ポルトやスポルティングを退けベンフィカがリーグ4連覇達成!《プリメイラ・リーガ》2017.05.14 05:22 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽プリメイラ・リーガ第33節のベンフィカvsヴィトーリア・ギマランエスが13日に行われ、5-0で快勝したベンフィカが4年連続36度目の優勝を果たした。

▽残り2節で2位ポルト(勝ち点73)と5ポイント差の首位に立っていたベンフィカ(勝ち点78)は、4位ギマランエス(勝ち点62)との上位対決に臨んだ。

▽ホームの大歓声を後押しに序盤から攻勢に出たベンフィカは、開始11分にDFセルビのゴールで先制に成功すると、その後FWラウール・ヒメンス、MFピッツィ、FWジョナスが立て続けにゴールをこじ開け、前半を4-0で終えた。後半に入っても主導権を譲らないホームチームは、67分にジョナスのPKでとどめを刺し、5-0の大勝で4連覇を決めた。

▽なお、リーグ4連覇で今季最初のタイトルを獲得したベンフィカは、28日に行われるギマランエスとのタッサ・デ・ポルトガル決勝でシーズン2冠を目指す。

コメント

関連ニュース

thumb

ユナイテッドがバーゼルに3発快勝! CSKAモスクワはベンフィカに逆転勝利!《CL》

▽12日、チャンピオンズリーグ(CL)グループA第1節の2試合が行われ、マンチェスター・ユナイテッドvsバーセルは、3-0でユナイテッドが勝利した。 ▽9日に行われたプレミアリーグ第4節でストーク・シティと2-2で引き分け、開幕からの連勝が「3」でストップしたユナイテッド。ポグバやマティッチ、ルカクらを先発起用し、ベストメンバーで臨んだ。序盤からユナイテッドが攻勢に出ると、ルカクやムヒタリャンが次々とゴールに迫っていく。 ▽いい入りを見せたユナイテッドだったが、19分にアクシデントに見舞われる。ポグバがハムストリングの痛みを訴えフェライニとの交代を余儀なくされた。しかし、この交代が功を奏する。35分、ボックス外右でA・ヤングがDFをかわしてクロスをあげと、そこに飛び込んだフェライニが頭で合わせ先制。災い転じて福となしたユナイテッドが1点リードで前半を終えた。 ▽1点リードで後半を迎えたユナイテッドは、53分に左サイドのブリントのクロスにルカクが打点の高いヘディングで、後半早々に2点目をもたらした。ルカクのCL初ゴールで余裕の生まれたユナイテッドは、その後はバーゼルにチャンスを作らせず試合を進めていく。 ▽試合も終盤に入った84分には、マタとの交代で入ったラッシュフォードがフェライニのクロスに合わせ、3点目を決めた。試合はこのまま終了し、3-0で勝利したユナイテッドがCL初戦を快勝で飾っている。 ▽グループAのもう一試合、ベンフィカvsCSKAモスクワは、2-1でCSKAモスクワが勝利した。 ▽CL巧者の2チームの対戦となったこの一戦。序盤から互角の攻防を見せる中、先に試合を動かしたのはポルトガル王者のベンフィカだった。50分、左サイドのジブコビッチのクロスに、ニアの走り込んだセフェロビッチがヒールで合わせ技ありゴールを決めた。 ▽後半幸先良く先制したベンフィカだったが、63分にA・アウメイダがボックス内でハンドを犯してしまい、CSKAモスクワにPKが与えられる。キッカーのヴィチーニョがこれをきっちり決めて、スコアを振り出しに戻した。 ▽同点弾で勢いづくCSKAモスクワは、71分に勝ち越しに成功する。右CKの流れから、ヴァシンがボックス内からシュート。これはGKヴァレラに弾かれたが、こぼれ球をジャマレトディノフが押し込んで逆転に成功した。 ▽結局、試合は2-1のまま終了。CSKAモスクワが敵地で逆転勝利を収めた。 2017.09.13 06:15 Wed
twitterfacebook
thumb

【CLグループA展望】突破は堅いユナイテッド、対抗にベンフィカ

▽グループAは、昨季のヨーロッパリーグ(EL)王者であるマンチェスター・ユナイテッドを筆頭に、ポルトガル王者のベンフィカ、スイス王者のバーゼル、そして予選から勝ち上がってきたロシアリーグ2位のCSKAモスクワが同居。ユナイテッドにとっては組みしやすいグループになったと言えるだろう。 <span style="font-weight:700;">◆編集部予想</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/cl2017-18_a_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>◎本命:マンチェスター・ユナイテッド(イングランド) ○対抗:ベンフィカ(ポルトガル) △連下:バーゼル(スイス) △連下:CSKAモスクワ(ロシア)<hr><span style="font-weight:700;">◆戦法熟知のモウで首位通過へ~マンチェスター・ユナイテッド~</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170911_36_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽EL王者のマンチェスター・ユナイテッドが突破の大本命だ。チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメントからは2013-14シーズン以降遠ざかっているが、ここではクラブとしての経験値が違う。また、チームを率いるモウリーニョ監督は2003-04シーズン以降、チェルシーでシーズン途中に解任された2シーズンとEL参戦の昨シーズンを除いて、全てベスト16以上に進出。そのうち8シーズンはベスト4以上の成績を収めており、欧州での勝ち抜き方を熟知している。 ▽チーム自体もプレミアリーグで開幕3連勝を記録したとおり仕上がりが早い。新加入のマティッチとルカクは早々にフィットしており、ここまでプレミアリーグで出番がないリンデロフに関しても、欧州での戦いならばより好パフォーマンスが期待できる。過酷なプレミアリーグを戦いながらロシアへの遠征がある点は懸念材料も、多くの勝ち点を取りこぼすことは考えにくく、この相手関係ならばグループステージ首位通過は堅い。 <span style="font-weight:700;">◆戦力ダウンも2位争いで優位~ベンフィカ~</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170911_36_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽2番手争いではベンフィカが頭一つ抜けている。GKエデルソン、DFリンデロフ、DFセメドを売却した一方で、獲得した主な選手はFWセフェロビッチやレンタルでのFWガブリエル・バルボサ、同じくDFドウグラスとやや物足りない。守備陣の主力が一気に抜けて戦力ダウンは否めないものの、それでもバーゼルやCSKAモスクワに比べれば、戦力値で優位な状況。プリメイラ・リーガでも開幕からの5試合で4勝1分けと上々のスタートを切っており、チームのムードは悪くない。MFガイタンの後継者と評判のMFセルビら活きのいいタレントも擁しており、順当に行けば2位通過だろう。 <span style="font-weight:700;">◆ファン・ヴォルフスヴィンケルに期待~バーゼル~</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170911_36_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽バーゼルはCSKAモスクワと共に2位の座を狙いにいくことになるだろう。今夏の目立った補強では、フィテッセからFWファン・ヴォルフスヴィンケルを獲得。ここまでのスイスリーグでは、開幕戦で強豪ヤングボーイズに敗れてから3連勝を記録したものの、ここ3戦は2分け1敗と調子が悪い。それでも、期待がかかるのは、やはりファン・ヴォルフスヴィンケルだ。早々にフィットした元オランダ代表FWは、目下のところ公式戦6試合連続ゴール中と既にサポーターの心を掴んでいる。初戦、オールド・トラフォードでのアウェイ戦で1ポイントを取れるようならば、ベンフィカのライバルとなる可能性も大きく高まる。 <span style="font-weight:700;">◆地の利を生かしてどこまで~CSKAモスクワ~</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170911_36_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽プレーオフでヤングボーイズを退けて本戦出場を決めたCSKAモスクワだが、ここでは厳しい戦いが待っている。DFイグナシェビッチやDFアレクセイ・ベレズツキ、DFヴァシリ・ベレズツキのベレズツキ兄弟といったベテラン勢が健在の最終ラインは国内で堅い守備を見せているが、欧州の舞台ではスピード面での不安が残る。CLは5年連続の出場とこの舞台に慣れている点はプラス材料だが、地の利を生かしたホーム戦でポイントを稼いで、どこまでやれるかといったところだろう。 2017.09.12 18:00 Tue
twitterfacebook
thumb

ベンフィカ、バルセロナからDFドウグラスを1年間のレンタル移籍で獲得

▽ベンフィカがバルセロナからブラジル人DFドウグラス(27)を1年間のレンタル移籍で獲得したことを発表した。 ▽2014年8月にサンパウロからバルセロナに加入したドウグラスだったが、定期的な出場機会を得ることができず、2シーズンでの公式戦出場は8試合にとどまっていた。これにより、昨シーズンはスポルティング・ヒホンへレンタルで加入。公式戦23試合で3ゴール1アシストを記録していた。 ▽ベンフィカでのプレーが決定したドウグラスは、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「このチームでプレーし、幸せだった友人や知り合いが多くいる。多くの称賛を受けているチームであり、タイトルを獲得するための素晴らしいチームでもある。僕の人生とキャリアのために必要なものがここにはある」 「ネルソン・セメドにこのチームについて聞いたんだ。その全てが素晴らしいことだった」 2017.09.01 10:18 Fri
twitterfacebook
thumb

インテル、“ガビゴル”がベンフィカに買い取りOP付きのレンタル移籍

▽インテルは8月31日、ブラジル代表FW“ガビゴル”こと、ガブリエウ・バルボサ(21)がベンフィカに買い取りオプション付きのレンタル移籍で加入することを発表した。 ▽昨夏サントスから2950万ユーロ(当時のレートで約34億円)でインテルに完全移籍した“ガビゴル”。しかし、なかなかフィットすることができず、セリエAで9試合の出場で1ゴールを記録するにとどまった。 ▽プレシーズンの時期には新指揮官のルチアーノ・スパレッティ監督にアピールのチャンスを与えられるも、ここで説得力のあるパフォーマンスを見せられず、わずか1年でインテルを去ることになった。 2017.09.01 06:46 Fri
twitterfacebook
thumb

ベンフィカ、アンデルレヒトから18歳の逸材GKを獲得! シティ移籍のエデルソン後釜に

▽ベンフィカは28日、アンデルレヒトからU-19ベルギー代表GKミル・スヴィラール(18)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2022年6月30日までの5年となる。 ▽アンデルレヒトの下部組織出身のスヴィラールは、トップチームデビューこそ果たしていないものの、19歳以下を対象としたUEFAユースリーグで15歳からアンデルレヒトユースの守護神を務めてきた逸材だ。 ▽今夏、昨季の正GKだったブラジル代表GKエデルソンがマンチェスター・シティに旅立ったベンフィカは、スヴィラールに背番号1を与えて大ベテランの元ブラジル代表GKジュリオ・セーザルとポジション争いさせる考えのようだ。 2017.08.29 05:05 Tue
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース