宇佐美8試合ぶり先発のアウグスブルク、終盤に2人退場も大迫決定機逸のケルン撃破《ブンデスリーガ》2017.04.16 03:38 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ブンデスリーガ第29節アウグスブルクvsケルンが15日に行われ、2-1でアウグスブルクが勝利した。アウグスブルクのMF宇佐美貴史は72分までプレーし、ケルンのFW大迫勇也はフル出場している。

▽8試合ぶりにスタメンとなった宇佐美が[4-2-3-1]の左MFで、大迫が[4-4-2]の2トップの一角で先発した日本代表対決。ハイプレスをかける入りとしたアウグスブルクは5分にフィードを受けたフィンボガソンがボックス中央へ進入。シュートを打つも、DFにブロックされて枠の右に外れてしまう。しかし直後の右CKからファーサイドのヒンテレッガーのヘディングシュートがゴール右を捉え、アウスブルクが先制する。

▽一方、ケルンは7分にゴールエリア右まで侵入したクランターの折り返しを大迫が右足で合わせにかかるも、ミートしきれず枠の左に外してしまった。

▽すると22分、ボックス左への進入を試みたダンソが、ソーレンセンに倒されてPKを獲得。これをフェルハーフがゴール左へ確実に決めてアウグスブルクがリードを広げた。

▽迎えた後半、2点を追うケルンが前がかると、65分に1点を返す。左CKの流れからルーズボールをソーレンセンが蹴り込むと、ゴールライン前のマックスがクリアしきれずネットが揺れた。

▽1点差とされたアウグスブルクは72分に見せ場のなかった宇佐美を下げて逃げ切りを図る。終盤、ク・ジャチョルとフィンボガソンが退場となったものの、リードを守り切って勝利。8試合ぶりの白星を飾り、残留圏内の15位マインツを同勝ち点で追っている。

コメント

関連ニュース

thumb

アウグスブルク、ヘルタ・ベルリンからFWシーバーを完全移籍で獲得

▽アウグスブルクは22日、ヘルタ・ベルリンからFWジュリアン・シーバー(29)を完全移籍で獲得した。契約期間は2021年6月30日までの3年間となる。 ▽シュツットガルトの下部組織で育ったシーバーは2008年にコットブス戦でプロデビューを果たすと、2012年の夏にドルトムントへ移籍。しかし、ドルトムントではポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキ(現バイエルン所属)とのポジション争いに敗れ、出場機会に恵まれず、2014年の夏にヘルタ・ベルリンへ移籍。 ▽ヘルタ・ベルリンでは、加入初年度からレギュラーで活躍するも度重なるケガに泣かされ、在籍4シーズンで公式戦51試合に出場に留まった。今季は2度のケガに見舞われながらもブンデスリーガ16試合で7ゴールを記録していた。 ▽新シーズンからアウグスブルクでプレーすることが決定したシーバーは、同クラブの公式サイトで喜びのコメントを残している。 「アウグスブルクが今後の目標達成のために僕を信頼し、3年契約を提示してくれたことがとても嬉しいね。僕はこれからもアウグスブルクがブンデスリーガで成功を続ける助けになりたいと思っているよ」 ▽なお、シーバーとヘルタ・ベルリンは、今シーズン限りで契約が満了を迎えるため、フリーでの移籍となる。 2018.05.23 02:50 Wed
twitterfacebook
thumb

シャルケが4季ぶりにCL出場権獲得《ブンデスリーガ》

▽シャルケは5日、ブンデスリーガ第33節でアウグスブルクとのアウェイ戦に臨み、2-1で勝利した。この結果、最終節を前に4位以上を確定させ、来季のチャンピオンズリーグ(CL)出場権を獲得している。 ▽4位までに与えられるCL出場権獲得まであと1ポイントとしている2位シャルケ(勝ち点57)が、前節残留を決めた11位アウグスブルク(勝ち点41)のホームに乗り込んだ一戦。 ▽アウグスブルクにボールを持たせる入りをしたシャルケは4分にピンチ。ケフラーが軽い対応でフィンボガソンにボックス右でボールを奪われシュートを打たれたが、左ポストに直撃して助かった。 ▽その後も慎重に試合を進めていたシャルケだったが、23分に先制する。FKの流れからボックス左のブルクシュタラーがボレーで狙ったボールがゴール前のケフラーのもとへ。ケフラーは意表を突くヒールシュートでゴール右に流し込んだ。 ▽しかし27分、クイックリスタートでマックスにボックス左のスペースを使われてシュートを決められ、試合を振り出しに戻されてしまう。 ▽それでも34分、左CKからニアのケフラーが頭で合わせると、シュートがDFに当たってゴールに吸い込まれた。 ▽迎えた後半もアウグスブルクにボールを持たせながら試合を進めるシャルケは、62分にカウンターからコノプリャンカがGKを強襲するシュートを浴びせて牽制。 ▽終盤にかけても危なげなく試合を運び、2-1で勝利。4シーズンぶりにCL出場権を獲得している。 2018.05.06 03:14 Sun
twitterfacebook
thumb

ドルトムント、ヴァイデンフェラー後釜にアウグスブルク守護神ヒッツ獲得濃厚に! 来季はスイス代表同僚のビュルキと正GK争いへ

▽ドルトムントがアウグスブルクのスイス代表GKマルビン・ヒッツ(30)をフリートランスファーで獲得することが決定的となった。ドイツ『ビルト』が伝えている。 ▽今シーズン限りで元ドイツ代表GKロマン・ヴァイデンフェラー(37)が現役を引退するドルトムントは、同選手の後釜確保が急務となっている。その中でクラブはアウグスブルクの守護神としてブンデスリーガでの実績が十分のヒッツ獲得に成功したようだ。 ▽『ビルト』の伝えるところによれば、ヒッツは今季限りで終了するアウグスブルクとの契約延長の意思がなく、すでにクラブも慰留を諦めているとのことだ。 ▽なお、ドルトムントはヒッツを単なるヴァイデンフェラーの後釜としては考えておらず、パフォーマンスに一貫性のない現守護神のGKロマン・ビュルキのライバルという位置付けで獲得するようだ。そのため、来季はスイス代表で第2GKを務めるビュルキと第3GKを務めるヒッツによる、熾烈なポジション争いが繰り広げられることになる。 2018.05.04 14:15 Fri
twitterfacebook
thumb

武藤途中出場のマインツは敵地で連勝ならず… 勝利のアウグスブルクは1部残留を決める《ブンデスリーガ》

▽FW武藤嘉紀の所属するマインツは22日、ブンデスリーガ第31節でアウグスブルクと対戦し、0-2で敗戦した。武藤は79分からプレーしている。 ▽前節のフライブルク戦で7試合ぶりに勝ち点3を獲得した15位マインツ(勝ち点30)が、11位アウグスブルク(勝ち点37)のホームに乗り込んだ一戦。太ももの負傷で3試合ベンチ外だったマインツの武藤はベンチスタートとなった。 ▽試合は立ち上がりから一進一退の攻防が展開される中、先にチャンスを迎えたのはホームチームだった。29分、リヒターのパスをボックス中央手前で受けたフィンボガソンが相手DFを引き付け、ノールックでボックス左にパス。これを受けたグレゴリッチュがプレスに来た相手DFを冷静にかわし、ゴール右隅にシュートを流しこんだ。 ▽先制点で勢いづくアウグスブルクは、32分にもヒンテレッガーのロングフィードを右サイドのスペースで受けたシュミットが折り返しを供給すると、ニアサイドに走り込んだリヒターがヒールシュートで合わせたが、これはGKアトラーが好セーブで凌いだ。 ▽迎えた後半も、先にチャンスを迎えたのはアウグスブルクだった。50分、ドリブルで持ち上がったリヒターのラストパスを受けたボックス中央で受けたフィンボガソンが飛び出したGKをチップキックでかわすも、これは守備に戻ったラツァにクリアされた。 ▽反撃に出たいマインツは53分、ペナルティアーク左でボールを受けたセルダーが強烈なミドルシュートでアウグスブルクゴールに迫るも、これは枠の左に外れる。同点ゴールを狙うマインツは、51分にウジャー、68分にマキシム、79分に武藤と攻撃的な選手を投入した。 ▽すると88分、中盤でボールを受けたガバミンがロングボールをゴール前に供給。これを武藤はヘディングで合わせたが、ボールはGKヒッツのセーブに防がれた。 ▽その後も前がかりになってゴールを目指すマインツだったが、後半アディショナルタイムにロングカウンターからフィンボガソンにダメ押し弾を決められてしまい万事休す。 ▽その直後に試合はタイムアップを迎え、マインツは0-2で敗戦。一方、5試合ぶりの勝利を飾ったアウグスブルクは、勝ち点を40に伸ばし、1部残留を決めた。 2018.04.23 00:45 Mon
twitterfacebook
thumb

宇佐美貴史、来季はどこへ?アウクスブルク元SD「選手側との話し合いにオープン」

レンタルでアウクスブルクからフォルトゥナ・デュッセルドルフに送り出されている日本代表FW宇佐美貴史は、今夏以降はどこでプレーすることになるのだろうか。所属元クラブのシュテファン・ロイターSD(スポーツディレクター)は、レンタル中の選手たちについて「選手側との話し合いにはオープン」であると語っている。<br><br>30名以上のメンバーを抱えていたアウクスブルクだが、昨夏と今年1月の移籍市場で宇佐美やDFコンスタティノス・スタフィリディス(&rarr;ストーク・シティ)、MFモリッツ・ライトナー(&rarr;ノリッジ・シティ)やチ・ドンウォン(&rarr;ダルムシュタット)を含む合計6人の選手たちをレンタルで送り出している。そのほとんどが今夏に所属元に戻ってくる予定となっており、宇佐美もその1人だ。<br><br>では、アウクスブルクはそんなプレーヤーたちを今後の構想に含める考えなのだろうか。地元紙『アウクスブルガー・アルゲマイネ』が伝えたロイターSDのコメントによれば、クラブとしてはそれぞれと意思確認をしたいとのこと。「全員にとって、有意義でなければいけない」と強調しつつ、「1人の選手が他でプレーすることが自分にとってベストと判断すれば、我々は基本、選手側との話し合いにはオープンだ」と今夏の移籍を容認することも考えられるという。<br><br>レンタルにあたっての目的は、選手が十分な出場機会を得られる環境に置かれること。ロイターSDは「数人においては、うまくいっているようだね」と語り、デュッセルドルフでここまで公式戦25試合に出場し、7ゴールをマークした宇佐美をその成功例に挙げた。また、レンタル中の選手たちとは常にコンタクトを取っているというマヌエル・バウム監督は「最善の決断を試みる」と明かし、今後最終的な話し合いに入ることを示唆したようだ。<br><br>ブンデスリーガ2部は来月13日に全日程が終了。原口元気も期限付きで加わり、デュッセルドルフでついに本領を発揮しつつある宇佐美だが、その時点まで所属元に自身の希望を伝えることになるかもしれない。<br><br><br>提供:goal.com 2018.04.17 19:30 Tue
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース