ポルトやスポルティングを退けベンフィカがリーグ4連覇達成!《プリメイラ・リーガ》2017.05.14 05:22 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽プリメイラ・リーガ第33節のベンフィカvsヴィトーリア・ギマランエスが13日に行われ、5-0で快勝したベンフィカが4年連続36度目の優勝を果たした。

▽残り2節で2位ポルト(勝ち点73)と5ポイント差の首位に立っていたベンフィカ(勝ち点78)は、4位ギマランエス(勝ち点62)との上位対決に臨んだ。

▽ホームの大歓声を後押しに序盤から攻勢に出たベンフィカは、開始11分にDFセルビのゴールで先制に成功すると、その後FWラウール・ヒメンス、MFピッツィ、FWジョナスが立て続けにゴールをこじ開け、前半を4-0で終えた。後半に入っても主導権を譲らないホームチームは、67分にジョナスのPKでとどめを刺し、5-0の大勝で4連覇を決めた。

▽なお、リーグ4連覇で今季最初のタイトルを獲得したベンフィカは、28日に行われるギマランエスとのタッサ・デ・ポルトガル決勝でシーズン2冠を目指す。

コメント

関連ニュース

thumb

ベンフィカのU-21ポルトガル代表MFがMLS参入のロサンゼルスFCへ完全移籍

▽2018シーズンからメジャーリーグ・サッカー(MLS)に参入したロサンゼルスFCは27日、ベンフィカからU-21ポルトガル代表MFアンドレ・オルタ(21)を獲得したことを発表した。クラブ公式サイトが伝えた。 ▽オルタは、ベンフィカの下部組織出身で、ヴィトーリア・セッツバル、ブラガなどでプレー。今シーズンも、レンタル移籍先のブラガでプレーしていた。 ▽今シーズンはポルトガル・プリメイラリーガで15試合に出場し1ゴール6アシストを記録。ヨーロッパリーグにも5試合出場するなど、ブラガでポジションを掴め、来シーズンのベンフィカ復帰も見込まれていた中での移籍となった。 ▽また、世代別のポルトガル代表でプレーし、U-21代表としては4試合に出場している。 ▽ロサンゼルスFCは、今シーズンからMLSに参入。メキシコ代表FWカルロス・ベラや清水エスパルスでもプレーしたカナダ代表DFデヤン・ヤコビッチ、ベルギー代表DFローラン・シマンなどが所属。かつてアメリカ代表やスウォンジーなどを指揮したこともあるボブ・ブラッドリー監督が指揮を執っている。 2018.03.29 10:28 Thu
twitterfacebook
thumb

アーセナル、セルビアンスターに関心 日本戦では史上最年少で代表デビュー

▽アーセナルが、ベンフィカに所属するセルビア代表FWアンドリヤ・ジブコビッチ(21)に関心を寄せているという。ポルトガル『Record』が伝えた。 ▽ジブコビッチはセルビアの名門パルチザン出身のアタッカーだ。得意の左足で右サイドからカットインするプレーを得意とし、キレのあるドリブルやFKも魅力の1つ。2013年10月の日本代表戦では、17歳でセルビア史上最年少で代表デビューを果たした逸材だ。 ▽多くのビッグクラブが興味を持っているとされる中、『Record』はアーセナルが10日に行われたポルティモネンセ戦にスカウトを送っていたと報道。その試合でジブコビッチは1ゴールを記録し、印象的なプレーを見せたようだ。 ▽ベンフィカで2シーズン目を戦うジブコビッチは、昨シーズンからのケガの影響で出遅れたが、ここまでのリーグ戦で9試合に出場し2ゴール2アシストを挙げている。 2018.02.12 20:05 Mon
twitterfacebook
thumb

ナポリ、ビッグクラブ注目のグラム代役を確保へ

▽ナポリが、アルジェリア代表DFファウジ・グラムの代役として、ベンフィカに所属する元スペインU-21代表アレハンドロ・グリマルド(22)に注目しているという。イタリア『カルチョ・メルカート』が報じている。 ▽2014年にサンテチェンヌから加入したグラム。今季はここまで公式戦17試合に出場し2ゴール3アシストと、悲願のセリエA制覇を目指すナポリの主力として左サイドを支えてきたが、昨年11月に負った右ヒザ前十字じん帯断裂のケガで全治4カ月と診断されている。 ▽昨年12月にクラブとの契約を2022年6月までとしたグラムだが、伝えられるところによると、マンチェスター・ユナイテッドやパリ・サンジェルマンといったクラブが関心を寄せているという。2017年のアルジェリア最優秀選手には4000万ユ―ロ(約54億円)程度の移籍金が必要とされているが、上記のようなビッグクラブにとっては障害にならない模様。 ▽そこでナポリは、早い段階からグラムの代役探しに動いており、ベンフィカのグリマルドに目途を付けたようだ。グリマルドはバルセロナの下部組織出身で2016年1月にバルセロナBからベンフィカ入り。2016-17シーズンから徐々に出場機会を増やしていくと、今シーズンのリーグ戦ではここまで13試合に出場し3アシストをマークしている。 ▽『カルチョ・メルカート』によれば、既にナポリとベンフィカは合意に達しており、移籍金は3000万ユ―ロ(約41億円)と見込まれている。今後、代理人のジョルジュ・メンデス氏とさらなる会談の場を持ち、話を詰めていくようだ。 2018.01.25 00:24 Thu
twitterfacebook
thumb

ライプツィヒ、トップ出場歴なしの16歳を最大34億円で確保へ…ベンフィカの逸材が加入間近

RBライプツィヒは今週中にもベンフィカ下部組織所属からポルトガルの逸材FWウマロ・エムバロの獲得を発表することが濃厚となっている。ドイツ誌『キッカー』によれば、16歳の若手に支払われると見られる移籍金は欧州サッカー界における史上最高額となるという。<br><br>これまでベンフィカ下部組織での試合にしか出場していないエムバロを幾度も視察したライプツィヒは、各攻撃的ポジションでプレー可能の同選手を確保したとのこと。マンチェスター・ユナイテッドなど数々のビッグクラブにも狙われていたエムバロについて代理人のカティオ・バルデ氏は「我々の見解では、ライプツィヒが彼の将来にとってベストな環境。エムバロはそちらでは短時間で最高のレベルに導かれるだろう」と出場機会を見込める新天地を選択したことを明かしている。<br><br>そして、その獲得に向けてライプツィヒが投じる移籍金はこの年齢の選手に支払われたことがない史上最高額となる模様。報道によれば、ベンフィカに1500万ユーロ+ボーナス500万~1000万ユーロ(約20億円+7億~14億円)の巨額が渡ることになるそうだ。これが事実であれば、2006年1月にセオ・ウォルコットがアーセナルに加わった際、サウサンプトンに支払われた移籍金500万ユーロ+ボーナス700万ユーロの記録を大きく塗り替えることになる。<br><br>基本的には24歳以下の選手しか獲得しない主義であることを公言してきたラルフ・ラングニックがスポーツディレクターを務めるライプツィヒ。2016年夏には当時20歳のMFナビ・ケイタを獲得するためにクラブレコードの移籍金2400万ユーロを費やしたが、この記録をケイタより約4歳年下のエムバロで更新する運びとなっている。<br><br><br>提供:goal.com 2018.01.22 23:58 Mon
twitterfacebook
thumb

クリスタル・パレス、ベンフィカからU-21スウェーデン代表MFをレンタルで獲得

▽クリスタル・パレスは22日、ベンフィカからU-21スウェーデン代表MFエルダル・ラキプ(21)を今シーズン終了までのレンタル移籍で獲得したことを発表した。 ▽母国スウェーデンの名門マルメでプロキャリアをスタートしたセントラルMFのラキプは、2013年に行われたFIFA U-17ワールドカップで3位に入ったU-17スウェーデン代表の主力を担うなど、同国期待の若手MFの1人だ。 ▽21歳の若さながらマルメで公式戦120試合に出場し12ゴールを記録した逸材MFは、今冬にベンフィカにフリートランスファーで加入したが、経験を積むためにパレスへ武者修行に出ることになった。 ▽なお、今季途中就任のロイ・ホジソン監督にとってラキプはパレスでの最初の補強選手となった。 2018.01.22 22:46 Mon
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース