超ワールドサッカー

ネイマールのクラシコ出場は絶望的に…RFEFがバルサの訴えを却下し残すはCASの判断2017.04.21 08:50 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽バルセロナのブラジル代表FWネイマールが、出場停止によりクラシコを欠場することが決定的となったようだ。スペイン『アス』が報じている。

▽ネイマールは8日に行われたリーガエスパニョーラ第31節のマラガ戦(0-2でバルセロナが敗戦)に先発出場するも、65分に2度目の警告を受けて退場処分となった。さらにネイマールは、試合を通しての判定を不服として、退場する際に副審に対して皮肉を込めた拍手を送っていた。

▽そのためネイマールは、退場処分による1試合に加えてさらに2試合の出場停止処分が科されている。バルセロナはこの決定を不服として上訴していたが、スペインフットボール連盟(RFEF)はバルセロナの訴えを認めず、最初の決定通り3試合の出場停止処分を科している。

▽『アス』によると、バルセロナはスポーツ仲裁裁判所(CAS)に訴える準備を進めている模様。そこでバルセロナ側の訴えが認められれば処分は軽減される可能性もあるとしている。一方で、CASでも訴えが認められない場合、ネイマールはすでに15日に行われた第32節のソシエダ戦(3-2でバルセロナが勝利)で処分の1試合を消化しているが、23日に行われる第33節、レアル・マドリーとのクラシコを欠場。さらに26日に開催される第34節のオサスナ戦も欠場することとなる。

コメント

関連ニュース

thumb

デウロフェウ、バルサ復帰を望まず? クラブが買い戻しオプションを行使しない理由とは

エバートンに所属するU-21スペイン代表FWジェラール・デウロフェウは、バルセロナ復帰を望んでいないのかもしれない。スペイン『ムンド・デポルティボ』が報じている。<br><br>バルセロナは、2015年にエバートンへと完全移籍を果たしたカンテラーノのデウロフェウに関して、買い戻しオプションを有している。それは今月30日までに1200万ユーロ(約15億円)を支払えば、デウロフェウを復帰させることができるというものだ。<br><br>だがデウロフェウは復帰を希望していないとみられる。『ムンド・デポルティボ』によると、デウロフェウは昨季後半戦でミランで与えられたような役割、つまりチームの中心選手として出場機会を確保し、得点やアシストで勝利に貢献することを求めているという。<br><br>バルセロナにはFWリオネル・メッシ、ルイス・スアレス、ネイマールという絶対的な3トップがいる。彼らの存在がデウロフェウの決断を迷わせ、デウロフェウの考えを知るクラブの買い戻しオプション行使をためらわせているようだ。<br><br><br>提供:goal.com 2017.06.28 18:58 Wed
twitterfacebook
thumb

バルサ、マテューをスポルティングに売却か

▽スポルティング・リスボンが、バルセロナのフランス代表DFジェレミー・マテュー(33)の獲得に興味を示しているという。フランス『レキップ』が伝えた。 ▽伝えられるところによると、現行契約を2018年までとしているマテューに対して、スポルティング・リスボンは同選手の獲得にプライオリティを置いているようだ。すでに両クラブ間でマテューの獲得交渉を始めているとみており、2年契約を結ぶことになるとのことだ。 ▽2014-15シーズンにバレンシアからバルセロナに加入したマテューは、度重なるケガの影響もあり本来の実力を発揮できず。移籍初年度こそ公式戦41試合に出場したものの、徐々に出場機会が減少。今季は同胞のDFサミュエル・ユムティティの加入もあり、公式戦16試合の出場に留まっていた。 2017.06.28 16:59 Wed
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド移籍破談からバルサでレジェンドとなったロナウジーニョ、運命を変えたのは意外にも…

▽マンチェスター・ユナイテッドでプレーした元南アフリカ代表MFクイントン・フォーチュン氏が、同クラブが元ブラジル代表MFロナウジーニョを引き入れることができなかった意外な要因を自身の見解として示した。ユナイテッド公式サイトが伝えている。 ▽ロナウジーニョは、2003年にパリ・サンジェルマンからバルセロナに移籍。バルサに在籍した5シーズンで大きなインパクトを残し、同クラブのレジェンドとなった。 ▽2003年当時、ロナウジーニョはバルセロナよりもマンチェスター・ユナイテッド移籍の可能性が大きく取りざたされていた。フォーチュン氏は、ユナイテッド移籍が間近とみられながらも実現しなかった理由が、マンチェスターの天気であったと話した。 「彼がマンチェスター空港に着いたとき、雨が降っていたんだ。ロナウジーニョを迎え入れようとした日にちがまずかったと思う」 「いずれにせよ夏が良かったと思うけど…。正しい日に到着していれば、違う物語になっていたかもしれない」 「彼がユナイテッドに加入していれば、素晴らしいことだった。フットボール史上、最も偉大な選手の1人だし、技術的にもすごくて、楽しんでプレーする選手だ」 2017.06.28 12:55 Wed
twitterfacebook
thumb

ペップとプジョールが再タッグ! シティがマシアから16歳CBを引き抜き

▽マンチェスター・シティが、バルセロナの下部組織に所属するU-17スペイン代表DFエリック・ガルシア(16)の引き抜きに成功したようだ。スペイン『マルカ』が報じている。 ▽バルセロナのマシアに在籍するガルシアは、スペイン代表DFジェラール・ピケと同じようなプレースタイルを持つ若手センターバック。同クラブでは将来的なトップチーム昇格が見込まれる逸材との評価を得ている。 ▽しかし、同選手の代理人を務める元スペイン代表DFカルレス・プジョール氏は、ここ最近バルセロナのトップチームでマシア産のセンターバックが主力に定着できていないことを不満に思っており、ガルシアが新たな契約を更新する意思がないことをクラブのテクニカルスタッフに告げたという。 ▽そして、プジョール氏はバルセロナ時代にチームメートと指導者として密な関係にあったジョゼップ・グアルディオラ監督にガルシアのシティ行きを売り込み、同選手の才能を評価するグアルディオラ監督も獲得にゴーサインを出したようだ。 ▽なお、『マルカ』の伝えるところによれば、シティはガルシアの移籍金として150万ユーロ(約1億9000万円)を支払うことになるようだ。 2017.06.27 23:18 Tue
twitterfacebook
thumb

リーガ、来季26歳の主審が誕生へ...“審判デビュー”は15歳の時

来季、リーガエスパニョーラにひとりのルーキーが参入することになりそうだ。<br><br>スペインサッカー連盟の審判技術委員会(CTA)は、26歳のハビエル・アルベロラ・ロハス主審を来季から1部で笛を吹かせる決断を下した。26歳で1部の主審はスペインでも異例の若さである。<br><br>モリーナ・ソト会長はこの人事について「我々はハビエルが1部の審判になることに満足している。しっかりとやってくれるはずだ。彼の年齢は影響を及ぼさないだろう」と語り、次のように続けた。<br><br>「ハビエルはリーガ1部にも適応すると思う。最高の選手たちを前に笛を吹くのは、プレッシャーがあるものだけれどね。2部と1部は異なる。彼には地に足を着けてほしい。それが彼を成功に導いてくれる」<br><br>ロハス主審は15歳のときにアマチュアリーグの試合で主審を務め、&ldquo;公式戦デビュー&rdquo;を果たす。18歳でテルセラ・ディビジョン(4部)の主審を務め、その3年後にセグンダB(3部)に昇格した。<br><br>23歳で2部の主審を務めるようになり、順調にステップアップしたロハス主審は来季から1部の舞台へ。「1部で長く吹き続けたい。そのためには同僚から多くを学ばなければ」と語るロハス主審が、クラシコなどビッグマッチで主審を務める日もそう遠くないかもしれない。<br><br><br>提供:goal.com 2017.06.27 20:47 Tue
twitterfacebook


コンフェデ杯
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース