タイトル獲得に危機的状況のバルサ、ピケはCLユベントスとクラシコの勝利を確信「両方とも勝つことができる」2017.04.17 15:38 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽バルセロナのスペイン代表DFジェラール・ピケが、タイトル獲得に向けた大事な一戦に向けた意気込みを語っている。スペイン『マルカ』が伝えた。

▽バルセロナは11日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝1stレグのユベントス戦で0-3の敗戦を喫し、CL優勝に黄信号が灯っている。さらにリーガエスパニョーラでは、首位のレアル・マドリーに対して1試合消化が多いながらも、3ポイント差の2位となっている。

▽そんな中、19日にはCL準々決勝2ndレグでユベントスをカンプ・ノウに迎え、23日に行われるリーガエスパニョーラ第33節では、アウェイでマドリーとのクラシコが控える。

▽ピケは、1stレグで0-4の敗戦を喫しながらも2ndレグで6-1と逆転突破を成し遂げたCL決勝トーナメント1回戦のパリ・サンジェルマン戦を引き合いに出し、ユベントスを下して準決勝に進めるとコメント。さらにユベントス戦で勝つことで、勢いを持ってマドリーとのダービーマッチに臨めるとの考えを示した。

「僕たちはあの苦しめられたパリ戦で逆転することができたんだ。さらに近年では、ベルナベウ(マドリーの本拠地)で負けていた試合を何度か引っくり返したことだってある。今回もできるはずさ」

「この2つの試合(ユベントス戦、マドリー戦)は関連している。ユベントスに勝つことができれば、その勢いを持ったままマドリーと戦うことができるからね」

「両方とも勝つことは可能だ。僕たちはそうできることを確信しているよ」

コメント

関連ニュース

thumb

バルサ、コウチーニョ獲得で個人間合意か、移籍金は104億円とも

▽バルセロナが、リバプールのブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョ(25)と個人間で合意したようだ。スペイン『RAC1』が伝えた。 ▽エルネスト・バルベルデ新監督の下、中盤の補強を図るバルセロナ。加齢と共に衰えが見え始めているスペイン代表MFアンドレス・イニエスタに代わるプレーメーカーとして、さらに両ウイングもこなせるユーティリティ性から、コウチーニョに白羽の矢を立てた。 ▽これまでの報道によると、バルセロナはすでに一度コウチーニョに対するオファーを拒否されたようだが、『RAC1』は、個人間では合意に至ったと主張。これから、リバプールとの交渉の席に着く見込みだ。 ▽また、スペイン『マルカ』によれば、移籍金は最低でも8000万ユーロ(約104億円)は必要になるとのことだ。 2017.07.26 15:30 Wed
twitterfacebook
thumb

PSG・カバーニ「ネイマール? 大歓迎だ」

▽パリ・サンジェルマン(PSG)のウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニは、バルセロナのブラジル代表FWネイマール(25)の加入を歓迎している。 ▽現在インターナショナル・チャンピオンズカップに参加中のPSGは、27日のユベントス戦に向けた記者会見を行った。イギリス『デイリー・メール』が伝えるところによると、その会見でネイマールのPSG移籍報道について、カバーニは歓迎の姿勢を見せた。 「新しい選手(ネイマール)が加わるのなら、それは大歓迎だ」 ▽なお、『デイリー・メール』によると、ネイマールの獲得を狙っているPSGは、契約解除金の1億9600万ポンド(約285億円)を満額支払うつもりのようだ。 2017.07.26 15:29 Wed
twitterfacebook
thumb

ネイマールは自ら「残留」を明言すべき?8割以上のバルサファンの回答は...

ブラジル代表FWネイマールの移籍騒動をめぐっての、バルセロナファンの考えは明確なようだ。<br><br>ネイマールはここ数日、パリ・サンジェルマン(PSG)移籍の可能性が盛んに報じられている。資金潤沢なPSGには、同選手の契約解除金2億2200万ユーロ(約286億円)を出す準備があると伝えられ、ネイマール自身も移籍を真剣に検討しているというのだ。<br><br>スペイン『スポルト』電子版は、バルセロナファンにアンケートを実施。「ネイマールは自らの口で残留を明言すべきか?」との問いに、82%(1万116票)が「イエス」と答え、18%(2160票)が「ノー」と回答している。<br><br>23日には、DFジェラール・ピケが「残留する」とのコメントを添えてネイマールとの2ショット写真をソーシャルメディアに載せた。だが現時点、ネイマールは去就に関して無言を貫いている。<br><br>提供:goal.com 2017.07.26 09:26 Wed
twitterfacebook
thumb

バルサ、目指すはコウチーニョとパウリーニョの“両獲り”...ネイマールの残留に向けた説得材料に

バルセロナは広州恒大MFパウリーニョ、リバプールMFフィリペ・コウチーニョ獲得に本腰を入れ始めているようだ。<br><br>すでにパウリーニョ獲得に向けて移籍金2500万ユーロ(約32億円)のオファーを広州恒大に提示したとされるバルセロナだが、これは断られている。広州恒大はシーズン途中にパウリーニョを手放すことを考えておらず、1月までブラジル代表MFを留める意向だ。<br><br>だがパウリーニョの代理人は、現在中国入りして広州恒大と交渉を行っている様子。バルセロナからのオファーを受け入れ、選手の移籍を容認するようにクラブ側に働きかけているという。<br><br>またバルセロナはコウチーニョ獲得にも動いている。同選手獲得に向け、移籍金として7500万ユーロ(約96億円)を準備。だがリバプール側は1億ユーロ(約130億円)の移籍金を求めており、交渉は難航を極めることが予想される。<br><br>バルセロナはネイマールにパリ・サンジェルマン移籍の可能性が浮上している。ブラジル代表の2選手を引き入れ、ネイマール残留への&ldquo;説得材料&rdquo;にする考えだとみられる。<br><br>提供:goal.com 2017.07.26 09:21 Wed
twitterfacebook
thumb

バルセロナDF、ピケのネイマール残留宣言を信頼「ジョークで言ったとは思えない」

バルセロナに所属するスペイン代表DFジョルディ・アルバは、ジェラール・ピケがジョークでネイマールの残留をほのめかしたとは思っていないようだ。スペイン『ムンド・デポルティーボ』が報じている。<br><br>ピケは23日、パリ・サンジェルマンへの移籍騒動に揺れるネイマールと自身のインスタグラムでツーショット写真を公開。「残る」との言葉を発信し、残留するとの見方を強めた。しかしながら、報道ではやはり最終的にネイマールはパリ・サンジェルマンへ移籍することですでに合意に達しているとも報じられ、いまだ去就は不透明なままとなっている。<br><br>アルバはネイマールとは直接話していないとしながらも、ピケが冗談でSNSにそういった言葉を載せたとも考えていないようだ。<br><br>「ピケには聞いて見る必要があるのは確かだ。ネイマールとはこの件について話していないよ。でもピケがジョークを言ったとも思えない。そうじゃないことを望んでいるしね」<br><br>また、アルバはネイマールについて自身の見解を述べ、スペインでの生活には不満はないはずと語る。<br><br>「ネイマールはバルセロナの選手だ。とても落ち着いているし、バルサで幸せだと思う。僕にとっては世界で一番のクラブだ。ホームであり、家族だと感じている。すべての選手にそれぞれの意見があるし、そうしたいようにはできるけどね」<br><br><br>提供:goal.com 2017.07.25 23:38 Tue
twitterfacebook


FOOTBALL COUNTDOWNS特集
PUMA ONE特集
中間評価
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース