超ワールドサッカー

ブレーメンの元ドイツ代表MFフリッツが今季限りで現役引退! 「緑と白のユニフォームを着ることができたことを誇りに思う」2017.05.09 05:10 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ブレーメンは8日、元ドイツ代表MFクレメンス・フリッツ(36)が今シーズン限りで現役を引退することを発表した。

▽昨シーズン終盤に現役引退を表明しながらも、後に前言を撤回してブレーメンとの1年間の契約延長にサインし、今シーズンを戦っていたフリッツだが、今年3月に負った足首のケガの影響もあり、今季限りでの現役引退を決断した。

「今回のケガを通じて、自分の将来に関してよく考える時間があった。そして、自分の身体に語りかけたんだ。残念ながら足首の問題は解決しておらず、今後もキャリアを続けたいと思っても、完全なコンディションを取り戻すことは難しい。だから、この夏を過ぎてキャリアを続けることはできない」

「また、自分の不在の中でクラブがポジション(残留)を確定させたという事実も、今回の決定を容易にしたんだ。ヴェルダー・ブレーメンの緑と白のユニフォームを着ることができたことを本当に誇りに思うよ」

▽1999年にロートヴァイス・エアフルトとプロデビューを飾ったフリッツは、カイザースラウテルン、レバークーゼンを経て2006年にブレーメンに加入。右サイドハーフや右サイドバック、セントラルMFを主戦場に、ここまで公式戦368試合に出場し、8ゴールを記録していた。また、ハードワークと気の利いたプレーでチームをけん引してきた同選手は、キャプテンとしても優れたリーダーシップを発揮していた。

▽2006年にデビューを飾ったドイツ代表では、通算22試合に出場し、2ゴールを記録。ユーロ2008では出場機会は少なかったものの、準優勝を経験していた。

コメント

関連ニュース

thumb

バス爆破事件で負傷のドルトムントDFが感動的な実戦復帰…同僚・香川真司も祝福

ドルトムントに所属するDFマルク・バルトラが、ブンデスリーガ最終節のブレーメン戦で感動的な復帰を果たした。<br><br>バルトラは4月のバス爆破事件で負傷し、戦線離脱。右手首に大ケガを負ったが、順調に回復しながらチーム練習に復帰し、シーズン中の実戦復帰を目指していた。そして20日に行われたブレーメン戦で先発出場し、4-3の勝利に貢献している。試合後には感極まった表情も見せたバルトラは「プロキャリアで最高の瞬間の一つ」と話し、以下のように続けた。<br><br>「非常にネガティブな経験だった。この試合はただの3ポイントを獲得したと言うだけではない。またフットボールをプレーできたんだ。それは僕にとって素晴らしいことだし、だからこそ感動してしまったんだ」<br><br>また、トーマス・トゥヘル監督も「とてもスペシャルな瞬間だった」と話し、同僚のMF香川真司も試合後に自身のツイッターを更新し、バルトラとの写真を載せつつ、ハッシュタグを使って「#最終節 #一緒にプレーできて #良かったよ」と記した。<br><br>なお、ドルトムントのシーズンはまだ続き、フランクフルトとのDFBポカール決勝を27日に控えている。バルトラの出場はあるだろうか。<br><br><br>提供:goal.com 2017.05.21 08:34 Sun
twitterfacebook
thumb

香川アシストのドルトムント、ブレーメンとの乱戦を制して来季のCL出場決定! オーバメヤンが31Gで初の得点王に《ブンデスリーガ》

▽ドルトムントは20日、 ブンデスリーガ最終節でブレーメンをホームに迎え、4-3で勝利して来季のチャンピオンズリーグ(CL)出場を決めた。ドルトムントのMF香川真司はフル出場し、1アシストを決めている。 ▽前節アウグスブルク戦を香川のアシストもあって1-1と引き分けた3位ドルトムント(勝ち点61)は、4位ホッフェンハイムに勝ち点で並ばれた。ホッフェンハイムとは得失点差が4あることから、勝利すればCLストレートインとなる3位をキープできる可能性が高い中、香川が引き続き先発となった。そして、試合直前に負傷したシュメルツァーに代わってバス爆破事件で腕を骨折したバルトラが急遽スタメンとなった。 ▽一方、前節ホッフェンハイム戦を3-5と敗れ、ここ2試合で9失点と守備が崩壊している8位ブレーメン(勝ち点45)は、勝利すれば6位浮上の可能性がある。7位でもDFBポカールでドルトムントが優勝すればヨーロッパリーグ出場の可能性があり、ブレーメンとしては勝利して順位を上げておきたいところだった。 ▽香川が[3-1-4-2]の左インサイドMFで先発となったドルトムントは開始4分に右CKからオーバメヤンのボレーシュートでゴールに迫るも、GKの好守に阻まれる。 ▽しかし7分、ブレーメンが一瞬の隙を突いて先制した。右クロスに合わせたウリッセス・ガルシアのシュートはドゥルムにブロックされたものの、ルーズボールをユヌゾビッチがプッシュ。GKビュルキの驚異の反応でボールを掻き出されるも、ゴールラインテクノロジーによってラインを割っていたと判定された。 ▽追う展開となったドルトムントは9分、右クロスをフリーのオーバメヤンがヘッドで合わせるも、枠の右に外れる。さらに15分、ボックス左に侵入したロイスのクロスボールがバーを掠めた。攻勢を続けるドルトムントは19分にラファエウ・ゲレイロのミドルシュートがGKを強襲。続く27分には右CKからのギンターがヘディングシュートで狙うが、枠の左に外れた。 ▽それでも32分、シャヒンの縦パスを受けた香川がスルーパスを送ると、ロイスがディフェンスライン裏を取ってGKとの一対一を制し、試合を振り出しに戻した。 ▽直後、ユヌゾビッチとの一対一をGKビュルキが好守で阻止すると、38分には香川がO・デンベレのスルーパスを受けてゴールエリア左から左足でシュート。決定的だったが、GKにわずかに触られゴールとはならなかった。 ▽しかし42分、香川のパスを受けたO・デンベレの絶妙な浮き球パスをボックス右のオーバメヤンが見事な身のこなしからのボレーシュートで流し込み、逆転に成功する。得点ランクトップのレヴァンドフスキに並ぶ今季30ゴール目で逆転したドルトムントが2-1として前半を終えた。 ▽迎えた後半、ドルトムントはドゥルムに代えてプリシッチを、ブレーメンはゲブレ・セラシェに代えてニャブリを投入し、共に攻撃的な布陣とした。 ▽すると開始1分、ボックス左へ侵入したクルーゼがシャヒンをかわしてラストパスを送ると、バルテルスが押し込んでブレーメンが試合を振り出しに戻した。 ▽同点弾を浴びた直後、香川がミドルシュートを放ったドルトムントだったが、徐々に攻めあぐねてしまう。 ▽すると68分、ブレーメンが逆転する。スルーパスに抜け出してクルーゼの放ったシュートはGKビュルキに当たったものの、ボールはゴールへ向かうとクリアにかかったバルトラは搔き出せずゴールを割った。 ▽再び追う展開となったドルトムントは70分、左クロスをファーサイドのプリシッチがヘディングシュートで狙ったが、GKの好守に阻まれる。直後にもバルトラのオーバーヘッドでゴールに迫ったが、ここもGKヴィートワルトのセーブに遭った。 ▽それでも74分、ロイスがボックス左でニャブリに倒されてPKを獲得すると、これをロイス自ら決めて3-3の同点に持ち込んだ。そして、77分の香川のボレーシュートはGKの好守に阻まれたものの、88分にプリシッチがバルグフレーデにボックス内で倒されたとしてPKを獲得。これをオーバメヤンが決めて4-3と勝ち越しに成功したドルトムントが3位を確定させ、来季のCL出場を決めている。なお、2ゴールを決めたオーバメヤンはレヴァンドフスキを抜いて単独得点ランキングトップとなり、自身初の得点王に輝いている。 2017.05.21 00:48 Sun
twitterfacebook
thumb

【ブンデス最終節プレビュー】HSVvsヴォルフスブルクの残留争い他、CL&EL出場権争い決着

▽前節はチャンピオンズリーグ(CL)・ストレートインを争う3位ドルトムントが引き分け、4位ホッフェンハイムが勝利したことで両チームの勝ち点が61で並んだ。ヨーロッパリーグ出場権争いではヘルタ・ベルリンが5位再浮上を果たし、引き分けたフライブルクが6位に後退している。残留争いでは粘りを見せていたインゴルシュタットの降格が決まった。迎える最終節ではハンブルガーSVvsヴォルフスブルクの残留争い直接対決ほか、ドルトムントvsブレーメン、ホッフェンハイムvsアウグスブルク、ケルンvsマインツといった欧州カップ戦出場や残留を目指すチーム同士による好カードが組まれている。 ▽残留争いでは、プレーオフに回らなければならない16位ハンブルガーSV(勝ち点35)と、残留圏内ぎりぎりに位置する15位ヴォルフスブルク(勝ち点37)による直接対決が行われる。前節シャルケ戦を終了間際の劇的弾で1-1の引き分けに持ち込んだHSVは勝利すれば逆転での残留となる。ここ5試合勝利がなく苦しんでいる状況だが、ホームの大観衆の声援を味方に逆転残留を果たせるか。ここ2試合左サイドバックとして守備面で貢献している酒井高は先発予想となっており、チームを勝利に導くべく攻撃面での貢献に期待が懸かる。 ▽一方、前節フランクフルト戦を勝利して残留圏内をキープしたヴォルフスブルクは引き分けでも残留決定となる。20年間1部で戦ってきた名門はプレッシャーのかかる状況に打ち勝てるか。ヨンカー監督就任後、得点力が大幅に改善されているゴメスに引き続き期待だ。 ▽CLストレートインを目指す3位ドルトムント(勝ち点61)は、逆転でのEL出場権獲得を目指す8位ブレーメン(勝ち点45)とのホーム戦に臨む。前節アウグスブルク戦を香川のアシストもあって1-1と引き分けたものの、ホッフェンハイムに勝ち点で並ばれたドルトムントは、ホッフェンハイムとの得失点差が4あることから、勝利すれば3位をキープできる可能性が高い。来季を占う重要な一戦に向けて香川は先発予想。ゴールに絡む活躍を見せてチームをCLに導きたい。 ▽一方、前節ホッフェンハイム戦を3-5と敗れ、ここ2試合で9失点と守備が崩壊しているブレーメンは勝利すれば6位浮上の可能性がある。7位でもDFBポカールでドルトムントが優勝すればEL出場の可能性があり、ブレーメンとしては勝利して順位を上げておきたい。 ▽ドルトムントに勝ち点で並んだ4位ホッフェンハイム(勝ち点61)は、残留を争う14位アウグブルク(勝ち点37)とのホーム戦に臨む。引き分けで残留をほぼ確定できるアウグスブルクに勝利し、ドルトムントの躓きを期待したい。 ▽その他、EL出場権獲得を目指す7位ケルン(勝ち点46)は、残留をほぼ確定させいている13位マインツ(勝ち点37)とのホーム戦で勝利すればEL出場の可能性を高められる状況だ。大迫はベンチスタート予想で、前節貴重な決勝ゴールを決めた武藤は先発復帰予想だ。そして、ELストレートインを目指す5位ヘルタ・ベルリン(勝ち点49)は、残留を確定させた12位レバークーゼン(勝ち点38)とのホーム戦に臨むが、原口はスタメン予想となっている。最後にEL出場圏を死守したい6位フライブルク(勝ち点48)はラームとシャビ・アロンソの現役ラストマッチとなるバイエルンとのアウェイ戦に挑む。 ※スタメン予想はドイツ『キッカー』を参照 ◆ブンデスリーガ最終節 ▽5/20(土) 《22:30》 ホッフェンハイム vs アウグスブルク バイエルン vs フライブルク ボルシアMG vs ダルムシュタット ドルトムント vs ブレーメン ハンブルガーSV vs ヴォルフスブルク ケルン vs マインツ インゴルシュタット vs シャルケ フランクフルト vs ライプツィヒ ヘルタ・ベルリン vs レバークーゼン 2017.05.19 18:00 Fri
twitterfacebook
thumb

ブレーメンを復調させたヌーリ監督が契約延長

▽ブレーメンは15日、アレクサンダー・ヌーリ監督(37)と契約延長したことを発表した。契約期間は明かされていないが、ドイツ『キッカー』によれば2021年6月30日までとのことだ。 ▽ビクトル・スクリプニク前監督の後を受けて第5節より指揮を執った前U-23チームの指揮官であったヌーリ監督は、昨年10月に暫定指揮官から正式監督に就任。シーズン後半にチームをV字回復させ、一時は6位まで順位を引き上げた。ここ2試合の連敗で8位に後退したが、最終節の結果次第でヨーロッパリーグ出場権を得られる位置に付け、手腕を評価された格好だ。 2017.05.15 23:35 Mon
twitterfacebook
thumb

快勝ホッフェンハイムが3位ドルトムントと勝ち点で並ぶ! 終盤の連続失点で得失点差を詰め切れず…《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ第33節、ブレーメンvsホッフェンハイムが13日にヴェーザーシュタディオンで行われ、アウェイのホッフェンハイムが5-3で勝利した。 ▽ヨーロッパリーグ(EL)出場権獲得に可能性を残す8位ブレーメン(勝ち点45)と、逆転でのチャンピオンズリーグ(CL)ストレートインにわずかな可能性を残す4位ホッフェンハイム(勝ち点58)による互いに負けられない一戦。 ▽試合は地力で勝るホッフェンハイムが立ち上がりに攻勢を仕掛ける。まずは7分、ボックス中央でウートから短いパスを受けたサライがGKのタイミングを外す左足のシュートを右隅に流し込み、早々に先制点を奪う。さらに11分には右サイドに流れたボールを引き出したサライが逆サイドのクラマリッチに絶妙なサイドチェンジを通すと、クラマリッチが冷静にGKとの一対一を制した。 ▽幸先よく2点のリードを奪ったホッフェンハイムは、危なげなく試合をコントロールしていく。すると前半終了間際の40分にも2点目と同じような形からボックス左に抜け出したツバーが相手DFをうまくブラインドに使った右足のシュートを流し込み、前半だけで3点を奪った。 ▽後半に入っても攻撃の手を緩めないアウェイチームは、49分にツバーのスルーパスに抜け出したクラマリッチが左サイドから中央に切り込んで精度の高い右足のシュートを流し込み、ドッペルパックを達成。さらに51分にはデミルバイの左CKをビカクチッチが頭で合わせ、試合を決定付ける5点目を奪った。 ▽一方、EL出場権が懸かっているとは思えない体たらくで大敗が決定的となったブレーメンは、54分にサンティアゴ・ガルシア、バルグフレーデを同時投入し、反撃を試みる。すると59分、左サイドでクルーゼが入れたクロスをゲブレ・セラシエが頭で合わせ、ようやく1点を返す。 ▽試合終盤にかけてはペースダウンしたホッフェンハイムに対して、ホームのブレーメンが意地の猛攻に転じる。この流れの中でバルグフレーデ、バウアーに1ゴールずつが生まれるも、試合は5-3でタイムアップ。敵地で好調ブレーメンに完勝したホッフェンハイムは、前節直接対決に敗れた3位ドルトムントが引き分けたため同勝ち点で並ぶも、試合終盤の連続失点が響き得失点差で「4」下回り、最終節で逆転でのCLストレートインを目指すことになった。 2017.05.14 01:10 Sun
twitterfacebook


U-20W杯
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース