エバートン、ミララスと2020年までの新契約締結2017.05.13 05:29 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽エバートンは12日、ベルギー代表FWケビン・ミララス(29)と2020年6月30日までの新契約を締結したことを発表した。

▽エバートンとの新たな3年契約にサインしたミララスは、同クラブの公式サイトで喜びのコメントを残している。

「今回の契約は僕と家族にとって、とても重要なものだったんだ。ここで幸せを感じているし、ここは僕にとって最高のクラブなんだ」

「ここに来てから5年が経っているけど、このクラブでトロフィーを獲得することがとても重要なことだと思っている。以前にもここでトロフィーを獲得することが夢だと言ってきたけど、僕たちは現在良い方向に向かっていると思っている」

▽2012年にオリンピアコスからエバートンに加入したミララスは、ここまで公式戦171試合に出場し、39ゴールを記録。今シーズンはリーグ戦33試合に出場し、4ゴール6アシストとロナルド・クーマン監督から厚い信頼を受けてプレーしている。

コメント

関連ニュース

thumb

小児ガンで他界したファンへ粋なはからい…エバートン、サンダーランドが1試合限定で胸スポンサーを変更

▽今週のミッドウィークに行われるカラバオ・カップ(EFLカップ)で、エバートンとサンダーランドが粋なはからいを計画しているようだ。両クラブが公式サイトで発表した。 ▽20日に、EFLカップ3回戦でエバートンvsサンダーランドが行われる。その際、両チームは「ブラッドリー・ローリー財団」を宣伝するユニフォームを着用することになる。 ▽ブラッドリー・ローリー君は、生後18カ月で神経芽細胞腫(小児ガン)と診断。今年7月7日に6歳で他界していた。昨シーズンまでサンダーランドでプレーし、現在はボーンマスでプレーするイングランド代表FWジャーメイン・デフォーとも親交があり、昨シーズンはプレミアリーグのサンダーランドvsエバートンに招待。クラブマスコットのブラック・キャッツと共にピッチに降り立っていた。 ▽両クラブは、チームの胸スポンサーである「SportPesa」(エバートン)、「Dafabet」(サンダーランド)と今回の取り組みについて合意。8月に発足した「ブラッドリー・ローリー財団」を胸に記したユニフォームでプレーすることで、ガンやその他の命を脅かす病との戦いに挑む子供たちを支援するために設立された財団のアピールをすることにした。 ▽ブラッドリー君の母親であるジェマさんは「私たちはシャツの前面に財団のロゴを見ることができて、とても感激しています」とコメントしている。 2017.09.19 11:05 Tue
twitterfacebook
thumb

飲酒運転で逮捕のルーニーが出廷…2年間の運転禁止など処分に「判決は全て受け入れる」

▽エバートンの元イングランド代表FWウェイン・ルーニーは18日、裁判所に出頭し、自身の飲酒運転を認めた。イギリス『BBC』が報じた。 ▽今シーズンからエバートンに復帰したルーニーは9月1日の早朝、チェシャー州のウィルムズローで運転中に警察に車両をストップさせられ逮捕。基準値を超えるアルコールが検出されていた。 ▽ストックポート裁判所への出廷が言い渡されていたルーニーは、18日に予定通り出廷。飲酒運転により、2年間の運転禁止処分と共に12カ月の社会奉仕活動、100時間のボランティア活動が命じられた。さらに、罰金170ポンド(約2万5600円)も科せられたという。 ▽裁判所によると、ルーニーは逮捕時の呼吸検査で、100ml中のアルコールレベルが104マイクログラムもあったとのこと。イングランドとウェールズの飲酒運転の限度は、35マイクログラムであり、基準値の3倍であったことが明かされた。 ▽ルーニーは今回の飲酒運転に関して、改めて謝罪。判決を受け入れると語った。 「法的な制限を超えて運転したことは、許されない判断であったことを公に謝罪したいと思う。それは完全に誤りでした」 「私はすでに家族や監督、会長、そしてエバートンに関わる全ての人に対し、申し訳なく思っています。全てのファン、キャリアを通じて私を支えてくれている人にもお詫び申し上げます」 「もちろん、裁判所の判決は全て受け入れます。そして、社会奉仕活動を通じて、少しでも償いができることを望んでいます」 2017.09.18 19:49 Mon
twitterfacebook
thumb

古巣戦で喜び爆発パフォのルカク「おちょくった」

▽マンチェスター・ユナイテッドに所属するベルギー代表FWロメル・ルカクが古巣エバートン戦にもかかわらず、問答無用に喜びを爆発させたゴールパフォーマンスの真意を明かした。 ▽今夏にエバートンからユナイテッドに活躍の場を移したルカク。17日に行われたプレミアリーグ第6節の古巣エバートン戦で1得点の活躍を見せると、ゴール時に喜びを爆発させた。 ▽試合後、イギリス『スカイ・スポーツ』のインタビューに応じたルカクは、ゴールパフォーマンスについて次のようにコメントしている。 「僕がFKを外したときに、彼ら(エバートンのサポーター)からブーイングが飛んだから、ちょっとばかりおちょくっただけさ。ゴールを決められて嬉しいよ」 「でも、それはこれまで挙げてきたゴールの1つに過ぎない。勝つことができて本当に満足している。チームとしてもリーグのトップにいるわけだからね」 2017.09.18 15:20 Mon
twitterfacebook
thumb

モウリーニョ、初凱旋となったルーニーへのサポーターの拍手に「功労者がスタジアムに帰ってきた時の対応は素晴らしいもの」

▽マンチェスター・ユナイテッドを率いるジョゼ・モウリーニョ監督は、エバートンの一員としてオールド・トラフォードに戻ってきた元イングランド代表FWウェイン・ルーニーへのユナイテッドサポーターの対応について言及している。イギリス『デイリー・ミラー』が報じた。 ▽ユナイテッドは17日、プレミアリーグ第5節でエバートンをホームに迎え、4-0で勝利した。この一戦は、13年間にわたってユナイテッドでプレーし、今夏の移籍市場で古巣であるエバートンへ移籍したルーニーの初めてのオールド・トラフォードへの凱旋試合となった。先発出場を果たしたルーニーは、82分までプレー。ピッチを去る際にはユナイテッドサポーターからスタンディングオーベーションに見送られた。 ▽試合後、モウリーニョ監督はルーニーへのユナイテッドサポーターの対応についてコメント。「チームに貢献した選手がスタジアムに帰ってきた時の対応は素晴らしいものだ」と語った。 「(ルーニーに大きな拍手が送られていたことについて)クラブにとって大きな存在で、クラブの歴史にとって重要な役割を果たしていた選手を歓迎することは、イングランドサポーター、ビッククラブの本質だ」 「私は、スタンフォード・ブリッジとオールド・トラフォードでのことついてしか話すことはできないが、どちらもチームに貢献した選手がスタジアムに帰ってきた時の対応は素晴らしいものだ。あらゆるイングランドのクラブはそうするだろう。驚くことではない」 「ここは彼のホーム。そして、いつの日かまたここに戻ってくることを信じているよ」 2017.09.18 10:21 Mon
twitterfacebook
thumb

ルーニーが初凱旋もユナイテッドが終盤のゴールラッシュでエバートンを粉砕!《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第5節のマンチェスター・ユナイテッドvsエバートンが17日にオールド・トラフォードで行われ、4-0でマンチェスター・ユナイテッドが勝利した。 ▽前節ストーク・シティと引き分け開幕からの連勝が“3”でストップしたユナイテッドが、2連敗中のエバートンをホームに迎えた一戦。ミッドウィークにチャンピオンズリーグ(CL)のバーゼル戦を戦ったユナイテッドは、その試合から先発を5人変更。今夏にエバートンから加入したFWルカクを1トップに配置した[4-2-3-1]の布陣を採用し、バーゼル戦で負傷したポグバの代わりにはフェライニが起用された。 ▽一方、ミッドウィークにヨーロッパリーグ(EL)でアタランタと対戦したエバートンは、その一戦から先発を5人変更。1トップにはオールド・トラフォード初帰還となるルーニーを据えた[3-4-2-1]の布陣で試合に臨んだ。 ▽今夏の移籍市場でエースとバンディエラが入れ替わる形となった両チームの一戦は、開始早々に動く。4分、A・ヤングからのパスをバイタルエリア左で受けたマティッチがサイドチェンジ。これをボックス右手前のバレンシアが右足ダイレクトで合わせると、シュートがゴール左に突き刺さった。 ▽先制したユナイテッドは、前線からの激しいプレッシングで試合の主導権を握る。しかし、エバートンが粘り強い守りでこれをはじき返すと、試合は徐々にオープンな展開となる。 ▽21分、エバートンはルーニーのパスで右サイドを駆け上がったマルティナがマイナスの折り返しを供給すると、ゴール前に走り込んだルーニーが右足で合わせたが、シュートは枠の左に逸れた。 ▽ピンチを凌いだユナイテッドは26分、M・キーンのパスミスを奪ったマタがワンタッチで前線に送ると、これに反応したルカクが飛び出したGKピックフォードのタイミングを外して左足を振り抜くが、シュートは枠の左に外れた。 ▽29分、エバートンはルーニーのパスを右サイドで受けたマルティナのクロスをゴール前のトム・デイビスがダイビングヘッドで合わせたが、これはオフサイドの判定を取られた。 ▽ユナイテッドのリードで迎えた後半、先にチャンスを迎えたのはエバートン。46分、トム・デイビスとのパス交換でボックス内に侵入したルーニーが縦への突破からシュートまで持ち込むが、これはGKデ・ヘアの好セーブに阻まれた。 ▽追加点が遠いユナイテッドは61分、ラッシュフォードを下げてリンガードを投入。すると63分、ボックス左手前でマタがウィリアムズに倒されFKを獲得。マタの直接FKがエバートンゴールを強襲するも、これは左ポストを直撃した。 ▽肝を冷やしたエバートンは、66分にトム・デイビスを下げてサンドロ・ラミレスを、77分には、グイエに代えてカルバート=ルーウィンを投入した。対するユナイテッドは、77分にマタを下げてエレーラをピッチに送り出した。 ▽その後も膠着状態が続く中、エバートンは83分にルーニーがピッチを後にする。ルーニーはユナイテッドサポーターからスタンディングオベーションで迎えられた。 ▽すると、直後の84分に試合が動く。ウィリアムズの縦パスをフェライニが引っかけると、こぼれ球を拾ったルカクがボックス手前まで持ち上がりラストパスを供給。これをボックス左に走り込んだムヒタリアンがダイレクトでゴール右隅に流し込んだ。 ▽待望の追加点を奪ったユナイテッドは、89分にも加点する。ルカクのFKのこぼれ球をボックス右手前で拾ったマティッチがダイレクトクロス。ゴール前でリンガードがフリックしたボールをファーサイドに走り込んだルカクが右足で流し込み、試合を決定付ける3点目を奪った。 ▽ユナイテッドは、試合終了間際にも途中出場のマルシャルがシュナイデルランのハンドを誘発し、PKを獲得。このPKをマルシャルが確実に決め、4-0でタイムアップ。終盤にゴールラッシュを見せたユナイテッドが、不調エバートンに快勝し無敗を維持した。 2017.09.18 02:20 Mon
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース