宇佐美8試合ぶり先発のアウグスブルク、終盤に2人退場も大迫決定機逸のケルン撃破《ブンデスリーガ》2017.04.16 03:38 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ブンデスリーガ第29節アウグスブルクvsケルンが15日に行われ、2-1でアウグスブルクが勝利した。アウグスブルクのMF宇佐美貴史は72分までプレーし、ケルンのFW大迫勇也はフル出場している。

▽8試合ぶりにスタメンとなった宇佐美が[4-2-3-1]の左MFで、大迫が[4-4-2]の2トップの一角で先発した日本代表対決。ハイプレスをかける入りとしたアウグスブルクは5分にフィードを受けたフィンボガソンがボックス中央へ進入。シュートを打つも、DFにブロックされて枠の右に外れてしまう。しかし直後の右CKからファーサイドのヒンテレッガーのヘディングシュートがゴール右を捉え、アウスブルクが先制する。

▽一方、ケルンは7分にゴールエリア右まで侵入したクランターの折り返しを大迫が右足で合わせにかかるも、ミートしきれず枠の左に外してしまった。

▽すると22分、ボックス左への進入を試みたダンソが、ソーレンセンに倒されてPKを獲得。これをフェルハーフがゴール左へ確実に決めてアウグスブルクがリードを広げた。

▽迎えた後半、2点を追うケルンが前がかると、65分に1点を返す。左CKの流れからルーズボールをソーレンセンが蹴り込むと、ゴールライン前のマックスがクリアしきれずネットが揺れた。

▽1点差とされたアウグスブルクは72分に見せ場のなかった宇佐美を下げて逃げ切りを図る。終盤、ク・ジャチョルとフィンボガソンが退場となったものの、リードを守り切って勝利。8試合ぶりの白星を飾り、残留圏内の15位マインツを同勝ち点で追っている。

コメント

関連ニュース

thumb

バイエルンがレヴァンドフスキの2発などで快勝し無敗継続《ブンデスリーガ》

▽バイエルンは18日、ブンデスリーガ第12節でアウグスブルクをアイアンツ・アレーナに迎え、3-0でバイエルンが勝利した。 ▽ここまで8勝2分け1敗で勝ち点26を積み上げて首位に立つバイエルンが10位のアウグスブルク(勝ち点16)をホームに迎えた。 ▽立ち上がりからバイエルンが優勢に試合を進めていくもチャンスを決めきれずにゴールレスの時間が続く。しかし30分、ボックス右でFKを獲得するとこの流れからレヴァンドフスキがヘディングシュート。ここはうまく当たらず、こぼれたボールをフンメルスが押し込みにかかるがブロックされる。しかしこぼれ球をビダルが押し込んでバイエルンが勢いのままに先制した。 ▽アウグスブルクは直後の33分に相手陣内でFKを獲得。グレゴリッチュが直接狙ったが、GKウルライヒの守備範囲内に飛んだ。すると39分にはバイエルンがカウンターからビダルのスルーパスに抜け出したレヴァンドフスキがネットを揺らして2点目を奪う。 ▽そのまま前半が終了するが後半も試合の大勢は変わらずバイエルンがアウグスブルクを押し込んで試合を進める。49分には右サイドのキミッヒが入れたクロスをレヴァンドフスキがダイレクトで押し込み、バイエルンが後半早々に3点目を奪った。 ▽余裕の試合運びを見せるバイエルンは、さらに追加点を目指してアウグスブルクを押し込んでいく。しかし77分にロッベン、80分にビダルを下げてそれぞれトリッソとルディを投入し試合を終わらせにかかった。 ▽終盤はお互いにチャンスを作り切れず。結局バイエルンが3発快勝で無敗を継続し、首位を快走している。 2017.11.19 01:20 Sun
twitterfacebook
thumb

香川の華麗ループ決勝弾でドルトムントが好調アウグスブルクに逃げ切り勝利《ブンデスリーガ》

▽ドルトムントは9月30日、ブンデスリーガ第7節でアウグスブルクとのアウェイ戦に臨み、2-1で辛勝した。ドルトムントのMF香川真司は81分までプレーしている。 ▽前節ボルシアMG戦を6-1と大勝して今季5勝目を挙げたドルトムントだったが、4日前に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のレアル・マドリー戦では1-3と完敗してCLでは連敗スタートとなった。そのドルトムントはレアル・マドリー戦のスタメンから5選手を変更。シャヒンやカストロ、M・フィリップらがベンチスタートとなって香川やヴァイグル、プリシッチらがスタメンとなった。 ▽3勝2分け1敗と上々のスタートを切ったアウグスブルクに対し、香川が[4-3-3]の右インサイドMFで先発となった一戦。 ▽開始3分に香川の左足ミドルでゴールに迫ったドルトムントは、直後の4分に先制する。香川の左CKからルーズとなったボールをゴールエリア左のヤルモレンコがヒールでうまくゴールに流し込んだ。 ▽しかし11分、ワンチャンスを活かされて同点とされてしまう。左サイドのマックスのアーリークロスをカイウビーにヘディングシュートで決められた。 ▽その後、15分にオーバメヤンがGKを強襲するシュートを浴びせたドルトムントは、23分に勝ち越す。決めたのは香川。ボックス右に抜け出したオーバメヤンの折り返しをヤルモレンコが丁寧にパス。これを香川がGKの意表を突く華麗なループシュートでゴール左サイドネットへ沈めた。 ▽さらに32分、ドルトムントに3点目のチャンス。ロングフィードに抜け出したオーバメヤンが独走してGKと一対一に。しかし、ヒッツに止められ、突き放すことはできなかった。追加タイム2分にはボックス左でスルーパスを引き出した香川が左足でシュートに持ち込むも枠の上に外れ、前半を2-1で終えた。 ▽迎えた後半、アグレッシブな入りを見せてきたアウグスブルクに対し、ドルトムントは苦戦を強いられる。 ▽そこで打開策としてダフードに代えてカストロ、ヤルモレンコに代えてM・フィリップを投入した。すると71分に後半最初のチャンス。ところが、プリシッチの右クロスをファーサイドで合わせたオーバメヤンのヘディングシュートはGKの守備範囲に飛び、3点目とはならない。 ▽続く76分、ドルトムントは左サイドからのFKでピシュチェクがク・ジャチョル倒されると、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)によってPKを獲得。しかし、キッカーのオーバメヤンがチップキックシュートを正面に狙うも、GKヒッツにセーブされてしまう。 ▽終盤、劣勢のドルトムントは香川に代えてトプラクを投入するなどして逃げ切りを図り、アウグスブルクの反撃を交わした。そして2-1のまま勝利し、今季6勝目を挙げている。 2017.10.01 00:45 Sun
twitterfacebook
thumb

長谷部ボランチでフル出場のフランクフルト、アウグスブルクに惜敗《ブンデスリーガ》

▽フランクフルトは16日、ブンデスリーガ第4節でアウグスブルクをホームに迎え、1-2で敗れた。フランクフルトのMF長谷部誠はフル出場し、MF鎌田大地はベンチ入りしなかった。 ▽前節ボルシアMG戦をヒザ痛で欠場した長谷部が[3-6-1]のボランチで先発となった一戦。 ▽立ち上がりからポゼッションしたフランクフルトは、8分にガチノビッチが枠内シュートを浴びせると、最前線のアラーが起点となってアウグスブルクを押し込んでいく。すると、17分には長谷部が前線に絡んでシュートを浴びせた。 ▽しかし20分、アウグスブルクに先制される。右サイド高い位置からのマックスの左足から放たれた鋭いFKがそのままゴール左サイドネットに吸い込まれた。 ▽その後はカウンターを狙うアウグスブルクにペースを握られ、フランクフルトはポゼッションするものの、決定機を生み出せないまま前半を終えた。 ▽迎えた後半からDFのサルセドに代えてアタッカーのレビッチを投入したフランクフルトが、引き続き敵陣でのプレーを続けていく。59分には右クロスを受けたボックス中央のアラーがシュートに持ち込んだが、枠の左に外れてしまった。 ▽その後は何度かカウンターを浴びるピンチを迎えたフンクフルトが76分に失点する。ボックス手前左からカイウビーが意表を突いたコントロールシュートを放つと、ボールはゴール右上に吸い込まれた。 ▽2点差とされたフランクフルトは、80分にヨビッチが右CKからヘディングシュートで1点差に詰め寄ると、終盤にかけても攻め立てたが、同点ゴールを奪うには至らず。今季2敗目を喫している。 2017.09.17 02:42 Sun
twitterfacebook
thumb

大迫フル出場もアウグスブルクに完敗でケルン開幕3連敗《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ第3節、アウグスブルクvsケルンが9日に行われ、0-3で完敗した。ケルンのFW大迫勇也はフル出場している。 開幕2連敗と苦しいスタートとなったケルンは、代表戦に合流していた大迫がフラットな[4-4-2]の2トップの一角で先発となった。 ▽試合はケルンがボールを保持する展開となるも、22分に先制される。マックスの左クロスからフィンボガソンにヘディングで決められた。 ▽さらに32分、ヘクターがボックス内に侵入したヘラーを倒し、PKを献上。これをフィンボガソンに決められ、リードを広げられてしまう。 ▽0-2で迎えた後半もケルンがボールを保持。しかし、チャンスを生み出すことはできない。そこで72分、アタッカーのギラシーの投入によって大迫がボランチに下がった。 ▽それでも好機を生み出せずにいると、追加タイム4分にフィンボガソンにハットトリックとなるゴールを決められて終戦。開幕3連敗で最下位に沈んでいる。 2017.09.10 05:25 Sun
twitterfacebook
thumb

アウグスブルク、1860ミュンヘンからU-18ドイツ代表DFキリアン・ジェイコブを獲得

▽アウグスブルクは30日、1860ミュンヘンからU-18ドイツ代表DFキリアン・ジェイコブ(19)を完全移籍で獲得した。契約期間は2022年6月30日までの5年間で、背番号は25を着用する。 ▽アウグスブルクへの移籍が決まったジェイコブは、クラブの公式サイトで以下のようにコメント。 「アウグスブルクでトップリーグへの第一歩を踏み出せてうれしいよ。近年、アウグスブルクは多くの若い選手を獲得し、育て、ブンデスリーガで実績を残してきた。だから僕もここへの移籍を決めたんだ」 ▽1860ミュンヘンの下部組織出身のジェイコブは、2016年7月にセカンドチームの1860ミュンヘンⅡに昇格。昨シーズンは公式戦32試合に出場し7ゴール3アシストを記録していた。 2017.08.31 00:58 Thu
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース