メッシ2発にパコ弾でソシエダ撃破! 公式戦3試合ぶり勝利のバルサが来週の2大ビッグマッチに弾みを付ける《リーガエスパニョーラ》2017.04.16 05:45 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽バルセロナは15日、カンプ・ノウで行われたリーガエスパニョーラ第32節でソシエダと対戦し、3-2で勝利した。

▽ネイマールの退場が響き苦手マラガ相手にまさかの敗戦を強いられ、リーガ3連覇が大きく遠のいた2位バルセロナ(勝ち点69)は、ミッドウィークのCL準々決勝1stレグでも敵地でユベントスに0-3の完敗を喫し、厳しい公式戦2連敗となった。先日のパリ・サンジェルマン戦に続き、再びCLで“カンプ・ノウの奇跡”を起こす必要に迫られたバルセロナだが、その前に行われる今節は6位ソシエダ(勝ち点52)とのタフなホームゲームに臨んだ。

▽来週ミッドウィークのユベントス戦を考えれば、主力を温存したいところだが、リーガ逆転優勝の可能性を残すため、3試合の出場停止を科されたネイマール、負傷のマスチェラーノ、ベテランのイニエスタを除き、現状のベストメンバーを起用。ネイマールの代役はパコ・アルカセルが務めた。

▽試合は開始3分に後手の対応からボックス左でフリーのユーリに際どいシュートを許し、DFピケの決死のブロックでピンチを凌ぐなど、負傷のホームチームが劣勢の入りとなる。さらに12分にも右サイドを破られてクロスを許すと、これをゴール前のオヤルサバルに合わせられるが、GKテア・シュテーゲンの好守で難を逃れた。

▽チグハグな戦いぶりが目立つバルセロナだったが、17分にエースのゴールで先手を奪う。ボックス手前中央でスアレスからパスを受けたメッシが左足を振り抜くと、低い弾道のシュートが右隅を破った。

▽公式戦3試合ぶりの得点を奪ったバルセロナは、ここから攻勢を強めていくが、アルカセルやラキティッチが決定機を生かせない。逆に、緩い守備を突かれてはあわや同点というピンチも招く。それでも、37分にはボックス左に抜け出したスアレスのシュートのこぼれ球がメッシの身体に当たってネットに吸い込まれる幸運なゴールで2点目を奪った。

▽この2点目で試合が落ち着くかに思われたが、前半終了間際にかけて試合が大きく動く。まずは42分、ボックス内でオヤルサバルのシュートのこぼれ球を拾ったイニゴ・マルティネスが角度のないところからシュート性のクロスを入れると、DFユムティティに当たってコースが変わったボールがゴールに吸い込まれる。直後の44分にはメッシのスルーパスに抜け出したアルカセルがボックス左からファーポストに冷静に流し込み、3点目を奪取。だが、前半アディショナルタイムにはウィリアン・ジョゼの浮き球パスに抜け出したシャビ・プリエトがゴールを奪い、前半は3-2のスコアで終了となった。

▽1点差に迫られて後半を迎えたバルセロナは、立ち上がりからメッシの直接FKなどで4点目を目指すが、なかなか決め切れない。その一方で、前半同様に相手に攻め込まれる場面も目立つが、何とかリードを保つ。

▽後半半ばを過ぎると、運動量の低下から相手に押し込まれる時間が続くバルセロナは、アンドレ・ゴメス、アルカセルを下げてイニエスタ、デニス・スアレスを投入し、主導権を取り戻しにかかる。イニエスタの投入でやや持ち直したバルセロナは、試合終盤にかけてメッシ、スアレスに決定機が訪れるも、相手GKルジの好守に遭い、試合を殺せない。それでも、前半のリードを最後まで守り切り、ホームで難敵ソシエダに3-2の勝利。メッシの2ゴールなどで、公式戦3試合ぶりの勝利を掴んだバルセロナは、CLユベントス戦、次節のクラシコに向けて立て直しに成功した。

コメント

関連ニュース

thumb

バレンシアに拠を構えるバルセロナのペーニャ、カタルーニャ独立問題でクラブとの関係絶つ

バレンシア自治州のエルダに拠を構えるバルセロナのペーニャ(クラブ後任のファン組織)が、カタルーニャ自治州の独立問題を受けて、クラブとの関係を絶った。スペイン『マルカ』が報じている。<br><br>ペーニャ・バルセロニスタ・デ・エルダは1980年に結成し、現在は80名が在籍。しかしバルセロナと同クラブの幹部陣がカタルーニャ自治州の独立の動きに加担としているとして、クラブとの関係を解消することを決定している。同ペーニャをまとめるホセ・ナバーロ氏によれば、「満場一致」で下した決定とのことだ。<br><br>なおバルセロナのペーニャは、世界で1529組存在している。その内訳はカタルーニャ自治州で519組、スペインの他地域で896組、スペイン国外で114組となっている。カタルーニャ自治州及びバルセロナの動きを嫌うペーニャが、ペーニャ・バルセロニスタ・デ・エルダに続く可能性もありそうだ。<br><br>なおホセ・ナバーロ氏によれば、ペーニャ・バルセロニスタ・デ・エルダは現在、SNS上で批判や侮辱に晒されているという。<br><br><br>提供:goal.com 2017.10.24 00:26 Tue
twitterfacebook
thumb

リーガ移籍に関心のバロテッリ「マドリーが好きだがバルサに呼ばれても嘆かない」

▽ニースの元イタリア代表FWマリオ・バロテッリが、リーガエスパニョーラで覇権を争う2つのクラブに対する憧れを語った。スペイン『マルカ』が伝えている。 ▽セリエA、プレミアリーグ、リーグ・アンと、欧州各国のリーグを経験しているバロテッリは現在、リーガへの移籍に興味を示しているようだ。同選手は、その件について冗談めかしつつ語った。 「俺はレアル・マドリーが好きだ。でも、もしバルセロナからお呼びがかかったとしても、嘆きはしないだろう」 ▽また、バロテッリは2013年1月の移籍市場でマンチェスター・シティからミランに移籍したが、その当時にユベントスとの交渉も行われていたことを明かした。 「最初はユベントスと話していたんだ。でも俺はミランと契約を結ぶことを決めた。ロッソネリ(ミラン)のファンで、(当時のミランの最高経営責任者(CEO)アドリアーノ・)ガッリアーニがそこに居たんだ。彼とは仲が良い」 ▽若くしてポテンシャルを評価され、インテル、マンチェスター・シティ、ミラン、リバプールとビッグクラブを渡り歩いたバロテッリは、素行不良や好不調の波が激しいことで評価を落とし、昨年夏にフリートランスファーでニースに入団した。すると同選手は、加入初年度の昨シーズンにリーグ・アン23試合15得点を記録。さらに、今シーズンも第10節終了時点でリーグ・アン6試合5得点の活躍をみせ、再度評価を高めている。 2017.10.23 14:09 Mon
twitterfacebook
thumb

イニエスタが“疑惑の判定”に言及! 「ボールは外に出ていた」

▽バルセロナのスペイン代表MFアンドレス・イニエスタが、マラガ戦で生まれた“疑惑のゴール”について口を開いた。スペイン『マルカ』が伝えている。 ▽バルセロナは21日、リーガエスパニョーラ第9節のマラガ戦を本拠地のカンプ・ノウで戦い、2-0で勝利。今シーズン公式戦8度目の無失点勝利を飾ったが、試合を左右する先制点でマラガ陣営が執拗な抗議をしたことに対して、同クラブの最古参であるイニエスタが理解を示した。 ▽マラガ戦では、フランス代表DFリュカ・ディーニュのクロスにスペイン代表FWジェラール・デウロフェウが合わせ、開始2分にバルセロナが先制。しかし、ディーニュがクロスを上げる時点でボールが完全にピッチの外に出ていた、との報道が各紙よりされており、物議を醸している。 ▽その試合で自身の今シーズン初となる得点を決め、試合後のインタビューに応じたイニエスタが、マラガに対する同情を示した。 「(疑惑の得点で)マラガが動揺したであろうことは分かっているよ。ボールは外に出たように見えた。リプレイ映像は確認していないけどね」 「そういった瞬間には、運営側は数秒間で決定を下さなければならないんだ」 2017.10.22 21:40 Sun
twitterfacebook
thumb

バルセロナの本命はムバッペだった? バルベルデ監督が獲得失敗を明かす

バルセロナのエルネスト・バルベルデ監督が、マラガ戦前の記者会見で、今夏ネイマールの退団で発生した余波について振り返っている。<br><br>パリ・サンジェルマン(PSG)にネイマールを売却したバルセロナ。スーパースターの穴埋めとして、FWコウチーニョやFWロレンツォ・インシーニェなど、多くの選手が候補に上がったが、結果的に1億500万ユーロでウスマン・デンベレをドルトムントから獲得した。<br><br>しかし、バルセロナの本命は、PSGに移籍したFWキリアン・ムバッペだったようだ。バルベルデ監督が、クラブが獲得に動いていたことを明かした。<br><br>「ネイマールがいなくなると聞いた時は驚いたね。クラブは、すぐさまムバッペの獲得に動いたようだ。だけどそれは実現できなかった。結局、ムバッペはここにいない選手だ。今いる選手で戦う必要がある。それに、我々はその中で常に改善しようとしているからね」<br><br>デンベレは加入直後に足を負傷し、長期離脱を強いられている。それでもバルセロナは第8節まで7勝1分けで単独首位に立っており、リーガの覇権奪回に向けて好スタートを切った。今週末は1分け7敗で最下位に沈むマラガを下して、さらに勝ち点を伸ばすことができるのか。バルベルデの手腕に注目が集まる。<br><br><br>提供:goal.com 2017.10.22 19:58 Sun
twitterfacebook
thumb

ミチェル、バルセロナ疑惑のゴールに「レフェリングが難しいことは知っているが、そんなにか?」

21日のリーガエスパニョーラ第9節、マラガは敵地カンプ・ノウでのバルセロナ戦を0&minus;2で落とした。試合後会見に出席したミチェル監督は、バルセロナが決めた疑惑のゴールに対する不満を隠さなかった。<br><br>バルセロナはこの試合の2分にFWジェラール・デウロフェウが先制点を記録。しかしアシストしたDFリュカ・ディーニュが、すでにゴールラインを割ったボールを内に折り返していた可能性がある。ミチェル監督はこの場面について、次のようにコメントした。<br><br>「レフェリングがとても難しいことは分かっている。が、そんなにか? 開始1分にそんなミスが起これば怯みもするさ。チームはその後にリアクションを見せたがね」<br><br>「別に何かを恵んでもらいたいわけじゃない。だが奪われることだって望みはしない」<br><br><br>提供:goal.com 2017.10.22 19:15 Sun
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース