悲劇…元イングランド代表DFでトッテナムU-23のウーゴ・エヒオグ監督が練習場での心臓発作で44歳で急逝2017.04.21 18:31 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽トッテナムは21日、U-23チームの監督を務めていた元イングランド代表DFウーゴ・エヒオグ氏(44)が同日早朝に心臓発作で逝去したことを発表した。

▽エヒオグ氏は、20日午前にトッテナムの練習場で心臓発作を起こし、クラブのメディカルスタッフによる応急処置を受けた後、ロンドン市内の病院に緊急搬送されていた。だが、懸命の治療を施したものの、21日の早朝に他界した。

▽トッテナムの育成部門のトップを務めるジョン・マクダーモット氏は、エヒオグ氏の突然の訃報を受けて、クラブ公式サイトで以下のような声明を発表した。

「私たちとクラブが感じる悲しみとショックは言葉に表すことができません。ウーゴという巨大な存在は何にも代えることができません。私たちの心からの哀悼を彼の妻であるジェンマ、その家族に捧げます」

▽また、トッテナムはエヒオグ氏への哀悼の意を表すと共に、妻であるジェンマさんのプライバシーを尊重するよう、声明の中で求めている。さらに、同氏の治療にあたった地元の病院や医師への感謝の言葉も伝えている。

▽現役時代に屈強なセンターバックとして活躍したエヒオグ氏は、WBAやアストン・ビラ、ミドルズブラ、レンジャーズといったクラブでプレー。1996年にはイングランド代表デビューを飾り、通算4試合に出場していた。

▽その後、2014年からトッテナムのU-23チームの監督を務めていた。なお、U-18日本代表経験を持ち、トッテナムU-23チームに在籍するMFサイ・ゴダードは、エヒオグ氏の指導を受けていた教え子の1人だ。

▽現在、チェルシーと熾烈なプレミアリーグ優勝争いを戦うトッテナムにとって、アカデミーの監督で人格者として知られていたエヒオグ氏の突然の訃報は、精神的に大きな影響を与えそうだ。そして、悲しみに暮れるチームは、22日にウェンブリーで行われるFAカップ準決勝でチェルシーとのビッグマッチに臨む。

コメント

関連ニュース

thumb

クラブ批判騒動のローズが復帰戦で温かい反応見せたサポーターに感謝

▽トッテナムに所属するイングランド代表DFダニー・ローズが、17日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)・グループH第3節、レアル・マドリー戦(1-1のドロー)で今年1月以来の復帰を果たした。 ▽そして、ローズは今夏にクラブ批判騒動を起こした中、復帰戦で温かい反応を見せたサポーターへの感謝を口にしている。イギリス『ロンドン・イブニング・スタンダード』が同選手のコメントを伝えている。 ▽ローズは今年1月にヒザを負傷して以降、手術を行った影響もあり、9カ月ほどの戦線離脱を強いられていた。 ▽また、今夏にイギリス『サン』のインタビューでは「Googleで検索する必要がない一流の選手獲得が必要」と、クラブの補強戦略を批判する趣旨の発言や、独自のサラリーキャップを設けてその他のビッグクラブに比べてサラリーが明らかに少ないことを非難。この発言後、反響の大きさを考慮して謝罪を行うも、多くのサポーターの不評を買うなど、苦しい立場に追い込まれていた。 ▽そんな状況の中での復帰戦となり、ローズは試合前のウォーミングアップや80分過ぎにFWフェルナンド・ジョレンテに代わって途中投入される場面でのブーイングを覚悟していた。だが、サンティアゴ・ベルナベウに遠征した4000人ほどのアウェイサポーターは、これまでと変わらず温かい声援で同選手の復帰を歓迎した。 「正直、僕がやったことに対して、サポーターから冷たい反応があると思っていたんだ。だけど、サポーターは僕がピッチに入ったとき、試合後にピッチ内でトレーニングをしているとき、とても温かな反応を示してくれた。そのことにとても感謝しているよ」 「今シーズンの残りを楽しみにしているよ。まず初めに自分のポジションを取り戻す必要がある。監督は過去の僕の発言をもう忘れてくれているし、僕たちはチームとして前進し、トロフィー獲得に向けてチャレンジしているんだ」 ▽また、ローズは練習復帰から間もない段階でいきなりマドリーとのビッグマッチで復帰を果たしたことに関して以下のように説明している。 「僕の頭の中では(来週ミッドウィークに行われるEFLカップの)ウェストハム戦で数分間プレーする予定だったんだ。先週の日曜日に良い感覚でトレーニングすることができ、ロッカールームに戻ってシャワーを浴びる準備をしていたんだ」 「そのときに監督から上の階に呼ばれて、『今日は良い感じでプレーできていたね。マドリッドで10分か15分プレーできるか?』て聞かれたんだ。そのときに僕は『もちろん、できます。問題はないです』って答えたんだ」 「正直、今回の試合は家のテレビで観戦すると思っていたし、数日前の時点では全く想定していなかったよ。同様に復帰戦で初めて中盤(インサイドMF)でプレーするなんて驚いたよ」 「ここ数カ月はイライラすることが多かったけど、ここ数日間にはその価値があったと思うよ」 2017.10.19 02:02 Thu
twitterfacebook
thumb

スパーズのモドリッチ2世、本家との初マッチアップに「彼とのプレーは特別だった」

▽トッテナムは、17日にサンティアゴ・ベルナベウで行われたチャンピオンズリーグ(CL)・グループH第3節、レアル・マドリー戦を1-1のドローで終えた。この試合でフル出場を果たしたイングランド代表MFハリー・ウィンクスが、少年時代からの憧れのプレーヤーとのマッチアップを振り返っている。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ▽トッテナムのアカデミー育ちのウィンクスは、2008年にディナモ・ザグレブからトップチームに加入したクロアチア代表MFルカ・モドリッチを常に目標に掲げ、日々研鑽を積んで来た。そして、17日に行われた試合でアンカーでフル出場した同選手は、その憧れのモドリッチやもう1人の名手トニ・クロースと幾度となくマッチアップした。 ▽ウィンクスは、自身のプレーするポジションで世界屈指の評価を集める2選手とのマッチアップが非常に厳しいものだったと振り返りつつも、憧れのモドリッチとのプレーを楽しんだと語っている。 「僕が子供時代にアカデミーに通っていたとき、彼(モドリッチ)のことをいつもホワイト・ハート・レーンで見ていたんだ」 「僕は今でも彼のことを尊敬しているし、彼は本当に素晴らしいワールドクラスのプレーヤーなんだ。彼と対峙してプレーできたことは特別なことだったよ」 「彼とクロースは2人のワールドクラスだ。僕自身、憧れのプレーヤーたちだから、少し意識してしまう部分もあったよ。だけど、それを一旦脇に置いて通常のゲームで普段の相手とプレーするような意識でプレーしていた」 ▽また、ウィンクスはチームに勝ち点1をもたらすビッグセーブを連発した守護神のウーゴ・ロリスを絶賛している。 「彼は世界最高クラスのキーパーだよ。ベンゼマの決定機を彼がどのように止めたのか、理解できないよ。あんなセーブは他の人にはなかなかできるものではないし、だからこそ彼が世界最高のキーパーの1人なんだ」 2017.10.19 00:49 Thu
twitterfacebook
thumb

レアルGKナバス、トッテナム戦の引き分けに「満足できない」…来月の再戦に向け意気込み

レアル・マドリーGKケイラー・ナバスは、トッテナム戦の結果は満足できるものではないと語っている。<br><br>17日に行われたチャンピオンズリーグのグループステージ第3節で、レアル・マドリーはホームでトッテナムと対戦。ラファエル・ヴァランのオウンゴールで先制点を許したマドリーだが、45分にクリスティアーノ・ロナウドがPKから得点を挙げて追いつき、グループHの首位攻防戦は1-1の引き分けに終わった。<br><br>FWハリー・ケインの決定機を何度も防ぐなど、勝ち点1の獲得に貢献したナバスは、試合後『アンテナ3』で「この結果に満足なんてできない。僕たちは勝利を求めていたよ。神様のおかげで良いプレーはできた」とパフォーマンスを評価したものの、ホームでの引き分けに不満があると語った。<br><br>続けて「彼らにもチャンスはあったし、僕らもそうだった。とても良い試合だったと思う。(ウーゴ・)ロリスはいくつかビッグセーブを見せていた。何度かチャンスがあったが、思うようにはいかなかった。常にクリーンシートを目指しているが、(失点の場面は)どうしようもなかった。でも、次は得点を許さず、勝利できることを願っている」とコメントを残している。<br><br>この引き分けで、マドリーとトッテナムはともに2勝1分けの勝ち点7で並んでいる。この2チームは、2週間後の11月1日にウェンブリー・スタジアムで再び激突する。<br><br><br>提供:goal.com 2017.10.18 19:37 Wed
twitterfacebook
thumb

「ポチェッティーノは世界のどんなクラブでも指揮できる」レドナップ氏が大絶賛

▽かつてリバプールでプレーした元イングランド代表MFのジェイミー・レドナップ氏が、トッテナムを率いるマウリシオ・ポチェッティーノ監督を称賛している。 ▽ポチェッティーノ監督は、2014年5月にサウサンプトンからトッテナムの指揮官に就任。すると就任2年目にはプレミアリーグ3位、3年目となった昨シーズンには2位に食い込むなど、トッテナムを優勝争いに加わるだけのチームに引き上げた。今シーズンに関しても開幕8試合で3位と好位置をキープしている。 ▽さらに今シーズンは、昨シーズングループステージ敗退に終わったチャンピオンズリーグでもここまでの3試合で2勝1分けと好スタートを切り、レアル・マドリーと並んでグループHの首位に立っている。 ▽そんな中、イギリス『スカイ・スポーツ』で解説者を務めるレドナップ氏は、同局の番組内でポチェッティーノ監督を「世界のどんなクラブも指揮できる」と絶賛した。 「みんながポチェッティーノについて話している。彼はどの指揮官にも劣らずそこにいる。世界のどんなクラブでも間違いなく指揮することができる。トッテナムは運が良いよ。彼らは選手の成長という部分でも最高の監督を持っている。彼には誰にも劣らないくらい、選手を改善し、戦術にも長けた能力を持っている」 ▽一方で、優秀な指揮官なだけに、他クラブが興味を持つことを危惧。トッテナムがポチェッティーノ監督を留まらせるために気を配らなくてはいけないと主張している。 「ポチェッティーノには気を配ってほしい。多くの人はハリー・ケインがレアル・マドリーに行くかもしれないと思っているだろうが、ポチェッティーノにも気を配らないと同じことになるかもしれない。我々は同じレベルで彼について話している」 「トッテナムはポチェッティーノと同じくらい野心的でなくてはいけない。ただ、トッテナムは次のレベルに上がるために、スタジアムを新しくするなど、彼がトッテナムに留まりたいと思うように努力している」 「ダニエル・レヴィ会長は、チームに投資して、ポチェッティーノの望みを尊重しなくてはいけないね」 2017.10.18 12:25 Wed
twitterfacebook
thumb

トッテナム指揮官、マドリーとのドローに大きな手応え「対等に戦っていけることを証明した」

▽トッテナムを率いるマウリシオ・ポチェッティーノ監督は、レアル・マドリーとのドローに手応えを感じているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ▽トッテナムは17日、チャンピオンズリーグ・グループH第3節でマドリーとのアウェイ戦に臨んだ。連勝同士で迎えた一戦は28分、オーリエの右サイドからのクロスがオウンゴールを誘発して敵地で先制に成功。しかし、43分にクリスティアーノ・ロナウドにPKを決められてしまい試合を振り出しに戻される。後半はマドリーに押し込まれる時間帯もあった中、トッテナムはGKウーゴ・ロリスの奮闘でなんとか耐え抜き、勝ち点1を持ち帰った。 ▽試合後、ポチェッティーノ監督はマドリーとの敵地での引き分けに満足感を示している。 「この試合は、メンタルの根本的な部分で我々が対等に戦っていけるということを証明する機会となった」 「トッテナムはまだ発展途中のチーム。昨シーズングループステージで奪った勝ち点7を、今シーズンは3試合で奪えている。昨シーズンは、興奮させるような試合ができず、とても残念だった。しかし、我々は大きく前進をしたし、ポテンシャルを高めている。それも非常に大きなモノにね」 「結果は最も重要なものではない。目的はレアル・マドリー相手に太刀打ちすることであり、なんとか成し遂げることができた。それが嬉しいよ」 2017.10.18 12:15 Wed
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース