ベティスのイタリア人DFピッチーニがスポルティングへ移籍2017.05.16 02:49 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽スポルティング・リスボンは15日、ベティスのイタリア人DFクリスティアーノ・ピッチーニ(24)を獲得したと発表した。契約期間は5年で、移籍金は『フットボール・イタリア』によれば300万ユーロ(約3億7000万円)とのことだ。

▽2014年夏にフィオレンティーナからベティスに加入した右サイドバックを主戦場とするピッチーニは、在籍3年間で公式戦58試合に出場し3ゴールを記録。今季はリーガエスパニョーラで23試合に出場し、2ゴールをマークしていた。
コメント
関連ニュース
thumb

スポルティングがゼニトのポルトガル代表DFネトを獲得…7月に加入

スポルティング・リスボンは11日、ゼニト・サンクトペテルブルクのポルトガル代表DFルイス・ネト(30)の獲得を発表した。契約期間は3年間となる。 ネトは、ポルトガルのヴァルジンSCの下部組織出身で、2007年7月にトップチームへ昇格。2011年7月にナシオナルへと移籍すると、2012年8月にはシエナへと移籍。2013年2月にゼニトへと完全移籍した。 2017年8月からはフェネルバフチェへとレンタル移籍を経験し、今シーズンから復帰。ロシア・プレミアリーグでは11試合、ヨーロッパリーグで5試合に出場していた。また、ロシア・ワールドカップのポルトガル代表メンバーからは外れたものの、UEFAネーションズリーグではメンバーに選出されていた。 なお、ネトの移籍はフリートランスファーとなり、2019年7月からスポルティングに合流する。 2019.03.12 12:55 Tue
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド、リバプール関心のブルーノ・フェルナンデスに接触か

マンチェスター・ユナイテッドが、スポルティングに所属するポルトガル代表MFブルーノ・フェルナンデス(24)の獲得に興味を示しているようだ。ポルトガル『A Bola』が伝えている。 母国のボアヴィスタ出身のブルーノ・フェルナンデスは、2012年に加入したイタリアのノヴァーラでプロキャリアをスタートさせると、ウディネーゼ、サンプドリアを経て、2017年にスポルティングへ加入した。高精度のテクニックに加え、モビリティにも優れる攻撃的MFは、加入初年度から公式戦65試合に出場し、16ゴール20アシストを記録。今シーズンもここまで公式戦40試合で22ゴール11アシストと圧巻のパフォーマンスを披露している。 そのブルーノ・フェルナンデスを巡っては、リバプールやミラン、チェルシーが関心を寄せていると各紙が報道。しかし、今回伝えられるところによれば、他のクラブに先駆けてユナイテッドが本格的なファーストコンタクトを取り、近日中に同選手の代理人との会談まで漕ぎつけようとしているようだ。 しかし、スポルティングのフレデリコ・ヴァランダス会長は、ブルーノ・フェルナンデスをチーム内で唯一の必要不可欠な存在だと考えている模様。財政難の中でもほかの選手を売却し、債務を賄いたい姿勢だという。 また、2023年まで契約を残すブルーノ・フェルナンデスの契約解除金は1億ユーロ(約125億円)に設定されている。新契約締結に向けて動き出しているスポルティングだが、6000万ユーロ~7000万ユーロ(約75億円~約88億円)の高額なオファーが届いた場合には、売却に応じる可能性があるとのことだ。 2019.02.26 16:06 Tue
twitterfacebook
thumb

チェルシー、リバプール関心のブルーノ・フェルナンデスに興味か

チェルシーが、スポルティングに所属するポルトガル代表MFブルーノ・フェルナンデス(24)に関心を寄せているようだ。ポルトガル『O Jogo』の情報を引用してイタリア『トゥットメルカート』が伝えた。 母国のボアヴィスタ出身のブルーノ・フェルナンデスは、2012年に加入したイタリアのノヴァーラでプロキャリアをスタートさせると、ウディネーゼ、サンプドリアを経て、2017年にスポルティングへ加入した。高精度のテクニックに加え、モビリティにも優れる攻撃的MFは、加入初年度から公式戦65試合に出場し、16ゴール20アシストを記録。今シーズンもここまで公式戦39試合で22ゴール11アシストをマークしている。 ブルーノ・フェルナンデスはクラブと昨年7月に新契約を締結し、契約解除金が1億ユーロ(約125億円)に設定されている。しかし、スポルティングは現在、2億8100万ユーロ(約353億円)と多額の借金を抱えており、なるべく高額での売り抜きを目指しているが、主力を売却しなければならない苦しい状況であるとポルトガル『Correio de Manha』は伝えていた。 この状況に、リバプールやミランが関心を寄せていることが報じられていた。今回新たに、中盤の強化がタスクに課されているチェルシーがポルトガル代表MF獲得に関心を示しているという報道が噴出。約1年半前に800万ユーロ(現在のレートで約10億円)の移籍金でイタリアを離れたアタッカーは爆発的にその価値を高め、三つ巴の争いを巻き起こそうとしている。 2019.02.22 19:27 Fri
twitterfacebook
thumb

慶南FCが“アンリ2世”とも呼ばれたオランダ人FWカスタイニョスを獲得…ACLでは鹿島と同組

Kリーグ1の慶南FCは20日、スポルティング・リスボンからオランダ人FWルク・カスタイニョス(26)をフリートランスファーで獲得した。スポルティングは、19日に契約解除を発表していた。 カスタイニョスは、フェイエノールトの下部組織出身で、2009年7月にトップチームへ昇格。2011年7月にはインテルへと移籍した。 2012年7月にはトゥベンテへと移籍すると、2015年7月にはフランクフルトに加入。2016年8月にスポルティングへ完全移籍すると、2017年8月からはフィテッセにレンタル移籍。2018年1月に復帰していた。 フェイエノールトでは公式戦通算42試合に出場し15ゴールを記録。インテルでは8試合1ゴールと結果を残せなかったが、トゥベンテでは114試合で42ゴール11アシストを記録した。フランクフルトでは1シーズンで22試合に出場し5ゴール3アシスト。スポルティングでは17試合に出場しゴールはなかった。エールディビジでは通算159試合54ゴール11アシストを記録している。 世代別のオランダ代表にも選出され、16歳のときにU-17欧州選手権で得点王に。2009年のU-17ワールドカップにも出場。 2010年には、ソン・フンミンやネイマール、ロメル・ルカクらとともに、IFA公式サイトの10代の有望選手23人の中の1人として名を連ねていた。また、“アンリ2世”とも呼ばれていたが、本人が拒否していた。 慶南FCは、今シーズンのAFCチャンピオンズリーグ(ACL)に出場。グループEに入り、ジョホール・ダルル・タクジム(マレーシア)、鹿島アントラーズ(日本)、山東魯能(中国)と同居している。 2019.02.20 22:35 Wed
twitterfacebook
thumb

リバプール、今季21G11Aのブルーノ・フェルナンデスに関心か

リバプールがスポルティングに所属するポルトガル代表MFブルーノ・フェルナンデス(24)の獲得に興味を示しているようだ。ポルトガル『Correio de Manha』の情報を引用してイギリス『ミラー』が伝えている。 母国のボアヴィスタ出身のブルーノ・フェルナンデスは、2012年に加入したイタリアのノヴァーラでプロキャリアをスタートさせると、ウディネーゼ、サンプドリアを経て、2017年にスポルティングへ加入した。高精度のテクニックに加え、モビリティにも優れる攻撃的MFは、加入初年度から公式戦65試合に出場し、16ゴール20アシストを記録。今シーズンもここまで公式戦38試合で21ゴール11アシストをマークしている。 リバプールでは現在、[4-2-3-1]のシステムを採用することが増加しており、ユルゲン・クロップ監督は中盤の強化を望んでいる模様。昨夏に目指していたリヨンに所属するフランス代表MFナビ・フェキル(25)の獲得は失敗したため、新たにブルーノ・フェルナンデスに白羽の矢を立てたようだ。 しかし、ポルトガル代表MFはクラブと昨年7月に新契約を締結し、契約解除金が1億ユーロ(約125億円)に設定されている。とはいえ、スポルティングは現在、2億8100万ユーロ(約353億円)と多額の借金を抱えており、なるべく高額での売り抜きを目指しているが、主力を売却しなければならない苦しい状況だ。 この状況にはリバプールだけでなくミランも注視しており、どちらのクラブも契約解除金以下での獲得を狙っているようだ。 2019.02.20 21:21 Wed
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース