乾後半から出場のエイバル、ベティスに敗戦で連勝が3でストップ《リーガエスパニョーラ》2017.04.17 03:29 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽エイバルは16日、リーガエスパニョーラ第32節でベティスとのアウェイ戦に臨み、0-2で敗れた。エイバルのMF乾貴士は後半から出場している。

▽前節セルタ戦を2-0と快勝して3連勝とした7位エイバル(勝ち点50)は、セルタ戦のスタメンから2選手を変更。クリスティアン・リベラとガルベスに代えてエスカランテとルジューヌが先発に戻った。スペイン国王の晩さん会出席のために来日していた乾はベンチスタートとなった。

▽リーガで10ゴールを挙げているチーム内得点王のルベン・カストロを病気で欠く3連敗中の15位ベティス(勝ち点31)に対し、エイバルは開始1分過ぎに失点する。ボックス右のラファ・ナバーロのクロスをマルタンにヘディングシュートで決められた。

▽早々に失点したエイバルはポゼッションを高めてベティスを押し込むと、15分に右CKからラミスがヘディングシュート。しかし、枠の左に外れた。

▽27分に負傷したラミスに代わってガルベスを投入せざるを得なくなったエイバルは34分、ペドロ・レオンがドリブルシュートを放ってゴールに近づいた。

▽前半終盤、ベティスのFKから立て続けにピンチを迎えたエイバルだったが、追加点は許さずに前半を終えた。

▽後半からエイバルはベベに代えて乾を左サイドに投入。しかし、52分にドルミジの直接FKでゴールを脅かされると、ベティスの攻勢が強まっていく。そんな中、ダニ・セバージョスを投入して追加点を狙った。

▽対するエイバルは70分、乾のシュートのルーズボールをボックス中央で拾ったガルベスが反転から強烈なシュートを浴びせるも、GKアダンの好守に阻まれてしまう。

▽80分には乾が決定機を演出。左サイドを抜け出した乾がマイナスに折り返し、ペドロ・レオンがシュート。しかし、空振りしてしまった。

▽すると89分、ロングカウンターに転じたベティスが決定的な2点目を奪う。ハーフラインから持ち上がったダニ・セバージョスがボックス右からゴール左へシュートを流し込んだ。ダニ・セバージョスのリーガ今季初ゴールで勝負を決定付けたベティスが連敗を3で止めた一方、乾が3試合ぶりに出場したエイバルの連勝が3でストップしている。

コメント

関連ニュース

thumb

乾貴士の今季初ゴールにスペイン紙も興奮「ラティガッソ」「バレンシアGKを撃ち抜いた」

エイバルに所属する日本代表ウインガー、乾貴士がゴールでバレンシア戦の金星に貢献し、スペインメディアから賛辞を受けている。<br><br>エイバルは16日、リーガ・エスパニョーラ第16節でバレンシアと対戦。エイバルは後半、乾がこぼれ球を叩き込んで先制点を挙げると、直後に同点弾を許すものの、終了間際に再度勝ち越し。2-1で2位バレンシアを下している。<br><br>スペイン『マルカ』では、乾に3点満点中2の採点。試合レポートでは、乾のゴールについて「乾いたラティガッソ(鞭による一撃、強烈なシュートを意味する)を打ち、それは屈服していたネトが守るゴールのポストに当たって枠に入った」と伝えている。<br><br>同様にスペイン『スーペルデポルテ』でも試合レポートで「バレンシア守備陣は昨季のようにボールを跳ね返す術を知らず、3度目のルーズボールが日本人イヌイの足元に転がり、バレンシアGKを撃ち抜いた」と記した。<br><br>乾に今季初ゴールが生まれ、3試合負けなしとしたエイバル。次節のジローナ戦でも乾の活躍に注目が集まるところだ。<br><br><br>提供:goal.com 2017.12.17 07:03 Sun
twitterfacebook
thumb

乾が今季初ゴール! 2位バレンシアに競り勝ったエイバルが5戦負けなし《リーガエスパニョーラ》

▽リーガエスパニョーラ第16節、エイバルvsバレンシアが16日にエスタディオ・ムニシパル・デ・イプルーアで行われ、ホームのエイバルが2-1で勝利した。なお、エイバルのMF乾貴士はフル出場し、今季初ゴールを記録した。 ▽前節、ヘタフェとの渋い内容の一戦をホルダンのPK失敗の影響もあってゴールレスドローで終えた13位のエイバル(勝ち点18)は、リーグ戦の連勝が「3」でストップ。一方、やや幸運なPKの判定もあってセルタとの接戦を2-1で制した2位のバレンシア(勝ち点34)は、3試合ぶりの白星を手にした。共に勝ち点3奪取を狙う一戦でエイバルは乾を先発で起用した。 ▽共に[4-4-2]の布陣を採用し素早いトランジションフットボールを志向する両者の一戦は、立ち上がりからがっちり組み合う拮抗した展開が続く。その中でよりフィニッシュの場面を作り出したのはホームのエイバル。セルジ・エンリクやアレホがシュートシーンを演出するが、相手ゴールをこじ開けるまでには至らず。 ▽対するバレンシアは26分、パレホの強烈なミドルシュートでゴールに迫る場面を作ったものの、なかなか良い形で攻撃をスピードアップできず、前半をゴールレスで終えた。 ▽迎えた後半、試合を動かしたのは乾だった。49分、右サイドからのクロスによってゴール前の混戦を生み出したエイバルは相手DFのクリアをホルダンがブロックすると、これがボックス左の乾の足元へ。ここで乾は鋭い振り足からニアサイドに右足のシュートを突き刺し、待望の今季初ゴールを奪った。 ▽乾のゴールで均衡を破ったエイバルだが、すぐさま同点に追いつかれる。57分、左サイドを破られてクロスを許すと、ニアで対応したDFにディフレクトしたボールがファーに走り込むサンティ・ミナの元へ。これをワンタッチで流し込まれた。 ▽その後、一進一退の攻防が続く中、互いに交代カードで流れに変化を加える。アウェイとはいえ勝ち点3がほしいバレンシアは負傷明けのゴンサロ・ゲデスらを投入し、攻勢を強めていく。 ▽一方、主砲セルジ・エンリクを下げて守備的MFのエスカランテを投入して引き分け良しの姿勢を見せたエイバルだったが、87分に右サイドのアレホがゴール前に絶妙なクロスを入れると、前節PK失敗のホルダンが豪快なヘディングで合わせ、土壇場で勝ち越しゴールを奪った。その後、バレンシアの猛攻を粘り強い守備で凌ぎ切ったエイバルが、難敵に今季2敗目を与える金星を奪うと共に、無敗記録を5試合に伸ばした。 2017.12.17 05:33 Sun
twitterfacebook
thumb

【リーガエスパニョーラ第16節プレビュー】乾エイバルvsバレンシア! バスク・ダービーも開催

▽先週末に行われた第15節では、それぞれ難敵相手に勝ち切った首位バルセロナ、2位バレンシア、3位、4位のマドリッド勢が揃って勝ち点3を積み上げて上位戦線に変化はなし。また、ヘタフェMF柴崎岳とエイバルMF乾貴士によるリーガ史上初の日本人対決は、共に出場を果たしたもののすれ違いとなり、ピッチ上の競演は果たされなかった。 ▽昨シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)王者のレアル・マドリーが、UAEで開催されるFIFAクラブ・ワールドカップ(CWC)に参戦し、レガネスとの試合が延期されるため9試合の開催となる第16節。今節最大の注目カードは、13位のエイバル(勝ち点18)と2位のバレンシア(勝ち点34)が激突する一戦だ。 ▽前節、ヘタフェとの渋い内容の一戦をMFホルダンのPK失敗の影響もあってゴールレスドローで終えたエイバルは、リーグ戦の連勝が「3」でストップ。それでも、攻守両面で好調を継続しており、チームは自信を持ってバレンシアとのホームゲームに臨めるはずだ。一方、やや幸運なPKの判定もあってセルタとの接戦を2-1で制したバレンシアは、今回の一戦で連勝を目指す。共に[4-4-2]の布陣を採用し、素早いトランジションフットボールを展開する中、より個の能力に優れているバレンシアとしては局面でのマッチアップをきっちり制すことが勝利のカギだ。逆に、エイバルの乾としてはMFソレール、DFモントーヤという、相手右サイドのユニットに対して、果敢な仕掛けで圧倒したい。 ▽また、前節難敵ビジャレアルとの上位対決をFWルイス・スアレス、FWメッシの2トップの活躍で勝利し3試合ぶりの白星を手にした首位のバルセロナ(勝ち点39)は、次節に4位のレアル・マドリー(勝ち点31)との今季最初の“エル・クラシコ”を控える中で17位のデポルティボ(勝ち点15)とのホームゲームに臨む。実力差を考えれば、比較的簡単な試合になると思われるが、累積警告4枚で出場停止にリーチが懸かるMFブスケッツやコンディションに不安を抱える一部主力の温存が予想される。したがって、控え主体のメンバー構成の中、専守防衛のデポルティボに対して、できるだけ早いうちに試合を決める形が望ましい。 ▽そのバルセロナを勝ち点6差で追走する3位のアトレティコ(勝ち点33)は、格下ベティス相手にボールを保持される微妙な内容もMFサウールのゴールを守り切ってリーガ3連勝を達成。4連勝を目指す今節はアベラルド新体制で連勝中の18位アラベス(勝ち点12)をホームで迎え撃つ。アトレティコにとってはさほど難しい試合ではないものの、対戦相手のアラベスでは直近の公式戦3試合でそれぞれ4ゴール、3ゴールを記録しているFWイバイ・ゴメスとFWムニルが好調を継続しており、この2人のアタッカーをきっちり封じれるかが、勝敗のカギを握る。 ▽その他の試合では、前節柴崎が戦列復帰した7位のヘタフェ(勝ち点20)と、9位のジローナ(勝ち点20)による好調な昇格組対決、14位のアスレティック・ビルバオ(勝ち点17)と10位のレアル・ソシエダ(勝ち点19)によるバスク・ダービー、前節レアル・マドリーに屈辱的な0-5の惨敗を喫した5位のセビージャ(勝ち点28)が、15位のレバンテ(勝ち点16)をホームに迎える一戦に注目したい。 <div style="text-align:left;font-size:small;">《リーガエスパニョーラ第16節》 ▽12/15(金) 《29:00》 セビージャ vs レバンテ ▽12/16(土) 《24:15》 ビルバオ vs レアル・ソシエダ 《26:30》 エイバル vs バレンシア 《28:45》 アトレティコ・マドリー vs アラベス ▽12/17(日) 《20:00》 ジローナ vs ヘタフェ 《24:15》 セルタ vs ビジャレアル 《26:30》 ラス・パルマス vs エスパニョール 《28:45》 バルセロナ vs デポルティボ ▽12/18(月) 《29:00》 マラガ vs ベティス ▽未定 レガネス vs レアル・マドリー</div> 2017.12.15 18:00 Fri
twitterfacebook
thumb

ヘタフェ対エイバル、乾&柴崎の採点はともに低評価…柴崎「リズムを欠いている」乾「最高のレベルには程遠かった」

9日のリーガエスパニョーラ第15節、ヘタフェ対エイバル(0&minus;0)で、MF柴崎岳とMF乾貴士の現地評価は乏しいものとなった。<br><br>&ldquo;日本人ダービー&rdquo;としてリーガ側が盛り上げることを狙ったこの対戦。先発出場の乾は63分に交代によってベンチに下り、その10分後に柴崎が出場と、両日本人選手は入れ違いでプレーすることになった。<br><br>スペイン『マルカ』の両選手の採点は、3点満点中1点となった。寸評において、柴崎は「見事なヒールを見せた。プレーリズムを欠いていた」と負傷明けの影響を指摘され、乾については「プレーにあまり関与せず。最高のレベルには程遠かった」と精彩を欠いていたとの見解が示されている。<br><br>なおリーガ第16節で、ヘタフェはアウェイでジローナと対戦し、エイバルはホームにバレンシアを迎える。<br><br><br>提供:goal.com 2017.12.10 23:13 Sun
twitterfacebook
thumb

柴崎と乾によるリーガ史上初の日本人対決はすれ違いでピッチ内競演ならず…PK失敗エイバルはドローで連勝ストップ《リーガエスパニョーラ》

▽リーガエスパニョーラ第15節、ヘタフェvsエイバルが9日にコリセウム・アルフォンソ・ペレスで行われ、0-0のドローに終わった。なお、ヘタフェのMF柴崎岳は74分から途中出場した。エイバルのMF乾貴士は先発出場し63分までプレーした。 ▽リーガ史上初の日本人対決が期待されたMF柴崎岳擁する8位のヘタフェ(勝ち点19)と、MF乾貴士を擁する13位のエイバル(勝ち点17)の一戦。 ▽前節、数的不利を強いられながらも2位バレンシアに今季初黒星を与える金星を挙げたヘタフェ。ホームで連勝を目指す今節では9月に行われた第4節バルセロナ戦以降、欠場が続いていた柴崎が11試合ぶりのベンチメンバー入りを果たした。 ▽一方、これまでの得点力不足が嘘のように3試合連続複数得点で3連勝中のエイバルは今季初ゴールを狙う乾が6試合連続で先発出場を果たした。 ▽試合前に乾と柴崎、スペイン人フィギュアスケーターのハビエル・フェルナンデスがキックインセレモニーを行うなど、リーガ史上初の日本人対決に注目が集まった一戦。だが、試合開始直後から中盤での潰し合いが目立ち、クローズな展開が続く。 ▽時間の経過とともに押し込み始めるエイバルは、右サイドを突破したアレホがクロスバーを掠めるシュート。35分にはボックス左で収めた乾がシュートを狙うが、ここは相手DFにブロックされる。 ▽互いに見せ場を作れないまま、ゴールレスで折り返した試合は、後半立ち上がりに動きを見せる。52分、ボックス内でシュート体勢に入ったセルジ・エンリクがDFに倒されてPKを獲得。だが、この場面でキッカーのホルダンがやや足を滑らせてシュートをクロスバーの上に外してしまう。 ▽相手のPK失敗に救われたヘタフェは63分、後半最初の決定機。相手GKドミトロビッチが前に出て弾いたボールを拾ったファイルが無人のゴールに向けてミドルシュートを放つが、これはわずかに枠の左に外れる。 ▽一方、流れを変えたいエイバルは63分、後半立ち上がりにカードをもらっていたうえ、やや相手の守備に苦戦していた乾を下げてベベを投入。これにより、ピッチ内でのリーガ史上初の日本人対決はエイバルホームで行われる次回対戦に持ち越されることになった。それでも、エイバルは69分、ボックス手前でパスを受けたセルジ・エンリクが際どいシュートを放つ。しかし、枠の左隅を捉えたボールは相手GKグアイタの好守に阻まれた。 ▽乾の交代から11分後、ヘタフェベンチが動く。74分、ポルティージョに代わって柴崎が約3カ月ぶりにピッチに入る。左サイドに入った柴崎は負傷明けの感じさせない堅実なプレーでリズムを作る。 ▽試合終盤にかけてはヘタフェの時間が続くもファイルの直接FKや後半アディショナルタイムのラセンの胸トラップからのボレーが相手GKの好守に阻まれ、試合はこのままタイムアップ。互いに勝ち点1を分け合う結果に終わった。 2017.12.09 22:58 Sat
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース