ミランがセスクに再オファー? チェルシーは中盤を一新か2017.04.18 20:02 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ミランが、チェルシー所属のスペイン代表MFセスク・ファブレガス(29)の獲得に再オファーを提示する可能性があるようだ。イギリス『デイリー・ミラー』が報じている。

▽2014年にバルセロナからチェルシーへ加入したセスクは、アントニオ・コンテが就任した今シーズン、プレミアリーグで23試合に出場し、4ゴール7アシストを記録している。しかし、先発出場は9回しかなく、定位置を確保することができていない。

▽そんなセスクに対して、ミランは今冬の移籍市場での獲得を目論んでいたが、同選手は残留を望み、移籍は実現せずに終わった。ところが、今回の報道によると、チェルシーを率いるアントニオ・コンテ監督はシーズン終了後、タイトル獲得の有無にかかわらず、中盤の選手を一新させることを企てているとのこと。ミランは、この計画に目を留めており、今夏の移籍市場で、セスク獲得に向けて再び動き出す可能性があるようだ。

コメント

関連ニュース

thumb

バデリの後釜を探すヴィオラ、チェルシーMFパシャリッチをリストアップか

▽フィオレンティーナがチェルシーのクロアチア代表MFマリオ・パシャリッチ(23)の獲得に迫っているようだ。フランス『RMCスポーツ』が伝えている。 ▽2014年夏にハイデュク・スプリトからチェルシーに加入したセントラルMFのパシャリッチは、チェルシーでのプレー経験がないままエルチェやモナコ、ミランにレンタル移籍していた。2017-18シーズンはスパルタク・モスクワで主力として活躍し、公式戦32試合に出場し5ゴールを決めていた。 ▽『RMCスポーツ』によれば、フィオレンティーナは今シーズン限りで退団したクロアチア代表MFミラン・バデリの後釜としてパシャリッチをリストアップした模様。 ▽また、同紙によれば、2021年までチェルシーとの契約を残すパシャリッチに対し、フィオレンティーナは買い取りオプション付きのレンタル移籍での獲得を目指しているようだ。 2018.06.25 03:45 Mon
twitterfacebook
thumb

チェルシーのルガーニ獲得が迫る

▽ユベントスのイタリア代表DFダニエレ・ルガーニ(23)のチェルシー移籍が間近に迫っているようだ。イギリス『デイリー・スター』が伝えている。 ▽長らく監督人事に揺れるチェルシーだが、伝えられるところによればルガーニが今夏最初の新加入選手となるようだ。 ▽ルガーニはエンポリのユース出身選手だが、2012-13シーズンにユベントスのプリマベーラにレンタル移籍し、そこでの活躍が評価され2013年夏にユベントスとプロ契約を交わした。2013-14-シーズンから2シーズンはエンポリでの武者修行に励んだ。最初のシーズンにはセリエB40試合に出場。2014-15シーズンには同クラブでセリエA全試合フル出場、加えて警告や退場が一度もないという記録を残している。 ▽15-16シーズンからはユベントスに復帰。今季は主戦場のセンターバックでリーグ戦15試合に出場し2ゴールを記録した。 ▽エンポリ時代には、チェルシー就任が噂されているマウリツィオ・サッリ監督に指導を受けた経験があり、今回の移籍はサッリ監督が望んだと推測されている。『デイリー・スター』によれば、移籍金は3500万ポンド(約51億円)程になるようだ。 2018.06.24 05:30 Sun
twitterfacebook
thumb

激化するピャニッチ争奪戦、元ユーベディレクターはチェルシー入りを明言

▽ユベントスのボスニア・ヘルツェゴビナ代表MFミラレム・ピャニッチ(28)を巡る争奪戦はチェルシーが制したのかもしれない。イタリア『カルチョメルカート』が伝えている。 ▽激化するピャニッチ争奪戦。バルセロナ、レアル・マドリー、マンチェスター・シティといったビッグクラブが獲得に乗り出しているといわれる中、ユベントスのディレクターを務めていたルチアーノ・モッジが今夏のチェルシー加入を明言した。 ▽ピャニッチとユベントスの契約は2021年までとなっており、移籍金は少なくとも6000万ユ―ロから8000万ユ―ロが必要になる模様。メディアの多くは、バルセロナ行きの可能性が最も高いと報じている。 2018.06.21 19:54 Thu
twitterfacebook
thumb

チェルシー、メルテンス獲得を画策…アザールとの超強力ベルギーコンビ結成か

▽チェルシーが、ナポリのベルギー代表FWドリエス・メルテンス(31)の獲得を画策しているようだ。イタリア『カルチョメルカート」が伝えている。 ▽元ナポリのマウリツィオ・サッリ監督就任が間近に迫っているチェルシー。イタリア人指揮官がアルバニア代表DFエルセイド・ヒサイ、セネガル代表DFカリドゥ・クリバリ、アルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアインなどナポリで教鞭をとった選手らの獲得を要求していると伝えられる中、同クラブの点取り屋メルテンスも獲得リストに加えられたようだ。 ▽2013年夏にPSVからナポリに加入したメルテンスはウインガータイプのFWとして初年度からリーグ戦で11ゴール8アシストを記録するなど主力として活躍。2016-17シーズンからは、ユベントスに移籍したイグアインに代わってトップに位置でプレーするようになると、ストライカーとしての才能が開花。公式戦46試合で34得点をマークした。 ▽先のロシア・ワールドカップのベルギー代表の初戦パナマ代表戦でも、超絶ボレーシュートでベルギーの先制点を奪い赤い悪魔の3発快勝に貢献。サッリ監督はメルテンスに、チェルシーではストライカーの後ろでプレーすることを望んでいるようで、同胞のMFエデン・アザールとの強力タッグが結成されるかもしれない。 2018.06.21 13:55 Thu
twitterfacebook
thumb

今日の誕生日は誰だ! 6月20日は、8年前“幻のゴール”で判定に泣かされた世界屈指のセンターハーフ

◆フランク・ランパード 【Profile】 国籍:イングランド 現役時代所属チーム:ウェストハム、チェルシー、マンチェスター・シティ etc 誕生日:1978年6月20日 ポジション:MF 身長:184㎝ 体重:88㎏ ▽『今日の誕生日は誰だ!』6月20日は、元イングランド代表のMFフランク・ランパード氏だ。 ▽1995年にウェストハムでプロキャリアをスタートさせたランパード氏は、スウォンジー・シティへのレンタル移籍を経験しながら成長。1999年にはイングランド代表に初招集された。2001年にチェルシーへ移籍すると、すぐさまレギュラーの座を獲得。世界屈指のセンターハーフとして3度のプレミア制覇、チャンピオンズリーグ優勝に貢献した。チェルシーの黄金期を築いた同氏は、マンチェスター・シティとニューヨーク・シティでプレーした後、2017年2月に現役を引退。新シーズンからはチャンピオンシップ(イングランド2部相当)に所属するダービー・カウンティの監督を務めることが決定している。 ▽ランパード氏は、現在行われているW杯にドイツ大会から3度出場。その中でも印象に強い出来事の一つが2010年に行われた南アフリカW杯での“幻のゴール"だろう。決勝トーナメント1回戦のドイツ戦、1点リードされて迎えた前半38分にランパード氏の放ったボックス手前からのシュートがバーに直撃。そのままボールは下に落ち、ゴールラインを越えたかに見えたが、ゴールが認められず。結局イングランドは1-4で敗れた。 ▽不運に見舞われたランパード氏は「4万人(の観客)がゴールだと分かり、それが分からなかった人が2人いた」と主審と副審を遠回しに批判し、科学的に判断するための「ゴールライン・テクノロジー(GLT)」導入に賛同した。その出来事から4年後、ブラジル大会で初めてGLTが導入。そして今大会では、スタジアム外で常に数台のモニターで試合を監視するリプレーオペレーター4人と、主審がモニターで映像を観ながらプレーを確認できる「ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)」を初導入。今大会ではすでに両システムが活躍し、誤審の減少や判定の精度向上に役立っている。きっと今大会であればランパード氏のあのシュートはゴールと認められていただろう。しかし、あの不運がなければ、現在GLTもVARも使われていなかったかもしれない…。 ※誕生日が同じ主な著名人 ハビエル・パストーレ(サッカー選手/パリ・サンジェルマン) アスミル・ベゴビッチ(サッカー選手/チェルシー) 椎橋慧也(サッカー選手/ベガルタ仙台) 富田晋伍(サッカー選手/ベガルタ仙台) 本山雅志(サッカー選手/ギラヴァンツ北九州) 内村莉彩(アイドル/SUPER☆GiRLS) 水野由結(アイドル/元さくら学院・BABYMETAL) May J.(歌手) 相武紗季(女優) 鬼龍院翔(ミュージシャン/ゴールデンボンバー) 2018.06.20 07:00 Wed
twitterfacebook


ロシアW杯

ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース