ブレーメンの元ドイツ代表MFフリッツが今季限りで現役引退! 「緑と白のユニフォームを着ることができたことを誇りに思う」2017.05.09 05:10 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ブレーメンは8日、元ドイツ代表MFクレメンス・フリッツ(36)が今シーズン限りで現役を引退することを発表した。

▽昨シーズン終盤に現役引退を表明しながらも、後に前言を撤回してブレーメンとの1年間の契約延長にサインし、今シーズンを戦っていたフリッツだが、今年3月に負った足首のケガの影響もあり、今季限りでの現役引退を決断した。

「今回のケガを通じて、自分の将来に関してよく考える時間があった。そして、自分の身体に語りかけたんだ。残念ながら足首の問題は解決しておらず、今後もキャリアを続けたいと思っても、完全なコンディションを取り戻すことは難しい。だから、この夏を過ぎてキャリアを続けることはできない」

「また、自分の不在の中でクラブがポジション(残留)を確定させたという事実も、今回の決定を容易にしたんだ。ヴェルダー・ブレーメンの緑と白のユニフォームを着ることができたことを本当に誇りに思うよ」

▽1999年にロートヴァイス・エアフルトとプロデビューを飾ったフリッツは、カイザースラウテルン、レバークーゼンを経て2006年にブレーメンに加入。右サイドハーフや右サイドバック、セントラルMFを主戦場に、ここまで公式戦368試合に出場し、8ゴールを記録していた。また、ハードワークと気の利いたプレーでチームをけん引してきた同選手は、キャプテンとしても優れたリーダーシップを発揮していた。

▽2006年にデビューを飾ったドイツ代表では、通算22試合に出場し、2ゴールを記録。ユーロ2008では出場機会は少なかったものの、準優勝を経験していた。

コメント

関連ニュース

thumb

ブレーメン、年内はコーフェルト暫定監督体制

▽ブレーメンは、フロリアン・コーフェルト暫定監督(35)体制で年内を戦いきることを決めたようだ。ブレーメンのスポーツ・ディレクターを務めるフランク・バウマン氏が明かしている。 ▽ブレーメンでは10月30日、ブンデスリーガ10試合を終えて5分け5敗の未勝利という成績不振を受けてアレクサンダー・ヌーリ前監督(38)を解任していた。そして、コーフェルト暫定監督の初陣となった3日のフランクフルト戦では1-2と敗れたが、バウマン氏は次のようにコメントし、同監督への信頼を口にした。 「彼は今回のチャンスを掴むのにふさわしい人物だ。ここ数日間の取り組みをみていて、全ての面においてポジティブに判断できるものだったよ。またこれまでの話し合いで、彼以上に納得させられる候補者が現れなかったということもある。これからは年内に残された戦いに集中していくこと。彼なら最下位争いから抜け出してくれることだろう」 ▽また、コーフェルト暫定監督は次のように意気込みを語っている。 「状況が難しいことに代わりはないが、しかし私にとっても選手にとっても、むしろ大きなチャンスだとも言えるだろう。ブレーメンは本来、もっと上の位置にいるべきクラブだ。それをピッチで表現していきたい。目標はこの期待に応えるということ、それに向けて全力を尽くす」 2017.11.12 00:05 Sun
twitterfacebook
thumb

長谷部先発復帰のフランクフルト、監督交代のブレーメンにアラーの終盤弾で競り勝つ《ブンデスリーガ》

▽フランクフルトは3日、ブンデスリーガ第11節でブレーメンをホームに迎え、2-1で勝利した。フランクフルトMF長谷部誠はフル出場したが、MF鎌田大地はベンチ入りも出場機会はなかった。 ▽前節マインツ戦を1-1で引き分けた10位フランクフルト(勝ち点15)が、未勝利が続き、ヌーリ監督を解任した17位ブレーメンをホームに迎えた一戦。 ▽マインツ戦を慢性的な足の痛みで欠場した長谷部が[3-5-2]の中盤アンカーで先発に復帰した試合は、監督交代によって積極的な入りを見せたブレーメンが最初にチャンスを迎える。開始2分、クルーゼが左クロスに合わせたが、ゴール至近距離からのシュートはGKフラデツキーが好守で凌いだ。 ▽その後、一進一退の攻防を経て、フランクフルトが17分に先制する。ヴィレムスのヒールパスに反応したボックス左角のレビッチがゴール右へ流し込んだ。しかし24分、ブレーメンにすかさず追いつかれる。左CKが混戦となって最後はモイサンデルに押し込まれた。 ▽同点とされたフランクフルトは29分にヴォルフがミドルシュートでゴールに迫るも、GKの好守に阻まれる。40分にはゴールエリア右のユヌゾビッチに決定的なシュートを許したが、GKフラデツキーがファインセーブで凌ぎ、ほぼ互角の前半は1-1で終えた。 ▽迎えた後半、ややフランクフルトが押し気味に試合を運ぶと、64分にボックス内のヴィレムスが枠内シュートを浴びせるも、GKにセーブされる。 ▽終盤にかけてこう着状態が続いた中、89分にフランクフルトが土壇場で勝ち越しに成功する。タワサの左クロスにアラーがボレーで合わせたシュートがネットを揺らした。これが決勝点となってフランクフルトが勝利。今季5勝目を挙げている。 2017.11.04 06:25 Sat
twitterfacebook
thumb

今季リーグ戦未勝利のブレーメンがヌーリ監督を解任

▽ブレーメンは30日、アレクサンダー・ヌーリ監督(38)の解任を発表した。また、アシスタントコーチのマルクス・フェルドホフ氏も解任している。 ▽ヌーリ監督は、ブレーメンの下部組織で育ちドイツやアメリカでプレー。現役引退後は、ユース年代で監督キャリアをスタート。2014年7月からブレーメンのトップチームでアシスタントコーチに就任すると、2016年10月からビクトル・スクリプニク監督の解任に伴い監督に就任していた。 ▽昨シーズンは、チームの建て直しに成功し8位でシーズンを終了。契約を延長して臨んだシーズンだったが、今シーズンは10試合を終えて5分け5敗の未勝利と苦しみ、解任となった。 ▽なお、後任は決定しておらず、U-23で指揮を執っているフローリアン・コーフェルト監督がチームを指導することになる。ブレーメンは11月3日にフランクフルトとアウェイで対戦する。 2017.10.31 09:15 Tue
twitterfacebook
thumb

大迫先発のケルン、ブレーメンとの未勝利下位対決は痛み分け《ブンデスリーガ》

▽ケルンは22日、ブンデスリーガ第9節でブレーメンをホームに迎え、0-0で引き分けた。ケルンのFW大迫勇也は79分までプレーしている。 ▽前節シュツットガルト戦を終了間際のPK取り消しと被弾で1-2と惜敗した最下位のケルン(勝ち点1)は、大迫がフラットな[4-4-2]の2トップでギラシーとコンビを組んだ。 ▽ケルン同様未勝利の17位ブレーメン(勝ち点4)との下位対決は6分、ケルンにチャンス。左サイドに流れた大迫のクロスからギラシーがヘディングシュートに持ち込むも、枠の右に外れた。 ▽続く8分にもカウンターに転じて、ヨイッチの左クロスにギラシーがヘディングシュートを浴びせたが、GKの守備範囲に飛んでしまった。さらに13分にはギラシーがミドルシュートを放ってゴールに迫るもGKにセーブされる。 ▽序盤、立て続けにケルンがゴールに近づいた後、ブレーメンにボールを握られる時間が続いたケルンだったが、33分に決定機。大迫が入れたクサビのパスを起点にボックス中央のギラシーが混戦の中からシュート。しかし、GKの守備範囲だった。 ▽39分にはカウンターの流れから大迫がミドルシュートを浴びせるも、威力を欠いてGKにセーブされ、前半をゴールレスで終えた。 ▽迎えた後半も一進一退の攻防が続いた中、ケルンは55分にビッテンコートのミドルシュートが枠を捉えたが、GKにセーブされた。 ▽その後も主導権争いが続き、両チーム目立った決定機を生み出せずに時間が経過。79分には大迫がピッチを後にした中、終盤に両チームに決定機が訪れる。まずは87分にケルン。左サイドのスペースに抜け出したハンドヴェルカーのクロスにギラシーが合わせるも、シュートを枠の上に外してしまう。 ▽対するブレーメンは90分、左CKからデラネイのヘディングシュートが枠を捉えたが、ゴールライン上のラウシュにクリアされ、下位対決はゴールレスドローで終了。痛み分けに終わっている。 2017.10.23 00:24 Mon
twitterfacebook
thumb

伊藤&酒井高先発のHSV、ブレーメンとのノルト・ダービーはゴールレスドロー《ブンデスリーガ》

▽ハンブルガーSVは9月30日、ブンデスリーガ第7節でブレーメンとの“ノルト・ダービー”をホームで戦い、0-0で引き分けた。HSVのDF酒井高徳はフル出場し、FW伊藤達哉は53分までプレーしている。 ▽前節レバークーゼン戦では2試合連続スタメンとなったものの、チームは0-3と完敗して4連敗となったHSVの酒井高が3試合連続スタメンとなり、伊藤がキャリア初スタメンを飾った一戦。 ▽ここまで3分け3敗と勝利のないブレーメンに対し、[4-3-3]で臨んだHSVは酒井高を左サイドバックで、伊藤を左ウイングで起用した。 ▽開始2分、酒井高がミドルシュートを浴びせる良い入りを見せたHSVだったが、9分にピンチ。FKからゴールエリア左のデラネイにヘディングシュートを許す。枠を捉えた決定的なシュートだったが、GKマゼニアがセーブした。 ▽ここからブレーメンの攻勢に遭ったHSVだったが16分、FKからパパドプーロスのヘディングシュートでゴールに迫ると、ペースを取り戻す。すると19分、伊藤が魅せる。左サイドでボールを持った伊藤は鋭いドリブルでDFを外し、左足でクロス。ウッドが合わせるもDFに当たって枠の左に外れた。 ▽続く23分に酒井高が枠を捉えるミドルシュートを浴びせたHSVは、26分に左CKからハーンがヘディングシュートでGKパブレンカを強襲。すると28分、左CKのサインプレーから酒井高がゴールに迫る。マイナスのクロスをペナルティアーク左付近で待ち構えていた酒井高が左足ボレーでうまく合わせる。綺麗にミートしたシュートはわずかに枠の右に外れた。 ▽ハーフタイムにかけても左サイドの伊藤がドリブルで牽引するHSVが主導権を握るもゴールレスで前半を終えた。 ▽迎えた後半もHSVが押し気味に試合を進める中、51分に伊藤にアクシデント。両足をつってピッチに倒れ込み、代わってホルトビーが投入された。ピッチを後にした伊藤には観衆から大きな拍手が送られた。 ▽そのHSVは56分に決定機。GKのロングボールに抜け出したハーンが独走。ループシュートを狙ったが、GKの好セーブに阻まれた。続く60分にはホルトビーのラストパスを受けたボックス右のウッドがGKを強襲するシュートを浴びせる。 ▽良い流れで試合を進めていたHSVだったが、71分にピンチ。ユヌゾビッチのヒールパスに抜け出したバルテルスにボックス左からシュートを浴びてしまうも、GKマゼニアが何とかセーブした。ここからブレーメンの攻勢に遭ったHSVは終盤にかけて守勢に回っていく。 ▽それでも0-0で試合を終わらせ、勝ち点1を分け合って連敗を4で止めている。 2017.10.01 03:32 Sun
twitterfacebook


ロシアW杯予選
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース