ナポリがインシーニェと2022年まで契約延長か? 代理人が合意と主張2017.04.15 10:22 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ナポリがイタリア代表FWロレンツォ・インシーニェ(25)との契約延長に大きく近づいているようだ。イタリア『コリエレ・デッロ・スポルト」などイタリアの複数メディアが報じた。

▽ナポリの下部組織出身のインシーニェは、今シーズンの公式戦42試合に出場し16得点10アシストとキャリアハイを更新中。リバプールなど複数クラブが獲得に動くと報じられていた。

▽インシーニェとナポリの契約は2019年6月30日までとなっており、新契約締結の交渉が進められていたものの、インシーニェ側がナポリからのオファーを拒否したとも報じられていた。

▽しかし、ここに来て交渉が進展。インシーニェの代理人が2022年6月30日までの契約を締結したと主張しているようだ。なお、契約条件は変わらないものの、シーズンごとに給料が400万ユーロ(約4億6000万円)増加するものとなるようだ。さらに、契約内には契約解除条項が含まれていないとのこと。これにより、他クラブへの移籍のハードルが上がることとなる。

▽ナポリ側は、ユベントスに移籍したアルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアインの9000万ユーロ(約103億7700万円)よりも高い1億ユーロ(約115億3000万円)の契約解除条項を含めたかったとのことだが、どうやらそれは含まれなかったようだ。

コメント

関連ニュース

thumb

ナポリがロシア代表MFゴロビン獲得に関心

▽ナポリがCSKAモスクワに所属するロシア代表MFアレクサンドル・ゴロビン(21)の獲得に関心を示しているようだ。『Championat.com』が伝えている。 ▽CSKAモスクワの下部組織出身のゴロビンは2015年にトップチームデビュー。多彩なキックと攻撃センスに優れる万能型MFは昨シーズンにレギュラーポジションを掴むと、今シーズンここまでは公式戦39試合に出場し6ゴール5アシストを記録。先日のヨーロッパリーグのアーセナル戦では見事な直接FKも決めていた。 ▽また、来月30日に22歳の誕生日を迎えるゴロビンはロシア代表でも17試合に出場しており、開催国として臨むロシア・ワールドカップ本大会でもレギュラーとしての活躍が期待される。 ▽『Championat.com』の伝えるところによれば、ナポリは先日にイタリア入りしていたゴロビンの代理人と移籍に向けた交渉を行っていたという。また、移籍金に関しては1600万ユーロ(約21億2000万円)ほどが必要になるようだ。 ▽なお、ゴロビンにはチェルシーやアーセナルといったプレミア勢も獲得に興味を示している。 2018.04.20 06:00 Fri
twitterfacebook
thumb

イタリアの2クラブがアトレティコDFヴルサリコを狙う

▽アトレティコ・マドリーのクロアチア代表DFシメ・ヴルサリコ(26)に、イタリアの2クラブが興味を示しているようだ。イタリア『Radio CRC』で代理人が語った。 ▽ヴルサリコに興味を示しているのは、現在スクデットを争っているユベントスとナポリとのこと。新シーズンに向けた補強の1人として考えているようだ。 ▽代理人のジュゼッペ・リソ氏は、「右サイドバックは世界で最も求められているポジションだ」と指摘。両クラブの希望は理解しているものの、他クラブからのオファー、そしてアトレティコの方針についても語った。 「ナポリとユベントスは右サイドバックを探している。それは、ヨーロッパのいたるところで起こっていることであり、彼が1月に移籍することはなかった」 「シメは、イタリアが大好きだ。ただ、プレミアリーグは誰にとっても魅力的である」 「アトレティコが彼を売却するかどうかはわからない。彼の代わりを見つける必要が出てくるが、それは簡単ではないね」 ▽今シーズンのヴルサリコは、リーガエスパニョーラで17試合に出場。1月にはナポリ遺跡の可能性も報じられていたが、アトレティコに残留していた。 ▽ヴルサリコは2013年7月にディナモ・ザグレブからジェノアへ移籍。2014年7月から2016年7月まではサッスオーロでプレー。セリエAでのプレー経験もあることが、両クラブの興味を引くところのポイントでもあるだろう。 2018.04.19 15:47 Thu
twitterfacebook
thumb

チェルシーの新指揮官はサッリが濃厚に

▽ナポリのマウリツィオ・サッリ監督(59)が、次期チェルシー指揮官のポールポジションに立っているようだ。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 ▽今季の成績不振やクラブ幹部との軋轢から、アントニオ・コンテ監督の退任が確実視されているチェルシー。クラブはコンテ監督の後釜となり得る指揮官を水面下で探していると伝えられており、今回の報道によれば、サッリ監督が後任の第一候補となっているようだ。一方で、サッリ監督自身もこれまでイタリアのクラブで指揮した経験しかなく、海外での新たな挑戦に意欲的なようだ。 ▽2012年に当時セリエBに所属していたエンポリに就任したサッリ監督は、その年に昇格プレーオフ進出を果たすと、翌シーズンにはセリエA昇格に導いた。2015年から指揮を執るナポリでは、チームに攻撃的サッカーを浸透させ魅力的なフットボールを展開。今季はここまで勝ち点81を獲得し、首位のユベントスとは勝ち点差「4」差で28年ぶりスクデット獲得にあと少しの所まで迫っている。 2018.04.19 15:35 Thu
twitterfacebook
thumb

ナポリ、レイナの後釜にバルサのオランダ代表GKに照準か

▽ナポリが、バルセロナのオランダ代表GKイェスパー・シレッセン(28)獲得に興味を示しているようだ。『TRANSFERmarketWEB』が伝えている。 ▽スペイン代表GKホセ・マヌエル・レイナの契約満了が迫り、新たな守護神探しに奔走しているナポリ。後釜としてレバークーゼンのドイツ代表GKベルント・レノ(26)や、フィオレンティーナのイタリア人GKマルコ・スポルティエッロ(25)らの名前が挙がっているが、今回噂となっているのが、バルセロナのオランダ代表GKシレッセンだ。 ▽シレッセンは2016年夏にアヤックスからバルセロナに加入。現在はドイツ代表GKアンドレ・テア・シュテーゲンの控えに甘んじてはいるが、今季出場した公式戦9試合で7度のクリーンシートを達成している。 ▽オランダ代表としては39試合に出場しており、現在28歳と円熟味を増しているシレッセンの評価は高まっている。また、ナポリと同じくGKを探すリバプールもシレッセンの動向に注目しているとみられている。 2018.04.19 13:55 Thu
twitterfacebook
thumb

シーソーゲーム制したナポリ、逆転スクデットへの望みをつなぐ《セリエA》

▽ナポリは18日、セリエA第33節でウディネーゼをホームに迎え、4-2で逆転勝利した。 ▽3日前に行われた前節ミラン戦をゴールレスドローで終え、首位ユベントスとの勝ち点差が「6」に広がった2位ナポリ(勝ち点78)は、4日後にユベントスとの大一番を控える中、ミラン戦のスタメンから5選手を変更。メルテンスやクリバリ、ジョルジーニョ、アランら主力に代えてミリクやジエリンスキ、A・ディアワラらバックアッパーを起用した。 ▽9連敗中の13位ウディネーゼ(勝ち点33)に対し、ナポリが押し込む流れとなると8分、ハムシクの強烈なミドルシュートがGKビザーリを強襲。さらに10分、右クロスに合わせたインシーニェのシュートが枠を捉えたが、GKビザーリのセーブに阻まれた。 ▽その後は膠着状態が続き、やや押し込まれる時間帯も増え始めた矢先の41分に失点する。中盤でのボールカットから右クロスを最後はヤンクトに蹴り込まれた。 ▽それでも追加タイム1分、ジエリンスキのクサビのパスを受けたインシーニェが絶妙なトラップで前を向いてDFをかわし、ボックス中央からゴール右にシュートを流し込んだ。 ▽前半終了間際、ヤンクトのヘディングシュートでゴールを脅かされたナポリはGKレイナが凌ぎ、1-1で前半を終えた。 ▽後半もナポリが押し込む流れとなったが55分、ウディネーゼに勝ち越される。55分、遅攻を受けると、ザンパーノの右クロスからインゲルソンにボレーシュートを決められた。 ▽ハムシクに代えてメルテンスを投入し、流れを変えにかかるナポリは64分、右CKからアルビルがヘディングシュートを決めて再び追いつくと、70分に逆転した。メルテンスのスルーパスでボックス右に侵入したカジェホンのシュートはGKに弾かれるも、ルーズボールをミリクが押し込んだ。 ▽そして75分、右CKからトネッリがヘディングシュートを突き刺して勝負あり。ナポリがシーソーゲームを制してユベントスとのポイント差を4に縮め、次節の大一番を迎えることとなった。 2018.04.19 06:05 Thu
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース