FIFA、2026年W杯から出場枠改定を正式承認…アジアは4.5カ国→8カ国に拡大2017.05.10 14:40 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽国際サッカー連盟(FIFA)は9日、バーレーンで行われた理事会で、2026年のワールドカップ(W杯)における各大陸の出場国枠拡大が承認されたことを正式発表した。

▽現在におけるW杯出場国枠の数は、全大陸を合わせて32枠。2026年大会から48カ国が参加する。今回の承認を経て、日本代表が属するアジアは、現行の4.5枠から8枠に拡大されることになった。

▽また、プレーオフのルールも改定。ヨーロッパを除く5大陸の連盟から1チームずつ、開催国が属する大陸から1チームを加えた計6チームで残る2枠を争う。そのため、アジアから最大9チームが参加する大会も出てくる。

◆大陸別出場枠数(現行→改定後)
・アジア:4.5カ国→8カ国
・アフリカ:5カ国→9カ国
・北中米カリブ海:3.5カ国→6カ国
・南米:4.5カ国→6カ国
・オセアニア:0.5カ国→1カ国
・ヨーロッパ:13カ国→16カ国

コメント

関連ニュース

thumb

本田圭佑、パチューカデビューはホーム開幕戦…100人の日本人記者が訪れるとも

パチューカに加入した日本代表FW本田圭佑のデビュー戦は29日、開幕第2戦のクラブ・アメリカ戦となりそうだ。<br><br>本田は18日、パチューカで入団発表会見を行い、メキシコで多くの注目を集めている。23日に行われるリーガMX(メキシコリーグ)開幕戦にも出場の期待が高まっていたが、クラブはUNAM戦には出場させない方針であることを明らかにした。<br><br>パチューカは、本田がメキシコの環境に適応する時間を持ちたい意向で、23日の開幕戦出場は回避することになるという。本田がデビューすることになるのはホーム開幕戦となるクラブ・アメリカ戦で、100人もの日本人ジャーナリストが訪れるとも伝えられている。<br><br>新天地で背番号2をまとい、新たな挑戦の一歩を踏み出そうとする本田。成功をつかむためにまずはホーム、エスタディオ・イダルゴで自身の実力を証明することが必要となる。<br><br> <br>提供:goal.com 2017.07.21 02:20 Fri
twitterfacebook
thumb

U-17日本代表のグループステージ対戦相手決定! フランス、ホンジュラス、ニューカレドニアと激突《U-17W杯》

▽国際サッカー連盟(FIFA)は7日、今年10月にインドで行われる2017 FIFA U-17ワールドカップ(W杯)の組み合わせ抽選会を行った。 ▽2大会ぶり8回目出場のU-17日本代表は、MF久保建英らを中心に2020年の東京オリンピックのメンバー入りも期待される世代。グループステージでは2001年大会で優勝経験があるフランス代表、3大会連続出場のホンジュラス代表、初出場のニューカレドニア代表と同居したグループEに組み込まれた。 ▽その他では今大会出場チームで最多3度の優勝を誇るブラジル代表が、優勝経験はないものの、UEFA U-17欧州選手権を制したスペイン代表と同じグループDに同居。また、2度の優勝経験のあるメキシコ代表が、今年に入って世代別の国際大会で躍進が目立つイングランド代表と同じグループFに同居している。 ▽24カ国が6グループに分かれるグループステージは、10月6日に開幕。組み合わせは以下のとおり。 ◆グループA インド アメリカ コロンビア ガーナ ◆グループB パラグアイ マリ ニュージーランド トルコ ◆グループC イラン ギニア ドイツ コスタリカ ◆グループD 北朝鮮 ニジェール ブラジル スペイン ◆グループE ホンジュラス <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">日本</span> ニューカレドニア フランス ◆グループF イラク メキシコ チリ イングランド 2017.07.07 23:32 Fri
twitterfacebook
thumb

日本代表、サウジアラビア代表とのW杯アジア最終予選の会場が決定!

▽日本サッカー協会(JFA)は4日、9月5日(火)に行われるロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選のサウジアラビア代表戦の試合会場を発表した。 ▽グループ首位の日本代表は、サウジアラビア・ジッダの「キング・アブドゥラー・スポーツ・シティー」で同2位のサウジアラビアと対戦する。 ▽日本は現在勝ち点17でグループ首位に立つものの、8月31日に勝ち点16で3位につけるオーストラリア代表と埼玉スタジアム2002で対戦。勝てばロシアW杯出場が決定するものの、敗れればサウジアラビアとの対戦にW杯出場を懸けて戦う。 2017.07.04 18:42 Tue
twitterfacebook
thumb

W杯招致プロセスで新たな収賄疑惑が浮上…FIFA元職員の10歳娘に2億円の送金

2018年と2022年のワールドカップ招致プロセスで、不正な送金があったことが明らかとなった。ドイツ紙『ビルト』が報じている。<br><br>2010年の12月に国際サッカー連盟(FIFA)の本部で行われた総会で2018年と2022年のW杯開催地が決定した。しかし、その後招致活動に不正があった疑いがあり、2014年に独立調査官マイケル・ガルシア氏が調査結果をまとめた。その報告書「ガルシア・レポート」には不正な送金に関する記述があったようだ。<br><br>全文を入手したという『ビルト』によると、FIFA関係者の10歳の娘の口座に200万ドル(約2億2千万円)もの大金が振り込まれていたことや、投票権を持つFIFAの3人が、2018年W杯と2022年W杯の投票前にカタールサッカー協会(QFA)が所有するジェット機でブラジル・リオデジャネイロに向かっていたこと。さらには、アスリートを育成するカタールの『アスパイヤーアカデミー』が投票権を持つFIFAのメンバー選定に確実に関与していたことが「ガルシア・レポート」に記載されていたという。<br><br>なお、レポートの全貌は27日から順次明かされていくことになっている。<br><br><br>提供:goal.com 2017.06.27 15:51 Tue
twitterfacebook
thumb

ブラジルW杯に出場していたロシア代表23名にドーピング疑惑

▽国際サッカー連盟(FIFA)は、2014年のブラジル・ワールドカップ(W杯)に出場したロシア代表23選手に対し、ドービング疑惑の調査を行っていることを認めた。イギリス『デイリー・メール』が報じた。 ▽ロシアでは、過去10年間にわたる国家ぐるみのドーピング疑惑が持ちかけられており、オリンピックに出場していた選手らが告発を行っていることでも知られている。 ▽『デイリー・メール』によると、世界反ドーピング期間(WADA)がオリンピックやパラリンピックの競技に関わる1000人以上のスポーツ選手が、組織的なドーピング隠微に関わっていたと認定。その対象に、ブラジルW杯に出場した23名に加え11名のサッカー選手が含まれているとのことで、FIFAもその事実を認めたようだ。 ▽現在はロシアでコンフェデレーションズカップが行われており、来年にはW杯の開催が控えている。FIFAとしてはW杯開催の前に明らかにしたい意向があるようだ。 ▽なお、対象選手には、長年ロシア代表の守護神を務めているGKイゴール・アキンフェエフやDFセルゲイ・イクナシェビッチ、MFユーリ・ジルコフ、FWアレクサンドル・ココリンなどが含まれている。 ▽なお、ロシアはブラジルW杯でグループHに属し、ベルギー代表、アルジェリア代表、韓国代表と対戦。2分け1敗の結果で3位となり、グループステージで敗退していた。 2017.06.26 12:23 Mon
twitterfacebook


FOOTBALL COUNTDOWNS特集
PUMA ONE特集
中間評価
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース