エバートン、ミララスと2020年までの新契約締結2017.05.13 05:29 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽エバートンは12日、ベルギー代表FWケビン・ミララス(29)と2020年6月30日までの新契約を締結したことを発表した。

▽エバートンとの新たな3年契約にサインしたミララスは、同クラブの公式サイトで喜びのコメントを残している。

「今回の契約は僕と家族にとって、とても重要なものだったんだ。ここで幸せを感じているし、ここは僕にとって最高のクラブなんだ」

「ここに来てから5年が経っているけど、このクラブでトロフィーを獲得することがとても重要なことだと思っている。以前にもここでトロフィーを獲得することが夢だと言ってきたけど、僕たちは現在良い方向に向かっていると思っている」

▽2012年にオリンピアコスからエバートンに加入したミララスは、ここまで公式戦171試合に出場し、39ゴールを記録。今シーズンはリーグ戦33試合に出場し、4ゴール6アシストとロナルド・クーマン監督から厚い信頼を受けてプレーしている。

コメント

関連ニュース

thumb

「僕が望んでいたものは…」13年ぶりエバートン復帰のルーニーが古巣を選んだ理由を明かす

▽エバートンに所属する元イングランド代表FWウェイン・ルーニーが、昨夏にマンチェスター・ユナイテッドから復帰した理由を明かしている。イギリス『BBC』が伝えた。 ▽エバートン下部組織出身のルーニーは2002年に16歳の若さでトップデビュー。2004年にユナイテッド移籍を果たすと、13シーズンにわたってオールド・トラフォードを舞台に主力として活躍した。ユナイテッド在籍13年間で公式戦通算559試合253ゴールをマーク。昨年1月にボビー・チャールトン氏の持つクラブ歴代最多得点記録(249得点)を更新し、これまでも5度のプレミアリーグ優勝や、1度のチャンピオンズリーグ制覇など数々の栄冠を手にしてきた。それでも近年ではパフォーマンスレベルの低下もあり、出場機会が減少。そんな中、2017年7月に13年ぶりとなるエバートン復帰を果たした。 ▽これまでいくつものタイトルを獲得してきたルーニーに対しては、国内外からのオファーが噂され、中国クラブからの関心も伝えられてきた。しかし、ルーニーは古巣であるエバートン復帰を決断。その理由について以下のように明かしている。 「(より多くの金を稼ぐ選択肢もあったが、)そんなのは僕ではない。必要なのは目標であり、プレッシャーなんだ。もし他の選択肢を選んでいたとすれば、プレーする意欲を失くしていただろうね」 「エバートンに復帰することがより多くのプレッシャーを与えることを知っていた。それは僕が望んでいたものなんだ。エバートンのファンたちに再び自分自身を証明したかった。そして、このクラブが前進し、タイトルを勝ち取る手助けをしたいと思ったんだ」 2018.02.23 15:00 Fri
twitterfacebook
thumb

ダービーで人種差別発言疑惑のフィルミノはお咎めなし! FAが嫌疑不十分を理由に処分行わず

▽イングランドサッカー協会(FA)は21日、先月5日に行われたFAカップ3回戦のリバプールvsエバートンで人種差別発言の容疑をかけられていたリバプールFWロベルト・フィルミノに対して、嫌疑不十分を理由に処分を科さないことを発表した。 ▽先月5日に行われたFAカップ3回戦、リバプールとエバートンによるマージーサイド・ダービーは、リバプールが2-1で勝利した。だが、この試合ではフィルミノとエバートンDFメイソン・ホルゲイトがピッチ内で激しくやり合った結果、ピッチサイドにいたフィルミノはホルゲイトに両手で押されてスタンドに入ってしまう一幕もあった。このラフプレーをキッカケにヒートアップした中、フィルミノはホルゲイトに対して人種差別的な発言を行った模様。 ▽その後、ロバート・マドレー主審がこのやり取りをフォースオフィシャルに申告した結果、試合後にイングランドサッカー協会(FA)が公式に調査を開始する事態となった。 ▽そして、調査開始から1カ月半近く経った21日にFAは嫌疑不十分を理由に、フィルミノに対していかなる処分も科さないことを発表した。 「利用可能な証拠のすべてを考慮した結果、フィルミノに対する告発は十分なものではないと我々は考えている」 ▽なお、先日にイギリス『デイリー・ミラー』は読唇術の専門家の意見として、この場面でフィルミノはホルゲイトの肌の色に関して言及したわけではなく、「フィーリョ・ダ・プッタ(ポルトガル語で娼婦の息子の意)」という、挑発的な発言をしていたと伝えていた。 ▽一部では10試合の出場停止処分が妥当との意見も出ていた中、フィルミノは最終的に処分を免れることになった。現在、熾烈なトップ4争いに巻き込まれているリバプールにとって、主力FWの処分回避は大きな朗報といえるだろう。 2018.02.22 04:23 Thu
twitterfacebook
thumb

エバートンがセネガル代表MFグイエと2022年まで契約延長

▽エバートンは20日、セネガル代表MFイドリサ・グイエ(28)と2022年6月30日まで契約を延長したことを発表した。これまでの契約から2年更新した格好だ。 ▽2016年8月にアストン・ビラからエバートンに加入したセントラルMFのグイエは、これまでエバートンで公式戦64試合に出場して3ゴール2アシストをマーク。今季はプレミアリーグ27試合中24試合に先発し、主力として活躍している。 ▽また、ロシア・ワールドカップで日本代表が対戦するセネガル代表の一員でもあるグイエは、これまでセネガル代表として47試合に出場している。 ▽球際の強さが売りのダイナモであるグイエはエバートンとの契約延長について公式サイトで次のように語っている。 「エバートンは僕がいるべき正しい場所だ。それが新契約にサインした理由だよ。もちろん、家族や代理人と話し合ったけど、ファンから受ける愛情も本当に重要だった。これまでエバートンで居心地がとても良かったし、監督やスタッフ、チームメートと共に仕事をするのが楽しい。今季を力強く終えられたらと思っている」 2018.02.21 02:58 Wed
twitterfacebook
thumb

ルーニーが見解…ムヒタリアンがユナイテッドで成功しなかった理由は?

▽エバートンに所属する元イングランド代表FWウェイン・ルーニーが、今冬の移籍市場でマンチェスター・ユナイテッドからアーセナルへ移籍したアルメニア代表MFヘンリク・ムヒタリアンについて言及した。イギリス『エクスプレス』がイギリス『スカイ・スポーツ』を引用して報じている。 ▽2016年7月にドルトムントからユナイテッドに加わったムヒタリアンは、昨シーズンこそ公式戦41試合で11ゴール5アシストを記録したものの、一貫性のあるパフォーマンスを発揮できず。ジョゼ・モウリーニョ監督の信頼を得ることができていない状況が続き、22日にチリ代表FWアレクシス・サンチェス(29)とのトレードという形でのアーセナル移籍が発表された。 ▽そんな中、昨シーズンまでユナイテッドでムヒタリアンと共にプレーしていたルーニーは、ムヒタリアンがユナイテッドで成功しなかった理由について見解を示した。 「ムヒタリアンは、アーセナルが彼の成功できる場所だと思っている」 「僕は昨シーズンにトレーニングで多くの物を見た。彼はとても優れたプレーヤーだよ。ユナイテッドでは彼が望むような自由を得ることができなかったと思う。ドルトムントで見せていたようなパフォーマンスを出すだけの自由がね」 「ドルトムントとは違うプレースタイルだった。アーセナルでは彼の周りに動いて、ボールも奪える選手もいる。彼はチャンスを作り、ゴールも奪うことができる。本当に上手くいくと思うよ」 2018.02.08 10:39 Thu
twitterfacebook
thumb

ルーニー引退後、経営マンに転身か

▽エバートンに所属する元イングランド代表FWウェイン・ルーニーが引退後の進路を明かした。イギリス『ミラー』が報じている。 ▽マンチェスター・ユナイテッドやイングランド代表で輝かしいキャリアを築き上げてきたルーニーも、今年10月の誕生日を迎えれば33歳。キャリアの晩期に差し掛かっていることは間違いない。 ▽5日にイギリス『スカイ・スポーツ』の番組に特別ゲストとして出演したルーニーは、引退後の将来設計について次のように言及。現時点で指導者としてのキャリアを歩むつもりはないようだ。 「マネジメント業務に携わりたいんだ。一生、フットボールに関わり続けたい。それこそ今の僕がやりたいことさ」 2018.02.06 11:40 Tue
twitterfacebook


ACL

ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース