ナポリがインシーニェと2022年まで契約延長か? 代理人が合意と主張2017.04.15 10:22 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ナポリがイタリア代表FWロレンツォ・インシーニェ(25)との契約延長に大きく近づいているようだ。イタリア『コリエレ・デッロ・スポルト」などイタリアの複数メディアが報じた。

▽ナポリの下部組織出身のインシーニェは、今シーズンの公式戦42試合に出場し16得点10アシストとキャリアハイを更新中。リバプールなど複数クラブが獲得に動くと報じられていた。

▽インシーニェとナポリの契約は2019年6月30日までとなっており、新契約締結の交渉が進められていたものの、インシーニェ側がナポリからのオファーを拒否したとも報じられていた。

▽しかし、ここに来て交渉が進展。インシーニェの代理人が2022年6月30日までの契約を締結したと主張しているようだ。なお、契約条件は変わらないものの、シーズンごとに給料が400万ユーロ(約4億6000万円)増加するものとなるようだ。さらに、契約内には契約解除条項が含まれていないとのこと。これにより、他クラブへの移籍のハードルが上がることとなる。

▽ナポリ側は、ユベントスに移籍したアルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアインの9000万ユーロ(約103億7700万円)よりも高い1億ユーロ(約115億3000万円)の契約解除条項を含めたかったとのことだが、どうやらそれは含まれなかったようだ。

コメント

関連ニュース

thumb

コウチーニョの去就に揺れるリバプール、代役はナポリのインシーニェか

▽ブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョ(25)のバルセロナ移籍騒動に揺れるリバプールは、その代役にナポリのイタリア代表FWロレンツォ・インシーニェ(26)をリストアップしたようだ。イギリス『デイリー・ミラー』が伝えている。 ▽バルセロナが今夏パリ・サンジェルマンに移籍したブラジル代表FWネイマールの後釜に狙っているとされるコウチーニョ。リバプールは残留の姿勢を貫いてきたが、『BBC』をはじめとしたイギリスの各メディアが、同選手がトランスファーリクエストを提出したことを主張。コウチーニョのバルセロナ移籍はほぼ決定的とみられている。 ▽そんな中『デイリー・ミラー』は、リバプールのユルゲン・クロップ監督がコウチーニョの代役としてインシーニェ獲得を希望していると報道。もしコウチーニョのバルセロナ移籍が合意に至った場合、獲得に乗り出す構えだ。 ▽伝えられるところによると、ナポリは、昨シーズン公式戦で20得点を挙げているチームのエースを手放す気はないようだ。しかし、リバプール側は、移籍金1億ポンド(約142億円)とも推測されているコウチーニョの放出によって得られる莫大な資金を元手に、インシーニェ獲得に動く算段を立てているようだ。 2017.08.14 15:15 Mon
twitterfacebook
thumb

ライバルの味方は敵?ナポリの敵と親密なニースサポーター、CL次戦入場禁止に

16日にサン・パオロで行われるチャンピオンズリーグ(CL)予選プレーオフ、ナポリ戦ファーストレグでは、ニースサポーターの入場が規制される。ニースが10日、公式ウェブサイトで発表した。<br><br>ニースはクラブ史上初となるCL本選出場を目指してプレーオフでナポリと対戦するが、ニースのサポーターは警備上の理由からアウェーとなる次戦をスタジアムで観戦できない。<br><br>ニースは「イタリア当局から警備上の理由により、フランス在住者へのナポリ戦のチケット販売が禁止されたとの連絡を受けた。このためニースサポーターはCLファーストレグをサン・パオロで観戦することはできない」と発表している。ニースで行われるセカンドレグについても、フランス当局が同様の措置を検討している。<br><br>ナポリは「世界一熱狂的なサポーター」を持つことで知られているが、ナポリ対ニースの試合でサポーターの衝突が心配されている理由はそれだけではない。『ガゼッタ・デロ・スポルト』では両クラブがそれぞれのライバルクラブと提携を結んでいることが原因として挙げられている。ニースはナポリのライバルクラブであるインテルと、ナポリはニースが敵視するジェノアと友好関係を持つ。このため2015年夏に行われた親善試合では、フランス警察とナポリサポーターとの間で衝突が起きている。<br><br>なお今夏、トルコ・ガラタサライを退団してニースに加入したオランダ代表のMFヴェスレイ・スナイデルは調整が遅れており、16日のナポリ戦は欠場が予想されている。またケガで離脱中のエースFWマリオ・バロテッリも不在となる可能性が高い。<br><br><br>提供:goal.com 2017.08.13 22:05 Sun
twitterfacebook
thumb

ナポリがメルテンス&アルビオル弾でエスパニョールを撃破!《プレシーズンマッチ》

▽ナポリは10日、プレシーズンマッチでエスパニョールと対戦し、2-0で勝利した。 ▽ここまでプレシーズンマッチで4勝2分け1敗のナポリは、インシーニェやカジェホン、メルテンス、ハムシクなどベストメンバーを先発に起用した。 ▽試合は開始早々の4分にナポリに決定機。ジョルジーニョのスルーパスでゴール前に抜け出したメルテンスがゴールネットを揺らすが、これはオフサイドの判定で取り消された。 ▽その後も試合を優勢に進めるナポリは35分にスコアを動かす。ペナルティーアーク手前でFKを獲得すると、メルテンスがこのFKを直接ゴール右に突き刺した。 ▽後半に入っても主導権を握るナポリは55分、カジェホンの右CKをアルビオルが頭で流し込み、追加点。 ▽結局、試合はそのまま2-0で終了。勝利したナポリは、16日にチャンピオンズリーグ予選プレーオフ1stレグでニースと対戦する。 2017.08.11 14:43 Fri
twitterfacebook
thumb

CLプレーオフ組み合わせ決定! リバプールvsホッフェンハイム、ナポリvsニースが実現《CLプレーオフ》

▽チャンピオンズリーグのプレーオフ組み合わせが4日にスイスのニヨンで行われた。 ▽プレーオフから登場するリバプール(イングランド)は、ブラジル代表FWロベルト・フィルミノの古巣であるホッフェンハイム(ドイツ)と対戦。ナポリ(イタリア)は、元イタリア代表FWマリオ・バロテッリを擁するニース(フランス)と激突する。 ▽そのほか、セビージャ(スペイン)は、イスタンブール・バシェクシェヒル(トルコ)と対峙。昨シーズンのリーグ戦無敗優勝を成し遂げたセルティック(スコットランド)は、アスタナ(カザフスタン)と本戦出場を懸けて相対する。 ▽プレーオフ1stレグは、15日と16日に開催。2ndレグは22日と23日に行われる。 ◆CLプレーオフ組み合わせ カラバフ(アゼルバイジャン) vs コペンハーゲン(デンマーク) アポエル(キプロス) vs スラビア・プラハ(チェコ) オリンピアコス(ギリシャ) vs リエカ(クロアチア) セルティック(スコットランド) vs アスタナ(カザフスタン) ハポエル・ベエルシェバ(イスラエル) vs マリボル(スロベニア) イスタンブール・バシェクシェヒル(トルコ) vs セビージャ(スペイン) ヤング・ボーイズ(スイス) vs CSKAモスクワ(ロシア) ナポリ(イタリア) vs ニース(フランス) ホッフェンハイム(ドイツ) vs リバプール(イングランド) スポルティング・リスボン(ポルトガル) vs ステアウア・ブカレスト(ルーマニア) 2017.08.04 19:55 Fri
twitterfacebook
thumb

2発快勝のナポリが3位フィニッシュ! 大会初の最下位に沈んだバイエルンは不安残しドルト戦へ《アウディカップ2017》

▽アウディカップ2017の3位決定戦、バイエルンvsナポリが2日にアリアンツ・アレーナで行われ、ナポリが2-0で勝利した。 ▽前日に行われた試合でリバプールに0-3で完敗し大会連覇を逃したバイエルン。今回の3位決定戦に向けては先発11人を入れ替え、コンフェデレーションズカップに参戦していたキミッヒ、ビダルと、ホッフェンハイムからの新戦力ルディとジューレ、前日に途中出場したレナト・サンチェス、コマンを除き、多くの若手選手が起用された。 ▽一方、前日にアトレティコ・マドリーに1-2で逆転負けしたナポリは、その試合から先発7人を変更。ハムシク、グラム、インシーニェ、カジェホンが引き続き先発に入り、クリバリやジエリンスキ、メルテンスらが新たにメンバー入りした。 ▽立ち上がりはビダルやコマン、レナト・サンチェスを起点にバイエルンが押し込む展開となるが、ビダルらがフィニッシュの精度を欠き、先制点とはならない。 ▽すると14分、ナポリが相手陣内で得たFKの流れからマクシモビッチのシュートのこぼれ球に詰めたゴール前のクリバリが押し込んで先制に成功した。勢い付くナポリは24分にも裏へ抜け出したメルテンスに決定機も、ここは17歳GKフリュヒトルの好守に阻まれた。 ▽失点後もボールを保持して押し込むバイエルンは、レナト・サンチェスやビダルらに再三のシュートチャンスが訪れるが、イメージとコンディションに相違があるビダルがらしくないシュートミスを犯すなど、前半のうちに追いつくことはできなかった。 ▽迎えた後半、1点リードのナポリは2戦連続先発出場のインシーニェとハムシク、グラムに代えてログ、ジャッケリーニ、マリオ・ルイを投入したほか、GKをセペからガブリエウに変更した。一方のバイエルンは前半と同じ11人で臨んだ。 ▽前半同様に後半もナポリが速い時間帯にスコアを動かす。55分、ボックス右でメルテンスからパスを受けたカジェホンが丁寧にマイナスで折り返すと、これをジャッケリーニが右足でゴール左隅に蹴り込んだ。 ▽何とか意地を見せたいバイエルンは60分過ぎにリベリやトリッソら一部の主力を投入。左サイドで切れ味鋭い突破を見せるリベリを起点に幾度かゴールに迫るが、ゴール前で強さや冷静さを欠く若手選手がチャンスを生かし切れない。 ▽その後、試合終盤にかけては多くの若手がピッチに入った影響もありやや動きを欠いたまま、試合はこのままタイムアップ。バイエルンに快勝のナポリが今大会を3位でフィニッシュ。一方、大会通算5度目で初の最下位フィニッシュとなったバイエルンは、不安を残す形で5日に行われるドルトムントとのDFLスーパーカップに臨むことになった。 バイエルン 0-2 ナポリ 【ナポリ】 クリバリ(前14) ジャッケリーニ(後10) 2017.08.03 02:43 Thu
twitterfacebook


PUMA ONE特集
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース