カラスコの2ゴールなど3発のアトレティコが最下位オサスナに快勝!《リーガエスパニョーラ》2017.04.16 04:03 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽アトレティコ・マドリーは15日、リ-ガエスパニョーラ第32節でオサスナと対戦し、3-0で勝利した。

▽前節レアル・マドリーとの“マドリッド・ダービー”をグリーズマンの劇的弾でドローに持ち込んだ3位アトレティコ(勝ち点62)が、本拠地ビセンテ・カルデロンに最下位のオサスナ(勝ち点17)を迎えた一戦。

▽ミッドウィークにチャンピオンズリーグ準々決勝1stレグのレスター・シティ戦(1-0)を行ったアトレティコは、その試合からスタメンを6人変更。グリーズマンやコケ、ガビなど主力に代えてコレアやトーマス、ホセ・ヒメネスらをスタメンで起用した。

▽試合は立ち上がりからボールを保持してオサスナ陣内へ攻め込むアトレティコだったが、アタッキングサードで目先を変えるプレーがなく、打開できない状況が続く。

▽ところが前半半ばに差し掛かると、アトレティコが立て続けにチャンスを迎える。28分、右CKをニアでリュカがフリックすると、ゴール左手前で受けたコレアが反転からシュート。これはゴール左に外れたが、直後に試合を動かす。

▽30分、フィリペ・ルイスのパスをバイタルエリア左で受けたカラスコがカットインから右足を振り抜くと、このシュートがゴール左隅に決まった。さらに39分にも、バイタルエリア中央でパスを受けたコレアのワンタッチパスからトーレスに決定機が生まれたが、シュートは相手GKの好セーブに阻まれた。

▽その後も押し気味に試合を進めるアトレティコは、オサスナのシュートを0本に抑え、前半を終わらせた。

▽後半に入っても試合のペースはアトレティコが握る。47分、スローインの流れからボックス右付近でパスを受けたガイタンがクロスを供給。これをファーサイドのカラスコが頭で流し込んだ。

▽後半開始早々に追加点を奪ったアトレティコは、61分にもペナルティアーク手前でボールを受けたコレアのラストパスからフィリペ・ルイスがゴールネットを揺らし、試合を決定付ける3点目。

▽アトレティコ・マドリーはその後、フィリペ・ルイスやトーレス、ガイタンを下げてサビッチやチアゴ、チェルチを投入。すると試合終了間際の88分、ロングパスをボックス内で受けたコレアが、飛び出したGKシリグに倒されPKを獲得。だが、ハットトリックを狙うカラスコのPKは、相手GKにコースを読まれ、失敗。

▽さらに90分にも、トーマスのパスが相手DFにディフレクトすると、浮いたボールがデ・ラス・クエバスのハンドを誘い、再びPK。しかし、トーマスのPKもGKシリグのセーブにストップされた。

▽結局、試合はそのまま3-0で終了。主力を温存しながらも終始オサスナを圧倒したアトレティコが、18日に行われるCL準々決勝2ndレグに向け好調を維持している。

コメント

関連ニュース

thumb

シメオネが語るアトレティコ好調の理由、「良い守備を見せてチームとして働く。そこから離れてはいけない」

22日のリーガエスパニョーラ第33節、アトレティコ・マドリーは敵地コルネジャ=エル・プラットでのエスパニョール戦に1&minus;0で勝利した。ディエゴ・シメオネ監督は、チャンピオンズリーグ・レスター・シティ戦直後の試合で、勝ち点3を獲得できたことへの満足感を表している。<br><br>スペイン『マルカ』がアルゼンチン人指揮官のコメントを伝えた。<br><br>「ライバルは良い試合を演じた。大切なのはチャンピオンズの準決勝に到達した直後の試合だったということだ。エスパニョールはチームとして良い働きを見せていた。スペースを確保してカウンターを仕掛けるために、我々のボールロストを促していった」<br><br>「前半は規律なく、後半はより安定していた。とても均衡した試合だったと言えるだろう。我々の方がゴール前のプレーが明確で、それが重要な勝ち点3につながった」<br><br>また、ハーフタイムにFWフェルナンド・トーレスをMFトマス・パルティに代えた理由も説明している。<br><br>「2列目から飛び出せる選手を求めた。後半開始からの20分は興味深いものとなった。うまくいったのだと思う」<br><br>アトレティコはここ12試合を8勝4分けで終えるなど、2017年に入って尻上がりに調子を上げている。<br><br>「2017年から、昨年末とは異なる道を歩んでいる。良い守備を見せ、チームとして働き、そうして試合に勝利する状況を生み出す。その考えから離れることがあってはならない」<br><br>一方、レアル・マドリーが自チームの選手を狙っていることに不安を覚えているかと問われたシメオネ監督は、「ノー」とだけ返答している<br><br>提供:goal.com 2017.04.24 08:00 Mon
twitterfacebook
thumb

クルトワ、CL準決勝でのマドリッド・ダービー実現は「誰もが分かっていたことだった」

チェルシーGKティボ・クルトワは、チャンピオンズリーグ(CL)準決勝でのマドリッド・ダービー実現が「分かっていたことだった」との見解を示した。<br><br>2013&minus;14シーズン、2015&minus;16シーズンのCL決勝で対戦したアトレティコ・マドリー&レアル・マドリー。今季のCLで三度決勝で顔を合わせる可能性もあった両チームだが、組み合わせ抽選の結果、準決勝で相対することになった。<br><br>アトレティコを古巣とするクルトワは、この組み合わせが予想可能だったことを指摘。スペイン『オンダ・セロ』とのインタビューに応じたベルギー代表GKは、UEFAが三度のCL決勝ダービーを望んでいなかったことをほのめかした。<br><br>「準決勝がマドリーvsアトレティコになることは、誰もが知っていたはずだ。3年で2回もCL決勝ダービーが実現し、再び決勝で対戦してほしくなかったんだよ。組み合わせ抽選のボールが温かったとは思わないし、運の問題だとは思う。だけど、それでも僕たちはこうなることを予見していた」<br><br>「今回、アトレティコはベルナベウで良い試合を演じなければ。カルデロンではどんなチームも苦しむことになるからね。アトレティコが良い結果を手にすることを望んでいるよ」<br><br><br>提供:goal.com 2017.04.23 23:51 Sun
twitterfacebook
thumb

エスパニョール戦でアトレティコの窮地救ったオブラク、「ハートで止めてみせた」

22日のリーガエスパニョーラ第33節、アトレティコ・マドリーは敵地コルネジャ=エル・プラットでのエスパニョール戦を1&minus;0で制した。好セーブによってチームの窮地を救ったGKヤン・オブラクは、その場面を「ハートで止めてみせた」と振り返っている。<br><br>73分にFWアントワーヌ・グリエズマンのゴールで先制したアトレティコは、その直後にFWレオ・バプティスタンの決定機を許した。しかしながらオブラクが、ペナルティーエリア内でのレオとの1対1を体を張ったセーブで制し、事なきを得ている。<br><br>オブラクは試合後、そのセーブについて次のように語った。<br><br>「何でもって止めたか? スペイン語で美しい言葉を見つけられるかは分からないが&hellip;&hellip;、ハートでもって止めて見せたと言っておこうか」<br><br>「試合はいつだってディテールが勝敗を分ける。ストライカーはゴールを決め、GKはセーブしなくてはならない。今日はそういう試合となり、またも勝ち点3を獲得できた」<br><br>オブラクはここ12試合でわずか4失点しか許していないなど、昨季のような輝かしいパフォーマンスを取り戻している。<br><br>「チームと同様に良い時期を過ごしているね。毎日、厳しく仕事に励み、各試合で最大限の貢献をしていきたい」<br><br><br>提供:goal.com 2017.04.23 23:30 Sun
twitterfacebook
thumb

シメオネが語るアトレティコ好調の理由、「良い守備を見せてチームとして働く。そこから離れてはいけない」

22日のリーガエスパニョーラ第33節、アトレティコ・マドリーは敵地コルネジャ=エル・プラットでのエスパニョール戦に1&minus;0で勝利した。ディエゴ・シメオネ監督は、チャンピオンズリーグ・レスター・シティ戦直後の試合で、勝ち点3を獲得できたことへの満足感を表している。<br><br>スペイン『マルカ』がアルゼンチン人指揮官のコメントを伝えた。<br><br>「ライバルは良い試合を演じた。大切なのはチャンピオンズの準決勝に到達した直後の試合だったということだ。エスパニョールはチームとして良い働きを見せていた。スペースを確保してカウンターを仕掛けるために、我々のボールロストを促していった」<br><br>「前半は規律なく、後半はより安定していた。とても均衡した試合だったと言えるだろう。我々の方がゴール前のプレーが明確で、それが重要な勝ち点3につながった」<br><br>また、ハーフタイムにFWフェルナンド・トーレスをMFトマス・パルティに代えた理由も説明している。<br><br>「2列目から飛び出せる選手を求めた。後半開始からの20分は興味深いものとなった。うまくいったのだと思う」<br><br>アトレティコはここ12試合を8勝4分けで終えるなど、2017年に入って尻上がりに調子を上げている。<br><br>「2017年から、昨年末とは異なる道を歩んでいる。良い守備を見せ、チームとして働き、そうして試合に勝利する状況を生み出す。その考えから離れることがあってはならない」<br><br>一方、レアル・マドリーが自チームの選手を狙っていることに不安を覚えているかと問われたシメオネ監督は、「ノー」とだけ返答している<br>提供:goal.com 2017.04.23 21:21 Sun
twitterfacebook
thumb

グリーズマン、去就を問われてインタビュー切り上げる「これ以上話したくない…」

22日のリーガエスパニョーラ第33節アトレティコ・マドリーは敵地コルネジャ=エル・プラットでのエスパニョール戦を1&minus;0で制した。この試合の決勝点を記録したFWアントワーヌ・グリーズマンは、エスパニョールに苦戦を強いられながらも、勝ち点3を獲得したことに満足感を表している。<br><br>フランス代表FWは、この試合をスペインで放送した『Beinスポーツ』とのフラッシュインタビューで、次のようにコメントした。<br><br>「苦しめられることは分かっていた。彼らはホームでとても強いチームだから。1&minus;0として、その後は我慢の時間を過ごすことになった。でも、それも普通のことなんだ。これだけの試合数をこなしていけば、苦労を強いられるのは当たり前なんだよ。重要なのは勝ち点3を獲得したことだ」<br><br>そしてインタビュアーから「あまり話したくないことだと思いますが、あなたの先の去就に関する発言は、悪いようにも解釈されましたね。それを撤回することや、何か言いたいことはありますか?」と質問されたグリーズマンは、「これ以上話したくない」と返答して、即座にその場から立ち去った。フラッシュインタビューは通常1〜2分をかけて行われるが、今回は40秒足らずで終了する事態となっている。<br><br>グリーズマンに対しては、マンチェスター・ユナイテッドやチェルシー、さらにはアトレティコの宿敵レアル・マドリーからの興味が噂されている。同選手は先に、レアル・マドリー移籍の噂について「僕から何かを否定することはない」と語り、この発言が物議を醸していた。<br><br>提供:goal.com 2017.04.23 10:05 Sun
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース