UAE戦を振り返るGK川島永嗣、試合後の涙は「死ぬまで忘れない涙」2017.03.31 15:59 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽メスの日本代表GK川島永嗣が30日に自身のブログを更新し、UAE戦を振り返って心境をつづった。

▽今シーズンにフランスのメスに加入した川島だが、リーグ戦で1度もプレーしていない。実戦から遠ざかっている状況ながらも、日本代表のヴァイッド・ハリルホジッチ監督は、3月の代表戦に川島を招集した。

▽迎えた23日のロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選のUAE戦では、川島が先発でゴールマウスを守ることに。すると1-0とリードした直後の前半20分にはマブフートとの一対一で冷静に対処するなど、2-0の勝利に大きく貢献した。

▽続く28日に行われたタイ代表戦でも先発でピッチに立つと4-0で迎えた試合終盤にはPKストップを見せて、2試合共に完封勝利を収めた。

▽川島はブログでUAE戦を振り返り「このUAEとのアウェイ、タイとのホームの2試合、勝てて本当に良かった。バカみたいな話ですが、UAE戦が終わった後は、ロッカールームに戻っても涙が止まりませんでした」とコメント。その理由として次のように続けた。

「昨シーズンは半年チームがなく、今シーズンもFC Metzと契約してから、1月のカップ戦まで試合に出ることができず、その後も試合に出ることはできていませんでした。リザーブチームで試合をしたり、とにかくトレーニングに励んだり、やれる事はすべてやってきました」

「1日1日が勝負。とはいえ、公式戦に出るのは夏から数えて2試合目。少しのディテール、1つのミスがワールドカップへ繋がるかどうかという試合の重みは、今までの経験上、いやという程分かっています。とにかく、自分が積み重ねていることを全力で出そう。そう思ってピッチに立ちました」

「いつも通り。でも試合が終わった後、いろんな想いが湧き上がってきました。試合に出られない日々、選手として表現する場所のないストレス、迷いを振り切り信じ続けること。うまくいかない時でも信じ続けてくれる人達のために、いつも応援してくれる人達のために、そしてすべてを分かち合ってくれている家族のために」

▽また川島は今回の涙について「多分、この涙は死ぬまで忘れない涙だと思います」とコメント。さらに今季残りの試合に向けての意気込みもつづった。

「そしてまた、こちらでの勝負の日々が始まります。シーズンも残りわずか。でもこの1日1日の勝負の日々からしか、得られないものが今の自分にはあります」

「うまくいかない時もあるだろうし、辛いこともある。でも、その影には必ずそれ以上に値する価値のある種が隠れていると信じて、自分の道を信じて突き進んでいきたいと思います」

コメント

関連ニュース

thumb

セネガル主将マネ、日本代表に敬意も「対策されても心配ない」…元同僚吉田麻也とのエピソードも明かす

ロシア・ワールドカップは24日、グループHでは日本代表とセネガル代表が激突する。前日会見に臨んだセネガルFWサディオ・マネは、日本代表の印象について語った。<br><br>日本代表は、初戦でコロンビア相手に2-1と勝利を挙げた。連勝を飾れば、2大会ぶりの決勝トーナメント進出をほぼ確定させることができるため、勝ち星が欲しいところだろう。<br><br>しかし、立ちはだかるのはセネガル。初戦のポーランド戦では組織的な守備で相手エースFWロベルト・レヴァンドフスキを押さえ込み、効果的なカウンターでゴールを奪ってこちらも2-1と勝利。日本は厳しい戦いが予想される。<br><br>前日会見に臨んだ主将のマネは、この試合を楽しみにしているようだ。<br><br>「正直に、これは美しい試合になるだろうね。日本はプレーする方法を知っているし、アグレッシブだ。僕らも強いチームであり、ボールをどう扱うべきかわかっている。もっとも重要なことは、連携して全員で走ること。国のためにすべてを尽くしたい」<br><br>「僕のことをみんなが話すのは、個人的には誇らしいことだ。だが、それは避けるべきだね。グループ全体が重要なんだ。チーム全員が自分自身のことに集中する必要がある。素晴らしいスタッフがいるんだ。監督はすべての仕事をしている。戦略を立て、本当に良い働きをしているね。もしサディオ・マネ対策をしてきても、心配することはないよ」<br><br>日本代表については「リスペクトしているし、この舞台に値する」とコメント。1人の選手を警戒すべきではないとし、サウサンプトン時代にチームメイトであった吉田麻也について以下のようにコメントしている。<br><br>「もちろん、彼のことはよく知ってるよ。サウサンプトンでは一緒だったからね。最高の関係があるんだ。今回あったときに僕と戦いたいかどうか尋ねてみたが、『No,no』と言っていたね。彼はなんでもできるし、僕を打ち負かす事はできると思う。でも、それは僕も一緒だ」<br><br>日本、そしてセネガルにとっても大一番となるグループ第2戦。日本は、主将で10番を背負うこの男に警戒が必要だろう。<br><br><br>提供:goal.com 2018.06.24 06:00 Sun
twitterfacebook
thumb

セネガル監督、コロンビア撃破の日本を警戒「彼らは世界最高の一チーム破った。熾烈な戦いになる」

24日にロシア・ワールドカップのグループH第2節、日本対セネガルが行われる。この試合の前日会見に出席したセネガルのアリウ・シセ監督は、日本が相手チームを「困らせる」プレーができるチームとの見解を示した。<br><br>シセ監督はこの会見で、「戦術の日本、フィジカルのセネガル」の対戦という形容を嫌い、日本の特徴について次のように述べている。<br><br>「フィジカル的な質がセネガル、戦術的な質が日本と形容できるわけではない。彼らは相手を困らせる術を知る、相当に強いチームだ。私たちはアスリートとして、とても強くなければならない。が、同様に平均以上のテクニックだって有している。そのことも明らかにできたらと思う」<br><br>また、セネガルがプレーの規律面で問題を抱えていることを否定した。<br><br>「アフリカ人選手は規律正しいよ。日本や欧州の選手たちの方が規律正しいと考えることは間違いだ。規律面で問題はないよ」<br><br>「日本の選手たちは、その多くが日本でプレーしており、私たちの選手は世界中でプレーしている。そういった点で言えば、コレクティブな面で難しいところはあるのかもしれないね。私たちは自分たちのプロフェッショナリズムに自信を持たなくてはならない」<br><br>シセ監督は、グループH第1節でコロンビアを破った日本との試合が、「とても熾烈な戦い」になるとの考えも口にしている。<br><br>「大切であるのは、両チームともに初戦に勝利しているということだ。日本は世界最高のチームの一つであるコロンビアを破った。私たちはとても熾烈な戦いを強いられるだろう」<br><br>「この一戦に勝利するチームは、グループ突破を決定づけることができる。それこそが、明日の試合での挑戦となる」<br><br> <br>提供:goal.com 2018.06.24 00:48 Sun
twitterfacebook
thumb

セネガル主将マネ、日本代表に敬意も「対策されても心配ない」…元同僚吉田麻也とのエピソードも明かす

ロシア・ワールドカップは24日、グループHでは日本代表とセネガル代表が激突する。前日会見に臨んだセネガルFWサディオ・マネは、日本代表の印象について語った。<br><br>日本代表は、初戦でコロンビア相手に2-1と勝利を挙げた。連勝を飾れば、2大会ぶりの決勝トーナメント進出をほぼ確定させることができるため、勝ち星が欲しいところだろう。<br><br>しかし、立ちはだかるのはセネガル。初戦のポーランド戦では組織的な守備で相手エースFWロベルト・レヴァンドフスキを押さえ込み、効果的なカウンターでゴールを奪ってこちらも2-1と勝利。日本は厳しい戦いが予想される。<br><br>前日会見に臨んだ主将のマネは、この試合を楽しみにしているようだ。<br><br>「正直に、これは美しい試合になるだろうね。日本はプレーする方法を知っているし、アグレッシブだ。僕らも強いチームであり、ボールをどう扱うべきかわかっている。もっとも重要なことは、連携して全員で走ること。国のためにすべてを尽くしたい」<br><br>「僕のことをみんなが話すのは、個人的には誇らしいことだ。だが、それは避けるべきだね。グループ全体が重要なんだ。チーム全員が自分自身のことに集中する必要がある。素晴らしいスタッフがいるんだ。監督はすべての仕事をしている。戦略を立て、本当に良い働きをしているね。もしサディオ・マネ対策をしてきても、心配することはないよ」<br><br>日本代表については「リスペクトしているし、この舞台に値する」とコメント。1人の選手を警戒すべきではないとし、サウサンプトン時代にチームメイトであった吉田麻也について以下のようにコメントしている。<br><br>「もちろん、彼のことはよく知ってるよ。サウサンプトンでは一緒だったからね。最高の関係があるんだ。今回あったときに僕と戦いたいかどうか尋ねてみたが、『No,no』と言っていたね。彼はなんでもできるし、僕を打ち負かす事はできると思う。でも、それは僕も一緒だ」<br><br>日本、そしてセネガルにとっても大一番となるグループ第2戦。日本は、主将で10番を背負うこの男に警戒が必要だろう。<br><br><br>提供:goal.com 2018.06.24 00:47 Sun
twitterfacebook
thumb

【前日会見】DF吉田麻也「やるべきことはコロンビア戦と変わらない」《ロシアW杯》

▽日本代表は24日、ロシア・ワールドカップ(W杯)グループH第2節のセネガル代表戦に臨む。その一戦を翌日に控える中、日本代表の守備の要であるDF吉田麻也(サウサンプトン/イングランド)が西野朗監督と共に前日会見に出席した。 <span style="font-weight:700;">◆吉田麻也</span>(サウサンプトン/イングランド) ──決勝点を挙げたコロンビア戦のあと、大迫選手はあまり多くを語りませんでした。彼はどんな人なのか。チームメイトとして教えてもらえませんか 「メディアの前であまり喋るタイプの選手ではない。恥ずかしがり屋なところもあるので、でも、実力は非常に大きなものをチームにもたらしてくれる存在であって、コロンビア戦で見せたパフォーマンスを次もやってくれると信じています」 「もちろん彼へのマークが厳しくなるので、チーム全体としてパフォーマンスを上げてサポートできるようにしたいし、(次の試合も)勝てるように頑張りたいです。できれば、大迫選手ではない質問をしてくれれば嬉しかったです(笑)」 ──前回のコロンビア戦、今回のセネガル戦ではまた違った強さがあると思うが、ディフェンス面でテーマにしたいことは? 「前回達成できなかった無失点を目指していきたいと思います。ここ数試合、ずっと課題であるセットプレーからの失点を無くさなければいけないとも考えていますし、縦に速くて、フィジカル的にも優れているチームなので、より警戒して守備をオーガナイズしていかないと思っています。両チームにとって非常に大切なゲームになると思うので、タフな試合になると思う。でも、やるべきことはコロンビア戦と変わらないので、同じように続けていくだけです」 ──日本はよくあることだが、イングランドでは珍しいのが、サポーターがゴミ拾いをしていることだ。選手もゴミ拾いをしているのか? 「まず、おそらく僕たちの試合後のロッカーは、イングランドのプレミアリーグのロッカーと比較すると非常に綺麗かなと思います。そしてファンの皆さんの行いについて僕たちも非常に感銘を受けています。僕らはもちろん日本代表として日本を背負って戦っていますけど、スタジアムにいる皆さんの行ないというのは、ロシア、そして世界中に見られているわけで、ピッチ外での日本人の行ないがこうして世界中で讃えられるのは嬉しいです」 「それが派生して違う国のサポーターの方々も同じような行動をしているというニュースは見ましたし、非常に誇らしいと思います。日本には『来た時よりも美しく』という言葉がありますが、そこに来た時よりも美しくしてその場を去るというのが美学としてあるので、それがサポーターの皆さんにも染み付いているのではないかなと思います」 2018.06.24 00:46 Sun
twitterfacebook
thumb

【前日会見】西野朗監督、セネガル戦に向けて「我々のチーム力に自信は持って臨みたい」《ロシアW杯》

▽日本代表は24日、ロシア・ワールドカップ(W杯)グループH第2節のセネガル代表戦に臨む。その一戦を翌日に控える中、日本代表を率いる西野朗監督がDF吉田麻也(サウサンプトン/イングランド)と共に前日会見に出席した。 <span style="font-weight:700;">◆西野朗監督</span>(日本代表) ──日本のマスコミではセネガルの運動量、フィジカルを警戒しているようだが、それ以外にセネガルの強いと思うところは何か? 「日本のサッカー界から見たアフリカ(のチーム)のイメージは、やはりフィジカル。まずは(そこを)警戒、対応しなければいけないと考えています。でも今回のセネガルのようなチームは肉体的な強さ、速さだけではない、選手が警戒しているところは非常にオーガナイズされているチーム。個々の強さ、速さを生かすための、攻撃権を得るために組織化されたディフェンスにフォーカスを当てて見ています。非常にディシプリン(規律)もあり、チームとしての組織的なところを警戒しています」 ──3月に行われたヨーロッパ遠征でマリ代表と対戦したが、セネガルはマリと似ているか? 「ヨーロッパ遠征でマリと対戦しました。そして、ここに来る前に日本でガーナとも壮行試合をしました。アフリカのチームとテストマッチした中で、アフリカと言っても色々な地域によってタイプが全く違う。マリともガーナとも違うセネガルが、そこにはあると思っています。なかなか測れないところはありますが、感覚的に速さや強さなど個人的な感覚はある程度テストの中で体感できたところはある。でも、セネガルのようなチームの規律がしっかり整っているチームとは、テストできていない。非常にこう、個の力を爆発的に出してくるためのチームディシプリンがある。明日、想像以上のものがあるのではと、選手たちも思っています」 ──セネガルをどうやって崩すのか、弱点はあるのか? 「ここ数日、セネガルに対して、我々のチームの中の乾(今大会最軽量の59kg)と大島(168cm)に、5kg増量せよ、5cm身長を伸ばせと、要求したが調整に失敗して(笑)。それ以外のところで対応しないといけないことを余儀なくされている」 「軽い身体でもボールを使って考えながらプレーしセネガルに対抗する。肉体的なコンタクトが多いゲーム展開だと状況は不利ですが、色々な変化をし、想定してないところのクイックネスを生かしたり、しっかりボールを動かして対応していく。なかなかウィークポイントが見当たらないので、肉体ではなく頭の方を整理して戦術を考えていかないといけない」 ──警戒する選手は? 「前線の2人の選手ですとか、サイドのプレーヤー、マネ選手然りですけども、個々のスピード。グループでの守備を考えても、そこを打開してくるような、破壊する力が個々に存在する。組織的に守ろうとしても個の力で粉砕される状況が考えられますし、入れ違った瞬間の中で、また対応しなければいけない。(セネガルは)直線的なプレー、力が攻撃のベースにはあると思うので、しっかり遅らせる、止めるというような、推進力を抑える対応をチームとして考えなければいけないなと思います」 ──ベースキャンプ地のカザンで行われた練習後に「セネガル戦のベースはコロンビア戦と変えない」と話していたが、この2日間でメンバー、システムに関して何か考えは変わったか? 「あまり、お答えしたくないですね(笑)。ただ全員がピッチに立てる現実はありますし、しかも、コンディションが悪い選手はいない。選択肢はあります。ただ初戦、数的優位な状況ではありましたが、戦い切れた。基本的にはスタートメンバーはコロンビア戦(と同じ)と現時点では考えています」 ──組織的なセネガルを恐れているように見えるが、何か特別なプランがあるか? 「恐れというのは全く思っていない。我々のチーム力に自信は持って臨みたい。ただ、今までイメージしてきたアフリカのチームとは、また違う強さ、チームとしての強さが今回のセネガルにはある。スーパースターだけではないチームとしての対応を考えると難しさはあるが、選手とここ数日、どう対応していくか準備してきたので。恐れるというよりは楽しみに考えたい。どう攻略するかを明日、見せたいなと」 2018.06.24 00:45 Sun
twitterfacebook


ロシアW杯

ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース