宇佐美8試合ぶり先発のアウグスブルク、終盤に2人退場も大迫決定機逸のケルン撃破《ブンデスリーガ》2017.04.16 03:38 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ブンデスリーガ第29節アウグスブルクvsケルンが15日に行われ、2-1でアウグスブルクが勝利した。アウグスブルクのMF宇佐美貴史は72分までプレーし、ケルンのFW大迫勇也はフル出場している。

▽8試合ぶりにスタメンとなった宇佐美が[4-2-3-1]の左MFで、大迫が[4-4-2]の2トップの一角で先発した日本代表対決。ハイプレスをかける入りとしたアウグスブルクは5分にフィードを受けたフィンボガソンがボックス中央へ進入。シュートを打つも、DFにブロックされて枠の右に外れてしまう。しかし直後の右CKからファーサイドのヒンテレッガーのヘディングシュートがゴール右を捉え、アウスブルクが先制する。

▽一方、ケルンは7分にゴールエリア右まで侵入したクランターの折り返しを大迫が右足で合わせにかかるも、ミートしきれず枠の左に外してしまった。

▽すると22分、ボックス左への進入を試みたダンソが、ソーレンセンに倒されてPKを獲得。これをフェルハーフがゴール左へ確実に決めてアウグスブルクがリードを広げた。

▽迎えた後半、2点を追うケルンが前がかると、65分に1点を返す。左CKの流れからルーズボールをソーレンセンが蹴り込むと、ゴールライン前のマックスがクリアしきれずネットが揺れた。

▽1点差とされたアウグスブルクは72分に見せ場のなかった宇佐美を下げて逃げ切りを図る。終盤、ク・ジャチョルとフィンボガソンが退場となったものの、リードを守り切って勝利。8試合ぶりの白星を飾り、残留圏内の15位マインツを同勝ち点で追っている。

コメント

関連ニュース

thumb

アウグスブルク宇佐美貴史、途中交代に「あのタイミングで代えられて「ん?」と…」

▽ブンデスリーガ第30節が22日に開催。日本代表FW宇佐美貴史が所属するアウグスブルクは、フランクフルトとのアウェイゲームに臨み、1-3の逆転負けを喫した。57分までプレーした宇佐美は試合後、チームの結果と共に、自身の出来に不満をのぞかせた。 ▽アウグスブルクは幸先良く先制したものの、後半の3失点で逆転負け。左サイドハーフで2試合連続の先発を果たした宇佐美も、チームが用いる中盤を省略したロングボール戦術の中で存在感を示せず、個人としても消化不良な出来に終わった。 ▽試合後、ブンデスリーガ公式サイトのインタビューで「痛い敗戦」だったと語った宇佐美は、守備に追われた展開に「前半に関しては守備で手応えがあった。相手の右サイドが機能せず、踏ん張れている感じはあったので。チームのために守備をしっかりやりながらという意識だった」と振り返った。 ▽しかし、途中交代という選択に関しては、「あのタイミングで代えられてしまったので、そこに関しては「ん?」と思いました」と述べ、続けて「1本、2本、良い形でボールコンタクトやカウンターがあれば……というところでの交代だったので」と悔しさを滲ませた。 2017.04.23 09:15 Sun
twitterfacebook
thumb

ファビアンが3戦4ゴールとなる2発でフランクフルトが11試合ぶりの勝利!! アウグスブルクの宇佐美は見せ場なく56分に交代…《ブンデスリーガ》

▽22日にブンデスリーガ第30節のフランクフルトvsアウグスブルクが行われ、2-1でフランクフルトが勝利した。アウグスブルクの日本代表FW宇佐美貴史は2試合連続のスタメンとなり、左サイドハーフで56分まで出場。フランクフルトの日本代表MF長谷部誠はケガのため欠場している。 ▽前節のドルトムントに敗れて10試合勝利から遠ざかっている10位のフランクフルト(勝ち点38)と、ケルン戦で7試合ぶりの白星を手にした16位のアウグスブルク(勝ち点32)が激突した。試合の立ち上がりはゆったりとした入りとなる中、徐々にホームのフランクフルトがポゼッションを握る。すると8分に右サイドから攻撃を仕掛けると中央でヒールパスを受けたファビアンが持ち出してシュート。しかしアウグスブルクもダンソがしっかりとコースを消してブロックする。 ▽細かくパスを繋いでビルドアップするフランクフルトに対して、アウグスブルクはボールの奪いどころを探しながらプレー。すると9分、相手のパスを奪ってカウンターを仕掛けると、右サイドのアルティントップからゴール前に斜めのパスがでると、これを攻め上がっていたハウウェレーウがダイレクトで合わせる。これが逆サイドのポストに当たってラインを割り、アウグスブルクが最初のチャンスでネットを揺らした。 ▽追いかける展開となったフランクフルトは、慌てることなくこれまで通りにバックラインからビルドアップしていく。23分には左CKの流れからレビッチがヘディングシュートを狙うが、ボールはクロスバーを越えた。30分にはボックス左でFKを獲得すると、サインプレーからグラウンダーのマイナスのボールが入り、フリーのフルゴタが合わせるが、ここもボールはクロスバーを越えた。結局前半はアウグスブルクのリードでハーフタイムを迎えた。 ▽追いかけるフランクフルトはハーフタイムで2枚替えを敢行して、まずは同点を目指す。52分にはボックス左でボールを受けたレビッチが、後方からのボールをハーフボレーで合わせるなど、前半以上に相手陣内に攻め込んでいく。対するアウグスブルクは56分、なかなかボールに触れなかった宇佐美を下げる。 ▽なおも押し込みながらゴールが遠いフランクフルトは、72分にセフェロビッチを送り出して交代カードを切り終える。すると76分に右サイドのラインぎりぎりでボールを受けたセフェロビッチが入れたクロスにレビッチが合わせる。決定機だったが、ボールはまたもクロスバーを越えた。 ▽しかし78分、左サイドからアーリークロスを入れたフランクフルトは、ボックス右のチャンドラーが頭で折り返すと、最後はファビアンが押し込む。ファビアンの3戦連発弾でフランクフルトが試合を振り出しに戻した。このゴールで勢いに乗ったフランクフルトは86分、右サイドからカットインしたファビアンがパス交換からボックス内に侵入。一度はシュートがブロックされたものの、こぼれ球をファビアンが蹴り込んで一気に逆転した。 ▽さらに後半アディショナルタイムにはバックパスを奪ったレビッチが、無人のゴールに流し込んでダメ押しの3点目を奪取。直後に試合は終了し、フランクフルトが11試合ぶりの白星を飾った。 2017.04.23 00:24 Sun
twitterfacebook
thumb

アウクスブルク宇佐美貴史、独紙で最低評価「これといったインパクト残せず」

アウグスブルクに所属する日本代表FWの宇佐美貴史は地元紙から厳しい評価を受けた。<br><br>アウグスブルクは15日、ブンデスリーガ第29節で大迫勇也が所属するケルンと対戦した。2-1で勝利を収め、7戦ぶりに勝ち点3を手にした。宇佐美は8試合ぶりに先発出場を果たしたが、なかなか攻撃面で相手の脅威になることができず、72分でピッチから退いた。<br><br>地元紙『アウグスブルガー・アルゲマイネ』は宇佐美にチーム最低となる「4.5」(※ドイツメディアの採点は1が最高、6が最低)の採点をつけた。「宇佐美は少し驚いたことに先発出場を果たしたが、ピッチの上で目立てなかった。これといったインパクトは与えられず、サイドを制すことができなかった」と振り返っている。<br><br>アウクスブルクは第29節を終えた時点で16位に低迷している。自動降格圏の17位インゴルシュタットとは勝ち点差4しかなく、まだまだ気の抜けない状況にある。同様に苦しいシーズンを送っている宇佐美にとって、残り5試合となったリーグ戦で得たチャンスを確実にものにし、チームを残留へ導いていきたいところだ。<br><br><br>提供:goal.com 2017.04.17 12:58 Mon
twitterfacebook
thumb

シュトッカーの1G1Aでヘルタが連敗を3でストップ、原口は出場せず、宇佐美は80分から出場《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ第28節ヘルタ・ベルリンvsアウグスブルクが9日に行われ、2-0でヘルタが勝利している。ヘルタのMF原口元気はベンチ入りも出場機会はなかった。アウグスブルクのMF宇佐美貴史は80分から出場している。 ▽前節ボルシアMG戦で出場停止のイビセビッチの代わりに1トップとしてプレーしたもののインパクトを残せなかったヘルタの原口は、3試合ぶりにベンチスタートとなった。一方、ここ5試合出場機会のないアウグスブルクの宇佐美もベンチスタートとなった。 ▽3連敗中の6位ヘルタ(勝ち点40)と、残留プレーオフに回らなければならない16位アウグスブルク(勝ち点29)の一戦。立ち上がりから仕掛けたヘルタは12分に先制する。左CKの流れからシュトッカーの放ったシュートをゴール前のブルックスが頭でコースを変えてネットを揺らした。 ▽その後も主導権を握ったヘルタは37分、イビセビッチのスルーパスに抜け出したボックス左のカルーがGKと一対一に。カルーは冷静に並走していたシュトッカーへパスを送り、シュトッカーが無人のゴールへ流し込んで追加点を奪った。 ▽前半、アウグスブルクに1本もシュートを打たせなかったヘルタは、後半も主導権を渡さない。 ▽成す術のないアウグスブルクは終盤の80分に宇佐美を投入。6試合ぶりの出場となった宇佐美は左MFに投入されたものの、ボールに触る機会が限られて0-2のままチームは敗戦。一方、勝利したヘルタは連敗を3で止めている。 2017.04.10 00:32 Mon
twitterfacebook
thumb

レヴァンドフスキのハットとミュラーの2発などでバイエルンが6発圧勝《ブンデスリーガ》

▽バイエルンは1日、ブンデスリーガ第26節でアウグスブルクをホームに迎え、6-0で圧勝した。アウグスブルクの宇佐美貴史はベンチ入りも出場機会はなかった。 ▽前節ボルシアMGに1-0と辛勝した首位バイエルン(勝ち点62)は、2位ライプツィヒとの勝ち点差を13に広げた。そのバイエルンはGKノイアーが負傷欠場となった他、代表戦を戦ったロッベンやビダルをベンチスタートとし、コマンやキミッヒを先発で起用した。 ▽宇佐美がベンチスタートとなった14位アウグスブルク(勝ち点29)に対し、2列目に右からコマン、ミュラー、リベリと配し、中盤センターにチアゴとキミッヒを配したバイエルンが立ち上がりから攻勢に出ていく。 ▽すると17分、チアゴのパスを受けたレヴァンドフスキがボックス中央へ侵入。トラップから左足ボレーで叩き込んで最初のチャンスを生かし、先制する。攻め手を緩めないバイエルンは28分にミュラーがミドルシュートで左ポストを直撃すると、続く34分にもミュラーが際どいミドルシュートを浴びせた。 ▽すると36分、ロングフィードを受けたレヴァンドフスキがボックス右に侵入して折り返し、最後はミュラーが押し込んで追加点を挙げ、バイエルンが2点をリードして後半へ折り返した。 ▽後半頭に2選手を交代してきたアウグスブルクに対し、55分にリベリの縦パスを受けたレヴァンドフスキがGKとの一対一を制して3-0としたバイエルンは、62分にレヴァンドフスキのヒールパスに反応したチアゴがゴールへ流し込んで4-0とさらに突き放した。 ▽その後、チアゴをお役御免としたバイエルンだったが、終盤にかけてもアウグスブルクを圧倒。79分、ミュラーのヘディングシュートはGKにセーブされるも、レヴァンドフスキがルーズボールを頭で押し込み、ハットトリックを達成。直後の80分にはミュラーがロングフィードに抜け出して6-0とし、試合を締めくくって首位を独走している。 2017.04.02 00:56 Sun
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース