超ワールドサッカー

鹿島にも在籍した元セレソンFWベベット氏の息子・マテウスがスポルティングに加入2017.05.17 21:49 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽スポルティング・リスボンは15日、エストリルMFマテウス・オリベイラ(22)の獲得を発表した。契約期間は2022年までとなる。

▽マテウスは、かつてブラジル代表で活躍し鹿島アントラーズでもプレーしたベベット氏の息子。フラメンゴの下部組織出身で、2015年2月からポルトガルのエストリルにレンタル移籍。2016年7月にフリートランスファーでエストリルに加入すると、1シーズンでポルトガルの名門へ移籍を果たした。

▽今シーズンのポルトガル・プリメイラリーがでは、マテウスは26試合に出場し2ゴール4アシストを記録。トップ下や右ウイングなどでプレーしている。なお、契約解除金は6000万ユーロ(約74億8000万円)に設定されている。

▽なお、マテウスは1994年のアメリカ・ワールドカップでベベットが見せた「ゆりかごダンス」時に誕生した長男。以前には、ユベントスやレアル・マドリーも獲得に興味を抱いていた。

コメント

関連ニュース

thumb

シティ、スポルティングの逸材コンビ獲得にチャレンジか? 移籍金は総額116億円にも…

▽マンチェスター・シティが、スポルティング・リスボンに所属する逸材コンビの獲得を目指しているようだ。イギリス『サン』が報じている。 ▽『サン』が伝えるところによれば、現在シティが獲得に動いているのが、いずれもスポルティングに在籍しているポルトガル代表MFウィリアム・カルバーリョ(25)と、ポルトガル代表FWジェウソン・マルティンス(22)の2選手だという。 ▽ここ数シーズン、アーセナルやレアル・マドリー、チェルシー、マンチェスター・ユナイテッドなど、ビッグクラブからの関心を集めてきたカルバーリョは、昨年5月に“世界最高の代理人”と評されるジュルジュ・メンデス氏との代理人契約を解消した後、シティを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督を実兄に持つペレ・グアルディオラ氏と代理人契約を締結。この代理人変更によって、以前から今夏のシティ行きが有力視されている。 ▽一方、卓越したスピードとテクニックを武器とする新進気鋭のドリブラーであるマルティンスは、今シーズンのチャンピオンズリーグでの活躍を受けて、レアル・マドリーやバルセロナなども獲得に興味を示している逸材だ。 ▽攻守に貢献できるセントラルMF、突破力に優れるウイングはグアルディオラ監督にとって補強ポイントではあるが、獲得に向けた障壁はスポルティングが設定している2人で8000万ポンド(約116億円)という高額な移籍金だ。両選手以外にも多くの選手の獲得を望むシティは、現時点で6300万ポンド(約91億円)ほどの投資しか、考えていないようだ。 2017.05.20 19:10 Sat
twitterfacebook
thumb

ベティスのイタリア人DFピッチーニがスポルティングへ移籍

▽スポルティング・リスボンは15日、ベティスのイタリア人DFクリスティアーノ・ピッチーニ(24)を獲得したと発表した。契約期間は5年で、移籍金は『フットボール・イタリア』によれば300万ユーロ(約3億7000万円)とのことだ。 ▽2014年夏にフィオレンティーナからベティスに加入した右サイドバックを主戦場とするピッチーニは、在籍3年間で公式戦58試合に出場し3ゴールを記録。今季はリーガエスパニョーラで23試合に出場し、2ゴールをマークしていた。 2017.05.16 02:49 Tue
twitterfacebook
thumb

フィオレンティーナファンがリスボンで死去…“リスボン・ダービー”直前のサポーターの衝突が原因か?

▽フィオレンティーナのファンが遠く離れたポルトガルのリスボンで命を落としたようだ。サポーター同士の衝突が原因と見られている。『フットボール・イタリア』が報じた。 ▽22日に行われる、スポルティング・リスボンvsベンフィカの“リスボン・ダービー”のため、ポルトガルを訪れていた41歳のフィオレンティーナファンが、21日の深夜に命を落としていた。警察が原因を調査している。 ▽この死を受け、スポルティング・リスボンがクラブを通じて声明を発表。ファンの死を悲しむとともに、事件にはクラブが関与していないと表明した。 「スポルティングは、昨夜の悲劇的な出来事に関し、とても残念に思うとともに、関与を否定します。」 「家族に対し、スポルティングは最も深い哀悼の意を表します」 ▽命を落としたフィオレンティーナファンは、長年スポルティングも応援しており、ダービーを観戦するためにリスボンを訪れていたとのこと。複数メディアによると、スタジアム付近でスポルティング・リスボンのファンとベンフィカのファンが衝突。そこから逃げ出す際に、車に轢かれてしまったとのことだ。 2017.04.22 21:30 Sat
twitterfacebook
thumb

アーセナル、新守護神候補としてユーロ2016優勝GKをリストアップか

▽アーセナルが、新守護神候補としてスポルティング・リスボンに所属するポルトガル代表GKルイ・パトリシオ(29)の獲得に動いているようだ。フランス『RMC』が報じている。 ▽現在、アーセナルは正GKを務める元チェコ代表GKペトル・チェフ(34)、2ndGKを務めるコロンビア代表GKダビド・オスピナ(28)の2選手を軸に戦っているが、前者には加齢による若干の衰え、後者には以前から出場機会を求めての移籍の可能性が噂されている。 ▽そのため、クラブは来シーズンに向けて新戦力の補強を考慮しているようだ。その筆頭と言われるのが、スポルティングとポルトガル代表で守護神を務めるルイ・パトリシオのようだ。 ▽『RMC』の伝えるところによれば、アーセナルはユーロ2016優勝GKの獲得に向けて、1500万ユーロ(約18億円)のオファーを準備しているようだ。 ▽ただ、移籍市場の人気銘柄である同選手の獲得が難航する場合は、ローマにレンタル移籍中のポーランド代表GKヴォイチェフ・シュチェスニー(26)の呼び戻しも視野に入れているようだ。 2017.03.27 23:15 Mon
twitterfacebook
thumb

ウィリアム・カルバーリョがシティ移籍に大前進! ペップ弟と代理人契約締結

▽スポルティング・リスボンに所属するポルトガル代表MFウィリアム・カルバーリョ(24)は、今夏の移籍市場でマンチェスター・シティを新天地に選ぶことになりそうだ。スペイン『アス』が報じている。 ▽ここ数シーズン、アーセナルやレアル・マドリー、チェルシー、マンチェスター・ユナイテッドなど、ビッグクラブからの関心を集めてきたW・カルバーリョ。今夏のスポルティング退団が有力視される逸材は、新天地にシティを選ぶことになりそうだ。 ▽『アス』の伝えるところによれば、昨年5月に“世界最高の代理人”と評されるジュルジュ・メンデス氏との代理人契約を解消したW・カルバーリョは先日、シティを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督を実兄に持ち、バルセロナのウルグアイ代表FWルイス・スアレスらを顧客に持つペレ・グアルディオラ氏と代理人契約を結んだという。そして、予てよりW・カルバーリョに関心を示してきたペップ・グアルディオラ監督と同じ代理人と契約したことで、同選手のシティ移籍が決定的となった模様だ。 ▽卓越したフィジカル能力に加え、優れた戦術眼とテクニックを持つW・カルバーリョは、ヨーロッパの若手の中で屈指の守備的MFとの評価を受けており、昨年のユーロ2016ではポルトガルの初優勝にも大きく貢献していた。現在、シティではブラジル代表MFフェルナンジーニョを除き、計算できる守備的MFがおらず、仮に同選手の加入が決定すれば、来シーズンのシティにとって大きな補強になりそうだ。 2017.02.04 04:17 Sat
twitterfacebook


U-20W杯
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース