2部降格が迫るダルムシュタットがDFホランドと2020年まで契約延長2017.04.19 14:08 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽2部降格が迫るダルムシュタットは18日、DFファビアン・ホランド(26)との契約延長を発表した。ホランドは2020年6月までの契約となる。

▽ヘルタ・ベルリンの下部組織出身のホランドは、2014年7月にダルムシュタットへとレンタル移籍。2015年7月に完全移籍で加入していた。今シーズンのブンデスリーガでは左サイドバックとして22試合に出場していた。

▽ダルムシュタットは、昨シーズンクラブ史上初の1部昇格を果たすと14位でフィニッシュ。しかし、今シーズンは開幕から厳しい状況が続き、ここまで5勝3分け21敗の勝ち点18で最下位に沈んでいた。自動降格を免れられる16位のアウグスブルクとは勝ち点差が14あり、今週末のハンブルガーSV戦で勝利しなければ2部降格が決定する。

コメント

関連ニュース

thumb

酒井高失点に関与のHSV、ホームで最下位に痛恨の敗戦《ブンデスリーガ》

▽ハンブルガーSVは22日、ブンデスリーガ第30節でダルムシュタットをホームに迎え、1-2で敗れた。HSVのDF酒井高徳はフル出場している。 ▽前節ブレーメンとのノルト・ダービーを1-2と逆転負けした14位HSV(勝ち点33)は、残留プレーオフに回らなければならない16位アウグスブルクとは1ポイント差に縮まった。好パフォーマンスを維持する酒井高は引き続きボランチで先発となった。 ▽最下位ダルムシュタット(勝ち点18)との残留争いは、一進一退の攻防で立ち上がる。そんな中、徐々にHSVが押し込んでいくと、17分にG・ユングがミドルシュートでGKを強襲する。その後もHSVが押し気味に試合を運ぶも、水際で凌ぐダルムシュタットを崩しきれずシュートには持ち込めない ▽追加タイム2分にようやくコスティッチが右クロスにヘディングで合わせるも、シュートはGKの正面を突き、ゴールレスで前半を終えた。 ▽しかし迎えた後半開始6分、右CKの流れからスルに蹴り込まれてダルムシュタットに先制を許す。さらに53分、酒井高がパスを受け損ねてショートカウンターを受けると、最後はプラットにシュートを決められてリードを2点に広げられてしまう。 ▽2点を追うHSVはDFのディークメイアーを削ってアタッカーのジャッタを投入。しかし、全くチャンスを生み出せない状況が続く。 ▽追加タイム3分にホランドのバックパスミスでオウンゴールにより1点を返したHSVだったが、1-2で敗戦。ホームで最下位に痛恨の敗戦を喫し、16位アウグスブルクとのポイント差を広げることはできなかった。 2017.04.23 00:45 Sun
twitterfacebook
thumb

無所属となっていたMFグロスクロイツが来季からダルムシュタット加入

▽ドルトムントやシュツットガルトでプレーした現在フリーの元ドイツ代表MFケビン・グロスクロイツ(28)が、来季からダルムシュタットでプレーすることが11日に発表された。 ▽ドルトムントの下部組織出身であるグロスクロイツは中盤とバックラインの両サイドをこなせるユーティリティ性の高いワイドプレーヤー。2010-11、2011-12シーズンにはドルトムントでMF香川真司と共にドルトムントのリーグ優勝に貢献している。 ▽その後、徐々にドルトムントで出場機会を減らしたグロスクロイツは2015年夏にガラタサライへ移籍。しかし、ホームシックによりわずか半年でドイツへ戻り、2016年冬にシュツットガルトへ完全移籍。ところが、そのシュツットガルトでは今年3月に泥酔暴行事件に関与し、契約を解除されていた。 ▽そのグロスクロイツはダルムシュタットの公式サイトで次のように語っている。 「フリンクス監督が熱心に誘ってくれ、首脳陣と共にこれが僕にとって正しいステップであると納得させてくれた。これまで所属してきたクラブと同様に、僕はクラブの成功のために全力をつくすよ」 ▽現在、ブンデスリーガで最下位に位置するダルムシュタットは、昇格プレーオフに回れる16位アウグスブルクとは14ポイント差と残留が絶望的となっている。 2017.04.12 01:21 Wed
twitterfacebook
thumb

2位ライプツィヒが最下位ダルムシュタットに4発快勝で4戦ぶり白星《ブンデスリーガ》

▽ライプツィヒは1日、ブンデスリーガ第26節でダルムシュタットをホームに迎え、4-0で快勝した。 ▽前節ブレーメン戦を0-3と落として2連敗となった2位ライプツィヒ(勝ち点49)は、首位バイエルンに13ポイント離され、優勝の可能性はほぼ潰えている状況。そのライプツィヒはチーム内得点王のヴェルナーが代表戦で負傷し欠場。バークがスタメンで起用され、Y・ポウルセンが負傷から復帰してベンチに入った。 ▽最下位ダルムシュタットに対し、アグレッシブな入りを見せたライプツィヒは3分に決定機。スルーパスに抜け出してボックス左に侵入したフォルスベリがGKを強襲するシュートを浴びせた。そして13分、フォルスベリのシュートのルーズボールをボックス右のN・ケイタがボレーでゴール左へ蹴り込んで先制する。 ▽その後、17分にフォルスベリが決定的なシュートを浴びせたライプツィヒは、オープンな展開で試合が推移する中、27分にはサビツァーがGKと一対一の局面を迎えた。これは決められず、追加タイム1分にはホランドに決定的なシュートを許すも枠を外れて助かり、1点をリードしたままハーフタイムに入った。 ▽迎えた後半もライプツィヒが3点目を奪うべく押し込んでいくと、67分に突き放す。ボックス左からフォルスベリの狙いすましたシュートがゴール右に決まった。 ▽そして、72分にN・ケイタへのタックルでシリグに2枚目のイエローカードが提示され、10人での戦いを強いられたダルムシュタットに対し、ライプツィヒは79分に左CKからオルバンのヘディングシュートが決まって3-0とした。 ▽さらに80分、ショートカウンターからN・ケイタがこの試合2点目を挙げて4-0としたライプツィヒが快勝。4試合ぶりに白星を飾り、2位の座を死守している。 2017.04.02 03:23 Sun
twitterfacebook
thumb

フリンクスが自身の初勝利に歓喜、強豪を下した最下位ダルムシュタットの巻き返しなるか

11日に行われたダルムシュタットvsドルトムントは2-1でダルムシュタットが勝利。ブンデスリーガ最下位に沈んでいるダルムシュタットにとっては、強豪から貴重な勝ち点3をもぎ取った形になる。<br><br>試合後、トルステン・フリンクス監督は「我々がリードして、前半終了間際に失点した時はガッカリしたけど、その後はうまくチームが機能したね。チームが今日成し遂げたことは誇るべきこと」と述べている。<br><br>かつてバイエルン、ドルトムント、ブレーメンなどでプレーした名手でもあるフリンクスは、昨年12月下旬にチームの監督に就任。それから4試合目で待望の初勝利を飾った。<br><br>ダルムシュタットのヤン・ローゼンタールも「最下位の僕らに失うものはなかった。今日の試合はすべてがうまくいった!」と語り、勝利の喜びを明かしている。<br><br>ダルムシュタットは現在勝ち点12の最下位。降格圏最上位の16位ブレーメンとはまだ勝ち点差が4開いているが、ドルトムント撃破で弾みを付けて巻き返せるのか注目だ。<br><br>提供:goal.com 2017.02.12 17:35 Sun
twitterfacebook
thumb

香川が途中出場もドルトムント、最下位クラブにまさかの完敗《ブンデスリーガ》

▽ドルトムントは11日、ブンデスリーガ第20節でダルムシュタットとのアウェイ戦に臨み、1-2で敗れた。ドルトムントのMF香川真司は62分からプレーしている。 ▽前節ライプツィヒ戦を1-0と勝ち切った4位ドルトムント(勝ち点34)は、3日前に行われたヘルタ・ベリルンとのDFBポカールでは主力を投入した中、PK戦までもつれ込んだ末に勝ち上がった。チャンピオンズリーグ(CL)のベンフィカ戦を3日後に控えるドルトムントは、ヘルタ戦のスタメンから4選手を変更。ブルニッチやエムレ・モルといった控えメンバーが先発となり、公式戦ここ3試合出場機会のない香川は引き続きベンチスタートとなった。 ▽最下位ダルムシュタット(勝ち点9)に対し、[3-4-3]で臨んだドルトムントは、3バックの左にブルニッチを配し、中盤に右からプリシッチ、ヴァイグル、ラファエウ・ゲレイロ、ドゥルムと並べ、3トップに右からエムレ・モル、オーバメヤン、ロイスと配置した。 ▽しかし、使い慣れていないシステム、メンバー構成で挑んだ影響により、序盤からピンチを立て続けに迎える。まずは5分、FKの流れからボイドのヘディングシュートでGKビュルキを強襲されると、続く7分にはカウンターからローゼンタルに右ポスト直撃のシュートを浴びた。さらに16分にもヘラーに決定的なボレーシュートを許すと、21分に先制を許してしまう。ショートカウンターに転じられ、ヘラーの左クロスに反応したボイドに蹴り込まれてしまった。 ▽追う展開となったドルトムントは24分にオーバメヤンのスルーパスを受けたロイスがボックス左からシュートを放ってようやくゴールに迫ると、31分にはロイスの直接FKがバーを直撃。さらに42分のオーバメヤンのボレーシュートはGKの好守に阻まれたが、44分に同点に追いつく。エムレ・モルとのワンツーでボックス左に侵入したラファエウ・ゲレイロがボレーシュートでネットを揺らした。 ▽迎えた後半、51分にローゼンタルにGKビュルキを強襲されると、その後もカウンターからローゼンタルにゴールを脅かされてしまう。 ▽流れの悪いドルトムントは62分、2枚代えを敢行。ラファエウ・ゲレイロとエムレ・モルに代えて香川とO・デンベレを投入した。しかし67分、サムのスルーパスを受けたボックス右のコラクに決められて再びビハインドを負った。 ▽さらに70分にはロングフィードに抜け出したコラクにバー直撃のシュートを浴びせられると、ルーズボールをゴンドルフにシュートされる。枠を捉えていたが、ここはGKビュルキが何とか防いだ。 ▽しかし、ロイスに代えてシュールレを投入し、交代枠を使い切ったものの終盤にかけても流れを変えられないドルトムントは、最下位相手にまさかの完敗。4位転落の危機を迎えた。一方、12試合ぶりに勝利したダルムシュタットはフリンクス体制初白星を飾っている。 2017.02.12 01:39 Sun
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース