超ワールドサッカー

カラスコの2ゴールなど3発のアトレティコが最下位オサスナに快勝!《リーガエスパニョーラ》2017.04.16 04:03 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽アトレティコ・マドリーは15日、リ-ガエスパニョーラ第32節でオサスナと対戦し、3-0で勝利した。

▽前節レアル・マドリーとの“マドリッド・ダービー”をグリーズマンの劇的弾でドローに持ち込んだ3位アトレティコ(勝ち点62)が、本拠地ビセンテ・カルデロンに最下位のオサスナ(勝ち点17)を迎えた一戦。

▽ミッドウィークにチャンピオンズリーグ準々決勝1stレグのレスター・シティ戦(1-0)を行ったアトレティコは、その試合からスタメンを6人変更。グリーズマンやコケ、ガビなど主力に代えてコレアやトーマス、ホセ・ヒメネスらをスタメンで起用した。

▽試合は立ち上がりからボールを保持してオサスナ陣内へ攻め込むアトレティコだったが、アタッキングサードで目先を変えるプレーがなく、打開できない状況が続く。

▽ところが前半半ばに差し掛かると、アトレティコが立て続けにチャンスを迎える。28分、右CKをニアでリュカがフリックすると、ゴール左手前で受けたコレアが反転からシュート。これはゴール左に外れたが、直後に試合を動かす。

▽30分、フィリペ・ルイスのパスをバイタルエリア左で受けたカラスコがカットインから右足を振り抜くと、このシュートがゴール左隅に決まった。さらに39分にも、バイタルエリア中央でパスを受けたコレアのワンタッチパスからトーレスに決定機が生まれたが、シュートは相手GKの好セーブに阻まれた。

▽その後も押し気味に試合を進めるアトレティコは、オサスナのシュートを0本に抑え、前半を終わらせた。

▽後半に入っても試合のペースはアトレティコが握る。47分、スローインの流れからボックス右付近でパスを受けたガイタンがクロスを供給。これをファーサイドのカラスコが頭で流し込んだ。

▽後半開始早々に追加点を奪ったアトレティコは、61分にもペナルティアーク手前でボールを受けたコレアのラストパスからフィリペ・ルイスがゴールネットを揺らし、試合を決定付ける3点目。

▽アトレティコ・マドリーはその後、フィリペ・ルイスやトーレス、ガイタンを下げてサビッチやチアゴ、チェルチを投入。すると試合終了間際の88分、ロングパスをボックス内で受けたコレアが、飛び出したGKシリグに倒されPKを獲得。だが、ハットトリックを狙うカラスコのPKは、相手GKにコースを読まれ、失敗。

▽さらに90分にも、トーマスのパスが相手DFにディフレクトすると、浮いたボールがデ・ラス・クエバスのハンドを誘い、再びPK。しかし、トーマスのPKもGKシリグのセーブにストップされた。

▽結局、試合はそのまま3-0で終了。主力を温存しながらも終始オサスナを圧倒したアトレティコが、18日に行われるCL準々決勝2ndレグに向け好調を維持している。

コメント

関連ニュース

thumb

F・トーレス、アトレティコと契約延長へ...来季のシメオネの構想に含まれる

アトレティコ・マドリーFWフェルナンド・トーレスは、現所属クラブとの契約を1年延長することになりそうだ。<br><br>アトレティコの育成組織で育ったトーレスは、2015年1月の移籍市場でミランから復帰。今のところ、アトレティコとの契約は今季終了時までとなっている。<br><br>だが先日アトレティコでの続投を明言したディエゴ・シメオネ監督は、トーレスを来季の構想に含めている様子だ。指揮官はすでにその意思をトーレス自身に伝えたとも言われている。<br><br>一方で、トーレスが来季アトレティコでどういった役割を与えられるかは定かではない。FIFAから今夏の選手登録禁止処分を科されているアトレティコは、現在スポーツ仲裁所(CAS)に異議を唱えており、処分の取り消しを期待してCASの返答を待っている状況だ。<br><br>CASが処分の取り消しを認めれば、アトレティコは今夏トップクラスのストライカー獲得に動くはずだ。そうなった場合、必然的にトーレスの出場機会は今季より少なくなるとみられるが、それでも同選手は「心のクラブ」との契約延長を望んでいるとされる。<br><br>提供:goal.com 2017.05.23 20:35 Tue
twitterfacebook
thumb

サンドロ・ラミレスはアトレティコ移籍へ…代理人がクラブと交渉

▽マラガの元U-21スペイン代表FWサンドロ・ラミレス(21)がアトレティコ・マドリー入りに近づいているようだ。スペイン『マルカ』が報じた。 ▽バルセロナの下部組織のサンドロ・ラミレスは、今シーズンからマラガでプレー。リーガエスパニョーラで30試合に出場すると14ゴールを記録。マラガの攻撃を牽引していた。 ▽出場機会を求めてバルセロナを去ったサンドロ・ラミレスにとって、移籍は大成功だったと言える。そして、サンドロ・ラミレスの代理人を務めるヒネス・カルバハル氏が22日にビセンテ・カルデロンを訪問。アトレティコと交渉をしていたようだ。 ▽しかし、アトレティコはFIFAから移籍禁止処分が下されており、このままでは今夏の選手補強が不可能となる。現在は、CAS(スポーツ仲裁裁判所)に控訴しており、処分の撤回を待っている状況だ。 ▽なお、リヨンのフランス代表FWアレクサンドル・ラカゼットとは個人合意に達しているとも報じられており、アトレティコとしては処分撤回の吉報が待たれるところだ。 2017.05.23 17:23 Tue
twitterfacebook
thumb

グリーズマン、ユナイテッド移籍を匂わす…実現の可能性は「6割」

▽アトレティコ・マドリーに所属するフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマン(26)が、取り沙汰される今夏のマンチェスター・ユナイテッドへの移籍報道に言及した。イギリス『BBC』が報じている。 ▽グリーズマンを巡っては、以前からユナイテッド移籍の可能性が伝えられてきた。今夏の去就に注目が集まる中、アトレティコの絶対的エースは、母国フランスのテレビ番組で将来について口を開いたようだ。 ▽報道によれば、「今後2週間で(将来を)決める」との展望を明かしたグリーズマンは、ユナイテッド移籍の可能性に「ありうる」と返答。また、移籍実現の可能性を10段階で答えるように求められると、「6」と答えたという。 ▽グリーズマンは今シーズン、公式戦53試合に出場して26ゴール12アシスト。アトレティコ・マドリーとは、契約の中に8600万ポンド(約124億円)にも及ぶバイアウト条項が設定されているとみられている。 2017.05.23 09:30 Tue
twitterfacebook
thumb

カルデロン最後の試合で2ゴール決めたF・トーレス、「歴史と愛は続いていく」

21日のリーガエスパニョーラ最終節、アトレティコ・マドリーは本拠地ビセンテ・カルデロンでのアスレティック・ビルバオ戦を3&minus;1で制した。このカルデロンでの公式戦最後の一戦で2得点を記録した同クラブの絶対的アイドル、FWフェルナンド・トーレスは、慣れ親しんだスタジアムとの別れを惜しんでいる。<br><br>子供の頃からカルデロンで試合を観戦し、同スタジアムでのプレーを夢見ていたF・トーレスは、まるで運命のようにカルデロン最後の公式戦でゴールを記録した。エル・ニーニョ(子供)の愛称でアトレティコファンから親しまれる同選手は、試合後に次のように語っている。<br><br>「今日のような日に覚える感情を説明することは難しい。僕たちは子供の頃からカルデロンに通っていたし、多くの思い出が頭を駆け巡っている。この勝利はアトレティの魂に誇りを与えるものとなった」<br><br>「横断幕にもあった通り、ここは僕たちの家だ。今からメトロポリターノ(新スタジアム)という未来が動き出すが、それでも自分たちの想いは変わらない。僕たちはカルデロンで、50年間ずっと幸せだった。その日々の一部になれたというのは本当に誇らしい。でも、歴史と愛は続いていくんだよ」<br><br>今季限りでアトレティコとの契約が切れるF・トーレスだが、同クラブでプレーし続ける意思を示している。<br><br>「すべてのアトレティコスと同じ誇りを感じながら、チームメートとクラブを助けていきたい。今季も僕たちを支えてくれたファンに感謝するよ。彼らは本当に信じられない存在だ。敗戦したときには、特にそう感じるよ。来季、再びチャレンジしよう」<br><br><br>提供:goal.com 2017.05.22 23:20 Mon
twitterfacebook
thumb

カルデロン最後の公式戦で叫ばれた「跳ばない奴はマドリディスタ」、グリーズマンが跳ぶ

21日に本拠地ビセンテ・カルデロンでの公式戦最後の試合に臨んだアトレティコ・マドリーだが、FWアントワーヌ・グリーズマンが観客のレアル・マドリーを否定するチャントに同調する場面があった。<br><br>来季より本拠地を移転するため、リーガエスパニョーラ第31節ビルバオ戦(3-1)が、カルデロンでの公式戦ラストゲームとなったアトレティコ。試合終了後にはセレモニーが行われたが、そこでグリーズマンがアトレティコファンと意思を通わせている。<br><br>観客は、セレモニーの途中で「跳ばない奴はマドリディスタ!」というおなじみのチャントを歌い、皆のジャンプを促した。ピッチ上で、これに唯一反応したのがグリーズマンである。フランス代表FWはセンターサークル付近でぴょんぴょんと跳ねて、これを受けた観客は同選手のチャントを嬉々として響かせている。<br><br>一時期にはレアル・マドリー移籍の可能性が報じられていたグリーズマンだが、禁断の移籍に踏み切る考えはないのかもしれない。<br><br><br>提供:goal.com 2017.05.22 21:22 Mon
twitterfacebook


U-20W杯
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース