悲劇…元イングランド代表DFでトッテナムU-23のウーゴ・エヒオグ監督が練習場での心臓発作で44歳で急逝2017.04.21 18:31 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽トッテナムは21日、U-23チームの監督を務めていた元イングランド代表DFウーゴ・エヒオグ氏(44)が同日早朝に心臓発作で逝去したことを発表した。

▽エヒオグ氏は、20日午前にトッテナムの練習場で心臓発作を起こし、クラブのメディカルスタッフによる応急処置を受けた後、ロンドン市内の病院に緊急搬送されていた。だが、懸命の治療を施したものの、21日の早朝に他界した。

▽トッテナムの育成部門のトップを務めるジョン・マクダーモット氏は、エヒオグ氏の突然の訃報を受けて、クラブ公式サイトで以下のような声明を発表した。

「私たちとクラブが感じる悲しみとショックは言葉に表すことができません。ウーゴという巨大な存在は何にも代えることができません。私たちの心からの哀悼を彼の妻であるジェンマ、その家族に捧げます」

▽また、トッテナムはエヒオグ氏への哀悼の意を表すと共に、妻であるジェンマさんのプライバシーを尊重するよう、声明の中で求めている。さらに、同氏の治療にあたった地元の病院や医師への感謝の言葉も伝えている。

▽現役時代に屈強なセンターバックとして活躍したエヒオグ氏は、WBAやアストン・ビラ、ミドルズブラ、レンジャーズといったクラブでプレー。1996年にはイングランド代表デビューを飾り、通算4試合に出場していた。

▽その後、2014年からトッテナムのU-23チームの監督を務めていた。なお、U-18日本代表経験を持ち、トッテナムU-23チームに在籍するMFサイ・ゴダードは、エヒオグ氏の指導を受けていた教え子の1人だ。

▽現在、チェルシーと熾烈なプレミアリーグ優勝争いを戦うトッテナムにとって、アカデミーの監督で人格者として知られていたエヒオグ氏の突然の訃報は、精神的に大きな影響を与えそうだ。そして、悲しみに暮れるチームは、22日にウェンブリーで行われるFAカップ準決勝でチェルシーとのビッグマッチに臨む。

コメント

関連ニュース

thumb

スパーズ、バレンシアの至宝FWラファ・ミル獲得に関心か

▽トッテナムがバレンシアに所属するスペイン人FWラファエル・ミル(19)の獲得に関心を示しているようだ。スペイン『Fichajes』が報じている。 ▽バルセロナのマシアに在籍経験もある189cmの大型ストライカーのミルは、2015年11月に行われたチャンピオンズリーグ・グループステージのゼニト戦でトップチームデビュー。今シーズンもトップチームで公式戦5試合に出場している同クラブ期待の若手の1人だ。 ▽『Fichajes』の伝えるところによれば、以前からミルの才能を高く評価するマウリシオ・ポチェッティーノ監督が、獲得に関心を示しているという。そして、トッテナムは今夏の移籍市場で800万ユーロ(約9億3000万円)に設定されている契約解除金を支払う準備を進めているようだ。 2017.04.23 17:20 Sun
twitterfacebook
thumb

FAカップ敗戦を悔やむトッテナムのポチェッティーノ監督「試合を支配していたが…」

トッテナムのマウリシオ・ポチェッティーノ監督は、チームが試合を支配していたものの、チェルシーが試合巧者だったと『BBC』のインタビューで話している。<br><br>22日にウェンブリー・スタジアムで行われたFAカップ準決勝のチェルシーvsトッテナムは、ハリー・ケインとデレ・アリが得点するも、ウィリアンやエデン・アザールらに4ゴールを許し、スパーズは2-4で敗れ決勝進出を逃している。<br><br>試合後、ポチェッティーノ監督は「チェルシー、おめでとう。我々は試合を支配していたが、彼らはより効率的に得点を重ねた」と勝利した相手チームを称え、以下のように続けた。<br><br>「健闘した選手たちを誇らしく感じている。彼らはたった5本のシュートで4ゴールを挙げ、我々はたったの2ゴールだった。あのPKの場面は不運だったが、我々はプレーを続け、スコアを挙げた。なんとか1-2で試合を折り返し、迎えた後半も良いプレーを見せ、得点を奪ったが、すぐに彼らにゴールを許してしまった」<br><br>現在リーグ戦では首位チェルシーと4ポイント差の2位につけるトッテナムは、逆転優勝の可能性を残して26日のクリスタル・パレス戦に挑む。<br><br>アルゼンチン人指揮官は「今は前を向くしかない。彼らの4ポイント後ろを走っていて、次の試合に勝てる準備をするだけだ。何も心配はない。我々はヨーロッパのベストチームの一つと対等に戦えた」とFAカップでの敗戦が今後のリーグ戦に影響する可能性は小さいと考えているようだ。<br><br>さらに「クリスタル・パレス戦もタフな試合になる。この試合を見返して、次の試合までに改善できるよう努める。我々はまだまだ発展途上のチームだ。今シーズンのFAカップ優勝を逃しても、また来季それを目指せばいい。もちろん今はこの敗戦に失望しているが、これがフットボールだ」と話している。<br><br><br>提供:goal.com 2017.04.23 14:50 Sun
twitterfacebook
thumb

バルセロナ、今夏のエリクセン獲得を画策か

▽バルセロナは、今夏の攻撃陣補強として、トッテナムに所属するデンマーク代表MFクリスティアン・エリクセン(25)をリストアップしているようだ。イギリス『デイリー・ミラー』が伝えている。 ▽エリクセンは、2013年夏にアヤックスからトッテナムに加入。それ以来、チーム屈指のプレーメーカーとして出色のパフォーマンスを披露し続け、昨年9月に2020年までの新契約にサインした。 ▽しかし、伝えられるところによれば、攻撃陣の再建を見据えるバルセロナは、エリクセンの動向を注視。FWリオネル・メッシ、FWネイマール、FWルイス・スアレスの束ね役を見込んでいるという。 2017.04.23 10:00 Sun
twitterfacebook
thumb

チェルシーが2度追いつかれながらもアザール弾で勝ち越し、トッテナムを下して決勝進出!!《FAカップ》

▽22日にFAカップ準決勝のチェルシーvsトッテナムが行われ、4-2で勝利したチェルシーが決勝へと駒を進めている。 ▽プレミアリーグで首位を走るチェルシーと、勝ち点4差で追いかける2位のトッテナムが、決勝戦進出を懸けて準決勝で相見えた。チェルシーはプレミアリーグのユナイテッド戦から中2日での試合で、5選手を入れ替えた。前線ではジエゴ・コスタとアザールがスタメンを外れている。 ▽一方のトッテナムは、中6日と休養十分でビッグマッチに臨む。ボーンマス戦からウォーカーとB・デイビスが外れ、トリッピアーとワニャマがスタメン起用となった。試合前には先日亡くなったU-23チームの監督を務めていた元イングランド代表DFウーゴ・エヒオグ氏への黙祷が捧げられた。 ▽トッテナムボールで始まった一戦、そのトッテナムはバックラインにアルデルヴァイレルト、E・ダイアー、ヴェルトンゲンの3バックで入った。チェルシーも3バックを敷き、ジエゴ・コスタとアザールが不在の前線はバチュアイを頂点にペドロとウィリアンが両脇を固めた。すると試合は立ち上がりに動きを見せる。5分、ペドロの仕掛けからボックス手前右の位置でFKを獲得したチェルシーは、ウィリアンが直接狙うとボールはゴールマウスの右隅を捕え、チェルシーが最初のチャンスで先制に成功した。 ▽チェルシーは8分にもチャンスを作る。ウィリアンが前線からプレスをかけにいくと、連動してコースを消しにいったカンテがボールを奪取。GKロリスはゴールマウスを飛び出していたが、カンテはシュートを打てずに追加点とはならなかった。面食らった印象のトッテナムは、バックラインでボールを繋ぎながら様子を伺うも、中盤にボールを入れた際にチェルシーのプレスが早く、ファイナルサードで勝負ができない。 ▽17分には相手陣内でのFKで、エリクセンはクイックリスタートを選択。ボックス内で受けたケインが狙うも、相手にシュートを当ててしまった。しかしこれで得た右CKからエリクセンがニアサイドに低いクロスを入れる。するとケインがバックヘッドで流すと、GKクルトワの逆を付いてネットを揺らし、トッテナムが早い時間帯で試合を振り出しに戻した。 ▽その後もトッテナムがポゼッションを握り、チェルシーを押し込んでいく。追いつかれたチェルシーは、自陣でのエラーが目立ち、ボールを奪ってもそこから前線へのパスがつながらず推進力を出せない。35分にはヴェルトンゲンのアーリークロスにE・ダイアーが頭で合わせる。しかしボールは右のポストをかすめて、逆転とはならず。 ▽その後もトッテナムが押し込む展開の中、41分にチェルシーが自陣からカウンターを仕掛けると、右サイドでモーゼスがボックス内へとドリブル。ソン・フンミンがスライディングでブロックしに入ると、上手くモーゼスが倒れてPKを獲得。このチャンスをウィリアンがきっちりと決めきり、チェルシーが勝ち越して前半を終えた。 ▽お互いに交代なしで迎えた後半、追いかけるトッテナムがボールを持ち、リードするチェルシーが自陣で守備ブロックを敷く展開は前半と変わらず。すると52分、右サイドの浅い位置でボールを受けたエリクセンがDFとGKの間に鋭いクロスを配給。これに反応したデレ・アリが滑り込みながら押し込んでトッテナムがまたも同点とする。 ▽チェルシーは61分、バチュアイとウィリアンを下げてジエゴ・コスタとアザールを送り出す。トッテナムも68分にソン・フンミンを下げてウォーカーを送り出すなど、両チーム共に選手を入れ替えてゴールを目指す。すると75分、右CKを獲得したチェルシーは、この流れからボックス外でこぼれ球を拾ったアザールが右足を一閃。これがゴールマウス右隅に収まり、チェルシーが3度目のリードを手にする。 ▽さらに80分、右サイドからアザール、セスクと繋ぎ、アザールが下げたボールにマティッチが右足を強振。これがゴールマウス上段の右隅をとらえてリードを2点に広げた。その後はチェルシーがしっかりと試合をクローズ。後半アディショナルタイムには、ケインのFKがGKクルトワの脇を抜けてゴール方向に転がるも、ライン上でストップし試合は終了。チェルシーが2度追いつかれながらもアザール弾で逃げ切り決勝進出を決めた。 2017.04.23 03:11 Sun
twitterfacebook
thumb

PFAベストイレブンが発表!! チェルシー&トッテナムから最多4選手が選出

▽イングランドプロサッカー選手協会(PFA)は20日、2016-17シーズンのベストイレブンを発表した。 ▽今回発表されたベストイレブンでは、プレミアリーグで首位に立つチェルシーから、年間最優秀選手賞の候補にも残っているベルギー代表MFエデン・アザールやMFフランス代表MFエンゴロ・カンテなど最多タイとなる4選手が選出。また、プレミアリーグで2位につけるトッテナムからも得点ランキング2位のイングランドFWハリー・ケインや昨季PFA年間最優秀若手選手を受賞したイングランド代表MFデレ・アリら4選手が選出された。 ▽なお、PFA年間最優秀選手賞の受賞者は23日にロンドンで発表される。今回発表されたPFAベストイレブンは以下の通り。<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20170420_30_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div><B>GK</B> <span style="font-weight:700;">ダビド・デ・ヘア</span> (マンチェスター・ユナイテッド) <B>DF</B> <span style="font-weight:700;"> カイル・ウォーカー</span> (トッテナム) <span style="font-weight:700;">ギャリー・ケイヒル</span> (チェルシー) <span style="font-weight:700;">ダビド・ルイス</span> (チェルシー) <span style="font-weight:700;">ダニー・ローズ</span> (トッテナム) <B>MF</B> <span style="font-weight:700;"> サディオ・マネ</span> (リバプール) <span style="font-weight:700;">デレ・アリ</span> (トッテナム) <span style="font-weight:700;">エンゴロ・カンテ</span> (チェルシー) <span style="font-weight:700;">エデン・アザール</span> (チェルシー) <B>FW</B> <span style="font-weight:700;">ロメル・ルカク</span> (エバートン) <span style="font-weight:700;">ハリー・ケイン</span> (トッテナム) ※フォーメーションはPFA公式サイト参照 2017.04.21 00:00 Fri
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース