超ワールドサッカー

乾後半から出場のエイバル、ベティスに敗戦で連勝が3でストップ《リーガエスパニョーラ》2017.04.17 03:29 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽エイバルは16日、リーガエスパニョーラ第32節でベティスとのアウェイ戦に臨み、0-2で敗れた。エイバルのMF乾貴士は後半から出場している。

▽前節セルタ戦を2-0と快勝して3連勝とした7位エイバル(勝ち点50)は、セルタ戦のスタメンから2選手を変更。クリスティアン・リベラとガルベスに代えてエスカランテとルジューヌが先発に戻った。スペイン国王の晩さん会出席のために来日していた乾はベンチスタートとなった。

▽リーガで10ゴールを挙げているチーム内得点王のルベン・カストロを病気で欠く3連敗中の15位ベティス(勝ち点31)に対し、エイバルは開始1分過ぎに失点する。ボックス右のラファ・ナバーロのクロスをマルタンにヘディングシュートで決められた。

▽早々に失点したエイバルはポゼッションを高めてベティスを押し込むと、15分に右CKからラミスがヘディングシュート。しかし、枠の左に外れた。

▽27分に負傷したラミスに代わってガルベスを投入せざるを得なくなったエイバルは34分、ペドロ・レオンがドリブルシュートを放ってゴールに近づいた。

▽前半終盤、ベティスのFKから立て続けにピンチを迎えたエイバルだったが、追加点は許さずに前半を終えた。

▽後半からエイバルはベベに代えて乾を左サイドに投入。しかし、52分にドルミジの直接FKでゴールを脅かされると、ベティスの攻勢が強まっていく。そんな中、ダニ・セバージョスを投入して追加点を狙った。

▽対するエイバルは70分、乾のシュートのルーズボールをボックス中央で拾ったガルベスが反転から強烈なシュートを浴びせるも、GKアダンの好守に阻まれてしまう。

▽80分には乾が決定機を演出。左サイドを抜け出した乾がマイナスに折り返し、ペドロ・レオンがシュート。しかし、空振りしてしまった。

▽すると89分、ロングカウンターに転じたベティスが決定的な2点目を奪う。ハーフラインから持ち上がったダニ・セバージョスがボックス右からゴール左へシュートを流し込んだ。ダニ・セバージョスのリーガ今季初ゴールで勝負を決定付けたベティスが連敗を3で止めた一方、乾が3試合ぶりに出場したエイバルの連勝が3でストップしている。

コメント

関連ニュース

thumb

乾貴士、2ゴールでスペイン紙の評価は最高点!バルサの全選手超えで「とてつもない」

エイバルのMF乾貴士が、バルセロナ戦の2ゴールで両チームを通じて最高となる評価を手にしている。<br><br>エイバルは21日、リーガ・エスパニョーラ第38節でバルセロナと対戦。乾は6試合連続の先発出場を果たし、カンプ・ノウでの一戦に臨んだ。バルセロナにとっては逆転優勝がかかる重要な一戦となったが、最初に輝いたのはリオネル・メッシ、ルイス・スアレス、ネイマールの誰でもなく乾貴士であった。<br><br>7分に右サイドからのクロスを巧みなショートバウンドボレーで合わせると、貴重な先制点をマーク。さらに71分にはペナルティーエリア内から浮き球を左足一閃、バルセロナGKアンドレ・テア・シュテーゲンを破り、豪快にネットを揺らした。試合はその後、バルセロナが猛反撃を見せ、逆転を許したが、乾には両チームを通じて最高となる評価が与えられている。<br><br>スペイン紙『アス』では、3段階中最高となる「3」の評価。寸評では「エイバルのインテンシティーは乾によって見事に具現化された。彼はとてつもないパルティダッソを演じ、ゴールという褒賞を得た」と、記された。バルセロナ側で「3」の評価を得た選手はおらず、乾はエイバルGKジョエルとともにトップタイの評価を得ることとなった。<br><br><br>提供:goal.com 2017.05.22 19:10 Mon
twitterfacebook
thumb

乾貴士のバルセロナ戦2発に岡崎慎司が興奮「サッカー小僧が伝説を残した」

エイバルに所属する乾貴士の快挙を、レスター・シティの日本代表FW岡崎慎司が称賛した。<br><br>エイバルはリーガ・エスパニョーラ最終節でバルセロナと対戦。乾は6試合連続の先発出場を飾った。「バルセロナが憧れのクラブ」と度々語ってきた乾は、カンプ・ノウでの一戦で躍動。前半7分にクロスを左足ボレーで合わせると、71分にもボックス内から強烈な左足のシュートを突き刺し、2ゴールを挙げた。<br><br>この活躍に岡崎もツイッターで反応。「乾たかしがカンプノウで2発。このニュースを知って興奮しない日本のサッカーファンはいないと思う。負けたけど、今後日本人としてあるかどうかも分からない事をした。サッカー小僧が伝説を残したと思う。興奮が冷めない」(※原文ママ)と綴り、日本人初の快挙を成し遂げた乾を称賛した。<br><br>乾の偉業にはスペインのメディアも反応を示しているが、日本代表のエースにも大きな刺激となったようだ。<br><br>提供:goal.com 2017.05.22 13:00 Mon
twitterfacebook
thumb

カンプ・ノウで2発のエイバル乾貴士、バルサに逆転負けで強さを痛感…「レベルの差を感じさせられる! 凄いなぁ」

▽エイバルに所属する元日本代表MF乾貴士が21日に行われたリーガエスパニョーラ最終節のバルセロナ戦での2ゴールを振り返った。 ▽乾は、バルセロナの本拠地カンプ・ノウに乗り込んだ一戦に先発。チームは最終的に2-4の逆転負けを許したものの、7分と61分にゴールを決めた乾は、一時バルセロナを敗色ムードに追い込む活躍を見せた。 ▽試合後、乾は自身の公式ツイッター(@takashi73784537)を更新。自身にとって、スペイン挑戦後初の1試合2ゴールを記録したバルセロナ戦を次のように回想し、今シーズンを締めくくった。 「バルセロナとの最終節4-2で負けました! 得点出来たことはほんまに嬉しいし、良かったなぁと思うけど、それ以上に強かった。うまかった。毎回レベルの差を感じさせられる! 凄いなぁ。でもとにかく1シーズン戦えてよかった。楽しいシーズンでした。1年間応援ありがとうございました!」 2017.05.22 11:45 Mon
twitterfacebook
thumb

4年ぶり4度目のピチーチ獲得メッシの活躍でバルサが7連勝フィニッシュも逆転3連覇ならず…乾がカンプ・ノウで圧巻の2ゴール《リーガエスパニョーラ》

▽バルセロナは21日、カンプ・ノウで行われたリーガエスパニョーラ最終節でエイバルと対戦し、4-2で逆転勝利した。なお、エイバルのMF乾貴士はフル出場し、7分と61分に2ゴールを記録して今季3ゴールでシーズンを終えた。 ▽シーズン終盤の6連勝で優勝に望みを繋いだものの、ミッドウィークに行われたセルタvsレアル・マドリーで、マドリー(勝ち点90)の勝利を受けて、2位に転落したバルセロナ(勝ち点87)は、逆転での3連覇に黄色信号が灯る。それでも、逆転優勝を諦めないバルセロナは、今季のカンプ・ノウ最終戦で8位エイバル(勝ち点54)相手に7連勝でのシーズンフィニッシュを目指した。前節のラス・パルマス戦からディーニュに代えて、セルジ・ロベルトを起用した以外、同じメンバーを起用。いずれも負傷のピケ、マスチェラーノは間に合わず、ユムティティの相棒には引き続きマルロンが入った。 ▽立ち上がりからボールを保持するバルセロナだったが、開始7分に最初の決定機をエイバルに決められてしまう。右サイドを突破したカパのクロスをファーサイドでフリーの乾に難しいバウンドを見事なダイレクトシュートで決められた。 ▽乾の日本人初となるカンプ・ノウでのゴールで均衡を破られたバルセロナだったが、直後に相手のミスから決定機。エイバルの不用意なバックパスに反応したスアレスが中央をドリブルで持ち上がり、GKと一対一を迎える。ここでスアレスは得意の右足アウトにかけたシュートを狙うが、枠の左に外してしまい、絶好の同点機を逸した。 ▽逆転優勝に向けて勝利が必須のバルセロナは、ここから攻勢を強める。13分にはボックス中央で右サイドのセルジ・ロベルトからパスを受けたスアレスがシュートするが、これは枠を捉え切れず。この直後にはイニエスタのスルーパスに抜け出したジョルディ・アルバが左サイドをえぐって折り返す。これを中央のスアレスが冷静に流し込むが、ジョルディ・アルバがオフサイドを取られ、ゴールは認められず。 ▽その後も攻勢を続けるバルセロナは、33分に右サイド深くでセルジ・ロベルトが折り返したボールをラキティッチ、36分にはイニエスタの絶妙なスルーパスに抜け出したスアレスに絶好機も、GKジョエル・ロドリゲスの好守に阻まれる。逆に、前半終了間際にはボックス左でボールを受けた乾にカットインから右足のシュートでゴールを脅かされ、こぼれ球をペーニャに詰められるが、ここは相手のシュートミスに助けられた。 ▽まさかの1点ビハインドで試合を折り返したバルセロナは、セルジ・ロベルトを下げてハーフタイム明けにアンドレ・ゴメスを同ポジションに入れる。だが、開始直後にボックス左を破った乾に決定機を許すなど、今一つ流れを掴み切れない。 ▽それでも、前半同様に攻勢を強めるバルセロナは、50分過ぎにネイマールの仕掛けと波状攻撃からボックス内のイニエスタに続けて決定機も、前半からリズムに乗っていた相手GKの牙城を打ち破れない。さらに56分にはメッシとスアレスが完璧に裏へ抜け出し、ゴール前でスアレスからプレゼントパスを受けたメッシに絶好機も、GKをかわして放ったチップキックは枠の左に外れてしまった。 ▽再三の決定機を決め切れないバルセロナは61分、再び乾に仕事を許す。カウンターで右サイドからのクロスを中央のセルジ・エンリクがワンタッチで流したボールを、ボックス左でフリーの乾に絶妙なハーフボレーで合わせられると、クロスバーの内側を叩いたボールがゴールネットを揺らした。 ▽ホームで痛恨の2失点を喫したバルセロナだが、失点からわずか2分後に1点を返す。中央を持ち上がったメッシからスルーパスを受けたネイマールがボックス左からシュート。このシュートが右ポストの内側を叩くと、ゴール前に戻ったDFフンカの身体に当たってゴールに吸い込まれた。 ▽ようやく反撃の狼煙を挙げるゴールを奪ったバルセロナは、69分にボックス内で相手と接触したジョルディ・アルバが倒れ込むと、やや微妙な判定ながらPKが与えられる。これをキッカーのメッシが右隅を狙って蹴るが、GKジョエル・ロドリゲスの圧巻のPKストップに阻まれた。 ▽何とか追いつきたいホームチームは、71分にラキティッチを下げてパコ・アルカセルを投入すると、この交代が同点ゴールをもたらす。73分、ネイマールの左CKをニアのアルカセルが頭でフリック。これをファーサイドに詰めたスアレスが右足で押し込んだ。 ▽畳みかけるバルセロナは75分にもネイマールが鋭い仕掛けでボックス内に侵入すると、DFカパに後方から倒されてこの試合2本目のPKを獲得。さらにこのファウルで2枚目の警告を受けたカパが退場となる。そして、このPKを再びメッシが蹴ると、今度はきっちり右隅に決めて、逆転に成功した。 ▽その後も攻撃の手を緩めないバルセロナは、試合終盤にかけても多くの決定機を創出する。すると後半アディショナルタイム2分、ボックス手前でドリブルを仕掛けたメッシが再三苦しめられたGKジョエル・ロドリゲスからようやく流れの中でゴールを決め、試合は4-2でバルセロナの逆転勝利。 ▽リーグ戦を7連勝で終えたバルセロナだが、同時刻開催の試合でレアル・マドリーがマラガに勝利したため、逆転でのリーガ3連覇を逃した。チャンピオンズリーグに続きリーガのタイトルを逃したバルセロナは、27日に行われるアラベスとのコパ・デル・レイ決勝で今季残された唯一のタイトル獲得を目指すことになる。 ▽なお、この試合で2ゴールを決め、今季のリーグ戦ゴール数を37ゴールに伸ばしたメッシは、4年ぶり4度目のピチーチ賞(得点王)に輝いた。 2017.05.22 05:04 Mon
twitterfacebook
thumb

ヒホン戦先発の乾、スペイン紙からエイバル最高の選手との評価「センスと意図あるプレー見せた」

14日のリーガエスパニョーラ第37節、本拠地イプルーアでのスポルティング・ヒホン戦で先発したエイバルMF乾貴士は、スペイン紙からチーム最高の評価を受けている。<br><br>いつも通り左サイドハーフとして起用された乾は、立ち上がりにMFアドリアン・ゴンサレスのシュートをお膳立てし、さらにロングシュートやキレのあるドリブル突破なども披露。77分にピッチを後にするまで幾度もチャンスを供給し、確かな存在感を発揮している。<br><br>スペイン『マルカ』の採点(3点満点)で、乾はエイバルのほか3選手ともに最高タイとなる2点を付けられ、なおかつチーム内で最も活躍を見せた選手に選出されている。寸評欄で一人デカデカとのその顔が掲載された日本人MFは、「クオリティー」と題された寸評で、次のように評価されている。<br><br>「注目に値するプレーをコレクションしていった。そのプレーにはセンスと意図が集約されている」<br><br>この採点&寸評を手掛けたのは、『マルカ』で普段はスペイン代表を担当している名物記者ミゲル・アンヘル・ララ氏だ。同氏はこの試合のレポート記事で、乾が左サイドで対面するスポルティングDFドウグラスにとって、厄介極まりない相手であったとの見解も示している。<br><br>「エイバルはペドロ・レオン、特に乾にボールが回るときに攻撃が勢い付いた。ジュンカ(エイバルの左サイドバック)のサポートを受けていた日本人は、常に良い選択をしていた。ドウグラスはボールが逆サイドへ行くことを祈っていたようだった」<br><br>なおエイバルは、リーガ最終節で敵地カンプ・ノウでのバルセロナ戦に臨む。<br><br><br>提供:goal.com 2017.05.15 22:40 Mon
twitterfacebook


U-20W杯
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース