超ワールドサッカー

中国クラブが巨額オファーでジエゴ・コスタを強奪?2017.04.20 14:20 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽中国スーパーリーグの天津権健が、チェルシーのスペイン代表FWジエゴ・コスタ(28)に巨額のオファーを申し込む用意があるようだ。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。

▽伝えられるところによると、天津権健はジエゴ・コスタに対し、週給62万ポンド(約8600万円)を用意しているとのこと。同クラブは今年1月にもジエゴ・コスタの獲得に動いたとみられているが、チェルシー側はこれを門前払い。自分への確認もなく拒否したクラブに、同選手は激怒していたという。

▽中国からのオファーに関心があるとされているジエゴ・コスタは、今シーズンのリーグ戦でここまで18得点を記録。しかし、今年に入り13試合を消化した時点でわずか4得点と、本来の実力が影を潜めている。

▽そんな同選手に対して、チェルシーのアントニオ・コンテ監督は、既にジエゴ・コスタをチームから外した場合の構想を練り始めていると噂されている。チェルシーでは、以前からエバートンのベルギー代表FWロメル・ルカクやアーセナルのチリ代表FWアレクシス・サンチェスなどの前線の選手への関心が伝えられており、オファー次第ではジエゴ・コスタがチームから去る可能性もあるかもしれない。

コメント

関連ニュース

thumb

ニューカッスルがチェルシーFWバチュアイのローンでの獲得を画策か?

▽プレミアリーグ昇格を決めたニューカッスルが、チェルシーに所属するベルギー代表FWミッチー・バチュアイ(23)のローンでの獲得を狙っているようだ。イギリス『デイリー・ミラー』が報じている。 ▽2016年7月に3300万ポンド(現在のレートで約47億5000万円)でマルセイユからチェルシーへ移籍したバチュアイは、プレミアリーグで20試合に出場し、5ゴールを記録。しかし、出場時間は235分と短く、チームのリーグ制覇とは裏腹に苦しいシーズンとなった。 ▽伝えられるところによると、今シーズンのチャンピオンシップ(イングランド2部相当)で優勝し、プレミアリーグ復帰を決めたニューカッスルがバチュアイをローンで獲得することを画策しているようだ。 ▽ニューカッスル率いるラファエル・ベニテス監督はプレミアリーグでの戦いに向けて、700~1000万ポンド(約10~14億4000万円)で少なくとも5人のニューフェイスを獲得し、チームの強化を計画。そこで、チェルシーで出場機会が満足に与えられないバチュアイに目を付けたという。 2017.05.23 15:27 Tue
twitterfacebook
thumb

コンテがプレミアとLMAの最優秀監督賞の二冠

▽プレミアリーグは22日、2016-17シーズンにおけるバークレイズ・マネージャー・オブ・ザ・シーズンにチェルシーのアントニオ・コンテ監督が選出されたことを発表した。 ▽コンテ監督は、トッテナムのマウリシオ・ポチェッティーノ監督、WBAのトニー・ピュリス監督、ボーンマスのエディ・ハウ監督、バーンリーのショーン・ダイチェ監督、スウォンジーのポール・クレメント監督を抑えての受賞となる。 ▽コンテ監督は、今シーズンからチェルシーを指揮。シーズン途中から[3-4-3]の新システムを用いると、昨年11月以降は安定した戦いで首位の座を明け渡すことなく、昨年10位に沈んだチェルシーを2シーズンぶり6度目のプレミアリーグ優勝に導いた。 ▽また、コンテ監督は2016-17シーズンにおけるイングランドのリーグ監督協会(LMA)選出の年間最優秀監督賞も受賞。イングランドでの指揮初年度でプレミアリーグの最優秀監督賞と合わせて二冠達成となった。 2017.05.23 11:45 Tue
twitterfacebook
thumb

ユベントスがDFベナティアに続き、MFクアドラードの買取OPも行使! 2020年までの3年契約

▽ユベントスは22日、チェルシーからレンタル移籍中のコロンビア代表MFファン・クアドラード(28)の買い取りオプションを行使し、完全移籍で獲得したことを発表した。ユベントスとベナティアは、2020年6月30日までの契約を締結している。 ▽前年度に続き、昨夏の移籍市場でチェルシーから買い取りオプション付きの500万ユーロ(約5億7000万円)の有償レンタルで加入したクアドラードは、公式戦43試合に出場して国内2冠獲得とチャンピオンズリーグ決勝進出に貢献していた。 ▽このパフォーマンスを評価したクラブは、2000万ユーロ(約25億円)に設定されていた買い取りオプションを行使することを決断。なお、ユベントスは2000万ユーロを3年間の分割でチェルシーに支払うことになる。 2017.05.23 05:00 Tue
twitterfacebook
thumb

今季限りで退団のテリー、22年間支えてくれたファンに感謝「どんな時も名前を叫んでくれることで、背中を押された」

▽今シーズン限りでチェルシーを退団する元イングランド代表ジョン・テリーが、優勝セレモニーで最後の挨拶を行った。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 ▽チェルシー退団を発表したテリーは21日、プレミアリーグ最終節のサンダーランド戦で先発出場。チェルシーは試合開始直後、サンダーランドに先制を許したものの、8分にMFウィリアンのゴールで試合を振り出しに戻した。すると、テリーは背番号と同じ26分にDFギャリー・ケイヒルと交代。チームメイト・ファンに見送られながらチェルシーでのラストマッチを終えた。 ▽その後、チェルシーは5-1と逆転し、スタンフォード・ブリッジ最終戦を勝利で飾ったテリーは試合後、優勝セレモニーで退団の挨拶を行った。22年間支えてくれたファンに感謝の意を述べた。 「選手というのは、最後の日がいつ訪れるのか常に疑問に思うものだ。そして、今日がその日となった」 「このクラブは私の全てだ。22年間ここにいた。僕がどんな人間なのかはチェルシーでの全てを観れば誰でもわかる」 「ありがとうの一言では決して足りないが、ファンの方々には感謝している。彼らは楽しい時も辛い時も最後まで支えてくれた」 「どんな時でも僕の名前を叫んでくれることで、僕は背中を押された」 「僕はプレーしたい。それがチェルシーを退団するという決断をした理由だ」 「それがあと1年や2年だったとしてもね」 2017.05.22 17:54 Mon
twitterfacebook
thumb

レアル・マドリー、ベイル売却準備進行中? 代役候補にアザール、グリーズマン、ムバッペ、ディバラ

▽スペイン『Don Balon』は21日、レアル・マドリーがウェールズ代表MFガレス・ベイル(27)の売却リストに加えたと報じた。 ▽ベイルは相次ぐ故障離脱により、レアル・マドリー内部からのイメージダウンが取り沙汰されている。今回の報道によれば、クラブはすでに放出の準備を開始。今夏の移籍市場で、2013年夏にトッテナムから獲得時に費やした投資額9400万ユーロ(現在のレートで約117億円)に近い額での売却を目指しているようだ。 ▽一方で、『Don Balon』によれば、レアル・マドリーはベイルに代わる新たなアタッカーとして、チェルシーのMFエデン・アザール、アトレティコ・マドリーのFWアントワーヌ・グリーズマン、モナコのFWキリアン・ムバッペ、ユベントスのFWパウロ・ディバラに注視。そのうち1人の獲得を画策しているという。 2017.05.22 17:00 Mon
twitterfacebook


U-20W杯
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース