ミランがセスクに再オファー? チェルシーは中盤を一新か2017.04.18 20:02 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ミランが、チェルシー所属のスペイン代表MFセスク・ファブレガス(29)の獲得に再オファーを提示する可能性があるようだ。イギリス『デイリー・ミラー』が報じている。

▽2014年にバルセロナからチェルシーへ加入したセスクは、アントニオ・コンテが就任した今シーズン、プレミアリーグで23試合に出場し、4ゴール7アシストを記録している。しかし、先発出場は9回しかなく、定位置を確保することができていない。

▽そんなセスクに対して、ミランは今冬の移籍市場での獲得を目論んでいたが、同選手は残留を望み、移籍は実現せずに終わった。ところが、今回の報道によると、チェルシーを率いるアントニオ・コンテ監督はシーズン終了後、タイトル獲得の有無にかかわらず、中盤の選手を一新させることを企てているとのこと。ミランは、この計画に目を留めており、今夏の移籍市場で、セスク獲得に向けて再び動き出す可能性があるようだ。

コメント

関連ニュース

thumb

モイーズがチェルシーFWバチュアイへの興味を完全否定

▽ウェストハムのデイビット・モイーズ監督が、チェルシーのベルギー代表FWミッチー・バチュアイ(24)への興味を否定した。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ▽チェルシーがウェストハムの元イングランド代表FWアンディ・キャロル獲得に動いているとの報道が取り沙汰されており、ウェストハム側も代役としてチェルシーからバチュアイのレンタル移籍を要求しているとみられていた。しかし、バチュアイにはセビージャ移籍の噂が浮上し、更にはキャロルが先日に足首を負傷し4カ月の離脱を強いられることに。一連の移籍報道はトーンダウンしていた。 ▽20日に行われるプレミアリーグ第24節ボーンマス戦の前日会見に出席したモイーズ監督は、バチュアイの獲得やキャロル放出を公に否定した。 「私たちが彼(バチュアイ)に関心を抱いていると言ったことは決してない。他のクラブの選手たちについては話さないようにしている。私は試合を観戦する目的であそこ(チェルシーの試合会場)を訪れていて、必ずしも誰か個人を視察するためではない」 「彼(キャロル)はそれ(チェルシー移籍)に値する。数年間にも渡り戦える一握りの選手であり続けているし、恐らくプレーが難しく違いを提供できる絶滅危惧種の大型センターフォワードだからね」 「私たちはチェルシーからローン契約についての正式なオファーは受けていないと言ってきた。そして言い続けていたように、とにかく受け入れることはないだろうね」 2018.01.20 02:42 Sat
twitterfacebook
thumb

ドッキリには寛大?モウリーニョ、宿敵コンテのシャツと知らずにサインし爆笑

マンチェスター・ユナイテッドの指揮官ジョゼ・モウリーニョがイタリアメディア『メディアセット』のテレビ番組『レ・イェーネ』の企画でドッキリの被害に遭った。<br><br>モウリーニョは数週間にわたり、ライバルであるチェルシー指揮官アントニオ・コンテとお互いを罵り合う舌戦を繰り広げた。このため同番組スタッフが17日、モウリーニョを突撃取材し、2人の和解を模索した。<br><br>取材を受けたマンチェスター・U指揮官は、同クラブのユニフォームを差し出されると、何の疑問を抱くことなく、サインとメッセージを書き込んだ。しかし、これは番組によるドッキリで、シャツの背中側には「アントニオ・コンテ」の名前と背番号「1」がプリントされていた。<br><br>犬猿の仲にあるチェルシー指揮官の名前に気づいた&ldquo;スペシャル・ワン&rdquo;は、仕掛け人に対して怒り出すことなく、爆笑する寛大な心を見せた。同番組は公式ウェブサイトにおいて、「ジョゼは我々のいたずらにハマった」とドッキリの企画を報告。番組スタッフのおかげで、「ジョゼ・モウリーニョとアントニオ・コンテが&ldquo;友人&rdquo;になった」として、成功を喜んだ。『コリエレ・デロ・スポルト』は「偽りの和解だ」と伝えているが、ドッキリをきっかけに両者の溝は埋まるのか注目されるところだ。<br><br><br>提供:goal.com 2018.01.19 18:15 Fri
twitterfacebook
thumb

キャロル撤退のチェルシー、次なるターゲットはクラウチか

▽チェルシーが、ストーク・シティの元イングランド代表FWピーター・クラウチ(36)を獲得リストに加えたようだ。イギリス『テレグラフ』が伝えている。 ▽深刻なゴール不足から今冬での新たなストライカー探しが急務となっているチェルシー。ウェストハムの元イングランド代表FWアンディ・キャロルにも触手を伸ばしていたとされているが、足首の負傷が明らかになり、獲得の噂は絶たれた。 ▽そこで新たにリストに挙がったのが2メートル超えの長身を武器とするベテランFWだ。『テレグラフ』によれば、チェルシーはクラウチをシーズンレンタルで獲得したい意向のようだが、ストーク側は手放すならシーズン終了後にと考えている模様だ。また、新たにストークの指揮官に就任したポール・ランバート監督は、ワントップにターゲットマンを据える戦術を得意としており、クラウチはその役割を担う選手として重宝されるのではないかと推測している。 ▽なお、イギリス『スカイ・スポーツ』によれば、チェルシーはローマのボスニア・ヘルツェゴビナ代表FWエディン・ゼコ(31)にも興味を示しているようだ。 2018.01.19 18:00 Fri
twitterfacebook
thumb

【プレミア第24節プレビュー】土がついたシティ、白星を取り戻せるか

▽前節のプレミアリーグでは、今季リーグ無敗を続けていたマンチェスター・シティがリバプールに3-4で競り負け、ついに土がついた。2位のマンチェスター・ユナイテッドが3ポイントを獲得して差を詰めた一方、チェルシーはドロー、そしてアーセナルは敗戦している。 ▽迎える今節、シティはホームでのニューカッスル戦で白星を取り戻しにかかる。リバプール戦では日程面でのディスアドバンテージに加えてアンフィールドの試合ということもあって、相手のインテンシティと攻撃力を前に競り負けた。2位のユナイテッドとの勝ち点差はいまだに12ポイントと安全圏だが、ホームのここはきっちりと勝利を取り戻したい。 ▽ユナイテッドは、アウェイでのバーンリー戦だ。前節はストーク・シティを相手に3-0で勝利し、これでリーグ7戦負けなし。年明けは余裕のある日程間隔をとれており、選手コンディションの上昇も期待できる。バーンリーは昨年末にホームで2-2と引き分けて勝ち点を落とした相手。公式戦7戦勝利なしと調子を落としているが、侮れない。 ▽3位のリバプールはアウェイでスウォンジーと対戦する。前節のシティ戦快勝は、コウチーニョ流出のショックを感じさせないという意味でも大きかった。さらに、今季からの新戦力であるチェンバレンもMOMの活躍を披露し、パフォーマンスレベルが上がっているのは好材料。得失点差で上回っているチェルシーをかわし、ユナイテッドとも3ポイント差。公式戦5連勝中&公式戦18戦負けなしの調子を持続し、白星を狙う。 ▽4位に後退したチェルシーは、アウェイでのブライトン戦。前節はレスター・シティを相手に0-0で引き分け、2戦連続のドロー。水曜日にはノリッジとFAカップ3回戦の再試合を戦って勝ち進むことに成功しているが、PK戦までもつれ込んだことで消耗してしまった。さらに、この試合ではペドロとモラタが2枚のイエローカードで退場してしまい、今節出場停止に。リーグ1のハードスケジュールなっているチームは中2日のアウェイ戦という厳しい戦いに直面する。 ▽そのほか、5位のスパーズは、吉田所属のサウサンプトンとのアウェイ戦。前節ボーンマスに1-2で敗れてリーグ3戦未勝利のアーセナルは、ホームにクリスタル・パレスを迎えるダービーで4試合ぶりの白星を目指す。 ◆プレミアリーグ第24節 ▽1/20(土) 《21:30》 ブライトン vs チェルシー 《24:00》 ストーク・シティ vs ハダースフィールド アーセナル vs クリスタル・パレス エバートン vs WBA バーンリー vs マンチェスター・ユナイテッド ウェストハム vs ボーンマス レスター・シティ vs ワトフォード 《26:30》 マンチェスター・シティ vs ニューカッスル ▽1/21(日) 《25:00》 サウサンプトン vs トッテナム ▽1/22(月) 《29:00》 スウォンジー vs リバプール 2018.01.19 18:00 Fri
twitterfacebook
thumb

チェルシー、ローマのゼコ&エメルソン・パルミエリ獲得へ67億円+バチュアイのオファーか

▽チェルシーがローマに所属するボスニア・ヘルツェゴビア代表FWエディン・ゼコ(31)とブラジル人DFエメルソン・パルミエリ(23)の獲得に動いているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ▽今回伝えられるところによると、チェルシーは両選手の獲得に向けて移籍金5000万ユーロ(約67億9000万円)を支払う準備ができている模様。それに加えてベルギー代表FWミッチー・バチュアイ(24)のレンタルでの譲渡も考えている模様ようだが、ローマはこれに対して1500万ユーロ(約20億円)の上乗せを要求しているとのことだ。 ▽1年間のレンタル移籍を経て2016年にマンチェスター・シティからローマへ完全移籍を果たしたゼコは、昨シーズンのセリエAで29ゴールを挙げて得点王に輝いた。今シーズンもここまで公式戦26試合で12ゴール4アシストを記録している。 ▽2年間のレンタル移籍を経て2017年にサントスからローマへ完全移籍を果たしたエメルソン・パルミエリは、昨シーズンこそ公式戦36試合1ゴール1アシストを記録したが、同シーズンのセリエA最終節で左ヒザ前十字じん帯を断裂。その影響で今シーズンは開幕に出遅れ、2017年7月に加入したセルビア代表DFアレクサンドル・コラロフに定位置を奪われる形で復帰後もベンチを温める日々が続いている。 2018.01.19 10:34 Fri
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース