カラスコの2ゴールなど3発のアトレティコが最下位オサスナに快勝!《リーガエスパニョーラ》2017.04.16 04:03 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽アトレティコ・マドリーは15日、リ-ガエスパニョーラ第32節でオサスナと対戦し、3-0で勝利した。

▽前節レアル・マドリーとの“マドリッド・ダービー”をグリーズマンの劇的弾でドローに持ち込んだ3位アトレティコ(勝ち点62)が、本拠地ビセンテ・カルデロンに最下位のオサスナ(勝ち点17)を迎えた一戦。

▽ミッドウィークにチャンピオンズリーグ準々決勝1stレグのレスター・シティ戦(1-0)を行ったアトレティコは、その試合からスタメンを6人変更。グリーズマンやコケ、ガビなど主力に代えてコレアやトーマス、ホセ・ヒメネスらをスタメンで起用した。

▽試合は立ち上がりからボールを保持してオサスナ陣内へ攻め込むアトレティコだったが、アタッキングサードで目先を変えるプレーがなく、打開できない状況が続く。

▽ところが前半半ばに差し掛かると、アトレティコが立て続けにチャンスを迎える。28分、右CKをニアでリュカがフリックすると、ゴール左手前で受けたコレアが反転からシュート。これはゴール左に外れたが、直後に試合を動かす。

▽30分、フィリペ・ルイスのパスをバイタルエリア左で受けたカラスコがカットインから右足を振り抜くと、このシュートがゴール左隅に決まった。さらに39分にも、バイタルエリア中央でパスを受けたコレアのワンタッチパスからトーレスに決定機が生まれたが、シュートは相手GKの好セーブに阻まれた。

▽その後も押し気味に試合を進めるアトレティコは、オサスナのシュートを0本に抑え、前半を終わらせた。

▽後半に入っても試合のペースはアトレティコが握る。47分、スローインの流れからボックス右付近でパスを受けたガイタンがクロスを供給。これをファーサイドのカラスコが頭で流し込んだ。

▽後半開始早々に追加点を奪ったアトレティコは、61分にもペナルティアーク手前でボールを受けたコレアのラストパスからフィリペ・ルイスがゴールネットを揺らし、試合を決定付ける3点目。

▽アトレティコ・マドリーはその後、フィリペ・ルイスやトーレス、ガイタンを下げてサビッチやチアゴ、チェルチを投入。すると試合終了間際の88分、ロングパスをボックス内で受けたコレアが、飛び出したGKシリグに倒されPKを獲得。だが、ハットトリックを狙うカラスコのPKは、相手GKにコースを読まれ、失敗。

▽さらに90分にも、トーマスのパスが相手DFにディフレクトすると、浮いたボールがデ・ラス・クエバスのハンドを誘い、再びPK。しかし、トーマスのPKもGKシリグのセーブにストップされた。

▽結局、試合はそのまま3-0で終了。主力を温存しながらも終始オサスナを圧倒したアトレティコが、18日に行われるCL準々決勝2ndレグに向け好調を維持している。

コメント

関連ニュース

thumb

守護神オブラクが躍動!! ガメイロ弾で逃げ切ったアトレティコが公式戦5試合ぶりの白星《リーガエスパニョーラ》

▽アトレティコ・マドリーは22日、リーガエスパニョーラ第9節でセルタと対戦し、1-0で勝利した。 ▽前節、首位を走るバルセロナと引き分けた4位アトレティコが、10位セルタのホームに乗り込んだ一戦。ミッドウィークにチャンピオンズリーグ(CL)のカラバフ戦(0-0 △)を行ったアトレティコは、その試合から先発を5人変更。ガイタンやカラスコ、フェリペ・ルイスらに代えてコレア、トーマス、フアンフランらを先発に起用した。 ▽試合はリーグ戦4試合負けなしのセルタがアグレッシブな入りを見せる。4分、ボックス手前でボールを受けたアスパスがミドルシュートを放つが、これはGKオブラクが正面でキャッチ。さらに10分にも、ボックス手前からアスパスがシュートを狙ったが、これは枠の右に逸れた。 ▽良い入り方をしたセルタは、17分にも左サイドでFKを獲得するとシストがクロスを供給。ファーサイドのセルジ・ゴメスが頭で合わせたが、これはGKオブラクが好反応を見せて弾き出す。 ▽後手に回ったアトレティコだが、28分に先手を取る。ガビの右CKがセルジ・ゴメスのクリアミスを誘うと、最後はゴール前のガメイロが反転シュートで流し込んだ。 ▽迎えた後半も、積極的な入りを見せたのは1点を追うセルタ。52分、左サイドからカットインしたシストがシュート。相手DFのブロックに阻まれたセカンドボールをペナルティアーク内のアスパスがダイレクトボレーで合わせたが、これはGKオブラクのファインセーブに阻まれる。 ▽さらに57分には、ヴァスがボックス右手前で倒されFKを獲得。アスパスの直接FKは枠を捉えるが、クロスバーに弾かれた。 ▽防戦一方のアトレティコは、61分にガメイロを下げてガイタンを投入。66分にはガビを下げてホセ・ヒメネスをピッチに送り出した。対するセルタは、72分にヴァスとカブラルを下げてグイデッティとエムレ・モルを投入する2枚替えを敢行。 ▽同点弾を狙うセルタは、77分にチャンス。シストの浮かせたパスをゴール左で受けたマキシ・ゴメスが胸トラップからボレーシュート。しかし、これはフアンフランがブロックした。 ▽試合終盤の89分にも、アスパスとのパス交換でゴール前まで侵攻したマージョがアトレティコゴールを脅かしたが、これもGKオブラクがキャッチ。結局、試合はそのまま1-0で終了。守護神オブラクの活躍で逃げ切ったアトレティコが、公式戦5試合ぶりの白星を飾った。 2017.10.23 01:38 Mon
twitterfacebook
thumb

ジエゴ・コスタ、結果にコミット! ボクササイズで減量成功

▽今夏にアトレティコ・マドリー復帰を果たしたスペイン代表FWジエゴ・コスタが減量に成功したようだ。イギリス『サン』が報じた。 ▽チェルシー時代に構想外を告げられた時期の暴飲暴食により、体重増加が指摘されてきたジエゴ・コスタ。アトレティコ・マドリー再デビューの日を夢見て、あるエクササイズで身体の引き締めに努めたという。 ▽あるエクササイズとは、ボクシングだ。アトレティコ・マドリーでの同僚であるFWフェルナンド・トーレス経営のジム『ナイン・フィットネス』にて、従来の肉体を取り戻すべく、ボクササイズに日々励んだとのことだ。 ▽なお、ジエゴ・コスタが公式戦でプレー可能となるのは、国際サッカー連盟(FIFA)からアトレティコ・マドリーに科された選手補強禁止処分が解除される来年1月。ビーストぶりが再びお目にかかれそうだ。 2017.10.21 18:20 Sat
twitterfacebook
thumb

グループ突破が困難となったアトレティコ、シメオネは「悲観的な雰囲気が蔓延するかもしれないが...」

チャンピオンズリーグ(CL)の決勝トーナメント進出が困難な状況となったアトレティコ・マドリーだが、ディエゴ・シメオネ監督は平静を保っている。<br><br>CLグループC第3節でカラバフ相手にスコアレスドローを演じて3位につけたアトレティコ。1位チェルシーとは勝ち点5差、2位ローマとは勝ち点3差で、自力突破のためには残り3試合で全勝することが必須だ。<br><br>シメオネ監督はカラバフ戦後、公式会見で次のように話している。<br><br>「私の調子は良い。明日、改善を目指して働く刺激を受けているよ。我々は前半に試合を決められる可能性があった。それを逃し、徐々に不安と重圧に駆られてしまった。必要な明確さをもってプレーすることができなかった」<br><br>「引き分けが続いて、悲観的な雰囲気が蔓延するかもしれない。だが私はこのチームを完全に信じ続けている。3カ月前にサインした時、何があるかは理解していた。明日という日を待つ落ち着きが、私にはある」<br><br>アトレティコはCLにおいて開幕節ローマ戦、先のカラバフ戦でスコアレスドローを演じている。シメオネ監督は決定力不足を認めつつ、チーム全体でゴールを奪う必要性を説いた。<br><br>「決定力を欠いた。ゴールできる場面でできなったことで、その後は不安によるミスが生じた。フィジカル面の問題ではなかったと思う。結果が付いてこなければ言い訳を探すものだが、これは全員で解決すべき課題だ」<br><br>「状況を悲観視する者もいるだろう。だが私はCLで戦い続けるため、私の選手たちに経験が備わっていることを信じている」<br><br><br>提供:goal.com 2017.10.20 23:20 Fri
twitterfacebook
thumb

低調アトレティコが10人カラバフにアゼルバイジャン勢初の勝ち点献上…痛恨ドローで公式戦4戦未勝利《CL》

▽チャンピオンズリーグ(CL)・グループC第3節、カラバフvsアトレティコ・マドリーが18日にバクー・オリンピックスタジアムで行われ、0-0のドローに終わった。 ▽前節、チェルシー相手にワンダ・メトロポリターノでの公式戦初黒星を喫したアトレティコは、以降のリーグ戦でもレガネス、バルセロナ相手に連続ドローと、公式戦3戦未勝利が続く。CL決勝トーナメント進出に向けて連勝が求められる今節は、最下位カラバフのホームに乗り込んだ。直近のバルセロナ戦からは先発4人を変更。フアンフラン、サビッチに代えて最終ラインにヴルサリコ、ホセ・ヒメネスを起用し、コンディション不良でメンバー外のコケに代わってガイタン、コレアに代わってガメイロがグリーズマンの相棒を務めた。 ▽地力で勝るアウェイのアトレティコが押し込む入りが予想されたものの、前節のローマ戦での戦いで自信を付けたカラバフが、ホームの大歓声を後押しにアグレッシブな入りを見せる。連戦で疲労が窺える相手に対して、球際で気迫を見せるホームチームは、ペドロ・エンリケやエンドロヴを起点とした鋭いカウンターで幾度となくアトレティコゴールへ迫っていく。 ▽一方、前半半ばを過ぎてようやくギアがかかり始めたアトレティコは、27分にグリーズマンのスルーパスに抜け出したカラスコがGKと一対一を迎えるが、ここはシュートコースが甘く相手GKの好守に遭う。続く39分にはガメイロのスルーパスに抜け出したグリーズマンがボックス右から左足のシュートを放つが、これも相手GKのファインセーブに阻まれた。 ▽アトレティコの低調、カラバフの奮闘によってゴールレスで折り返した試合は、後半も一進一退の展開となる。前半同様に遅攻の場面で全体の動き出しやアイデア不足が顕著で引いて中央を固める相手を崩せないアトレティコは、グリーズマンやカラスコが個人技で局面打開を試みるが、いずれも精度を欠く。 ▽逆に、要所で相手に引っくり返されてはエンドロヴ、R・アウメイダにフィニッシュまで持ち込まれるなど、らしくないプレーが続く。 ▽流れを変えたいシメオネ監督は64分にトーマス、72分にはコレア、トーレスを続けてピッチに送り出し、75分までに3枚の交代カードを切る。75分には相手FWエンドロヴがボックス内で仕掛けた際にシミュレーションを取られ、この試合2枚目のカードをもらい退場に。 ▽この数的優位を活かして押し切りたいアトレティコは、試合終盤にかけて猛攻を見せる。87分には相手GKのファンブルを拾ったトーレスのクロスに反応したフィリペ・ルイスが相手DFに倒されるが、ここはノーファウルの判定。さらに試合終了間際にはFKの流れからボックス右で味方の落としを受けたグリーズマンが左足を振り抜くが、このシュートも枠の右に外れた。 ▽シメオネ監督の率いるチームとは思えない覇気のなさでカラバフにアゼルバイジャン勢史上初の勝ち点を献上したアトレティコは、格下相手のまさかのゴールレスドローで公式戦4戦未勝利。また、未勝利でのCLグループステージ折り返しによって決勝トーナメント進出にも暗雲が漂ってきた。 2017.10.19 03:02 Thu
twitterfacebook
thumb

アトレティコがボーンマスから強力な新戦力を獲得!?

▽アトレティコ・マドリーが、ボーンマスのグラウンドキーパーであるダン・ゴンザレス氏を引き抜くようだ。イギリス『インデペンデント』が報じている。 ▽ダン・ゴンザレス氏は、ボーンマスの本拠地ヴァイタリティ・スタジアムの責任者であるロビン・ウィルコックス氏のもとでグラウンドキーパーとして尽力。対戦時に乗り込むアウェイチームの指揮官たちから称賛されるほどのピッチ環境を作り上げた人物の一人とのこと。 ▽伝えられるところによれば、ゴンザレス氏は今後、アトレティコの本拠地であるワンダ・メトロポリターノの責任者に就任する模様。数週間以内にクラブへの挨拶を済ませ、アトレティコへと移るようだ。 ▽アトレティコは、約50年間に渡りホームスタジアムとして使用してきたビセンテ・カルデロンに別れを告げ、今シーズンからワンダ・メトロポリターノへと本拠地を移行。2018-19シーズンのチャンピオンズリーグ決勝の舞台にも決定したホームスタジアムにとって強力な新戦力になりそうだ。 2017.10.17 17:14 Tue
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース