リバプールやユベントスでプレーした元マリ代表MFモハメド・シッソコがインドネシアに上陸2017.04.14 22:55 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽インドネシア・スーパーリーグのミトラ・クカールは14日、リバプールやユベントスなどで活躍した元マリ代表MFモハメド・シッソコ(32)の獲得することを発表した。正式契約はメディカルチェック後になるとのことだ。

▽M・シッソコはオセールの下部組織で育ち、2003年7月にバレンシアへと移籍。2005年7月にはリバプールに加入した。2008年1月にはユベントスへと移籍すると、その後はパリ・サンジェルマン、フィオレンティーナ、レバンテでプレー。2015年6月には中国スーパーリーグの上海申花に加入した。2016年10月にはインド・スーパーリーグのプネ・シティに加入。今年2月にセリエBのテルナーナに加入したが、わずか1カ月で退団していた。また、マリ代表としても2003年からプレーし、34キャップを記録している。

▽インドネシアのクラブは今回の移籍市場で積極的な補強を敢行。ペルシブ・バンドンは元チェルシーのMFマイケル・エッシェン、FWカールトン・コールを獲得。マドゥーラ・ユナイテッドは、WBAやストーク・シティなどで活躍したFWピーター・オデムウィンギーを獲得している。また、ミトラ・クカールは、かつて鹿島アントラーズなどでプレーしたDF金古聖司が2012年に所属していた。
コメント
関連ニュース
thumb

チェルシーで一時代を築いたエッシェンがアゼルバイジャンの新興クラブに加入!U-19コーチも兼任

アゼルバイジャンのサベイルは16日、かつてチェルシーやレアル・マドリー、ミランなどでプレーした元ガーナ代表MFマイケル・エッシェン(36)との契約を発表した。契約期間は1年半となり、U-19チームのコーチングスタッフも兼任するとのことだ。 エッシェンは、バスティア、リヨンとリーグ・アンでその名を上げると、2005年にチェルシーへと移籍。チェルシーでは、ジョゼ・モウリーニョ監督の下で重要な役割を担い、プレミアリーグやFAカップ、チャンピオンズリーグなど多くのタイトル獲得に貢献。2012年には1シーズンのみレアル・マドリーへとレンタル移籍を経験した。 2014年1月にミランへと完全移籍すると、2015年7月にはパナシナイコスへと移籍。2016年9月に退団すると、その後はフリーとなったが、2017年3月にインドネシアのペルシブ・バンドンへと加入していた。 2018年3月にペルシブ・バンドンを退団。その後はフリーとなっていたが、今回サベイルに加入することとなった。 サベイルは2016年に創設された新興クラブで、現在はアゼルバイジャン・プレミアリーグ(1部)に所属。2017-18シーズンが1部初挑戦となると7位で終えていた。今シーズンはここまで3位に位置しており、リーグ最多優勝を誇るネフチ・バクーや、ヨーロッパリーグにも出場しているカラバフに次いでいる。 2019.03.17 10:56 Sun
twitterfacebook
thumb

PSG、オセールやユーベ在籍の元フランス代表MFオリヴィエ・カポの甥とプロ契約!

パリ・サンジェルマン(PSG)は14日、フランス人MFメクセン・カポ(18)とプロ契約を締結したことを発表した。契約期間は2022年6月30日までとなる。 かつてオセールやユベントス、ウィガン、セルティックなどでプレーし、フランス代表として通算9キャップを記録した元フランス代表MFのオリヴィエ・カポ氏(38)を叔父に持つメクセン・カポ。 守備的MFを主戦場とする逸材MFは、チアゴ・モッタ監督が率いるユースチームの主力として活躍しており、そのパフォーマンスが評価されてプロ契約を勝ち取った。 ※画像はユベントス時代のオリヴィエ・カポ氏 2019.03.14 23:48 Thu
twitterfacebook
thumb

インテルが若手有望株のU-18イタリア代表FWヴェルガーニと契約延長

インテルは13日、プリマヴェーラに所属するU-18イタリア代表FWエドアルド・ヴェルガーニ(18)との契約延長を発表した。新契約は2023年6月30日までとなる。 ヴェルガーニは、モンツァのユースから2014年にインテルのユースに加入。世代別のチームではエースとして活躍してきた。 世代別のイタリア代表にも招集され続け、U-17イタリア代表としては2018年に行われたU-17欧州選手権に出場。大会4ゴールを記録しチームを決勝に導くと、U-17オランダ代表戦ではPK戦の末に敗戦。しかし、チーイムの準優勝に貢献するとともに、大会得点王にも輝いていた。 2019.03.14 11:02 Thu
twitterfacebook
thumb

元ドイツ代表MFマリンがツルヴェナ・ズヴェズダとバースデー契約延長「最も美しい贈り物」

ツルヴェナ・ズヴェズダは13日、元ドイツ代表MFマルコ・マリン(30)との契約延長を発表した。契約期間は2021年までとなる。 契約延長が発表された13日は、マリンの30歳の誕生日であり、大きなプレゼントとなった。 マリンは今回の契約延長に関して「この方法は、誕生日のお祝いとしては良いものだ。僕は本当に幸せだ」と喜びのコメント。「契約延長のプレゼントは、最も美しい贈り物の一つだ。僕はこのまま成功を続けたい」とコメントした。 今シーズンのツルヴェナ・ズヴェズダはセルビア・スーペルリーガで現在首位。また、カップ戦も準々決勝まで勝ち上がっており、「2つのタイトルを獲得する」と意気込みも語っている。 また、チームに関しては「最初から家にいるように感じる。チームメイト、ファン、クラブの人々、みんなが僕を驚くほど受け入れてくれ、僕はとどまることを決めた」と契約延長の理由をコメントした。 マリンは、フランクフルトやボルシアMGの下部組織で育ち、2007年7月にボルシアMGのトップチームに昇格。2009年7月にはブレーメンへと移籍した。 ボルシアMG、ブレーメンと主力として結果を残すと、2012年7月にはチェルシーへと移籍。しかし、故障がちで出場機会が限られていた。 チェルシー在籍時には、セビージャ、フィオレンティーナ、アンデルレヒト、トラブゾンスポルとレンタル移籍で様々なクラブを転々とし、2016年8月にオリンピアコスへと完全移籍。ツルヴェナ・ズヴェズダには2018年8月に加入していた。 ツルヴェナ・ズヴェズダでは、今シーズンのセルビア・スーペルリーガで14試合に出場し4ゴール5アシストを記録。クラブ初となるチャンピオンズリーグ(チャンピオンズカップ時代を含まない)では、5試合に出場し1ゴール3アシストを記録していた。 2019.03.14 10:30 Thu
twitterfacebook
thumb

シティ、今季MVP級の存在感放つベルナルド・シウバと2025年までの新契約締結!

マンチェスター・シティは13日、ポルトガル代表MFベルナルド・シウバ(24)と2025年6月30日までの新契約を締結したことを発表した。 2022年までの現行契約を新たに3年延長することになったベルナルド・シウバはクラブ公式サイトで喜びのコメントを残している。 「マンチェスター・シティとの契約を延長することができて光栄に思うよ。このクラブにはプレーヤーが野心を満たすために必要なすべてのものが揃っているんだ。そんなクラブは他にはないよ」 「シティから僕により長くクラブにいてほしいと言われた時、気持ちはすぐに固まったよ。僕はクラブ、監督、仲間、そしてファンが大好きなんだ」 「僕たちがここでプレーしているフットボールのスタイルは本当にエキサイティングだ。同時により多くのトロフィーを獲得したいと思っている。シティはそのための最高のチャンスを僕に与えてくれたんだ」 ベルナルド・シウバは2017年夏に移籍金4300万ポンド(約63億1000万円)でモナコから加入。ここまで公式戦93試合に出場し18ゴール21アシストを記録。昨シーズンの記録づくめのプレミアリーグ制覇、EFLカップ2連覇に貢献。 とりわけ、加入2年目となった今季は右ウイングとインサイドMFを主戦場に圧倒的な運動量と創造性、球際の強さを武器にチームMVP級の存在感を放っている。 2019.03.14 03:39 Thu
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース