高倉なでしこ、コスタリカに3発快勝! 熊本復興試合となった国内初陣で白星《キリンチャレンジカップ2017》2017.04.09 21:21 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽なでしこジャパンは9日、熊本県民総合運動公園陸上競技場で行われたキリンチャレンジカップ2017~熊本地震復興支援マッチ がんばるばい熊本~のコスタリカ女子代表戦を戦い、3-0で勝利した。

▽高倉体制初の国際大会となった先月のアルガルベカップ2017を2勝2敗の6位で終えたなでしこは、これまでの主力である熊谷、阪口、中島らをスタメンで起用。さらに同大会で活躍した長谷川は中盤に、横山は2トップの一角に名を連ねた。また、最終ラインでは19歳の市瀬がフル代表でのデビュー戦となった。

▽高倉監督就任以降、初の国内試合となったこの一戦。なでしこが立ち上がりから攻勢に出ると4分、右サイドでボールを受けた中島がカットインから左足でシュート。13分には、中島の右CKからファーサイドで待ち構えていた熊谷が頭で押し込むも、枠を捉えることができない。

▽好調な滑り出しを見せるなでしこのペースで試合が進むと、前半半ばにアルガルベ杯得点王の一振りでなでしこが均衡を破る。23分、横山がボックス手前で高木からパスを受けると、巧みに反転して左足を振り抜く。これがゴール右上隅を突き刺した。

▽前半終盤に差し掛かると、先制に成功したなでしこが細かいパス回しでコスタリカを翻弄。左サイドに入った長谷川を経由したパスワークから幾度もゴールに迫ると、42分に長谷川が敵陣中央からロングシュートを放ち、積極的な姿勢を見せるなど順調な試合運びで試合を折り返す。

▽後半に入ると、試合を優位に進めるなでしこがコスタリカを攻め立てる。60分、籾木と横山でボックス内に侵攻すると、ボックス左にラストパス。これを長谷川が右足インサイドでゴール右上を狙うも枠を捉えきれない。

▽追加点を奪え切れないなでしこは後半半ば、一瞬の隙からコスタリカに決定機を作られる。65分、相手最終ラインからのロングボールでメリッサ・エレラに自陣ボックス右への侵攻を許すと、GKと一対一に。右足でシュートを打たれるも、GK池田の好守で同点ゴールを許さない。

▽ピンチを脱したなでしこがリズムを取り戻すと、待望の追加点が生まれる。74分、長谷川のパスを受けた上野がボックス左外からクロスを供給。これに反応した田中が左足で合わせ、ゴールネットを揺らした。さらに82分、左サイドを突破した長谷川がGKとDFの間にクロスを通すと、走り込んだ籾木がダイレクトで流し込んだ。

▽リードを3点に広げたなでしこはその後、終盤まで攻勢を続けてコスタリカを圧倒。3発快勝で熊本復興試合となった国内初陣を白星で飾った。
コメント
関連ニュース
thumb

なでしこジャパン、優勝逃す…イングランドとのフランスW杯前哨戦で完敗《2019シービリーブスカップ》

なでしこジャパンは5日、2019シービリーブスカップ第3戦のイングランド女子代表戦に臨み、0-3で敗れた。 同大会は2016年からアメリカサッカー連盟が主催する国際大会。なでしこジャパンにとっては、6月に開幕するフランス・ワールドカップ(W杯)の前哨戦となる。 初戦のアメリカ女子代表戦を2-2、第2戦のブラジル女子代表戦を3-1で勝利したなでしこは首位に浮上。大会初出場で初優勝を懸けた最終戦では同じく1勝1分けで2位に付け、フランスW杯ではグループDで同居するイングランドと対戦した。高倉監督は3日前のブラジル戦から先発5人を変更。最後尾に山根を起き、最終ラインに右から清水、南、鮫島、大賀を配置。フラットに並べた中盤は右から杉田、松原、阪口、長谷川を並べ、2トップには池尻と遠藤が入った。 勝利すれば優勝となる両者の一戦。しかし、なでしこジャパンは序盤からイングランドに押し込まれる。すると12分、ロングボールをヘディングで跳ね返らされると、自陣中央でテイラーがフリック。これを受けたスタニフォースにバイタルエリアへの侵攻を許し、ボックス手前からの右足シュートでゴール右に突き刺された。 さらに23分、右サイドでのスローインをボックス右外で受けたテイラーが身体をうまく使いながら前を向き、クロスを供給。これを中央のカーニーに頭で合わせられ、試合を0-2とされる。 まずは1点を返したいなでしこジャパンだが、相手のフィジカルに手を焼き、なかなか反撃の糸口を見出すことができない。すると、痛すぎる3失点目。30分、ウォルシュのロングパスでが右サイドのミードに渡り、ボックス右外からのカットインから左足を振り抜かれ、GK山根のニアサイドを射抜かれた。 3点ビハインドで試合を折り返し、この状況を打破したいなでしこジャパンは後半開始から籾木、三浦、小林、横山を一気に投入。すると序盤から立て続けに2本のシュートに結び付けるなど、流れを引き寄せ始める。59分には左サイドの鮫島の縦パスから横山が反転し、ボックス左にスルーパス。走り込んだ椛木がループシュートを放つが、わずかに枠を捉えきれず。 徐々に持ち味を発揮し始めると69分、長谷川がボックス手前まで持ち込みミドルシュート。これは相手DFに当たったが、ボックス左で椛木がこぼれ球を収め、混戦となった中でボールが中央に転がる。横山が走り込み、絶好のチャンスを迎えるも、シュートがミートせず、ゴール右外へと外してしまう。 その後もカウンターから数回危ない場面を迎えながらも、何度も相手ボックス内に侵攻するなでしこジャパン。87分には右CKの流れからボックス中央やや左から小林がシュートを放つが、相手DFのブロックに阻まれる。 結局、日本は1点も返すことができず、0-3で敗戦。フランスW杯に向けて課題を残す一戦となった。 日本女子代表 0-3 イングランド女子代表 【イングランド】 スタニフォース(前12) カーニー(前23) ミード(前30) 2019.03.06 09:20 Wed
twitterfacebook
thumb

なでしこジャパンのW杯前哨戦! 世界1位アメリカと2-2ドロー《2019シービリーブスカップ》

なでしこジャパンは日本時間28日、2019シービリーブスカップのアメリカ女子代表戦に臨み、2-2のドローに終わった。 同大会は2006年からアメリカサッカー連盟が主催する国際大会。今大会でアメリカ女子代表、ブラジル女子代表、イングランド女子代表と対戦するなでしこジャパンにとって、6月に開幕するワールドカップの前哨戦となる。 そのなでしこジャパンは世界ランキング1位のアメリカ女子代表戦に向け、最後尾に山根を起き、最終ラインに右から清水、熊谷、鮫島、有吉を配置。小林と横山が2トップに入り、2列目に中島、松原、杉田、長谷川を並べた。なお、松原と小林はこの試合が代表デビュー戦となる。 立ち上がりから相手の圧力にバタついたなでしこジャパンだが、序盤の不安定な時間を凌ぐと、11分に決定機。杉田の縦パスに反応した横山がボックス右に抜けだして間合いを見計らいながら右足シュートを放つ。これが相手のゴールマウスに向かったが、惜しくもクロスバーを叩く。 その後も何度か攻め込む場面を作りだしたなでしこジャパンだが、23分に相手の得意とするサイド攻撃を受けてピンチ。ヒースに自陣右サイド深くに切り込まれると、ボックス中央のラピノーにグラウンダーのクロスをワンタッチで押し込まれて、アメリカ女子代表に先制を許してしまう。 失点後もラピノーの直接FKに冷やりとさせられるなど、劣勢が続くなでしこジャパン。後半も局面で相手の執拗なサイド攻撃や体格差に後手を踏み、反撃の形になかなか持ち込むことができない。すると、59分、小林と有吉から池尻と大賀の代表デビュー勢にスイッチ。活性化を狙う。 それでも相手の攻勢に手こずったなでしこジャパンだったが、67分に左サイドから長谷川が上げたセンタリングをボックス右の中島がワンタッチで中央へ。この背完母ボールを回収した中島がカットインから左足を振り抜くと、ゴール左隅に突き刺さり、なでしこジャパンが追いつく。 攻撃でリズムを掴むなでしこジャパンは75分、味方のヒールパスから完全に裏を抜けた池尻が左足シュート。だが、これをゴールに結びつけずにいた直後の76分、自陣ボックス右で縦に仕掛けてきたプレスのクロスをモーガンに胸で合わせられ、再びアメリカ女子代表にリードを許す。 横山を諦めて籾木を投入したなでしこジャパンは82分、中島を下げ、代表デビューの遠藤をピッチに送り込む。すると、後半アディショナルタイム1分、左サイド起点の攻撃からボックス左に侵攻した長谷川のラストパスを逆サイドでフリーの籾木がプッシュ。土壇場で食らいつく。 結局、試合は2-2のドロー。世界ランキング1位との初戦を引き分けたなでしこジャパンは2日に行われる次戦、ブラジル女子代表と対戦する。 アメリカ女子代表 2-2 なでしこジャパン 【アメリカ女子代表】 ラピノー(前23) モーガン(後31) 【なでしこジャパン】 中島依美(後22) 籾木結花(後45+1) 2019.02.28 11:00 Thu
twitterfacebook
thumb

【インタビュー】強い決意を胸に楽しむことを忘れない、なでしこのエース・岩渕真奈

2019年、なでしこジャパンにとって4年に一度の大きな大会が待っている。FIFA 女子ワールドカップだ。 2020年の東京オリンピックに向け、なでしこジャパンにとって大事な大会。その大会でエースとしての活躍が期待されるのが岩渕真奈だ。 これまで幾度となくケガに立ち向かい、復活し続けている岩渕。なでしこジャパンの一員としての充実した1年を振り返る一方で、これまでの大きな大会で貢献できていないことへの葛藤も垣間見せた。 取材・文・写真:菅野剛史 取材協力:アディダスジャパン <span style="color:#ee03a9;font-weight:700;font-size:1.1em;">◆仲が良いチームはやっぱり強い</span> <span style="font-weight:700;">──2018シーズンを振り返って</span> INAC神戸の活動に関しては、カップ戦もリーグ戦も2位という結果で、非常に悔しいですし、個人的にも納得のいくシーズンではなかったので、まだまだチームの力になりたいなという気持ちが強くなったシーズンかなと思います <span style="font-weight:700;">──なでしこジャパンの活動では今まででも一番充実した1年だったかと思いますが</span> やっとというか、監督が代わってから少しずつチームらしくなってきました。2018年の1年の活動を通して、タイトルの懸かった試合が多かったり、自分自身も積み重ねていくうちに自分を出せる環境になってきました。代表活動だけを見たら、充実していたシーズンだったと思います <span style="font-weight:700;">──ドイツではケガで思うようなプレーができなかったことも多かったと思います。日本に戻ってきて2年ほど経ちますが、変化などはありますか</span> 正直、日本のリーグと海外のリーグを比べられないぐらいサッカーの種類が違うので、正直言うとなんとも言えないです。ただ、若い頃の日テレベレーザでの立ち位置と、今のINAC神戸での立ち位置は違うので、そういった部分でピッチの上でもそうですが、色々な部分で成長は少しずつできるのかなと思います <span style="font-weight:700;">──クラブでも代表でも年下の選手が増えてきているかと思いますが、立場が変わっての心境の変化はありますか?</span> 若い時から色々な経験をさせてもらって、素晴らしい選手たちとプレーできたので、自分自身良いところをしっかり盗んで、これからずっと続くなでしこジャパンでそういったことが途切れないように、しっかり自分も下の子に慕われる選手になれたら良いなと思います。ピッチの上でしっかり信用される選手になりたいです <span style="font-weight:700;">──チームメイトとの関係はSNSなどを通じても仲の良い雰囲気が伝わってきますが、間の世代としての振る舞いの難しさなどはありますか</span> ピッチに入ったら何も変わらないと思うので、特に意識していることはないですが、仲が良いチームはやっぱり強いと思います。ピッチの上で助け合えるチームが強いと思うので、日頃から特に意識はしてないですが、全員で楽しくできたらと思っています <span style="color:#ee03a9;font-weight:700;font-size:1.1em;">◆ピッチの上で引っ張れたって言いたい</span> <span style="font-weight:700;">──2019年はなでしこジャパンの活動も多くなり、女子ワールドカップも控えています</span> 色々な意味で充実した1年にしたいなと思っています。過去2大会のワールドカップには出ていますが、自分自身で納得行く大会かと言われたら、決してそうではないので、大会が終わって、結果も自分自身のプレーも充実したと言えるシーズンにしたいですね <span style="font-weight:700;">──今大会はチームの中心選手としての活躍が期待されていますが、意気込みは強いですか</span> 自分が試合にしっかり出て優勝するのと、あまり関われずに優勝るのは違うと思うので、ピッチの上で引っ張れたって言いたいなと思います <span style="font-weight:700;">──世界のチームとやる上ではドイツでのプレーも生かされると思いますが</span> そういった舞台で活躍しないと意味がないと思います。ドイツから日本に帰ってきて、ケガが多かったから悔しい海外生活だったと言われるのはあまり嬉しくないので、自分自身はピッチの上でしっかり成長したんだぞと言うのを見せたいです <span style="font-weight:700;">──アジア以外との国も2018年は多かったと思いますが、実際にプレーしてやれると実感する部分はありましたか</span> ワールドカップやオリンピックで戦う相手は欧米の選手が多いので、日頃の練習でできていたドイツでの生活は充実していました。本当にそういった選手を相手にすることがあまりないので、2018年を振り返ってもたくさん試合ができたというのは、経験としてプラスになっていると思います <span style="font-weight:700;">──体格差がよく取り上げられますが、欧米の選手と戦う時のポイントはご自身の中にありますか?</span> 体格差と言われると分からないですが、海外の選手のディフェンスは個で取りに来るイメージなので、1つ剥がせたらというのはあります。日本はチームとして守るということがあるので、自分自身は相手のタイミングを外したりは、海外の選手の方がやりやすいです。すばしっこさや小回りというのは意識しますが、体格差は特に気にしていません <span style="font-weight:700;">──フィジカル面、体格差以外の部分で勝れるということですね</span> 日本の良さである技術の部分やチームワークを出さないと勝てる相手ではないと思うので、そこはチーム全員で意識してやれたら良いなと思います <span style="color:#ee03a9;font-weight:700;font-size:1.1em;">◆女子サッカーに責任を持つ</span> <span style="font-weight:700;">──2019年は女子W杯があり、2020年には東京オリンピックがあります。改めて、今大会への意気込みを</span> 世界の舞台に立てるという喜びを感じながら、1試合1試合楽しんで、全員で勝ちに行きたいです。あとは、ワールドカップの結果で東京オリンピックでの女子サッカーの注目度も変わってくると思います 2019年の女子W杯で優勝したから、東京オリンピックにたくさんの人が来てくれたと言えるぐらい、たくさんの人に観てもらいたいので、それを自分たちの力で女子サッカーに責任感を持って、良い結果を残せたらと思います <span style="color:#ee03a9;font-weight:700;font-size:1.1em;">◆「スパイクの力を借りたい」</span> <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190214_20_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div><span style="font-weight:700;">──現在はCOPAを履かれていますが、実際に使用した感触などはいかがですか</span> 皮が柔らかいので、1つ1つのトラップだったり、パスというのを自分自身は繊細にやるタイプではないんですが、このスパイクを履いて、1つ上のレベルに行けたら良いなと思っています <span style="font-weight:700;">──観ていたイメージでは繊細なプレーをされるのかなと思っていました</span> 丁寧にやろうという気持ちはありますが、特にカッコイイ技もできるタイプではないです。スパイクの力を借りてできたら良いなという感じです(笑) <span style="font-weight:700;">──スパイクを選ぶ上での一番のポイントはありますか?</span> やっぱりフィット感だったり、たまに靴擦れができるスパイクは昔あったので、そういったことが無いようにということですね。あとは軽いスパイクが好きです <span style="font-weight:700;">──スピードを生かすという点でも軽い方が?</span> 同じ靴を履くなら軽い方が良く無いですか?(笑)。そういった感じです <span style="font-weight:700;">──デザインや見た目の好みはありますか?</span> 見た目はこのスパイクが黒と黄色なのであまり言えないんですが…カッコイイものより可愛いスパイクの方が履きたいと思います(笑) <span style="font-weight:700;">──白いスパイクのイメージがありますが</span> 明るい色のスパイクは個人的には好きですね <span style="font-weight:700;">──試合中のスパイクのフィット感などはプレーに影響を与えますか</span> ありますね。意識の問題だとは思いますが、今日はなんか違うなとか。スパイクの紐の締め具合1つでも、緩いと気になったりしてしまうので、スパイクを選ぶというのはサッカー選手にとっては大きなことだと思います <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="http://bit.ly/2GrjIla" target="_blank">岩渕真奈選手が着用の『EXHIBIT PACK』は<br/>アディダス オンラインショップでチェック</a><hr></div> 2019.02.14 12:15 Thu
twitterfacebook
thumb

なでしこジャパン、4月に女子W杯開催国のフランス女子代表と激突《ヨーロッパ遠征》

日本サッカー協会(JFA)は5日、ヨーロッパ遠征を行うなでしこジャパンとフランス女子代表の対戦を発表した。 ヨーロッパ遠征実施期間は3月31日〜4月11日まで。既に4月9日にドイツのパーダーボルンでドイツ女子代代表との対戦が決まっており、フランス女子代表とは4月4日にフランスのオセールで激突する。 フランス女子代表との過去対戦成績はなでしこジャパンの3勝4敗。フランスは6月6日に開幕する女子ワールドカップの開催国となる。なでしこジャパンを率いる高倉麻子監督は公式サイトで次のようにコメントしている。 「今年開催される FIFA 女子ワールドカップのホスト国であるフランス女子代表との対戦が決まりました。6月6日(木)に開幕する FIFA 女子ワールドカップ フランス2019に向け、4月はチーム作りの大詰めを迎えるタイミングとなります」 「先日発表されましたドイツ女子代表との国際親善試合と合わせて、FIFAランキング上位の 2チームと対戦することで、なでしこジャパンの完成度をより一層高めることができるまたとないチャンスと考えています」 「それだけでなく、事前に開催国を訪れることで、チームの運営という観点から、より質の高い準備が可能になる点も好材料です」 「この2試合でワールドカップの結果を展望するというよりは、チームの現在地、プラスとマイナスを見極めて、ワールドカップ本番に向けた最終調整の場にしたいと思います」 2019.02.05 19:55 Tue
twitterfacebook
thumb

なでしこMF川澄奈穂美がクラブ間トレードでシアトル・レインFCからスカイ・ブルーFCへ移籍

なでしこジャパンのMF川澄奈穂美(33)が、ナショナル・ウーマンズ・サッカーリーグ(NWSL)のシアトル・レインFCからスカイ・ブルーFCへと移籍することを発表した。 INAC神戸レオネッサでキャリアをスタートさせた川澄は、2008年からなでしこジャパンとしても活躍。2011年の女子ワールドカップでは優勝に貢献。その後もなでしこジャパンとして、ロンドン・オリンピックや女子アジアカップ、女子ワールドカップなどでプレーした。 2014年にNWSLのシアトル・レインへと期限付き移籍すると、2016年からは完全移籍でプレー。なでしこジャパンでチームメイトのMF宇津木瑠美とともにプレーしていた。 2014年は20試合で9ゴール5アシストを記録。川澄は2016年に復帰してから、NWSLで3シーズンプレーし、48試合に出場し14アシストを記録。2017年にはリーグ最多の9アシストを記録していた。 川澄は15日に自身のブログを通じても移籍を発表。「移籍報告」として、今シーズンの意気込みを綴っている。 「いつも応援してくださっている皆さまへ こんにちは。いつも応援ありがとうございます! この度、NWSLのSky Blue FCに移籍することになりました。 大好きなSeattle Reign FCを離れる淋しさはありますが、これから始まるSky Blue FCでのサッカー人生もとても楽しみです! 今年はW杯もありますので、Sky Blue FCで結果を出して日本代表に繋げていける様に全力で頑張ります。 引き続き、ご声援よろしくお願いします」 なお、この移籍は、スカイ・ブルーFCのFWシー・グルーム(25)とのトレードになるとクラブから発表されている。 2019.01.15 10:12 Tue
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース