解任も噂されたアルゼンチン代表のバウサ監督は続投か2017.04.07 15:47 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽アルゼンチンサッカー協会(AFA)は6日、アルゼンチン代表で指揮を執るエドガルド・バウサ監督(59)に関し、去就は保留となることを発表した。

▽2018年のロシア・ワールドカップ(W杯)出場を目指し、南米予選を戦っているアルゼンチンだが、現在5位と出場権を得られない順位に位置し、苦しい戦いが続いている。

▽また、副審への暴言によりバルセロナのFWリオネル・メッシが4試合の出場停止処分を受けるなど、厳しい状況は重なり、先日はセビージャのホルヘ・サンパオリ監督を招へいするのではないかとの報道も出ていた。

▽しかし、6日にAFAのクラウディオ・タピア会長がコメント。バウサ監督への信頼を示した。

「彼は今のナショナルチームを率いる監督だ。契約も残っている」

「我々は仕事を続けなければいけないし、お互いを理解しあわなければいけない」

「バウサはとても良い。私は他の誰も考えられない。AFAの会長だよ。契約している監督がここにいるんだ」

▽アルゼンチン代表は、6月にオーストラリアでブラジル代表との国際親善試合を戦い、8月と9月にウルグアイ代表、ベネズエラ代表とのW杯予選を控えている。

コメント

関連ニュース

thumb

【日本代表コラム】勝って兜の緒を締めよ

▽ロシア・ワールドカップの初戦を19日に迎えた日本代表。コロンビア代表が有利を見られる中、2-1で勝利。歴史的な一勝を挙げた。大事な初戦で期待以上の勝ち点3を掴んだ日本。この上ない結果だが、決して満足してはいけないものだろう。 <span style="font-weight:700;">◆立ち上がりは上々</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180620_34_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽キックオフ直前、FWラダメル・ファルカオがエンドの入れ替えを要求。コイントス時にファルカオが訴えていたが、審判団が忘れたのか、直前のタイミングで異例の交換となった。しかし、日本は立ち上がりからアグレッシブな入りを見せ、3分に決定的な瞬間が訪れた。 ▽ルーズなボールが入ると、FW大迫勇也が相手DFと競り合いながらボールをキープ。そのまま持ち込み、GKダビド・オスピナと一対一となりシュート。これは防がれたが、後方から走り込んだMF香川真司がダイレクトシュート。ここで、MFカルロス・サンチェスが腕を出してハンド。日本はPKを得るとともに、コロンビアは1人を退場し数的不利となった。 ▽このシーンは、大迫が身体の強さを見せたキープが生んだものではあるが、パスを出した香川のランも評価すべきだ。クリアボールをダイレクトで前に送ると、大迫にDFが集中する中追いかけ、PK獲得に繋がった。大迫のシュートがセーブされた跳ね返りをダイレクトで打ったことも大きい。キープし、崩すことを考えず、アグレッシブに押し切ったことがプラスに働いた。 <span style="font-weight:700;">◆リード時の戦いに不安も</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180620_34_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> ▽しかし、1点リードしてからの戦い方には不安が残る。コロンビアは10人になったものの、ホセ・ペケルマン監督は交代カードを切らず。一方で、日本は数的優位ながらもコロンビアの選手を捕まえきれず、ボールを回される展開に。1人多い点を生かすことができず、後手を踏んだ。 ▽1人余ることで、本来であればリスクを冒して奪いに行って良いシーンでも、ディレイを優先するためにパスを繋がれてしまう。また、人数をかけてボールを奪いに行く場面でも、プレス回避を上手くされ、ボールを繋がれてしまっていた。 ▽当然、個人能力の高さがあるコロンビアだけに、そこまで上手く守備がハマるとは考えにくい。しかし、「チームとして守る」という西野朗監督の試合前のコメントを考えると、上手く機能していたとは言えないだろう。 ▽また、失点シーンに繋がったプレーも気になるところだ。自陣でのボールに対し、DF長友佑都がクリアミス。高く上がったボールを競り合ったファルカオが上手く倒れてボックス手前でFKを獲得した。リードしている状況、そして時間帯を考えれば、もっとセーフティなプレーを心がけても良かったはず。長友のクリアミスがなぜ生まれたのか、しっかりと分析してもらいたいところだ。 ▽FKに関しても、良い位置ではあったとはいえ、防げる余地はあったと言える。GK川島永嗣の立ち位置は、若干ファーに寄っていた。壁の下を抜かれたグラウンダーのシュートがわずかにラインを越えて得点を許したが、壁の上を越えていたとしても、ボールスピードを考えると枠に入っていては間に合わなかったのではないだろうか。キックの精度もあるが、川島の対応も気になるところだ。 <span style="font-weight:700;">◆良い流れからの決勝点</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180620_34_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽決勝点の場面はCKから。左サイドからMF本田圭佑がクロスを上げると、ボックス中央で競り勝った大迫がヘディングで決めた。これまではMF柴崎岳がキッカーだったが、本田に代わって1本目のCK。アウトスイングになったこと、さらには球質が変わったことも影響しただろう。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180620_34_tw7.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽しかし、注目したいのはCKを得たプレー。右サイドを崩すと、ニアサイドに低いボールを入れ、大迫がキープ。この落としを走り込んだ酒井宏樹がシュートした。崩し方の問題を抱えていた日本にとって、コロンビア戦の終盤は良い崩しがいくつか見られた。 ▽コロンビアの疲労も影響し、日本がつけ入るスペースができていた。そこをしっかりと使えたことはプラスだが、ゴールという結果が生まれなかった。乾の惜しいシュートも、GKオスピナの好セーブに阻まれた。チャンスが多く訪れないことを考えると、いかに効率よく得点を奪うかが重要となる。 <span style="font-weight:700;">◆勝って兜の緒を締めよ</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180620_34_tw6.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽初戦で勝ち点3を獲れたという結果は、これ以上ないものだ。3試合で決着がつくことを考えると、コロンビア、そしてポーランドと勝ち点3差を付けていることは大きい。 ▽しかし、相手が早々に10人になったことを考えると、試合内容は満足いくものとは言えない。11人が揃っていたら、この結果が生まれていなかったかもしれない。試合巧者とは言えない日本だけに、やはりピッチ内での決まり事をどこまで設定できるかが重要だ。 ▽日本には「勝って兜の緒を締めよ」ということわざがある。運も味方したことで勝ち点3を得られたこのチャンスを活かすためには、浮かれてばかりは居られない。特に、守備面でのプランニングは重要だ。少ない相手に対しての守り方をみても、どこかチーム全体でちぐはぐさが見える。サイドでの追い込み方、中盤での立ち位置、プレスの強度…さまざまな感覚が異なるアフリカ勢との対戦を考えると、整理する必要は出てくる。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180620_34_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽次戦の相手は、ポーランドに勝利したセネガル。アフリカ人特有の優れたフィジカルに加え、整理された守備、破壊力抜群のカウンターを持っている。しっかりとプランを立て、ピッチ上で遂行することができるか。コロンビア戦の勝利に浮かれず、ここで得た課題を次戦までに振り返れば、グループ突破の可能性が見えてくるだろう。 《超ワールドサッカー編集部・菅野剛史》 2018.06.20 23:25 Wed
twitterfacebook
thumb

レーティング:ポルトガル 1-0 モロッコ《ロシアW杯》

▽ロシア・ワールドカップ(W杯)グループB第2節、ポルトガル代表vsモロッコ代表が20日にルジニキ・スタジアムで行われ、ポルトガルが1-0で勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽ポルトガル採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180620_30_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 R・パトリシオ 6.5 ベナティアとベルアンダの決定的なヘディングシュートをビッグセーブで阻止するなど押し込まれたチームを救った DF 21 セドリック 6.0 守備に奔走。ジイェフらに懸命に食らいついた 3 ペペ 6.5 中盤の守備がルーズな中で最終ラインの防波堤となり続けた。最後にはジイェフの決定的なシュートをブロック 6 フォンテ6.5 サイドが崩された中、クロスへの対応が抜群。ボックス内での繊細な対応も光った 5 ラファエウ・ゲレイロ 5.5 アムラバトとの肉弾戦で完敗。それでも、最後の場面では粘り強く対応していた MF 11 ベルナルド・シウバ 5.5 苦手の肉弾戦に持ち込まれたことで思うような活躍はできず (→ジェルソン・マルティンス 5.0) 今大会初出場もうまく試合に入り切れず、不用意なボールロストが散見 14 W・カルバーリョ 5.5 最終ラインの前で身体を張ったもののセカンドボールへの反応やチームを落ち着かせるボール捌きには課題 8 モウティーニョ 6.0 決勝点をアシスト。献身的な守備を見せつつ、要所で良い展開を見せた (→アドリエン・シウバ -) 10 ジョアン・マリオ 5.5 攻守に最低限の仕事はこなしたものの、自身の特長が分かりにくいプレーぶりに (→ブルーノ・フェルナンデス 5.5) 守備では身体を張ったが、カウンターの局面で判断ミスもあった FW 17 ゴンサロ・ゲデス 5.5 守備ではスピードを生かした切り替えが効いていたが、攻撃面では決定力やシュート精度を欠いた 7 C・ロナウド 6.5 卓越した決定力で2試合連続となる今大会4点目。ゲデスが決めていれば、アシストも付いたはずだった 監督 サントス 5.5 交代選手も機能せず、内容では負けていてもおかしくない出来。エースと守護神らに助けられた ▽モロッコ採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180620_30_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 12 ムニル 5.5 失点はノーチャンス。ゲデスの決定機を阻止した以外に難しい対応はなかった DF 17 ディラール 5.0 攻撃面を期待された中、やや守備を気にし過ぎて効果的な攻め上がりは皆無だった 5 ベナティア 6.0 C・ロナウドへのタイトなチェックなど攻守に気迫は見せた。惜しむらくはシュートチャンスのいずれかを決めたかった 4 ダ・コスタ 5.0 失点場面ではC・ロナウドに付き切れず、それ以外は奮闘していたものの大きな代償に 2 アクラフ・ハキミ 5.0 守備はチームが押し込んだ中で無難にこなしたが、攻撃面の精度を著しく欠いた MF 10 ベルアンダ 6.0 再三の決定機を決め切れなかったが、持ち味の攻撃センスでチームの優勢な試合運びに貢献 (→カルセラ=ゴンサレス 5.0) 積極性は見せたがややから回ってしまった 8 エル・アハマディ 5.5 中盤でうまくバランスを取っていたが、展開を考えればもう少し攻撃の貢献がほしかった (→ファイル -) 14 ブスファ 6.0 セカンドボールへの反応や味方へのサポートなど及第点以上の出来 FW 16 アムラバト 6.5 屈強なフィジカルを武器に対面のゲレイロを圧倒。欲を言えば、フィニッシュに絡む仕事がほしかった 13 ブタイブ 5.5 前線で利他的なプレーを見せて起点にはなったが、やや怖さが足りなかった 7 ジイェフ 6.5 イラン戦の右サイドから左サイドに移ったことで持ち味の左足が生きた。プレースキックで再三の決定機も創出 監督 ルナール 6.0 2試合連続で善戦も決定力を欠いてグループリーグ敗退。サイドバックの攻撃参加など、よりリスクを冒す指示も必要だったか ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! ルイ・パトリシオ(ポルトガル) ▽前後半に2度のビッグセーブを見せるなど、劣勢を強いられたチームを救った頼れる守護神をMOMに選出。とりわけ、ベルアンダのヘディングシュートを阻んだセービングは非常にレベルが高かった。 ポルトガル 1-0 モロッコ 【ポルトガル】 C・ロナウド(前4) 2018.06.20 23:06 Wed
twitterfacebook
thumb

C・ロナウド2戦連発のポルトガルが耐えに耐えて初勝利! 2戦連続善戦も連敗のモロッコがGL敗退…《ロシアW杯》

▽ロシア・ワールドカップ(W杯)グループB第2節、ポルトガル代表vsモロッコ代表が20日にルジニキ・スタジアムで行われ、ポルトガルが1-0で勝利した。 ▽ポルトガルは第1節屈指の好カードとなったスペインとのイベリア半島ダービーを、エースFWクリスティアーノ・ロナウドのハットトリックの活躍で3-3のドローで終えた。今大会初勝利を目指すこの一戦ではそのスペイン戦と同じスタメンを採用した。 ▽一方、一進一退の攻防となったイランとの初戦では試合終盤にやや不用意な形で与えたFKから悲劇的なオウンゴールで敗戦を喫したモロッコ。今節で敗戦を喫した場合、最終節を待たずに敗退となる重要な一戦に向けて先発3人を変更。サイスとアリ、エル・カービに代わってダ・コスタ、ブダイブ、ディラールを起用。3トップはアムラバト、ブダイブ、ジイェフが並んだ。 ▽立ち上がりからアグレッシブにボールを取りに行くモロッコは開始2分にブダイブのヘディングシュートでファーストシュートを放つなど、良い入りを見せる。しかし、モロッコペースに傾きそうな流れをポルトガルのエースがワンプレーで変える。 ▽4分、右CKの場面でショートコーナーからモウティーニョが浮き球のクロスを上げると絶妙な動き出しでDFダ・コスタを振り切ったC・ロナウドがダイビングヘッドをゴール右隅に突き刺し、2試合連続となる今大会4点目を奪った。さらに9分には屈強なフィジカルを生かしてボックス右でシュートコースを作って右足を振り抜くが、このシュートはわずかに枠の左に外れた。 ▽先制点を許したモロッコだが、11分にジイェフの左CKからベナティアがドンピシャのヘディングシュートを放つなどその後も可能性を感じさせる仕掛けを続ける。とりわけ、強さを見せるアムラバトの右サイド、巧さのジイェフの左サイドで数的優位を作りながらサイドの深い位置を取っては際どいクロスを浴びせていく。さらに23分にはジイェフのミドルシュートで相手GKを脅かす。 ▽一方、リードこそ手にしているものの相手に押し込まれる状況が続くポルトガルだが、判定にイラ立つ相手に対してファウルでプレーを切りながら流れに乗らせない。39分にはボックス手前でボールを持ったC・ロナウドの絶妙な浮き球パスに抜け出したゴンサロ・ゲデスがGKと一対一を迎えるが、やや当たり損ねのシュートはGKムニルのワンハンドセーブに阻まれ、前半のうちに追加点を奪うことはできなかった。 ▽迎えた後半もモロッコペースで試合が進んでいくが、最初の決定機はポルトガルに。51分、素早いリスタートからジョアン・マリオ、ゲデスとボックス内で繋いでC・ロナウドがボックス手前から豪快に右足を振り抜くが、これは枠の上に大きく外れた。 ▽後半もボールを保持してサイドを起点に良い形の攻撃を続けるモロッコは55分と57分にアムラバト、ジイェフのクロスからゴール前のベルアンダに決定機も相手GKルイ・パトリシオのビッグセーブに阻まれ、あと一歩で同点ゴールとはならない。その後もジイェフやベルアンダ、アムラバトを起点に幾度も決定機を作るが、最後の場面で決め切れない。 ▽何とか逃げ切りたいポルトガルはベルナルド・シウバ、ジョアン・マリオを続けて下げてジェウソン・マルティンス、ブルーノ・フェルナンデスを投入。C・ロナウドを最前線に残した[4-2-3-1]に布陣変更し、中盤の守備を厚くする。一方、あと一押しが欲しいモロッコはエル・カービ、カルセラ=ゴンサレスと攻撃的なカードを切っていく。 ▽試合終盤にかけてもモロッコが猛攻を仕掛ける展開が続く中、ボックス内でジイェフやベナティアに幾度もチャンスが訪れるもDFペペらの決死のシュートブロックに阻まれ続けて最後までゴールをこじ開けることはできなかった。そして、C・ロナウドの序盤のゴールを守り切ったポルトガルが今大会初勝利で暫定首位に浮上。一方、2試合連続で善戦も惜敗となったモロッコは最終節を残してグループリーグ敗退が決定した。 ▽なお、ポルトガルはグループリーグ突破を懸けた最終節でイランと対戦し、モロッコは大会初勝利を懸けてスペイン戦に臨む。 2018.06.20 23:05 Wed
twitterfacebook
thumb

コロンビア人サポータの愚行にレジェンドが謝罪「代表していると思わないで」

▽コロンビア代表サポーターによる日本人サポーターへの侮辱行為に対して、コロンビア代表のレジェンドが謝罪した。 ▽19日に行われたロシア・ワールドカップのグループH第1節、コロンビア代表vs日本代表。戦前の予想とは異なり、日本が2-1でコロンビアに勝利。W杯で南米勢として初めてアジア勢に敗れることとなった。 ▽試合後、コロンビア人のサポーターが日本人の女性サポーターとの動画をSNSに投稿。スペイン語で「ハポン・ドス(日本2点)、コロンビア・ウノ(コロンビア1点)」と試合結果を言わせた後、「ヨ・ソイ・ビエン・ペラ(私は良い売春婦です)」と発言させており、これが大きな問題となっていた。 ▽1人の人間による侮辱行為は動画とともに拡散され、大きな批判の的に。これに対し、かつてコロンビア代表として活躍したファウスティーノ・アスプリージャ氏が自身のツイッター(@TinoasprillaH)で謝罪した。 「世界中のすべての友人たち、特に全ての日本人の友人に向けて、これらの類の人間はコロンビアを代表していると思わないでもらいたい。我々は全ての文化を尊重している」 「我々の国を代表して、謝罪したい。どうか受け入れて欲しい。敬意と愛を持って」 ▽世界中が注目するワールドカップ。熱い対戦が続き、サポーター同士が熱くなることもあるが、基本的には友好的な関係が各国サポーター同士の間で見られる。1人の人間の愚かな行為で、国としての価値を下げることは、避けてもらいたいものだ。 2018.06.20 18:35 Wed
twitterfacebook
thumb

デレ・アリは大腿部の軽微な筋損傷

▽イングランドサッカー協会(FA)は20日、イングランド代表MFデレ・アリの検査結果を発表した。 ▽デレ・アリは、18日に行われたロシア・ワールドカップの初戦となったチュニジア代表戦に出場。80分に、MFルベン・ロフタス=チークと交代していた。 ▽試合はFWハリー・ケインの活躍で勝利したイングランドだったが、19日のトレーニングにデレ・アリの姿はなく負傷と見られていた。 ▽FAの発表によると、デレ・アリは大腿部の筋肉に軽微な損傷があったとのこと。しかし、大事には至らず、経過を見守ることとなるようだ。 ▽イングランドは、24日に第2節でパナマ代表と、28日に第3節でベルギー代表と対戦する。 2018.06.20 18:30 Wed
twitterfacebook


ロシアW杯

ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース