超ワールドサッカー

ミランがセスクに再オファー? チェルシーは中盤を一新か2017.04.18 20:02 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ミランが、チェルシー所属のスペイン代表MFセスク・ファブレガス(29)の獲得に再オファーを提示する可能性があるようだ。イギリス『デイリー・ミラー』が報じている。

▽2014年にバルセロナからチェルシーへ加入したセスクは、アントニオ・コンテが就任した今シーズン、プレミアリーグで23試合に出場し、4ゴール7アシストを記録している。しかし、先発出場は9回しかなく、定位置を確保することができていない。

▽そんなセスクに対して、ミランは今冬の移籍市場での獲得を目論んでいたが、同選手は残留を望み、移籍は実現せずに終わった。ところが、今回の報道によると、チェルシーを率いるアントニオ・コンテ監督はシーズン終了後、タイトル獲得の有無にかかわらず、中盤の選手を一新させることを企てているとのこと。ミランは、この計画に目を留めており、今夏の移籍市場で、セスク獲得に向けて再び動き出す可能性があるようだ。

コメント

関連ニュース

thumb

コンテ、テリー退団は「クラブにとって大きな損失」

チェルシーのアントニオ・コンテ監督はジョン・テリーの退団はチームにとって大きな損失であると語った。『OMNISPORT』が伝えている。<br><br>テリーは1998年にチェルシーでトップデビューを果たして以来、19シーズンにわたって713試合に出場。ノッティンガム・フォレストに期限付き移籍したこともあったが、下部組織時代を含めると、チェルシーには22年間在籍している。そして先日、ついにテリー本人がクラブ公式メディアを通して長年在籍したクラブに別れを告げることを発表、コンテ監督は同選手について以下のように語った。<br><br>「ジョンは我々にとって本当に重要な選手だ。今季も素晴らしい仕事をしてくれている。確かに彼にとっては簡単なシーズンではない。しかし、だからこそジョンには感謝したい。彼は私の称賛の気持ちを理解してくれている。私はたくさん助けられているが、私だけではない。チームもそうだし、1人ひとりの選手がそれぞれ世話になっている。彼は常に私の決断を受け入れてくれる。こういう選手が手元にいたならば、どんな監督も喜ぶことだろう。こういう選手を失うというのは来季に向けて大きな痛手だ」<br><br>チェルシーは現在プレミアリーグで首位に立ち、FAカップでは決勝進出を決めた。クラブの功労者を最高の形で送り出すことができるだろうか。チェルシーは30日、プレミアリーグ第35節でエバートンと対戦する。<br><br><br>提供:goal.com 2017.04.27 16:35 Thu
twitterfacebook
thumb

レアル・マドリー会長、ガラスっぷり全開のベイルに失望で売却決断か

▽レアル・マドリーのフロレンティーノ・ペレス会長は、ウェールズ代表MFガレス・ベイル(27)に愛想を尽かしたのかもしれない。スペイン『Don Balon』が伝えている。 ▽ベイルは、2013年夏に1億ユーロの高額移籍金でトッテナムからレアル・マドリーに移籍。大きな期待を一身に背負ったものの、23日に行われたリーガエスパニョーラ第33節のバルセロナ戦で通算17度目の負傷を余儀なくされるなど、故障癖が絶えない。 ▽報道によれば、レアル・マドリーのフロレンティーノ・ペレス会長ら首脳陣は、ピッチよりも診療室で過ごす時間が長いベイルに失望。今後も身体面に問題があるようなら、これまで耳を一切傾けなかった他クラブからの打診に応じる決断を下しているという。 ▽なお、伝えられるところによれば、ベイルを巡っては最近、マンチェスター・ユナイテッドとチェルシーのイングランド勢が接触。天文学的な移籍金を提示してきたとのことだ。今回の故障で首脳陣の信頼も失った感のあるベイルだが、今後どのような未来が待っているのだろうか。 2017.04.26 13:30 Wed
twitterfacebook
thumb

コンテ、巨額の資金を投じ続ける2クラブに忠告「補強費用と順位表は別物」

チェルシーのアントニオ・コンテ監督は、移籍市場に最も大金を投じたクラブが常に優勝できるわけではないと、大型補強を続ける&ldquo;マンチェスターのクラブ&rdquo;に忠告している。<br><br>イングランドのクラブの中で、マンチェスター・シティは1億7000万ポンド(約240億円)と最も多額の資金を移籍市場に投じ、マンチェスター・ユナイテッドも1億5000万ポンド(約211億円)と2番目に多くの資金をかけてチーム強化を図った。一方のチェルシーは、プレミアリーグの中では3番目となる1億2300万ポンド(約173億円)を投じていた。<br><br>コンテ監督は、毎年大型補強を敢行するマンチェスターの両クラブに対して「大金を叩いて補強したチームが常に勝利できるわけではない」と述べ、以下のように続けた。<br><br>「彼ら(マンチェスターのクラブ)は毎年大金を投じている。しかし、他のクラブのことにケチをつけるつもりはない。全てのチームがそれぞれの戦略を持っている。マンチェスターのクラブが巨額の資金と投じて補強を行ったのは今シーズンだけではない。毎年同じようにやっていて、彼らにとっては常套手段なのだろう」<br><br>「全てのチームは優先すべきことを理解する必要がある。今、何が問題なのか、今後何が問題になるかを考えなければならない。そして、問題を解決するために補強は1つの有効な手段だと思う。そして、すでに良いメンバーが揃っている場合は、1人ないし2人の補強で済む。だから、そのようなクラブは信じらないほどの資金を投じる必要はない。反対に、たくさんの良い選手が必要ならば、大金を投じて補強に動かなければならない」<br><br>「結局は、今現在何が必要なのかによる。もし多額の資金を投じる必要があれば、クラブの信念とフットボールに適した選手を獲得すべきだ。そして我々の場合、いろいろと立て直す必要があり、今シーズンはとても重要だった。将来に向けて巨額の資金を投じた。そして少しずつだが将来に向け、真のパワーがついてきた」<br><br>今夏チェルシーは、コンテ監督が必要と考える、ロメル・ルカク、アルバロ・モラタ、ビルヒル・ファン・ダイクなど、少人数の獲得に動くと予想されている。<br><br>&nbsp;<br><br><br>提供:goal.com 2017.04.26 12:51 Wed
twitterfacebook
thumb

敵将もアザールとジエゴ・コスタを称える「彼らが違いを作った」

▽サウサンプトンのクロード・ピュエル監督が、25日に行われたプレミアリーグ第34節のチェルシー戦を振り返った。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 ▽22日に行われたFAカップ準決勝のトッテナム戦から中2日での試合を迎えたチェルシーは、ジエゴ・コスタやアザールなど主力がスタメンに復帰。すると5分にはそのアザールが先制点をマークし、ジエゴ・コスタも2ゴールを奪取。4-2の勝利に大きく貢献した。 ▽対戦したピュエル監督は、チェルシーの組織力を称えながらもアザールとジエゴ・コスタが違いを生んだとの見解を示した。 「クオリティの部分で、相対的に良いパフォーマンスだったと思う。ただ、我々の目の前には素晴らしいチームがいた。さらに彼らには2人の偉大な選手もいた。コスタとアザールが違いを生んだ試合だったね」 ▽なお、サウサンプトンの日本代表DF吉田麻也はリーグ戦14試合連続となるフル出場を果たしている。 2017.04.26 10:13 Wed
twitterfacebook
thumb

サウサンプトンに勝利のコンテ、FAカップで主力を休ませた選択は「正当だった」と主張

チェルシーのアントニオ・コンテ監督は、FAカップ準決勝にエデン・アザールとジエゴ・コスタを休ませた選択は正しかったと、勝利したサウサンプトン戦後に『スカイスポーツ』のインタビューで語っている。<br><br>25日にスタンフォード・ブリッジで行われたプレミアリーグ第34節サウサンプトンとの一戦で、アザールは先制点を奪い、一方のコスタも2ゴールを挙げる活躍を見せるなど、4-2で貴重な勝ち点3を手にした。この勝利で26日にクリスタル・パレス戦を控える2位トッテナムに7ポイント差をつけ、首位をキープしている。<br><br>試合後、コンテ監督は「トッテナム戦とサウサンプトン戦の選択は正しかった。もちろんそのような決断は簡単ではなかったが、我々には素晴らしい選手がいる」と語り、以下のように続けている。<br><br>「素晴らしい勝利だ。トッテナムとのタフな試合の後、すぐにサウサンプトン戦を迎えたから簡単な試合ではなかった。選手たちの活躍は嬉しい限りだ。彼らは勝利に価するプレーを見せてくれた。前半終了間際に得点を挙げたことはとても重要だったと思う。選手たちのパフォーマンスは私に自信を与えてくれた」<br><br><br>提供:goal.com 2017.04.26 09:23 Wed
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース