ポルトやスポルティングを退けベンフィカがリーグ4連覇達成!《プリメイラ・リーガ》2017.05.14 05:22 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽プリメイラ・リーガ第33節のベンフィカvsヴィトーリア・ギマランエスが13日に行われ、5-0で快勝したベンフィカが4年連続36度目の優勝を果たした。

▽残り2節で2位ポルト(勝ち点73)と5ポイント差の首位に立っていたベンフィカ(勝ち点78)は、4位ギマランエス(勝ち点62)との上位対決に臨んだ。

▽ホームの大歓声を後押しに序盤から攻勢に出たベンフィカは、開始11分にDFセルビのゴールで先制に成功すると、その後FWラウール・ヒメンス、MFピッツィ、FWジョナスが立て続けにゴールをこじ開け、前半を4-0で終えた。後半に入っても主導権を譲らないホームチームは、67分にジョナスのPKでとどめを刺し、5-0の大勝で4連覇を決めた。

▽なお、リーグ4連覇で今季最初のタイトルを獲得したベンフィカは、28日に行われるギマランエスとのタッサ・デ・ポルトガル決勝でシーズン2冠を目指す。

コメント

関連ニュース

thumb

ライプツィヒ、トップ出場歴なしの16歳を最大34億円で確保へ…ベンフィカの逸材が加入間近

RBライプツィヒは今週中にもベンフィカ下部組織所属からポルトガルの逸材FWウマロ・エムバロの獲得を発表することが濃厚となっている。ドイツ誌『キッカー』によれば、16歳の若手に支払われると見られる移籍金は欧州サッカー界における史上最高額となるという。<br><br>これまでベンフィカ下部組織での試合にしか出場していないエムバロを幾度も視察したライプツィヒは、各攻撃的ポジションでプレー可能の同選手を確保したとのこと。マンチェスター・ユナイテッドなど数々のビッグクラブにも狙われていたエムバロについて代理人のカティオ・バルデ氏は「我々の見解では、ライプツィヒが彼の将来にとってベストな環境。エムバロはそちらでは短時間で最高のレベルに導かれるだろう」と出場機会を見込める新天地を選択したことを明かしている。<br><br>そして、その獲得に向けてライプツィヒが投じる移籍金はこの年齢の選手に支払われたことがない史上最高額となる模様。報道によれば、ベンフィカに1500万ユーロ+ボーナス500万~1000万ユーロ(約20億円+7億~14億円)の巨額が渡ることになるそうだ。これが事実であれば、2006年1月にセオ・ウォルコットがアーセナルに加わった際、サウサンプトンに支払われた移籍金500万ユーロ+ボーナス700万ユーロの記録を大きく塗り替えることになる。<br><br>基本的には24歳以下の選手しか獲得しない主義であることを公言してきたラルフ・ラングニックがスポーツディレクターを務めるライプツィヒ。2016年夏には当時20歳のMFナビ・ケイタを獲得するためにクラブレコードの移籍金2400万ユーロを費やしたが、この記録をケイタより約4歳年下のエムバロで更新する運びとなっている。<br><br><br>提供:goal.com 2018.01.22 23:58 Mon
twitterfacebook
thumb

クリスタル・パレス、ベンフィカからU-21スウェーデン代表MFをレンタルで獲得

▽クリスタル・パレスは22日、ベンフィカからU-21スウェーデン代表MFエルダル・ラキプ(21)を今シーズン終了までのレンタル移籍で獲得したことを発表した。 ▽母国スウェーデンの名門マルメでプロキャリアをスタートしたセントラルMFのラキプは、2013年に行われたFIFA U-17ワールドカップで3位に入ったU-17スウェーデン代表の主力を担うなど、同国期待の若手MFの1人だ。 ▽21歳の若さながらマルメで公式戦120試合に出場し12ゴールを記録した逸材MFは、今冬にベンフィカにフリートランスファーで加入したが、経験を積むためにパレスへ武者修行に出ることになった。 ▽なお、今季途中就任のロイ・ホジソン監督にとってラキプはパレスでの最初の補強選手となった。 2018.01.22 22:46 Mon
twitterfacebook
thumb

インテル、“ガビゴル”が古巣サントスへレンタル移籍で復帰間近か!?

▽インテルのブラジル代表FW“ガビゴル”こと、ガブリエウ・バルボサ(21)が古巣であるサントスへの移籍が間近となっているようだ。『フットボール・イタリア』が、ブラジル『globoesporte』の報道をもとに伝えている。 ▽マンチェスター・シティのFWガブリエウ・ジェズスと共にブラジルの次代を担うスターとして名を轟かせたガビゴル。しかし、2016年の夏に移籍金2950万ユーロ(当時のレートで約34億円)で移籍でしたインテルでは、なかなかフィットできず、公式戦10試合の出場に留まっていた。 ▽さらに出場機会を求め、昨夏にレンタル移籍で加入したベンフィカでも指揮官の信頼を勝ち取れず、ここまで公式戦わずか5試合の出場にとどまり、今冬での退団が濃厚となっていた。 ▽『globoesporte』によると、ガビゴルの古巣であるサントスが1年半のレンタル移籍で獲得に近づいているという。なお、サントスはインテルに対してレンタル料150万ユーロ(約2億円)を支払い、ガビゴルが受け取っているサラリーの50%を支払う契約で同意した模様。 ▽しかし、サントスは現在ガビゴルが受け取っている年俸300万ユーロ(約4億円)という高額な給料の支払いは不可能だと判断しており、ガビゴルに減棒を要求。ガビゴル側もこの要望を受け入れる考えだという。 2018.01.17 03:28 Wed
twitterfacebook
thumb

インテルがベンフィカの元アルゼンチン代表DFリサンドロ・ロペスを買い取りOP付きレンタルで獲得

▽インテルは15日、ベンフィカに所属する元アルゼンチン代表DFリサンドロ・ロペス(28)を買い取りオプション付きのレンタルで獲得したことを発表した。レンタル期間は今季終了までとなっている。なお、買い取る際にかかる移籍金は900万ユーロ(約12億2000万円)とのことだ。 ▽母国のアルセナルで台頭したセンターバックのL・ロペスは、2013年にヘタフェからベンフィカに加入。これまでベンフィカでは公式戦54試合に出場し、6ゴールを記録している。だが、今シーズンここまでは公式戦8試合の出場にとどまっていた。 ▽現在、ブラジル代表DFミランダ、イタリア代表DFダニーロ・ダンブロージオ、元イタリア代表DFアンドレア・ラノッキアと最終ラインに負傷者が続出中のインテルは、今冬の移籍市場でDFの補強が急務となっていた。 2018.01.16 04:08 Tue
twitterfacebook
thumb

スパレッティ、L・ロペス加入濃厚に満足「素晴らしいディレクター陣がいる」

▽インテルを指揮するルチアーノ・スパレッティ監督が、元アルゼンチン代表DFリサンドロ・ロペスの加入を認め、首脳陣の動きを称賛した。イタリア紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』などが伝えている。 ▽インテルはこの冬、ベンフィカからリサンドロ・ロペスを獲得する。すでにイタリアに到着しており、正式な発表を待つだけという状況だ。 ▽守備の補強を求めていたスパレッティ監督は、「満足しているよ」とリサンドロ・ロペスの加入を喜び、「我々には素晴らしいディレクター陣がいるんだ」と要望に応えたフロントを称えている。 ▽一方で、バルセロナMFラフィーニャの獲得は難航しているのかもしれない。スパレッティ監督は「まだ何も言えない」と返答するだけだった。 2018.01.16 02:31 Tue
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース