宇佐美8試合ぶり先発のアウグスブルク、終盤に2人退場も大迫決定機逸のケルン撃破《ブンデスリーガ》2017.04.16 03:38 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ブンデスリーガ第29節アウグスブルクvsケルンが15日に行われ、2-1でアウグスブルクが勝利した。アウグスブルクのMF宇佐美貴史は72分までプレーし、ケルンのFW大迫勇也はフル出場している。

▽8試合ぶりにスタメンとなった宇佐美が[4-2-3-1]の左MFで、大迫が[4-4-2]の2トップの一角で先発した日本代表対決。ハイプレスをかける入りとしたアウグスブルクは5分にフィードを受けたフィンボガソンがボックス中央へ進入。シュートを打つも、DFにブロックされて枠の右に外れてしまう。しかし直後の右CKからファーサイドのヒンテレッガーのヘディングシュートがゴール右を捉え、アウスブルクが先制する。

▽一方、ケルンは7分にゴールエリア右まで侵入したクランターの折り返しを大迫が右足で合わせにかかるも、ミートしきれず枠の左に外してしまった。

▽すると22分、ボックス左への進入を試みたダンソが、ソーレンセンに倒されてPKを獲得。これをフェルハーフがゴール左へ確実に決めてアウグスブルクがリードを広げた。

▽迎えた後半、2点を追うケルンが前がかると、65分に1点を返す。左CKの流れからルーズボールをソーレンセンが蹴り込むと、ゴールライン前のマックスがクリアしきれずネットが揺れた。

▽1点差とされたアウグスブルクは72分に見せ場のなかった宇佐美を下げて逃げ切りを図る。終盤、ク・ジャチョルとフィンボガソンが退場となったものの、リードを守り切って勝利。8試合ぶりの白星を飾り、残留圏内の15位マインツを同勝ち点で追っている。

コメント

関連ニュース

thumb

ボルシアMGがアウグスブルクからパラグアイ代表FWボバディージャ獲得! 5年ぶりの古巣復帰に

▽ボルシアMGは17日、アウグスブルクからパラグアイ代表FWラウール・ボバディージャ(30)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2019年6月30日までの2年となる。 ▽パラグアイ人両親の下、アルゼンチンで生まれ育ったボバディージャは、これまでグラスホッパーやヤング・ボーイズ、バーゼルといったスイスのクラブで活躍。2013年に加入したアウグスブルクでは、ここまでリーグ戦94試合に出し、21ゴール10アシストを記録していた。 ▽本職のセンターフォワードに加え、左右のウイングでもプレー可能なボバディージャは、分厚い筋肉を身に纏い、181cmという数字以上の存在感を誇り、決定力に課題はあるものの、推進力やチャンスメークの部分で頼りになる存在だ。 ▽なお、ボルシアMGには2009年夏から2012年冬まで在籍しており、5年ぶりの古巣復帰となった。 2017.08.18 00:45 Fri
twitterfacebook
thumb

ヴォルフスブルク、アウグスブルク主将DFフェルハーフ加入を発表! 「年齢を考えれば、大きなチャンス」

▽ヴォルフスブルクは7日、アウグスブルクから元オランダ代表DFポール・フェルハーフ(34)を完全移籍で獲得したことを発表した。背番号は3。契約期間は2019年6月30日までの2年となる。 ▽なお、ドイツ『キッカー』によれば移籍金は150万ユーロ(約2億円)となったようだ。。 ▽5日に7年間を過ごしたアウグスブルク退団が発表され、その2日後に新天地ヴォルフスブルク加入が決定したフェルハーフは、クラブ公式サイトで以下のようなコメントを残している。 「自分のキャリアにおいて新たな仕事に取り組めることを嬉しく思っているよ。自分の年齢を考えれば、今回の移籍は大きなチャンスだと思っている」 ▽2010年夏にフィテッセからアウグスブルクに加入した右サイドバックのフェルハーフは、キャプテンやPKキッカーを務めるなど、チームの主軸として活躍。在籍7年間で公式戦186試合に出場して20ゴールを決め、クラブの一部残留に大きく貢献していた。 2017.08.07 22:37 Mon
twitterfacebook
thumb

アウグスブルク主将フェルハーフがヴォルフスブルクへ移籍

▽アウグスブルクは5日、元オランダ代表DFポール・フェルハーフ(34)がヴォルフスブルクへ移籍したことを発表した。ドイツ『キッカー』によれば移籍金は150万ユーロ(約1億9500万円)、契約年数は1年でオプションが付いているとのことだ。 ▽2010年夏にフィテッセからアウグスブルクに加入した右サイドバックのフェルハーフは、キャプテンやPKキッカーを務めるなど、チームの主軸として活躍。在籍7年間で公式戦186試合に出場して20ゴールを決め、クラブの一部残留に大きく貢献していた。 ▽ヴォルフスブルクへの移籍を決めたフェルハーフはアウグスブルクの公式サイトで次のようにコメントしている。 「7年間の素晴らしい時間をすごしてきたからね。これからここの選手ではなくなるというのは不思議な感じだよ。でも、この強い意思をもって今回の決断を下した。まだ自分のキャリアの中で、新しいことに挑戦したいと思ったんだ」 2017.08.06 01:25 Sun
twitterfacebook
thumb

アウクスブルク宇佐美貴史、練習試合で決定機を逃すも地元紙が高く評価「一番目立った存在」

アウクスブルクに所属する日本代表FW宇佐美貴史の調子は上向きのようだ。昨シーズン、同選手に対して何度か辛口コメントを向けた地元紙『アウクスブルガー・アルゲマイネ』 は、先日のテストマッチでのパフォーマンスについて「一番目立っていた」と称賛している。<br><br>アウクスブルクは22日、2部昇格組のレーゲンスブルクと対戦し、韓国代表FWチ・ドンウォンが得点を決めるも1-2で敗れている。宇佐美はこの一戦で、64分からそのチ・ドンウォンの代わりとして出場。79分には右サイドからのクロスに反応し、フリーの状況でシュートを放つも、ボールは枠を越える。また終了間際には相手4人をかわしてペナルティーエリアに侵入するが、フィニッシュは再びクロスバーの上に外れ、結局ゴールを生むことはなかった。<br><br>だが、それでも『アウクスブルガー・アルゲマイネ』はそのパフォーマンスを称賛。昨シーズンの&ldquo;心配の種&rdquo;と形容される宇佐美について「レーゲンスブルク戦では最後の26分間プレー。2つの大きな決定機を逃したが、出場していた時間帯では一番目立った存在となった」と記し、この試合におけるポジティブな要素に見立てた。<br><br>アウクスブルクのトップチームでプレーする選手数は現在36人と、戦力が飽和状態となっている。これからスクワッドの整理に入ると見られる同クラブは、イングランドの地でミドルスブラ(29日)やサウサンプトン(8月2日)とのプレシーズンマッチを控える。<br><br>レーゲンスブルク戦後、マヌエル・バウム監督は「我々はどれほどの1000%の決定機を逃したのだろうか」と攻撃陣の決定力不足について苦言を呈したが、宇佐美のチャンスに絡むプレーも目に入ったはず。もちろん、宇佐美としてはゴールに迫るだけではなく、実際に数字となる結果を残したいところだ。<br><br><br>提供:goal.com 2017.07.25 10:06 Tue
twitterfacebook
thumb

アウグスブルクがバイアーやカイウビーら主力4選手と契約延長

▽アウグスブルクは24日、主力4選手と契約延長したことを発表した。契約を更新したのはドイツ人MFダニエル・バイアー(33)、ブラジル人FWカイウビー(29)、ドイツ人DFフィリップ・マックス(23)、オランダ人DFジェフリー・ハウウェレーウ(26)の4選手。 ▽10番を背負うプレーメーカーのバイアー[写真左]は、2008年夏にヴォルフスブルクからレンタルで加入。これまで公式戦265試合に出場して7ゴール22アシストを記録している。そのバイアーは2019年まで契約を延長している。 ▽左ウイングを主戦場とするカイウビー[写真左から2番目]は、2014年夏にインゴルシュタットから加入。これまで公式戦64試合に出場して6ゴール8アシストを記録している。ブラジル人FWは2020年まで契約を延長している。 ▽左サイドバックを主戦場とするマックス[写真右から2番目]は、2015年夏にカールスルーエから加入。これまで公式戦57試合に出場して1ゴール3アシストを記録している。リオ五輪準優勝メンバーであるマックスは2021年まで契約を延長した。 ▽センターバックのジェフリー・ハウウェレーウ[写真右]は、2016年夏にAZから加入。これまで公式戦30試合に出場して2ゴール1アシストを記録している。ハウウェレーウは2021年まで契約を延長している。 2017.07.25 02:52 Tue
twitterfacebook


PUMA ONE特集
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース