FIFA、2026年W杯から出場枠改定を正式承認…アジアは4.5カ国→8カ国に拡大2017.05.10 14:40 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽国際サッカー連盟(FIFA)は9日、バーレーンで行われた理事会で、2026年のワールドカップ(W杯)における各大陸の出場国枠拡大が承認されたことを正式発表した。

▽現在におけるW杯出場国枠の数は、全大陸を合わせて32枠。2026年大会から48カ国が参加する。今回の承認を経て、日本代表が属するアジアは、現行の4.5枠から8枠に拡大されることになった。

▽また、プレーオフのルールも改定。ヨーロッパを除く5大陸の連盟から1チームずつ、開催国が属する大陸から1チームを加えた計6チームで残る2枠を争う。そのため、アジアから最大9チームが参加する大会も出てくる。

◆大陸別出場枠数(現行→改定後)
・アジア:4.5カ国→8カ国
・アフリカ:5カ国→9カ国
・北中米カリブ海:3.5カ国→6カ国
・南米:4.5カ国→6カ国
・オセアニア:0.5カ国→1カ国
・ヨーロッパ:13カ国→16カ国

コメント

関連ニュース

thumb

イブラヒモビッチの代表復帰はなし! スウェーデンサッカー協会がW杯欠場を明言

▽スウェーデンサッカー協会(SvFF)は26日、ロサンゼルス・ギャラクシーに所属するFWズラタン・イブラヒモビッチ(36)がロシア・ワールドカップ(W杯)に出場しないことを明言した。 ▽SvFFは26日、「ズラタンはワールドカップに出場しない」とのタイトルでラルス・リヒト会長のイブラヒモビッチに関する以下のような声明を発表した。 「私は今週の火曜日にズラタンと話した。その場で彼は代表チームに関して復帰する意思がないという考えを変えていないと語った。つまり彼は(復帰に)“ノー”ということだ」 「彼は5月15日に発表されるワールドカップのメンバーに含まれないということだ」 ▽2001年から2016年までスウェーデン代表として116試合に出場し、歴代最多の62得点を記録したイブラヒモビッチ。先日には「俺のいないW杯はW杯ではない」と公の場で語り、代表復帰の可能性を示唆していた。その一方で、イブラヒモビッチ不在の中でW杯予選を勝ち抜いた代表チームの選手やヤン・アンデション監督は、同選手の復帰に異を唱えていた。 2018.04.26 22:21 Thu
twitterfacebook
thumb

イブラヒモビッチのスウェーデン代表復帰はなし?指揮官が「W杯に向けたプランに入っていない」

スウェーデン代表を率いるヤン・アンデション監督は、ロシア・ワールドカップ(W杯)に向けてロサンゼルス・ギャラクシーFWズラタン・イブラヒモビッチを招集する考えはないと話している。<br><br>イブラヒモビッチは3月にマンチェスター・ユナイテッドを退団してLAギャラクシーに移籍。アメリカに移籍した直後のデビュー戦で2ゴールを記録するなど、新天地で存在感を示している。<br><br>イブラヒモビッチは2016年のEUROを最後に代表から引退した。だが、現在スウェーデンではイブラヒモビッチの代表を待望する声が挙がりつつある。今夏控えるW杯を前に、同選手の招集をめぐってスウェーデンサッカー協会幹部とヤン・アンデション監督の間で内紛が起きているともいわれている。<br><br>アンデション監督はイブラヒモビッチ招集の可能性について以下のように語った。スペイン『スポルト』がコメントを伝えた。<br><br>「ズラタン・イブラヒモビッチは、すでにスウェーデン代表に対して『ノー』と言っている。EUROの後、彼はもう代表でプレーしないと言った。私はそれをリスペクトした。なので、彼は代表に戻るべきではない」<br><br>「ワールドカップに行くのは、代表に対して『イエス』と言った者たちだけ。イブラヒモビッチからの電話はない。だが、彼はワールドカップに向けたプランに入っていない」<br><br><br>提供:goal.com 2018.04.24 23:05 Tue
twitterfacebook
thumb

イタリア代表監督問題解決へ

▽カルロ・アンチェロッティ氏(58)のイタリア代表監督就任が迫っているようだ。イタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』が報じている。 ▽イタリアサッカー連盟(FIGC)が昨年11月に、ジャンピエロ・ベントゥーラ前監督を解任して以降、空席となっているイタリア代表監督。暫定的にルイジ・ディ・ビアージョ監督が務めているが、同監督の続投は今のところ伝えられていない。 ▽新監督発表は5月20日に予定されているとのことだが、この度『コリエレ・デッロ・スポルト』が、アンチェロッティ氏がFIGCのロベルト・ファブリチーニ会長とアレッサンドロ・コスタクルタ副会長とローマで会合を行ったと報道。イタリア代表指揮官就任について話し合われたとされるそのミーティングは1時間半以上続いたようだ。 ▽しかし、未だ合意には至っておらず、アンチェロッティ氏がバイエルン時代に受け取っていたサラリーからの大幅な減俸を受け入れるかどうかに掛かっているという。また、同氏は新たなクラブを率いることも視野に入れているようだ。 ▽そこでFIGCは、アンチェロッティ氏に人事権を任せることを考慮。同氏就任の暁には、コーチングスタッフに息子のダビデ氏やアンドレア・ピルロ氏、マッシモ・アンブロジーニ氏ら、アンチェロッティ氏に所縁のある人材が選ばれる可能性があるようだ。 2018.04.24 18:40 Tue
twitterfacebook
thumb

W杯出場に向けてアピールが必須のゲッツェだが…ドルトムント指揮官「我々の目標はCL」

ドルトムントのMFマリオ・ゲッツェはロシア・ワールドカップ(W杯)での出場を逃すことになるかもしれない。ペーター・シュテーガー監督は、選手の個人的な目標を優先することはできないと強調した。<br><br>ブラジル大会の決勝でアルゼンチン相手に決勝点を挙げたゲッツェは、そのゴールによりドイツの英雄に。それでも、そんな彼はその4年後の大会ではドイツ代表メンバー入りも果たせない可能性が高まっている。<br><br>ヨアヒム・レーブ監督は先月の国際親善試合に向けて、選外の選手について「クラブでのパフォーマンスを通じてアピールしなければならない」と話していた。だが、ここ数試合でゲッツェはそのために必要な出場機会すら確保できていない状況が続いている。<br><br>21日に行われるブンデスリーガ第31節でレヴァークーゼンとの上位対戦に臨むドルトムント。この試合に向けた会見で、シュテーガー監督はゲッツェについて問われると、次のように返答した。<br><br>「クラブにとっても、ものすごく重要な試合となる。私はクラブ側の人間で、我々の目標は来季のチャンピオンズリーグ(CL)出場権を得ることにある。しかし、それは必ずしも彼がプレーしないということを意味するわけではない」<br><br>「(ゲッツェが)準備できていて、パフォーマンスを出せれば、この話に関しては勝者しかいない。様子を見よう。それぞれの選手が個人的な目標を持ち、それが彼らのモチベーションの基盤になることは理解している。だが、我々にとって大事なのはCL出場権を手にすることだ」<br><br>ドイツ誌『キッカー』の予想では、FWミヒー・バチュアイの負傷離脱により、マルコ・ロイスが最前線に置かれる可能性が高いとのこと。そうすると、ゲッツェが2列目に入るかもしれないが、オーストリア人指揮官はここ2試合は数分間しかプレーしなかった同選手を先発起用するのだろうか。<br><br>提供:goal.com 2018.04.21 13:35 Sat
twitterfacebook
thumb

アルゼンチン代表OB「メッシはバルサではなくW杯に集中すべき」

▽アルゼンチン代表OBのオスカル・ルジェリ氏が、バルセロナの同国代表FWリオネル・メッシに対して、代表戦にのみ集中すべきだと主張した。スペイン『アス』が伝えている。 ▽バルセロナは今シーズン、チャンピオンズリーグでは準々決勝でローマと対戦して敗退に追い込まれたものの、コパ・デル・レイでは決勝に進出。また、リーガエスパニョーラでは無敗で首位に立ち、残り5試合となった第33節終了時点で勝ち点を「83」にまで伸ばし、2位のアトレティコ・マドリー(勝ち点71)との勝ち点差を「12」までに広げている。 ▽そういった状況を踏まえつつ、代表OBのルジェリ氏は4月21日のコパ決勝セビージャ戦を除き、メッシがバルセロナで全力を出すべきではないと語った。 「メッシがこれ以上プレーしなかったとして、バルセロナはリーガエスパニョーラを逃すと思うかい? 」 「メッシならバルセロナの会長に電話をかけて、『次は僕のワールドカップだ。自分自身を代表チームに捧げることにする』と言うこともできるんじゃないかな」 「彼は代表監督にも電話をかけて、完全にワールドカップに集中すると伝えなければならない」 ▽アルゼンチンの英雄、ディエゴ・マラドーナ氏との比較で、ワールドカップ(W杯)での優勝が欠けている点を指摘されるメッシ。あらゆる栄光に彩られているアルゼンチンの救世主は、未だ手にしていない最大のトロフィーをロシアの地で掲げることができるのだろうか。 2018.04.20 18:00 Fri
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース