ネイマールのクラシコ出場は絶望的に…RFEFがバルサの訴えを却下し残すはCASの判断2017.04.21 08:50 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽バルセロナのブラジル代表FWネイマールが、出場停止によりクラシコを欠場することが決定的となったようだ。スペイン『アス』が報じている。

▽ネイマールは8日に行われたリーガエスパニョーラ第31節のマラガ戦(0-2でバルセロナが敗戦)に先発出場するも、65分に2度目の警告を受けて退場処分となった。さらにネイマールは、試合を通しての判定を不服として、退場する際に副審に対して皮肉を込めた拍手を送っていた。

▽そのためネイマールは、退場処分による1試合に加えてさらに2試合の出場停止処分が科されている。バルセロナはこの決定を不服として上訴していたが、スペインフットボール連盟(RFEF)はバルセロナの訴えを認めず、最初の決定通り3試合の出場停止処分を科している。

▽『アス』によると、バルセロナはスポーツ仲裁裁判所(CAS)に訴える準備を進めている模様。そこでバルセロナ側の訴えが認められれば処分は軽減される可能性もあるとしている。一方で、CASでも訴えが認められない場合、ネイマールはすでに15日に行われた第32節のソシエダ戦(3-2でバルセロナが勝利)で処分の1試合を消化しているが、23日に行われる第33節、レアル・マドリーとのクラシコを欠場。さらに26日に開催される第34節のオサスナ戦も欠場することとなる。

コメント

関連ニュース

thumb

デンベレが全体練習に合流! 自身はクラシコでの復帰を望んでいるが…

▽バルセロナに所属するフランス代表FWウスマーヌ・デンベレが復帰に近づいているようだ。スペイン『アス』が伝えている。 ▽今夏の移籍市場でドルトムントから移籍金1億500万ユーロ(当時のレートで約139億9200万円)にボーナスを加えた金額でバルセロナに加入したO・デンベレ。退団したブラジル代表FWネイマールに変わる存在として期待されたが、9月16日に行われたリーガエスパニョーラ第4節のヘタフェ戦で負傷し、大腿二頭筋の腱断裂により手術を行い、現在まで復帰できていない。 ▽伝えられるところによると、デンベレは先週の水曜日に全体練習に合流。同選手自身も23日に行われるリーガエスパニョーラ第17節のレアル・マドリーとのクラシコでの復帰を望んでいるようだ。しかし、指揮官であるエルネスト・バルベルデ監督は9日のビジャレアル戦の前日会見では「リスクを冒したくない」と復帰に慎重な姿勢を示している。 2017.12.11 12:09 Mon
twitterfacebook
thumb

メッシが元西ドイツ代表FWゲルト・ミュラー氏の欧州主要リーグ最多得点記録に並ぶ

▽バルセロナに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが、ビジャレアル戦である記録に並んだ。 ▽バルセロナは10日、リーガエスパニョーラ第15節のビジャレアルのホームに乗り込んだ。この日先発したメッシは1-0でリードして迎えた83分、敵陣中央でパスカットしたセルヒオ・ブスケッツのパスをボックス手前で受けて相手DF2人の間をかわしてボックス内へと侵攻。左足でゴール右へと突き刺してチームの3試合ぶり白星に貢献した。 ▽メッシはこの日のゴールで元西ドイツ代表FWゲルト・ミュラー氏が持つ欧州主要リーグ最多得点記録である525ゴール目に並んだ。なお、メッシは2012年に1年間で91ゴールを記録し、40年間にわたって最多を誇っていたミュラー氏の81ゴールという年間最多ゴール数を塗り替えている。 ▽また、バルセロナ公式サイトは、メッシの次の目標として1クラブでのキャリア通算得点記録を紹介。メッシの上には534得点のオーストリア代表などで活躍したFWヨーゼフ・ビカン氏、643得点の元ブラジル代表FWペレ氏がいる。 2017.12.11 10:52 Mon
twitterfacebook
thumb

ビジャレアル戦先制点のL・スアレス「勝ち点3を加える重圧があった」

10日のリーガエスパニョーラ第15節、首位バルセロナは敵地ラ・セラミカでのビジャレアル戦を2-0で制した。この試合の先制点を記録したFWルイス・スアレスは、2位バレンシア、3位アトレティコ・マドリー、4位レアル・マドリーら上位陣が軒並み勝利を収めた状況で、勝ち点3を獲得する必要性があったことを強調している。<br><br>ウルグアイ代表FWは、スペイン『モビスタール・プルス』とのインタビューで次のようにコメントした。<br><br>「プレッシャーがかかっている状況と自覚していた。ライバルたちが勝利していたからね。だから良い試合を演じて、勝ち点3を加える必要があった」<br><br>また試合自体については、次のように振り返っている。<br><br>「前半の僕たちはそこまでソリッドではなかった。ビジャレアルはとても良いプレーを見せていたが、だけどハーフタイム後に僕たちは違う形でプレーに臨んだ」<br><br>「このピッチで対戦するビジャレアルは、いつだって難しい相手だ。前半は確かに均衡していたが、でも(後半にビジャレアルのラバが)退場して、パコ(・アルカセル)が入ったことでうまくいくようになった。アルカセルは、チームにとって重要な存在であることを今一度示したね」<br><br>L・スアレスは一方で、この試合の2点目を決めたFWリオネル・メッシにも言及。メッシにとって今回のゴールはバルセロナで記録した通算525得点目となり、ゲルト・ミュラー氏がバイエルン・ミュンヘンで達成した一クラブにおける最多得点記録に並んだ。<br><br>「メッシの凄さは数字が物語っている。彼がバルサのために成し遂げていることが、さらに誇り高いものとなるね」<br><br>&nbsp;<br><br><br>提供:goal.com 2017.12.11 09:37 Mon
twitterfacebook
thumb

レーティング:ビジャレアル 0-2 バルセロナ《リーガエスパニョーラ》

▽リーガエスパニョーラ第15節、ビジャレアルvsバルセロナが10日に行われ、2-0でバルセロナが勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽ビジャレアル採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171211_10_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK 1 アセンホ 6.0 リーガ復帰戦での再三セーブは報われず。結果的には2失点 DF 2 ガスパール 5.5 良いクロスを供給も後半はジョルディ・アルバに完敗 3 A・ゴンサレス 5.0 2失点目の場面は不運だったがシュートコースを狭めたかった 6 ビクトル・ルイス 4.5 1失点目に関与し、2失点目ではメッシにアシスト 11 ジャウメ 5.5 積極的な上がりから好クロス、守備ではメッシを止める場面も MF 16 ロドリゴ・エルナンデス 6.0 危険なカウンターの場面でメッシからボールをカット 4 R・セメド 6.5 中央で相手の縦パスを簡単に入れさせず (→カスティジェホ 5.5) サイドで時間を作る場面もあったが大勢に影響は与えられず 14 トリゲロス 6.0 ボール奪取後は素早く危険なエリアに配給 FW 28 アントリン 5.0 軽快なドリブルでブスケッツに手を焼かせたが、後半は危ないプレーで退場 17 バカンブ 6.0 前線で常に起点に 20 ロベルト・ソリアーノ 6.0 攻撃のキーマンとして随所で危険なプレー (→ルカビナ 5.0) 持ち味を発揮できず 監督 カジェハ 5.5 アントリン退場後はゲームプランを変更して対応したが、再び不用意な失点を喫して終戦。入り方は良かったが結果的には敗北しチームは3連敗に ▽バルセロナ採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171211_13_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK 1 テア・シュテーゲン 6.5 ビッグセーブを数本披露して完封勝利に貢献 DF 20 セルジ・ロベルト 6.0 中央に絞った際にやや狙われる場面も 3 ピケ 6.0 苦しい対応を迫られる場面もあったが上手く対応 25 ヴェルメーレン 5.5 飛び込んでくる相手を見失う場面が散見 18 ジョルディ・アルバ 6.5 サイドで持ち味発揮しアシスト級のクロスを連発 MF 4 ラキティッチ 6.5 ボールを散らして繋ぎをスムーズに 15 パウリーニョ 6.0 上下に動き幾度かチャンスメイク (→A・ビダル 5.5) 1人少ない相手に無難なプレー 5 ブスケッツ 6.0 前半は守備でファウルを犯すシーンが多く見られたが、押し込み始めてからは良い縦パスを連発 (→アンドレ・ゴメス -) 6 デニス・スアレス 6.0 ジョルディ・アルバとの連係面でややぎこちなさも (→アルカセル 6.5) クロス時には危険なゾーンに。先制点をアシスト FW 10 メッシ 6.5 相手のミスから得点も普段なら外さないシュートを外していた 9 スアレス 6.5 消えていたが重要な場面で先制点をマーク 監督 バルベルデ 6.5 ブスケッツにかかる守備の負担の大きさが気がかりも、後半はサイドの選手を中央に絞らせ改善。きっちりと3試合ぶりに勝利。 ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! スアレス(バルセロナ) ▽シュートを外すシーンも見受けられたが、アルカセルとの素晴らしいワンツーで貴重な先制点をマーク。試合の行方を大きく決定付けた。 ビジャレアル 0-2 バルセロナ 【バルセロナ】 スアレス(後27) メッシ(後38) 2017.12.11 06:42 Mon
twitterfacebook
thumb

バルセロナが10人のビジャレアルに競り勝ち3試合ぶり勝利!《リーガエスパニョーラ》

▽バルセロナは10日、リーガエスパニョーラ第15節でビジャレアルのホームに乗り込み、2-0で勝利した。 ▽無敗ながらも直近のリーガ2試合をドローと失速気味の首位バルセロナ(勝ち点36)と、2連敗中の6位ビジャレアル(勝ち点21)の一戦。勝ち点を取りこぼしているバルセロナは、敗北すれば既に第15節を消化している2位のバレンシア(勝ち点34)との差を、次節にも埋められる可能性が出てくる。 ▽ウムティティを負傷で欠いているバルセロナは、直近の試合であるチャンピオンズリーグ(CL)最終節スポルティング・リスボン戦からスタメンを半数の6名変更。シレッセン、N・セメド、ディーニュ、アンドレ・ゴメス、アルカセル、A・ビダルに代えてテア・シュテーゲン、セルジ・ロベルト、ジョルディ・アルバ、ブスケッツ、パウリ―ニョ、メッシを起用した。 ▽対するビジャレアルは、3連敗を避けるべく臨むこの試合に向けて、ミッドウィークのヨーロッパリーグ(EL)最終節マッカビ・テルアビブ戦からロベルト・ソリアーノ以外のスタメンを全て変更。状態の不安が伝えられていたバッカはメンバーから外れ、バカンブの相方はアントリンが務めた。また、GKアセンホは昨シーズンの負傷以来約9カ月ぶりのリーガ復帰となっている。 ▽バカンブを1トップに配置し、ロベルト・ソリアーノとアントリンをシャドーに置く[4-3-2-1]で試合に入ったビジャレアル。積極的なフォアチェックで主導権を握ろうと試みたものの、最初に決定機を手にしたのはバルセロナだった。 ▽試合開始直後の4分に左CKを獲得すると、ニアに飛び込んだピケが強烈なヘディングシュート。ボールはバーに当たり得点とはならなかったものの、序盤からビジャレアルゴールを脅かしていく。 ▽それでも15分、前線でバカンブが収めつつ攻撃の糸口を探るビジャレアルに、チャンスが訪れる。前線にオーバーラップした右サイドのガスパールにボールが渡ると精度の高いクロスが送られる。しかし、飛び込んだロベルト・ソリアーノのダイレクトボレーは、GKテア・シュテーゲンの好守に阻まれた。 ▽ビジャレアルのプレスがやや弱まり、バルセロナが前でボールを持てるようになり始めた21分、ボックス手前左でドリブルを仕掛けたメッシがビクトル・ルイスに倒されてFKを獲得。これを自ら直接狙ったメッシのシュートは壁の外を巻くようにしてゴール左を捉えたが、GKアセンホが弾き出した。 ▽ややバルセロナの支配力が高まると、ビジャレアルはカウンターから切れ味の鋭い攻撃を繰り出した。35分には、バカンブのキープからボールを受けたロベルト・ソリアーノがミドルシュート。さらに直後のプレーでもカウンターから3対2の場面となったが、ロベルト・ソリアーノのラスト・パスは精度を欠いて得点とはならない。 ▽攻守が目まぐるしく入れ替わる展開になると、今度はバルセロナにチャンス。38分、中盤でボールを奪取したパウリ―ニョがボックス手前のメッシにパスを送る。しかし、メッシの左足でのシュートは得点とはならなかった。 ▽ゴールレスで迎えた後半、ビジャレアルが早々にシュートを浴びせる。46分、ジャウメとのワンツーで左サイド深くまで侵攻したバカンブがニアを狙ってシュート。しかし、ボールは枠を外れた。 ▽勢いの衰えないビジャレアルは、56分にはジャウメがクロスを供給。しかし、これはアントリンには合わない。逆に58分には、メッシとのパス交換から左サイドに抜け出したジョルディ・アルバがグラウンダーのクロス。しかし、これも途中出場のアルカセルには合わなかった。 ▽58分には、再びジョルディ・アルバと連係を図ったメッシが自らシュートを放つも、枠外に。得点は生まれないものの徐々にバルセロナがチャンスを作っていく。すると60分、ビジャレアルに不運な出来事が。ブスケッツからボールを奪おうとスライディングタックルをしたアントリンがレッドカードを提示されて退場になってしまう。 ▽相手が1人少なくなると、68分にもバルセロナに決定機が訪れる。再びジョルディ・アルバがクロスを上げると、ニアに飛び込んだのはスアレス。しかし、流し気味にファーを狙ったシュートは枠を外れた。 ▽フィニッシュの精度を欠き嫌なムードが漂い始めるバルセロナだったが、72分に待望の瞬間が。ボックス手前でボールを持ったメッシが、スアレスに縦パスを当てる。スアレスがワンタッチでアルカセルとのワンツーを用いて裏に抜け出し、GKアセンホもかわしてネットを揺らした。 ▽追う展開となったビジャレアルは、76分にトリゲロスがボックス手前からミドルシュート。アウト気味にかかった鋭いシュートが枠を捉えたが、GKテア・シュテーゲンが再び好守を披露した。 ▽ビジャレアルに疲れが見え始めると、83分には不用意な失点を喫してしまう。中盤に送ったビクトル・ルイスのパスが、真っすぐにメッシの下へ。ドリブルでボックス内に侵攻すると、カバーに来たA・ゴンサレスはパスミスを犯したビクトル・ルイスと衝突して転倒。メッシは落ち着いて一対一を沈め、試合を決定付ける追加点とした。 ▽結局、このままのスコアで試合が終了。この結果、バルセロナは2戦ぶりに勝利することに。良い入りをしながらもホームで敗北を喫したビジャレアルは、3連敗となっている。 2017.12.11 06:41 Mon
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース