超ワールドサッカー

バイエルン戦欠場のベイルがトレーニング再開!! しかしジダンは慎重な構え2017.04.21 08:52 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽レアル・マドリーのウェールズ代表MFガレス・ベイルが、トレーニングを再開したようだ。スペイン『アス』が報じている。

▽ベイルは12日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝1sレグのバイエルン戦に先発で出場。しかし58分に負傷交代を余儀なくされた。その後の検査で、ふくらはぎの負傷であることが判明し、18日に行われたバイエルンとのリターンレグを欠場している。

▽23日に行われるリーガエスパニョーラ第33節ではバルセロナとのクラシコが控える中、当初は同試合を欠場する可能性があると言われていた。しかし、『アス』によるとベイルは20日に行われたチームトレーニングに参加しており、順調な回復ぶりを見せている。

▽一方で『アス』は、ジネディーヌ・ジダン監督が危険を冒すことはないと主張。バイエルンとのリターンレグ前日に行われた会見で「ベイルの状況は段階を経てみていく」と語っているだけに、万全の状態でない限りはクラシコでプレーすることはないだろうとの見方を示した。

▽なお『アス』によれば、ベイルはマドリーに加入してからこれまでに16度も負傷しているようだ。その中でもふくらはぎが最多となる7回目の負傷となっており、ジダン監督の慎重な姿勢に理解を示している。

コメント

関連ニュース

thumb

逸材テオ・エルナンデス、レアル・マドリー移籍認める「夢だった」

▽アトレティコ・マドリーのU-20フランス代表DFテオ・エルナンデス(19)が今夏のレアル・マドリー移籍を認めたようだ。スペイン『アス』が伝えた。 ▽左サイドバックのテオ・エルナンデスに関しては、今夏にマドリーが同選手の契約解除金である2400万ユーロ(約30億5000万円)に加え、アトレティコ・マドリーとの関係悪化回避のために数百万ユーロを加えることで移籍が成立するとみられている。 ▽現時点で両者から公式発表がなされていない中、現在アメリカのロサンゼルスにいるテオ・エルナンデスが、『Los Angeles Sports Today』に対して以下のように話したとのことだ。 「(レアル・マドリーでのプレーは)子どもの頃からの夢だった。次のシーズンを楽しみにしている。世界最高の選手たちとプレーできることに興奮している。自分の仕事を頑張り続け、ハードに戦っていきたい」 2017.06.28 20:11 Wed
twitterfacebook
thumb

レアルのペレス会長はモラタ残留を強調「交渉は進んでいない」

レアル・マドリーのスペイン代表FWアルバロ・モラタには今夏、他国のビッグクラブへの移籍話が浮上している。だが同クラブ会長のフロレンティーノ・ペレス氏は、モラタの移籍話が進んでいないことを明かした。<br><br>ペレス会長はスペインのラジオ局『esRadio』で「(マンチェスター・)ユナイテッドとの交渉が進んでいるとは思わないね。交渉自体ない、とまでは言わないが」とコメント。<br><br>さらに、「報道では何百万回も『移籍が合意に至った』という記事を読んだよ。だけどそれは事実とは異なるし、現時点でモラタがマドリーから去るということはない」と残留を強調した。<br><br>モラタは今シーズン、リーグ戦26試合15ゴールという好成績を残したものの、先発出場はわずか14試合で、チャンピオンズリーグを含めてもスーパーサブの役回りが多かった。そのため、本人は他のクラブへの移籍を希望しているとされるが、ペレス会長は移籍交渉が頓挫していることを明かしている。<br><br>モラタにはマンチェスター・Uのほか、ミラン、ドルトムントなどが獲得に名乗りを上げていたとされる。<br><br>提供:goal.com 2017.06.28 16:50 Wed
twitterfacebook
thumb

レアルのペレス会長がムバッペに言及「居場所を確保するのは難しい」

レアル・マドリーのフロレンティーノ・ペレス会長は、スペインのラジオ局『esRadio』でFWキリアン・ムバッペの状況について言及した。<br><br>昨シーズン、モナコでブレイクを果たし、18歳ながら世界中のビッグクラブから注目を集める存在となったムバッペ。レアル・マドリーも例外ではなく、ジネディーヌ・ジダン監督が電話で説得を試みたと伝えられるなど、獲得に本腰を入れつつある。ペレス会長も「非常に優れた選手」と評価しつつ、このように続けた。<br><br>「ポール・ポグバと契約しろと昨夏に言われていたときを思い出すね。でも夏は長い。ジダンは数年前からムバッペと近い関係にあるしね」<br><br>一方で、ムバッペが加入する場合、チームでの立ち位置が難しいものとなることも示唆している。<br><br>「18歳の選手がレアル・マドリーでプレーするとすれば、我々には忍耐力が必要だ。連れてきて、ベンチに置くというだけでは十分ではない。ムバッペを考慮する必要があるが、彼の年齢で居場所を確保させるのは難しい」<br><br>ムバッペは移籍の条件として出場機会の確保を挙げているとされる。ジダン監督は保証したとも伝えられるが、今後この点が移籍の最大の焦点となっていきそうだ。<br><br>提供:goal.com 2017.06.28 13:20 Wed
twitterfacebook
thumb

「クリスティアーノが怒っているのはわかっているが…」レアル会長はエース残留を疑わず

レアル・マドリーのフロレンティーノ・ペレス会長が、現在退団騒動の巻き起こっているクリスティアーノ・ロナウドについてラジオ局『esRadio』で言及している。ペレス会長はC・ロナウドがチームに留まってくれると信じてやまないようだ。<br><br>「クリスティアーノが怒っているのはわかっているが、彼は今後もここに居てくれると信じている」<br><br>「彼とはまだ(脱税疑惑の発覚後)話していないが、我々がこれからすべきことはコンフェデレーションズカップの優勝トロフィーを囲んで、話すことだね」<br><br>ペレス会長はC・ロナウドの退団話は現実的でなく、コンフェデ杯を制した後にねぎらいの言葉を掛けたいという意向を示した。C・ロナウドに対して、あくまで絶大な信頼を寄せており、現在準決勝進出を果たしているFIFAコンフェデレーションズカップでも、ポルトガルが優勝すると信じている模様。<br><br>また、会長は「クリスティアーノについて、(代理人のジョルジュ・)メンデス氏と連絡を取り合っている。必要以上に心配することもない」と続け、あくまでC・ロナウドとの関係は良好であり、今夏の退団はないと強調している。<br><br>「税金やその他の話題でクリスティアーノを傷つけようとしている人が多く、彼はそれに対して人間不信になっているんだろう」<br><br>提供:goal.com 2017.06.28 12:15 Wed
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド移籍の早期決着を目指して…モラタ、ハネムーン先から一時帰国か

▽スペイン『アス』は27日、レアル・マドリーに所属するスペイン代表FWアルバロ・モラタ(24)がマンチェスター・ユナイテッド移籍へ動いたと報じた。 ▽昨シーズンのリーガエスパニョーラでチームトップのFWクリスティアーノ・ロナウドに次ぐ15ゴールを記録したものの、以前から出場機会を求めてレアル・マドリー退団が報じられてきたモラタ。すでにユナイテッドと個人合意に達しているとの見方が強く、あとはクラブ間合意のみとみられているが、移籍金において交渉の難航が伝えられてきた。 ▽『アス』によれば、ユナイテッドは現時点で移籍金7400万ユーロ(約94億円)のオファーを打診しているが、レアル・マドリーは8500万〜9000万ユーロ(約108億〜114億4000万円)を強く要求。この状況を聞きつけた渦中のモラタは、新婚旅行先のイビサに妻を置き、ユナイテッド移籍の早期決着を目指して、一時マドリッドに戻ったとのことだ。 2017.06.28 10:00 Wed
twitterfacebook


コンフェデ杯
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース