ネイマールのクラシコ出場は絶望的に…RFEFがバルサの訴えを却下し残すはCASの判断2017.04.21 08:50 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽バルセロナのブラジル代表FWネイマールが、出場停止によりクラシコを欠場することが決定的となったようだ。スペイン『アス』が報じている。

▽ネイマールは8日に行われたリーガエスパニョーラ第31節のマラガ戦(0-2でバルセロナが敗戦)に先発出場するも、65分に2度目の警告を受けて退場処分となった。さらにネイマールは、試合を通しての判定を不服として、退場する際に副審に対して皮肉を込めた拍手を送っていた。

▽そのためネイマールは、退場処分による1試合に加えてさらに2試合の出場停止処分が科されている。バルセロナはこの決定を不服として上訴していたが、スペインフットボール連盟(RFEF)はバルセロナの訴えを認めず、最初の決定通り3試合の出場停止処分を科している。

▽『アス』によると、バルセロナはスポーツ仲裁裁判所(CAS)に訴える準備を進めている模様。そこでバルセロナ側の訴えが認められれば処分は軽減される可能性もあるとしている。一方で、CASでも訴えが認められない場合、ネイマールはすでに15日に行われた第32節のソシエダ戦(3-2でバルセロナが勝利)で処分の1試合を消化しているが、23日に行われる第33節、レアル・マドリーとのクラシコを欠場。さらに26日に開催される第34節のオサスナ戦も欠場することとなる。

コメント

関連ニュース

thumb

バルサSD、ユナイテッド戦を視察 ターゲットは…

▽バルセロナのロベルト・フェルナンデスSD(スポーツディレクター)が、18日に行われたベンフィカvsマンチェスター・ユナイテッドを観戦した。お目当てはユナイテッドのフランス代表FWアントニー・マルシャル(21)だったようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が報じている。 ▽ユナイテッドは、チャンピオンズリーグ(CL)グループA第3節でベンフィカとのアウェイ戦を行い、1-0で勝利した。マルシャルはこの試合、76分にFWマーカス・ラッシュフォードとの交代でピッチに登場した。 ▽『ムンド・デポルティボ』によれば、フェルナンデスSDはマルシャルを視察。今夏、バルサはFWネイマールを引き抜かれた一方で、狙っていたリバプールのMFフィリペ・コウチーニョ獲得に失敗しており、新たな補強候補としてマルシャルが挙がっているようだ。 ▽なお、フェルナンデスSDはこの前日、サンチャゴ・ベルナベウで行われたCLグループH第3節のレアル・マドリーvsトッテナムも現地観戦。トッテナムのMFクリスティアン・エリクセンとFWハリー・ケインのプレーをチェックするためだったとみられている。 2017.10.21 08:48 Sat
twitterfacebook
thumb

バルサが今夏狙っていたのはコウチーニョ、ディ・マリア、テオ・エルナンデス?

バルセロナのロベルト・フェルナンデスSD(スポーツディレクター)は、今夏3人の選手を確保するために動いていたようだ。<br><br>ロベルトSDはリバプールMFフィリペ・コウチーニョ、パリ・サンジェルマンMFアンヘル・ディ・マリア、レアル・マドリーDFテオ・エルナンデス(当時アトレティコ・マドリー所属)と夕食を共にしていたとされる。テオに関しては、移籍合意目前に迫っていたという。<br><br>バルセロナはテオ側と給与面を含め個人合意に達していた模様。だがそこにレアル・マドリーが現れ、最終的にテオは翻意して&ldquo;禁断の移籍&rdquo;が実現した。<br><br>バルセロナは近年、クラブ間交渉を行う前に選手と接触して移籍に向けた話し合いをする考えで補強を進めている。これは当時アーセナルに所属していたMFセスク・ファブレガス(現チェルシー)獲得の際に有効だった手法だ。<br><br>しかし、今夏は結果的に3選手を逃すことになった。冬の移籍市場で再び補強に動くと言われているバルセロナだが、反省を生かして狙った選手を引き入れられるだろうか。<br><br><br>提供:goal.com 2017.10.21 00:22 Sat
twitterfacebook
thumb

チャビ証言、ネイマールがPSG移籍を告白した場所とは…

▽バルセロナOBでアル・サッド所属の元スペイン代表MFチャビ・エルナンデスがブラジル代表FWネイマールのパリ・サンジェルマン(PSG)移籍秘話を明かした。 ▽ネイマールは今夏、歴代最高額の移籍金2億2200万ユーロ(当時のレートで約289億円)でバルセロナからPSGに移籍。その移籍金額もさることながら、ネイマールのバルセロナ退団という決断は周囲に大きな話題を呼んだ。 ▽イギリス『BBC』のインタビューに応じたチャビは、ネイマールがPSG移籍を明かしたタイミングを激白。舞台は、バルセロナの絶対的エースであるアルゼンチン代表FWリオネル・メッシの7月に行われた結婚式だったという。 「メッシの結婚式で彼から『クラブを変えたい』と言われたんだ。理由を尋ねたら、『バルセロナじゃ満足できない。去りたい。PSGで新たな経験を積みたい。もう決めた』って説明されたよ」 2017.10.20 17:55 Fri
twitterfacebook
thumb

欧州カップ戦100ゴール達成のメッシが試合中に口にしたものは…?

▽バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが試合中に何かを食べる!? スペイン『アス』は、18日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループリーグ第3節のオリンピアコス戦で、メッシが試合中に服用した錠剤について真相を明かした。 ▽メッシは、オリンピアコス戦に先発出場。61分にチームの2点目を奪い、欧州カップ戦での100ゴールを達成していた。なお、バルセロナは3-1で勝利している。 ▽試合開始から10分ごろ、メッシはピッチの中央で自身のソックスから何かを取り出し摂取。しかし、その後噛む行動が見られなかったため、ガムではないことが分かっていた。 ▽『アス』によると、メッシが口に含んだものはブドウ糖の錠剤だったとのこと。『カタルーニャ・ラジオ』のジャーナリストであるリカルド・トルケマダ氏によると、「体を動かして最初の15分は、筋肉がより受容力があるため」としている。 2017.10.19 21:50 Thu
twitterfacebook
thumb

スペイン政府がカタルーニャ州の自治権を停止へ…バルサなどへの影響も

▽スペイン政府は19日、独立に向け投票を行っていたカタルーニャ州に関して、21日から自治権を停止すると発表した。イギリス『BBC』など複数のメディアが一斉に報じた。 ▽政府によると、自治権停止を可能にする憲法第155条を発動させるための閣議をスタートさせるとのこと。カタルーニャ州政府が独立宣言をしたのかどうかを明確にすることを求めていたが、回答期限までに返答がなかったための措置とのことだ。 ▽カタルーニャ州のカルレス・プッチダモン州首相は、スペイン政府が「抑圧を続ける」ならば、10月1日の独立に関する住民投票の結果に基づき、独立宣言の採決を行うことを発表していた。なお、自治権の停止は、人々の不安を呼び起こすと危惧されている。 ▽スペイン政府はこの件に対し、「カタルーニャ州政府の合法性を取り戻すため、憲法155条に記載されている手続きを行う」と声明を発表している。 ▽憲法155条とは、危機が起こった際に、スペイン政府が直接統治ができると定められたもの。スペインでの独裁政権を築いたフランシスコ・フランコ将軍の死から3年後の1978年に、民主制への以降のために施行されている。 ▽カタルーニャ州の代表的なクラブといえば、リーガエスパニョーラをリードするクラブの1つであるバルセロナ、その他エスパニョール、ジローナが1部に所属している。スペインプロリーグ機構(LFP)のハビエル・テバス会長は、「独立した場合のリーグ参加は認めない」としていただけに、自治権停止に対してカタルーニャ州政府の対応が気になるところだ。 2017.10.19 20:15 Thu
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース