することを許可。そして、今回のトレーニング参加で好感触を掴んだ同選手は、スポルティング行きを決めることになった。 ▽マテューは2014年7月にバレンシアからバルセロナへ完全移籍。しかし、バルセロナではポジションを掴むことができず、3シーズンで公式戦91試合の出場4ゴールを記録していた。 2017.07.07 22:33 Fri
twitterfacebook
thumb

コエントラン、スポルティング・リスボンへレンタル移籍

▽レアル・マドリーは5日、ポルトガル代表DFファビオ・コエントラン(29)がスポルティング・リスボンへレンタル移籍することを発表した。レンタル期間は2017-18シーズンの1年間となっている。 ▽コエントランは、2011年夏にベンフィカからレアル・マドリーに加入。しかし、在籍5シーズンのリーガエスパニョーラ出場数は58試合。度重なる負傷や絶対的な存在であるブラジル代表DFマルセロとのポジション争いもあり、出場機会に恵まれない日々が続いていた。 2017.07.05 22:26 Wed
twitterfacebook
thumb

ニューカッスル、ポルトガルで大爆発のFWドスト獲得に51億の巨額オファーを準備か? 昨季スポルティングで34ゴール

▽ニューカッスルが、スポルティング・リスボンに所属するオランダ代表FWバス・ドスト(28)の獲得に向けて、4000万ユーロ(約51億円)の巨額オファーを準備しているようだ。ポルトガル『Jornal de Notícias』が報じている。 ▽ヘーレンフェーン時代の2011-12シーズンにエールディビジ得点王に輝いたドストは、2012年にヴォルフスブルクに加入。加入3年目となった2014-15シーズンにリーグ戦16ゴールを記録したものの、ドイツの地で思うような活躍を見せられず。そのため、同選手は2016年夏にレスター・シティへ旅立ったアルジェリア代表FWイスラム・スリマニの後釜としてスポルティングに加入した。 ▽すると、ヘーレンフェーン時代のパフォーマンスを取り戻したドストは、昨季のリーグ戦31試合で34ゴールを挙げる大活躍をみせ、自身2度目の得点王を獲得すると共に、ゴールデンシューレースでバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシに肉薄した。 ▽『Jornal de Notícias』の伝えるところによれば、ドストの得点力を高く評価するラファエル・ベニテス監督率いるニューカッスルは、プレミア復帰1年目となる新シーズンに向けて同選手の獲得を熱望しているという。そして、4000万ユーロの巨額オファーを準備しているようだ。 ▽しかし、エースストライカー流出を避けたいスポルティングは、6000万ユーロ(約77億円)に設定している契約解除金を支払わない限り、いかなるオファーも受け入れる意思はないようだ。 2017.07.05 05:34 Wed
twitterfacebook


FOOTBALL COUNTDOWNS特集
PUMA ONE特集
中間評価
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース