メッシ2発にパコ弾でソシエダ撃破! 公式戦3試合ぶり勝利のバルサが来週の2大ビッグマッチに弾みを付ける《リーガエスパニョーラ》2017.04.16 05:45 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽バルセロナは15日、カンプ・ノウで行われたリーガエスパニョーラ第32節でソシエダと対戦し、3-2で勝利した。

▽ネイマールの退場が響き苦手マラガ相手にまさかの敗戦を強いられ、リーガ3連覇が大きく遠のいた2位バルセロナ(勝ち点69)は、ミッドウィークのCL準々決勝1stレグでも敵地でユベントスに0-3の完敗を喫し、厳しい公式戦2連敗となった。先日のパリ・サンジェルマン戦に続き、再びCLで“カンプ・ノウの奇跡”を起こす必要に迫られたバルセロナだが、その前に行われる今節は6位ソシエダ(勝ち点52)とのタフなホームゲームに臨んだ。

▽来週ミッドウィークのユベントス戦を考えれば、主力を温存したいところだが、リーガ逆転優勝の可能性を残すため、3試合の出場停止を科されたネイマール、負傷のマスチェラーノ、ベテランのイニエスタを除き、現状のベストメンバーを起用。ネイマールの代役はパコ・アルカセルが務めた。

▽試合は開始3分に後手の対応からボックス左でフリーのユーリに際どいシュートを許し、DFピケの決死のブロックでピンチを凌ぐなど、負傷のホームチームが劣勢の入りとなる。さらに12分にも右サイドを破られてクロスを許すと、これをゴール前のオヤルサバルに合わせられるが、GKテア・シュテーゲンの好守で難を逃れた。

▽チグハグな戦いぶりが目立つバルセロナだったが、17分にエースのゴールで先手を奪う。ボックス手前中央でスアレスからパスを受けたメッシが左足を振り抜くと、低い弾道のシュートが右隅を破った。

▽公式戦3試合ぶりの得点を奪ったバルセロナは、ここから攻勢を強めていくが、アルカセルやラキティッチが決定機を生かせない。逆に、緩い守備を突かれてはあわや同点というピンチも招く。それでも、37分にはボックス左に抜け出したスアレスのシュートのこぼれ球がメッシの身体に当たってネットに吸い込まれる幸運なゴールで2点目を奪った。

▽この2点目で試合が落ち着くかに思われたが、前半終了間際にかけて試合が大きく動く。まずは42分、ボックス内でオヤルサバルのシュートのこぼれ球を拾ったイニゴ・マルティネスが角度のないところからシュート性のクロスを入れると、DFユムティティに当たってコースが変わったボールがゴールに吸い込まれる。直後の44分にはメッシのスルーパスに抜け出したアルカセルがボックス左からファーポストに冷静に流し込み、3点目を奪取。だが、前半アディショナルタイムにはウィリアン・ジョゼの浮き球パスに抜け出したシャビ・プリエトがゴールを奪い、前半は3-2のスコアで終了となった。

▽1点差に迫られて後半を迎えたバルセロナは、立ち上がりからメッシの直接FKなどで4点目を目指すが、なかなか決め切れない。その一方で、前半同様に相手に攻め込まれる場面も目立つが、何とかリードを保つ。

▽後半半ばを過ぎると、運動量の低下から相手に押し込まれる時間が続くバルセロナは、アンドレ・ゴメス、アルカセルを下げてイニエスタ、デニス・スアレスを投入し、主導権を取り戻しにかかる。イニエスタの投入でやや持ち直したバルセロナは、試合終盤にかけてメッシ、スアレスに決定機が訪れるも、相手GKルジの好守に遭い、試合を殺せない。それでも、前半のリードを最後まで守り切り、ホームで難敵ソシエダに3-2の勝利。メッシの2ゴールなどで、公式戦3試合ぶりの勝利を掴んだバルセロナは、CLユベントス戦、次節のクラシコに向けて立て直しに成功した。

コメント

関連ニュース

thumb

バルセロナがセルジ・ロベルトと2022年まで契約延長! 契約解除金は680億円

▽バルセロナは19日、スペイン代表DFセルジ・ロベルト(25)と2022年6月30日まで契約を延長したことを発表した。契約解除金は5億ユーロ(約680億円)となっている。 ▽14歳の時にラ・マシアに入団したセルジ・ロベルトは2010年11月にコパ・デル・レイのセウタ戦でトップチームデビュー。2013-14シーズンからトップチームに定着し、現在に至るまで公式戦177試合に出場している。 ▽昨シーズンのチャンピオンズリーグのパリ・サンジェルマン戦2ndレグでは、途中出場で0-4からの大逆転劇を締めくくる6点目を挙げたのが印象的だった。今シーズンは、昨夏に移籍の噂が流れたものの、エルネスト・バルベルデ新監督の下、公式戦ここまで23試合に出場。1ゴール7アシストを記録している。 ▽バルセロナは、今後数日のうちにセルジ・ロベルトと正式契約を交わす見込みとのことだ。 2018.01.19 20:06 Fri
twitterfacebook
thumb

【リーガエスパニョーラ第20節プレビュー】後半戦スタート! 崖っぷちレアル・マドリーはデポル戦!

▽先週末に行われた前半戦ラストマッチでは首位のバルセロナが鬼門アノエタを攻略、2位のアトレティコ・マドリーはエイバル、3位のバレンシアはデポルティボにいずれも競り勝ち上位3チームがいずれも勝利を手にした。その一方、ビジャレアルとの上位対決に臨んだ4位のレアル・マドリーはホームで惜敗し、厳しい形で前半戦を終えることになった。 ▽後半戦初戦となる今節では、リーグ戦直近3戦未勝利(2敗1分け)と不振に喘ぐレアル・マドリー(勝ち点32)と、18位のデポルティボ(勝ち点16)の一戦に注目したい。前節、試合内容はまずまずもFWクリスティアーノ・ロナウドを筆頭に決定力不足に泣いたレアル・マドリーはサンティアゴ・ベルナベウでビジャレアルに痛恨の敗戦。前半戦終了時点でバルセロナとの勝ち点差は「19」に広がり、逆転での連覇の可能性は絶望的だ。さらに5位のビジャレアル(勝ち点31)、6位のセビージャ(勝ち点29)との勝ち点差はわずかに3ポイント。このままの不調が続けば、チャンピオンズリーグ(CL)出場権を逃す前代未聞の大失態を演じる可能性もある。 ▽その意味で重要となる後半戦初戦では直近4試合未勝利で降格圏に沈むデポルティボが対戦相手。幸い、ミッドウィークに行われたコパ・デル・レイ準々決勝1stレグのレガネス戦をFWアセンシオの劇的弾で勝利し、公式戦4試合ぶりの白星を手にしたジダン監督率いるチームは勢いを取り戻しており、格下相手のゴールラッシュでリーグ戦でも復調を印象付けたい。 ▽一方、バルベルデ新監督の下で16勝3分けと圧倒的強さで無敗首位に輝いたバルセロナ(勝ち点51)は、2位のアトレティコ(勝ち点42)に9ポイント差を付けており、大きなアドバンテージを持って後半戦に臨める。ただ、直近のコパではエスパニョールとのダービーで0-1のまさかの敗戦を喫し、今季公式戦30試合目にして初黒星を喫した。現在のチーム状態を考えれば、この初黒星をキッカケに大崩れする心配はないと思われるが、7位と好調を継続するベティス(勝ち点27)の本拠地ベニート・ビジャマリンに乗り込む今節では前述の敗戦が良い教訓となるか、今後の不振に繋がるか、判明することになる。この一戦に向けた懸念材料は軽傷を抱えるMFイニエスタに加え、MFデンベレ、MFパウリーニョと主力に負傷者が出ている点だ。とりわけ、ボールポゼッションに定評があるベティス相手にハイプレスの急先鋒パウリーニョの不在は痛手となりそうだ。 ▽FWジエゴ・コスタやMFビトロの加入などで2018年の躍進が期待されるアトレティコは、リーグ戦2連勝で首位バルセロナを追走する。しかし、バルセロナと同様に直近のコパでは好調ジエゴ・コスタのゴールで先制しながらもワンダ・メトロポリターノでセビージャ相手に逆転負けを喫して2018年初黒星を喫した。もちろん、絶対的守護神オブラク不在だったエクスキューズはあるものの、らしくない逆転負けの影響は今後に向けて気になるところだ。その敗戦からのバウンスバックが求められる今節は、敵地での前回対戦で2-2のドローに持ち込まれている10位のジローナ(勝ち点26)が相手だ。ここ最近、調子を落としているジローナだが、直近のラス・パルマス戦では今季最多6ゴールを奪って大勝しており、油断できない相手だ。 ▽3位躍進と前半戦のサプライズとなったバレンシア(勝ち点40)は今冬にMFコクラン、FWビエットと手薄なポジションに実力者を迎え、後半戦に向けても抜かりはない。リーグ戦2連勝中のチームは、ミッドウィークのコパでもアラベス相手にきっちりと勝利を収めて好調を維持。今節の対戦相手は今月初めのコパで快勝している最下位ラス・パルマス(勝ち点11)が相手だけに、きっちり3連勝を飾りたい。 ▽2018年に入ってもきっちり出場機会を手にしている8位のエイバル(勝ち点27)所属のMF乾貴士、9位のヘタフェ(勝ち点26)所属のMF柴崎岳の日本人2選手は今節、19位マラガ(勝ち点11)と12位アスレティック・ビルバオ(勝ち点25)と順位が下の相手と対戦する。前節、アトレティコ相手に惜敗した乾だが、GKオブラクに好守を強いるシュートを放つなどパフォーマンスは上々、一方マラガ戦で第4節バルセロナ戦以来の先発復帰を飾った柴崎も絶妙なトラップから決定機に絡むなど調子を上げており、両選手共に今節での活躍が期待される。 ▽その他のカードでは、ミッドウィークのコパでバルセロナ、アトレティコ相手に勝利を掴んだ14位のエスパニョール(勝ち点24)と6位のセビージャの一戦に注目だ。とりわけ、リーガエスパニョーラ2試合で勝利がないモンテッラ監督としては是が非でも今節でリーガ初白星を手にしたいところだ。 <div style="text-align:left;font-size:small;">《リーガエスパニョーラ第20節》 ▽1/19(金) 《29:00》 ヘタフェ vs ビルバオ ▽1/20(土) 《21:00》 エスパニョール vs セビージャ 《24:15》 レアル・マドリー vs デポルティボ 《26:30》 ビジャレアル vs レバンテ 《28:45》 ラス・パルマス vs バレンシア ▽1/21(日) 《20:00》 アラベス vs レガネス 《24:15》 アトレティコ・マドリー vs ジローナ 《26:30》 レアル・ソシエダ vs セルタ 《28:45》 ベティス vs バルセロナ ▽1/22(月) 《29:00》 エイバル vs マラガ</div> 2018.01.19 18:06 Fri
twitterfacebook
thumb

ブスケッツ、バルサの今季初黒星を気にせず...「まったく影響はない」

バルセロナは17日のコパ・デル・レイ準々決勝第1戦でエスパニョールに0-1と敗れた。MFセルヒオ・ブスケッツは、コパ優勝の可能性が潰えたわけではないと主張している。<br><br>今季公式戦29試合で無敗を貫いていたバルセロナ。だが、敵地コルネジャ・エル・プラットでエスパニョールに敗れ、初黒星を喫した。<br><br>ブスケッツは25日に本拠地カンプ・ノウで行われる第2戦に向け、気持ちを切り替えている。<br><br>「この敗戦がチームに影響を及ぼすとは、まったく思わない。2試合で決着がつくという幸運に僕たちは恵まれている。次の試合がホームで残されているからね。絶対に勝たなければいけない」<br><br>「前半は多くの決定機をつくった。後半は、その数が減ってしまったね。ハードワークが必要になり、エスパニョールを快適にしてしまった」<br><br><br>提供:goal.com 2018.01.19 14:49 Fri
twitterfacebook
thumb

「W杯優勝がなくても…」ディ・マリアが同僚メッシを“史上最高の選手”と絶賛

パリ・サンジェルマンFWアンヘル・ディ・マリアは、アルゼンチン代表チームメイトのリオネル・メッシを&ldquo;史上最高の選手&rdquo;と称えた。<br><br>14日に行われたレアル・ソシエダ戦で、メッシはフリーキックを直接ゴールに叩き込み、リーグ通算366ゴール目を記録。ゲルト・ミュラー氏の持つ欧州5大リーグの同一クラブ通算得点記録を更新する大記録を打ち立てた。<br><br>バルセロナで数々のタイトルを勝ち取り、バロンドールを5度受賞するなど、ほぼすべてのタイトルを獲得したメッシだが、唯一ワールドカップには手が届いていない。しかし、ディ・マリアはアルゼンチン代表で世界一になっていなくとも、同選手が&ldquo;史上最高の選手&rdquo;だと語った。<br><br>「メッシはすでに最高の選手だ。W杯で優勝できれば、間違いなく最高の選手と呼ばれるだろうが、彼はもうそのような存在になっている」<br><br>「アルゼンチンは常にW杯優勝候補の一角で、今年の大会でもそれは変わらないだろう。その理由は、僕たちにはメッシがいるからだと思う。もちろん、他にもフランスやスペインなど強豪がひしめき合っているが、アルゼンチンがその中でもベストだ」<br><br>南米予選では、最終節に辛うじて本戦出場を決めたアルゼンチン。しかし、アイスランド、クロアチア、ナイジェリアとグループリーグで対戦することが決まっているディ・マリアは、ロシアで違った結果を得られると自信をのぞかせた。<br><br>「トップを維持するためにハードワークを続けなくてはならない。でも、本戦は予選とは全くの別物だ。勝てなければ、黙って家に帰るだけ。だから、この大会での試合はとても特別なものなんだ。今年のワールドカップで優勝することを僕たちは望んでいる。でも、勝てても、勝てなくても、またカタールで優勝できるチャンスはある」<br><br><br>提供:goal.com 2018.01.19 10:43 Fri
twitterfacebook
thumb

バルサ加入のジェリー・ミナ、背番号24に決定! プジョール、ヤヤ・トゥーレらに続く9人目の着用

▽バルセロナは18日、パルメイラスから獲得したコロンビア代表DFジェリー・ミナ(23)の背番号が24番に決定したことを発表した。 ▽ジェリー・ミナは、元スペイン代表DFカルレス・プジョール氏、元コートジボワール代表MFヤヤ・トゥーレ、スペイン代表MFアンドレス・イニエスタらに続くバルセロナで24番を背負う9人目の選手となった。これにより、フランス代表DFサミュエル・ユムティティが23番、ベルギー代表DFトーマス・ヴェルメーレンが25番を着用していることでバルセロナのセンターバック陣が23番から25番を背負うこととなる。 ▽195cmの長身DFであるミナは2013年に母国クラブのデポルティボ・パストでキャリアをスタート。インデペンディエンテ・サンタフェでのプレーを経て、2016年からパルメイラスに在籍していた。コロンビアのフル代表でも主力を担っている。 2018.01.19 08:47 Fri
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース