メッシへの処分撤回に物申すビダル「全てのルールが全員に同じであることを願う」2017.05.07 13:38 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽バイエルンに所属するチリ代表MFアルトゥーロ・ビダルが、バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシへの処分撤回に物申した。

▽メッシは、3月に行われたロシア・ワールドカップ(W杯)南米予選のチリ代表戦で副審に対して暴言を吐いたとされ、国際サッカー連盟(FIFA)から4試合の出場停止処分と1万スイスフラン(約112万円)の罰金処分が科されていた。

▽しかし、今月6日にFIFAはメッシへの処分を取り消すことを発表。「入手した映像では証拠が不十分で、処分を下すことはできない」とFIFAは説明している。

▽この件についてビダルが『AND Radio』でコメント。サッカーが不公平な場であると語った。

「これは難しい問題だね。全てのルールが全ての人にとって同じであることを願うよ」

「アルゼンチン、メッシ、そしてサッカー界にとっては良いことだね。メッシはナショナルチームに対して常に全てを捧げている。それを見られることは良いことだ。でも、全てのルールが全員に同じであることを願うよ」

▽チリ代表は、2016年9月にMFガリー・メデルが同様の行為で4試合の出場停止処分を受けている。処分の対象となったのは、メデルがアルゼンチン審判団に侮辱的な言葉を浴びせていたこと。その件もあり、チリとしては今回の処分撤回に対して良い感情はなさそうだ。

▽なお、アルゼンチンは現在の南米予選で5位につけており、オセアニアとの大陸間プレーオフに回る位置となっている。南米の他国にとっても、今回の処分撤回は大きく影響しそうだ。

コメント

関連ニュース

thumb

アイマールがU-17アルゼンチン代表監督に就任!

▽アルゼンチンサッカー協会は13日、かつてアルゼンチン代表としても活躍したパブロ・アイマール氏(37)がU-17アルゼンチン代表監督に就任することを発表した。 ▽アイマールは、リーベル・プレートの下部組織出身で、1997年にトップチーム昇格。2001年にバレンシアへと移籍すると、チームの中心として活躍。2006年7月にレアル・サラゴサ、2008年7月にベンフィカへと移籍。ヨーロッパの舞台で長らく活躍した。 ▽その後、2013年8月にマレーシアのジョホール・ダルル・タクジムへと移籍。2014年4月に退団すると、2015年1月に古巣のリーベル・プレートへと加入し、同7月に現役を引退した。 ▽アイマールはリーガエスパニョーラで209試合に出場し30ゴール16アシスト、ポルトガル・プリメイラリーガで107試合出場12ゴール34アシストを記録。チャンピオンズリーグでは37試合に出場し5ゴール6アシストを記録していた。 ▽また、アルゼンチン代表としても活躍しA代表で53試合に出場し8ゴールを記録していた。 2017.07.14 10:45 Fri
twitterfacebook
thumb

バティストゥータ「記録更新に時間がかかった」後輩メッシの代表ゴール記録に言及

アルゼンチン代表のレジェンド、ガブリエル・バティストゥータが、FIFAのマガジン『FIFA 1904』で同胞の後輩リオネル・メッシについて語っている。<br><br>メッシは昨年6月の代表戦でバティストゥータの54を上回る代表戦ゴール数を記録し、現在では代表戦のゴールを58に伸ばしている。それについてバティストゥータは「5~6年あれば(自身の)記録を破るだろうと思っていたけど、思ったよりも時間を要したね」と語った。<br><br>また、メッシの歴代最多得点に言及しつつもバティストゥータは「私は当時、記録を早くして達成した。これは自分にとって誇れるものだと思っている」と述べている。<br><br>メッシは代表で58ゴールを記録しているが、すでに118キャップに達しており、これは1試合あたり0.49ゴールのペース。その一方で、1991~2002年まで代表でプレーしたバティストゥータは77キャップで54ゴールを記録。これは1試合あたり0.7ゴールのハイアベレージとなっており、バティストゥータにとっては、メッシよりも代表戦での決定力が高いことを物語るデータだとさりげなく主張している。<br><br>提供:goal.com 2017.07.09 16:36 Sun
twitterfacebook
thumb

「サンパオリは売国奴」新監督を批判するマラドーナ

▽“アルゼンチンの英雄”ディエゴ・マラドーナ氏が、今年6月の初めからアルゼンチン代表の指揮官を務めるホルヘ・サンパオリ監督を激しく批判した。スペイン『アス』が伝えた。 ▽マラドーナ氏は1日、コンフェデレーションズカップ2017決勝の前日に、ロシアを訪問した。その際に、サンパオリ氏についての見解を尋ねられると、ロシア・ワールドカップ南米予選で5位に沈むアルゼンチン代表に、初陣となったブラジル代表との国際親善試合での勝利という明るい話題を提供した新監督をバッサリと切り捨てた。 「私が考えるに、ホルヘ・サンパオリは売国奴になるよ。そして、売国奴について語ることはない」 ▽また、マラドーナ氏は、ロシアの大統領を務めるウラジミール・プーチン氏が、自身の憧れであることも語った。 「彼は英雄なんだ。私の家の壁には2つの肖像画が飾ってあるんだが、その内の1つは(キューバの革命家である)フィデル・カストロ。そしてもう1つはウラジミール・プーチンだ」 ▽さらに「アメリカ合衆国大統領のドナルド・トランプ氏はアニメのキャラクターを連想させる」ということも主張し、マラドーナ氏は会話を締めくくった。 2017.07.03 15:09 Mon
twitterfacebook
thumb

“アルゼンチンの英雄”マラドーナ、メッシ結婚式にお呼びなし 「招待状はどこかでなくなったのかも」

▽バルセロナに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシは6月30日、地元アルゼンチンのロサリオでアントネラ・ロクソさんとの結婚式を行った。 ▽結婚式には、各界の著名人が勢揃い。バルセロナのチームメートであるFWネイマール、FWルイス・スアレス、DFジェラール・ピケのほか、チェルシーのMFセスク・ファブレガス、マンチェスター・シティのFWセルヒオ・アグエロらメッシと縁深い250人以上の招待客が参加したとみられている。 ▽しかし、『90min』によれば、その結婚式にお呼ばれしなかった人物がいるようだ。その人物とは、“アルゼンチンの英雄”ディエゴ・マラドーナ氏だ。現在、コンフェデレーションズカップ2017開催中のロシアに滞在するマラドーナ氏は、次のようにコメントしたという。 「メッシを祝福したい。彼は知っているはずだよ。私がどれだけ彼を愛しているのかね」 「私に宛てた結婚式への招待状は、どこかでなくなったのだろう。しかし、メッシに対する態度は変わらない。彼はアスリートとしても、男としても素晴らしいからね」 2017.07.02 13:50 Sun
twitterfacebook
thumb

メッシが30歳に…驚異的な記録

▽6月24日、バルセロナに所属するフットボール界のレジェンド、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシが30歳の誕生日を迎えた。様々なメディアがメッシの素晴らしい記録を伝えている。 ▽『FourFourTwo』は、メッシが349得点でリーガエスパニョーラの歴代最多得点者であることや、507得点でバルセロナ史上最多得点者であることなどを紹介。また、バルセロナとレアル・マドリーの伝統の一戦、“エル・クラシコ”で史上最多の23得点を挙げていることなどや、以下のような得点データを伝えている。 バルセロナでの出場試合数…583試合 出場時間…46985分 勝利数…413試合 引き分け数…103試合 敗戦数…67試合 ゴール数…507得点 左足でのゴール…408得点 右足でのゴール…75得点 ヘディングでのゴール…22得点 そのほか…2得点 アシスト数…193 ▽バルセロナユース出身のメッシは、17歳時の2004年にトップチームデビュー。その後、13シーズンの在籍期間中、8度のリーグ優勝と4度のチャンピオンズリーグ制覇、3度のクラブ・ワールドカップを戴冠した。また、バロンドールはフットボール史上最多となる5度の獲得を成し遂げている。アルゼンチン代表としては118試合に出場して58得点を記録している。 2017.06.24 17:00 Sat
twitterfacebook


FOOTBALL COUNTDOWNS特集
PUMA ONE特集
中間評価
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース