FIFA、2026年W杯から出場枠改定を正式承認…アジアは4.5カ国→8カ国に拡大2017.05.10 14:40 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽国際サッカー連盟(FIFA)は9日、バーレーンで行われた理事会で、2026年のワールドカップ(W杯)における各大陸の出場国枠拡大が承認されたことを正式発表した。

▽現在におけるW杯出場国枠の数は、全大陸を合わせて32枠。2026年大会から48カ国が参加する。今回の承認を経て、日本代表が属するアジアは、現行の4.5枠から8枠に拡大されることになった。

▽また、プレーオフのルールも改定。ヨーロッパを除く5大陸の連盟から1チームずつ、開催国が属する大陸から1チームを加えた計6チームで残る2枠を争う。そのため、アジアから最大9チームが参加する大会も出てくる。

◆大陸別出場枠数(現行→改定後)
・アジア:4.5カ国→8カ国
・アフリカ:5カ国→9カ国
・北中米カリブ海:3.5カ国→6カ国
・南米:4.5カ国→6カ国
・オセアニア:0.5カ国→1カ国
・ヨーロッパ:13カ国→16カ国

コメント

関連ニュース

thumb

名将サッキ、世界から取り残されるイタリアサッカーに苦言「戦術は70年前のままだ」

ミランやイタリア代表の監督を務めた名将アリゴ・サッキ氏が14日、イタリア紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』のインタビューに応じた。<br><br>昨年11月、ジャンピエロ・ヴェントゥーラ率いるイタリア代表は、ロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選プレーオフでスウェーデンに敗れ、60年ぶりにW杯本大会出場を逃がした。常連国の予選敗退に世界中が驚いたものの、サッキ氏は現代のイタリアのサッカーについて、ユベントスとナポリの一戦やイタリアダービーなど、セリエAトップクラスの戦いであっても「酷い」と断言する。<br><br>「その理由は、戦術が70年前のままだからだよ。勝つことだけしか考えておらず、勇気あるサッカー、美しいサッカー、感動を与えるサッカーをすることは頭にない。新しい要素はないかと、(ファビオ)カペッロが聞かれたことがあったが、彼はこう答えた。&ldquo;リベロの復活ぐらい&rdquo;だとね。確かにそうだ」<br><br>続いてサッキ氏は、元スコットランド代表監督のアンディ・ロクスバラ氏の発言を引用し、長期にわたり、イタリアサッカーの発展が遅れていることを改めて強調した。<br><br>「スコットランド出身でUEFAのテクニカルディレクターを務めていたロクスバラを思い出すね。ユーロ2000でアッズーリがオランダに(PK戦の末)勝利した後、&ldquo;もしイタリアが勝つなら、サッカーが20年逆戻りしてしまう&rdquo;と言われたんだよ」<br><br><br>提供:goal.com 2018.01.16 21:48 Tue
twitterfacebook
thumb

イングランド、ロシアW杯直前にナイジェリア、コスタリカとの強化試合が決定

イングランド代表は、今夏に行われるロシア・ワールドカップの強化試合としてナイジェリア代表、コスタリカ代表と対戦することが決まった。<br><br>イングランドはロシアW杯で、ベルギー、チュニジア、パナマと同じグループGに。初戦は6月18日のチュニジア戦となるが、その直前の2日にナイジェリア戦、7日にコスタリカ戦が行われることが決定したようだ。<br><br>イングランド代表を率いるガレス・サウスゲイト監督は、仮想チュニジア、パナマと呼べる相手とのマッチングが実現したことを喜んでいる。<br><br>「我々はアフリカ、中南米のチームとワールドカップで戦うため、ナイジェリア、コスタリカとの対戦を決めた。チームを異なるスタイル、異なる経験にさらしたい」<br><br>比較的恵まれた組に入ったイングランド。それでもユーロ2016の失態を繰り返さないため、準備に余念はなさそうだ。<br><br><br>提供:goal.com 2018.01.11 12:53 Thu
twitterfacebook
thumb

モスクワでクリスティアーノ・ロナウドが氷付けに?!

▽ロシアのモスクワで、氷で作られたクリスティアーノ・ロナウドの像が建てられたようだ。スペイン『マルカ』が伝えている。 ▽世界的スターであるC・ロナウドはこれまでにも自身を模した像が建てられてきた。いくつかある中で、昨年3月に生まれ故郷であるマデイラ島の空港に設置された胸像はあまりにも似てなさ過ぎて世界中に波紋を広げた。 ▽今回作られた像は、今年6月に開催が迫ったロシア・ワールドカップを記念して作られたもので、他にもおよそ40体のサッカーに関連した氷の彫刻が作られるという。また、この新たなC・ロナウド像はモスクワのポクロンナヤの丘にある勝利広場で行われる氷の彫刻祭でお披露目されるようで、加えて、ワールドカップに出場するスペインやポルトガルなどの国々にも貸しだされる予定とのことだ。 2018.01.06 01:42 Sat
twitterfacebook
thumb

ペルーの大エース、W杯出場OK! FIFA、薬物陽性ゲレーロの処分軽減を発表

▽国際サッカー連盟(FIFA)は20日、フラメンゴに所属するペルー代表FWパオロ・ゲレーロ(33)の処分軽減を発表した。 ▽FIFAは当初、薬物の陽性反応が確認されたゲレーロに対して、1年間の出場停止処分を決定。だが、選手の「過失の程度を考慮」した末、処分期間を6カ月に軽減した。これにより、ペルー代表で主将を務めるゲレーロは来年6月に開幕するロシア・ワールドカップ(W杯)出場が可能となる。 ▽1982年以来のW杯出場となるペルー代表は、グループCに入り、フランス代表、オーストラリア代表、デンマーク代表と対戦する。 2017.12.21 09:15 Thu
twitterfacebook
thumb

「政府だけに責任がある」スペイン代表のW杯出場権剥奪の可能性についてスペインサッカー連盟の元会長が主張

▽政府の介入により、ロシア・ワールドカップへの出場が危ぶまれているとされるスペイン代表。スペインサッカー連盟(RFEF)の元会長である、アンヘル・マリア・ビジャール氏がコメントした。『フットボール・エスパーニャ』が報じた。 ▽スペイン『エル・ムンド』など複数のメディアによると、FIFA(国際サッカー連盟)がRFEFに対してレターを送ったとのこと。これは、政府がRFEFの新会長選出に関与している場合、スペイン代表がロシア・ワールドカップに出場できない可能性があるという内容だったとのことだ。 ▽ビジャール元会長は、今年7月に汚職疑惑により逮捕。その後、FIFA,UEFA(欧州サッカー連盟)の副会長とともに、RFEFの会長を辞任していた。 ▽今回の件について、記者団を前にして自身の見解を示したビジャール会長。政府が責任を負うべきだと語り、自身は無関与だと主張した。 「スペインがワールドカップでプレーしないとなれば、政府だけが責任を負うだろう」 「ワールドカップに行かないスペインは、私とは関係ない。ただ、私はチームが出場権を獲得したのだから、行ってもらいたい」 ▽また、自身の汚職疑惑による会長職辞任についてもコメントしており、不当であるとコメント。汚職はないと語った。 「私はまだ組織のトップだ。彼(暫定会長のフアン・ルイス)は、私の名前で行政職を遂行しているだけだ」 「私の辞任に関しては、何も解決していない。証拠がないにも関わらず、強制的に辞任させられた。現在は、RFEFと秩序のために戦っている」 「私は罪を犯していないし、裁判所の判決が証明してくれるはずだ。私を葬ろうとしている多くの人がいる」 2017.12.19 12:30 Tue
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース