超ワールドサッカー

淫行で服役中の元イングランド代表MFアダム・ジョンソンのビデオが流出…反省の色なしの問題発言を連発2017.04.21 23:21 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽15歳の少女と性的関係を持ち、6年の実刑判決を下された元イングランド代表MFアダム・ジョンソン(29)だが、衝撃のビデオが流出。事件の反省を全くしていない様子が映し出されていた。イギリス『サン』が報じた。

▽ジョンソンは、2015年3月に15歳の少女との性行為および性行為を目的に未成年者を誘った1件で逮捕され、2016年3月にブラッドフォード刑事法院で行われた裁判で懲役6年の実刑判決を下されていた。

▽ミドルズブラの下部組織出身のアダム・ジョンソンは、2005年に17歳でトップチームデビュー。その後、2010年にマンチェスター・シティに加入し、2011-12シーズンにはプレミアリーグ制覇に貢献。その後、2012年に加入したサンダーランドでも主力を担い、今シーズンはリーグ戦19試合に出場し、2ゴールを記録していた。また、イングランド代表では通算12試合に出場し、2ゴールを挙げていた。

▽現在は刑務所で刑期を務めているアダム・ジョンソンだが、隠しカメラの前で仲間の収容者に「中国でプレーはできないのか? あまり良いことは聞かないけど行けるんじゃないのか?」と質問されると、復帰へのプランを明かした。

「僕は多くの可能性を海外に持っている。イングランドで2度目のチャンスをもらうことはできない」

「彼らはおせっかいな連中で『彼はあれをやったんだから、もうプレーはできない』と言うだろう」

▽イングランド国内でのプレーを諦めているアダム・ジョンソン。しかし、このビデオではイングランドどころか、サッカー選手として復帰することを難しくする発言が収められている。

▽アダム・ジョンソンは会話の中で「ここでの6年間、彼女を強姦したいと願うよ」と笑いながらコメント。自身が逮捕されたことへの反省の色を見せず、当時の状況を語った。

「ホームゲームに行くと、駐車場の車の前に毎試合彼女が居たんだ。タイトなジーンズに小さなシャツ、胸はほとんど出ていたよ。スカートはあまりなかった」

「試合が終わると、彼女はいつも写真をねだってきた。6カ月ぐらい続き、彼女が『サインしたユニフォームをもらえませんか?』と聞いてきたんだ。そこからSNSでの関係が始まった」

「僕は彼女を受け入れたし、彼女と話すようになった。何も知らなかったんだ。彼女は17か、18だと思ったね。2、3週間位話して、会うことになった。そして彼女にキスをしたんだ」

▽当時の状況を鮮明に語る姿からは反省の色が見えず、むしろ反感を買ってしまうようなもの。刑期を終えると34歳になっているアダム・ジョンソンだが、イングランドのみならず国外でもプロサッカー選手としてプレーすることは難しいかもしれない。

コメント

関連ニュース

thumb

ネイマール、プロポーズ失敗で美人モデルと3度目の破局

▽バルセロナに所属するブラジル代表FWネイマール(25)が恋人のブルーナ・マルケジーニさん(21)と破局した。スペイン『マルカ』が伝えている。 ▽マルケジーニさんはモデルとして活躍する21歳のブラジル人女性。ネイマールとマルケジーニさんは、過去2度の破局を経て、昨年夏ごろに復縁したとみられていた。 ▽しかし、今回の報道によれば、ネイマールは出席したチャリティーイベントでマルケジーニさんとの交際について問われると、次のようにコメントしたという。 「私生活のことについて話すのは好きじゃないけど、別れたのは本当さ。2人で決めたことなんだ。彼女は、素晴らしい女性。彼女の幸せを願うよ。僕らは友人として終わった」 ▽なお、『マルカ』が伝えたブラジルメディア『UOL』の情報によれば、ネイマールのプロポーズにマルケジーニさんが「ノー」と返答したことが破局した理由とのこと。結婚観に違いがあったのかもしれない。 2017.06.24 19:15 Sat
twitterfacebook
thumb

ポグバの移籍でユベントスに不正が発覚…FIFAの調査で明らかに

▽国際サッカー連盟(FIFA)は、昨年8月にユベントスからマンチェスター・ユナイテッドに移籍したフランス代表MFポール・ポグバの取引に関し、ユベントスに規律違反があったことを明らかにした。イギリス『BBC』など複数メディアが報じた。 ▽FIFAは、5月に史上最高額の8900万ポンド(当時のレートで約121億円)でユベントスからユナイテッドへと移籍したポグバに関して、両クラブに取引の明確化を求めていた。この結果、ユベントス側の違反が発覚し、懲戒手続きを開始するとのことだ。 ▽FIFAのスポークスマンは『ESPN』で「マンチェスター・ユナイテッドに対する懲戒処分はないことを確認している」とコメント。「ユベントスに対しては懲戒処分があることが確認された。手続きを進めている段階なので、これ以上のコメントはできない」と語り、ユベントスが処分されることを明かした。 ▽今回の件では、第三者の所有権の規則に抵触している可能性があるとのことで、不正に報酬を得ていたことが疑われている。 2017.06.21 11:37 Wed
twitterfacebook
thumb

C・ロナウド、18億円の脱税容疑で7月31日に出廷へ

▽脱税容疑がかけられるレアル・マドリーのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(32)の出廷日が決まったようだ。スペイン『アス』が報じている。 ▽伝えられるところによれば、出廷日は7月31日の現地時間11時。C・ロナウドに対しては、2011年から2014年にかけて、総額1470万ユーロ(約18億2000万円)にも及ぶ肖像権収入を不正申告した疑いがかけられている。 ▽そのC・ロナウドを巡っては、このたびの脱税疑惑の問題が引き金となり、クラブのサポート不十分として、今夏のレアル・マドリー退団を希望しているとみられている。今後もピッチ内外でトピックを飾ることになりそうだ。 2017.06.20 21:15 Tue
twitterfacebook
thumb

モウリーニョ、C・ロナウドに続き脱税の疑いで起訴

▽マンチェスター・ユナイテッドを率いるジョゼ・モウリーニョ監督(54)が、脱税容疑でスペイン検察当局から起訴された。イギリス『BBC』など複数メディアが報じている。 ▽伝えられるところによれば、モウリーニョ監督は2011年から2012年の2年間にかけて、総額330万ポンド(約4億6000万円)を脱税。肖像権収入を不正申告した疑いがあるという。 ▽フットボール界では先日、1470万ユーロ(約18億2000万円)にも及ぶ脱税の疑いがあるとして、レアル・マドリーに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(32)も起訴されたばかりだ。 2017.06.20 20:55 Tue
twitterfacebook
thumb

ミランとの契約延長拒否のGKドンナルンマ、ライオラ氏が会見で真相を明かす

▽契約延長交渉を拒否したと報じられているミランのイタリア代表GKジャンルイジ・ドンナルンマについて、代理人のミーノ・ライオラ氏が18日に会見を行った。イタリア『スカイ・スポーツ』が報じた。 ▽18歳ながらミランの守護神を務め、イタリア代表でも将来の守護神になることが期待されているドンナルンマ。交渉を拒否した理由については、ミラン側が情報を漏えいさせ、交渉を急ぎすぎたとも報じられていた。 ▽ドンナルンマの退団報道を受け、ファンやサポーターが激怒。クラブ本部にはドンナルンマを批判するバナーが掲げられ、家族など周囲の人間にも嫌がらせが広がってしまっている状況だ。 ▽そんな中、ライオラ氏が今回の件について会見を実施。ミラン側に問題があったことを明かし、ドンナルンマの意見が変化していったことを明かした。 「当初、ジージョ(ジャンルイジ・ドンナルンマ)はミランと更新することを喜んでいた。それが彼の考えだった。そして、私は常にゼロ円で移籍することはないといってきた。なぜなら、彼は間違っていない。でも、色々な事があり、考えを変えた。そして、ミランが彼との契約延長を打ち切った」 「まず第一に、ミランはオフィスに掲げられているドンナルンマに対するバナーが掲示されている。ミランのようなクラブは、それを取り除くべきだった」 「それから、契約延長の交渉の際、ミランのリーダーの態度だ。彼らは我々を脅し、彼にプレーをさせないと言った。クラブが1人の選手との契約延長を望むならば、最善の策であるとは思えない」 「ミラベリSDとは感情が合わない。我々は完全に異なる波長だよ。経営者としての態度には同調できない。彼がしているのはモラルハラスメントだ」 「他のチームとはまだ話をしていない。我々は何の合意もしていない。我々はジージョのために新たなチームをすぐに見つけることはできない」 2017.06.19 13:08 Mon
twitterfacebook


コンフェデ杯
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース